悲しいビットマップイメージによるハングル囲碁用語講座』
第6回『碁を打つからには石を取ろう!その4:大石の死活』の巻です。死活は囲碁の中心だけに関わってくる単語量が大変多いですが、頑張っていきましょう。


《今回の単語》(重要なものだけ抜き出してあります)
1
2 サファ 死活
3 急所
4 チョチ ハネ
5 ネリョソ サガリ
6 チジュ オキ
7 セキ
8 プチ ツケ
9 ホグ カケツギ
10 コウ
11 ペッカ コウ材
12 スサジョン 攻め合い
13 ユガ・ムガ 目有り目無し
14 マヌ コスミ
15 モギョチ ホウリコミ
16 サソ 捨石
17 完全に生きること


○●
厳しい
打ち込みを受け、フラフラと逃げていくや
ノゾキ
ツギを強要されて重々しい
弱石になってしまったばかりか、一眼あるかも定かではない。必死でつながろうと努力しても厳しい
キリを食らうばかり。頼みの綱は

「テマ・ブサ 大馬不死」

「大石死せず」の格言だけ…。ああ万事休す、尻暗い観音か、と心は沈む一方です。


○●
結局『我輩…』迷亭先生の大石は待ったの懇願むなしく死んでしまいましたが、ここで「はいさようなら」では講座が成り立たないので希望を捨てず頑張ります。こんな時こそシノギの


「メ 脈」若しくは「メジョ 脈点」


の出番としたもの。さあ、死活の急所


   「サファレ・クソ」((エ)=「の」)


はどこか?丹念なヨミ


「ス・イッキ」(「ス」は「手」、「イルッキ」は「読み」の意)


が生死だけでなく一局を分ける勝負所!どうやら幾つかの選択肢が可能な由、さあ、あなたならどれを選びますか?

○●
1.広々コース ハネてサガってスペースを広げ、全部生きに行こうと頑張る。中に置かれても何のその、これだけ場所があればきっと大丈夫、最悪でもセキでOK。
2.粘りコース ツケてカケツギ、形に粘りを持たせ、コウも辞さずでひたすら頑張る。
3.夢は大きくコース いやいや、そんなことじゃ夢が小さい。いっそのこと周りの石をチョキチョキ切って攻合に持ち込むのが男の生きる道。
4.楽しい我が家コース 卑屈といわれようが卑怯といわれようが、中でコスミコスミ、ひたすら小さく目を持ちに行くヴィジョン。たとえ厳しいホウリコミを食らって尻尾は捨石になったとしても、兎に角小さく生きれば満足。
5.妙手コース ここは乾坤一擲、疾風怒濤の妙手で一挙に解決!



○●
広々コース

大きい物に目がなくて、「舌切雀」のお婆さんだったら必ず大きなツヅラを選んでいたであろう貴方の第一手は、スペースを広げるハネ


 「チョチ」(「ハネる」は 「チョチダ」)


。ついでにサガリ


「ネリョソ」(「サガる」は「ネリョソダ」)


まで打って大変広やか、これだけ場所があれば大丈夫としたものですが、敵もさるもの、しっかり急所オキ


「チジュ 置中」


を放ってきました。
「大丈夫大丈夫、こんだけ広けりゃ大丈夫。最悪でもセキ


「ピ」(将棋の千日手も「ピ」というそうな)


になるさ」
しかし相手は何の迷いもなくブクブクと置いた石を増殖させていきます。それが6目になったところでポンと気持ちよく抜いた貴方の目に、…瞬間嫌な予感が走ります。再びど真ん中にズバリオキ。こ、これはもしや…。

「そうです、花六ですよ、韓国語で言うところの


「メファ・ユック 梅花六宮」


です。梅宮辰夫じゃありませんよ、あくまで梅花六宮です。知ってますか、十字形じゃない方の五目中手は↓



「オグ・ドファ 五宮桃花」


っていうんですよ、花六が『梅花』、五目中手が『桃花』とはなかなか詩的じゃあありませんか、ワッハッハ」
ああ無情、大石は(「ジュグ 死」)を迎えてしまいました。失敗です。

