今日のいいともニュース
2013年2月18日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、田中裕二、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
森昌子、スギちゃん、ゲッターズ飯田、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストは森 昌子さん 金曜 よゐこさん明日 田辺誠一さん
宣伝・CD 人生に乾杯 花束・多数(下記) 

花束は西川きよしさん、森大衛さん、渡邊美樹さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「こんにちは〜」
観客「(拍手)」
(あ〜)
「こんにちは〜」
観客「(拍手)」
「こんにちは〜」
(お久しぶりでございます)
「お久しぶりでございま〜す(笑)」
(お元気で)
観客「(拍手)」
「こんにちは〜」

((花束)関テレ来てますよ)
「はい?」
(「よ〜いドン!スタッフ一同」、関テレ)
「そうなんですね、ありがとうございます」
(ええ)
「はい、たくさんお花いただ、」
(あとワタミの社長から)
「そうなんです、あの昨年、」
(うん)
「ええと新曲のあの「人生に乾杯」でコラボしていただいて、オリジナルの
メニューを」
(あっこれ、これですね)
「そうなんです、作っていただいたんです」
(あっそう?)
「はい」
(「(モノマネ)西川きよしで、」)
「そうなんです〜、師匠〜頑張ってま〜す」
観客「(笑)」
「(笑)」
(あっ森先生から来てますよ、書道)
「あっそうなんです。え〜実はあのサインの、え〜こう、教えて下さった」
(あっそれを)
「そうなんです」
(じゃぁ最近サイン変えたって事?)
「変えてないです」
(あっ変えて無い?)
「はい」
観客「(笑)」
「変えてないです」
(変えて無くて)
「ええ、あの再デビューしてから、森先生にあの、」
(あっ随分前ですね、じゃぁ)
「そうなんです、だからもう、」
(ええ)
「6年くらい前なんです。森先生ご無沙汰しております」
(どうもどうもどうも)

(え〜(花輪)キングレコードから来てますよ)
「はい」
(ええ)
「え〜昨年移籍いたしまして、キングレコード」
(ねえ)
「はい」
(「森昌子コンサート スタッフ一同」)
「あ〜ありがとうございます、凄い大きいですね」
(大きいですよ)
「ありがとうございます〜」
(もうね、段々と派手に成って来る)
「(笑)」
観客「(笑)」
(この色使いは何なんだろうね?)
「ねぇ〜凄いですね」
(凄いっすよ。この(花輪の造花)、このビニール感が凄い)
「あ〜」
観客「(笑)」
「私も何かこういうの初めて見ました」
(これ、最近これ来るんですよ)
「あ〜そうなんですか」
(めでたい物全部詰め込んでありますよ)
「あ〜ホントですね」
観客「(笑)」
(鶴が先頭立ってますからね)
「ホントだ〜、凄〜い」
(凄いです、色使い)

「あと、あっきよし師匠もいただいて、」
(ええ)
「ありがとうございま〜す」
(あっ)
「はい」
(いっぱい来てます)
「はい、ありがとうございます」
(どうぞどうぞ、おかけ下さいませ)
「あとワタミさんの社長にもいただきました」
(ええ)
「ありがとうございます」
(はい)
「あっ、はい、ありがとうございます」
観客「(笑)」
「嬉しいです」

(まあまあ、どうぞどうぞどうぞ)
「はい、はい、失礼します」
観客「(笑)」
(おかけ下さいませ)
「お邪魔いたします。お久しぶりでございます」
(お久しぶりで)
「はい」
(お変わりなく)
「はい」
(ねえ)
「あの先週は、失礼いたしました」
(え?)
「先週タモリさんが」
(はいはいはい)
「あの「大丈夫ですか?」って言ったんですよ」
(ええ)
「だから「あれ?「いいとも」って言わなくて良いのかな?」と思って」
(あっ)
「「大丈夫ですか?」って言われてので私も「大丈夫です」って言っちゃっ
たんですけど」
(あっいや、もう結構です)
「あれで良かったんでしょうか?」
(ええ、もう結構でございます)
観客「(笑)」

