今日のいいともニュース
2013年3月21日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー、伊藤修子
IKKO、本田翼、石丸賢一、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストはIKKOさん 昨日 本田望結さん明日 八嶋智人さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は高橋ひとみさん、国生さゆり・甲田英司さん(連名)、紫艶さん
  クリス松村さん、山田美保子さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「どうも〜どうも〜」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「綺麗」
「(笑)」
観客「綺麗」
観客「(拍手)」
観客「綺麗〜」
「お願いします」
観客「綺麗〜」
「綺麗?もっと言って〜!」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「(笑)お願いします」

(楽屋の前で鶴瓶の孫がこうやって見てた)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)トラウマになってます)
観客「(笑)」
「トラウマって、今の言葉背負い投げ〜」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(新しい)
観客「(拍手)」
(新しい、)
「(笑)」
(受け身〜)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(羽交い締め〜)
観客「(笑)」
「(笑)」
(何やってる)
「(笑)」
観客「(笑)」

(どうぞどうぞ)
「ありがとうございます」
(凄いですね〜)
「ありがとうございます」
(これは?)
「これはのフェンディの」
(え?)
「あのサマーファーなんですけど」
(あっそう?)
「はい」
(サマーファーっていう事は)
「はい」
(夏、夏いいって事?)
「はい、はい夏の」
(暑くないの?これ)
「はい、これはもう薄い」
(ああそう?)
「はい、はい」
(何の毛ですか?これ)
「これがフォックスです」
(キツネちゃん)
「はい」
(へぇ〜)
「タモリさん、さっき「ケツが〜」とかって言ってたでしょ?(笑)今の
視線もケツに行ってるでしょ〜(笑)」
(さっき後でお尻触って「いいケツしてんね」ってお尻触)
「(笑)」
観客「(笑)」
「そうなんですね〜」

((花束)いっぱい来てますよ)
「はい、ありがとうございます」
(ええ、高橋ひとみさん)
「あっ」
(クリスさん来てます)
「クリス、そう、ありがとうございます、クリス」
(ねえ)
観客「(笑)」
「もうあの女、あの女誰よりも女優なんですよ〜。夜誰も見て無いのに」
(うん)
「夜サングラスかけちゃって」
観客「(笑)」
「(笑)」
(どうした事かね)
「(笑)ありがとうございます」
(クリスさんね、ドライフルーツみたいな人です)
「(笑)ドライフルーツ」
観客「(笑)」
「しわくちゃでしょ〜(笑)」
((笑)酷いこと言って)
「(笑)」
(まあまあおかけ下さいませ。雑誌も来てます)
「はい、ありがとうございます、みんなありがとう」

(メイク、メイク凄い時間かかるらしいんです)
「そうなんですよ、私あの、」
(でもそんなにメイクしてる?時間かかるくらい)
「そんな、そう思うでしょ?」
(うん)
「3時間かかっちゃう」
(これ?)
観客「え〜!」
「3時間、もう、」
(へぇ〜、じゃぁ今日朝、朝何時からやって)
「朝もう5時半から起きて」
観客「へぇ〜」
「それでもうあの家の事やるだけやって」
(うん)
「それで来て、あのメイクし始める、事務所で3時間」
(全部自分で????)
「あのいや、あの色んな人たちもう今やってもらって」
(あっヘアー、ヘアーも含めて全部ね)
「はい、も含めて。もう洋風も」
(へぇ〜)
「はい」
(疲れない?それだけで)
「いや〜だけどね、あのあれ何ですよ、3時間かけないと」
(うん)
「何か上手く行かないんです」
観客「(笑)」
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」

(3時間)
「夜、前日にドレス選んどくじゃないですか」
(うん)
「まあこれダメだったらこっちにしようって言って、大体10点ぐらい選ぶ
んです、夜」
(え?)
観客「へぇ〜」
「その10点選んで決めてても、当日朝むくみが取れなかったりとか」
(あ〜あ〜)
「何かこう、色々あって」
(うん)
「それでやっぱこっちだと「あ〜逆に大きく見えちゃうかな?」」
(うんうんうん)
「「あっこっちにしようかな?」とか、あっあの、この髪の毛もね、
ヘアーもあのカツラも「あ〜これは今日似合わないな〜どうしよう?」
とかって言ってると、大体3時間かかっちゃう」
(へぇ〜)
「はい」
(それで選んで一点持って来るわけですか?)
「いや、あのまた気が変わるんですよね」
(あっ何点か持って来るの?)
「ええ、それで5点ぐらいは必ず」
(今日何点持って来た?)
「今日5点。はい」
観客「へぇ〜」
(ヘアーも?)
「あの髪の毛はもうこれで決めてたんです」
(もう決まってんだ)
「はい」
(へぇ〜)

