今日のいいともニュース
2013年5月7日(火)
今日の出演者 タモリ、中居正広、さまぁ〜ず、澤部佑、ローラ
斎藤工、猫ひろし、noon boyz、久代萌美


テレフォンショッキング
ゲストは斎藤 工さん 昨日 みのもんたさん明日 トム・クルーズさん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は美輪明宏さん、大杉漣さん、宅間孝行さん、上戸彩さん、杏さん
  成宮寛貴さん、やべきょうすけさん、板谷由夏さん、倖田來未さん
  武井咲さん、北川悦吏子さん、蜷川実花さん、青山真治さん
  向井理・金子ノブアキ・小出恵介さん(連名)、
  福士誠治・波岡一喜・大竹浩一さん(連名)などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
観客「カッコイイ〜」
(会ったこと)
「あの、昨日は電話で「初めまして」って言っちゃったんですけど」
(ええ)
「2月ぐらいにお会いしました。この番組で」
観客「(笑)」
(???よね?)
「はい、緊張しすぎて」
(そうだよね(笑))
「失礼しました」
観客「(笑)」
(俺もそうかな?と思った)
「そうなんです。よろしくお願いします」
(どうもどうも)
「はい」

(カッコイイね)
「とんでもないです」
観客「(笑)」
(どうぞどうぞ)
「あっ失礼します」
(ねっ)
「はい」
(イイ顔だよね)
「ありがとうございます(笑)」
観客「カッコイイ〜!」
「すみません」
観客「カッコイイ〜!」
(ねえ)
観客「(拍手)」
(うん。甘さもあるし、厳しさもあるし)
「(笑)」
観客「(笑)」
(良いね〜)
「ありがとうございます」
(身長、どれくらい?)
「僕184ですね、はい」
(へぇ〜)
観客「お〜」
(贅沢だね〜)
「贅沢ですか?」
観客「(笑)」
「乳製品が好きで」
(あっ俺乳製品がダメなの)
「あっ、そうですか」
(うん)
「何かあの、思春期に乳製品をいっぱい摂って、運動をあの凄くしてたんですよ」
(ああそう?)

「だから結構、急激に中学の時に伸びまして」
(はぁ〜、中学3年間でどれくらい伸びた?)
「あの1年に10センチぐらい伸びてったんですよ」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜凄い)
「だからあの成長痛と言うか、」
(うん、あっ)
「骨が、骨が伸びる」
(痛い、痛いって言うよね)
「はい。夜横になるのを、骨が待っているんですよね。横になると、その、」
(よ、夜伸びるの?あれ)
「はい。あのやっぱ生活してるとGがかかってるので」
(うんうん)
「あのそれが解けた寝しなに、骨は成長しようとしてるんです」
(へぇ〜、じゃぁこう寝ると痛み出す?)
「あのね、音がするときあるんです」
観客「へぇ〜」
「中学の時「ゴキョッ」みたいな」
観客「(笑)」
(「ミシッ」じゃない?)
「「ミシッ」じゃ無くて「ゴキョッ」っていうのが」
(「ゴキョッ」って)
観客「(笑)」
「聞きましたね」
(はぁ〜。「ゴキョッ」っていう時痛い?)
「痛いですね、やっぱり」
(はぁ〜。じゃぁ30センチぐらい伸びた?中学3年)
「そうですね、急激に」
(へぇ〜)
「はい」
(凄いね〜)

(最近ね、ドンドンドンドン身長が縮むんだけど、何だろう?)
観客「(笑)」
「やっぱ重力的な事もあるんですかね」
(重力。約ね、)
「はい」
(3.5センチぐらい縮んだ)
「あっそうですか?」
観客「へぇ〜」
(で起きてると「ゴキョッ」と音)
「(笑)」
観客「(笑)」

(運動何やってた?)
「運動はサッカーを中学の時は」
(あっ)
「やってましたね。毎日」
(牛乳、牛乳飲んで)
「牛乳、間に、まあペットボトルで持ってた訳じゃ無いですけど」
(うん)
「もう家帰ると1リットルのまんま飲んでましたね」
(へぇ〜)
「はい」
(俺運動しなかったもんね〜)
「あ〜」
(運動しない、え〜母乳だったから)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)全然伸びないよ、良いよな〜)

