今日のいいともニュース
2013年6月19日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
田原俊彦、noon boyz、生田竜聖


テレフォンショッキング
ゲストは田原俊彦さん 昨日 美保 純さん明日 波瑠さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束はコロッケさん、爆笑問題さん、ナインティナインさん
  綾小路翔さん、アンガールズさん、LITTLEさん、テリー伊藤さん
  三浦知良さん、亀山千広さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
(お〜)
田原さんは歌を歌いながら登場
(まあまあまあ、どうぞ)
歌い続け
(まあまあ)
「こんにちは〜」
(こんにちは)
観客「(拍手)」
「お久しぶりです!」
(お久し、)
観客「(拍手)」
観客「トシちゃん!」
タモリさんと田原さん共にピンクのジャケットで
「お揃いです!(笑)」
(ピンク、ピンク)
観客「(笑)」
「何かぶっちゃったんすか」
((笑))
「(笑)」
(かぶっちゃった)

(まあどうぞどうぞ)
「お久しぶりです」
(お久しぶりです)
「??」
(このコーナーは、10、19年ぶり)
「そうみたいです」
観客「へぇ〜」
(ねえ)
「多分レギュラーの前だから」
(あっそうだ、レギュラーになる前だからね)
「そうです、多分五木さんからいただいて」
(あ〜)
「それでカズに行ったんじゃないかな?と」
(あ〜)
「ええ」
(よく覚えてる)
「記憶が定かじゃ無いんですけど」
(1995年8月31日五木ひろしさん→9月1日 田原俊彦さん→2日 三浦知良さんの
順番で出演)
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「すみません」

((花束)コロツケから来てます)
「あっ」
観客「(笑)」
「全然関係無いですから。ありがとうございます」
(ナインティナイン)
「はい」
(ええ)
「To LUCKY TOSHI LUSIANO From FRANK KAZU COSTELLO」という花束があり
「カズですね、これ」
(これ何?)
「これ何か(笑)」
(LUCKY TOSHI LUSIANO)
「これあの、」
( FRANK KAZU COSTELLOって誰?)
「これあの1900年代初頭の、あのマフィアの名前をもじって」
(うん)
「カズと俺と、」
(うん)
「あのラッキー・ルチアーノっていうのと」
(うん、いましたね)
「フランク・コストレって言うのと」
(うん)
「あとバグジー・シーゲルと????って四大マフィアの」
(うんうん)
「一応これ、俺らでこうやって遊んでる」
(名前???)
「そうそうそう(笑)」
(あっ三浦カズから来てるの?これ)
「そう、これカズです(笑)」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
(ああそう?)
「はい」

(いっぱい来てますよ、これ)
「教師びんびん物語プロデューサー 亀山千広」という花束があり
「亀ちゃんも」
(亀ちゃんったって)
「もう亀ちゃんって言っちゃいけないんですよ」
(フジテレビの社長ですよ、これ)
「フジテレビの社長ですからね」
観客「へぇ〜」
「ええ、もう付き合うときは亀山社長って言わないといけないで」
(「びんびん」のプロデューサーやってたんだ)
「そうです」
(へぇ〜)
「ちょうど僕が26の時に、あの「ラジオびんびん」ってのを最初にやらせて
いただいて」
(うん)
「その時のプロデューサーさんで」
(うん)
「で「教師」になって」
(へぇ〜)
「で煎餅屋になったり、あの新聞記者になったり、全部亀ちゃんがやって
くれて」
(凄い)
「はい」
(亀ちゃんじゃない、社長だから)
「ええ、よろしくお願いします」
観客「(笑)」
「(笑)」
(ええ、いっぱい来て)

