今日のいいともニュース
2013年2月4日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、田中裕二、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
振分精彦親方、スギちゃん、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストは振分精彦親方さん 金曜 米米CLUBさん明日 森山良子さん
宣伝・下記 花束・中程度(関係者) 

宣伝はTV「大相撲トーナメント第三十七回大会」

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「???ます」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「????。あっ失礼します」
(どうぞ。ねえ、)
観客「ぉ〜」
(「船橋ひかり幼稚園」ってこれなに?)
「あ〜今度慰問に行く幼稚園なんです」
(あっそうで、)
「はい」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜。「割烹とんぼ」)
「はい、部屋の近所の割烹料理屋さんで」
(あっそうですか?)
「何回か、最近知り合いまして」
(あっそうですか)
「結構美味しいですね」
(あ〜)
観客「(笑)」
((笑)よろしく、よろしくお願いします)
「よろしくお願いします」

(親方、あっこれちょっと振り返ってみますけども)
「はい」
(パネル登場)
気合いの入れ方から”各界のロボコップ”と呼ばれた
振分親方(元高見盛 39歳 青森県出身)
10歳(1986年)「相撲を始める」
22歳(1998年)「全日本選手権で初優勝しアマチュア横綱に」
23歳(1999年)「東関部屋に入門」
26歳(2002年)「秋場所で小結に昇進」
36歳(2013年)「初場所千秋楽に現役引退を表明」

(青森県出身なんですね)
「そうですね」
(10歳の時、相撲始めた?)
「はい」
(これ何で?)
「え〜つまんない理由なんすよね〜、ただ、」
観客「(笑)」
「腹ぺこな子どもだったんで」
(ええ)
「ただ給食のお替わりが自由だとか、大盛りにしてやるとかって、そういう
ふざけた」
(あっ相撲やれば)
「はい」
(はぁ〜)
「安いですね〜ホント」
(ああそう?相撲やってる子は、あの運動量が大変だからお替わり自由という
風な事だったんですか?)

「いや、あの頃から他にもスポーツやってる子がいますから」
(うん)
「ホント給食になったら奪い合いです」
(あ〜そうで、)
「取るか取られるか」
観客「(笑)」
(凄い、)
「はい」
(凄いですね)

(で、全日本選手権で初優勝し、アマチュア横綱)
「はい、まあ」
(凄い、全国一位ですよ)
「運が良かったな〜って思うんですけどね」
(ねえ、確かあれ幕下、)
「あっ幕下付出の資格ですね」
(付出ですよね)
「はい」
(資格、あの学生横綱のそれ、)
「学生横綱とは別です。アマチュアって言って社会人も、」
(いや学生、)
「選手も全部含めて」
(横綱でも付出になれる)
「あっはい、今は」
(今は成れるんです)
「はい」
(昔は成れなかったんですよ)
「はい」
観客「へぇ〜」
(ええ。それで確かあれ、一年後にはもう入幕してましたよね?)
「いや、え〜確か、あっこれで優勝してから一年後に十両になったんです」
(あっ十両に)
「はい」
(早いんです)
「まだ幕下で」
(ええ。それで、え〜小結ですね。で千秋楽現役引退を表明)
「はい」
(36歳)
「そうです」
(どうぞどうぞ)
「ありがとうございます」
(ねっ)
「はい」

(あの、真面目そうですよね)
「まあよく言われてます」
(ええ)
「くそ真面目でバカ正直だって」
((笑))
観客「(笑)」
「まあ笑い、やっぱ笑いますか」
((笑))
観客「(笑)」
(子どもの頃もそんな正直?)
「そうでしたね」
(真面目で)
「はい」
(あ〜)
「まあ人を疑うって事あんま無かったと思います」
(ああそう?)
観客「へぇ〜」
(良い人なんですよね〜ホントに)

(これ色々あの、)
「はい」
(まあ後で)
「はい」
(ゲッターズが占っておりますけどね)
「あ〜不安です」
(面白い結果。不安ですか?)
「いや、何言われるか」
(あ〜。いや、あのね、)
「はい」
(これまあ後であのあれ言いますけどね)
「じゃぁ見ない方が良いですね」
(あっ今の方が良いですか?)
「まあ早く、」
(あっ、早い)
観客「(笑)」
「どうせだったら」