(相変わらずそそっかしいんですか?前出た時は、ほら、よく)
「あっ私ですか?」
(うん、転ぶクセがあるっていうんで)
「あ〜直ってないですね」
(直ってない)
「はい」
(あれ何で転ぶクセの人は転ぶんでしょうね?)
「う〜んべつに、」
(下手すると危ないですよ、あれ)
「そうなんです、つい最近もちょっと転んで(笑)」
(また転びました?)
「昨年12月にね、転んじゃって、ちょっとおでこガーンってぶつけちゃって」
観客「へぇ〜」
(え?どう、何をやってた?)
「何もしてなかったんですけど(笑)」
観客「(笑)」
(え?)
「あの何か、何かつまずいて」
(家の中で?)
「家の中で。だから私家の中が一番危険なんです」
((笑))
観客「(笑)」
「そうなんです」
(外ではあんまり転ばないんですか?)
「外では、わりとスタッフの方がいらっしゃるので」
(うん)
「「あっココほら階段ですよ」とか「段がありますよ」(笑)」
観客「(笑)」
(それ言われなかったらその時も危ない?)
「危ない」

(へぇ〜、こうあんまり見ないんですか?下の方は)
「う〜ん、見るんですけどね」
(うん)
「何か足がこう前に出ちゃうんです、先に」
(ん?足が出ちゃう?)
観客「(笑)」
「あの、」
(「これ危ないな」と思わないんですか?)
「お、」
(思う前に足が出ちゃう?)
「そうそうそうそう」
(ほぉ〜)
「思う前に出ちゃう」
(変わった性格です、確かめないんですね)
「わりと確かめないです」
(子どもの時はどうでした?)
「子どもの頃は凄いあのすばしっこくて、」
(すばしっこい?(笑))
観客「(笑)」
「(笑)すばしっこい」
((笑))
「駆け足も早かったですし、わりと運動神経抜群だった」
(転んだり何かしなかった?)
「あっ全然してないです」
(へぇ〜)
「何か大人になるにつれて、段々転ぶようなっちゃ、」

(この前、この前どうやって、家の中で何をやった?)
「家の中で、」
(ええ)
「え〜洗濯物を両手に持ってたんですよ」
(うん)
「で、それを置こうと思った瞬間に何かつまずいちゃったんですね」
(何につまずいた?)
「分からない」
(分からない?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「(笑)分かん、」
(あっそれ分かんない?)
「で、そこにつまずいて」
(つまずいた)
「その洗濯物置けば良いのに置かずに、そのままダ〜ンとおでこから行っ
ちゃったんです」
観客「へぇ〜」
(前に何があった?)
「タンス(笑)」
(あ〜)
観客「へぇ〜」
「痛かった〜」
観客「(笑)」
(いや、)
「もうこんな腫れてしまって」

(あれタンスって危ないのは、あの取っ手とかありますからね)
「はい」
(あれにぶつけると切れますからね)
「そうなんですよ、内、内出血で切れはしなかったんですけど」
(ええ)
「その後番組に出た時に、こんなおでこが腫れちゃってて(笑)」
観客「へぇ〜」
「あの、」
(どうしたんですか?それ)
「え?出ましたけど」
(この、このまま?)
「そう(笑)」
観客「(笑)」
「だって、」
(このまま出たんですか?)
「このまま出て、」
(ひさしが付いたまま)
「そうそうそう、こうボコッって出て、何となく髪の毛でこう誤魔化し
誤魔化しながら」
(ええ)
「でもあの、ファンの皆さん何か「どうしちゃったんですか?」っていう」
(やっぱり)
「ええ、お手紙いただいたりとか」
(へぇ〜)
「うん、そう、」
(危ないですよ〜それはね)
「危ないですね〜」
(ええ)
「はい」
(気をつけてくださいね)

(洗濯物は大事にしてたんだ)
「そうなんです」
観客「(笑)」
(それでそのまんま前)
「そう、そのまんま行っちゃった」
(手を付かずに)
「はい」
(はぁ〜)
「ド〜ンって」
(特に洗濯物はヤバイんですよ。あの下見えないでしょ)
「そうなんですよ、こう持ってるから」
(うん)
「下見えないじゃないですか」
(うん)
「そのままね、行っちゃった」
(行っちゃいますからね〜)
「はい」

