今日のいいともニュース
2013年5月22日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
Perfume、noon boyz、生田竜聖


テレフォンショッキング
ゲストはPerfumeさん 昨日 谷原章介さん明日 和田アキ子さん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝はCD「Magic of Love」

花束は福山雅治さん、BEGINさん、aikoさん、中田ヤスタカ(capsule)さん
  ハリセンボンさん、KREVAさん、flumpoolさん、WEAVERさん、9nineさん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「???」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いしま〜す」
「よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
「こんにちは〜」
(???)
「どうも〜」
「わ〜」
((のっちさんの衣装に)ピラピラが付いてます)
のっち「はい」
あ〜ちゃん「そうなんです。のっちちゃんだけ、こういうガッタガタが付いてて」
かしゆか「ガッタガタが(笑)」
観客「(笑)」
(他はガッタガタ付いてない)
あ〜ちゃん「はい」
かしゆか「付いてないタイプです」
のっち「新曲の衣装で、ちょっとPVの中で」
あ〜ちゃん「そう」
(あ〜)

あ〜ちゃん「今日発売なんです、「Magic of Love」って曲が」
「はい、そう」
観客「(拍手)」
あ〜ちゃん「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
((花輪「Magic of Love」)これですね)
「はい」
(来てますよ)
「はい」
「はい」
あ〜ちゃん「この曲で、逆再生ダンスってのやりまして」
(逆再生ダンス?)
あ〜ちゃん「そうなんです、普通のダンスがこうあるんですけど」
(うん)
あ〜ちゃん「それを逆から踊るんです」
(え?)
3人で少しダンス披露
のっち「(笑)」
かしゆか「戻って行くんです、最初の方に向けて」
(お〜)
あ〜ちゃん「っていうので踊って、それを逆から再生すると普通に踊っとる様に
  見えるけど、」
(うん)
のっち「何か変」
あ〜ちゃん「ちょっと何か不思議な映像〜っていうやつ」
(ああそう?(笑))
のっち「はい」
(あ〜)
あ〜ちゃん「そういうPVを作りました、今回は。「Magic of Love」」
(じゃぁそれ丸々一曲逆から踊ってんの?)
のっち「サビの一ヶ所だけ」
あ〜ちゃん「うん」
(ああそう?)
のっち「はい」
あ〜ちゃん「はい」

(難しいでしょ?逆からやる)
「難しいですね」
「むっちゃ難しかったです」
「難しかった」
かしゆか「全然リズムも違うんですよね」
「うん」
(ああそうか)
かしゆか「普通に拍子が取れないんですよ」
(はぁ〜)
あ〜ちゃん「歌もおかしくなってピーコラピーコラヒャーヒャーみたいな歌が」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「それをこうず〜と見て「あ〜もう一回。あ〜もう一回」みたいな
  やつを。延々と見て」
(うん)
あ〜ちゃん「でもうその映像ね、見る様、見れる様になるまで大分時間かかって」
(何回もやりなおしたの?)
あ〜ちゃん「はい」
のっち「はい」
(大変だったね〜)
「(笑)」
「(笑)」
「ありがとうございます」
あ〜ちゃん「頑張った〜」
(おかけ下さい)
のっち「はい、ありがとうございます」
あ〜ちゃん「あ〜ありがとうございます」
「ありがとうございます」

あ〜ちゃん「うわ〜嬉しい〜」
((花束)いっぱい来てますよ)
あ〜ちゃん「お花たくさ〜ん」
「ありがとうございます」
「凄〜い」
あ〜ちゃん「ありがとうございます」
(aikoちゃんとかね)
あ〜ちゃん「あっ9nine」
(福山くん来てます、福山)
「福山さん」
「わ〜」
「ありがとうございます」
「お兄さん」
「凄いアミューズの、」
「アミューズ」
「アミューズ」
(ハリセンボンは友達、友達じゃ無いでしょ?)
「(笑)」
あ〜ちゃん「春菜ちゃんは、昨日も会って」
(会ってる?)
あ〜ちゃん「はい。「今日「いいとも」さん頑張ってね」って言ってくれとって」
(あ〜)
あ〜ちゃん「会えたら、」
(ちょいちょい広島弁が出るんだね)
「(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「はい」
(間でね)
あ〜ちゃん「はい。お花まで、大きいの」
のっち「凄い、ねっ」
「ねえ」
のっち「誰よりも大きいお花くれて」
あ〜ちゃん「ねえ、春菜ちゃんありがとう〜」
観客「(笑)」

