今日のいいともニュース
2013年1月10日(木)
今日の出演者 タモリ 山崎弘也、ピース、ベッキー、伊藤修子
瑛太、九重親方、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは瑛太さん 昨日 山田涼介さん明日 市原隼人さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「最高の離婚」

花束は松本潤さん、小栗旬さん、綾野剛さん、尾野真千子さん、真木よう子さん
  ムロツヨシさん、三浦しをんさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(ねえ)
観客「瑛太〜」
観客「瑛太!」
観客「(歓声)」
((花束)松潤来て)
「あ〜ありがとうございます」
(あ〜、「まほろ駅前番外地」)
「はい」
(三浦しをん)
「あ〜ありがとうございます」
(あっ小栗くん来てますよ)
「あっ、ありがとうございます、凄いいっぱい」
(いっぱい来てますね)
「はい」
(あっ尾野真千子さん来てます)
「ありがとうございます」
(真木よう子さんとか。ドラマの方からも(花輪「最高の離婚」)来てます)
「はい、ありがとうございます」
(いいえ、どうも)
観客「(笑)」

(瑛太くんです)
「どうも??」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「あ〜」
(瑛太くん、)
「ええ」
(でももうパパですからね)
観客「あぁ〜」
「そうですね」
(いくつに?)
「子どもですか?」
(うん)
「は2歳ですね」
(え?もうそんななる?)
「はい」
(早いね〜)
「早いです、あっという間ですね、ホントに」
(へぇ〜)
「うん」
(2歳どう?可愛い?)
「まあ、最近何となくこうちょっとずつ、あの喋るようになって来て」
(ああそう?)
「うん」
(最初の喋った言葉って分かる?)
「最初何だった?いやでも、多分「ママ」ですね」
(「ママ」か)
「ええ」
(あ〜)
「うん」

(可愛い?)
「可愛いです(笑)」
観客「(笑)」
((笑)仕事終わったら早く帰りたい?)
「そうなんですけど、大体もうちょっと遅くなったりするんで、あの寝てますね」
(あ〜)
「うん。だからこうそっと携帯で、ライト付けてちょっと顔見て」
観客「(笑)」
観客「へぇ〜」
「(笑)」
(携帯で照らしてる?)
「携帯のまああの何て言うんですか」
(あの画面で?)
「画面でこうやって(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
(画面の光でこうやって見てる?)
「こうやって見て」
(はぁ〜)

(もう4,5歳くらいまであっという間だ)
「うん」
(どうする、どうしたい?4,5歳くらいなったら)
「う〜ん、なあ何でのやらせたいんですけど」
(うん)
「まあ最近はこう、何か車のオモチャみたいな乗り物あるじゃないですか」
(うん)
「あれで結構家の中を飛ばして。こうドリフトとかして」
(え?)
観客「へぇ〜」
「それを勝手に自分でやり始めたんですよ」
(2歳で)
「ええ」
(へぇ〜)
「もしかしたらこれレーサー成んのかな?」
観客「(笑)」
((笑))
「???(笑)」
(そうは、それちょっと短絡的だよ)
「そうですかね、うん」
(でも子どもって、もう分かれるね、ホントにその辺から、男の子女の子で
分かれていくよね、全然)

「そうなんですか?」
(へぇ〜)
「うん」

(ドリフトって、俺2歳の時は知らなかった)
「そうですね」
(どこで見たんだろうね?)
「いや見たって言うか、多分その衝動が起きてったんでしょうね、多分飛ばして
まあブレーキも付いてないから」
(うん)
「ハンドルを多分思いっきり切ってみたんでしょうね」
(あっ自分で乗ってるやつを?)
「自分で乗ってるやつを」
(はぁ〜)
「ガクンって切って、それでクルッってこうやって回って」
(それで覚えたんだ)
「「キャキャキャキャ」って言って笑って」
(喜んで)
「ええ」
観客「(笑)」
(そりゃレーサーなるかも知れないね)
「そうですね(笑)」
観客「(笑)」
((笑)2歳でドリフトは全然)
「ええ」
(足でこうやるやつ?)
「そうですね」
(車で)
「ええ」
(へぇ〜)
「うん」

(どんな事喋ってる?今)
「今は、「パパ嫌だ」とか」
観客「(笑)」
「(笑)」
(嫌だは言う?)
「僕がまあ、結構ギュッって力強いのと、まあたまにちょっと疲れて来るとヒゲが
チクチクするじゃないですか」
(うんうんうん)
「それが多分アゴに付くのがやっぱ嫌なんでしょうね」
(あ〜)
「その肌が痛いんでしょうね、だからもう「嫌だ」って言うのは、最近覚えて来て」
(うん)
「後はまあ、ちょっと何か、物凄い分かりやすいウソを付き始めて来て」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

