今日のいいともニュース
2013年2月6日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、三ツ矢雄二
森公美子、谷山雅計、noon boyz、本田朋子


テレフォンショッキング
ゲストは森公美子さん 昨日 森山良子さん明日 八千草薫さん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝は演劇「レ・ミゼラブル」

花束は大地真央さん、美木良介さん、加藤清史郎さんなどから
  届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「お願いします」
(???)
「よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
「????、お願いします」
観客「(拍手)」
(痩せました)
「ちょっと痩せました。ちょっとだけ痩せました」
(何キロ痩せた?)
「22キロ」
(ええ?)
観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
「まぁ〜大変でしたけど。まだ、今まだ続いてんですよ」
(え?まだ目標達成じゃない?)
「いや、まだ、じゃ無くて」
(うん)
「あの番組でやったんですけど、企画で」
(うんうん)
「そしたら中居くんが急に「これからも続けますね」って急に振ってきて。
「えっ!?今から焼鳥屋予約してんだけど」と思った」
((笑))
観客「(笑)」
「「ええ〜!?は、はい」って言ってしまって。続くことになってしまった」
(目標は?)
「目標は後10キロ」
(お〜)
観客「へぇ〜」
「そう」

(大体何キロあったんですか?)
「108です」
観客「え〜!」
(ええ?)
「煩悩の数だけありました」
(はぁ〜)
観客「(笑)」
「はい」
(凄い)
「108から、あの二桁に痩せ、」
(あの人間って、)
「ええ」
(100を超えるのなかなか超えないって言う、言う事らしいんだけどね)
「あ〜だってもう、」
(超えちゃいましたか)
「簡単に超えて、」
観客「(笑)」
「ある時は114ありましたから」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「よく動いてたなと」
(動いてたね〜)
「まあ今になってホントに楽になりましたね」
(軽いやっぱり?全部、)
「膝が楽、楽」
観客「(笑)」
「もう???ったってもう」
(はぁ〜)
「すぐ、あの結構歩いたり」
(あ〜して)
「ウォーキングをしていました」

(まあまあ、どうぞ)
「すみません、ありがとうございます」
((花束)いっぱい来て)
「あっ皆様ありがとうございます」
(大地真央さん来てます)
「あ〜すみません」
(ええ)
「あっもうあり、ありがとうございます、すみません」
(いっぱい来てますよね)
「あら。あっこれ「金スマ」ってあの、他局の番組ですよね」
(ええ)
観客「(笑)」
「あ〜、はい」
(もうこの番組あんまり関係無い、他局も)
「あっホントそう、」
観客「(笑)」
「すみません、あっ千葉(龍平)さんもすみません」
(どうぞどうぞどうぞ)
「ありがとうございます」

(凄い、で、)
「ええ」
(20、今何キロ?)
「今は、86」
(あっそれでも86だ)
「で、1キロ戻った」
(戻った?)
観客「(笑)」
「やっちゃいました」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)食生活が」
(へぇ〜)
「はい」
(あと10キロか〜)
「あと10キロなんですよ」

(まず、まず何をやった?)
「まずね、あのね、ウォーキングとか」
(あ〜)
「身体を動かすっていう習慣を付けたんです」
(今まで動いて無かった?)
「全く!もう近くの、50メートルのコンビニでさえも、」
(うん)
「車で(笑)」
観客「え〜!」
(行ってた?あっそう?)
「ホントに」
(あ〜)
「うわぁ〜でも地下鉄なんかもう全然、何十年乗ってなかったんだろう?
20年近く乗って無くて」
(うん、へぇ〜)
「それもう、もう最近こう痩せたもんだから、もう良い気になって乗って
ますよ」
観客「(笑)」
(地下鉄乗って)
「地下鉄乗ってます。大江戸線って狭いんだなと思って」
(あっちょっと規格が狭いんです)
「ねえ」
(そうそうそう)
「「あれ?私でかくなったかな?」と」
(いやいや、)
「一瞬思った」
観客「(笑)」
((笑))
「「あっまずい!」と思って。たら後通る人が何かこう凄く気にするから」
(うん)
「と思ったら、あれ小っちゃいんですね」
(小っちゃいんですよね)
「ええ」

