今日のいいともニュース
2013年3月22日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、バナナマン、劇団ひとり、木下優樹菜
八嶋智人、マギー、バイク川崎バイク、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは八嶋智人さん 昨日 IKKOさん月曜 井上陽水さん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「dinner」、演劇「レミング」

花束は江口洋介さん、松重豊さん、山寺宏一さん、牧瀬里穂さん
  大野智さん、石原さとみさん、袴田吉彦さん、関めぐみさん
  ユースケ・サンタマリアさん、倉科カナさんなどから届いて
  いました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
(お〜)
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
八嶋さんが拍手の指揮をし 観客「(拍手)」
「(身体で8を表現して)8!」
観客「(歓声)」
観客「(笑)」
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
(どうぞどうぞ)
観客「カッコイイ〜!」
「ありがとう〜」
観客「(歓声)」
「ありがとう」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」

「(花を見て)わっ凄い!」
((花束)牧瀬来てますよ)
「牧瀬さん今ね、BSで一緒にお仕事させていただいて」
(あっそうですか)
「はい」
(あ〜)
「「ヒューヒューだよ〜」」
観客「(笑)」
「はい。(ポスターを指し)そして何と言っても」
(「dinner」)
「「dinner」」
(やってますね)
「ドラマチックサンデー、24日がもう最終回なんですよ」
(あっ日曜日)
「はい、日曜。今度の日曜日最終回という事で」
(あ〜)
「最終回という事だよ」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「(笑)」

(大野くん)
「あ〜大ちゃんありがとうございます」
(さとみちゃん来てます)
「あっさとみちゃん可愛いですね」
(江口ちゃんも来てますね)
「あっ」
(袴田くんも来てますね)
「あっココがもうあの、メンバーですね、「dinner」のメンバー」
(あ〜)
「みんな、あっみんな、カナちゃんも」
((ユースケ・サンタマリアさんの花を指し)この、この人は違うよね?)
観客「(笑)」
「あ〜、でもあの、でも何かイタリ−、イタリア料理のお店の話なんですね」
(ああそう?)
「だからちょっと、ちょっとこうカタカナの人が」
(あっカタカナの人がね)
観客「(笑)」
「ええ、いた方が」
観客「あぁ〜」
「いた方がそれなりになるな、みたいな」
(あっそうだ)
「はい」
(あっそれで選ばれたんだね)
「そうなんです、そうなんです、はい」
(なるほど、あっ納得した)
「はい」
(あ〜)
観客「(笑)」
「あとありますね、はい」
(どうもどうも)
「どうもありがとうございます」

(料、料理作、作るでしょ?実際に)
「いや、今回のこの「dinner」ってドラマ、まあイタリア料理店の
厨房の話なんですけど」
(うん)
「ホントに実際作って」
観客「へぇ〜」
「僕はあのパスタ担当、パスタ??なんですけども」
観客「へぇ〜」
(パスタ担当)
「で実際、」
(ホントにパスタ作ってんの?)
「はい」
観客「(笑)」
「で何か、やっぱりこう、一応ドラマですからテストもあって、本番やって」
(うん)
「で「OK」が出たら、まあ次のシーンに行くじゃ無い」
(うんうん)
「それを逆算して」
(うん)
「でも食材実際ホントに使ってるので、もったいないじゃないですか」
(うんうん)
「だからその本番OKまでの逆算して作って行くんです」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「ソースを温めといて、脇に置いといて」
(うんうんうん)
「で何とかっていって。でも撮影用なんで塩が入って無かったりするんですね」
(ああ〜)
「だからその塩は別に入れて、仕上げの時に」
(へぇ〜、ああそう?)
「それでホントに仕上げてるんです」
(うん)

「そして終わったら、」
(どうする?)
「みんなで一口ずつ食べるんです(笑)」
(食べる?へぇ〜)
「だからあの、このメンバーで、」
(食べてんの?)
「ええ、江口さんとかにも食べていただいて」
(へぇ〜)
「で、みんなでね、もう役者たちとは思えないぐらい」
(上手くなった?)
「「何だこの塩加減が何かが足りないと思ったら、もうちょっと辛味が要るね」
とか」
(へぇ〜)
観客「(笑)」
「何かもうね、お芝居の話全然しないです」
(料理の話)
観客「(笑)」
「はい」
((笑))
「ず〜と料理の」