「タモリさん」
(え?)
「それよりもこの顔」
(ええ)
「段々段々下がってきちゃって(笑)」
観客「(笑)」
(下がってない、下がってない)
「これをテープで、外科用テープで全部こう上げてるんです、私」
観客「へぇ〜」
(え?横の)
「はい、横のこの、この辺は全部。あのもうホントにほうれい線が許せ
なくって」
(で、)
「もう手入れしても手入れしても、」

(それより)
「え?」
(いくつだっけ?)
「私51なんです」
観客「え〜」
(ええ?)
「51なんです」
(全然)
観客「見えない」
(大丈夫)
「見えないでしょ?」
観客「見えない」
観客「綺麗〜」
「もっと言って〜」
観客「綺麗〜!」
観客「(拍手)」
「(笑)」
(大丈夫じゃん)
「そう、いや、だけどね、何かこう一回あの外科用テープで吊っちゃうと」
(うん)
「自分でやってるんですけど」
(うん)
「吊っちゃうと。完璧にピタッとなるから」
(うん)
「普段が許せないんですね。そんなにほうれい線無いんですけど」
(へぇ〜)
「はい」
(じゃぁそれ取ると、スッと下がってくる?)
「そう、もうダラ〜ンとなって。いや〜幻〜」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「もうそれが許せない」

(こういうのさ、ドレス、)
「ええ」
(特注でしょ?これ)
「そうなんです、あの大体今までウンガロだったりとかフェンディだった
りとか、」
(うん)
「あのそういうの着てたんですけど」
(うん)
「あの、今はもうオートクチュールで作っていただいたりとか」
(作って)
「はい、色々ですけど」
観客「へぇ〜」
(高いね)
「はい」
(これだって高いでしょ?これだって)
「あっそうですね、はい」
(ねえ)
「はい」

(お腹のお肉もね)
タモリさんがIKKOさんの腹部を触っていました
「お腹のお肉、????(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「違うタモリさん、だけどねお腹のお肉も、もう最近開き直ったんです」
(良いんじゃ、)
「もう20代に敵わない」
(うん)
「どんなに頑張っても」
(うん)
「だって1日1時間半から2時間まだウォーキングしてんですよ」
(あ〜)
観客「へぇ〜」
「それでもなかなか落ちなくって」

(食べる、食べるからでしょ。え?)
「もう〜止まんない」
観客「(笑)」
((笑))
「もう〜!あの夜はようやく終わったんですよ。夜は、夜もう寝るじゃない
ですか、一回」
(うんうん)
「寝て、それでまた何かお腹空いたな〜と思ってると、夢遊病者の様に、
あの台所に行って冷蔵庫開けてたんですよね」
(へぇ〜)
「でここ2年、それじゃいけないなっていうんで、ウチのスタッフが、あの
冷蔵庫に鍵を閉めるようになった」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「「もう絶対食べないで下さい」って言って」
(うんうんうん)
「それで、それはもうようやく終わった」
(へぇ〜)
「だけどココの肉が。まあだけどこれも私のLOVEマシーンだなと思って」
(LOVEマシーン(笑))
「LOVEマシーン(笑)」
(どういう機械なんだろうね)
「(笑)」
観客「(笑)」

(2年に1回引っ越しするってホント?)
「そう、そうなんですよね、あの、何かね大体2年ぐらいすると」
(うん)
「あの、いくらこう家を可愛がってあげて、掃除しても、何か壁が何か
泣いてく様な気がして。私のこう、」
(壁が泣いてる?)
「壁が泣いてく。あの私、」
(壁が泣いてる?)
「私のね、こう色んな部分をこう吸い上げてくれて」
(悲しみの部分を壁が)
「うん、悲しみの部分を吸い上げてくれて泣くような気がして」
(あ〜)
「それで何かまた新し所に行って、何かこう」
(それ2年が限度?大体)
「大体2年、そうですね、2年限界みたい」
(へぇ〜)
「???で」
(それ。あっそうか、まあ更新料)
「うん」
(の時、更新の時に来る、限度)
「そうですね、更新の時に」