(それで後ウォー、ウォークって)
「ウォーキング」
(どれくらい歩く?)
「5キロくらいですね」
観客「へぇ〜」
「で、まああの、」
(5キロってかなり時間かかりますよ、5キロ歩く)
「いや1時間2時間近く、はい」
(かかるでしょ?)
「はい、かかります」
(うん)
「ねえ。それでかかって、それで、それがあのビル街を歩くんですよ」
(ビル街?)
「で段々正体、正体がバレ、」
(何でビル街?)
「六本木辺りを」
(どうしてビル街?)
「まあ近所だったんで」
(あ〜あ〜)
「ええ」
(うんうん)
「まあ公園に行くまでこのね、そうオフィス街とか歩、歩いてく」
(うん)
「段々バレて来て、そのオフィスの所から「頑張れ〜」っていう横断幕
とか出たりとか(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「もうね、」
(街ぐるみだ)
「通るとね、もう写メがガ〜と待ってるんですよ。だから待ってるから、
あ〜もうココはこういう感じ(手を振って)」
観客「(笑)」
「「は〜い」みたいな」
(凄い)
「そうなんですよ、何かみんな」
(街ぐるみなって来た)
「もう何かみんなね、巻き込んでますね」
(へぇ〜)
「ええ」

(それであと食事は?)
「この食事がね、」
(うん)
「また少量なんですよ。炭水化物摂らないようにしてるから、朝と昼は
摂るんですけど、夜になったら絶対取らないんです、ご飯」
(うんうん)
「で、しかもこれがコツですよ、少量だから、途中でこれバッと食べたら
終わっちゃうんですよ。だから途中食べたとこで、」
(うん)
「ダイニングからリビング行って、テレビ見るんですよ、しばらく」
(うん)
「で見て、その間水飲んで、コマーシャル2個くらい見たら、また戻って来て」
(うん)
「続きを食べてまた行くんです」
(そうすると何?お腹は)
「満腹感」
(が、)
観客「へぇ〜」
「あの、じ、じ、時差があるから」
(早食いは悪いって言いますよね)
「ええ」
(早食いがね)
「でもホントにね、それやってたらね、」
(うん)

「で6時までに食べ終わらなきゃいけないんです」
(うんうんうん)
「もう8時だったと思ったの、8時とか9時ね」
(あ〜ダメダメダメ)
「それまでギリギリ食べようと思ってたんだけど」
(うん)
「たらもう、もう6時なんですね」
(そうそうそう)
「世の中は」
((笑))
観客「(笑)」
「ビックリ、6時までご飯終えるなんて無理じゃないですか、ねえ、6時に
なってから「あら?腹減ったかな?」と思うぐらいですよね」
観客「(笑)」
(あれね、あの大体一日の半分を、)
「うん」
(あの消化器官を空にする、固形物を取らないのが良いらしいって話もある)
「聞きました」
(うん)
「うん」
(でもう働かしっぱなしにしてるんですよ、だからこうもう段々段々疲れて
来て、まず便秘が起こる)

「うん」
(うん)
「だから何にも入れない瞬間ですよね」
(そうそう、あのお茶とかそういうのは別ですけど)
「うん、で水分は別として」
(うん)
「こう、こういう動き(胃の動き)をしない瞬間をね」
(そうそうそう、うん)

「だからこういう動きをしない様にするか、それとも食べ続けてる」
(うん)
「小鳥食いって言って」
(うん)
「あの少量ずつ」
(ちょっとずつね)
「その少量が分かんないですよ」
観客「(笑)」
((笑))
「初め小鳥食いやって、量が分かんないから、あれ?太っちゃったと思って。
何だ、小鳥食いって良いって聞いたのにな〜みたいな」
((笑))
観客「(笑)」
「小鳥食いじゃ無かった、大鳥食いだったんですよ、もう」
観客「(笑)」
「タカとかワシとかあの辺ですよ」
観客「(笑)」

