今日のいいともニュース
2013年2月22日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、バナナマン、劇団ひとり、木下優樹菜
船越英一郎、アンドーひであき、noon boyz、生田竜聖


テレフォンショッキング
ゲストは船越英一郎さん 昨日 THE ALFEEさん月曜 trfさん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「金曜プレステージ 外科医 鳩村周五郎11」

花束は甲斐バンドさん、内藤剛志さん、スピードワゴンさん、要潤さん
  的場浩司さん、井ノ原快彦さん、錦戸亮さん、雛形あきこさん
  堀北真希さん、中丸雄一さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
観客「カッコイイ」
観客「(拍手)」
(どうぞ)
「はい」
((花束)甲斐バンドから来てますよ)
「あっ、」
(甲斐くん)
「あの甲斐さんのニューシングル、甲斐バンドのニューシングルで」
(ニューシングル出ましたね)
「ええ、「安奈-2012-」ってのが去年の暮れに出たんですけど」
(ええ)
「その題字の「安奈」っていう文字を書かせていただいたんですよ」
(へぇ〜)
「ええ。まあ甲斐さんとはサッカー見に行ったり、よく食事したり
して」
(あっ、昔からの付き合い)
「とっても可愛がってもらってるんですけどね」
(ああそう?)
「はい。「安奈」買って下さい」
観客「(笑)」
(「安奈」)
「凄い良い曲ですから」
(あ〜)
「はい」

(「(映画)県庁おもてなし課」)
「あっ、これあの5月に、え〜公開になる、有川浩さん原作の
映画です」
(あっ原作がある)
「え〜錦戸亮くんと、」
(錦戸くん)
「堀北真希さんと」
(真希ちゃん)
「ええ、一緒にやってます」
(的場来てますよ。的場は)
「的場、はい」
(内藤さん)
「あっジャニーズいっぱい来てる」
(ジャニーズ)
観客「(笑)」
(要潤さん)
「井ノ原くん、」
(あっイノッチ来てますね)
「中丸雄一。おっ要潤おめでとう。(笑)」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(要くん来てますね)
「ええ。雛形あきこちゃんね」
((花輪)今夜9時、)
「あっすみません」
(「外科医 鳩村周五郎(11)」)
「今夜9時、はい」
(来てますね)
「「外科医鳩村周五郎」内藤剛志さんと一緒にやらせていた
だいてる」
(あ〜)
「医者物のドラマで、凄い面白いんで見てください」
観客「(笑)」
(???)
「はい、失礼します」

(これ(革のジャケット)あの、)
「はい」
(自分でデザインして)
「はい」
(発注して作るらしんです、これ)
観客「へぇ〜」
「あ〜そうなんですよ、これ」
(これ)
「あの、」
(柔らかい、)
「ええ」
(柔らかいですよね)
「韓国で作るんで、」
(ええ)
観客「へぇ〜」
「(声を潜め)安いっすよ」
観客「(笑)」
「(笑)」
(韓国に行ってもちろん作る?)
「そうです、韓国でね、キムズっていう僕がそこの革屋さんと
一緒にいつも作るんですけど」
(うん)
「ええ、随分デザインもたまったんですよ」
(へぇ〜)
「ええ」

(これは革そのものは?)
「これイタリアの革です」
(イタリアの革?)
「はい」
(え?イタリアの革で作って、)
「はい」
(日本よりも相当安い?)
「三分の一ぐらいじゃないですか?」
(え〜?)
観客「へぇ〜」
「ええ」
(これ(革のベスト)でもですか?)
「これもです。これ対で作りました」
(へぇ〜)
「はい」
(へぇ〜)
「???」

(何着くらい作る?)
「いえもう何十着も作って様な気がしますけどね」
(ああそう?)
「今日ね、ちょっと持って来たんですよ」
(あ〜)
革のコート2着登場
観客「おぉ〜」
(お〜)
「これピーコートですね」
(あ〜)
「ええ、ボタンオシャレにちょっとして、ムートンなんですけど」
(ホントだ)
観客「ぁ〜」
「これもうTシャツで、これで冬OKぐらいですね」
(へぇ〜)
「はい」
(中ムートン)
「はい。これはまああの、もうガシガシ着れるような」
(良い革ですね)
「軽いですよ、物凄く」
(軽いね)
観客「へぇ〜」
「ええ」
(へぇ〜)
「ちょっとあの、僕会心の出来だなって自分で思ってんですけどね(笑)」
観客「(笑)」
(これは冬は暖かいね)
「はい、ええ」

「これは」
(こちらは?)
「革をダメージ加工して、ベジタブル加工って言って、紅茶
なんかに含まれてるタンニンってあるじゃないですか」
(うん)
「あれでこういう加工して、それからガシガシ機械で洗って」
(うん)
「自分の納得いくダメージにするんですよ」
(へぇ〜)
「こう???」
(じゃぁこれ、あの一々行って「この程度で良い」とか「もっとやってくれ」
とか言うわけ?)