ちなみに、三目中手は


「サ 三宮」


といいます。
……とこのように書くと勘違いを間違いなく引き起こすので加えておくと、「六宮」「五宮」「三宮」の「宮」とは文字から想像できるように「分断なく囲われた陣地」とでもいった意味らしく、あくまで「中手」という意味ではありません。従って…


「サグ 四宮」


はいわゆる「バカ四目」や「T型四目」「稲妻型四目」、
↓「曲がり四目 ( コサグ)『曲四目』」

↓「直線型四目(  チサグ)『直四宮』」
の総称であり、勿論生きている可能性もありますのでご注意を。


⇒⇒初めに戻って他のコースを選ぶ




○●
粘りコース

「碁に逆転勝ちする本」をいつも枕元において、華麗なシノギ


「タゲ 打開」


を一局に一回は披露しないと気がすまない貴方の第一着は、サバキの基本、ツケ


「プチ」(『ツケる』は「プチダ」


。ついでにカケツギ


「ホグ 虎口」(カケツギ&それによって囲まれる点のことを共に指す、その点に突っ込むとガブリとポン抜かれるからか)


を打てば石の形は弾力性に富み、そう簡単に死なないとしたもの、最悪でもコウ


「ペ 覇」


くらいになるのがものの道理としたものです…しかし!
「そうです、コウ材、つまり韓国語で言うところの


「ペッカ
が足りないのではコウの戦いようもありません、ベッカムじゃありませんよ、あくまでペッカムです。いや惜しかったワッハッハ」


ああ残念無念、失敗です。


⇒⇒初めに戻って他のコースを選ぶ




○●
夢は大きくコース
「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」を座右の銘として掲げる貴方の第一手は、相手の一団を否応無しに引きちぎる手キリ


「ックヌ


。もうこうなったら引くに引けません。血みどろの攻め合い


「スサ・ジョン 手相戦」


の始まりです。手を詰めあい、大分先が見えてきました。オヤ?よくよく見ると我が方に目がないのに対し、敵側には一眼が燦然と輝き、しかも内ダメが山ほどあります。こ、これは…。
「そうです、目有り目無しですよ、韓国語で言うところの所謂


「ユガ・ムガ 有家無家」


です。ちなみに大中小中


「テグ・ソグ 大宮小宮」


ついでに一手不足


「ハンス・ブジョ (一)手不足」


というんですよ、まあ貴方の石が取られていることには何の変わりもありませんが、アーメン」
ああ残念無念、失敗です。


⇒⇒初めに戻って他のコースを選ぶ





○●
楽しい我が家コース
いつも財布が小銭で膨れていないと満足できない(?)貴方の第一手は、小さく生き狙いの手、コスミ


「マヌモ」(「マヌ」はニンニクの意、ニンニクのように三角だから…ということらしい)


。目を持つには最高の手です。ちなみに「ジ (『家』の意)」というのが最も一般的ですが、日本の影響もあったのか「ヌン (ずばり『目』の意)」という言葉も用いられます。
さて、敵もさるもの、必殺のホウリコミ


「モギョチ」(「食わせ」くらいの意味か)


を放ってあくまで食い下がります。しかしそれはすでにこちらの計算のうち。これなむ捨石


「サソ 捨石」


作戦、こちらはひたすら狭いながらも目作りに励みます。さあ、いよいよニ眼


 「トゥ・ジ」若しくは 「トゥ・ヌン」


を持つ日が近づいたか、と思いきや!オーマイグッドネス、よくよく見てみればどうやってもこうやっても、どこもかしこも欠け目


「オ


ではありませんか。
「ワ(完生) 完全に生きること」
までの道はなお遠し、残念無念、失敗です。


⇒⇒初めに戻って他のコースを選ぶ




○●

人は失敗を経て強くなる。妙手で解決コースは、また次回、死活総ざらいの回にて(?)。

ハングル講座トップへ戻る
トップページへ戻る