HOME ご挨 拶 更新 履歴 リン ク 掲示 板
消え た近代建築
中央区立第二中学校

所在地:中央区明石1ー6/建設年:昭和12年/設計者:東京市?/解体年:平 成14年/撮影年月日:平成6年・平成13年4月/日本近代建築総覧No.

地下鉄新富町・築地各駅から徒歩5分ほど、聖路加国際病院の1ブ ロック北の角にありました。


大震災後の「復興学校建築」の典型(鉄筋コンクリート3階建 て)でした。
四角いコンクリートの箱に、タテ長の大きな窓が並びます。装飾といえるものは付け柱くらいなもんでしょうか。簡素な外観です。
屋上で運動できるようにしていたのでしょう、大きなネット(金網?)の枠がやたらと印象的です。


南隣に区立明石小学校(こちらのほうが竣工時期が古い)があ りますが、こちらは丸みをおびたデザインで、武骨な二中とは印象がかなり異なります。

 

さて、この建物のあゆみを紹介しましょう。(参考:中央区教 育史)

S12.7
東京市京橋高等家政女学校 明石町に新築落成
S19.4
都政施行により都立京橋高等家政女学校となる
S24.4
新学制施行により都立京橋高等学校(共学)となる
S38.4
都立京橋高等学校が晴海に移転、入れ替わりに中央区立文海中学校が入 る
S43.4
統廃合により中央区立第二中学校へ改称
S57
中央区立第二中学校 廃校
校舎は区民施設として使用される
H14
解体

 

跡地は再開発され、都市公団の高層賃貸マンション「ラ・ ヴェール明石町」が建設されました。


Copyright(c)2000〜2009 廃景録   All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.