「でもイタリアンどうですか?」
(イタリアン?)
「作、作ります?」
(たま〜に作るね)
「はい」
(たまに作ります)
観客「へぇ〜」
「何か気をつけてる事とかありますか?」
(気をつけてる事?)
「はい」
(茹でる時の塩の量ぐらいかな?)
「そう、そう。でも思ったより多いでしょ?」
(多い多い多い多い)
「ねっ、思ったより多い」
(かなり思いっきり入れた方がいいんだよね)
「はい。だからその茹で、本当は茹でてる汁?」
(うん)
「もソースに、ソースがちょっと煮詰まってくるとこう足すんです」
(そうそうそう、あれ塩気あるからね)
「ねっ、足す」
(それもあのパスタの中に塩気が入ってるんで)
「うん」
(あと、後の塩はほとんど要らないぐらいんだね)
「そう、だからそれも考えて、撮影用のは塩が入ってないので」
(うん)
「足さないといけないんです」
(なるほど)
「それぐらい一生懸命料理を作っているドラマです」
観客「(拍手)」
八嶋さんがポーズを決めようとしたらタモリさんが話しかけたため
「え?」
観客「(笑)」

(料理やってた?前から)
「え?」
(料理やってた?)
「料理は、いや、まあちょこちょこ、その男の料理です、何かを炒めたりとか」
(あ〜)
「そういうのはありますけど」
(最近はやってる?)
「子どもがあの、」
(おっ)
「大分大きくなって来て」
(子どもいくつになった?)
「5歳になりました」
(あ〜)
観客「へぇ〜」
観客「(拍手)」
(早いね〜)
「もう段々僕に似てきてね」
観客「(笑)」
(???)
「はい」
観客「(笑)」
「何かワ〜とはしゃいでは嫁の顔を見るってね」
観客「(笑)」
「(笑)嫁の確認をするっていうね」
観客「(笑)」
「その顔、」
(顔色をうかがう)
「うかがうって、その全く同じ顔だって言われますけど」
観客「(笑)」
「でも何か、そのお弁当をたまに作ったりとか」
(お弁当作って?)
「はい」
(へぇ〜)

「あとね、オムライス、焼きそば、チャーハン、」
(うん)
「卵焼きは「パパの方が良い」って言うんです」
観客「へぇ〜」
(オムライス、ああそう?)
「玉子料理」
(玉子料理が)
「ぽいのが」
(へぇ〜)
「それで、嫁が普通にお弁当を作ってて」
(嫁よりも良いって事?)
「そうですそうです。嫁がお弁当作ってたんですね、ある日」
(うんうん)
「で僕は朝寝てたんです」
(うん)
「そしたらさ、怒られて」
(うん)
「「卵焼きはパパの方が良いんだってよ」って言われて」
(へぇ〜)
観客「(笑)」
「それ起きて、卵焼きだけ焼いて(笑)、もう一度寝るっていうね」
観客「(笑)」
「(笑)」

(あっ卵焼きって、どう、基本はほんのちょっとの塩味)
「はい」
(なんだけども)
「はい。僕は出汁ですね」
(出汁巻き?)
「はい。お出汁をちょっと入れ」
(で、あの味、味付けは?)
「味付けはだからほとんど、まあ子ども用だからそんな」
(濃い味じゃ無くて)
「無く。で牛乳をちょっと入れて」
(あ〜)
「ふんわりと」
(そう?)
「仕上げますからね」
(あれでも難しい事は難しいんだよね、卵焼きってやると)
「そうなんです。意外とでもだから僕はあのヘラ使いますよ、もう」
(あっヘラ使った方が良い)
「はい。もうそれの方が綺麗に巻けるんだったら」
(特に出汁入れてると)
「うん」
(崩れやすい)
「緩いですからね」
(緩いからね)
「そうなんです」
(あ〜)

「だからもうお料理の話ばっかりしてますね」
観客「(笑)」
「(笑)このドラマ、もう入ってからホントに」
(ああそう?)
「ず〜と。松重さん、豊さんも出てんですけど」
(うん)
「何かね、「先生の作ったのと八嶋くんのは何が違うんだろうな?う〜ん?」
とかやって」
(やってる?)
「うん、「やっぱ塩だな」っていう」
((笑))
「塩加減って事に行き着いたんです」