(爆問来てるよ)
「はい」
(爆問でもさっきいたから)
観客「(笑)」
「全然関係無いです」
(あ〜)
「はい」
(テリー伊藤)
「ありがとうございます」
(アンガールズ来てます)
「はい」
(ええ、どうぞどうぞどうぞ。え?綾小路翔さん)
「あっ、はあの去年ちょっと僕の曲の詞を書いてくれて」
(ああそう?)
「はい」
(爆、太田も書いたんじゃないの?)
「太田くんは、去年一昨年書いてくれて」
(一昨年か)
「「ヒマワリ」今歌った、あの曲を書いてくれて」
(うん、そうなんです、書いてるんだよ)
「はい」
(一回断られたらしいね、書いてくれって言ったら)
「そうですね、生意気に」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)でもホントに、」
(断られたらしい)
「ホントに凄いね、あの僕にピッタリの詞を書いてくれて」
(うん)
「うん。「トシちゃんはいつもヒマワリみたいに笑ってなきゃダメだ」ってこう」
(ああそう?)
「ええ。そういった詞を」
(カッコイイ事言いますね)
「想像、想像つかないですけど」

(しかし体型変わんないね〜)
「そうすね、わりとあの、」
(プラスマイナスどれくらい?)
「まあデビューの時からは2、2,3キロは増えたんでしょうけど、体重は」
(あっそれでも2,3キロ)
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「今ちょうど59くらいですかね?」
観客「へぇ〜」
観客「(笑)」
(60、60行ってない?)
「60、一瞬行ったことあるんです。でも、」
(生涯?今まで?)
「この、この前の夏に60.いくつっての行って」
(うん、夏に行った?)
「夏に行った。ちょうどステージの最中に、コンサートの最中に。だから凄く
嬉しくて」
(うん)
「僕あの体重が減ると、もうこれ以上痩せるとスーツとか似合わなくなるから」
(うんうん)
「ちょっと太りたいぐらいなんですよ」
(うん)
「で、ステージやるとやっぱり2,3キロ落ちちゃうんで。一生懸命食べてるん
ですけど」
(うん)
「やっぱり、それ以上にステージで暴れて」
(うん)
「で、その後また夜暴れますんで」
(うん(笑))
観客「(笑)」
「なかなか」

(夜何?カラオケで暴れる?)
「そうですね」
(好きだね〜)
「で、僕あんまりお酒飲まないんで。多分太らないんですよね」
(意外、意外と酒飲まないんです)
「酒飲めないんです、僕」
(かなり飲め無い?ほとんど飲め無い?)
「ほとんどですね。まあ飲む時は気合い入れて飲みますけど」
(うん)
「でもあんまり美味しいと思って飲んで無いんで」
(美味しい酒飲んだこと無いんじゃないの?)
観客「(笑)」
「うん、」
(何、何、何飲んでるの?)
「いや僕ビールを飲んで、でまあ食事に合わせてワイン飲んだりしますけど」
(うん)
「後は騒ぐときは、もうシャンパンをガンガン」
(あ〜)
「ええ」
(ビールも何十種類ってあるよ、美味しいの)
「そうなんですよね〜」
(メジャー系だけじゃないよ)
「そう、そうなんですよね」
(うん)
「でもね、案外周りも飲まなかったりとかで。で、」
(シャンパン、ワイン行くと結構飲むじゃ無い)
「いや、でもそれが1杯か2杯ぐらいなんです、いつも」
(へぇ〜)
「で顔が真っ赤っかなっちゃうから、もう人の三倍四倍飲んでる感じに見え
ちゃって」
(うん)
「でも必ず、一緒にいる人に「相当お酒強いよね」って」
(言われる?)
「言われるんですよね」
(はぁ〜)
「メチャクチャ弱いのに。だから格好悪くて」

(酔わなくてもテンション高いから良いよね)
「そうです、だから、」
観客「(笑)」
((笑))
「一昨日も、一昨日もまさしくカズと一緒に夜、ちょっと騒いだんですけど」
(うん)
「その時も僕一滴も飲まずに、一番騒いでましたね」
観客「(笑)」
(カズは?カズは歌うの?何歌う?)
「カズはね、ホント歌います。だから僕楽なんですよ。僕の歌を大体アイツ
歌うんで」
観客「(笑)」
(ああそう?)
「そうそうそう。で、そういう場面でやっぱり何となく俺も照れくさいし」
(うん)
「あの歌わないんですけど」
(うん)
「大体俺が歌うかな?歌わないかな?って時に、アイツが乱入してきて、取っ
ちゃうんですよ。だから俺としては楽で」