(モノマネは最近やってます?モノマネ上手いんですよ)
「(笑)」
観客「へぇ〜」
「え〜?」
(あっ知らないんですか?)
観客「知らない」
「あっ」
(モノマネで、)
観客「見たい」
(何、何度も優勝してるんですよ、モノマネ)
「いやいやいや」
観客「へぇ〜」
「昔です」
(昔)
「過去です」
(過去)
「はい。はい」
(あれは何であれ、元々上手い?モノマネ好き?)
「いや、好きと言うかあの、以前はその例えば歌い手の方だったら」
(うん)
「袖で見ていて「あ〜この辺から声出してるんだな」とか、「あっこの
方はこう奥の方から出してるんだな」っていうのが分かるんですよね」
(ええ)
「なので、」
(うんうん)
「え〜歌はそんな感じで、あと最近はあの色んなドラマを見てたりして、」
(おっ)
「「あっこの女優さんはこういう感じで喋ってるのかな〜?」っていう
のは、ちょっと分かる様になりましたね」
(ほぉ〜)
「はい」

(最近、最近出来上がった、完成したものありますか?)
観客「(笑)」
(最近は)
「完成ですか?」
(うん)
「ちょっと恥ずかしいんですけど、」
(ええ)
「いいです、やっぱり」
観客「(笑)」
「恥ずかしい(笑)」
(いやいやいや、)
観客「見たい」
(せっかく完成した物)
観客「見たい」
観客「(拍手)」
(いや、あの上手さみんな知りませんからね)
「そうですか?」
(ええ。鉄板はありますか?自信があるのは)
「え〜?ちょっとだけ?」
(ええ)
「はい。いいですか、」
(それ誰ですか?鉄板は)
「あっ、じゃぁ「私は普通のお母さんでは無い、トンボにしか見えない
幽霊なんだ」っていう感じですかね?(笑)」
(あ〜)
観客「おぉ〜」
観客「(拍手)」
「はい」

(最近やってるのは、開発中はありますか?最近)
「開発中は、そうですね、例えば「あっそっ」」
(は?)
観客「(笑)」
「「あっそっ」(笑)」
(誰ですか?)
「え?タモリさん」
(あ〜)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「(笑)」
(あっ俺(笑))
観客「(拍手)」
(よく見てますね)
「ちょっと男性初めてなんですけど」
((笑))
「「あっ、それで?」とか」
((笑))
観客「(笑)」
「こう、ちょっと鼻に抜けて、抜かす?「はっ、そう?」」
観客「(笑)」
(俺汗出てくる、自分)
「(笑)」
観客「(笑)」
(自分のモノマネ見てると)
「そうですよね」
(そういうとこあります。よく見ますね〜)
「うん、何ですかね?好きなんでしょうね、やっぱり」
(うん)
「はい」

(じゃぁ袖でこう見てて、歌手見てても、その歌の内容ってまあそれも見ながら)
「はい」
(発声の根本をこう見ていくんですね)
「そうでしょうね、きっと」
(うん)
「自分ではあまり意識していなんですけれども、」
(うん)
「うん」
(見ちゃう?)
「見ちゃいますね」
(新曲の時に、ちょっとそれを部分的に取り入れたり何かするって事は無いん
ですか?ココはちょっとあれ、あの発声は良いなとかいう)

「あ〜、自分の歌ではやっぱりオリジナルなので」
(うん)
「無いんですけれども」
(うんうん)
「でもまあ、それなりにやっぱりちょっと工夫してるのかも知れない
ですね、知らず知らずのうちに」
(カラオケ行って、モノマネで歌ったりします?)
「あ〜やりますね、ちょっとメドレーでやっちゃいますね(笑)」
(メドレーでやる?)
観客「へぇ〜」
「こうポンポン入れられるじゃないですか」
(うん)
「で、一曲目入れたら次、次、次ってやっちゃいます」
(ずっとそれ自分でプログラムして行って)
「そうです」
(次々歌うんです?)
「ええ」
(へぇ〜、聞き、)
「うん。わりともうスタッフの方はあきれてますけど(笑)」
観客「(笑)」
「もう飽きられてますけどね」
(もう飽きられてる?)
「はい」
(そんなにやってるんですか?)
「はい、やってます」
(へぇ〜)
「はい」

