HOME ご挨 拶 更新 履歴 リン ク 掲示 板
消え た近代建築
日本工業倶楽部

所 在地:千代田区丸の内1ー4/建設年:大正9年/設計者:横河工務所/解体年:平成12年/撮影年月日:平成4年4月2日&平成9年11月8日/日本近代建築総覧No.15065


丸の内のオフィスビル街の中に残っていた、大正 時代(しかも関東大震災前)に建てられたビルでした。


(H.4.4.2)

 茶色のタイルに覆われたシックな佇まいのビルでし た。昔の倶楽部建築のセオリー通り、外観は質素ですが内装は豪華にしつらえてあったそうです。
 解体前に何度か見学会やホールでの演奏会などを開いていたようですが、チャンスに恵まれず一度も行けずじまいで内部を見のがしました。入ってみたかった なあああ。



(H.9.11.8)

 この物件も平成12年に取り壊され、右 後ろに見える白いビルの敷地と合わせて再開発され、ガラス張りの高層ビルが建ちました。
 ただし左側1/3は保存され、右側は外観が再 現されて往時の面影を今に伝えています・・・
だったら最初から壊すなよ。



相互リンク先の日本工業倶楽部を紹介したページ

「都 市徘徊ブログ」
「近代建築 ホームページ」
「収蔵庫・壱號 館」







Copyright(c)2000〜2009 廃景録   All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.