(さっきあの出る前にみんなで唄ってた、何唄ってたの?あれは)
「(笑)」
あ〜ちゃん「あれは、「あいうえおの歌」です」
「(笑)」
(「あいうえおの歌」?)
あ〜ちゃん「「明日の赤ちゃん」
3人で「(歌) のっち「っていう」
2人「(歌)」
のっち「「あいうえおの歌」」
「「あいうえおの歌」っていう」
あ〜ちゃん「(歌)」
かしゆか「知らないですか?」
あ〜ちゃん「(歌)」
3人「(歌)」
観客「(笑)」
3人「(歌。最後が)あいうえお〜」
観客「(拍手)」
かしゆか「(笑)」
(あ〜)
あ〜ちゃん「知ってますね?皆さん知ってます?」
(それが「Magic of Love」?)
のっち「あっ違います」
かしゆか「これ違う」
観客「(笑)」
CMに入る曲が流れ出し
(あっ終わっちゃった)
「??」
あ〜ちゃん「早いよ〜」
「(笑)」
あ〜ちゃん「???」

CM明け

3人「(歌)」
かしゆか「かえってきちゃった(笑)」
観客「(拍手)」
((笑))
あ〜ちゃん「あ〜」
(そういうのが3ヶ月ぐらいでず〜とローテーションで流行るの?)
のっち「はい」
あ〜ちゃん「そうです」
(自分達で)
のっち「はい。移動車とか楽屋とかでずっと」
「うん」
(ずっと歌ってた?)
「はい」
かしゆか「合唱曲歌ってます」
あ〜ちゃん「歌詞とか検索、」
(それで後で歌ってるんです)
「うん」
「そう」
(初めて聞く曲で「何だろう?」)
「(笑)」
「(笑)」
(何歌ってるのか?)
「(笑)」
(まだ流行、流行る物も交替で来るの?これずっと)
あ〜ちゃん「うん、その時によって違います」
かしゆか「そうですね」
あ〜ちゃん「何か一時期はトランプにハマって。もう「大富豪って楽しい〜」
  ってなって」
((笑))
かしゆか「前回ココに出させてもらった時に」
(そうそうそう)
かしゆか「トランプにハマった話をして」
(そう、ハマってた話して)
あ〜ちゃん「あ〜そうそうそう」
かしゆか「そうそうそう」

(そう言えば3人で、あの人間ドックも3人で行ったの?)
あ〜ちゃん「「あっ」
のっち「あっ」
「そうなんです」
あ〜ちゃん「同じ時期に」
(同じ時期に)
「はい」
「はい」
(はぁ〜)
あ〜ちゃん「24、」
(何でも一緒にやるんだね)
のっち「(笑)」
かしゆか「そうですね」
あ〜ちゃん「(笑)何か、」
(初めて?人間ドック)
「初めてやりました」
「初めてでした」
(どう?どうだった?人間ドック)
のっち「もうまず胃カメラかバリウムかで」
かしゆか「そこなんですね」
のっち「凄い悩んで」
(あ〜)
のっち「怖いんです、やっぱ、両方」
かしゆか「うん」

(胃カメラはね、もう嫌だね)
のっち「あ〜ダメですか?」
かしゆか「ダメですか?」
(ダメダメ、こんなマウスピースくわえさられて)
「そうなんです、そうなんです」
「はい」
(ガーと入れるじゃん)
「はい」
「はい」
(あれがもうダメ)
あ〜ちゃん「え?あれ、それもパチパチって意識あるままやったんですか?」
(そう、だってもうその次からは、もうあの麻酔してくれって言って)
のっち「あっ」
あ〜ちゃん「あ〜」
「そう」
あ〜ちゃん「そう、今麻酔なんです」
かしゆか「そう、全身麻酔が出来るんです」
(そう何ですよ)
「で、」
(これ楽)
「うん」
かしゆか「受ける前に色んな人にリサーチして」
((笑))