(最近なんか新しい事始められた事無い?挑戦した)
「え〜挑戦と言いますか、え〜まああの、昨年11月にその「人生に乾杯」
という歌を出しまして」
(うん)
「で、色んなその会社の方とコラボレーションをしたんですね、昨年は
そのワタミさんで、え〜「メガ盛りハイボール」というオリジナルの
メニューを作っていただいて」
(メガ盛りハイボール?)
「そうなんです」
(ほぉ〜)
「ええ、これ、これくらい大きな、あっこんな大きく無いか」
(うん(笑))
観客「(笑)」
「これ、これぐらいですね、ジョッキで」
(うんうんうん)
「凄くこう美味しいんで、ちょっと甘みがあって酸味があって美味しい」
(へぇ〜、普通のハイボールとは違って何か入、入ってるんですね?)
「ちょっとシロ、シロップって言うんですかね?何かちょっとこう女性が
飲みやすい様な感じの、甘さが入ってるんです」
(あっそれね、あります。あのええとね、あのワタミじゃ無くて、俺知ってる所で)
「あっそうなんですか(笑)」
(あるんですよ)
「あっ」
(あれちょっと入れると、)
「ええ」
(全然違うんですよ)
「何かこう風味がね」
(うん)
「あるんですね」
(スッスッ入っちゃうんです、あれ)
「はい」

「で今年は、その第二段として、え〜やっぱり乾杯ですので」
(うん)
「お酒、今度日本酒なんですけれども」
(うんうん)
「福井のお酒で、え〜「梵」というそのお酒が出て、私のあのこうラベルを
貼っていただいて」
(へぇ〜)
「限定で3月に出るんです」
観客「へぇ〜」
(あっ、)
「はい」
(限定でお酒売り出すわけ?)
「そうなんです」
(へぇ〜)
「1万本かな?」
(お〜)
「はい。で酒だけだと、やっぱりおつまみが欲しくなるじゃないですか」
(うんうん)
「それに、え〜何と里芋の煮っ転がしを」
(付いてくるんですか?それ)
「いや付いてくる、別なんですけど(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
CMに入る音楽が鳴り出し
「あっ」
(あっ別(笑))
「別なんです」
(あれ別で)

CM明け

(コスプレ好き?)
「はい?」
(コスプレ)
「コスプレ好きと言うか、」
観客「(笑)」
「楽しいじゃないですか、だって」
(うん)
「色んなこう、自分がこう変身出来るし」
(ある、最近)
森昌子コスプレ集(写真登場)
ミニスカサンタ(スポーツニッポン2011年12月19日)
銀座のママ(日刊スポーツ2011年11月8日)
今いくよ・くるよさん(サンケイスポーツ2012年8月21日)
「うわっ」
観客「へぇ〜」
「(笑)」
((笑))
「ちょっと、」

(ミニスカサンタ)
「そう、これあの昨年の12月にね」
(ええ)
「ちょっと思い切って脚を出してしまいましてですね」
((笑))
観客「可愛い」
(何で銀座のママになりたかった?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「いや成りたかったんじゃ無くて、これもあの新曲の、あの、」
(あっ新曲の)
「はい、イベントの一環としてやらせていただいた」
(これ、いくよくるよも一環ですか?これ)
「あっこれはですね(笑)、」
観客「(笑)」
「え〜吉本の100周年記念の時に、」
(あ〜)
「きよし師匠と一緒に」
(ええ)
「漫才をやりました」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「そう」
(銀座のママもなかなか良いじゃないですか)
「ありがとうございます。何か素敵ですよね」
(うん)
「自分で言うのも何ですけど」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)はい」

(占い好きですか?ゲッターズ来てますよ)
「え〜!?私ほら、昨年見てもらって」
(ええ)
「凄くね、思い当たる節がいっぱいあったんですよ」
(あっそうですか?)
「そう」
(何、何言われました?)
「ちょっと忘れちゃいましたけど」
(あ〜)
観客「(笑)」
「(笑)」
(あのこれもね、)
ゲッターズ飯田さん登場
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(あ〜)
「あっ、うわ〜」
ゲッターズ「????」
「(拍手)お久しぶりです〜」
ゲッターズ「お久しぶりです、すみません。あの、」
「そのまんまですね」
ゲッターズ「はい、あっ変わ、」
観客「(笑)」
ゲッターズ「変わらず(笑)、すみません」
「あ〜」

両手の手相の写真登場
ゲッターズ「あの手相の方が、見まして」
「(手を見せて)はい、どうぞ」
ゲッターズ「あっ大丈夫、もうこちらあります」
観客「(笑)」
ゲッターズ「こちらあるから大丈夫」
「あっ」
ゲッターズ「あの凄い良い手相がありまして」
「え?これ去年、去年のですよね?」
ゲッターズ「去年のじゃ無いと思いますね」
「え?」
観客「(笑)」
ゲッターズ「前撮った、」
「いつ?」
(最近のやつ)
ゲッターズ「最近だと」
「あっそうですか?」
ゲッターズ「はい」
(ええ)
観客「(笑)」