(いや今までどのくらい食べてたの?まず、まず朝は)
「まず朝は、あのご飯と、後は、ご飯普通のご飯ですね」
(ご飯と)
「後ね、ちょっと前、前日に残ったハンバーグとかありますよね(笑)」
(あっ肉料理多く食べてた?)
「肉です、とにかく肉です」
(あ〜)
「朝からトンカツでも大丈夫」
(あ〜)
観客「へぇ〜」
「で、朝のためにあのトンカ、あのカツ丼を作って」
(うん)
「夜に」
(うんうんうん)
「で、また夜に作っておくと、夜になると「あのカツ丼は今頃染みてる
だろうな」とか思うと」
((笑))
観客「(笑)」
「夜中にちょっと、ちょっとだけね(つまみ食い)、こういう感じがね、
ドンドンドンドン」
(ドンドンドンドンなるんだ)
「うん、それでもう108キロになって、これヤバイぞって事なったん
ですよね」
(へぇ〜)
「うん」
(一大決心しましたね、でも)
「いや〜これがね、もう関西のオバチャンとかに言われるんですよ」
(うん、何て?)
「「森公美ちゃ〜ん、いつ戻んの?」って(笑)」
((笑)楽しみにしてる?)
観客「(笑)」
「もうリバウン、リバウンドを期待されてんですよ」
観客「(笑)」
「既にもう」
((笑)リバウンド期待されて)
「凄いリバウンド期待してるらしいんですよね」
(はぁ〜)

(身体の調子はどうですか?でも軽いだろうな〜)
「22キロは違う世界ですね」
(うん)
「やっぱりあの、」
(22キロの重りを落としたみたいだもんね)
「そう。だからあの、まああの灯油入れるやつあるじゃないですか、
あれが18キロでしょ?1.8ぐらいですよね」
(はぁ〜)
「あれを」
(あれを、)
「あれは、あれともうちょっとココにあのペットボトル後4本ぐらいの
重みぐらい」
(持って一日)
「歩いてたって事なんですよね」
(はぁ〜)
「「あらららら」ってぐらい、ホントに膝が楽だし」
(あっ膝に来るよね)
「膝に来ましたからね、実際」
(うんうん)
「で、ちょっとしんどくて、歩くのが」
(あっそう?来てたの?)
「来てたんです、実はちょっと来てて」
(うん)
「で怪我したんですよ、去年の一月ぐらいに」
(うん)
「それがずっと来てたんです」
(長引いて)
「で、かばってたら、左足が痛くなって」
(あっそうなんだよね)
「これは私は重いんだって、やっと気がついた」
(遅かったね〜)
観客「(笑)」
「そうなんですよ、危機感が無かったんですよ〜もう」
((笑))
「遅くて」

(でも今、今大丈夫?それで、その量で)
「うん」
(それくらいの食生活でもう大丈夫?何か食いたいなとか思わないの?)
「思う」
(まだまだ思うよね)
「まだまだ、まだまだみたい」
(そうなんだよね)
「まあ〜三が日ね、三日連続ですき焼きやっちゃったんですよ」
観客「(笑)」
「もう私終わったと思ったんで(笑)」
(あ〜そうかそうか)
「これで「あっやった、これで終わりだ」と思ってたんで」
(うん)
「もうあの11日に放送があったんですけど、それまでがもう絶対「イェ〜」
ってみんなに電話して、ホント友達いなくなっちゃったんで、ご飯食べる」
(うん)
「で、みんなに電話して「ウチ来ない?すき焼きやるけど」ったらみんなが
来て、入れ替わり立ち替わりすき焼きで」
(三日間?)
「三日間連続のすき焼き」
(そしたらどうなった?三日間)
「いや、それで2キロ戻りましたね」
(あ〜)
「でも「あっ」と思いだして、歩き出したんです」
(うん)
「「そうだ歩こう」と思ったら、歩いたら戻ります」

(2キロ、2キロだったらね、簡単に戻るね)
「2キロぐらいはね」
(2キロぐらいは戻る)
「だから2キロぐらいに気がつかなきゃダメ」
(そう、いつも気がつかないと戻んないんだよ)
「そう、5キロになったらこれは難しい」
(あ〜難しい、難しい)
「ホントに」
(難しい)
「もうホント難しい」
(うん)
「5キロになってから気がついたんじゃもうあのね、最近ね、」
(うん)
「あの2キロだったら3日で戻せる」
(うんうん、そうそうそう)
「とか前日夜ご飯食べ過ぎたら、もう次の日」
(そう、翌日そう)
「翌日に戻す」
(戻せれば良いんだよ)
「戻せれ、」
(翌日ちょっと食べなくすれは大丈夫)
「そう。そう飢餓状態を作るって言うかね、何か少し食べなければ大丈夫
って」
(うん)
「ねぇ〜」

