悲しいビットマップイメージによるハングル囲碁用語講座』、第10回『布石と形容詞編』

《今回の単語》
1 ッパルダ 足が速い
2 石の形
3 ッチャダ からい
4 実利
5 トゥト 厚い
6 トゥトウ 厚み
7 封鎖
8 薄い
9 広い
10 チョ 狭い
11 カビョ 軽い
12 ムゴ 重い
13 マッ
14 ピョ




○● 今回は、布石の言葉を学ぶついでに、形容詞に接してみたいと思います。
考えてみると、我々は実に多くの形容詞を使いこないしているものです。以下は、棋聖十一連覇を達成した李昌鎬の最近のインタビューより。

          .    ,        .
「チェグン・ソジョギ・アンチョアンヌンデ、イギョソ・チョケ・セガッカニダ。パドゥネヨイ・オリョウォンヌンデ、ヒドゥケ・イギョソ・ト・キッポヨ」
「最近成績がよくなかったですが、勝ててよかったと思います。碁の内容は難しかったですが、苦労して勝てたので余計に嬉しいです」
⇒⇒「最近」の音読み
⇒⇒「成績」の音読み
⇒⇒思う
⇒⇒…だが
⇒⇒「内容」の音読み
⇒⇒より、もっと


こんな小さな文章の中にも、
「チョタ よい」(若しくは「アンチョタ よくない」)
「オリョタ 難しい」
「ヒドゥダ しんどい」
「キップダ うれしい」


と4つも形容詞が隠れています(もっとも、「ヒドゥルダ」は実は「苦労する」という自動詞だそうですが)。


○● この講座でも、これまで
   「ピタ 空である」
「クッタ 堅い」
「クダ 大きい」
「ナッタ 低い」
「クパダ 急だ」
「ノタ 高い」


といった形容詞がさりげなく登場してきました。さりげなく…というのも、これらの形容詞が連体形として活用されていた場合も少なくなかったからです。そしてその連体形は、形容詞の場合基本的には語幹に「ン」という音をつけることで得られる…というのはこの講座の熱心な読者の方ならご存知でしょう。つまり…

 
原形 普通の使用例 連体形 連体形使用例
A   .
「Aエ・コベガ・ピオ・イッソヨ  
Aのダメがあいています」
「空き三角」
「空き隅」
「ユルミシチョウ」
 .
「モヤイ・コヨ 模様が大きいです」
 「大場」
 
「インギガ・ノパヨ 人気が高いです」
 
「高いハサミ」



といった具合です。
これに加えて、「多くの形容詞の語幹にをつけると副詞的になる」ということを覚えるとさらに多様な表現を使いこなせることができるようになります。先ほどの李昌鎬インタビューで「苦労して」というのがありましたね。というわけで
原形 副詞形 使用例
   .
「クゲ・チャヌン・スガ・イッソヨ 大きくとる手があります」
   .
「ノケ・パンヌン・ス・ガ・チョアッソヨ 高く受ける手が良かったです」



といった具合。
これを踏まえて!布石の形容詞に挑戦です。

○●

足が速い⇒⇒ 「パッパルダ」

○●
A    . 
「ペAエ・クチミ・チョフニョンクダンタウン・パッパルン・ヘマ」
「白Aのシマリは、゙薫鉉九段らしい足早な石の形。」

⇒⇒「…らしい…」の意
は、恐らく「行馬」という漢字を当てるのだろうと思いますが、上に訳したように「石の形」くらいの意味です。


○●
   
「パッパルケ・クン・ゴス・トゥダ 足早に大場を打つ」

○●

からい⇒⇒ 「ッチャダ(塩辛い)」

  

「シリエ・ッチャン・ミックロチ 実利にからいスベリ」

 「実利」
 ⇒⇒スベリ


○●

厚い⇒⇒ 「トゥトタ」

A   .

「Aロ・ポセハヌン・ゴシ・トゥトウォヨ Aに封鎖するのが厚いです。」

⇒⇒「もの、こと」
 「封鎖」


「厚み」は例によって語幹に「ム」をつけて…
 「トゥトウ

○● 逆に薄いは…  「ヨタ」 といいます。


○●

「薄い ヨルッタ」にとちょっと似ているのが広い 「ノタ」。


  「ポギ・ノポヨ 幅が広いです」

⇒⇒「幅」の音読み


逆に狭い「チョタ」といい、
  「チョプン・ポ 狭いヒラキ」
のように使います。

○●

序盤かどうかはともかく、石の軽さ、重さも囲碁にとっては大変大事であることはいうまでもありません。
軽い「カビョタ」、
重い「ムゴタ」といいます。

   「カビョウン・ソンス・ファ 軽い先手の利かし」

「ファルヨ (活用)利かし」



  .
「カピョケ・サッカメヤヘヨ 軽く消さなければいけません。」

  「ムゴウン・モヤ 重い形」

「モヤ (模様)」⇒「模様」のことも指しますが、ここでは「形」の意です。



この他、囲碁の解説によく出てくる形容詞を見て、形容詞の回を閉じるとしましょう。
○●
楽だ  「ピョナダ」

   .

「フAッカジ・フギ・ピョナン・ポソク 黒Aまで黒が楽な布石。」

「ッカジ」⇒⇒「…まで」


○●
苦しい 「グェロタ」

  .

「チョバンブト・グェロウン・パドゥ・ヨッタ 序盤から苦しい碁でした。」

「ブト」⇒⇒「…から」


○●
悪い  「ナップダ」

  .

「クウィエ・マシ・ナッパヨ 隅の味が悪いです。」
「マッ」⇒⇒味
「ドゥイッマッ」(後味の意)ともいいます。


 ○●
丈夫だ
  「トゥントゥナダ」

 .

「トゥントゥナ・ピョギ・セニダ 丈夫な壁ができた。」
 「ピョ」⇒⇒「壁」の音読み
 「セギダ」⇒⇒「生ずる」

 
○●
面白い  「チェミイッタ」

  

「チェミインヌン・チョ・ピョナ 面白い定石変化」


○●
強いですね! (?)
  .
「パドゥグ・チャ・トゥンダ」
(直訳するなら「囲碁を上手く打たれますね」)

とりあえずやっているときりがないのでここらへんまでにしておきましょう。次回は(多分)布石・定石総ざらいです。

ハングル講座トップへ戻る
トップページへ戻る