ゲッターズ「あの一個森さん、あの、こういう」
「ちょっと待って、左、」
ゲッターズ「頭脳線がココの方に下がってる手相をしてるんですけども」
「どれですか?これ?」
ゲッターズ「これです。この手相のある方はあの年下からモテる人が多いですね」
「ジャンジャジャ〜ン」
ゲッターズ「あの、(笑)」
観客「(笑)」
ゲッターズ「女性の場合、でこれ両手が綺麗に出てるので、森さんの場合は。
  年上の男性より、年下の人を意識すると恋は非常に上手く行く、良い手相
  してましたね」
(へぇ〜)
「ホントですか?」
ゲッターズ「はい、なので。ただちょっと選びすぎる所があるので」
「え〜?」
(選びすぎるところ?)
ゲッターズ「はい」
「選びすぎる?」

ゲッターズ「でね、もう一個あの、一個ちょっと残念な手相がありまして」
「何ですか?」
(残念な手相?)
ゲッターズ「あの、」
「すみません、残念な事言わないで」
ゲッターズ「(笑)」
観客「(笑)」
ゲッターズ「一応出てましたので。あの教科書に載ってる、まあココ感情線
  って線なんですが」
「ええ」
ゲッターズ「そこから出てる真っ直ぐのこの線、あの占いの教科書乗ってる
  くらい立派な離婚線がありまして」
観客「へぇ〜」
ゲッターズ「これがあったら」
(あっそれ離婚線?へぇ〜)
「いやだから経験しましたよ」
ゲッターズ「そうですよね、なので」
観客「(笑)」

ゲッターズ「で、縦の線を付けるようにすると、こういうの消えてくるので」
「どれ、どれで、」
ゲッターズ「少しこう」
「あっこれ縦の線がある」
ゲッターズ「これ、これです、これがあるので」
「あっこれ?」
ゲッターズ「手を、横にあんまりシワを作らないようにしといた方が」
「こうですか?」
ゲッターズ「はい、消えてくので」
(はぁ〜)
ゲッターズ「はい」
「これじゃダメなんですか?」
ゲッターズ「これは良い線です。これは、」
「あっこれで、これダメ?」
ゲッターズ「これが邪魔してるので、こういう手を」
「あっ」
ゲッターズ「そしたら綺麗に消えてきます」
「あ〜そう?」
ゲッターズ「はい」
「タモリさんは?」
(え?)
「あります?違う違う、こっちの手」
(無いですね)
「あっホントだ」
(へぇ〜)
観客「(笑)」

(これでも、2013年の運勢が、良いんですよね)
ゲッターズ「あの、誕生日過ぎたら爆発的にやっと運気良くなります」
森さんがゲッターズさんを叩いて笑顔になったので
観客「(笑)」
ゲッターズ「あのそこに、」
観客「(拍手)」
ゲッターズ「あの、」
「え?今年の誕生日?10月が過ぎてから?」
ゲッターズ「過ぎ、はい、」
「あっ」
ゲッターズ「6年半くらい苦労してあまり良い時では無かったので」
観客「(笑)」
ゲッターズ「いよいよ終わります」
(そうらしい)
「うわぁ〜」
(誕生日過ぎたら)
「やりましたですね〜」
観客「(笑)」
(やりたい事が出来るようになる)
「うわぁ〜いっぱいやらなくちゃ、じゃぁ」

(あの同じ物ばっかり食べるタイプですか?)
「あっ、わりとそうかも知れない」
ゲッターズ「そうですよね」
「はい」
(それも出てる)
ゲッターズ「はい」
「え?」
ゲッターズ「あの繰り返しが多く、特に子どもっぽい食べ物とか一回ハマると
  とことん飽きるまでそれを食べてしまうという、星を持ってるので」
(そうらしい)
観客「星(笑)」
ゲッターズ「そういう星が」
「飽き、飽きるまで食べる?」
ゲッターズ「はい」

(で、それであの、根っからの芸術家で、天才肌なんですけども)
「はい」
(え〜心は中学から成長してない)
「(笑)」
観客「(笑)」
「まああの、デビューしたのが中学2年生だったものですから」
(そうですか)
「それからあんまり」
(その時、)
「変わって無いような気がします」
(変わって無い)
「はい」
(へぇ〜)
ゲッターズ「一生、一生子どもの星って持ってるんで、ず〜と子どもなんです」
観客「へぇ〜」
「私?」
ゲッターズ「はい。大人になるつもりが一切無いと思います」
観客「(笑)」
「(笑)」
(自分で無い(笑))
ゲッターズ「(笑)すみません」
「ありがとうございます」