(自分の歌、自分の歌を人が歌ってるとどういう気持ちする?)
「何だろうな?」
(「それ違う違う」とか)
「(笑)」
観客「(笑)」
(「あ〜俺、俺歌う」って気も無い?)
「そうでも無いんですけど」
(うん)
「何かね、何か照れくさくて」
(ああそう?)
「何か自分の歌はやっぱりこう完璧にやりたいんで」
(うん)
観客「(笑)」
((笑)ああそう?)
「うん、でも何か一昨日もね、何かジャニーズのタッキー&翼の翼くんの方
ですか」
(うんうん)
「まあたまたま、またまた同席してたんですけど」
(うんうん)
「「歌って良いですか?」って3曲ぐらい歌ってましたけど」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「「もうちょっとちゃんと歌えや」って感じでしたけどね」
((笑))
観客「(笑)」
「アハハハハ」
観客「(笑)」
(ああそう?)
「アハハハハ」
(いい加減に歌、)
「(カメラに向かって手を振りながら)メリーさ〜ん!」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

(司会やってるよね、爆笑と)
「そうなんです、それでまあ太田くんとは縁があって」
(うん)
「詞書いてもらったりとか」
(うん)
「太田〜!」
((笑))
観客「(笑)」
「田中は今、ココに来る、アルタに来る途中にメールが来て」
(うん)
「「いいとも見てます。張り切ってください」」
(メール来た?)
「はい」
(あ〜。どう?バラエティー司会やって)
「全然ダメですね」
(ダメ?)
「相変わらず向いて無いです」
(向いて無いの?司会)
「はい。もうやっぱり、やっぱり芸人さんって凄いじゃ無いですか」
(うんうんうん)
「うん、だから僕はやっぱり歌ったり踊ったりして、ステージ務めてる方が、」
(うん)
「やっぱり僕らしくいられるし」
(うんうん)
「本領発揮出来るんですけど」
(うん)
「だから、まあ居るだけですね、僕はね。はい」
(太田が居るからね)
「そうです、うるさいですからね」
((笑))
観客「(笑)」
「はい。太田〜!」
観客「(笑)」
「あれ?さっき居たんだけどな」
((笑)今控え室で見てる)
「(笑)」

(ステージはどう?やってて、ちょっと歳感じる時ある?)
「ありますね」
(あ〜)
「やっぱり今日もあのこの後リリースパーティー、アルバム(「I AM ME!」)の
リリースパーティーが赤坂BLITZであるんですけど」
(うんうん)
「そのリハでここんとこ一週間2,3回やったんですけど、やっぱり湿布?」
(うん。え?)
観客「(笑)」
「今は貼ってないですけど。大体腰と、肩と、足首の両方と、いっぺんに 5枚貼りますね」
観客「へぇ〜」
「減りが早いんですけど、もうファンの方がガンガン補充してくれるんで、次から
次へと」
観客「(笑)」
(ファンも分かってんの?)
「そう、そうなんです(笑)」
((笑))
「やっぱり、」
(筋肉痛?終わった後に?)
「そうすね。前はそんな事無かったんですけど、」
(うん)
「やっぱりちゃんとケアしないと」
(うん)
「つらいっすね」

(ああそう?)
「ええ。だから翌日じゃ無くて翌々日ぐらいに痛くなるんすよ(笑)」
観客「(笑)」
(そうなんだよ。あれね、若い時は翌日なんだけど)
「そうです」
(段々と翌々日なって)
「そう、2日後になったり3日後に、」
(3日後になるの、それから先になると)
「そうそうそうそう」
観客「(笑)」
(だから「俺も若いな」と安心しちゃダメなんだよね)
「え?」
(だから3日後に来るから)
「そうすよね。だから、」
(で、それ境が40過ぎてからだよね、疲れ)
「うん、やっぱり20代30代の頃とまた違って」

(今から考えたらどう?20代のあの頃はよく、)
「バカですね」
観客「(笑)」
(よくやってたと思う)
「あの元気の良さは」
(うん)
「うん、自分でも、ホントに寝ないでもあの仕事、朝から晩までして」
(うん)
「夜も遊んで」
(うん)
「ねえ、それでも全然イケてたけど」
(うん)
「やっぱり今は最低5,6時間寝て、ちゃんとケアして、ストレッチして」
(うん)
「臨まないと、ステージとかは」
(ああそう?ストレッチちゃんとやって)
「やります」
(普段、)
「ケガしますね、筋とか違えるともう長引くんで」
(ああそう?)
「ええ」
(段々年取った話なってきた)
観客「(笑)」
「いや、だから、」
CMに入る音楽が鳴り出し
「(笑)」
((笑))
「ハッ!!」