かしゆか「私はバリウムが、こうゲップしちゃ駄目だっていうの聞いて」
(駄目駄目駄目)
「うん」
かしゆか「じゃぁ胃カメラにしようと思って、全身麻酔打って」
(うん)
かしゆか「胃カメラやったんですけど、全然へっちゃらでしたよ」
(そりゃ全身麻酔だから)
「(笑)」
観客「(笑)」
(そりゃ全身麻酔だから)
あ〜ちゃん「でもビックリしますね」
かしゆか「ホントに」
あ〜ちゃん「「はい、じゃぁ麻酔やります。(麻酔が効き、胃カメラ終了し麻酔が覚め)
  はい、これがアナタの胃です、これ????鳥肌状なってますけど、こちら
  ストレス性によるものですね。はい、でも若いんで大丈夫です。では、こちらへ」
((笑))
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「みたいな。もうホント、あっという間に」

(あれ麻酔って凄いよね)
かしゆか「凄いです」
あ〜ちゃん「うん」
のっち「へぇ〜」
(絶対に麻酔かからないぞと思ってこう、)
「(笑)」
かしゆか「麻酔してもらってるのに(笑)」
あ〜ちゃん「麻酔に巻けないみたいな(笑)」
(絶対俺は麻酔に負けない、絶対負けないぞ)
「(笑)」
(ポンポンと肩たかれて「何ですか?」「終わりました」「ええっ!?」)
「え〜(笑)」
観客「(笑)」
(「終わった〜?」なあ)
かしゆか「そうなんですよね、いつの間にか忘れてて」
(あれフェードアウトじゃ無いんですよ)
あ〜ちゃん「うん」
(ストン)
あ〜ちゃん「パンでパーンですね」
(そうそう)
かしゆか「ホントに」
あ〜ちゃん「うん」
かしゆか「そうなんですよね」
あ〜ちゃん「ねぇ〜ビックリして」

(全員みんな麻酔でやった?)
のっち「いや、」
かしゆか「(自分とあ〜ちゃんの)二人だけ」
のっち「もうホントに胃カメラが怖くて」
(うん)
のっち「もうその何かノドに何かが入るってのが」
(入る入る入る)
のっち「怖かったんで。私だけバリウムにしたんですよ、びびっちゃって」
(バリウムも苦しいでしょ?)
のっち「苦しかったです」
(あれあの、こう胃を膨らますんですよね)
のっち「はい」
(ゲップしちゃいけないんだよ)
のっち「そう」
(あれ気持ち悪いでしょ)
のっち「何かそうなんです、炭酸ガスみたいな粉飲んで」
(うん)
のっち「胃の中でそれが膨らむ様子を」
(膨らむんです)
「あ〜あ〜」
のっち「こう我慢しながら、あ〜膨らんでるけど我慢しながら、みたいな、めっちゃ
  くちゃつらかったです」
(そう、)
あ〜ちゃん「あれ遊園地みたいな、」
のっち「そう」
あ〜ちゃん「うぇ〜」やろ」
かしゆか「転がされるんでしょ」
のっち「膨らまされて転がされて」
「(笑)」
(何?)
「(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「???面白い」
((笑))
「(笑)」
のっち「もう大変でした」
「うん」

