今日のいいともニュース
2013年6月6日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
真琴つばさ、板倉俊之、嗣永桃子、宮本和幸(ダックス。)
noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは真琴つばささん 昨日 中川翔子さん明日 大島優子&渡辺麻友さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は真矢みきさん、紫吹淳さん、湖月わたるさん、貴城けいさん
  中村獅童さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
「お願いしま〜す」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「お〜」
観客「(歓声)」
「お願いしま〜す」
(お久しぶり)
「お久しぶりです」
(??)
「こんにちは〜」
観客「(拍手)」
(???)
観客「(拍手)」
「あっ、ありがとうございます」
(細いですね)
「そう、薄べったいんですよ」
観客「綺麗」
「いや、ありがとうございます」
(昔からこの体型変わらず?)
「そうですね、あの自分でマッチ棒って言ってるんですけど。あの
紙マッチの方の」
((笑))
観客「(笑)」
「薄べったいんです、すみません」
(はぁ〜。太れ、太らない?食べても)
「あっそれなりに太ります、この二日間凄い食べ通しで」
(うん)
「結構今パンパンです」
観客「え〜」
(ああそう?)
観客「え〜!」
(それでこれ?)
「それなりにあるんです」
(へぇ〜。身長いくつ?)
「168なので、そんな高い方じゃ無いんです」
(へぇ〜)
「まあ中途半端な感じで」
(中途半端(笑))
「(笑)」

((花束)いっぱい来てます)
「あっありがとうございます。ああ、」
(ええ)
「「大和(新橋演舞場十月公演「大和三銃士」)」さん、あの何か、
何気にこう皆さん番宣も入ってますね」
(入ってます)
「はい、」
(完売御礼書いてあります)
「あっそうなです」
(色々、これ全部やるんですか?)
「そうな、これ(「THE ALUCARD SHOW」からの花束)何かコウモリの
形になってるって聞いたんです、分かんないですよね」
(あっ、)
「「ALUCARD」って」
(あっこれが?)
「はい。今度夏にやる、」
(ああ〜)
「舞台なんです」
(まあ言われれば、コウモリですよね)
観客「(笑)」
「そう、言われたら。よく分かんないんです」
(あ〜)
「でも「ALUCARD」って逆から読んだら「ドラキュラ」って読むんです」
(あっホントだ)
「何かドラキュラがたくさん出て来るらしい」
(へぇ〜)

(真矢、真矢さん来てます)
「あ〜ありがとうございます、もう皆さん宝塚の方」
(ヅカ関係の方)
「ありがとうございます。昨日真矢さんと」
(ええ)
「お食事ご一緒して」
(あっそうですか?)
「多分横でメール打ってらっしゃったのが「お花かな?」なんて
思って(笑)」
観客「(笑)」
「ちょっと期待しちゃったりなんか。ありがとうございます」
観客「(笑)」
「すみません」
(へぇ〜)
「そう」

(宝塚関係の人はいまだにやっぱり結びつき強い?)
「そうですね〜」
(食事したり)
「久しぶりに会ったりしても、またあの初めてでも、」
(うん)
「盛り上がりますね」
(ああそう?)
「話は」
(あれ宝塚辞めても、やっぱり先輩後輩ってのは厳しい、ちゃんとしてんでしょ?)
「もう〜墓場まで続きますね、きっと」
(絶対抜けない)
「あの自然と下級生根性なってしまうんです」
(ああそう?)
「何人かでエレベーター乗ると、」
(うん)
「「誰が最下級かな?」と思って「あっ自分だ」と思ったらもうボタン
押すとこ行って」
(ああそう?)
「押して、はい」
(へぇ〜厳しいですね)
「はい。たまにあのホテル行くとやってしまうんですが、」
(うん)
「ホテルのボーイさんが「僕は何したら良いんでしょう?」って立た
れるんですけど」
(あっ自分で、全部自分でやる?荷物持ったり)
「ボーイさんのためにも開けちゃうんですよ」
(へぇ〜)
「「これは違う」って言われて、そう」