(あれであるらしい、あのこうアンチエイジングの)
「ええ」
(あんまり歳を取らない物質ってのは)
「はい」
(腹八分目が一番、一番って言うか、とにかく空腹にするっていうことが)
「うん」
(一番出るらしいですよ)
「へぇ〜」
(ええ)
「じゃぁ空腹を感じると、若返るって事ですか?」
(若返るって事)
観客「へぇ〜」
「へぇ〜」
(あれ、)
「常に若返ってるよ、じゃぁ私」
観客「(笑)」
(じゃぁ良い、今若返って)
「常に腹減ってるような気がするんですよ」
(アメリカの猿の実験があるんですけどね)
「あっ、毛が抜けたみたいな感じですかね」
(そう、満腹と大体飢餓状況にした猿を、)
「うん」
(同じ生まれた、こう比べたら)
「うん」
(ホント写真見て分かるとおり、こっちはもうホントに老けてんです)
「へぇ〜」
(こっちまだ若々しい)
観客「へぇ〜」
「へぇ〜」
(うん)
「じゃぁやっぱりちょっと」

(それをね、言おうと思ってて)
「うん」
(ねえ、まあこういう事言っちゃいけないのかな?長い間付き合いだけどもって)
「うん」
(良かった、今日言えて)
「あっ」
観客「(笑)」
「(笑)良かったです。じゃぁこれからも邁進して」
(若返ります、ええ)
「もう若返ろうと」
(ええ)
「ええ、もう53になるんで、私も」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「あっ、いやいやいやいや、ホントなんですよ」
(早いね〜)
「もう早いです、ホントに、20代の頃からお世話になってて」
(あっいえいえ、これ長い付き合い、)
「いやもうホントにお世話になって、ホントに」
観客「(笑)」
「もう53になりました」
(あ〜そう?)
「はい。意外と若く見えるんですよね」
(若い若い)
観客「若い」
「それにしてはね」
観客「(笑)」
(元気な50代で)
「はい、元気な50代」

演劇「レ・ミゼラブル」のポスターが貼ってあり
(元気な50代これやるんですか?)
「そうなんですよ、今度「レ・ミゼラブル」あの5月3日があの始まるん
ですけど、」
(ええ)
「4月23日からプレビュー公演がありますので」
(ええ)
「これあの映画より、もうみんな気合い入ってますから」
(あっ今映、)
「映画も素晴らしいんですよ、観ました?」
(映画、映画やってるんだ、今ね)
「そう、3時間もやってるんですけど。お尻がちょっと痛くなるんですけど」
(3時間)
「感動感動」
(へぇ〜)
「「レ・ミゼ」に出てる私たちが観に行っても「(泣き真似)」って」
観客「(笑)」
「ホントにね、嗚咽になるくらい泣く」
(ああそう?)
「凄いです、泣きたかったらちょっと「レ・ミゼ」みて欲しい」
(3時間の大作?)
「ちょっとね、お尻とね、」
(休憩無し?)
「休憩無い、一幕と二幕の間休憩がね、今度ありますから」
(うん)
「あの舞台の方は」
(映画の方休憩無し?)
「映画を観てから、これを観ていただいたら、ホントによく分かる」
(ああそう?)
「はい」

「演出もね、あの前と変わったんで」
(あっそう?)
「変わるんで。はい」
(へぇ〜)
「もうイギリスから入らしてて」
(へぇ〜)
「もう大変です、もう」
(あ〜)
「はい。まだ始まってないですけどね、稽古は」
(まだ始まってない?)
「まだ」
(随分違うでしょうね、軽くなったんで)
「軽くなったんでね」
(うん)
「何か階段があるって噂なんです。階段上り下りしなきゃいけない(笑)」
観客「(笑)」
(軽くなった分)
「そうそうそう」
(うん)
「「え〜?それもキツイな」と思いながら」
((笑))
「もうちょっと落とさないといけない」
(はぁ〜)
「ええ」
(あと10キロ)
「10キロですね〜」
(頑張ってください)
「全ては長生きのため」