(あっ(花束)いっぱい来てますよ。蜷川さん、)
「あ〜ありがとうございます」
(成宮くん)
「はい。美輪さん」
(「(モノマネ)美輪明宏です」)
「(笑)」
観客「(笑)」
(美輪さんとは?)
「美輪さん、お仕事した訳じゃ無いんですけど、あの、あの舞台を僕が拝見した
りしていて」
(あっそう?)
「親交があります」
(北川さん来てます)
「あ〜ありがとうございます」
(武井咲ちゃん)
「はい」
(上戸彩ちゃん)
「はい」
(倖田來未ちゃん来てますね〜、??くんから、色々来てます)
「はい」
(どうぞおかけ下さい)
「はい、ありがとうございます」
(どうぞ)

人気急上昇中イケメン俳優 斎藤工(パネル登場)
1981年8月22日生まれ(31歳)
2001年(20歳) 映画「時の香り〜リメンバー・ミー〜」で俳優デビュー
代表作
  ドラマ「八重の桜」「カラマーゾフの兄弟」
  映画「愛と誠」「めめめのくらげ」

(今31なの?)
「そうです。はい」
観客「へぇ〜」
(凄い、これ31で、俺と同じ誕生日)
「そうなんですよ」
観客「へぇ〜」
(と言う事は「いいとも」が31年目で)
「はい、同じ年で、タモさんと誕生日が」
(これ始まった時生まれたんだ)
「ちょうど」
(それで俺と誕生日が同じ)
「はい」
観客「へぇ〜」
(ええ?)
「だから特別なんです」
(これは何か、何か凄いね)
「そうなんです、だからずっと特別な番組だったので」
(あ〜)
「はい。で昨日のみのさんも同じ誕生日じゃないですか」
(うん、みのさん同じ誕生日)
「はい」
観客「へぇ〜」
(菅野美穂ちゃんとかね)
「はい。北川景子さん」
(北川景子ちゃんも同じなんです。土居まさる)
「あのドビッシーって」
(ドビッシー)
「はい」
観客「(笑)」
「作曲家の」
(ドビッシー)
「はい」
(足利義満か義政かどっちかがそう)
観客「(笑)」

(多いね)
「そうですね」
(芸能界)
「はい」
(いや、いつかね、菅野美穂ちゃんと8月22日の)
「はい」
(生まれの人、合同誕生日会やろうという)
「呼んで下さい」
(うん)
「はい」
観客「へぇ〜」
「良いんですね」
(話が出てんです)
「そうですか」
(うん。凄いメンバー、みのさんだろ)
「はい」
(俺)
「はい」
(斉藤くんでしょ)
「北川景子さん」
(北川さん)
「ドビッシー」
(ドビッシー)
観客「(笑)」
(ドビッシーはちょっと、ちょっと来れないらしい)
「そう」
観客「(笑)」

(2001年デビュー?)
「はい」
(あ〜)
「??ね」
(「八重の桜」「カラマーゾフの兄弟」
2001年と言う事は、え?)

「もう11年前ですね」
(11年前)
「はい」
(二十歳の時だ)
「そうですね。全然仕事が無い時代が続き、」
(役者になろうと思ったのいつ頃?)
「あの、僕映画が作りたくて、映画の専門学校に願書送ったり、父が制作の仕事
してたんですね」
(あっ映画の?)
「はい」
(あ〜そう?)
「東北新社で」
(あっそう?)
「そうなんですよ」
(へぇ〜)
「その父の背中を見てたせいか、そういう、こういう映像作る世界に憧れていた
んですけど。最初は監督というか、製作志望で。あの、」
(あっそう、)
「そうなんです、そういう専門学校にちょっと通ったりもしてたんですけど」
(うん)
「あの父親に「机の上で勉強するな、もんじゃない」って言われて。「お前向いて
無いから現場に出る方法考えろ」って言われて「じゃぁ役者さん」っていう所から
この世界に入ったらなと思って」
(ああそう?)
「はい」

(で売れなかった?全然)
「全然売れなかったです」
(全然?)
「バイトばっかしてましたね」
(え?この時(2001年のデビュー映画)時まで売れなかったって事?)
「いや、そっからが」
(こっからが売れなかった?)
「そうですね」
(へぇ〜)
「うん」
(ココ(デビュー)までは順調に行ったんだ?)
「何となく、はい、そうなんですよ」
(バイト何やって?)
「ええとね、朝刊を配ってまして」
観客「へぇ〜」
(朝刊配ってた?)
「朝刊あの、」
(3時頃からやるんだろ?)
「そうですね。だから支障、支障が無いんですよ。そのオーディションが急に
入ったりしても」
(あ〜そうか)
「夜中3時から、朝、」
(あ〜もう終わってるからね)
「5時半には終わってるんで」
(あ〜)
「その間だったら大丈夫なんですよね」
(あれこうやって)
「そうですね」
(あの広告をやってるんだ)
「そうなんです。で雨の日が大変で、一個一個ビニールで」
(包んだりする)
「包んだりしなきゃいけないし。あの折れてたら、投函の時にちょっと曲がって
たらうるさいお家の方とかもいるんで」
観客「(笑)」
「「ココは丁寧にしろ」って先輩に言われて」
(ああそう?(笑))
観客「(笑)」
(へぇ〜)