二度目のCM明け

(あ〜)
「はい」
(ねえ、これポスターございます)
「はい」
(「人生に乾杯」)
「そうなんです」
(ええ)
「今あの一生懸命この歌で頑張って、」
(ええ)
「え〜キャンペーンもしてますし」
(そう)
「はい、色んなコンサートで各地まわっておりますので、是非遊びに来て下さい。 待ってま〜す」
観客「(拍手)」

森 昌子さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(それじゃ百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で、前後賞もあります)
「あ〜欲しいな〜。先週あの、よゐこさんたち取られてましたよね」
(取りましたね、よゐこ)
「ねぇ〜」
(ええ、よゐこ取りました)
「そうなんですよ」
(ええ)
「「とったど〜」みたいな感じでね」
観客「(笑)」
(何行きますか?)
「私はですね、」
(ええ)
「良いですか?」
(はい)
「え〜今年、え〜里芋のにっころがしを食べた方」
観客「(笑)」
(百人中)
「うん」
(作ったんじゃ無くて食べた方ですね)
「そう、食べ、食べた方」
(まあ作っても良いですけど)
「うん」

(食べた方何人いますかね?里芋のにっころがし)
「今年あの、今年って言うかデビューして41年目に入ったんですよ」
(ええ)
「なので、」
(41人?)
「41人」
観客「ぇ〜」
「いない?」
(どうですかね〜?)
「食べて無い?」
(行って見ましょうか?今年、)
「いない?」
(里芋のにっころがしを食べた、41人)
「あっちょっと待って、じゃぁ変えて良いですか?」
(え?え?いい)
観客「(笑)」
「何かだって、みんな「いないいないいない」って言うんです」
(あっそうですか、良いですよ、何にします?)
「じゃぁええと、半分」
(20人?)
「20人」
(20人。里芋のにっころがしを食べた、20人、スイッチオン)

今年里芋のにっころがしを食べた人・・42人
「あ〜!」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
「ちょっと待って!ちょっと待って〜!」
(あ〜あ〜)
「ちょっと待って」
観客「あぁ〜」
「だってだってだってだってだって」
(あ〜残念)
「あの、「もとい」じゃダメですね?」
(いやーダメダメ、残念。そのまま行っときゃ良かった)
「あ〜そっか〜」
(ええ。まあ確かに相当大多数が「ううん、ううん」)
観客「(笑)」
「そうだよ、だって、だって皆さん「ううん」って首振ったり」
(ねえ)
「こんな事やったりするから」
(結構半分近く食べてんじゃない)
観客「(笑)」
「何だ何だ何だ何だ何だ〜」
((笑))
観客「(笑)」
「そっか」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
「はい」
(この方です)
田辺誠一さんの写真が表示されました
(あっ田辺くん)
「あ〜」
観客「おぉ〜」
生野アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども」
田辺「はい」
生野アナ「タモリさんにお電話代わります」
田辺「あっはい」
(田辺くんお久しぶりですね)
田辺「あっもしもし」
(タモリです)
田辺「あっお久しぶりです」
(お久しぶりです)
田辺「どうも」
(今あの森昌子ちゃん隣にいますんで、ちょっと代わり、)
田辺「はい」
森「あっ」
(田辺さん)
田辺「あっはい」
森「すみません」

森「もしもし〜」
田辺「あっもしもし」
森「あっ、」
田辺「あっ、」
森「初めまして」
田辺「あっ初めまして、田辺と申します」
森「あっ森昌子と言います」
田辺「里芋、おしかったですね(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
森「あっそうだ、そうなんですよ」
田辺「はい」
森「あの、お食べになりますか?里芋のにっころがし」
観客「(笑)」
田辺「あっはい食べ、食べ、好きですね、美味しいですよね」
観客「(笑)」
森「あっそうですか」
田辺「はい」
森「あの、是非あの私のあのレシピで、」
田辺「はい」
森「今回あの作りましたので」
田辺「あっ」
森「もしよろしかったらお贈りさせていただきたいと(笑)」
田辺「あっ」
((笑))
観客「(笑)」
田辺「ありがとうございます」
森「あの、ええ、タモリさんと一緒に贈らさせていただきます」
(あっありがとう、)
田辺「あっ、ありがとうございます」
森「はい、ありがとうございます、ちょっとお待ちくださいませ」
田辺「はい」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
田辺「あっはい、大丈夫です」
(あっじゃぁ、)
田辺「いいともです」