(基本的な性格はですね)
「はい」
(好きな事意外には全く興味が無いって本当ですか?)
「あ〜そうですね(笑)、みんなが例えばええと「この曲が良い」と
言っても「全然知らない」って言い張るでしょうね」
(あ〜)
観客「(笑)」
「例え、例えばEXILEが、EXILE、親方が、ええと東関親方が「EXILEの
この曲が良い」って言ったのに、自分はあんま知らないって感じで」
(あ〜)
観客「(笑)」
(それとあんま関係ある?)
観客「(笑)」

(周囲から変わってると言われているが、自覚が薄いというの出てます)
「はい、まあ自分は真面目にやってるつもりなんですけど」
(ええ)
「何か自分の行動がズレてるって」
(言われますか?)
「そう言いますね」
(例えばどういうとこズレてんですかね?)
「はて、何でしょう?まあ私、」
観客「(笑)」
「まあ着る物とかでもちょっと、何か忘れたりしたりするんで」
(あっ着る物なんか忘れてんですか?)
「いやネクタイ買うの忘れて、ちょっと喪服の黒いネクタイとか買って
しまって。それしか無かった」
((笑))
観客「(笑)」
「それでちょっと親方の集まりとか行っちゃってしまって」
(え?)
「ちょっと、ええと親方の」
(親方の集まりに喪服のネクタイ?)
「はい」
観客「(笑)」
((笑)。じゃぁつい最近の事ですね)
「そうですね、もう一週間ですか」
観客「(笑)」
「ええ、まあ急いでスーツとか買ったもんですから」
(あ〜)

(でスーツ買ったって、これ合わないですよね?既製品じゃね)
「いや、あるんですよ、結構」
(えっある?)
「はい」
観客「へぇ〜」
(はぁ〜)
「ええと確か、坂善ってお店でしたか」
(あ〜坂善)
観客「あぁ〜」
「よく、」
(坂善に行ったんですか?)
「はい、そこだったらあるんです」
(あるある、確かに。坂善で一式揃えて)
「はい」
(でネクタイだけは忘れた?)
「はい。ええと紅白のやつ買ってけばしばらくは大丈夫かな?と思ったん
ですけど」
(ええ)
「やっぱいっぱい買っといた方が良いなって言われて」
(ええ)
「それでちょっと怒られましたね。きつかわれてます」
観客「(笑)」

(ちょっと話がまだ分からない)
「あっ、あっすみません」
(紅白、紅白の何を)
「あっ紅白じゃ無くて、ええと黒と白の、あっ冠婚葬祭用」
(あっ冠婚、)
観客「あぁ〜」
観客「(笑)」
「冠婚葬祭用でした」
(紅白のネクタイって(笑))
観客「(笑)」
(何かな?と)
「あ〜すみません」
(あ〜。で親方の集まりに喪服で、喪服のネクタイで)
「はい、そんな状態で行ってしまって、ちょっと怒られました」
(誰に怒られた?)
「ええと、まあ色々と」
((笑))
観客「(笑)」
「一言で言えません」
(一言、相当怒られた?)
「はい」

(あれ、これ凄いんですけど)
「はい?」
(芸術や美術の才能があるらしいです)
「そんな」
観客「へぇ〜」
「信じらんないな、自分でも」
観客「(笑)」
(美術好きですか?絵とかそういうの)
「いや、全然、そういうのはあんま興味無いですね」
(いや、あるらしいです、才能)
「はい」
(才能あるが、究極に飽きっぽくて続かない)
観客「(笑)」
「(笑)究極って所から何か凄そうっすね。何か、そうかも知んないです」
(ああそう?)
観客「(笑)」
(急にあの顔時々真面目になります)
観客「(笑)」
「そうですか?まぁ〜やっぱ生放送で緊張してるんすか、相撲とは違って」
(ああそう?(笑)、相撲も大体生ですけどね)
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「あ〜そうですか」
観客「(拍手)」
「あ〜」
(大体生)
「???ない」
((笑)色々面白い)

(追い込まれると力を出すが、追い込まれないと発揮できないっていうので、これ
ちょっとあの聞いたんですけども)