CM明け

(映画志望って事は、映画よく見た?)
「映画見てましたね|。父が仕事でも見てたんで」
(うん)
「その子どもに合わせた映画じゃ無くても、週にホントに2,3回映画館に連れて
行かれてたんですよ」
(へぇ〜、子どもの頃から?)
「はい。だから僕「マルコムX」とかを小1で映画館で見せられて」
(「マルコムX」」小学生の時)
「はい、全然分かんなくて」
(へぇ〜)
「でも何か映画館に行くのが習慣にはなったんですね、その頃に」
(週に、週に、え?)
「2,3回ですね」
(2,3回行った?)
「はい」
(今まで一番印象的な映画何?)
「あ〜、僕はスタンリー・キューブリックが凄い好きで」
(うんうん)
「もう「博士の異常な愛情」っていう」
(あ〜ありましたね)
「凄いマニアックな映画があるんですけど。ちょっと、しかもあの人はあのアート
のあのスチールカメラマン出身なんで、「VOGUE」の」
(うん)
「凄い画が左右対称だったり」
(うん)
「その視覚的に面白かったり」
(あ〜)
「うん、あとやっぱりジブリですね、「ラピュタ」とかは」
(ああそうなの?)
「はい」
(凄い幅広いね)
「世代的に。繰り返し見るのってやっぱ決まってきますね」
(へぇ〜)
「はい」

(じゃぁ相当見たね、映画。映画館)
「あの高校の時に、あのビデオ屋さんの、」
(うん)
「「あ」から順番に全部見ようっていう」
観客「(笑)」
(へぇ〜)
「チャレンジを3年間でしたんです」
(うん)
「何か見てない作品があるの悔しくて」
(うんうん)
「でもう、これは順番に行こうって」
(まあ見てるやつは)
「飛ばしてですね」
(飛ばして、「あ」から)
「はい。結構そのポルノっていうかエッチ系の物の含めて」
(あっエッチ系も含めて)
観客「(笑)」
「はい」
(何でも見ると)
「そうですね、チャレンジだからそれしょうがない、避けて通れないんで」
((笑))
観客「(笑)」
(どれくらいまで行った?それ)
「あっでも、3年間で、当時ビデオだと、今みたいにDVDじゃ無いから幅を取るんで」
(うん)
「小っちゃいビデオ屋さんだったんで、あの3年間で行けましたね」
(はぁ〜)
観客「へぇ〜」

(町中に小っちゃなビデオ屋ってたくさんあったんですよ)
「そうなんですよ。今ね、」
(今無いよね)
「無いですね」
(全部大手に吸収されて)
「ホントに」
(オヤジが独りでやってる様なとこね)
「ありますね。結構その人の趣味みたいなのも入ってたりするんですよね」
(そうそう)
観客「(笑)」
(そういうとこに、こう選んでると)
「はい」
(こう出すでしょ)
「はい」
(そしたら「こういうんじゃ無くて、こういうの見ろよ」というオヤジいるんだ)
「(笑)」
観客「(笑)」
「あっ良いですね」
(うん。「ああそう?」って「それじゃって」)
「はい」
(勧めて)
「へぇ〜」
(もう無くなったもんね、それ)
「今ないですね。そうなんですよね」
(よく見たね〜)
「見ましたね〜」

(映画、映画館でも見た?)
「映画館でも見ましたね」
(高校の時はその)
「はい」
(ビデオと平行して映画館にも行った?)
「そうですね」
(新作は)
「はい。で後あの、二本立てで結構ちょっとじく、時期遅れの映画をやってる
劇場が都内に結構ありまして」
(うん)
「で、そこに通ってましたね。で二本立ての映画館が三軒茶屋には、あの2館 あったんです」
(あるあるある、三軒茶屋あるね)
「今1館無くなっちゃったんですけど」
(うん)
「だからそこに朝から行くと、二本立てをハシゴして1日4本見るっていう」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「クッション持ってくんですよ」
観客「(笑)」
「お尻が痛くなるんで」

