今日のいいともニュース
2013年5月31日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、バナナマン、劇団ひとり、木下優樹菜
E-Girls、高橋真麻、クリス・ハート、安河内哲也、
オースティン・マホーンnoon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストはE-Girlsさん 昨日 岩城滉一さん月曜 徳永英明さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は渡辺いっけいさん、RIKACOさん、東京プリン伊藤洋介さん
  EXILE HIROさん、EXILEさん、上戸彩さん、佐田真由美さん
  長谷川潤さん、松浦勝人さんなどから届いていました。

E-Girlsさんは全メンバー28人中16人で登場しました。
申し訳ありませんが発言者表記は一部のみです。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いしま〜す」
観客「(拍手)」
(あ〜)
「こんにちは」
「お願いしま〜す」
(こんにちは)
「よろしくお願いします」
(こんにちは、こんにちは)
「はい」
「あっじゃぁ、」
「すみません」
(こんにちは)
「お願いします」
((まだ続々と登場してきていて)うわぁ〜まだ)
「凄い」
(凄い)
「(笑)」
「お願いします」
(よろしくお願いします)
「嬉しい」
「凄い」
「タモリさ〜ん」
「タモリさん」
(よろしくお願いします)
「よろしくお願いします」
「お願いします」
「お願いしま〜す」
「お願いします」
(まだ入って来る)
「はい」
「はい」
「これで、はい、全員です」
「16人います」
(凄いね〜)
「あ〜」
(よろしくお願いします)
「よろしくお願いします」
「よろしくお願いします」
「お願いしま〜す」
観客「(拍手)」

(どうぞどうぞどうぞ)
「あっココはタモリさんの席だから」
(そうそうそう、俺)
「(笑)」
「???」
観客「(笑)」
(俺の席に座ろうとした)
「(笑)」
「(笑)」
「間違えちゃいました」
「すみません」
「はい」
「はい」

(本当は何人なの?)
Ami「ええと今は28人います」
「はい」
「はい」
(うわ〜)
「はい」
Ami「の中の16人で来ました」
「はい」
(28人でじゃぁ移動する時ある?)
「あります」
Ami「ありますあります」
「もう、」
(ええ?)
Ami「その時は、大型バスを借りて」
(そうだよな)
Ami「ええと東京から大阪までとかは、大体バスで移動します」
「うん」
Ami「はい」
(うわぁ〜)
Ami「そうなんです」
「(笑)」
「(笑)」

E-Girlsさんを紹介するパネル登場
EXILEの意志を受け継ぐガールズ・エンタテイメント・プロジェクト
E-Girls
2011年「夢を持った女の子達」というコンセプトのもとデビュー
現在総勢28名のメンバーが所属
3rdシングル「Follow Me」はオリコン初登場2位、MV動画の再生回数が
  1000万回を超えるなどパフォーマンスも話題に。

(あっ(パネルが)ありますね)
「はい」
「はい」
「はい」
(え〜2011年、夢を持った女の子達というコンセプトのもとにデビュー。
  あっ書いてある、総勢28名)

「はい」
「はい」
「そうです」
(オリコン初登場2位です)
「はい」
(へぇ〜。再生回数1000万?)
「はい」
「はい、そうなんです」
「そうなんです」
(凄いね)
「ありがとうございます」
「(笑)」

(これ全部オーディションで選ばれた?)
Ami「これはオーディションだったり、」
(うん)
Ami「後は何か、」
「うん」
Ami「それぞれスクールに通ってたりとか」
(ああそう?)
Ami「はい、色んなとこから来た」
(へぇ〜)
Ami「はい」

(28人で移動したらどうなるの?)
「(笑)」
「(笑)」
Ami「もうホントに、」
「??ない」
Ami「人数が多すぎて」
(うん)
Ami「もうあの移動の時とかも、あのパーキングも」
(うん)
Ami「みんなトイレのタイミングが違うんで」
「(笑)」
Ami「2時間に1回ぐらい、」
「(笑)」
Ami「しょっちゅう」
「バスが停まります」
Ami「しょっちゅう停まるんですよ」
「はい」
((笑))
Ami「何で凄い色々大変で」
(あっ大変だろうな〜(笑))
Ami「はい」
「(笑)」
「はい」