CM明け

(これあの、ついでに失礼ついでに)
「はい」
(聞くんですけども)
「ええ」
(あの、オッパイは)
「うん」
観客「(笑)」
(意外とそのままですよね)
「(手を一回叩き)よく聞いていただきました」
観客「(笑)」
「私ね、ココが減っちゃうと思ってたんですけど、」
(ええ、大体減りますよね)
「結構、ココから行くって聞いてたんですけど」
(うん)
「ココ大丈夫でした」
(来ないですね)
「来なかったんですよ」
観客「へぇ〜」
「意外とココ保ってたんで」
(違う物質が詰まってるんですか?それ)
観客「(笑)」
「脂肪だとは思う、背中は無くなったんですけど」
(ええ)
「で、寄せてっていうの、元々あった物が、もうそのまま何ですね、脂肪が」
(これ凄いよね)
観客「うん」
「うん」

(普通でも小っちゃくなりますけどね)
「なんなかったですね〜。これだけは、もう私あの何か石けんある
じゃないですか、あの昔ちょっと痩せる石けんとか」
(うん、あったあった)
「流行ったの」
(うん)
「あれこうこうやってて、腹ばっかりこうやってやってたんですよ」
(うん)
「で、胸につくと「お〜とっとっとっと!」」
観客「(笑)」
「何か慌ててシャワーで流してたりとか」
((笑))
「してたんですけど」
(ああそう?(笑))
「こう、一応ね、あの」
(これ凄いですね)
「ココだけはまだ全然あります」
(元のまま?)
「元のままですね」
(ほぉ〜)
「いや、ちょっと背中の肉分は減りました」
(背中は減ったけど、こっち同じ?)
「ココは同じ位です。あのカップは同じです」
観客「へぇ〜」
(カップは同じ?)
「カップ同じでした」
(ほぉ〜これ凄いね)

「もう、まあ〜でもね、やれば出来るんですね、人ってね」
(ねえ)
観客「(笑)」
「あの、あの、あの美木(良介)さんが「(呼吸法)」ってやつと」
(うん、美木さんも凄い)
「美木、美木さんに教えてもらったんです、この痩せ方」
(あっこれやってる)
「「(呼吸法)」ってやつで。うん、それでもう、もう食べるとこ、」
(信号待ちでもやってました「(呼吸法)」ってやってるらしい)
「そう」
(呼吸で)
「あっずっと、あのねウォーキングとそれとね、また体幹ってのがある
んですよ」
(タイカン?)
「これが大変、体幹あの、」
(タイカンって?)
「ピラティスみたいなこのバランス取るやつ」
(あ〜)
「こう、ココの所にこう手足付いて、こうガ〜とこうやってたりとか」
(うん)
「ああいうやつをやるんですけど、あれが大変なんですよ」
(あ〜ん)
「腹筋100回とか」
観客「へぇ〜」

(腹筋100回やってんの?)
「腹筋100回、もうね、」
(100回出来る?)
「出来ます」
観客「へぇ〜」
「腹筋100回やれる様になりましたし、」
(凄い)
「あとボクサーみたいにこう寝ながらカッカッカッカッってのありますね」
(へぇ〜)
「あれも100回」
(へぇ〜)
「もうハンパ無い筋力」
(人生変わりますね)
「そうなんですよ。何かちょっとマラソン出ようかな?って思うぐらい」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)ちょっ、ちょっと何か自信が付きました」

(でも5キロってホント1時間、)
「1時間ちょっと」
(ちょっと)
「はい」
(で、でもそれぐらいで一万歩ぐらいなんですよね)
「やっとですね」
(それぐらいで1万、あの1万歩なんですよ)
「うん、「ホントまだまだだわ」と思って」
(うん)
「もうこれ追い抜く人たくさんいますから、私を」
(ん?)
「公園で」
(公園で?)
「あの歩いて、ウォーキングなんだけど、」
(え?公園を何周、何周もしてる?)
「何周もするんです、私」

(飽きるでしょ?)
「飽きるけど、まだ環境が良いんですよ、そこ。あの坂道もあったりとか
色んな意味で環境が良くて」
(はぁ〜、うん、うん)
「だからあの横断幕が出て来るんですけどね」
(あ〜)
観客「(笑)」
「「頑張れ〜」って(笑)」
((笑))
「何週目って数えてくれる人もいるし、」
観客「(笑)」
(ええ?ホント?)
「ええ、「(掛け声)」って言って「6周目、6周目」とかって言われて」
観客「(笑)」
「あとあの、あの段ボールの方いらっしゃいますよね」
(ええ、ええ)
「あのお住まいの方」
(ブルー、ブルーの方)
「ブルーの方に、」
観客「(笑)」
「あの「今日、今日も頑張ってね」って缶ジュースもらったりして」
((笑))
観客「(拍手)」
「「あっすみません」皆さんからほどこしを受けて、ホントに私」
(そう?(笑))
「ありがたく」