「はい」
(何か練習の時はね、強くないんです、さほど)
「ええ(笑)」
(でもね、本番で土俵に上がると、凄い強いらしいんですけど)
「はい」
観客「へぇ〜」
(これ本当ですか?噂聞いて、)
「本当ですね。子どもの時から相撲の大会とか行ったら稽古場であんなに
弱いくせして何で優、入賞したり3位になったり」
(うん)
「優勝したりするんだ?って、そう言われましたね、子どもの頃から」
(らしい)
観客「へぇ〜」
(あっこれ本当ですか?噂)
「はい、そうですね」
(これやっぱり追い込まれないと力が出ない?)
「いや、自分もよく分かんないんですね。まあ本場所になったら、」
(ええ)
「何か気合いを入れたら、ぶつかったら勝ってる時は勝ってるって
状態です」
(はぁ〜)

(じゃぁあの「(気合いの掛け声)」)
「あっ」
観客「(笑)」
(あれ自分を追い込んでる?)
「追い込むって言うか、自分が、何て言うか、」
(ええ)
「土俵の上が怖いんですよね、普通に」
(あっ怖い?)
「相撲取るのとか、土俵に立つっていうのが何て言うか怖いんです」
(怖い?)
「ただ怖いから、ただ足が震えを止めるために最初自分の顔ブン殴ったのが
きっかけで、それが気合い、」
観客「(笑)」
「それで気合い入れてぶつかればまだ相撲取れるって思って。そうやって
自分を殴ったりして」
(うん)
「気合い入れたのがきっかけですね」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」

(ああそう?怖いっての、相手が怖いんですか?)
「まあ色々と、自分本場所の相撲で大怪我した事あったもんで」
(うんうん)
「膝の怪我ですね。手術するくらいの」
(うん)
「前十字じん帯断裂でしたか」
(へぇ〜)
「あの頃の痛みはホント今でも忘れませんから」
(痛い?)
「痛いです。痛いのも痛いんですけど、まともに歩け無かったんで」
(うん)
「相撲取ってる途中は、まだ動いてたんですけど、土俵から降りたら何か
ガクッって」
(あ〜そう?)
「ホントそれぐらいに歩け無かったですね」
(へぇ〜、じゃぁその時の、そうず〜と脳裏から離れないんだ)
「はい」
(相撲、土俵上がると)
「はい」
(うん)
「それで幕内の土俵に戻って来たんですけど、本当に怖さって言うのか
その時が一番極まりましたね」
(へぇ〜、それでこれ)
「はい」
(これを)
「自分を、顔、顔をブン殴ったり、肩、身体動かして、」
(ええ)
「それで気合い入れたりして」
(へぇ〜)
「そういうのは全部怖さを無くしたいから。それだけです」
(あっそう?じゃぁこれも当たってるんですね、これね)
「はい」
(へぇ〜)

(何、何で稽古の時は弱いんですか?何か入らない?)
「何、」
(稽古の時は怖くないんでしょ?)
「まぁ〜分かんないんすけど、」
(うん)
「普通にやってんですけど、何か力が入んないっていうか、」
(うん)
「上手く動いてくれないって言うか」
(動きが)
「はい」
(はぁ〜)
「悪いんですよね、何か」
(だから他のあの関取の???だと、あれワザと稽古は弱くして本番でやってる
って評判もありましたよね。噂も)

「まあそう言われてもしょうがないんですけどね〜」
(あ〜)
観客「(笑)」
「でも、こう見えても真面目にはやってます、稽古には」

(可愛いっすよね、何か)
「ありがとうございます」
((笑))
観客「(笑)」
「ありがとうございます」

(これ、この後の)
「はい」
(え〜恋愛運)
「はい」
(来てますよ)
「え?」
観客「フ〜!」
「聞きたいような聞きたくないような」
(え〜素直に、素直に成れなくて、恋のチャンスを逃しやすい)
観客「あぁ〜」
「(笑)かも。かも知れないですね〜」
(あ〜)
「何か、こう色々と事件とか起ったりしますから」
(は?)
観客「事件(笑)」
観客「(笑)」
「いや、」

(事件?)
「いや何か新聞とかにも載った事があったもんで、それを色々と冷やか
されて、ちょっと、何て言うか」
(あっそうですか?)
「はい。自分は恋愛する資格無いんじゃないかな?って思いたくもなり
ますよ、こういうの続くと」
観客「え〜!」
(あれ〜?何、何で失敗したんですか?)
「いやちょっと、」
(悲しい顔して、)
「女の子、」
(え?)
「女の子と付き合う、何か付き合ったり食事したりすると」
(ええ)
「何て言うか、すぐ新聞に載ったりしたもんですから」
(ええ、ええ、ええ)
観客「あぁ〜」
観客「(笑)」
「それでちょっと」
(絶対バレますよね)
観客「(笑)」
(あっそれ載ったりするんで、それもう自分はもう恋愛は)
「ほとんど今はする資格無いんじゃないかな?って思いたくもなります」
観客「え〜!」
(へぇ〜)