(宝塚入った時は)
「ええ」
(とにかく、一つ上の人から怒られるらしいんですね)
「あのね、凄い」
(もう何、何やっても怒られるらしいですね)
「人の分まで怒られましたね」
(ああそう?)
「「あなたの顔を見てると」怒られ、「怒りたくなるのよ」って言わ
れて」
((笑))
観客「へぇ〜」
「何かあの、だから第一印象大切な夢の世界なので」
(うん)
「あっもうこういう顔はいけないんだなと思って」
(ああそう?つらかったですね、一年の時は)
「つらかったですね〜」
(徹夜で怒られるらしいんですよ)
観客「へぇ〜」
(うん)
「徹夜って言うか、会う度に怒られてる派だったので」
(うん、へぇ〜)
「そんなですね。でも体育会みたいな感じです」
(そうみたいなとこですね、あそこは)
「そう」

(最近、あっネコ、ネコちゃんは元気ですか?)
「あっ私これ7年ぶりなんですって」
(7年ぶり)
「怖いですね〜」
(ええ)
「つい最近みたいに。7年前に飼ってたネコちゃんが」
(ネコちゃんいましたよね)
「そう、亡くなっちゃって」
(あっ亡くなりました?)
「そうなんです」
(あ〜)
「でちょっと、あれ不思議ですね。あの、お家の中何にもいなくなった
途端に壁が気になるんです」
(ああそう?)
「壁がね、」
(ええ)
「「何でこんな大きいんだ」と思うようなって」
(ネコがいるだけで違う?)
「違う、ネコいると絶対下向くじゃ無いですか」
(あ〜)
「これが無くなると、目線って横に行くんですよ」
(うん)
「壁しか見えない訳です」
((笑))
観客「(笑)」
「「あっ壁汚い」とか思って」
((笑))

「で、今度その去年、ちょうどあのこのフジテレビの、」
(うん)
「で、あの昼ドラに出させていただくので」
(うん)
「お母さん役だったんです、小学校の」
(あっずっと見てましたよ)
「あっありがとうございます」
(うん)
「そうなん、で子どもいないので」
(うん)
「あっちょっとこれは、あの男の子のお母さんだから」
(うんうんうん)
「オスの子猫を飼おうと思って」
(うん)
「悩んだあげく、」
(ドラマのために飼ったんですか?)
「そう(笑)」
観客「(笑)」
(オスの子猫?)
「はい。それもあの、もう、一番可愛い時期をちょっと過ぎた4ヶ月ぐらい
だったんですけど」
(うんうん)
「ドラマ始まる4日前に飼ってしまいまして」
(へぇ〜)
「で、うん、でも癒してはくれるんですよ」
(うんうん)
「夜中帰って、もう2時、2時頃まで撮影して」
(うん)
「で帰ると、ポンとヒザの上にある日乗って来て」
(へぇ〜)
「で、首、バッってこう抱きかかえて、私の首元に顔を埋めてきた時に」
(うん)
「足の先からブワ〜って、何か湧き出てきて「これが母性本能だ」と思って」
((笑))
観客「(笑)」
「で、凄いあの感謝したんです」

(それ、珍しいですよ、そういうネコは)
「そうですか?」
(うん)
「で、違います?」
(いや、あのネコ、ウチに飼ってたネコで)
「ええ」
(抱かれるのが好きなのは一匹だけだったですからね)
「分かります」
(うん)
「だってそれやってくれるのは10回に1回ですもん、今は」
(あ〜)
「後の9回、ココ(首)噛むんです」
観客「(笑)」
((笑)へぇ〜)
「そうなの」
(あっそれで母性に目覚めた?)
「「あっこれが母性本能なんだ」と思って」
(ええ)
「で、何かあの、」
(それまで母性本能って感じた事無い?)
「全然無いですね(笑)」
観客「(笑)」
「分かんなかったですね」
(へぇ〜)
「で一人っ子なので、」
(あっ一人っ子なの?)
「兄弟いないから分からないんです。あっいとこが今80ぐらいなので」
((笑)いとこが80)
観客「(笑)」
(凄い上のいとこがいるね、それ)
「そうなんですよ、」
(へぇ〜)

