HOME ご挨 拶 更新 履歴 リン ク 掲示 板
消え た近代建築
紅葉川高校

所在地:中央区兜町14/建設年:昭和3年/設計者:東京市/解体年:平成7年 頃?/撮影年月日:平成4年9月23日/日本近代建築総覧No.15521

「日本のウォール街・兜町」・・・とは 言っても、証券街からは離れた場所、ニュアンス的には「高島屋からだいぶ入った所」にあった典型的な復興学校建築でした。


 この建物は昭和3年に日本橋女子高等小学校(楓川専 修女学校を併設)の校舎として建てられ、震災復興の都市計画により、坂本町公園を挟んで、阪本尋常小学校(阪本小学校・現存)とセットで整備されました。

 写真を見て判るとおり、大変に狭い校舎・校庭です が、創立当初は生徒の絶対数が少なかったので、これで良かったのでしょう。また、隣接する公園も校庭として使ったり、阪本尋常小学校との間で校庭を融通し あっていたのかも知れません。

 楓川(もみじがわ)専修女学校の後身の 紅葉川(もみじがわ)高校は、昭和60年に葛西に新校舎を建設・移転し、この校舎は「中央校舎」と呼ばれていたようですが、平成6年に閉鎖・解体され、跡 地には中央警察署が建っています。

 

紅葉川高校ホームページ、「本校の歴史」より抜粋・引用
S3.4.10
東京市日本橋区楓川専修女学校創立
 日本橋女子高等小学校校舎落成にともない、同校内に併設される。
S21.4.1
東京都立紅葉川高等学校となる
S60.4.10
江戸川区臨海町2-1-1に新校舎竣工
S60.12.25
移転
S61.1.8
新校舎にて授業開始
H6.3.5
中央校舎閉校式挙行


Copyright(c)2000〜2009 廃景録   All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.