「それで今回は、凄く以前の所が良いとこだったんで」
(うん)
「こう森みたいな所でね、良かったんで」
(うん)
「もうココにしようかな?とも思ったんです」
(あっもう、)
「うん」
(うん、もう???)
「うん、あの過ぎたんですけど」
(うん)
「あ〜だけど、やっぱり「あ〜」」
(壁が泣いてる?)
「うん、壁が泣いてるな〜と思って」
(うん)
「それで最近、土日にこの前引っ越した」
観客「へぇ〜」
(先週?)
「はい」

(これ、)
「はい」
(ドレスとか何着くらいある?)
「ドレスはね、家一軒分、もう全部私の衣装で」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「あの着物からドレスから全て」
(あっ着物もあるんだ)
「着物もそうなんですね、毎月あの作って」
(マンション?)
「いや、あの着物はですね、衣装部屋あの30代の時に建てた家があるん
です」
観客「へぇ〜」
(あっ家一軒全部?)
「家一軒全部」
(へぇ〜)
「はい」
観客「凄い」
「そkが衣装部屋」
(そこはもう住めないんだ、全部衣装で)
「そうですね、もうあの衣装部屋にさせていただいて」
(へぇ〜)
「はい」
(じゃぁそこまで取りに行くの?仕事の時は)
「そうですね、あの後私のアトリエの方に」
(うんうん)
「あの半分ぐらい、まあ2週間分くらいの衣装を持って来て」
(凄いね〜)
「それでまだダメだったらまた取りに行ってっていう」
(へぇ〜)
「それで入れ替えをしてるんです」

(部屋なんか色々こう、)
「はい」
(自分のこだわりとか注文とか)
「あ〜」
(「こうじゃなくちゃ」)
「私そうなんですよ。あの家を作ったときに、あのかまち、下足場から
上に上げ、上がるとこあるじゃないですか」
(あっ玄関とこ)
「玄関の所」
(???がまち)
「あそこを最初、まあ7cmでも良いかなと思って。7cmのこう高さにしたら」
(うん)
「「あ〜これ違うな〜」と思って」
(うん)
「一番ベスト何センチだろう?5.5cmだったんです」
(ええ?(笑))
「5.5cm。それ全部やり直してもらって」
(1センチ)
「1センチちょっと」
(1センチ5ミリ)
「5ミリ、5ミリがちょっと許せなくって」
(何で許せない?1センチ5ミリ)
「いや、あのこう一体感がこう出ないんですよね」
(あ〜)
「だけどあの一体感過ぎてもいけない。一体感がちょっと過ぎてもいけない
程よい紙一重が、一番美しさが」

(あっ、外の世界と)
「そうです」
(内の世界の)
「そうです」
(結界っていうかね)
「靴を脱ぐところと、そうですそうです」
(それが)
「それがこう自然に」
(ベラ〜ンでもダメ出し、あまりにも仕切りが高くてもダメ)
「うん、高すぎてもちょっと嫌だなと思って」
(それが5.5がベスト?)
「5.5センチがベスト。で、こう、」
(無いでしょ、そういうとこ)
「いや、今回あったんですよ」
(5.5センチ?)
「はい。あの石の下足場からこうやって、石で出来てるところから絨毯の
所までが5.5センチ」
(ピッタリだと)
「ピッタシだったんです」
(凄いね〜)
「そうなんです(笑)」
(へぇ〜)

CM明け

(1時間?)
「1時間で???」
(あと何か無い?こだわってるとこが)
「はい、私ねあの、まあ賃貸の場合」
(うん)
「まあこのくらいの金額払えば、コンセント?」
(コンセント)
「大丈夫かな?と思って行っても「嫌だ〜何でこんなところにコンセントが
あるんだろう」と思いませんか?」
(思う思う思う)
「ねえ〜」
(あれ無神経すぎるね)
「そう。あの「ココに何であるんだろう?」とか」
(うん)
「スイッチ何でココにあるんだろう?」
(スイッチも無神経過ぎるね)
「無神経ですよね、ココに無かったら絵を置けるのにとか」
(そうそうそう)
「何かね、思いますよね」
(あるあるあるある)
「何でココにあるんだろう?と思って」
(これもうしょうがない、無神経に付けてあるんだよね)
「うん。だから自分で作った家は、あの階段下とかに全部こう」
(まとめて)
「まとめちゃったんです」
(あ〜)