「もう〜だからね、男の子に会って」
(ええ)
「撮影中に「よしっ、私は母の気持ち分かってるぞ」と思ったんだけど」
(うん)
「男の小学生って、ちょっとこれからこう思春期の前、何て言うんですかね?」
(うんうん)
「あの恥ずかしい、シャイな感じなので」
(うん)
「手繋いだココをね、たまにこう拒絶されるんですよ、最初の頃」
(へぇ〜)
「それが、」
(うん)
「ドラマの最後にはちゃんと手を握り合ってくれた時に、」
(うんうん)
「凄い感動して」
(また母性が?)
「母性がうわぁ〜と」
(うわぁ〜)
観客「(笑)」
「(笑)」
((笑)へぇ〜)

CM明け

(ネコちゃん名前なんていう?)
「アビシニアンのアビーです(笑)。時間が無くて」
(もうちょっと考えれば良いじゃ)
観客「(笑)」
「考、4日か無かったので、仕事までに。アビーになっちゃったん
ですよね」
(アビちゃん?)
「そうなんです。でもホント癒されて」
(うん)
「あの私去年に、12月にドラマの撮影他のがあった時に」
(ええ)
「脳しんとう起こしちゃったんですよ」
(え、なんで?打った?)
「あのドラマ撮影終わった後に、寒かったんですよ」
(うん)
「で、あのポケットに手突っ込んだまま、中に携帯カイロ入れといて」
(うんうんうん)
「たら、あの終わったとこ倉庫街で」
(うん)
「こうベニヤ板がこうそっと置いてあった(片側が上がった状態で置いて
あった)。ココ(上がった部分)に引っかかって」
(うわ〜)
「こう何かあの、このまんま(両手を左右のポケットに入れたまま)、こう
やってペタンと落ちてしまって」
(はぁ〜)

「で「あっ、私人生で初めて気失う」って失ったんです」
観客「へぇ〜」
(え?気失う前に分かる?)
「分かったんです」
(へぇ〜)
「で、ホントにあのテレビがショート、ピューンってするみたいに、パーン
ってなって」
(うん)
「で、目覚めたら、この辺に人があの、ドラマで目覚めるとココに人がいる
じゃないですか(倒れた人の周りに人が集まり、上から倒れた人を見ている)」
観客「(笑)」
(こう、こういうカメラ目線)
「こん、こんな感じで。アングル、あっドラマそのまんま〜みたいな感じで」
観客「(笑)」
「「真琴さん!」って言われて」
(ケガ無かった?)
「ケガあの、ちょっと切っちゃったりしたんですけど」
(ああそう?)
「でもその後ちゃんと意識があって」
(うん)
「であの、次の日予約がしてあったのがあったんですけど」
(うん)
「「ちょっと脳しんとう起こして行かれません」っていうメールもして」
(うんうん)

「で、その後に私が「あれ?今日撮影終わったっけ?」って言いだしたら」
(うん)
「マネージャーが焦っちゃって。「これはダメかも」って事務所の社長にも
連絡して」
(うん)
「で自分もいけないと思ったんで、知り合いに電話したら、あの新宿の近くに」
(うん)
「あの医大の病院があると」
(うんうん)
「「そこ行きなさい」って言われて」
(うん)
「じゃぁそこインプットしてってマネージャーにお願いして、あのナビ入れて
もらって」
(うん)
「着いたとこが、大学だったんです」
(うん)
「行きたいのは大学病院であって大学では無い」
((笑)大学じゃ無い)
観客「(笑)」
(何をやってるんですかね?)
「「何、あなたがこう焦ってどうするの?」みたいな」
((笑))
観客「(笑)」

(でも、)
「うん」
(脳しんとう起こしたら大体その時の事は、その瞬間覚えて無いって言うけど、
覚えてる?)

「覚えてるんです」
(へぇ〜)
「バーンってぶつかって、ココの顎関節がグシュッとなって、」
(うん)
「「あっ気失う、人生で初めて」と思って」
((笑))
観客「(笑)」
(あれやっぱポケットは危ないらしいですね)
「もう〜絶対もう」
(絶対にポケットは入れないようにしないと)
「ホント身をもって私が言います。絶対手突っ込んだまま歩いちゃダメ、走っ
ちゃダメ。寒くても」
(防御出来ないですからね)
「出来ないんですね」
(うん)
「もう」
(特に階段とかは絶対にあれダメですよ)
「ダメですね〜ホント気をつけないと。でも、もう夜、夜中帰って来た時も」
(うん)
「あっ分かるんですね、何となくネコってこう」
(うん)
「「何かあったんだろうな」って時に」
(ああそう?うん)
「(ネコが寄って)来ると「そう?」ってこう(抱きしめる)」
((笑))
観客「(笑)」
(また母性が)
「母性が」
(どわぁ〜)
「ガ〜と」
観客「(笑)」
CMに入る音楽が鳴り出し
(あらら)