CM明け

(考えてみれば何で向こうでやったか分かんない)
「(笑)」
(あ〜)
「太田〜!」
(おっ、今来た、渋々来たみたい)
太田「???よ」
太田さん登場
太田「うるさいな!」
田原さんも立ち上がり太田さんに向かって両手を向けて 「ピシーー」
太田「(太田さんも同様にして)ピシーー」
「(今度は観客やカメラに向けて)ピシーー」
観客「(拍手)」
太田「うるさいな、ほら、(観客から)大した反応ねえじゃないか」
観客「(笑)」
太田「大した反応ねえ、人のとこ」
田原さんが太田さんに触っていて
太田「嫌だ、チンチン触るなよ」
「(笑)」
観客「(笑)」
太田「(田原さんを指し)これもうね、空気、」
「「これもうね」って(笑)」
太田「この人空気読めないから俺??ない」
「お前だよ、お前だよ空気読めないのは」
太田「さっきから何度も「太田、太田」って言って。出て来て欲しいのか出て来て
  欲しくないのか分かんないんですよ」
観客「(笑)」
太田「裏で「行こうかな?」って思うとまた真面目な話し出すからさ」
観客「(笑)」
((笑))
太田「どうして良いか分かんないんだよ」

太田「で今日緊張してるでしょ?結構」
「そうそうそう」
太田「全然いつもと違いますよ」
(違う?)
太田「タモリさんの前で 「そう、下ネタ禁止だから」
太田「(笑)」
観客「(笑)」
「ねっ」
太田「それで何で俺のチンチン触ったの?」
「(笑)」
観客「(笑)」
「ハハハハ」
太田「「ハハハハ」じゃない。困ると笑って誤魔化しますからね」
観客「(笑)」
太田「ええ?大丈夫ですか?」
「大丈夫です」
太田「大丈夫?」
「タモリさんに会うとやっぱり緊張するんですよ」
太田「変わりました?」
(どう、どう?司会、変わったね〜)
太田「いや真面目ですよ」

「俺の司会ぶりちょっと」
太田「司会ぶりって言うか、あのトシちゃんさっきも言ってたように、」
「うん」
太田「「僕何にも出来ないから」って、「俺何かもう別にあの好き勝手やるからさ」
  って言ってんだけど、結構それであの収録終わった後に、あの若手に聞くと
  「俺あれで大丈夫だったかな?」って言って」
(気にしてる?)
太田「ず〜と反省してるらしいんだよね」
(へぇ〜)
太田「で一回あの田中が休みだった時あるんです」
「あれ、」
太田「トシちゃんが代わりに」
「そうそうそう」
太田「田中の進行やるっていう事になった時に、もう、」
「(笑)もう老眼で字が見えないんで」
観客「(笑)」
太田「そうそう、それでもうね、」
((笑))
太田「あの本番前から青ざめちゃってて」
「(笑)」
観客「(笑)」
太田「もう台本持ってるとこ見た事無いのに、スタジオに台本読みながら
  こうやって入って来た」
「(笑)」
観客「(笑)」
太田「真面目なんだ」
(真面目だね〜)
太田「真面目ですよね」
「でもやっぱり真面目じゃないと、ねえ、長い事やれないじゃないですか」
太田「何言って」
観客「(笑)」
太田「アンタ長い事やれてない人だからね」
観客「(笑)」

太田「と言うわけでじゃぁ」
太田さんが着席
観客「(笑)」
田原さんが退場しようとしましたが、戻って来て太田さんをイスから倒しました
観客「あぁ〜」
太田「俺ね、」
「もう帰れ」
太田「毎回この人とね、ねっ番組やるでしょ」
「(笑)」
太田「オープニングで大暴れするんだけど、力の加減が分かって無い」
((笑))
観客「(笑)」
太田「毎回俺ね、番組終わるとね、あちこち痛くなって」
田原さんが太田さんを突き飛ばしました
太田「危ないんだよ、もう」
「コイツ、なかなかさ、始めないんで、それで」
太田「何を始めない???」
(番組始まんない?)
「番組を、撮りの時に、」
太田「(笑)」
(うん)
「ず〜とそのほら前説の人と、」
太田「うん」
「あの絡んでて」
(絡む)
太田「そうそう、本番前ね」
「ず〜とそのゲストの方とか待ってるのに、なかなか始まんないんです」
太田「そうそう、俺30分番組3時間かけて撮りました」
観客「(笑)」
「超迷惑なんですよ」