(何?何、分かりやすいウソ)
「何て言うんですかね、まあちょっと髪が伸びて来たから」
(うん)
「「あれ、髪そろそろ切んなきゃね」って言って」
(うん)
「でまあ嫁にあの「髪これ切ったの?」とか言って、「最近切った?」って言って」
(うん)
「まあ僕が地方で仕事行ってたから」
(うん)
「「いや切ってないよ」って言ったらウチの息子が「うん、髪切ったよ」って言って」
観客「(笑)」
「切ってないのに「髪切った」って僕にずっと伝えて来るんですよ」
(ああそう?)
「うん」
(俺に似てんのかな?)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)「髪切った?」)
「(笑)」
観客「(笑)」
(髪切るの嫌なの?)
「嫌なのかも知んないです」
(あ〜)
「まあでもそういう何か、やっと人間的になって来たと言うか」
(うん)
「そういうの物凄い感動して、またずっとこう抱きしめたんですけど」
(また抱きしめると、)
「ええ」
(嫌がる?)
「嫌がるっていう」
観客「(笑)」
「(笑)」

(俺小学校の時には髪切るの嫌だったね)
「あ〜そうですか?」
(うん。あっ小学校入る前だ)
「うん」
(あのね、今じゃ何とも無いんだけど、ココ(うなじ)がね)
「ええ」
(異常に子どもの頃敏感、敏感だったの)
「あ〜」
(で、ココこう刈り上げるじゃない)
「うん」
(あれがもう「はぁ〜」)
観客「(笑)」
((笑))
「???」
(これは言っちゃいけないと思って)
「ええ」
(鏡見ると、俺の顔(必死に耐えている))
「(笑)」
観客「(笑)」
(あれ嫌だったな〜)
「うん」
(またあの感覚を我慢しなきゃいけないのかって言うのが嫌だった。子ども大体
髪切るの嫌いなんだろうね)

「まあジッとしてられないっていうのもあるんですかね、多分」

(独身時代って、)
「ええ」
(休みの日何やってた?)
「独身時代ですか?(笑)」
(うん)
「う〜ん」
(今日何もする事が無い)
「まあ、まあでも大体友達と飲み行ってましたね、そういう時は」
(あ〜)
「その前日に飲みに行って」
(あっ明日何も無いというと)
「何も無いとなったら」
(誰、誰呼び出す?)
「まあでもよく、リリーさんとはよく」
(あ〜)
「飲んでましたね」

(あっリリーさんはあれ、)
「うん」
(飲、飲み、飲みのお誘いだけは断んないよね)
「そうですね(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「いやまあ、大体でも「じゃぁあそこの店で」って言っても、大体来るのが
4,5時間後とかです(笑)」
(そうなんです)
観客「へぇ〜」
「(笑)」
(あの人はね)
「ええ」
(何でかね?)
「うん」
(だって、そんな遠くに泊まってないのに、「いいとも」だけは、あの何か気遣って)
「ええ」
(生放送で遅れちゃいけないと思って)
「うん」
(この近所のホテルに泊まる)
「(笑)そう」
観客「へぇ〜」
「へぇ〜」
(遅れるらしいよね)
「彼女も連れて来てましたもんね、この間」
(そうそうそうそう(笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
(人形のね(笑))

CM明け

「????眠くなって」
(へぇ〜)
「全然もうダメです」
(「最高の離婚」)
「はい」
(今やってる?)
「うん、やってますね」
(尾野さんとやってるんだよね)
「尾野さんは面白いですね、ホントに」
(尾野さんってどんな人?尾野さん)
「まあ基本的にはそんなにこう人とあまり距離を作らないで、ほんとフラットな
こう優しい人なんですけど」
(うん)
「この間もそのまあお互い夫婦の役なんですけど」
(うん)
「あの、夫婦の中でまあルールを決めようって言って」
(うんうん)
「その部屋の中でカレンダーをバッって切って、その裏にルールを書き始めたん
です、尾野さん。まあその、そういうシーンがあったんですけど」
(あっ役、役で)
「役で」
(うんうん)

「ほんで、もちろん台本にもその何を書くかって事は書いてあるんですけど」
(書いてある、うん)
「その中でまあお互いっていう字が書かなきゃいけなくて、尾野さんは」
(うん、お互い、うん)
「そのお互いって、お互いの「お」って普通の「あいうえの」の「お」じゃない
ですか」
(「お」だよ、うん)
「それを「わをん」の「を」って書き始め」
観客「(笑)」
(え?)
「それで、」
(和音?)
「「わをん」のを、あの「何々を」の「を」を」
(あ〜あ〜)
「「を互い」って書き始めて」
((笑))
「その間違い全然気付いて無くて。で「これ「お」違うよ」って言って。「あ〜」
とか言って」
((笑))
「ずっと笑ってて」