(それぐらいで、後、後はまあこうCTとか何かやる)
「あ〜」
(いいだけで)
あ〜ちゃん「でもそこの、人間ドックの人たち、もう凄いやっぱ慣れてらっしゃる方
  たちばっかりなんで、もう彼女、彼女にはマニュアルが出来てるんですよ」
(うんうん)
あ〜ちゃん「次こうやったらこうやってこうやってやる、こうやったらこうやって
  はい、こちらへどうぞ」みたのが」
(うんうん)
あ〜ちゃん「決まってて、だからもう意識も無いまま「()」みたいな」
((笑))
あ〜ちゃん「そういう感じで話しかけられてて。その中の一人で、何か心臓の何か
  ポンポンポンってやつを計るのを、人が」
かしゆか「心電図」
のっち「あ〜」
あ〜ちゃん「うんうん、吸盤くっつけるみたい、」
(あっくつけるやつ、そうそう)
「そうそう」
「はい」
(あるあるある)
あ〜ちゃん「「あ〜すみませんね、ではこちら吸盤です、こちら冷たい、冷たい、
  すみません、すみません、すみません、付けま〜す。付きました」」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「みたいな人がいて。「あ〜すみません、はい、了解了解了解、了解
  で〜す」ってなって」
((笑))
あ〜ちゃん「それで心電図見た時に、何かよく分からんエコーみたいなの」

(あっエコーでこうやってやる)
あ〜ちゃん「こう冷たい、」
(冷たい)
あ〜ちゃん「はい」
「あ〜」
(冷たい、ぬるぬるぬるって)
あ〜ちゃん「冷たいやつ」
「ジェルみたいなの」
あ〜ちゃん「その冷たいやつやって、でこうやって「はい、塗ります、塗りました
  ではね、ええと温かいこちらタオルなんですけれども、ええ、こちらとっても
  (厚いタオルを持ってる姿を再現)」
「(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「「こちら熱いです、熱いで〜す」って言われるんですけど、もう超
  冷たい」
((笑))
「(笑)」
あ〜ちゃん「冷たい」
「冷まし過ぎちゃう」
あ〜ちゃん「でそれを、タオル3回くらい使うんですけど」
(拭き取るのにね)
あ〜ちゃん「そう」
(うん)

あ〜ちゃん「で、それを3回目とか、もうその彼女はタオルが凄い熱いっていう
  意識が凄い来てるから」
(うん)
あ〜ちゃん「その扉を開けるときも「(様子を再現)」とかやって(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
あ〜ちゃん「「熱いです、熱いで〜す、熱いです、熱い、熱いで〜す」(覚ましすぎ
  身体に掛けられた時には)冷た〜い」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「そういう人もいて、やっぱキャラがみんなこう濃いですね」
(違う、じゃぁ)
「うん」
(そればっかりやってるから、そこはね。一日)
あ〜ちゃん「マニュアルでやってるから」
(うん)
あ〜ちゃん「そういう出てちゃ、出て来ちゃうんだなと」
(あのエコーも気持、何度もこうやるね)
かしゆか「そうなんです」
「はい」
かしゆか「同じとこ何回も」
(こうこう(様子を再現))
「(笑)」
「そうそうそう」
(こうやるよね)
「そういう」
「(笑)」
「そういう」
(何やって)
あ〜ちゃん「こうやってこうやってこうやって、こう、もう何かおちょくられとる
  みたいな」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「何遊んどる〜?みたいな」
(そう(笑)、あんなにこうやんなきゃいけないのかな?)

あ〜ちゃん「ね〜、何を見とるんですかね、あれ」
「ねえ」
あ〜ちゃん「中を見とる」
(あれ写るんです、ぞう、肝臓とか)
かしゆか「エコーで、そうですね、肝臓とか」
(写る)
かしゆか「内蔵の形とか見たりしてますよね」
(うん)
「う〜ん」
(だからこう、こうやったらスッと消えちゃうんで、何度もこうやって)
「あっ」
「へぇ〜」
「あ〜そこが」
(こっち、でこっち見て無いもんね、こっち画面見てるもん)
「あっ画面」
「(笑)」
あ〜ちゃん「そうそう、(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「そうでした、そうでした」
(そうだろ)
あ〜ちゃん「よう覚えとくですね〜ホントね〜。いや、一回しかまだ受けてないんで」
のっち「そうね」
あ〜ちゃん「全部が衝撃的で。うん」