「はい、ありますあります」
(言う?)
「これ結構行って、??を随分して」
(うん)
「あの最後仕上げるんですけどね」
(へぇ〜)
「こういうとこ(襟)にワイヤー入れて」
(うん)
「好きな形に、こうポケットでも」
(あっホントだ)
「クシャッとこうアレンジ出来る様な、こう工夫したりして」
(あっこれこうやったらこうなる)
「そう、なるんです、はい」
(へぇ〜)
「(笑)」
観客「(笑)」

(これで作るのにどれくらいかかるんですか?加工して)
「ええとね、いや、それでも頑張れば3週間くらいで出来て
きます」
(あっそう?)
「もうちょっと早いかな?」
(ええ)
「ええ、2週間かかんないぐらいで出来てる事は出来ますね」
(はぁ〜)
「ええ、まあ、」
(さぁ気になるお値段の方ですが)
「はい」
観客「(笑)」
「え〜こちらは大体まあ、」
((笑))
観客「(笑)」
「今でしたら、6万円弱くらいで」
観客「へぇ〜」
(ええ?これだけ加工して?)
「出来る、はい、そうですね」
(加工して)
「加工して」
(仕立ても全部やって)
「ええ、はい」
(はぁ〜)

「え〜僕がデザインしたの結構その革屋さんに置いてある(笑)」
観客「(笑)」
(あっそう?)
「はい」
(じゃぁその革屋さん、これ同じも売ってたりするの?)
「するんです、それで今あの日本「やらないか、やらないか」
って言われてるんですけどね」
(うん)
「ちょっとなかなか、忙しくて(笑)」
(うん、でしょう)
「やったら皆さんよろしくお願いしますね」
観客「(笑)」
(へぇ〜)
「女性物もやったりするので、僕」
(あ〜)
「はい」
(あ〜ありがとうございます、ありがとうございます)
「いや、どうも」
(へぇ〜)

観客「英一郎〜!」
「あ〜ありがとうございます」
((笑))
観客「(笑)」
「もうホントありがとうございます。今夜9時ですからね」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」

(韓国はそうじゃ無くてもよく行ってる?)
「行くんですよ」
(それでたまたま見つけたんですか?韓国、)
「そうですそうです、韓国で色んなあの、まあ美味しい所行こう
って言うんで」
(うん)
「家内で行ったり、友達と行ったり」
(うん)
「その内に向こうにもドンドン友達が出来て。もう仕事でも随分
行きましたんで」
(うんうん)
「そうやってるうちに探したんですよ。だから色んな物作りますよ、
僕カバンも作るし」
(あれどこにある?)
「ええとね、コレはね、ソウルです」
(あっソウル)
「はい」
(はぁ〜)
「街中からちょっと外れてるんですけど」
(うん)
「キムズさん。キムズってとこですね、探してみて」

(韓、韓国面白いですか?)
「面白いですよ〜」
(あの俺の福岡の友達は、)
「はい」
(あの高速船があるんですね)
「早いです、水中翼船みたいので」
(3時間くらいで行って)
「ええ」
(凄い何か往復買うと安いらしいんだよね)
「もう九州からだったら1万円ちょっとで行けんじゃ、」
(そう、そうらしいんです)
観客「へぇ〜」
「はい。まあ東京からでも今羽田から2時間ぐらいですから」
(うん)
「京都行くより近いぐらいです」
(うん)
「ええ、まあ色んなね、今色んな事がありますけれど、韓国良いです」

(何が、何が美味い?食べ物は)
「う〜ん、もちろん肉は美味しいですね」
(うん)
「おすすめ、中一会館っていうとこ。イテウォンにある。ココは美味い」
(ああそう?)
「美味いです!」
(へぇ〜)
「日本で食べるお肉とちょっと違うんですよね、やっぱり」
(何が違う?)
「韓牛っていう向こうの、何て言うんだろう?ミルクっぽいんですよ、
お肉そのものが。とっても甘みが強くて」
(うん)
「だからタレ付けなくても美味しいぐらい」
(ほぉ〜)
「もうお塩ちょっと付けて食べるんで、とってもミルキーなお肉です
から、これはオススメです」
(韓、韓国の牛ですよね?)
「そうです、韓国の牛です」
(へぇ〜)
「はい」
(違う、)

