メンバー紹介 (五十音順)
※各メンバーの作品は、写真をクリックして下さい。



青松 巧叡 (Koei Aomatsu)◆
大阪府出身。(株)サンスタジオ(1978)、戸田スタジオ(1980)、(株)玉本プロダクション(1981)を経て、1984年に、青松写真事務所を設立。1998年に、事務所名を「ベレッタ・フォトス」に改名し、現在に至る。
◆知新 温 (On Arata)◆
東京都出身。東京写真学園修了後、フリーカメラマンとして活動を開始。スタイリングを含む食品撮影、飲食店撮影、雑貨撮影等を行っている。
◆荒谷 良一 (Ryoichi Aratani)◆
東京都出身。写真家 田沼武能氏に師事した後、(株)カブラギスタジオ、P&Pアドバタイジングを経て、フリーのカメラマンとして活動。第30回 APA賞公募展 入選。2002年4月より2004年8月まで、「サンデー毎日」の表紙を担当。(社)日本写真家協会会員 (協)日本写真家ユニオン会員。
◆生田 のぶひろ(Nobuhiro Ikuta)◆
埼玉県出身。2000年東京大学工学部卒業。
旅で出会った感動をフィルムに収めるべく、スナップを撮影。最近は、人生そのものが旅なのだと気付き、日常のスナップ撮影にも取り組んでいる。


◆池田 邦彦 (Kunihiko Ikeda)◆
福岡市出身。 花のあしらいを、いけばなに倣いながら、植物の持つ本質的な美しさをモノクロで表現。シリーズタイトルは、「写心花」(しゃしんばな)。JPS展(日本写真家協会)、JPA公募展(日本写真作家協会)、日本写真家ユニオン公募展、二科展入選。

いけばな「草月流」師範。雅号は邦衛(ほうえい)。
◆一の瀬 ゆきひろ (Yukihiro Ichinose)◆
佐世保市出身。1970年東京写真専門学校卒業。
いままで、生きてきた写真人生を、これから先、写真好きな人びとと、お互いに分かち合い、楽しみ生きて行きたいと思います。私は、写真の旅人です。
◆奥田 健一(Okuda Ken-ichi)◆
大阪府出身。写真を志す人々が、皆東京へ行ってしまう現状を寂しく思い、大阪に残り、日々大阪のモノクロスナップを撮影。MIO写真奨励賞2003/2004入選。月刊「大阪人」(瞬惑の大阪)で計8回連載。2007年、洋品店を改装した個人ギャラリー「ギャラリートラヤ」開設。現在、高瀬進(著)「大阪百景」に掲載の、大阪のモノクロスナップ100点を担当中。
◆達川 清 (Kiyoshi Tatsukawa)◆
今治市出身。1972年日大芸術学部写真学科卒業後、数多くのファッション誌、コマーシャルフォトを手がける。1978年、フォトグループGRAINに参加し、fine artとしての写真を発表。1987年に石彫家・三上浩とのコラボ「project石光」を開始。1990年「脱走する写真展」。1995年、パリのBibloteque Nationaleコレクションに選出。2006年は、写真展「シュバルの理想宮」を開催。
◆田中 尚 (Hisashi Tanaka)◆
東京都出身。2007年日本大学芸術学部写真学科卒、日本大学大学院芸術学研究科映像専攻在籍中。
旅と写真をこよなく愛する。自然と人間の作りだす心象風景を求めて、カメラ片手に旅をする。
2008年個展「NORTHWARD JOURNEY」@代々木金魚カフェ開催。
◆橋本 政實 (Masami Hashimoto)◆
熊本県出身。東京写真専門学院卒業後、博報堂写真部(現HPC)勤務。その後、TKO写真部長を経て、現在、ケイプラン制作事業部部長。