(あれ麻酔、麻酔は、麻酔を覚ます薬を最後に打つらしいんだ)
「入れますね」
「そうなんです」
(入れるんだよね)
「うん」
あ〜ちゃん「スン入れてパンなってプーンなる時に、スッってこう、あの覚ますやつ
  入れるんですよね」
(覚ますやつがあるんです)
あ〜ちゃん「その覚ますやつは、でも一緒なんですよね」
(うんうん)
あ〜ちゃん「その一瞬でこの結果を言われるんで「これがアナタのです。こちらはい
  鳥肌状になってなす、こちらストレス性によるものです。はいでもこちら若いので
  大丈夫です、ではこちらへ」」
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
あ〜ちゃん「凄いビックリして」
(結構、結構気に入ってんじゃ)
「(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「ホント衝撃的だったんですよ。もうだから起き、それでまた寝ちゃうん
  ですよね、そのまま2時間くらい」
(それで、そうなの)
あ〜ちゃん「ねっ」

(で覚めたから、あの大丈夫かと思うと、)
「うん」
(駄目なんだよ、まだね)
「まだその麻酔の方が効いてる」
「そうそう」
(効いてて、で座って、ベッドから起き上がるけど大丈夫「いやあの車いす用意
  しましたから」って言われる)

「あ〜」
(「いや〜大丈夫。大丈夫」)
「(笑)」
(「いえ、乗って下さい」「大丈夫」でス〜とこう(よろめく))
「(笑)」
観客「(笑)」
(ねえ。「乗ります、乗ります、乗ります」)
あ〜ちゃん「(笑)そうなんですよ!ビックリして」
((笑))
あ〜ちゃん「うわ〜なって、バ〜ンなって「あれ?全然立てない」と思って。
  ビックリした。3人がかりでこうやって足バ〜なりながら(身体を持ち上げ
  られ足がブラブラしている状態)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「バ〜なりながらベッドでフ〜やって」
(そう)
あ〜ちゃん「ね〜」

(廊下ず〜とこう行く時に)
あ〜ちゃん「そう、そうですそうです」」
(俺。俺わざと、わざともうあの通行人俺と分かるじゃない)
「はい」
「はい」
(でこう車いす乗って、何とも無いの(意識が無い真似?))
「何で?」
「(笑)」
((笑))
「何で?」
(みんな物凄い驚いて)
「「どうしたんだろう?」」
(「タモリ大丈夫かな?」)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「面白い」
(翌日「いいとも」見てビックリしてると思うけど。「元気じゃん」)
「(笑)」
観客「(笑)」
あ〜ちゃん「「良かった、何だったんだろう」」
「面白い」
「面白い」
あ〜ちゃん「ビックリしただろうね」
かしゆか「ねっ」

(異常は無し?全員)
「はい」
「みんな」
「はい」
(まだ若いからね)
「もう健康体でした」
「???なくて、はい」
(あ〜)
あ〜ちゃん「全部もう若いけん大丈夫じゃ言われてね」
「(笑)」
(広島弁で言わないでしょ)
観客「(笑)」
(広島弁では言わないでしょ)
あ〜ちゃん「もう若いけん大丈夫よ〜言われて」
「うん」
(でも早い内からやったね)
「そうですね」
(俺4、最初40いくつ)
「あ〜」
「あっ、そうなんですね」
(やんなかった)
「24なんで、今」
「24」
「うん」
あ〜ちゃん「でも一緒に受けてる人は、50代60代70代の人たちばっかりで」
「うん」
(うん)

あ〜ちゃん「最初行ったときに、何かこういう、あの腸の検査を多分する人が」
(うん)
あ〜ちゃん「凄い量こう飲まなきゃいけなくれ」
(あれそう)
あ〜ちゃん「でも70代のお婆ちゃんだった、多分ホントに飲むのが大変で、」
(大変)
あ〜ちゃん「もう飲むのだけで、ホントに多分大変なんだと思うんです」
(うん)
あ〜ちゃん「私検査終わるときまでず〜とこうやってました(腰をスイング)」
「へぇ〜」
あ〜ちゃん「来た時もず〜とこうやってて」
「あっ飲んでから?」
あ〜ちゃん「飲んでから」
「あ〜」
あ〜ちゃん「多分落とそうと思って」
>
(あっ大腸検査やった?あれ飲んだ?あれ)
「やってないんです」
「やってないんですよ」
(あっあれ、あれは大腸検査する時は全部腸を洗浄するのに)
「うん」
(これくらいのボトル)
「うわ〜」
あ〜ちゃん「飲まなきゃいけない」
(このぐらいを2時間のウチに飲まなきゃいけない)
「2時間」
あ〜ちゃん「そうなんだ」
のっち「味あるんですか?」
(これがね、あの飲みにくいので、スポーツドリンク風に味付けしてあるんだけども)
「はい」
「あ〜」
(この味付けが気持ち悪い)
「(笑)」
観客「(笑)」
「あ〜」
「優しさが要らない」
(優しさが要らない)
「へぇ〜」
(これ、半分くらい飲めるけど、その後がまあ飲みづらい飲みづらい)
「へぇ〜」
あ〜ちゃん「どうやって飲んだんですか?それ」
(ん?)
あ〜ちゃん「それどうやって飲む?」
(コップに注いでこう飲む)
観客「(笑)」
「(笑)」