二度目のCM明け

真琴つばささんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケートで、ピタリ賞、前後賞もあります)
「はい」
(何でも結構です)
「あのですね、」
(ええ)
「あの先週放送で「おじゃマップ」で」
(うん)
「あの一日にご飯を七杯半食べたんです」
観客「へぇ〜」
「なので、七杯以上、一日ご飯を食べた事ある方」
(ある方。100人中何名です?)
「3人!」
(3人。スイッチオン)
「お願い!お願いします」
1日でご飯7杯以上食べた事がある人・・5人
(え〜?)
「あ〜」
観客「あぁ〜」
「凄〜い」
(凄い)
「5人もいるの?」
(5人いるんだな)
「いや〜」
(高校の時スポーツとかやってると食べるかも知れないよね)
「あ〜」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
真琴「はい」
大島優子さん、渡辺麻友さんの写真が表示されました
(お〜)
観客「おぉ〜」
倉田アナ「もしもし。もしもし?」
真琴「お〜」
倉田アナ「もしも〜し」
男性「もしもし」
倉田アナ「もしもし」
男性「はい」
倉田アナ「「笑っていいとも」と申しますが」
男性「はい」
(ん?)
倉田アナ「あっ少々お待ちくださいませ」
(もしもし)
大島「あっもしも〜し」
(お〜)
大島「こんにちは〜。大島です」
(大島)
大島「はい」
(「いいとも」ですけど、あっまゆゆもいる?)
大島「あっ隣にいま〜す。代わりま〜す」
(はいはい)
渡辺「は〜い代わりました、渡辺麻友です」
(どうも)
渡辺「どうも」
(明日二人「いいとも」なんですが大丈夫ですか?)
渡辺「はい、明日大丈夫です」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いしま〜す)
大島・渡辺「いいとも〜!」

明日のゲストは 大島優子さん、渡辺麻友さん




2013年知っとくベッキーワード!
進行役・ベッキー、
解答者・
  タモリチーム・タモリ、山崎弘也、綾部祐二
  つるべチーム・笑福亭鶴瓶、又吉直樹、ゲストの板倉俊之さん


最新ワードの意味にについて6つのワード(ヒントワード×3、ダミー
ワード×3)を使って解答するというクイズ。

第一問「パブロ」
    観客の知らない度・89人(100人中89人が知らない)
 ワード
  「ロボット」「焼き加減」「業界初」「小顔」「サンオイル」
  「チーズタルト」
 解答
   山崎弘也「業界初 チーズタルト型ロボット」
   板倉俊之「業界初 パーティー会場でチーズタルト風呂に
        入っちゃう非常識なロボット」
   タモリ「業界初 焼き加減が調節できるサンオイル」
   笑福亭鶴瓶「サンオイルで焼いた焼き加減のちょうど良い
        チーズタルト」
   綾部祐二「焼き加減をしっかり見てくれる小顔のロボット」
   又吉直樹「焼き加減にうるさい小顔のロボット」
        (偶然コンビ同じ答えでした)
   (時間切れ終了)

 正解「業界初の焼き加減が選べる大人気チーズタルト」
   ・最長2時間待ちの1日の売上げ5000個以上の焼きたてチーズタルト
    専門店の「PABLO(パブロ)」
   ・とろける「レア」と絶妙な焼き具合の「ミディアム」が選べる。

第二問「ソニックアワー」
    観客の知らない度・64人(100人中64人が知らない)
 ワード
  「ダイエット」「超音波」「150キロ」「ビール」「マシーン」
  「帰宅」
 解答
   山崎弘也「時速150キロで帰宅してビールを飲む」
   板倉俊之「帰宅するやいなやビールを飲んじゃう150キロのやつ」
   笑福亭鶴瓶「最高150キロダイエット出来るマシーン」
   又吉直樹「150キロのマシーンを持ち上げるとダイエットになるよ」
   タモリ「超音波を使ってダイエット出来る新しいビール」
   (時間切れ終了)