明日のゲストは 田辺誠一さん




アナタのお宅に来るかもしれない!?イケてる☆デリメンコンテスト
進行役・千原ジュニア
審査員・タモリ、香取慎吾、田中裕二、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、生野陽子


自宅まで出張してくれる仕事をしているイケメンのコンテスト
優勝者は金一封獲得

1組目(紹介者・男性)
 紹介文・「笑顔がまぶしい さわやかデリメン」
 会社名称・「叙々苑キッチン浅草店」
 デリメン・27歳男性

2組目(紹介者・男性2人)
 紹介文・「顔も声も甘い!バンドのボーカルもやっているデリメン」
 会社名称・「PIZZA-LA高円寺店」
 デリメン・23歳男性(彼女無し)

3組目(紹介者・男性4人(内2人は過去出場者))
 紹介文・「身長181cmで小顔!8頭身のデリメン」
 会社名称・「お好み9白金店」(採用基準は身長180cm以上のイケメン)
 デリメン・19歳男性(彼女無し)

審査結果・4票獲得の2番の優勝(他は3番3票)





ワケあり人間カジノ どっちベガス
進行役・香取慎吾
ディーラー・田中裕二、千原ジュニア
解答者・タモリ、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、ゲストのスギちゃんさん


見た目では分からないが訳ありエピソードを持つ人が登場するので
ディーラーが二択形式でプレゼンする発表されるエピソードのどちらなのかを
当てるクイズ

一問目・19歳男性が登場
 A・(ディーラー 田中裕二)
 「日本一のパフォーマンス!
  けん玉でジャグリングしながらバレーボールしちゃう青学生
   (ヒモ無しのけん玉などを使って 第6回第7回の大会二連覇した)

 B・(ディーラー 千原ジュニア)
 「日本一のパフォーマンス!
  ルービックキューブをジャグリングしながら6面揃えちゃう青学生
   (ルービックキューブ3つを使ってジャグリングしながら全ての
   面を揃えてしまう)

 解答
  Aが正解だと思う人・タモリ、スギちゃん、武井壮
  Bが正解だと思う人・渡辺直美、指原莉乃

 正解「A」
  ・棒1本に玉2個のけん玉、バレーボールを使ってのけん玉、離れた
   場所から投げた玉のキャッチなどを披露
  ・20005年の小6の時からけん玉を始め、2010、2011年の2年連続
   「全日本けん玉道パフォーマンス大会」優勝した。

二問目・22歳男性が登場
 A・(ディーラー 田中裕二)
 「世界大会で優勝!
  ママチャリで高速スピンしながら電話にでちゃうイケメン
   (BMXの世界チャンピオンで1分間のスピン数でギネスに載っている)

 B・(ディーラー 千原ジュニア)
 「世界大会で優勝!
  どんな野菜もコマのように回しながらメールを打つイケメン
   (野菜にコマにして回している間にメールの早打ち)

 解答
  Aが正解だと思う人・渡辺直美、武井壮
  Bが正解だと思う人・タモリ、指原莉乃、スギちゃん

 正解「A」
  ・ママチャリでスピンや、スピンしながら電話に出る技を披露
   (エンディングでは高速スピンを披露)
  ・2010年にBMXの世界大会で優勝し、2011年に「1分間のスピン回転数」
   でギネス記録を達成
  ・世界最高峰のサーカス「シルク・ドゥ・ソレウユ」認定されている





曜日対抗いいともCUP
「消すな!いいとも!コンセント危機一髪」
コンセントに10本の電気コードがささっていて、一本がモニターと
繋がっているので、それ以外のコードを抜いて行くゲーム。一人ずつ
順番に抜きモニターが消えてしまったらゲームオーバーとなります。

参加者・田中裕二○→渡辺直美×
    2人目でゲームオーバーとなり香取さん、ジュニアさん、指原さん
    武井さんは参加出来ず

結果・1個

月曜日 1個(2)火曜日 (1)水曜日 (0)
木曜日 (2)金曜日 (0)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
スギちゃんさん(どっちベガス/エンディング)
ゲッターズ飯田さん(テレフォンショッキング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る