(あっ今あれがある)
「はい」
(あの人が通る)
「はい」
(人が通ると電球が)
「あ〜そうですそうです」
(2分くらい点いてる。それでまた消えるんですよね)
(あっでも色が悪いんだよね〜)
「そう、色が悪い」
観客「(笑)」
「またあの色がね〜」
(嫌よね、冷たい色)
「嫌よね〜」
観客「(笑)」
「タモリさ〜ん(笑)。もう色もあの電球の色も」
(うん)
「基本的にちょっと暖色系の」
(うん、そうだよ)
「ちょっと色がやっぱり落ち着いて」
(うん)
「こう何かこう安らぐので。何か暖色系に」

(リビングとか広い?今度のマンション)
「リビングはね、今度はあの45畳」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「はい」
(45畳?)
「45畳で、ええと全体で300平米ちょっとあるんですよ」
(凄い)
観客「へぇ〜」
「はい」
(45畳を、)
「はい」
(3LDKぐらいで住んでる人いっぱいいるよ)
「そう(笑)」
観客「(笑)」
「だけど、その45畳の、あのリビングも、何か今までの家具をこう配置
して行くと」
(うん)
「「あ〜ちょっとこれは要らないな〜」と思って随分あの後輩にあげた
んですけどね」
(あっ家具ね)
「家具」
(要らない家具を)
「「やっぱりココには合わないな〜」と思って」
(大変。でまた2年でどっか引っ越すんだ)
「あ〜そうですね、もう絶対ココにしばらく居ようかな〜?と思いつつ」
(うん)
「まあ2年ぐらい経って行くと、あ〜私極上に女になって行くために」
((笑))
「あ〜もうちょっと何か環境を何とかしたいな〜みたい」
(極上の女には成れない)
観客「(笑)」
「(笑)極上の女」
((笑))

二度目のCM明け

IKKOさんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート。ピタリ賞真ん中で前後賞もあります)
「はい」
(何行きましょう?)
「そしたらですね、今回引っ越し繋がりで」
(おっ)
「断捨離?」
(断捨離)
「断捨離しないとやっぱり新しい物が入って来ないって言われるぐらいなので」
(うん)
「今年断捨離をした人」
(あ〜)
「私は15人、洋服も含めてですけど」
(断捨離を、要らない物を捨てた人)
「はい」
(100人中15人)
「はい、整理整頓」
(断捨離をした人)
「はい」
(スイッチオン)
今年断捨離をした人(洋服を含む)・・34人
(お〜)
「お〜、意外と多かった」
(多いね〜)
「凄い凄〜い、偉い偉い」
(へぇ〜)
「(笑)」
観客「(笑)」
「重要ですよね」
(うん)
「うん」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
八嶋智人さんの写真が表示されました
(あ〜)
観客「おぉ〜」
IKKO「あ〜」
観客「(拍手)」
三田アナ「もしもし「笑っていいとも」です。八嶋さんでいらっしゃいますか?」
八嶋「あっもしもし、そうです」
三田アナ「タモリさんに代わります」
八嶋「??」
(ヤッチマさんですか?)
IKKO「(笑)」
八嶋「ええ?」
観客「(笑)」
(八嶋くん久しぶりですね)
八嶋「お久し**(電波状態が悪く不明)**」
観客「(笑)」
IKKO「(笑)」
(ええ?どこ、どこにいるの?今ちょっと電波が悪いけど)
八嶋「あっ電波悪いで***」
(うん)
八嶋「***お芝居の稽古場におりまして、***」
(ん?)
八嶋「お芝居の、舞台の稽古場におりまして」
(あっ稽古場。あっ、)
八嶋「そうなんです、だからちょっと地下に潜ってます」
(あ〜。明日「いいとも」大丈夫ですか?)
八嶋「もちろんでございます」
(あっじゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
八嶋「いいとも〜」