(それ映画館の、じゃぁベテランだ)
「まあベテランですね」
(ほぉ〜)
「虫がたまに出るんで、虫除けとか持ってました」
観客「(笑)」
(映画館で虫出るの?)
「はい。結構ね、あのゴキブリさんとか、」
観客「へぇ〜」
「あのいらっしゃって」
(へぇ〜)
「はい」
(じゃぁ映画館行く時は、)
「はい」
(その虫除けと)
「はい」
(クッションを持って行く)
「持って。自転車カゴに積んで、観に行ってました」
(行くの(笑))
「で結構目当てじゃ無い方の映画が面白かったりするんですよ」
(うんうんうん)
「で、それをビデオじゃ無くて劇場で見たってのが凄く貴重な体験だな〜と思って」
(へぇ〜)

(映画館に、こう、で見る秘訣って)
「はい」
(ある?)
「あの、これは父いわく何ですけど」
(うん)
「右利きの人は、」
(うん)
「あの利き目っていうのあるんですね、目にも」
(うんうんうん)
「右利きの人はセンターから、ちょっと右、3列ぐらい右の席の、」
(うん)
「中央よりちょっと前め。の席が、一番見やすいんです、この???とき」
(真ん中にちょっと大きめの通路、通路があるよね)
「はい、挟んで、」
(それの前、3列?)
「そうですね。そうですね、十字があったらセンターを、この辺ですかね」
(へぇ〜)
「左利きの方は、その反対」
(左利きの方はその反対っていう事?)
「はい」
(はぁ〜)
「僕はそこをめがけて、まずその扉が開いたら」
観客「(笑)」
「昔はですけど」
(そこに行く)
「今だと指定なので「あ〜この辺にしようかな」と」
(それ持って、)
「そうです、」
(クッションと虫除けを持って)
「はい」
観客「(笑)」
(????)
(スカイツリーから東京タワーへと電波切り替え時の障害でエラー。通常は0.何秒
という時間の障害で済んでいましたが今日は1.2秒ほど途切れてしまいました)

(食べ物は何か)
「僕はね、鮭とばが好きで」
((笑))
「あのポップコーンとかって結構、まあ、」
(鮭、鮭とばも)
「はい」
(硬いやつとソフトなやつあるよ)
「あっあのですね、僕皮の、硬〜い部分が好きで」
(うん)
「あれをゆっくり、」
(か、皮って)
「はい」
(あれ噛めないよ、あれ皮)
「あれをゆっくり唾液で溶かすっていう」
観客「(笑)」
((笑)ああそう?)
「映画見ながら」
(鮭とば)
「あれが好き」
(映画館に鮭とば売ってんの?)
「売ってないので持ち込むんです」
(はぁ〜)
「鮭とばを」

(それと後は?鮭とばだけで良い?)
「あとね、たまごボーロ」
観客「(笑)」
「たまごボーロもサクサク食べてしまうとやっぱり周りに人に迷惑なんで」
(うん)
「まあ唾液で溶かす」
((笑))
観客「(笑)」
(あれさ、たまごボーロ俺好きだけども)
「はい、美味しいです」
(あれ、唾液で溶かしたときにちょっと熱持たない?プッって)
「あっ、何なんですかね?持ちます」
(持つね)
「はい」
(あれが俺好きなんだよね)
「確かに」
(ポワッと温かくなるよね)
「なりますね」
(あれ何なんだろうね?)
「何なんですかね?」
(あ〜俺たまごボーロ好きなんだ)
「あ〜そうですか」
観客「(笑)」
「今、」
(まるっきり(観客からは)、)
「はい」
(ご賛同得てない)
「あっホントですね」
観客「(笑)」

斎藤 工さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(あっじゃぁ百分のXアンケート行きましょう)
「あっ、ええとあの、」
(え〜ピタリ賞、前後賞もあります)
「はい。私はですね、」
(ええ)
「あの洗濯機が無いんです、自宅に」
観客「へぇ〜」
(無い?)
「無いんです。手洗いと、」
観客「へぇ〜」
(手洗い?)
「コインランドリーで何とかしてるんですけど」
(何で?嫌いなの?)
「いや何か、コインランドリーとかで、触れ合う地元のオバチャンとかと凄い
仲良くなって」
(あ〜)
「何か便利になると、あの人と会わなくなったりするんですよね」
(外出なくなるんだ)
「そうなんですよ」
(はぁ〜)
「無しでもね、いけるんじゃないか?と思ってやってるんですけど」
(ええ)
「自宅に、」
(うん)
「洗濯機が」
(無い?)
「無い方」
観客「え〜!」
「あ〜そんな感じ?」

(100人中何人いるかね?)
「ちょっと今日顔ぶれを見て、あの決めようと思ってたんですけど」
(あ〜)
「観客「(笑)」
(何人いますか?)
「3人ぐらい」
観客「え〜!」
(自宅に洗濯機が無い、3人、スイッチオン)
「はい」
自宅に洗濯機が無いと言う人・・2人
(お〜惜しい)
観客「あぁ〜」
(まあ前後賞あります)
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
(あ〜、いますね)