Ami「楽屋とかでも、おトイレ行く時は「トイレ行ってきます」って
  必ず言わないと、誰かがいなくなっちゃったりとか」
「そう」
(あ〜)
Ami「誰がいないかも分かんない」
(誰がいないか分かんないんだ)
「分かんない」
Ami「そうなんです」
「はい」
「はい」
Ami「何でもう最近は、マネージャーさんもちょっと面倒くさくなって
  来たのか」
(うん)
Ami「「はい、いない人」って言って、訳の分からない聞き方をして来る
  んですよ」
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
(実際乗り遅れていなかった事はあるの?)
「それは」
Ami「それはギリギリ無いんですけど」
「まだ無い」
「無い」
(うん)
Ami「毎回3回ぐらい点呼をし直して」
(うん)
Ami「「はい、大丈夫」って言って出発しますね」
「はい」
Ami「はい」
(大変だね〜)
「(笑)」
(これね、28)

(何で28人もこう、大人数やったの?)
「(笑)」
「(笑)」
Ami「何か元々、Dream、Happiness、FLOWERっていう3組があって」
(あ〜あ〜)
Ami「はい」
「はい」
Ami「そのみんなで「じゃぁ合同で何かやろうか」っていう集まりが、
  E-Girlsの始まりだったんですけど」
(はぁ〜)
Ami「そこに今はもう色んな所から、はい、入って来たりとか」
(うん)
Ami「してるんですよ」

(ダンス激しいんだよね〜)
Ami「そうなんです」
「???ですよ」
KAREN「もう激しすぎて、あの衣装のパンツの、」
(うん)
KAREN「この後の部分がビリッって破けちゃったりとか」
「(笑)」
「そうなんです」
KAREN「しちゃって」
「くつ、」
(良いグループだね〜)
「(笑)いや、」
「(笑)」
観客「(笑)」
Ami「いや、そういうやらしい感じでは無くて」
「はい」
Ami「ホントに大変なんですよ」
KAREN「大変ですね」
Ami「「あっあの子がズボン破れてる〜」ってなって」
「(笑)」
Ami「そうすると、その子がはけるじゃないですか。そうするとパフォー
  マンス出来ないんで」
(出来ない、どうする?)
Ami「その間はもうM.Cで何とか」
「もう必死」
Ami「繋いで」
(喋りで繋ぐの?)
Ami「はい」
「はい」
(はぁ〜)
Ami「もういつも結構大変です」

(パッツンパッツンだったの?それ)
「そうなんです、結構」
「そうなんです」
「何か、」
(へぇ〜)
KAREN「下にしゃがむフリとかで」
Ami「うん」
KAREN「結構」
(あ〜)
KAREN「ピリッといっちゃったり」
「うん」
(激しいと破れるよね)
「はい」

Ami「何か衣装問題が凄い多くて」
「うん」
Ami「E-Girlsの場合は」
(どう、)
Ami「まあその衣装が破れるって事もそうなんですけど」
(うん)

Ami「後は何か、こう大人数、メンバーがいるので、衣装があんまりこう
  コロコロ変えられないんですよ」
「うん」
「そう」
(うん)
Ami「なんで、何か衣装のタイミングがいつも真逆で」
(うん)
Ami「真夏に、長いジャケットの衣装着て」
「(笑)」
「(笑)」
Ami「真冬にノースリーブ、短パンでお腹出してとかの、でやるんですよ」
鷲尾「お客さんにも心配されるぐらい」
「うん」
「そう」
「うん」
鷲尾「唇真っ青になりながら(笑)」