(凄いね〜、街ぐるみダイエット)
「もう街がね〜」
観客「(笑)」
「もう「頑張れ〜、頑張れ〜」って」
(へぇ〜)
「振り返って「頑張れ〜」って言って」
(ほぉ〜)
「追いかけて「頑張れ」って言って。弁当屋さんが「まける」って言った
んです、私に」
((笑))
「「食べてください」って「少し食べてください」って言われて」
(へぇ〜)
「もう。で後、通るとあのティッシュ配ってる方が、」
(うん)
「「あっお入りようですか?」って走ってきて、ティッシュ、「5ついい
ですか?」って持って来てくれるんです」
(へぇ〜)
「「あ〜すみません、ありがとうございます」みたいな。ホントに」
(東京のど真ん中も人情味溢れる街ですね)
「もう〜、もう良い街ですわ!東京」
観客「(笑)」
((笑))
「ホントに。住んでて良かった」
(良い街だ)

二度目のCM明け

森公美子さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞が真ん中で、)
「うわぁ〜」
(前後賞ございます)
「うわぁ〜、いやいやいやいや、私ね、やっぱりねダイエットしたので」
(ええ)
「5ヶ月で、」
(うん)
「う〜ん20キロ痩せた人はいないと思うんですよ」
(うん、いないだろうね)
「それ無理、10キロ痩せた人いるんじゃないかな?と思って」
(5ヶ月で?)
「5ヶ月で、え〜?10キロ、15キロ?10キロ?」
(うん)
「あっじゃぁ5ヶ月で10キロ痩せたことがある人」
(何名いると思います?)
「2名」
(2名。5ヶ月で10キロ痩せた事がある、スイッチオン)
「お願い!」
5ヶ月間で10キロ以上痩せた事がある人・・5人
(あ〜)
「あ〜!」
観客「へぇ〜」
「そんなに〜!?」
(へぇ〜。じゃぁ5ヶ月で20キロ痩せた事ある人、スイッチオン)
5ヶ月間で20キロ以上痩せた事がある人・・1人
「あ〜」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「あ〜こっちにすれば良かった〜」
(いるんだ)
「いるんだ」
(へぇ〜)

挙手女性を発見して
「え〜?」
(ああそう?)
「ホント?」
挙手女性「妊娠中です」
「あっ、」
(え?)
挙手女性「妊娠して、」
「だから5ヶ月、8ヶ月くらいかかるじゃないですか」
挙手女性「妊娠中に22キロ太って」
(え〜)
挙手女性「2ヶ月で20キロ痩せました」
(ああそう?)
観客「へぇ〜」
「2ヶ月?」
(それ凄いね)
「あ〜」
(あ〜)
「欲しかった〜」
((笑)残念で)
「いるんだ〜やっぱり〜」
(ええ)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう。この方です)
八千草薫さんの写真が表示され
森「素敵〜!」
(あ〜八千草さん)
観客「(拍手)」
森「素敵〜八千草さん」
観客「(笑)」
(八千草さん)
森「素敵」
電話が繋がり
(お久しぶりございます)
八千草「あっどうも(笑)、こんにちは」
(お元気で)
森「素敵〜」
(あの痩せました森公美さんとちょっと代わります)
森「あっ」
八千草「はい」

森「あの膝の痛みの時には、いつも私お世話になっております」
観客「(笑)」
森「あの八千草さんの、」
八千草「もしもし」
森「もしもし」
八千草「あっ、あのテレビで」
森「森公美子でございます」
八千草「お会いしております」
森「あっ、もういつもあの私、あの膝の痛みの時には」
(ええ)
森「あの八千草さんの、コマーシャルなさってる」
八千草「(笑)」
森「お薬をいただいております」
(ああそう?(笑))
観客「(笑)」
森「(笑)ずっとお世話人なりっぱなしでございます」
八千草「(笑)」
((笑))
森「はい」
八千草「ありがとうございます(笑)」
森「あっちょっと代わらせていただきます、すみません。素敵な方」
八千草「(笑)」
(明日「いいとも」大丈夫でしょうか?)
八千草「はい、いいとも」