「あとね、」
(ええ)
「僕はカンジャンケジャンが好きなんです。カニの、」
(カンジャンケジャンって何ですか?)
「そうです、ワタリガニのお醤油漬け」
(はぁ〜)
「これはね、まあ色んなお店があるんですけどカンジャンケジャン」
(うん)
「僕はジンミ食堂、真味食堂、真に味の食堂って書く」
(うん)
「ココが美味しい、チンミシクタン」
(ほぉ〜)
「凄い美味しいです。生のワタリガニを、そのまんまお醤油に漬けて」
(うん)
「生のままガシガシ食べる」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「これ美味しい。トロットロ」

(どれくらい漬けるんですか?あれ)
「ええと、いや結構漬けるんじゃないですか?」
(生きてる内にこう漬けちゃう?)
「もちろんです、もちろんです。生きてる内に漬け込んで行くんです」
(ほぉ〜)
「お醤油とお酒ともう、まあまあそこは企業秘密のタレなんでしょう
けど、」
(うん、それに漬ける?)
「はい」
(はぁ〜)
「お味噌もいっぱいあるんで」
(うん)
「それをご飯の、甲羅の中に入れてグチュグチュかき回して、お海苔に
巻いて食べる」
(お〜)
「美味い」
観客「へぇ〜」
「ホントに美味い」
(これ姿のまんま入ってるんの?その中に)
「そうです、あの、もうあの食べやすいようにはなってますけどね」
(あ〜)
「だから足もって、こうグチュグチュグチュグチュって」
(へぇ〜)
「口の中でピュッと出す感じで。トロットロですよ。ホント美味しい」
(詳しいね〜)
「(笑)」

CM明け

(京都に年に半分ぐらい)
「うん。京都、」
(東京いない?あんまり)
「本書いちゃいました、僕」
(京都に行ってる間?)
「京都のガイドブックみたいの出した」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「(笑)」
(あっそうですか?)
「ええ、「船越英一郎の京都案内」ってベタなやつ」
(今出てます?今)
「まだ出てます。でも去年かな?出したんですけど。あの、」
(へぇ〜)
「ええ」
(ええ)
「まあこれから京都もね、夏の京都も良いですし」
(うん)
「春が来ますから」
(あ〜)
「あの、京都案内っていう、分かりやすい、僕がサスペンスの表紙
みたいな表紙にして」
((笑))
観客「(笑)」
「ええ、あの、ちょっと手に入れて、一冊抱えて京都旅行行ってください」

(あれ京都ってのあの、紅葉と桜の季節は有名なとこは物凄く並ぶじゃない
ですか)

「並びますね〜」
(桜で何か穴場ってのあるんです?)
「そう、」
(ココは意外とみんな知ってないぞって)
「あのね、」
(ええ)
「そんなに遠くまで足伸ばさなくても、あの、鴨川も桜結構綺麗です
からね」
(あ〜あ〜)
「タダですからね、フラフラ歩いてるだけで」
(うん)
「ええ。もう京都はもうそこここにあるんで、お寺も」
(うん)
「はい。???」
(紅葉の時なんかもう並んでますからね)
「ライトアップされますからね」
(うん)
「もう清水寺はホントに綺麗だけど、歩け無いですからね。中ね」
(歩け無いね。ライト、)
CMに入る前の音楽が鳴り出し
(あ〜)
「お〜、はい(笑)」

二度目のCM明け

船越英一郎さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケートで)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で、前後賞があります)
「はい。そうすね」
(何行きましょう?)
「ええと今日放送になるこのドラマ(「外科医 鳩村周五郎11」)は、
必ず僕人命救助をするんです」
(うんうんうん)
「そのとんでも無いとこで。例えば今回だったら、雪山の中で女の、
女の子がその瀕死の重傷負っちゃうわけですよ」
(うんうん)
「それをポケットにある物、カバンにある物だけで」
(助ける?)
「手術して助けちゃうみたいな」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「そういうシーンがね、出てくるんですよ」
(うん)
「今回雪山のロケで凄い綺麗でしたからね、」
(うん)
「今夜9時ですよ」
((笑))
観客「(笑)」
「それで、あのだからそれにちなんで、」
(うん)
「あの、人工呼吸で」
(うん)
「人命救助をした事がある方っていう」
(ある人)
観客「え〜」
(百名中)
「これはいらっしゃらないかな?今の「え〜」はちょっと恐怖になって
来たな」
観客「(笑)」