(大体でも、あの本場のやつはちょっと塩効き過ぎてるらしいね)
「ああ〜。何か、やっぱりイタリアの方が好きなパスタと、僕らが好きな
パスタとちょっと違う」
(違う)
「いや、真面目なんですよね」
(向こう、向こうどう?)
「そんなアルデンテとか、そんなピシッとしてないですよ」
(あっ、アルデンテって)
「はい」
(ほとんど無いらしいですよ)
「はい」
(あれ日本が異常に言うだけで)
観客「へぇ〜」
「もうナイデンテですよ」
(ナイデンテ)
「うん」
観客「(笑)」
「ナイデンテです」
観客「(笑)」
「もう」
(だからフラ、フランス辺りでアルデンテ出すと)
「はい」
(「え?」って言われるらしいね)
観客「へぇ〜」
「硬麺だって事ですね(笑)」
(うん「なにこれ?火が通ってないじゃないか」と言われるらしい)
「そうそう、何かね。だから好みが違うから」
(うん)
「どっちが正解って訳じゃ無いんですけど」

(向こうで食べた?向こうのやつ食べた事ある?イタリア)
「あっあります、あのベローナっていう所に仕事で行ったときは食べ、」
(どう、どんな風、)
「それでもそれで美味しかったですよ」
(どんな風なの?味付け。あんまり変わんない?)
「変わんないです、変わんない」
(あ〜)
「特にあのベローナってとこ、多分お肉料理が多い所だから」
(うん)
「そう、濃いめの味でしたけど」
(へぇ〜)
「とっても美味しかったですよ、はい。まあ行くとこ行ったらってある
じゃない、お料理ってまた」
(うん)
「だから九州行って柚子こしょう凄い」
(あっ柚子こしょう)
「で「これ買って帰ろう〜美味しいから」って言って」
(うん)
「ねえ、東京で「全然減ってかないな〜」みたいな」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「ねえ」
(柚子こしょう減ってかないんだ)

CM明け

(5歳になると、)
「はい」
(もう子どもも色々)
「はい」
(覚えてくるし)
「そうですね、あの、」
(結構、)
「今そろばんをやってたり」
(やってる?)
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「暗算は僕より速いです」
観客「へぇ〜」
(ああそう?)
「何すかね?何かあの勢いがある人ってのは、パッパッパッパ色々な事
吸収できるじゃないですか」
(うん)
「もう二人で街歩いてパッてこうカタカナをね、読む」
(うんうん)
「例えばパッとこう何か、「ディナー」って書いてあっても何か」
(うん)
「ディナーまあ分かるからあれです、ディ、ナー、あっディナーかって
僕、これくらいのスピードなんですよ」
(うんうんうん)
「もうスッと読むじゃ無いですか、小っちゃい子の方が」
(あ〜)
「もうディナー」
観客「(笑)」
(あ〜)
「はい」
(そうかそうか)

「何か受け答えがドンドンはっきりして来ました」
(あ〜)
「何かあの、警察官コントみたいなのやるんです」
(コントやる?)
観客「(笑)」
「「やって」って言われるから」
(うん)
「僕が警察官で、ウロチョロしてると「ピッピッピ、止まりなさい、そこ」
みたいな」
観客「(笑)」
((笑))
「って僕が言って」
(そしたらやる?ちゃんと受け答え)
「で「は〜い」みたいな事言ってて」
観客「(笑)」
「「免許証、免許証。ん?住所は?」って言ったら、どこそこどこそこって」
(言うの?)
「それを練習してると、意外と、」
(うん)
「あの遊びながら自分の住所とか家族構成とかを」
観客「あぁ〜」
「第三者に説明出来るようなる」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
「だからもし、もし迷子になったらね」
(なったらね)
「そういう時に」
(ほぉ〜)

「「で何だ?お父さん何て言うんだ?」「八嶋智人です」」
観客「(笑)」
「「ん?職業は?何やってんだ?」って言って」
(うん)
「そしたら何かあの、前は「ドラキュラをやってます」とかね」
((笑))
観客「(笑)」
「何か(笑)。今なら「コックさんをやってます」とか」
(あ〜あ〜)
観客「あぁ〜」
(その時の言う)
「その時その時の。「随分転職する人だな〜」っていう」
((笑))
観客「(笑)」
「イメージを与えかねないんですけど」
(ああそう?)
「はい。凄いですよ、その受け答えは」
(へぇ〜)
「面白いな〜と思います」
(それも良いね、コントやりながら)
「そうなんです、コント、」
(学んで行く)
「コント役にたちます」
(あ〜)
「何かこうふざけてる間に覚えちゃう」
(覚えちゃう)
「はい」