(指原好きなんでしょ?)
「ええ、可愛いっす」
観客「(笑)」
「でも、」
(指原呼びますか?ちょっと)
「いや、ちょっと、」
観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
「なに、なにを(笑)、」
観客「(拍手)」
「どういう???」
(指原!)
観客「おぉ〜!」
指原莉乃さん登場
指原「こんにちは」
「こんにちは、どうもこんにちは」
指原「お邪魔します」
「あっどうもありがとうございます」
指原「初めまして」
「初めまして」
指原「あのよく番組とかも名前を出していただいていて」
「はいはい」
指原「凄く、ありがとうございます」
「はい」
(私ココにいるのに全然無視して)
指原「(笑)」
「すみません、すみません、すみません」
観客「(笑)」
「いやちょっと緊張してしまって」
(顔つきが)

指原「でも、でも色んな人が好きなんですよ」
(え?そうですか?)
「まあ、」
指原「壇蜜さんとかも好きんですよ」
(おっ壇蜜好き?)
観客「(笑)」
「いや、単にインタビューで」
指原「はい」
「ええと「気になってる子が誰ですか?」って言われただけで、どうも
  そう扱いされるんですよね」
(あ〜そう、)
指原「あ〜なるほど」
「なんですよ」
(じゃぁ指原は本当に好き?)
「ええ、そうですね」
指原「あ〜ありがとうございます」
「な、何を言わせる」
観客「(歓声)」
指原「(笑)」
観客「(拍手)」
指原「ありがとうございます、嬉しいです」
「あっどうも。???ちょっと、そう言ってくれてホントこっちも嬉しいです」
指原「(笑)」

(今度食事でもどうです?)
「いや〜良いんですか?って(笑)」
指原「(笑)」
(え?)
「ええとAKBじゃ、HKT」
指原「あっHKTです」
(ええ)
「恋愛ま、あっ」
指原「恋愛じゃ無くご飯、ご飯」
(いや食事だけです)
「あっ」
指原「(笑)」
観客「(笑)」
「いや、でも(自分は)何言ってんだ」
観客「(笑)」

CM明け

(タモリさんと親方の間に指原さんが座り3人並んでいました)
(じゃぁ)
「はい」
指原「(笑)」
(さし、指原を横に置いて)
「いや〜なん、」
(恋愛の方ちょっと行って見ますね)
指原「あ〜気になりますね、教えて下さい」
(自分が好きな人を追い、追い求めるが「自分なんて」と思って突然引く所が)
指原「お〜」
観客「あぁ〜」
「はい」
(さっきの話も合ってますよね)
「はい」
指原「うんうんうん」
(これそうですね)
「まぁ〜、そんなんばっかですよ」
観客「(笑)」
「何か、何がしら色々叩かれるんですから。下手したら部屋の前に報道陣とか
  来た時、ホント怖いもんがあります」
指原「(笑)」
(あ〜、それでこう引いちゃう)

(周りからは「なぜ?」と言われるような女性を好きになる)
指原「え〜!?」
観客「(笑)」
指原「え〜?」
「やっぱさっき言われた通り、周りからどうもズレてる扱いされてるんです」
指原「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
指原「ええ?出てきた私恥ずかしいですよね」
(いやいや)
指原「???」
「いや、」
(指原まともじゃない)
指原「ありがとうございます」
「あ〜そうですよね」
(今まで何かありました?)
「はい?」
(周りから「え?あんな女が好きなの?」って言われた事あります?)
「いや〜、まあありますね、新聞載ったときに色んな所から電話来ました」
指原「(笑)」
(あ〜、それとちょっと違うんですけどね)
「いやとにかく、あっ、」
((笑))
「言って、言ってもしょうがない」