(人工呼吸)
「ええ」
(え?)
「まあマウス・トゥ・マウスじゃ無くても良いですよ、こういうの(胸を
押す)でも良いし」
(とにかく)
「ええ」
(何名いますかね?百名中)
「これはね、お一人かな?」
(1人?人命救助を、)
「僕はドラマだからね、毎回出会いますけどね」
(ええ)
観客「(笑)」
(した事がある)
「なかなか出会わないでしょうからね」
(スイッチオン)
人工呼吸で人命救助した事がある人・・3人
(ええ〜!?)
「うわ〜」
観客「え〜!?」
「そんなにいらっしゃるんですね」
(いるんだ。はぁ〜)
「へぇ〜。いや〜、」
(これ驚きましたね〜)
「驚きました、いや〜皆さん良い事されてるんですね」
(ええ)
観客「(笑)」
「ええ」

(じゃぁ来週のゲストご紹介しましょう)
船越「はい」
(この方)
trfさんの写真が表示されました
(おっtrf)
船越「あ〜」
観客「おぉ〜」
(お〜)
生田アナ「もしもし、お世話になってます。フジテレビ「笑っていいとも」
  ですが」
船越「いや実はあのSAMさん」
(うん)
船越「25年くらい前に僕ミュージカル劇団やってたんですけど、」
(ええ、ええ)
船越「その時にゲストで来てくれた」
(へぇ〜)
船越「まだtrfになる前ですね」
(へぇ〜)
「ダンサーで」

(もしもし。もしもし?タモリです)
YU-KI「もしもし」
(はい)
YU-KI「もしもし?」
(はい、タモリです)
YU-KI「あっYU-KIです」
(あ〜どうも)
YU-KI「こんにちは〜」
(お久しぶりです)
YU-KI「お久しぶりです」
(船越さん今ちょっといらっしゃいますんで、代わりましょう)
YU-KI「はい」
船越「どうも、初めましてですよね?」
YU-KI「初めまして」
船越「ええ」
(あ〜)
船越「いや、」
YU-KI「YU-KIと申します、よろしくお願いします」
船越「あっご丁寧にありがとうございます(笑)」
YU-KI「(笑)」
((笑))
YU-KI「いつも見させていただいてます」
船越「あ〜ありがとうございます、そんなご縁がSAMさんとあったりした
  んですよ、昔」
YU-KI「はい」
船越「ええ、覚えてらっしゃるかしら。ちょっとお待ちくださいね」
YU-KI「はい」
(来週の月曜日大丈夫ですか?)
YU-KI「大丈夫です」
(大丈夫?え?全員で来ます?)
YU-KI「あっ全員で行きます」
(あ〜)
船越「お〜」
(そうですか)
YU-KI「はい」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
YU-KI「はい」


月曜日のゲスト trfさん




知ってるだけで楽しい人生!コレ知ってる!?プレゼンター
進行役・生田竜聖
プレゼンター・関根勤、劇団ひとり、日村勇紀
審査員・タモリ、草なぎ剛、木下優樹菜、
出演者・ゲストのアンドーひであきさん


話題のニュースや物、人をプレゼンターが紹介するコーナー

1・話題のニュース(日村勇紀)
 「仙台で超人気!謎のご当地ドリンク」
  ・仙台駅を中心に販売されていて、多い時に月2万本売り上げる
   「仙台牛たんサイダー(1本210円/取り寄せ可)」を紹介
 判定・興味あり3票(満票)

2・話題のアイテム(劇団ひとり)
 「予約殺到!別腹で食べられるラーメンがあった」
  ・群馬県の洋菓子店「まちのくまさん」で販売されている丼に
   入ったラーメン風スイーツ「まちくま特製ラーメン(1000円)」
   を紹介
   中身はラズベリーゼリー(チャーシュー)、焼きリンゴ(メンマ)、
   モンブラン(麺)、ピスタチオ(刻みネギ)、食用もくたん(海苔)
   オレンジゼリー(玉子黄身)、杏仁豆腐(玉子白身)、紅茶ゼリー
   (スープ)で、丼の下部はスポンジケーキやマロンクリーム、
   生クリーム、和栗の層になっていました。
 判定・興味あり3票(満票)