二度目のCM明け

のっち「一昨日、一昨日ぐらいから」
(ねえ)
あ〜ちゃん「何か一昨日、」
(うん)
あ〜ちゃん「バーの何か「いらっしゃ〜い」みたいな声で、」
かしゆか「(笑)ガサガサ」
のっち「ガサガサ」
あ〜ちゃん「もう朝ビックリして、がっさがさでビックリして」
(花粉まだある?え、そう言えばねクシャミ出るんだ、俺も)
かしゆか「飛んでます飛んでます」
(飛んでる?)
かしゆか「はい」
あ〜ちゃん「あれ花粉、花粉ですよ」
(はぁ〜)
あ〜ちゃん「タ〜ンですよね」
(ねえ)
かしゆか「タ〜ン」
あ〜ちゃん「タ〜ン」
(タ〜って出て来る)
あ〜ちゃん「もう?????ってなる」
((笑)そうか)
あ〜ちゃん「うん」
(無意識のうちに出て来る、これね)
あ〜ちゃん「はい」
「へぇ〜」
あ〜ちゃん「そういうやつが」

Perfumeさんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(それじゃ百分のXまいりましょうか)
「おっ」
かしゆか「あ〜」
(ピタリ賞真ん中で前後賞もありますよ)
「うわ〜」
「え〜」
あ〜ちゃん「これ当たった事無い」
(持って帰ってちょうだい)
あ〜ちゃん「うわ〜欲しい〜」
のっち「持って帰りたい」
かしゆか「Xになったんだよね」
あ〜ちゃん「うん」
(そうです)
あ〜ちゃん「だけん「何人か」いう事ですよね」
のっち「うん」
(そうですそうです)
「うん」
かしゆか「何する?」
あ〜ちゃん「やっぱりさ、」
「うん」
あ〜ちゃん「人間ドック」
かしゆか「うん」
のっち「うん」
あ〜ちゃん「じゃろ?」
かしゆか「受けた、「じゃろ」(笑)」
(人間ドックでやるか?)
のっち「そうかもね」

あ〜ちゃん「季節的にも多分人間ドックだと思うんですよ」
「うん」
(季節的に人間ドックってあるの?)
観客「(笑)」
かしゆか「何か、」
「あっ」
かしゆか「春とか、新入、」
「そうか」
(あ〜あ〜あ〜そういう事か)
あ〜ちゃん「しゃんさんが、身体が異常が無いかいうて調べるよね」
(うん)
かしゆか「と思う」
あ〜ちゃん「新宿の方行って、みんな」
観客「(笑)」
かしゆか「新宿の方で(笑)、みんな?大体新宿?」
あ〜ちゃん「うん」
(新宿の方でやるの?)
あ〜ちゃん「そう、それで、あっじゃ人間ドックで、バリウムの人結構聞くんで」
(うん)
あ〜ちゃん「胃カメラを、え〜今月って今何日だったっけ?」
かしゆか「5月?」
あ〜ちゃん「どうする?4月からにする?」
かしゆか「あっ、でも5月も半分以上経ってる」
あ〜ちゃん「じゃ5、」
のっち「5月」
あ〜ちゃん「5月に」
(うん)
あ〜ちゃん「胃カメラを、受けた人」
(うん)
のっち「あ〜」