明日のゲストは 八千草薫さん




プロに勝てるか!?見事なお点前見せまショー!
進行役・本田朋子
今回のプロ・ゲストの谷山雅計さん
解答者・タモリ、太田光、トシ、タカ、柳原可奈子、栗原類


その道のプロの作品とレギュラーから選ばれた一人の作品の二つを並べるので
どちらがプロの作品で、どちらがレギュラーの作品かを当てるクイズ

今回のお題笑っていいとものキャッチコピー

今回のプロ
・コピーライターの谷山雅計さん
  谷山さんの主な作品
   東京ガス「ガス・パッ・チョ!」
   新潮社「Yonda?」
   ペケポン「ペケな気もちも、ポンとふっとぶ。」
   資生堂TSUBAKI「日本の女性は、美しい。」

対戦するレギュラー・栗原類

 栗原さん以外のボツになった人の作品
  タカ「日本のお昼は笑っていいとも!」
  トシ「昼からバカやってます」
  柳原可奈子「たのしいだけのお昼です」
  太田光「この人達を探しています。」
     (背景が全レギュラーの集合写真)

作品
 A「「見てない」ひとも、「つづいてほしい」と思ってる」
 B「アイドルからお笑いまで。無口からおしゃべりまで。子供から
  オヤジまで」

解答・Bが栗原さんの作品(タモリさんが判断)
正解・B
   (放送上はAやBという分類はなく2つの作品が並んでいるだけですが
   サイト掲載の都合上AとBと表記しています)





男って勘違いの生き物よね!
進行役・柳原可奈子、本田朋子
解答者・タモリ、太田光、トシ、タカ、栗原類、
出演者・ゲストの森公美子さん


女性100人に二択で答えるアンケートを取った結果が出題されるので
答えた人がどちらが多かったかを答えるクイズ。
正解すると1ポイント獲得し、2ポイント獲得で勝ち抜けし、最後まで
残った人が女心が分かっていない勘違い男となります。

先週決勝戦が時間切れで出来なかったので今日放送前に行い、タモリさんが
優勝(一番女心が分かっていない男)したとの報告がありました

今回のアンケート対象女性
・自由が丘で買い物中の20〜40代女性
 (未婚52%、既婚48%、20代38%、30代32%、40代30%)

第一問「夫(彼)に手伝って欲しいのは?」
 A「料理」・タモリ
 B「洗濯」・太田光、トシ、タカ、栗原類
 正解「A(100人中58人)」
第二問「言われてうれしいのは?」
 A「カワイイね」・タカ
 B「キレイだね」・タモリ(1)、太田光、トシ、栗原類
 正解「A(100人中61人)」
  (名前の後に数字はポイント獲得数)

第三問「自分の子供に欲しいのは?」
 A「頭脳」・タモリ(1)、太田光、タカ(1)
 B「運動神経」・トシ、栗原類
 正解「B(100人中55人)」

第四問「結婚するならどっちがいい?」
 A「几帳面」・栗原類(1)
 B「大ざっぱ」・タモリ(1)、太田光、トシ(1)、タカ(1)
 正解「B(100人中69人)」
   (タモリさん、トシさん、タカさん勝ち抜け)

第五問「どっちの話がNG?」
 A「下ネタ話」・−
 B「元カノ話」・太田光、栗原類
 正解「B(100人中80人)」

第六問「結婚式をするとしたら?」
 A「こじんまりと身内だけで」・栗原類
 B「豪華に大勢呼んで披露宴」・太田光
 正解「A(100人中60人)」
  (栗原類さん勝ち抜け)

太田さんが優勝しました





曜日対抗いいともCUP
「お顔の3文字映スプーン」
顔に1文字書かれた紙が3枚貼られているので、それを固定されてある
スプーンに文字を映して読み取っていくゲーム。6人が順番に行い、
全員正解するまでの時間を競います。

参加者・太田光、トシ、タカ、柳原可奈子、栗原類、本田朋子

結果・−−
   (5人目栗原さんで放送終了し、本田さんまで回りませんでした)

月曜日 22秒19(2)火曜日 21秒70(0)水曜日 −−(0)
木曜日 (2)金曜日 (0)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
谷山雅計(見事なお点前見せまショー/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る