太田「と言う訳で、じゃぁちょっとマッチを紹介しますか?」
「要らないよ」
太田「あ〜すみません」
観客「(笑)」
「ヨッチャンにしてくれ」
太田「ちょっとあの、もしもの事あるから、電話かけてみたら?マッチに」
観客「(笑)」
太田「これ大事件だよ、芸能界のね」
「(笑)」
観客「(拍手)」
「何でだよ」
太田「え?もしかしたら出るかも知れない」
「仲良しだよ」
太田「え?仲良し?」
「仲良しだよ」
太田「ああそう?」
「ジャニーさん、ホントお願いします」
太田「お願いします」
観客「(笑)」
太田「ジャニーさんお願いします」
「(笑)」
(二大空気読めない人が対決)
「(笑)」
観客「(笑)」
太田「よく番組成立してる、」
(凄いね)
太田「2人空気読めないんだからね」
観客「(笑)」
太田「じゃぁあの、」
「帰れよ」
太田「??ますで、また。いいとも〜!」
観客「(拍手)」
((笑))
「(笑)」
太田さん退場
「でも助かってます(笑)」
(じゃぁ百分のX行きますか?え?まだまだ大丈夫?へぇ〜)
「助かってます」

(凄いね、でも今のやりとり見てたら)
「いやいやもうホントに」
(2人とも空気読んでないしね)
観客「(笑)」
「太田くんは俺に「空気読んでない」って言うんですけど、」
(うん)
「俺は絶対アイツの方がおかしいと思うんですけど」
観客「(笑)」
(まあおかしいのは分かるけど)
「うん」
(やっぱり、)
CMに入る音楽が鳴り出し
(両方おかしい)
「田中、田中に助けられて」
((笑))

二度目のCM明け

田原俊彦さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(じゃぁ百分のXアンケートで)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で、両方あります、前後賞)
「はい」
(何行きましょう?)
「欲しいな〜、あの真ん中のやつ」
(うん)
「キラキラしてる」
観客「(笑)」
「じゃぁあの、僕犬飼ってるんですけど」
(お〜)
「あの、結構流行りじゃ無くて、あのシェットランドシープドッグって」
(あ〜あ〜)
「あのコリーの小っちゃい版なんですけど」
(うん)
「それを今まで、」
(飼ったことが、)
「飼った事がある人」

(ある人。100人中何人かな?)
「3人で」
観客「ぇ〜」
(シェットランドシープドッグ)
「え?え〜?」
(いや、分かんないよ)
「ええ」
(飼ったことが、今まで飼った事がある)
「結構俺散歩してると「あっウチも飼ってました」とか」
(うん)
「「何代目です」とか」
(行って見ましょう、3人、スイッチオン)
今までにシェットランドシープドッグを飼ったことある人・・3人
(お〜)
観客「おぉ〜!」
観客「(歓声)」
田原さんは客席前に出て踊り披露。そのまま生田アナからストラップを
受け取っていました。
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(お〜ピタリ)
「やった〜!」
(お〜)
観客「おめでとう〜」
「お〜!」
観客「(拍手)」
「お〜!(前後賞のストラップを比較してみて)全然違う」
観客「(笑)」
「全然違う」
観客「(拍手)」
(凄い)
観客「(拍手)」
(お〜)
「(笑)」
(ピタリ)
「ありがとうございます」
(あ〜)
「ガラケーにピッタリです、僕の」
(ガラ(笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方)
波瑠さんの写真が表示されました
(あ〜)
観客「お〜」
生田アナ「もしもしお世話になっております、フジテレビ「笑っていいとも」
  ですが、波瑠さんでいらっしゃいますか?」
波瑠「あっはい、そうです」
生田アナ「少々お待ちください」
(もしもしタモリです)
複数の男性の声「こんにちは〜」
波瑠「あっ???、あっお久しぶりです」
(どうも)
波瑠「あっ波瑠です」
男性「タモリさん」
男性「タモリさ〜ん!」
女性「タモさん」
波瑠「あっ????」
男性「タモさん」
波瑠「(笑)」