(何、何で?)
「何か、」
(マネージャーに言ったの?)
Ami「そうです、毎回、」
「(笑)」
鷲尾「はい、言ってます」
Ami「もう毎回そうなんで、」
(うん)
Ami「そろそろ冬用のを、作って下さいって」
鷲尾「はい」
Ami「夏ぐらいに言うんですけど、毎回なんかマネージャーさんタイミングを
  間違って」
KAREN「そうなんです」
Ami「あの 鷲尾「逆ですよね〜」
Ami「ライブとかでも、もうお客さんがパフォーマンスを見てもらうっていう
  よりも、」
「うん」
Ami「「みんな大丈夫?風邪ひかない?」みたいな」
KAREN「心配してくれる」
「(笑)」
「はい」
(真冬にノースリーブでへそ、へそ出してる)
「はい」
「はい」
「そう」
(寒いだろ?)
Ami「もうみんなこんなガタガタで」
「もう??」
鷲尾「鳥肌です」
「はい」
Ami「はい」

(真夏はそれでジャケット着てんの?)
「はい」
Ami「そうなんです」
「逆なんです」
Ami「フラフラな状態」
(もっと言った方が良い、マネージャー)
「(笑)」
「お願いします」
「お願いします」
「お願いします」
「お願いします、マネージャーさん」
「(笑)」
(マネージャー手際悪い。何か狙いがあるんじゃないか?)
「あ〜」
Ami「え?」
「あ〜」
Ami「そうなんですかね?」
(あんまり多いんで辞めさせようとしてんじゃないの?)
「いえいえ」
「え〜!?」
「え〜?」
「それは無いですよ」
「(笑)」
(え?)
「いやですよ〜そんな」
(耐えられない様な奴辞めてけっていう)
「怖い」
「え〜」
Ami「でも厳しい世界だな〜と思いますね」
「はい」
「はい」
(厳しい?)
Ami「はい」
「(笑)」
(はぁ〜)
「厳しい」
「そうですね」

(座ろうか?)
「そうですよね」
「すみません」
「あ〜」
「お願いします」
Ami「後の子が見えなかった、ごめんね」
「失礼します」
「ごめんなさい」
(あ〜(花束)いっぱい来てるよ)
「Ami「あ〜ありがとうございます」
「あ〜」
「あ〜凄〜い」
「凄い」
「ありがとうございます」
「凄い」
Ami「嬉しい〜!」
(こっちも来てますよ)
「うわ〜」
「あ〜」
「凄〜い」
(え?上戸彩ちゃん)
「凄い」
「え〜何これ?」
「可愛い」
(あっもちろんEXILE来てますよね)
「はい」
「ありがとうございます」
「ありがとうございます」
「ありがとうございます」
(EXILE一族という事なるんだよね?)
Ami「そうですね」
「そうですね」
「はい」
「(笑)」
(ねえ)

(あっ(花輪)HIRO来てます)
「HIROさん」
「デカ〜イ」
「大きい〜」
「ありがとう、凄い」
「凄〜い」
(ねえ)
「大きい」
「ありがとうございます」
「一番大きい」
「大きいですね」

(元zooで一緒だったんだけどね)
「え?」
観客「(笑)」
「(笑)」
「(笑)」
「そうだったんですか?」
(うん)
「知らなかった」
「初めて知り、」
「初耳です」
「初耳だ〜」
(昨日言わなかった?)
「はい」
「知らないです」
「知らないです」
(HIRO、KAZUって言われて)
「(笑)」
「HIRO、KAZU」
「知らなかった〜」
(ちょっと方向性の違いで、俺ケンカなって辞めちゃって)
「(笑)」
観客「(笑)」
「見てみたいですね〜」
(お笑いの方にこう)
「今度聞いとかなきゃ」
「凄〜い(笑)」」
「はい」
「うわ〜」

(それから俺ジャニーズ・シニアの方に)
「(笑)」
「あ〜」
観客「(笑)」
「なるほど」
「大移動」
(大移動して)
「はい」
(Hey! Say! JUMPの後で踊ってた)
「え〜?」
「凄い」
「最近ですね」
「??凄い」
(若作りして)
「(笑)」

