HOME ご挨 拶 更新 履歴 リン ク 掲示 板
消え た近代建築
松坂屋第2別館

所在地:中央区銀座5ー9/建設年:昭和初期?/設計者:不祥/解体年:平成 10年頃?/撮影年月日:平成4年6月27日/日本近代建築総覧記載なし

銀座5丁目、三原通りにあった目立たないビルでした。



 ・・・薄汚れて見栄えのしないビルです。きっと誰の記憶にも残っていない 物件でしょう(哀愁)。
 でもよく見ると、石張り?の付け柱、左上のアーチ型と、(ペンキで塗りつぶされていますが)窓の上下のスクラッチタイル貼りなど、ささやかながら装飾が なされています。
 

 銀座の終戦直後の焼跡を撮った記録写真に、このビルがちょっと写っている のを発見しました。それを見るとこのビルは塔屋・煙突付き、タイルの部分は暗い色(おそらく茶色)だった様です。周りが焼け野原なので、おそらくこのビル も火が入ったことでしょう。

 もともとは中小企業のビルとして建てられたんでしょうが、戦後は長らく銀 座松坂屋の事務関係建物として使われていました。末期は人影もなく、関連会社の倉庫か何かになっている様でした。
 現在「松坂屋第二別館」という名称は左隣の大きなビルが引き継いでいます。

 この建物は平成10年頃に取り壊され、跡地はコインパーキングになってい ます。

Copyright(c)2000〜2009 廃景録   All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.