(運動の方はどうなんだ?運動神経は)
「は、運動、まああの出来ますけど、ちょっとビビリなんですね」
(ああそう?)
「はい」
(うん)
「何かこう、僕遊ぶときもしつこいんです、子どもより」
観客「(笑)」
((笑))
「「わ〜」と、普通子どもって何度も何度もやれって言うから、」
(うん)
「僕はもう小っちゃい頃から、しつこいっていう」
(子どもしつこいよね、子ども大体)
「はい。それよりも上回るしつこさで遊ぶ」
観客「(笑)」
(うん)
「そうするともう、ある程度自分が満、満足したら」
(うん)
「「パパ、パパもういいよ、もういいよ」」
((笑))
観客「(笑)」
「「一回、一回、一回止め、一回止めようか」」
((笑))
観客「(笑)」
「「一回止めようか」とかって言われるんですね」
(相当しつこいんだね)
観客「(笑)」
(子どもから「しつこい」って言われる)

二度目のCM明け

八嶋智人さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のX、ピタリ賞真ん中で)
「百分のX?」
(前後賞もありますよ。何行きます?)
「???、僕ね、今度、あっそう松重さんの話もさっき出てましたけど
また松重豊さんと一緒に」
(うん)
「「レミング」っていう、舞台をまあ春やるんですね」
(ええ)
「常盤貴子さんとか、片桐仁さんとか出る、パルコの舞台上がるんですけど」
(うんうんうん)
「これ寺山修司さんの最後の舞台作品っていう事で」
(へぇ〜)
「寺山修司さん、よくモノマネしてたじゃないですか」
(「(モノマネ)あのモノマネって言うか、あの僕自身がその寺山なんですね」)
観客「(笑)」
「これ貴重ですよ、皆さん」
((笑))
観客「(拍手)」
「やった〜生で聞いちゃった」
((笑))

「それで、」
(ええ)
「そのもうね、そういう世代じゃ無いと思うんですよ」
(あ〜知らないだろうね、寺山修司さんね)
「はい。だから、」
(我々の世代は圧倒的な影響受けて)
「はい、もうね。だからこの寺山修司さんの、」
(おっ、の)
「何か映画とか、そういう物を」
(舞台とか)
「舞台とかを、」
(見たことが)
「見たり読んだりした事がある」
(100人中、女性)
「100人中、この若さの女性で」
観客「(笑)」
「3人と行きましょう」
(3人)
「ん?」
(寺山修司さんの作品を見たり読んだりした事がある、3人、スイッチオン)
寺山修司さんの作品を見たり読んだりした事ある人・・6人
(お〜)
「おっ、おっ」
観客「あぁ〜」
「結構いるのね」
(結構いる)
「いや、何か逆、嬉しいですね」
(ええ)
「じゃぁ今のドワッとしたんじゃない?タモさんのモノマネ。ねえ」
(いや6人だから)
「あっそうか」
観客「(笑)」
「6人だったらちょうど飲みに行ける感じだもんね」
(ええ)
観客「(笑)」
「ねっ、「ディナー」」

(じゃぁ来週のゲストご紹介しましょう)
八嶋「はい」
(この方です)
井上陽水さんの写真が表示されました
(あ〜)
八嶋「(笑)」
観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
(どうも)
八嶋「また何か」
三田アナ「フジテレビ「笑っていいとも」です。???でいらっしゃいますか?」
八嶋「世代が」
三田アナ「もしもし」
女性「もしもし」
三田アナ「タモリさんに、」
女性「少々お待ちください」
三田アナ「はい」
女性「はい」
(何か番組中?)
三田アナ「もしもし」
八嶋「声変わりましたね、随分」
観客「(笑)」
三田アナ「もしもし」
井上「もしもし」
三田アナ「タモリさんに代わります」
井上「はい」
観客「おぉ〜」