3・話題のヒト(関根勤)
 「R-1準優勝!出演依頼殺到のアンドロイド芸人」
  ・R-1ぐらんぷり2013で準優勝した「ものまねアンドロイド芸人」の
   アンドーひであきさんが登場しネタ披露
 判定・興味あり3票(満票)





見て美味しい!とびだせ!3Dキャラごはんコンテスト
進行役・草なぎ剛、タモリ
審査員・関根勤、劇団ひとり、設楽統、日村勇紀、木下優樹菜、
    生田竜聖


指定されたテーマで作られた3Dキャラご飯のコンテスト。
優勝者は金一封獲得

今回のテーマ「」

1人目・33歳女性と幼児
  ・キャラご飯暦4年
  ・「ぜ〜んぶ手作りです」
 タイトル「ニャンてかわいいネコプレート」
      (自作のパンで作ったネコの顔になったハンバーガー、
      自分で作ったスポンジケーキで身体にネコの顔の
      クッキーを付けた物などが入った作品)

2人目・女性と男児
  ・キャラご飯暦3年
  ・「大好きな猫をいっぱい詰めました」
 タイトル「キャットおどろく招き猫弁当」
      (一段目にご飯に海苔とチーズなどでネコの全身を作り、
      二段目にはふりかけでカラフルに色づけしたご飯で
      レギュラー陣の顔をネコ風に作った作品)

3人目・女性
  ・キャラご飯暦−−
  ・「初めて作ったキャラ弁です。我が家のネコちゃんを再現
   しました」
 タイトル「ネコパン弁当」
      (自作のパンの一段目には挽肉にイカスミを混ぜて
      作った黒猫などが入り、二段目には「いいとも」の
      ロゴが書かれたご飯が入り、周りにウズラの玉子で
      作ったネズミなどが飾られている作品)

4人目・女性
  ・キャラご飯暦−−
  ・「久々に作ったキャラごはんです。これで子どもも大喜びで
   野菜モリモリ」
 タイトル「ば〜ちゃんカウダー」
      (マッシュルームやプチトマト、ニンジンなどの野菜を
      ネコの顔にして周りに野菜スティックを飾り付けた作品)

審査結果・1番3番各3票だったためタモリさんの判定で1番の優勝





いないかもしれないけど 会いたいヒト大募集!
 ボクどうしても会いたいんだもん

進行役・設楽統
出演者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、日村勇紀、木下優樹菜


会ってみたい人を出演者それぞれ発表して、来週来てくれる様に
募集(オーディション有り)したり前週の結果を発表するコーナー

先週の募集内容
草なぎ剛さん提案「スピリチュアル園児」
 結果・×

設楽統さん提案「100kg超えているけどバック転が出来る人」
 結果・男性2人登場。体重を計測し100キロ超えを確認後、2人とも
    バク転を披露

日村勇紀さん提案「超セクシー超能力者」
 結果・×

タモリさん提案「前世の記憶がある人」
 結果・女性が登場。前世は野タヌキとヨーロッパの王子さま

時間切れ終了で他の人(劇団ひとり「有名キャラクターと同じ名前」
関根勤「バットをキックで折る美少女」、木下優樹菜「お腹の中に
居た時の記憶がある人」)は出来ませんでした。

次週の募集内容
タモリ「70歳以上で身長が175cm以上の女性」
関根勤「飼っている犬とそっくりな人」
草なぎ剛「動物に育てられた人」
劇団ひとり「今までジャンケンで負けた事の無い人」
設楽統「100kg以上でキレッキレのダンスが出来る人」
日村勇紀「超セクシー超能力者」
木下優樹菜「イケメンホームレス」





曜日対抗いいともCUP
「消すな!いいとも!コンセント危機一髪」
コンセントに10本の電気コードがささっていて、一本がモニターと
繋がっているので、それ以外のコードを抜いて行くゲーム。一人ずつ
順番に抜きモニターが消えてしまったらゲームオーバーとなります。

参加者・劇団ひとり○→木下優樹菜○→草なぎ剛○→関根勤○→設楽統○
    →日村勇紀○→劇団ひとり○→木下優樹菜○→草なぎ剛×

結果・8個

月曜日 1個(2)火曜日 9個(1)水曜日 6個(0)
木曜日 0個(3)金曜日 8個(1)優勝 火曜日
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
アンドーひであきさん(コレ知ってる!?プレゼンター/エンディング)






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る