明日のゲストは 八嶋智人さん




春休み特別企画 小学生なのに○○すぎるコンテスト
進行役・綾部祐二 
審査員・タモリ、笑福亭鶴瓶、山崎弘也、又吉直樹、ベッキー、
    伊藤修子、三田友梨佳


小学生なのに○○すぎる人が登場し、一番ギャップがある人が
優勝(賞品は図書カード)というコーナー。

1人目・沖縄県の小学6年生男性
 「小学生なのにデカすぎる/小学生最強横綱」
  ・身長180cm、体重150kg
  ・わんぱく相撲全国大会、ジュニアオリンピック共に三連覇

2人目・熊本県の小学1年生女児
  「小学生なのにダンスがうますぎる/天才ヒップホップダンサー」
  ・4歳からダンスを始め、わずか3年で世界的に有名なダンス
   コンテストで優勝
  ・ダンス披露

3人目・東京都の小学1年生男性
  「小学生なのにドラムがうますぎる/天才ドラマー」
  ・5歳からドラムを始め、小3の時にプロアマ、年齢不問の
   ドラムテクニックを競う全国大会で最年少グランプリ受賞
  ・パフォーマンスのネット動画が世界で話題に。
  ・演奏生披露

審査結果・2番3番各3票で同時優勝(他は1番1票)




顔で全部わかる!最新!パーソノロジーの世界!
進行役・又吉直樹、
講師役・石丸賢一さん
出演者・タモリ、笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 ベッキー、伊藤修子、
    三田友梨佳


  石丸賢一さん(61歳)
  ・京都大学文学部卒業
  ・高校教師、人気塾講師を経てパーソノロジーと出会い渡米
  ・アメリカで10年間学び、パーソノロジー協会会長の教えを仰ひ
   日本人初のパーソノロジーに認定される。
  ・以後20年以上研究を続ける。

脳科学と統計学を使い「顔を見ただけで人の性格が全て分かる」という
パーソノロジー(最新人相学)を学ぶコーナー

人の顔と脳の関係
・どう考えるかで「おでこ」が変わる
・どう感じるかで「目、耳」が変わる
・どう行動するかで「鼻、口」が変わる
どう使うかで顔の形が変わる

・先週解説した「浮気タイプor一途タイプ?」を今日のゲストの
 本田翼さんに当てはめると、顔の左右に違いがあり浮気タイプと
 診断されました

根拠の無い自信家orビビリで慎重派
  (顔の縦と横を比べる。縦を3として横が2の場合は丸顔タイプ、
  1の場合は細顔タイプ)
 丸顔タイプ→根拠の無い自信家
   (恐怖を感じる扁桃体が覆われていて恐怖を感じづらい)
  ・綾部祐二、伊藤修子、本田翼
 細顔タイプ→ビビリで慎重派
   (恐怖を感じる扁桃体がむき出しで恐怖をやすい)
  ・タモリ、笑福亭鶴瓶、山崎弘也、ベッキー、又吉直樹

太っ腹なタイプorケチなタイプ
  (小指の太さ下唇の厚さが同じなら厚いタイプ、それよりも
  薄ければ薄いタイプ)
 下唇が厚いタイプ→太っ腹なタイプ
   (理性より行動が先に出るため損得勘定をあまり考え無い。
   海外旅行のお土産など同じ物をいっぱいバラまいたりする
   ので、周りから太っ腹に見える)
  ・タモリ、鶴瓶、ベッキー、綾部、又吉、伊藤、本田
 下唇が薄いタイプ→ケチなタイプ
   (行動より理性が先に出るため損得勘定を考えやすい。
   プレゼントも誰に何をあげようかなと考えてしまう)
  ・山崎弘也





曜日対抗いいともCUP
「手ブルブルWテーブルクロス引き」
台の上に二枚重なって敷かれたテーブルクロスの上に数個の
グラスが置いてあるので、二方向からテーブルクロスを同時に
引き、倒れなかったグラスの数を競うというゲーム

参加者・又吉直樹&伊藤修子(3個中1個成功)→山崎弘也&綾部祐二
    (5個中0個成功)、笑福亭鶴瓶&ベッキー(7個中0個成功)

結果・1個

月曜日 12個(2)火曜日 6個(2)水曜日 10個(1)
木曜日 1個(5)金曜日 (2)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
本田 翼さん(パーソノロジーの世界/エンディング告知
  (BeeTVネット配信ドラマ「午前3時の無法地帯」))



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る