(食事とかどうなんの?これ28人いて)
Aya「もう絶対にお弁当ですね」
「うん」
「はい」
Aya「地方に行っても、ホテルに入ったら」
(うん)
Aya「みんなお弁当を配布されるんです」
「はい」
Aya「で部屋でみんな食べたりとか」
(ホテルの部屋で弁当食べる)
Shizuka「はい」
「はい」

Aya「あっ、タモリさんに私質問があるんですけど」
(あ〜いいです)
「おっ」
「うわっ」
Aya「あの結構私、あの一番年上で」
(うん)
Aya「メンバーをよく家に呼んで、ご飯を作ったりするんですけど」
Shizuka「うん」
(うんうん)
Aya「大人数の料理が凄い大変で」
「うん」
Aya「タオリ、タモリさん凄い料理を作るのが得意って、」
(28人なんか作った事無い)
「(笑)」
「(笑)」
観客「(笑)」
「そりゃそう、」
(28人、)
CMに入る音楽が鳴り出していて
「あ〜」
「あ〜」
「(笑)」

CM明け

(28人、あの全員仲悪いでしょ?)
「いえいえ」
「いえいえいえ」
「いえいえいえ」
「仲良いですよ」
「良いです」
「良いです」
「はい」
(いやいや、????って、これだけ揃って)
「良いです良いです」
「良いです」
((Amiさんに)ケンカ、誰が一番嫌いなんだ?)
Ami「ええと、」
「(笑)」
「(笑)」
「???」
Ami「いないです、いないです」
(何か歪みあるでしょ?)
「(笑)」
「無いです」
Ami「いや、でもホントに年齢差が凄いあるので」
「うん」
Ami「何かもう部活みたいな感じで」
(一番年上は誰?)
Ami「年上は Aya「Dreamが、」
Ami「はい」
Aya「25歳」
Shzuka「25ですね」
Ami「はい」
(一番年上で25?)
Aya「はい」
Shizuka「はい」

(一番年下はいくつ?)
Ami「15?」
「15歳、4歳とか」
「はい」
坂東「もう一個下にいるんですけど」
(15歳?)
坂東「はい」
山口「はい」
(え?15歳という事は何だ?)
「高校1年生」
「1年生」
「はい」
山口「はい」
(高校1年生?)
坂東「はい」
山口「はい」
(随分昔の話だな、俺)
「(笑)」
「(笑)」
観客「(笑)」
(何やってた)

E-Girlsさんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(あっ百分のXアンケート)
「あ〜」
「おっ」
(ピタリ賞、)
「あ〜」
(これピタリ賞全員行きます)
「欲しい」
「欲しい〜」
「欲しい!」
「欲しい」
(前後賞もあります)
「いや〜」
「欲しい〜」
「前後賞もあるんだ」
(何行きます?)
Ami「ええと、色々考えて来たんですけど」
(うん)
Ami「ええと今日ココにいるメンバーの、それこそ今話してた年齢差が」
「うん」
(うん)
Ami「25歳から15歳で10歳あるんですよ」
(うんうんうん)
Ami「なんで、」
(うん)
Ami「何かこの中にいる人で、」
(うん)
Ami「あの年齢差が10歳ある、兄弟がいる人」
(あ〜)
「あ〜」
Ami「はい。え〜どうだろう?」
「え〜?」

(100人中、)
「え〜どうだろう?」
「いない、」
(100人中何人いる?)
「いて下さい」
「どうなんだろう?」
Ami「2人ぐらいいるかな?って思ってたんですけど」
(2人いってみる?)
「2人」
(10歳、いってみる?)
「いるかな〜?」
「いや〜」
「10歳」
鷲尾「意外とでもいらっしゃるかも知れないです」
「10歳差、」
Shizuka「はい、10歳で行きましょう」
Ami「10歳2人」
(10歳差)
Ami「10歳以上、10歳以上ある人」
「あ〜」
(10歳以上の)
「はい」
「うん」
「良いですね?」
(離れた兄弟姉妹がいる)
「はい」
(2人)
「はい」
(スイッチオン)
「お願い」
「お願いします」
「お願いしま〜す」
「お願い!」
「お願い」
「お願いします」
「うあ〜」

