今日のいいともニュース
2013年6月21日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、バナナマン、劇団ひとり、木下優樹菜
高嶋政伸、COWCOW、森崎友紀、安河内哲也、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは高嶋政伸さん 昨日 波瑠さん月曜 六角精児さん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「十津川捜査班7〜十津川警部の初恋〜」

花束は古谷一行さん、山村紅葉さん、沢村一樹さん、小泉孝太郎さん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「あっどうも」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(拍手)」
(お久しぶりです)
「ご無沙汰してます、どうも」
(ご無沙汰、)
「よろしくお願いいたします」
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「はい、失礼します」
(ええ)

((花束)沢村さん来てますよ)
「あっ」
(孝太郎くん)
「あ〜」
(古谷一行さん)
「あ〜」
(紅葉さんから来てますね)
「はいはいはいはいはいはい、小泉孝太郎くん」
((花輪)「今夜9時放送金曜プレステージ」)
「はい、あの、」
(「十津川捜査班」)
「今夜9時放送なんですけど」
(ええ)
「「十津川捜査班7〜十津川警部の初恋〜」」
(「十津川警部の初恋」?)
「という」
観客「(笑)」
(恋してなかった?)
「恋して、」
(この警部は)
「恋をしてた人と、再会するんです」
(初会の人と?)
「そうです」
(あ〜)
「はい」
(へぇ〜)

「今回のロケ地が、あの湯河原で」
(おっそう?)
「湯河原に、あのこの原作者の西村京太郎先生がお住まいなってらっしゃって」
(今、今でも?)
「そうです」
(へぇ〜)
「今回初めて、あのお会い出来たんです」
(へぇ〜)
「映画が大好きで、京太郎先生」
(うん)
「あのヒッチコックの話とか、もう延々1時間半ぐらい僕ずっとさせていただいて」
(へぇ〜)
「ええ、西村京太郎記念館ってのあるんです」
(ってのあるんです?)
「はい」
(はぁ〜、でも湯河原はあの昔は政界の方別荘多かったんですよね)
「あ〜」
(財界の、)
「そうかも知れないですね」
(ええ)
「あの、良い場所ですよね」
(良い場所で)
観客「(笑)」
「かん、」

((高嶋さんが)凄く静かに座りました)
「(笑)」
観客「(笑)」
「いや〜すみません(笑)」
(あの、)
「すみません(笑)」
(別に、)
「ええ、すみません、まあ普通そうですよね(笑)」
(何か痔が)
「「どうぞ」とか、おっしゃってから座るもんですよね」
観客「(笑)」
(いやいや、良い、)
「そう、そうですよね」
(いや良いんですけども)
「すみません」
(これ何か、)
「ええ、いや(笑)、ちょっとね、あの座りたかった」
(いつの間にか座ったような)
観客「(笑)」
「ちょっと、」
(痔が悪いんですか?)
「ちょっとね、疲、疲れが最近ちょっと」
((笑))
「腰に来てるんで座りたかった」
(あっどうぞどうぞ)
「良いですか?」
(ええ、良い良い)
観客「(笑)」
「じゃぁあの座らせていただきます」

(すみませんね、もう。立たせっぱなしで申し訳ない)
「いえいえ、とんでもないです、もうとんでもないです」
(申し訳ないですね)
「あ〜気持ち良いな〜」
観客「(笑)」
((笑))
観客「(拍手)」
「あ〜これだよ、これ」
(これロケ疲れ?)
「ロケ疲れですね」
(あ〜)
「昨日も朝、5、4時半とか5時ぐらいまで」
(え?やってた?)
「やってたんです、今日の」
(え?まだ(十津川捜査班7が)出来上がってなかった?え?)
「あっこれじゃないですよ」
(あっこれじゃない)
「これじゃ、これじゃないです(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「これじゃないですよ」

(最近のドラマって、でもギリギリまでやってますよね)
「やってますね」
(ホントに何か)
「はい」
(凄いですよね〜)
「あの日数もそんなにね、やっぱり取らずに」
(うん)
「キッとぎゅ、凝縮して、はい」
(当日の放送、朝まだ出来て無いっていう状態の事も結構ある)
「そうそうそうそう、」
(あるんですよね)
「あの当日の午前中に僕アフレコやった事あります」
(ええ?ホント?)
「あの連続ドラマの第1回目放送の時」
(へぇ〜。じゃぁ午前中までに間に合ってない、午後に持ち越す)
「そうなんですよね。後はだからその演出家の方とかプロデューサーの方の
そのこだわりですよね」
(あ〜)
「「やっぱりココのセリフはちょっと違うんじゃ無いか」とか」
(うんうん)
「そういう時に、だからアフレコで変えるんですよね」
(あっそのアフレコ?)
「そうです、アテレコでこう変えて」
(はぁ〜。そうするとよく見ると、口と)
「ええ」
(言葉が違う時ある訳ですね)
「は、もうホントによく見、見ないと分かんないですね」
(あ〜)
「今はもうその辺は凄いシビアにやってるんで」
(ああそう?)
「はい」
(へぇ〜、こだわりでどうしてもココ変えたい)
「そうですそうです、セリフと言うか、そのトーンとか。ちょっと強すぎる
から弱くしたいとかね」
(あ〜)
「はい」

(そのわりにはドラマって何かおかしなとこ一杯ありますよね)
「(笑)まあ、ありますね」
(ありますよね)
「はい」
(何でだろう?と思って。結婚式終わって)
「ええ」
(で、家族一緒に来るまで帰ってきて)
「はい」
(家に入って)
「はい」
(リビングに座って「いや〜、しかし面白く無い結婚式だったね」って言うんです
けども、)