「でその後に、恋愛の自由って書くんですけど」
(うん)
「そこの恋愛の恋っていう字が、」
(うん)
「「変」になってる」
観客「(笑)」
「それ、」
(「変愛の」)
「変愛のってなって。しかも本番で、そこまで結構バ〜っていっぱい書いてあって」
(うん)
「そこの恋愛っていう字は、もう本番用の紙だから間違っちゃいけないんです」
(うんうん)
「なのに「変愛」って書いちゃって(笑)」
(うん)
「で、もう最初あの尾野さん気付いて無くて」
(気付かないの?自分で)
「気付かない。でそれ「変だよ」って言って」
(うん)
「それ「それじゃ変愛だよ」って言って」
(うん)
「「うわぁ〜」とか言って、言ってるんですけど」
(うん)
「それが実際にその尾野さんが演じるユカって役は、ホントにこうまあ大ざっぱな
人だから、」
(あってる)
「そういう役でやってんのか、本人がそういう風に実際間違えたのかは」
(うん)
「何か向こうの反応見てると、何かよく分からない感じになってて」
(へぇ〜)
「うん、だからね、凄い役作りだな〜と思って」
((笑))
観客「(笑)」
「ええ」
(役作りかどうか分かんないんだ、それ)
「そうですね、ええ、面白いですね」

(普段見てたらどう?本番以外見てると)
「うん」
(「あ〜やっぱりそんな感じかな?」っていうとこある?)
「まあそういった部分はちょっとあるかも知れないですね」
(あ〜そう?(笑))
「ええ」
(読み返さないんだね)
「まあそうかも知れないですね」
(書いたらそのまんま)
「ええ、ええ」
(へぇ〜)

(これどういう役、役柄なの?その夫婦で。尾野さんはそういう何も気にしない)
「そうですね、気にしない、僕は神経質で、」
(うん)
「人付き合いが苦手の、まあ自動販売機の設置販売の、あの営業やってる役で」
(うん)
「そんでその、僕らが住んでる中目黒川沿いの近所に、たまたま僕の元カノの」
(うん)
「を演じる真木よう子さんと、その旦那の綾野剛さんが演じるリョウっていう
夫婦が住んでて」
(うん)
「たまたま」
(会う?)
「出会っちゃうっていうのかな?」
(へぇ〜)
「そこからまあ色々、色んな不味いことが始まるんです」
観客「(笑)」
(不味いこと?)
「ええ(笑)」
(目黒川沿いで不味いことが始まる)
「そうなんです(笑)」
観客「(笑)」
(あんまり始まんないみたいだけどね、あそこ、目黒川)

(目黒川沿い、じゃぁロケやってんの?)
「ずっとやってますね」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「もうだから、結構人通りも多いし」
(多いよね、あそこ)
「うん。大体8時か9時くらい過ぎると、大体まあちょっとほろ酔いの人がこう
通り始めて」
(うん)
「「何やってんの?」みたいな感じになって来て」
(うん)
「なかなか退いてくんないんですよね」
観客「(笑)」
((笑))
「あれ是非よろしくお願いします」
((笑))
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(あそこ通りが狭いんだよね)
「そうなんですよ、凄い良い場所なんですけど」
(桜の名所なんですよね、目黒川)
「うん」
(ホントに通りが狭くて)
「うん」
(これくらいの、これぐらいのスペース(数十センチ)のとこでみんな並んで
お酒飲んでるよね、)

「あ〜そうですね」
(あの花見の季節に)
「うん」
(ココ車通るんだよね)
「うん」
(好きだね〜、お酒飲むのね)
「うん」
観客「(笑)」

(花見行く?)
「花見ですか?花見、」
(花見好きだよね、あれ江戸時代から好きらしね)
「うん」
(あれ日本人変わって無いみたいよ)
「うん」
(こんなスペースで車ここ通るのに、)
「(笑)」
(若者がこう肩寄せあって、こうやって見てるんだよね)
観客「(笑)」
「あそこ何かこう木がこう下がってって言うか、桜の木がこう下がる感じが」
(うん)
「凄い珍しいって言うか、見やすいみたいです、絶景みたいですね、あそこは」
(あっそうそうそう)
「うん」
(こう川に向かってこう下がるんだよね)
「うん」
(だからなかば上から見るから良いんだよ)
「うん」
(へぇ〜、あの辺よく通りますよ)
「あっホントですか?」
(うん。事務所があるんであの辺よく通る)
「うん」
(昔何にも無かったけど、今店が増えたよね、あそこは)
「うん、そうですね。駅前も凄い新しいビルとかいっぱい出来て」
(うん)
「雰囲気変わりましたね」