 正解「ビールの泡を超音波で作り出すマシーン」
   ・自宅で簡単にクリーミーな細かい泡のビールが楽しめる
    「ソニックアワー(3990円)」というマシーン
   ・父の日のプレゼントとして人気沸騰中

両チーム無得点で終了




イタズラ心のある似顔絵コンテスト!
進行役・山崎弘也、
審査員・タモリ、笑福亭鶴瓶、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、倉田大誠
    ゲストの板倉俊之さん、嗣永桃子さん


ゲストをイタズラ心あふれる似顔絵のコンテスト
優勝者には賞品(デコレーションされたライター)獲得

今回のテーマ「嗣永桃子さん」

1人目の作品
 出場者・27歳男性
 テーマ「いくつになっても許してにゃん」
     (50年後、老婆になってもピンクの衣装にピンクの
     リボンを付けたツインテールでポーズをとっている
     姿を描いた作品)

2人目の作品
 出場者・20歳女性(Berryz工房の別メンバーのファン)
 テーマ「ムチムチももち」
     (嗣永桃子さんが横綱になってタモリさんを投げている
     姿と、まわし姿で後ろ向きになりお尻丸出しの姿を
     描いた作品)

3人目の作品
 出場者・20歳女性(嗣永さんのファン)
 テーマ「これにしか見えませんでした」
     (胴体や髪の毛を根っこして顔がジャガイモになった
     姿を描いた作品)


審査結果・5票獲得の1番の優勝(他は3番2票、2番1票)

次回のテーマは江守徹さん




おもわず鏡を見てしまう!ホクロ鑑定
進行役・綾部祐二 
出演者・タモリ、笑福亭鶴瓶、山崎弘也、又吉直樹、ベッキー、
    ゲストの板倉俊之さん、嗣永桃子さん
鑑定役・ゲストの宮本和幸(ダックス。)さん


 ホクロ鑑定とは
 ・人相学の一種で中国で2000年前に確立された統計学を交えた鑑定
 ・分かることは「性格」「体の悪い所」「未来へのアドバイスや警告」
 ・判断基準は
  「位置」体の場所により意味が全部で150種類以上。
  「色」濃いとポジティブ、薄いとネガティブ。
  「大きさ」その位置にあるホクロの意味の度合いを示す。

・安倍晋三首相、野田佳彦前首相、小泉純一郎元首相、サッカーの本田圭佑選手、
 嗣永桃子さん タモリさんに共通してある
「責任ぼくろ」(鼻の付け根にあるホクロ)
   大きな責任を抱え、人生の困難に立ち向かうことになる。課せられた
   責任を果たすことで大きな幸運が訪れる。

今回は山崎弘也さんのホクロ鑑定を行いました。
「ザキヤマさんにあるいいホクロ」
 ・「人気者ぼくろ」(頬骨と鼻の間にあるホクロ)
   多くの人から可愛がられ、芸能関係や接客業に向いている。
   岡村隆史さん、剛力彩芽さん、佐藤健さん、タモリさんらにもある。
 ・「激レア最強ぼくろ」(耳たぶの裏にあるホクロ)
   金運、健康運、愛情運全てに幸運をもたらす最強のラッキーぼくろ

「ザキヤマさんにある、ちょっと気になるホクロ」
 ・「無礼者ぼくろ」(首と肩の間の首寄りにあるホクロ)
   目上の人の気分を害する失敗をする恐れがある。
 ・「チャラ男ぼくろ」(ヒザの裏側にあるホクロ)




曜日対抗いいともCUP
「ヘッドバンキングで文字を書け!」
出題者役の参加者がカツラをかぶって頭だけで平仮名1文字を
表現するので、その文字は何かを1人の解答者が当てるクイズ。
(解答者が次の出題者となり、その後の人が次の解答者と順番に
進んでいきます)

参加者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、倉田大誠

正解数・2問

月曜日 5問(3)火曜日 4問(6)水曜日 2問(1)
木曜日 2問(9)金曜日 (4)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
板倉俊之さん(ベッキーワード/似顔絵/ホクロ鑑定/エンディング)
嗣永桃子さん(似顔絵コンテスト/ホクロ鑑定/エンディング)
ダックス。宮本さん(ホクロ鑑定/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー74(2013年4月〜6月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る