10歳以上年の離れた兄弟姉妹がいる人・・12人
「え〜?」
(え〜?)
「え〜?」
「ウソ〜?」
「メッチャいる(笑)」
「ウソだ」
(凄い)
「こんなに?」
「ウソ〜?」
「絶対ウソだ」
(え〜?)
「ホントですか?」
(ホント?)
「こんなに?」
「全く惜しくもないじゃん」
(両親凄いね、頑張ってるわ)
「凄い」
「凄い」
「え〜」
「凄〜い」
「こんなに」
「ビックリ」

(じゃぁ来週月曜日のゲストご紹介しましょう、この方です)
徳永英明さんの写真が表示されました
(お〜)
「お〜」
観客「お〜」
「お〜」
観客「(拍手)」
「凄い」
三田アナ「徳永さんでいらっしゃいますか?」
(徳永くん久しぶりです)
三田アナ「もしもし。もしもし?「笑っていいとも」です」
徳永「あっ、はい」
三田アナ「タモリさんに代わります」
徳永「こんにちは」
(久しぶりですね)
徳永「...........」
(もしもし)
徳永「こんにちは」
(お久しぶりです)
徳永「お久しぶりで〜す」
(来週の月曜日「いいとも」大丈夫ですか?)
徳永「はい、いいとも」


月曜日のゲスト 徳永英明さん




英語禁止カラオケ 脳をくすぐる脳カラ
進行役・タモリ、三田友梨佳
解答者・関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、日村勇紀、木下優樹菜、
    ゲストの高橋真麻さん
審査員・東進ハイスクール英語講師の安河内哲也さん
出演者・ゲストのクリス・ハートさん


カラオケが流れるので英語の歌詞を日本語に訳しながら歌う
というコーナー

今回の曲「翼の折れたエンジェル」(中村あゆみ)

1・草なぎ剛
  歌詞「ドライバーズ・シート」→訳詞「車の席」○(模範解答は
     「運転席」)
  歌詞「ワイパー」→訳詞「ガラスを棒で水でやるやつだよ
     (ゼスチャー付き)」○(模範解答は「雨避け機」)
  歌詞「ハリケーン」→訳詞「(唄えず)」×(正解は「嵐」)
2・劇団ひとり
  歌詞「I love you」→訳詞「愛してる」○(正解は)
  歌詞「ハイウェイ」→訳詞「高速道路」×(正解は「幹線道路」)
3・木下優樹菜
  歌詞「Thirteen」→訳詞「30歳」×(正解は「13歳」)
  歌詞「Fourteen」→訳詞「40歳」×(正解は「14歳」)
  歌詞「Fifteen」→訳詞「50歳」×(正解は「15歳」)
4・日村勇紀
  歌詞「Sixteen」→訳詞「16歳」○
  歌詞「Kiss」→訳詞「口づけ」○
  歌詞「Seventeen」→訳詞「17歳」○
  歌詞「Eighteen」→訳詞「18歳」○
5・関根勤
  歌詞「ヒーロー」→訳詞「英雄」○
6・高橋真麻
  歌詞「エンジェル」→訳詞「天使」○
  歌詞「エンジェル」→訳詞「天からの使者」○(模範解答は「天使」)
  歌詞「エンジェル」→訳詞「神の使者」○(模範解答は「天使」)

クリス・ハートさんが和訳された歌詞で歌披露

一番駄目だったと判定されたのは木下優樹菜さん
木下優樹菜さんはCMとCMの合間のスポンサー名表示中に和訳された
「翼の折れたエンジェル」を歌う罰ゲーム





見て美味しい!とびだせ!3Dキャラごはんコンテスト
進行役・草なぎ剛、タモリ
審査員・関根勤、劇団ひとり、設楽統、日村勇紀、木下優樹菜、三田友梨佳
    ゲストの高橋真麻さん、森崎友紀さん