(その主人公は、)
「ええ」
(何か趣味みたいのはある?)
「あ〜そうですね、その盆栽をかってる」
観客「(笑)」
「っていう設定が」
(いくつ?いくつの設定なの?それ)
「30です、僕の、と同じ年です」
(はぁ〜30で盆栽、早いね)
「うん、それを聞いて」
(うん)
「あのネットで一回盆栽を買ってみようと思って」
(うん)
「買ってみ、あの色々調べたんですよ」
(盆栽買ったの?ネットで)
「はい」
(うん)
「そしたら、あの実が付いたやつとか、まぁああいう何て言うんですか?」
(うんうん)
「あの松の木みたいのとか」
(うん)
「あと桜の木、桜の花がこう咲いてる」
(うんうん)
「こうミニ盆栽みたいのいっぱいあって、それを5個ぐらい買って」
(5個も買った?)
「はい。凄い綺麗だなと思って。で実際まあ届いたんです、こう巨大な段ボールで」
(うん)
「そしたら全部、まあ普通の枝だけだったって言うか」
観客「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
(あっ今の季節ね)
「今の季節(笑)」
観客「(笑)」
(今の季節ね)

二度目のCM明け

(あっこれだ、「最高の離婚」)
「はい」
山崎弘也さんがドラマの宣伝パネルを持って立っていたため
観客「(笑)」
(今夜、今夜スタートなんだね)
「はい」
(へぇ〜)
観客「(笑)」
(すみません、それ顔隠してもらえますか?)
観客「(笑)」
山崎「すみません、申し訳ございません」
パネルを上げて顔を隠しました
(あっそれで良い、それ)
観客「(笑)」
(今夜10時スタートです)

瑛太さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(じゃぁ百分のXまいりましょうか。ピタリ賞真ん中で、前後賞もあります)
「う〜ん、ええとですね、」
(ええ)
「今回のドラマのタイトルにちなんで、」
(ええ)
「ちょっと今日お客様の色々、」
(うん)
観客「(笑)」
「見てから決めようと思ったんです、あの、」
(今朝離婚した人?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「ええと、離婚をされて、」
(うん)
「最高の気分でいらっしゃる方」
観客「(笑)」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(百名中何名いますかね?)
「うん、まあ一瞬でもその別れた後に、まあ今はまあつらいかも知れないけど」
(うん)
観客「(笑)」
「まあ、少しでも最高だなという気持ちを味わった方」
(何を慰めてる?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「慰めてはいないですけど(笑)、うん、」

(少しでも最高だという気持ちを、離婚した後味わった事ある人?)
「はい」
(百名中何名でしょう?)
「5人」
(5人?)
観客「え〜!」
「え?変えちゃダメですか?」
(良いですよ、良い)
「良いですか?今の反応」
(良いですよ)
「2人」
(2人?)
観客「あぁ〜」
「え?」
(参りましょう、スイッチオン)
離婚をして最高な気持ちだと感じた事がある人・・4人
(4人!)
観客「あぁ〜」
(へぇ〜)
「そっか〜」
(意外といるんだね)
「いますね〜」
(へぇ〜)
「へぇ〜」
(意外、あっもう貴方いいですよ)
山崎「あっ」
観客「(笑)」
(残念)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
市原隼人さんの写真が表示されました
(お〜)
観客「おぉ〜」
(市原くんゲットしてましたね)
瑛太「うん」
三田アナ「もしもし「笑っていいとも」です。市原さんでいらっしゃいますか?」
市原「はい」
三田アナ「タモリさんに代わります」
市原「はい」
瑛太「あ〜4人か〜」
(お久しぶりです、あけましておめでとうございます)
市原「あっもしもし、お久しぶりです、市原です」
(ええ)
市原「あけましておめでとうございます」
(瑛太くん横にいます、ちょっと代わります)
市原「はい、はい」
瑛太「あっ。あ〜どうも初めまして、瑛太です」
市原「あっ、初めまして」
(あ〜そう?)
瑛太「はい、初めてですね」
(あっホント?)
瑛太「はい」
(へぇ〜)
瑛太「あっブログ見てます」
観客「(笑)」
市原「(笑)???」
瑛太「楽しみにしてます」
((笑))
市原「はい」
瑛太「更新をいつも」
市原「はい、ありがとうございます、お幸せに」
瑛太「はい」
観客「(笑)」
瑛太「じゃぁタモリさんに代わります」
観客「(笑)」
市原「はい、失礼します」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
市原「はい、大丈夫です」
(あっお待ちしてます、よろしくお願いします)
市原「はい」