(これ来てます、これ)
「何ですか?」
(交際の最初だけ盛り上がり過ぎる)
指原「あら〜」
「あ〜」
指原「あら」
観客「(笑)」
(これはどうですか?)
「あっある、あるかも知んないですね」
(あ〜)
「盛り、とにかく盛り上げようと思ってメチャクチャやると思いますから」
(はぁ〜)
指原「うん」
(自分が話をして盛り上げようと思って)
「はい」
(あ〜)
「でも引かれるんですよね〜、後で」
観客「(笑)」
(何でかね?面白いですけどね)
指原「うん」
(引かれるんですか?)
「はい、結局酒とか入れなきゃ、最初はテンション高いけど、」
(うん)
「後で何かガク〜って下がるんですよ」
(あ〜)
指原「へぇ〜」
「やっぱ飲み過ぎかな〜?」
指原「(笑)」
観客「(笑)」
指原「飲み過ぎとかじゃ無いと」
観客「(笑)」
指原「飲み過ぎ関係ある?」

(どれくらい飲むんですか?)
「いや普通だと思うんすけど」
(うん)
「せいぜいビールで、生ビール10杯くらいか」
観客「へぇ〜」
指原「へぇ〜」
(10杯?)
「はい」
(それから他に移る?日本酒か何か移る?)
「いや、ええと気分ですね」
(気分で)
「ビールだけで済むんだったらビールで済むし」
(うん)
「何か気分変えたくなったら焼酎だろうがビー、日本酒だろうが」
(が行くわけ?)
「はい」
(でも、関取にしては10杯くらいは普通ですよね)
指原「うん」
「ええ、確かに。もっと上、上には上がいますから、相撲界には」

(今、今誰が一番強いんですか?相撲界で)
「現役でですか?」
(現役で、ええ)
「う〜ん、」
(噂聞くと)
「やっぱし白鵬関か」
指原「うん」
「ええと把瑠都関か (ああそう?)
観客「あぁ〜」
「だってあのメンバー、テキーラとかウォッカとか、」
(うん)
「焼酎ストレートでグイグイやりますから」
指原「う〜ん」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜。把瑠都強そうですね)
観客「(笑)」
「まああくまで聞いた話しですけど」
(ああそう?)
指原「(笑)」
観客「(笑)」

二度目のCM明け

(指原さんはいなくなり二人に戻りました)
(大相撲)
「はい」
(トーナメントが、2月の10日ですね)
「はい。え〜来週、」
(午後4時5分)
「はい。自分もええと千原ジュニアさんと一緒に出て来ますんで、どうか
皆さん、来週の日曜、両国国技館にどうぞよろしくお願いいたします」
観客「(拍手)」

振分親方さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(じゃぁ百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で)
「はい」
(両方に前後賞あります)
「はい」
(100人女性がスイッチ持ってます)
「はい」
(何行きましょうか?)
「う〜ん、そうっすね、昨日節分だったで」
(ああそう、うん)
「ええと、岩手の平泉中尊寺って所で豆まき行ったんですよ」
(あっそうですか?)
「はい」
観客「へぇ〜」
(うん)
「まあ〜こうお客さんの事も考えて、」
(ええ)
「そうだ、平泉中尊寺行ったことがある人」

(何人くらい?)
「だって、」
(今までにですね?)
「はい。世界遺産ですから」
(世界遺産ですからね)
「うん、まあ3人ってところでどう?」
観客「(笑)」
観客「ぇ〜」
(3人?)
「はい」
(中尊寺へ行った事がある、3人、スイッチオン)
平泉の中尊寺に行った事がある人・・12人
「あっ!」
(え?)
観客「あぁ〜」
「わ〜、あ〜パワースポットとかで結構行って、」
(今、今マジで驚きましたね?今ね)
「いや、」
観客「(笑)」
「だって???」
(残念)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
親方「はい」
(この方です)
森山良子さんの写真が表示されました
(あっ森山良子さん)
親方「あ〜」
観客「おぉ〜」
生野アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども」
森山「もしもし 生野アナ「もしもし、タモリさんにお電話代わります」
森山「はい」
(お久しぶりです)
森山「お久しぶりです」
(どうも。あの横に今あの、元高見盛関がいらっしゃいますけど)
森山「はい。素敵ですね〜今日行きたかったわ」
親方「ありがとうございます」
(ちょっと、ちょっと代わります)
森山「(笑)」
(ちょっと代わります)
親方「はい」