(「(モノマネ)もしもし〜」)
八嶋「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
井上「もしもし。あれ?」
((モノマネ)もしもし〜)
井上「(笑)」
観客「(笑)」
井上「こんにちは」
(こんにち、「(モノマネ)今何やってんの?」)
観客「(笑)」
井上「今桜なんか見て」
(ええ?)
井上「桜なんか見て」
(花見やってんの?)
井上「はい」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
八嶋「良いですね」
井上「良い季節なったね」
(良いね)
井上「はいはいはいはい」
(ええ、ええ)
観客「(笑)」
八嶋「(笑)」
(お酒飲んでんの?今は)
井上「いやいや、お酒はもうお昼ですからまだですけどね」
(ああそう?)
井上「もう歩きながら良い感じですよ」
(歩きながら?)
八嶋「歩いてんだ(笑)」
(へぇ〜)
観客「(笑)」
八嶋「凄え〜」
(花粉症は無いんですか?)
井上「あっ無いですね」
(あっ良いな〜)
井上「ええ」
(あの月曜日「いいとも」大丈夫ですか?)
井上「ええ、あのお邪魔しますんでよろしくお願いします」
(よろしくお願いします、お待ち申し上げております)
井上「はい、はいどうも」
(よろしくお願いします)
八嶋「イェ〜、dinner!」


月曜日のゲスト 井上陽水さん




知ってるだけで楽しい人生!コレ知ってる!?プレゼンター
進行役・生田竜聖
プレゼンター・関根勤、劇団ひとり、日村勇紀
審査員・タモリ、草なぎ剛、木下優樹菜、ゲストのマギーさん
出演者・ゲストのバイク川崎バイクさん


話題のニュースや物、人をプレゼンターが紹介するコーナー

1・話題のニュース(日村勇紀)
 「京都の小学校にとんでもない転校生がいた!?」
  ・京都府精華町立東光小学校に今年2月から授業に出ている
   ロボットの「ロボビー」を紹介

  「ロボビー」(身長120cmm、体重40kg)
   ・国際電気通信基礎技術研究所が開発した人型ロボット
   ・今年2月から5年生の理科の授業に参加している
   ・児童と先生の約120人の顔と名前を記憶していて、近くに
    来た児童の名前を呼べるほか理科の関する会話も可能
   ・将来の夢はロボットと児童が友達のような関係を築き
    一緒に成長していけるような未來を作りたい。
 判定・(ロボットが登場しなかったため)どうでもいい4票

2・話題のアイテム(劇団ひとり)
 「あのチュッパチャプスが簡単に**に変身!?」
  ・チュッパチャプスをアイスキャンディーにする4月18日
   発売予定の「おかしなアイスキャンディー(1575円/
   タカラトミーアーツ」を紹介
   ぬるま湯や牛乳などを入れた容器にチュッパチャプスを
   セットし、回転させて溶かし冷凍庫に入れると直径60mmの
   アイスキャンディーになる。
 判定・興味あり4票(満票)、どうでもいい票()

3・話題のヒト(関根勤)
 「大阪で発見!AKBならぬBKB芸人!」
  ・どんな質問でも「BKB」で答えるバイク川崎バイクさんが
   登場しネタ披露
 判定・興味あり4票(満票)





春休み特別企画 春のそっくりさんカーニバル
進行役・関根勤
審査員・タモリ、草なぎ剛、劇団ひとり、日村勇紀、木下優樹菜、
    設楽統(4人目から)、三田友梨佳(3人目まで)
    ゲストのマギーさん


毎年休み時期恒例のソックリさんコンテスト
全員がその通りと判定した場合「ホテルグリーンプラザ箱根ペア宿泊券」
1人以上の審査員が似ていると思ったら「そっくりさんミラー」獲得
全員の審査員がこれは思い込みだと判断したら即退場となります

1人目の推薦者・男性2人と女性1人
 似ている人は・友達
 似てる有名人・森山未來さん
 紹介コピーは・モテキがまったくこない森山未來
審査結果・全員が似ているの判定でペア宿泊券獲得

2人目の推薦者・女性
 似ている人は・息子(登場時寝てしまうハプニング)
 似てる有名人・森三中の大島美幸さん
 紹介コピーは・電車の運転手になるのが夢。4歳の森三中大島さん
審査結果・似ている6人、似ていない1人の判定でミラー獲得

3人目の推薦者・女性
 似ている人は・友達
 似てる有名人・やくみつるさん
 紹介コピーは・絵がヘタなやくみつる
審査結果・全員が似ているの判定でペア宿泊券獲得

4人目の推薦者・女性2人と男性1人
 似ている人は・大学の友達
 似てる有名人・堺雅人さん
 紹介コピーは・2ヶ月前彼女にフラれた堺雅人
審査結果・似ている6人、似ていない1人の判定でミラー獲得