明日のゲストは 市原隼人さん




いいともニュース
昨年末の特大号で最下位となった山崎弘也さんがアシスタントと務めました
・オープニングのダンスをnoon boyzさんと共に披露
・「2013年運勢ランキング」で名前を隠している紙をはがす役を担当
 (この時に明日の草なぎさんの分もはがしてしまう失敗がありました)
・「テレフォンショッキング」ではドラマの宣伝パネルや百分のXアンケートの
  ボードを持つ役
・「たぶんお宝グランプリ」では警備員役
・エンディングで明日の告知を担当




ゲッターズ飯田が占う2013年運勢ランキング
進行役・タモリ、三田友梨佳
出演者・山崎弘也、綾部祐二、又吉直樹、ベッキー、伊藤修子


ゲッターズ飯田さんがレギュラー陣の名前、生年月日、手相を鑑定した
2013年のレギュラー陣の運勢ランキングを発表するコーナー

木曜メンバーの順位
1位・山崎弘也(2013年は人世で最大の幸運の年)
2位・又吉直樹
3位・伊藤修子
4位・綾部祐二
5位・笑福亭鶴瓶
6位・ベッキー(春に心が折れる事件が起こる。下半期にキャラが変わる)

全曜日レギュラー陣での順位
2013年運勢ランキング
1位山崎弘也 11位千原ジュニア21位 
2位柳原可奈子12位三ツ矢雄二22位笑福亭鶴瓶
3位中居正広 13位 23位渡辺直美 
4位鈴木浩介 14位又吉直樹 24位ローラ  
5位太田 光 15位 25位ベッキー 
6位 16位澤部 佑 26位武井 壮 
7位 17位大竹一樹 27位指原莉乃 
8位田中裕二 18位香取慎吾 28位タカ   
9位トシ   19位伊藤修子 29位 
10位栗原 類 20位綾部祐二 30位三村マサカズ





ぼっちゃん対抗!たぶんお宝グランプリ
進行役・綾部祐二、三田友梨佳
解答者・タモリ、又吉直樹、ベッキー、伊藤修子、ゲストの九重親方さん
鑑定人・チェリーズマーケット鑑定士の男性
警備員・山崎弘也
出場者・下記


「お坊ちゃん」が実家から「たぶんお宝」という品物を勝手に持って来て
それが価値ある本当にお宝かどうかを解答者が予想したり、実際に鑑定
したりするコーナー

1人目・19歳男性(大学一年生)
 パパの職業
  ・年商300億円のタイの石油王
 ちゃんぼつ(お坊ちゃん)データ
  ・「両親は海外の国王が滞在する超高級ホテルのスイートルームに住んでいる」
    (タイの超高級ホテルに住んでいて宿泊代は月200万円)
  ・「飛行機はいつもファーストクラス。高校の修学旅行で初めてエコノミー
    クラスを体験した」
    (子どもの時からファーストクラスで、初めてエコノミークラスを見て
    驚いた。別荘は世界に4つある)
  ・「高校入学祝いに1000万円の運転手付きの高級車をプレゼントしてくれた」
    (高校生の時に父親のカードで旅行し2週間で500万円使った)

 「たぶんお宝」データ
  ・押し入れに大事そうにしまっていた帯留めのコレクション
    (帯留め数十本のコレクション。箱は菊のご紋入り)
 解答者の判定
   「超お宝(500万円以上)」・1票(九重親方)
   「お宝(500万円未満)」・3票(又吉、ベッキー、伊藤)
   「まぁまぁお宝(100万円未満)」・1票(タモリ)
   「プチお宝(10万円未満)」・0票()
   「ウチにもありそう(1万円未満)」・0票()
 鑑定結果・「超お宝」の500万円





曜日対抗いいともCUP
「小さいモト冬樹み〜つけた」
次々と表示される写真の中にモト冬樹さんがいるので、見つけて行くゲーム
30秒間で何人見つけることが出来たかを競います。

参加者・山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、伊藤修子、三田友梨

結果・13人

月曜日 12人(0)火曜日 12人(0)水曜日 11人(0)
木曜日 (0)金曜日 (0)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
九重親方さん(/エンディング告知(イベント「一月場所直前 新宿ちゃんこ場所」))



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー72(2012年10月〜12月)へ進む
いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る