二度目のCM明け

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
斉藤「はい」
トム・クルーズさんの写真が表示されました
観客「え〜!」
観客「え〜」
斉藤「すみません、今日の方」
((電話を渡され)トム・クルーズなの?これ)
観客「(拍手)」
(トム・クルーズ出てる?)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
トム「はい」
(ハイ、トム?)
トム「はい」
(ハイ)
観客「え〜!」
(ディス・イズ・タモリ・スピーキング)
観客「(笑)」
トム「??? speaking.How are you」
(サンキュー、ファイン、???)
トム「グッド」
(あ〜)
斉藤「(笑)」
トム「(笑)」
((笑)(英語))
トム「いいとも」


明日のゲストは トム・クルーズさん




見抜け!おいくら万円ランキング
進行役・中居正広、久代萌美
解答者・タモリ、三村マサカズ、大竹一樹、澤部佑、ローラ


金額のランキングを当てるクイズ

今回のテーマ
 「セレブ妻 夫の年収おいくら万円?」
  (夫の年収順に並べます)

今回の金額
  5位・年収140万円
  4位・年収2500万円
  3位・年収3000万円
  2位・年収4000万円
  1位・年収1億円

選択肢
 「1番・49歳女性
   ・結婚歴21年、子ども3人
   ・1ヶ月の美容代 最大10万円
   ・車の所有台数 2台
   ・行きつけのデパート 日本橋三越
   ・思い出のプレゼント ダイヤのピアス

 「2番・24歳女性
   ・結婚歴1年、子ども0人
   ・1ヶ月の美容代 5万円
   ・車の所有台数 8台
   ・行きつけのデパート 京都大丸
   ・思い出のプレゼント ポルシェ(1000万円相当)

 「3番・44歳女性
   ・結婚歴15年、子ども3人
   ・1ヶ月の美容代 1万円
   ・車の所有台数 2台
   ・行きつけのデパート アウトレット系
   ・思い出のプレゼント サプライズの指輪

 「4番・48歳女性
   ・結婚歴23年、子ども2人
   ・1ヶ月の美容代 2万円
   ・車の所有台数 4台
   ・行きつけのデパート 池袋東武百貨店
   ・思い出のプレゼント ブルガリの指輪(70万円相当)

 「5番・31歳女性
   ・結婚歴4年、子ども1人
   ・1ヶ月の美容代 3000円
   ・車の所有台数 無し
   ・行きつけのデパート 新宿伊勢丹
   ・思い出のプレゼント カルティエの指輪(10万円相当)

順位解答正解
5位5番の30歳女性○(夫は芸人(犬の心 池谷賢二さん))
4位4番の48歳女性×2位(夫は美容歯科経営の48歳)
3位3番の44歳女性○(夫は芸能プロ専務取締役兼映像製作会社社長の45歳)
2位2番の24歳女性×1位(夫はアパレル会社オーナー兼スーパー経営の49歳)
1位1番の49歳女性×4位(夫は介護施設経営の55歳)




グラデーションクイズ ○○家の一族
進行役・三村マサカズ
解答者・タモリ、中居正広、大竹一樹、澤部佑、ローラ、久代萌美
出演者・(下記)


ゲストの一族(家族、親類等)が順番に登場するのでゲストは誰なのかを
当てるクイズ。

1人目・父親の従兄弟(72歳/祖母の姉の子ども)
   正解者・無し
2人目・父親(67歳)
   正解者・無し
3人目・兄(40歳)
   正解者・大竹一樹

今日のゲスト猫ひろしさんでした




曜日対抗いいともCUP
「GW明けの曜日感覚をとり戻せ!」
曜日に関する問題(下記参照)が出題されるので、30秒間に何問正解
出来たかを競います。

解答者問題解答正解
澤部 佑  金曜日の2日前は?水曜
中居正広  木曜日の3日前は?日曜日月曜日
ローラ   日曜日の2日後は?金曜日火曜日
三村マサカズ月曜日の3日前は?木曜日金曜日
大竹一樹  土曜日の4日後は?水曜日
久代萌美  金曜日の2日前は?火曜日水曜日
澤部 佑  火曜日の3日前は?土曜日
中居正広  日曜日の4日前は?−−−

合計正解数・3問

月曜日 5問(3)火曜日 3問(5)水曜日 (1)
木曜日 (7)金曜日 (3)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
猫ひろしさん(○○家の一族/エンディング)






翌日へ進む
いいともニュースカレンダー74(2013年4月〜6月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る