5人目の推薦者・女性2人
 似ている人は・友達
 似てる有名人・アーチェリーの蟹江美貴さん
 紹介コピーは・4月から美容師です。アーチェリーオリンピック選手 蟹江美貴選手
審査結果・似ている5人、似ていない2人の判定でミラー獲得

6人目の推薦者・女性と男児と女児
 似ている人は・弟
 似てる有名人・ナインティナインの岡村隆史さん
 紹介コピーは・身長90センチ。2歳のナイナイ岡村隆史
審査結果・全員が似ているの判定でペア宿泊券獲得

7人目の推薦者・男性2人
 似ている人は・部下
 似てる有名人・市川隼人さん
 紹介コピーは・今花粉症で大変な市川隼人
審査結果・全員が似ているの判定でペア宿泊券獲得

8人目の推薦者・女性
 似ている人は・友達
 似てる有名人・松田翔太さん
 紹介コピーは・3年彼女がいない松田翔太
審査結果・似ている3人、似ていない4人の判定でミラー獲得

8人目の推薦者・女性2人
 似ている人は・友達
 似てる有名人・壇蜜さん
 紹介コピーは・山梨からバスで来ました。19歳の壇蜜
審査結果・似ている5人、似ていない2人の判定でミラー獲得




いないかもしれないけど 会いたいヒト大募集!
 ボクどうしても会いたいんだもん

進行役・設楽統
出演者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、日村勇紀、木下優樹菜
    ゲストのマギーさん


会ってみたい人を出演者それぞれ発表して、来週来てくれる様に
募集(オーディション有り)したり前週の結果を発表するコーナー

先週募集の内容
タモリ「コートを脱いだら即超ビキニの170cm以上の美女」
関根勤「五浪が決まった浪人生」
草なぎ剛「AKBaサン(AKBのダンスが完璧に踊れるお婆さん)」
劇団ひとり「声のカワイイおじさん」
設楽統「壇蜜小学生」
日村勇紀「ものまねが5つ以上出来るおじいちゃん」
木下優樹菜「未來から来た人」

先週募集の結果
登場したのは
・「五浪が決まった浪人生」で23歳男性が登場
  現役時代を含めての6年間の大学受験経歴(全て早稲田大学)
  2008年・人間科学部
  2009年・文化構想学部、人間科学部、教育学部
  2010年・商学部、文学部、教育学部、文化構想学部
  2011年・政治経済学部、文学部、教育学部
  2012年・政治経済学部、商学部、社会科学部、人間科学部、文学部
      教育学部、文化構想学部
  2013年・政治経済学部、文化構想学部、教育学部、文化部、商学部
      スポーツ科学部、社会科学部、法学部、国際教養学部、
      人間科学部

・「コートを脱いだら即超ビキニの170cm以上の美女」
  日本人2人とロシア3人の女性5人が登場しビキニ姿披露

次週の募集内容
タモリ「コートを脱いだら即超ビキニで165cm以上の美女」
関根勤「逆立ちでダッシュできる人」
草なぎ剛「稲垣吾郎に激似のラッパー」
劇団ひとり「声のカワイイおじさん」
設楽統「すげー逸品を持っているマニア」
日村勇紀「ものまねが5つ以上出来るおじいちゃん」
木下優樹菜「未來から来た人」





曜日対抗いいともCUP
「手ブルブルWテーブルクロス引き」
台の上に二枚重なって敷かれたテーブルクロスの上に数個の
グラスが置いてあるので、二方向からテーブルクロスを同時に
引き、倒れなかったグラスの数を競うというゲーム

参加者・日村勇紀&劇団ひとり(3個中0個成功)→設楽統&木下優樹菜
    (5個中2個成功)→関根勤&草なぎ剛(7個中3個成功)

結果・5個

月曜日 12個(2)火曜日 6個(2)水曜日 10個(1)
木曜日 1個(5)金曜日 5個(2)優勝 月曜日
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
マギーさん(コレ知ってる!?プ/そっくりさん/会いたい/エンディング告知
  (イベント「Girls Award 2013 SPRING/SUMMER」))
バイク川崎バイクさん(コレ知ってる!?プレゼンター/エンディング)






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー73(2013年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る