森山「お疲れ様でございました」
親方「あっもしもし」
森山「森山良子です」
親方「はい、もしもし、初めまして」
森山「初めまして」
親方「ええと、元高見盛の振分です」
森山「どうも〜」
親方「どうも」
森山「親方、」
親方「はい」
森山「あの楽しみにいつも拝見してました」
親方「ありがとうございます」
森山「私中尊寺行った事あります」
親方「あっそうなんですか?」
観客「(笑)」
森山「もう、もう、」
親方「どうもありがとうございます」
森山「遅いか」
親方「あ〜、喜んで、」
観客「(笑)」
親方「いただけて、ありがとうございます」
観客「(拍手)」
森山「また楽しみに見てますので」
親方「はい」
森山「親方頑張ってください」
親方「はい、頑張ります。ありがとうございます」
森山「どうも〜」
親方「はい」
森山「失礼しま〜す」
親方「どうも、はい」
(もしもし)
森山「もしもし」
(明日大丈夫ですか?「いいとも」)
森山「いいとも〜」


明日のゲストは 森山良子さん




アナタのお宅に来るかもしれない!?イケてる☆デリメンコンテスト
進行役・千原ジュニア、生野陽子
審査員・タモリ、香取慎吾、田中裕二、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、
    ゲストのスギちゃんさん


自宅まで出張してくれる仕事をしているイケメンのコンテスト
優勝者は金一封獲得

1組目(紹介者・男女)
 紹介文・「今年成人式!初々しいハニカミ屋のデリメン」
 会社名称・「(埼玉県)PIZZA-LA深谷店」
 デリメン・20歳男性(彼女なし)

2組目(紹介者・男性)
 紹介文・「顔が超小さいカワイイ系デリメン」
 会社名称・「(東京都)ピザハット恵比寿店」
 デリメン・23歳男性

3組目(紹介者・男性3名)
 紹介文・「現在東大生!タンクトップが似合う逆三角形デリメン」
 会社名称・「(東京都)お好み9品川店」
 デリメン・21歳男性(彼女なし)

審査結果・5票獲得の3番の優勝(他は2番2票、1番1票)





ワケあり人間カジノ どっちベガス
進行役・香取慎吾
ディーラー・下記
解答者・タモリ、田中裕二、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、
    ゲストのスギちゃんさん


見た目では分からないが訳ありエピソードを持つ人が登場するので
ディーラーが二択形式でプレゼンする発表されるエピソードのどちらなのかを
当てるクイズ

一問目・54歳男性(城靖雄さん)が登場
 A・(ディーラー 千原ジュニア)
  「ちょっとしたアドリブでやってみたら大人気に!
  「人志松本のすべらない話」のナレーター
   (声優をやっていたがナレーターを頼まれ、通常6秒だった
   「すべらない話」を12秒で依頼されアドリブで長くやってみた)
 B・(ディーラー 田中裕二)
  「熱烈シャウトしてみたら商品の知名度が大幅アップ!
  CM「伯方の塩」の声の人
   (元々演歌歌手だったが16年前に頼まれて歌う事になり、元々
   歌っていた曲を替え歌にして歌った)

 解答
  Aが正解だと思う人・タモリ、スギちゃん
  Bが正解だと思う人・渡辺直美、指原莉乃、武井壮

 正解「B」
  ・「伯方の塩」を生披露。
  ・その後「タモリの塩」「ジュニアの兄」と歌いました。

二問目・38歳男性(Mr.BUNBUNさん)が登場
 A・(ディーラー 千原ジュニア)
  「今路上で人気のパフォーマンス!
  リンゴでジャグリングしながら全部ペロリと食べきってしまう男
   (芯を抜いたリンゴを3個持ってジャグリングしながら食べて行き、
   最後にはそのまま食べきってしまう)
 B・(ディーラー 田中裕二)
  「今ネット上で話題のパフォーマンス!
  リンゴの皮でモナリザの絵を作ってしまう男
   (元々紙切り芸をやっていたがリンゴの皮でもやってみたのを
   YouTubeに載せたところ900万回再生され、2012年度の再生回数
   第8位になった)

 解答
  Aが正解だと思う人・武井壮
  Bが正解だと思う人・タモリ、スギちゃん、渡辺直美、指原莉乃

 正解「A」
  ・生披露しました。





曜日対抗いいともCUP
「お顔の3文字映スプーン」
顔に1文字書かれた紙が3枚貼られているので、それを固定されてある
スプーンに文字を映して読み取っていくゲーム。6人が順番に行い、
全員正解するまでの時間を競います。

参加者・香取慎吾、田中裕二、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮

結果・22秒19

月曜日 22秒19(2)火曜日 (0)水曜日 (0)
木曜日 (2)金曜日 (0)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
スギちゃんさん(デリメン/どっちベガス/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る