あ〜ちゃん「100、」
(100人中)
あ〜ちゃん「人中、」
かしゆか「え〜?」
あ〜ちゃん「どうじゃろ〜?私ね、4人だと思うわ」
(4人?)
のっち「4?」
かしゆか「4?」
観客「(笑)」
「4かね〜?」
(4で行く?)
「4で行ってみる?」
(じゃぁ、)
「行ってみるか?」
のっち「それか今一番運あるかしゆかに任せるってのもあるよ」
あ〜ちゃん「そうですよね」
(運が良いの?)
かしゆか「運、え?良いんですか?」
のっち「運が良い」
あ〜ちゃん「運については、もうゆかちゃんがもう」
(凄いの?)
あ〜ちゃん「はい、たんまり持ってる」
かしゆか「(笑)持って無いです」
(かしゆかに)
「そうですね」
かしゆか「4?もうちょっといる気が」
「する?」
「する」

あ〜ちゃん「あっじゃぁそうしましょう」 かしゆか「6?」
(6?)
のっち「6(笑)」
「いや、」 のっち「ちょっとだけ」
「??」
「ちょっとだけ」
あ〜ちゃん「2人」
かしゆか「あ〜どうしよう?4だったら」
(6)
「あ〜」
あ〜ちゃん「ピタリ、ピタ〜リ、ピタ〜リ〜」
(5月に胃カメラを飲んだ事がある人)
かしゆか「6」
(6、スイッチオン)
今月胃カメラの検査をした人・・1人
「あ〜」
(あ〜)
「あ〜」
観客「あぁ〜」
かしゆか「ウソ〜」
あ〜ちゃん「凄い、百分の1じゃん」
のっち「1人〜」
あ〜ちゃん「1になった」
「うわ〜」
(全然駄目でしたね)
「1人だけ?」
のっち「1の時には出なかったのに」
((笑)ええ)
あ〜ちゃん「そう」
のっち「1になったら出ちゃった、1人か〜」
あ〜ちゃん「あ〜」
かしゆか「あれま〜」

(じゃ明日のゲストご紹介しましょう)
和田アキ子さんの写真が表示されました
「うわぁ〜」
(お〜)
観客「お〜」
「和田アキ子さん」
「和田さんだ〜」
生田アナ「もしもし、お世話になっております、フジテレビ「笑っていいとも」
  ですが、和田さんでいらっしゃいますか?」
和田「はい、そうです」
生田アナ「はい、少々お待ちください」
「おっ和田さんの声」
和田「はい」
「うん」
(もしもし)
和田「ハロハロ〜」
(あ〜)
「あ〜」
「(笑)」
和田「こんちは〜」
(和田さんでいらっしゃいますか?」
和田「はい、そうですよ」
(あ〜そうですか。明日、)
和田「見てました、「あ〜そうですか」って、ええ?)

「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

あ〜ちゃん「和田さ〜ん」
和田「何?」
(今、あっPerfume横にいます、ちょっと代わります)
和田「は〜い」
「あ〜」
「あっ」
あ〜ちゃん「いつも」
和田「あっこんちは〜」
あ〜ちゃん「あっこんにちは〜」
のっち「こんにちは〜」
かしゆか「こんにちは〜」
和田「お久しぶり〜」
「あ〜」
かしゆか「お久しぶりです」
あ〜ちゃん「いつもよくしていただきありがとうございます」
和田「あっ、いえ、とんでもな〜い」
あ〜ちゃん「ホントに」
和田「何か検査大変だったみたいだけど、私もこの間やったとこなの」
「あら」
「ホントですか?」
和田「うん、簡単だよ、あんなの」
「あ〜(笑)」
「(笑)」
「(笑)」
観客「(笑)」
のっち「勇気出る」
あ〜ちゃん「精進しま〜す」
和田「いや、でも何にも無くて良かったね」
「はい」
「はい」
あ〜ちゃん「ホントありがとうございます」
和田「うん」
あ〜ちゃん「あっあの、」
和田「ありがとう」
あ〜ちゃん「ありがとうございます」
和田「は〜い」