(誰がいる?)
波瑠「ごめんなさい、ごめんなさい」
男性「よっ!」
男性「???」
(え?)
波瑠「あっすみません。あっええと今「救命病棟24時」というドラマの撮影中でして」
観客「あぁ〜」
(あ〜)
波瑠「現場にいて、」
(現場ですか)
波瑠「みんなに囲まれてるんです」
男性「???」
波瑠「あっ、」
(現場の皆さん!)
反応は無く
(皆さ〜ん!)
波瑠「(笑)」
(あれ?返事無い)
田原「(笑)」
波瑠「ごめんなさい」
観客「(笑)」
波瑠「はい」
(明日大丈夫ですか?「いいとも」)
波瑠「はい、大丈夫です」
(あっじゃぁお待ちしてます)
波瑠「いいとも〜」
(いいとも)
複数の男性「いいとも〜!」
(あ〜)



明日のゲストは 波瑠さん




日陰サークルに太陽を!
進行役・トシ、生田竜聖
出演者・タモリ、太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー


マニアックすぎて注目を浴びていないサークル(大学、専門学校、会社など)が
登場しプレゼンする企画。

今回のサークル
「日本大学芸術学部 殺陣同志会」(女性3人と男性2人の5人が登場)
  創立・1958年
  部員・22人(女性部員の方が多い。
      過去には真田広之さん、古川登志夫さんらが在籍)
  活動・週に4日間立ち回りなどの稽古
  悩み・練習場所が無く仕方なしに練習を外でやっていると職質される。
      男子更衣室が無いなど
  プレゼン・殺陣を披露。その後パンサーの菅さん、尾形さんも参加
  審査結果・いいとも認定サークルに認定され、活動資金3万円獲得





気づいてホメて!ちょっと便利になりまし大賞!
進行役・トシ、柳原可奈子
解答者・タモリ、太田光、タカ、栗原類、パンサー、生田竜聖
出演者・テーマの物の開発関係者


便利になっているのに、そのありがたさに気付かれていない物の
開発者が登場するので、ヒントをもとにそれが何かを当てるクイズ

今回の開発者・滋賀県から来た製品の関係者男性

ヒント
 1「これのおかげで新しい食べ方で食べられるようになった」
  ・発売と同時に売り切れ続出し、現在まで約30万台売り上げている

 2「開発のきっかけは日本人に馴染みのある「ある食材」の消費量を復活させてかった」
  ・2003年にスタートして2010年の発売まで7年かけて開発した。

 3「一番苦労した点は硬いその食材を小麦粉の様に細かくする事」
  ・水に浸して柔らかくしてから焼くという方法を採用

正解「米からパンが作れる「GOPAN」」
   (パナソニック株式会社ホームベーカリー商品企画担当者が登場)

  白米からパンを作る方法を紹介したり、玄米と鮭を混ぜて作ったパン、
  カボチャとお米を混ぜて作ったパン、雑穀を使ったパンなどを紹介





2013FNSタカ謡祭
進行役・タカ、生田竜聖
出演者・タモリ、太田光、トシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
    ゲストの田原俊彦さん


田原俊彦さんが「抱きしめてTONIGHT」を披露
最初トシさんが出て来て少し歌ったあと、改めて田原俊彦さんが登場し
歌い始め、途中から太田光さんも参加してデュエットしました。





曜日対抗いいともCUP
「仲間はずれ漢字見つけてイイ感じ!」
モニターに28個の文字があり、その内27個は同じ文字ですが1文字だけ
違う文字(27個の「島」の中に1つだけ「鳥」など)が混ざっているので、
それを素早く見つけて行くゲーム

参加者・太田光、トシ、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー

成功数・8問

月曜日 9問(4)火曜日 9問(6)水曜日 8問(1)
木曜日 (10)金曜日 (4)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー74(2013年4月〜6月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る