指定されたテーマで作られた3Dキャラご飯のコンテスト。
優勝者は金一封獲得

今回のテーマ「春の運動会」

1人目
  ・キャラご飯暦7年
  ・今年の運動会は子どもが一等賞を取りました!
 タイトル「大玉転がし弁当」
      (普通のトマト1個を丸ごと使ってボールにして、
      それをピンクや茶色に色づけしたクマが転がして
      いたり、玉子サンドのメダルなどがある作品)

2人目
  ・2日かかりました
  ・スイーツ作りが得意です。
 タイトル「くまちゃん玉入れ」
      (イチゴなどをサンドしたスポンジケーキの上で
      マジパンで作った2組のクマが玉入れしていて、
      その背後にクッキーで作った校舎がある作品)

3人目
  ・キャラご飯暦11年
  ・娘をイメージして作りました。
 タイトル「がんばれ!!パン食い競争」
      (カニかまで作ったポール2本の間から手作りした
      パンがぶら下がっていてそれを取ろうとした女の子
      の正面から見た顔をご飯、カニかま(赤い帽子)
      はんぺん(歯)、海苔(髪の毛)で作った作品)

4人目
  ・丸一日かかりました。
  ・得意の太巻きを工夫しました。
 タイトル「お寿司だらけの大運動会」
      (2色のご飯で作った跳び箱(ゴマで段を表現)を飛んで
      転けてしまった子ども(身体はご飯、赤い帽子はパプ
      リカ)を作り、周りにカタツムリ模様や「いいとも」と
      書かれた太巻き、マグロを巻いた赤玉、イカを巻いた
      白玉まどが飾られた作品)

審査結果・4票獲得の4番の優勝(他は1番3番各2票)





緊急企画 すごいなぞなぞを持っている人SP
進行役・設楽統、三田友梨佳
解答者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、日村勇紀、木下優樹菜、
    ゲストの高橋真麻さん
出題者・劇団ひとり、他


第1問(出題者 31歳男性(3週連続の登場))
問題「年配の主婦がお出かけする時にお歌を作りました。なぜでしょう?」
   (正解者無し)
正解「わかづくり(若作り/和歌作り)」

第2問(出題者 22歳男性)
問題「中居正広、木村拓哉、稻垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。SMAP
   メンバーの中で一人だけ静かで何も喋らない人がいます。
   それは誰でしょう?」
   (草なぎ剛さん正解)
正解「草なぎ剛(草なぎさんにだけ名前の漢字の中に口が無い)」

第3問(出題者 劇団ひとり)
問題「どんな格好で夢を見るでしょうか?」
   (正解者無し)
正解「裸(夢ははかないから)」

来週も「なぞなぞ特集」となりました。





曜日対抗いいともCUP
「ペアdeボディ計算式」
1〜6の数字の書かれたTシャツを着た参加者と四則(+−×÷)が
書かれたパネルを合わせて、次々出題される数字に合うような
計算式を作って行くゲーム
(「6」が出題された場合は「1+5、1×6、2×3、2+4」など)

参加者・設楽統(1)、劇団ひとり(2)、関根勤(3)、草なぎ剛(4)、
    木下優樹菜(5)、日村勇紀(6)

正解数・5問

月曜日 5問(3)火曜日 5問(6)水曜日 6問(1)
木曜日 9問(8)金曜日 5問(4)優勝 木曜日
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
高橋真麻さん(脳カラ/3Dキャラごはん/なぞなぞ/エンディング)
クリス・ハートさん(脳をくすぐる脳カラ/エンディング)
森崎友紀さん(3Dキャラごはんコンテスト/エンディング)
安河内哲也さん(脳をくすぐる脳カラ/エンディング)
オースティン・マホーンさん(エンディング告知(日本デビューEP&イベント))






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー74(2013年4月〜6月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る