和田「もしも〜し」
(え?ちょっと聞こえなかったんです、人間ドック行ったんですか?)
和田「そう」
(へぇ〜造船所ですか?)
観客「(笑)」
和田「あのさ、」
((笑))
和田「タモちゃん、」
(はい)
和田「良いんだけど明日行くんだよ」
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
(そうか)
和田「良いのかい?そういう事言ってて」
(あ〜一応ココ暴力禁止なんですけど大丈夫ですか?)
「(笑)」
観客「(笑)」
和田「あのね、造船所式のやり方やってあげるから」
(あ〜(笑))
「(笑)」
和田「凄く何か、」
(じゃぁ明日お待ち申し上げて、)
和田「楽しみですよ、明日」
(お待ちしてます)
和田「お会い出来るの (はい、お待ちしてます)
和田「は〜い、よろしく〜」
(はい、よろしくお願いします)
和田「いいとも、「来ないの?」とか何か言ってくれ、」
「(笑)」
「怒られてる(笑)」
(失礼します)



明日のゲストは 和田アキ子さん




日陰サークルに太陽を!
進行役・トシ、生田竜聖
出演者・タモリ、太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー


マニアックすぎて注目を浴びていないサークル(大学、専門学校、会社など)が
登場しプレゼンする企画。

今回のサークル
「東京工業大学サイクルサッカーサークル」(男性3人が登場)
   (自転車に乗って行うサッカーのサークル)
  創立・1967年
  部員・約20人
  活動・週に2〜3日、自転車とボールを使った基礎的な練習や試合
  悩み・知名度が低く部員が集まらない。
     活動している大学が少なく(関東に2校、大阪に4校程度)
     練習試合が出来ない。
  プレゼン・3人で実演した後、タカさんがキーパーになりボールを
     受けたり、パンサー尾形さんが体験したりしました。
  審査結果・いいとも認定サークルに認定され活動資金3万円獲得





気づいてホメて!ちょっと便利になりまし大賞!
進行役・トシ、生田竜聖
解答者・タモリ、太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
出演者・テーマの物の開発関係者


便利になっているのに、そのありがたさに気付かれていない物の
開発者が登場するので、ヒントをもとにそれが何かを当てるクイズ

今回の開発者・製品の関係者男性

ヒント
 1「これのおかげでゴミがかさばらなくなった」(太田さん正解)
   2009年発売。発売から約3ヶ月で1億本突破した。
 2「苦労した点は耐久性はそのままに従来の40%軽量化した事」
   バネ構造と五角形構造で強度を補強した。
   ・ボトルの真ん中がくびれた形になっているバネ構造で上からの
    圧力に耐える。
   ・3つの五角形を互い違いに組み合わせて強度を保った
 3「ブランドコンセプトは「絞る」というアクションを通じ
  エコを身近に感じてもらう」

正解「しぼれるペットボトル(「い・ろ・は・す」)」
   (日本コカ・コーラ株式会社技術本部パッケージマネージャー)






漫画みたいな写真を撮ってみよう!
進行役・生田竜聖
出演者・タモリ、太田光、トシ、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー


漫画の一コマのように見える写真をレギュラー陣が協力して撮影
するという企画

今回は巨人の叫びに人間が「キャー」と言って耳を手で塞いでいる写真に
チャレンジしました。「キャー」の部分は3つの文字を実際に飛ばして
撮影をしました。

撮影担当・スタッフ
巨人担当・タモリ
飛ぶ担当・他出演者

2回撮影し2回ともやや不完全でした





曜日対抗いいともCUP
「もうすぐダービー ふいてふいてふきまくれ!
 エアージョッキーレース」

空気入れと繋がったチューブをレール状に敷いた中にボールがあるので、
空気を送ってボールをコース一周させるゲーム。

参加者・太田光、トシ、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー尾形

結果・19.25秒

月曜日 19.49秒(3)火曜日 22.40秒(6)水曜日 19.25秒(1)
木曜日 19.61秒(8)金曜日 (3)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー74(2013年4月〜6月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る