「うん」
(車の中では何も話さなかった?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「そうですよね、そう言うのはありますね」
(疑問があるんですけどね)
「ええ」
(黙〜て、で初めて家で話したんですかね?あれね)
「まあ延々、延々言い続けてたとかね」
(そういう事をぶつけるとかすみませんね、申し訳ない)
「いや、良い、良いんです、もう全然」
(疲れてる方に申し訳ない)
「いやいやいや、もうホントにもう」
(腰も悪いのに)
「ぶつけていただいた方が何か、僕活性化されるんで」
((笑))
「ホントに。いや〜」

(一人旅って好きらしいですね)
「あっ一人旅はね、結構昔から好きで」
(ねえ、やってるみたい)
「チベット行ったりとかですね、後は、あっ京都なんかも一人で」
(うんうんうん)
「よく行くんですよ」
(最近なんか面白いとこ無い?)
「タヒチに」
(あっタヒチ)
「12日間いましたね」
(タヒチは行ってみたいですね、ゴーギャンが行ったり何かしてますからね、
タヒチ)

「ええ、ゴ、ゴーギャン一応ね、本当はタヒチと言うか、マルケサス諸島と
いう所で」
(あっマルケサス諸島だった?)
「ゴーギャンは亡くなられてるんですけど」
(あ〜)
「あの素晴らしい所で」

(タヒチでもあれでしょ?新婚旅行とか意外と多いでしょ、今)
「多い、まあ水上コテージとかありますからね」
(あ〜)
「ええ」
(あれ新婚旅行水上コテージ行って、)
「はい」
(で下、海が見えるんですよ)
「そうそうそう、そうそうそう、床にあのガラス張りになって」
(ガラス張りになって)
「ええ」
(海が見えるらしいんです)
「そう」
(よ〜く、)
「意外とあれは、」
(うん)
「あの朝日が差し込んじゃって、」
(うん)
「朝凄い目早く覚めちゃうみたいなね」
((笑))
観客「(笑)」
(そう?)
「ええ」
(あ〜そうなの?)
「そういうちょっと、あれはあるんですけど」
(へぇ〜)
「ゆっくり眠りたい方はちょっと」
(あっ遠慮した方が良い?)
「ちょっと遠慮した方が良いんじゃ無いかって」

(どういう所なんですか?タヒチ行ってみて)
「いや〜やっぱりフランス領なんで、」
(うん)
「フランスの方の、あのやっぱりその特質として、あまりその手を入れない」
(自然のまま?)
「だから自然のままなんです」
(う〜ん)
「だから動植物がもうそのまんま、いらっしゃるんです」
観客「(笑)」
(動植物がいらっしゃる(笑))
「動植物がいらっしゃるんです」
(どういう動植物がいらっしゃる?)
「まぁ〜そうです、やっぱあの、例えば部屋の中とかでも「あ〜部屋に着いたな」
って言って「さぁ寝るか」ってふっと上見ると、この辺にこのぐらいの、あの
タモリさん?」
観客「(笑)」
(タモリさん)
「あ〜、あっすみません、ヤモリさん」
(ヤモリが)
「ヤモリさん(笑)」
(サングラスかけて)
「サングラス、そうそうそうそう(笑)」
観客「(笑)」
((笑)へぇ〜)

「ヤモリさんがいらっしゃるんですよ」
(へぇ〜)
「で「お〜」とかって思って。最初はビックリするんですけど」
(うん)
「でもヤモリっていうのは、」
(うん)
「あの虫とかを食べてくれるんで」
(うんうんうん)
「僕たちの友達なんですよ」
(うん)
「だから、」
(家を守る)
「家守ってくれて」
(家守る)
「そういうのが結構3匹4匹」
(3,4匹いるの?)
「いるんですよ。あのペンションなんかはね」
(へぇ〜)

「で、ある時、僕寝る前だったんで」
(うん)
「「このヤモリさん出て行ってくれないかな?」と思って」
(うんうん)
「でヤモリってね、こういう鳴き方するんですよ「(ヤモリの鳴きマネ)」って
こういう風に」
観客「へぇ〜」
(え?鳴くの?)
「鳴くんですよ、ヤモリって」
(へぇ〜、あっ聞いた事無い)
「鳴くんですよ」
(夜?)
「夜って言うか、もう昼も」
(昼も)
「鳴くんです」
(うん)
「で、もしかしたら何かこうドリトル先生みたいに」
(うん)
「会話が出来るんじゃ無いか?っていう」
(出来るんじゃ、)
「気がしてきて(笑)」
観客「(笑)」
(うん)
「それで、」
(ホントに一人旅だね)
「そうそう(笑)。「もし良かったら出てってくれないかな?」っていう気持ちを
込めて」
(うん)
「「(ヤモリの鳴き声の真似)」」
観客「(笑)」
「ってやったんですよ」
(やった、うん)
「そしたらこうなってたヤモリが(ヤモリが顔を上げた様子を再現)」
観客「(笑)」
((笑)見た、見た?)
「(2回ほどうなずいていました)」
(へぇ〜、凄いね)
「はい」

CM明け

(なるほど(笑))
観客「(笑)」
(タヒチ食べ物はどう?)
「それがですね、美味しいんですよ」
(南の島ってあんまり美味しく無いよね)
「あの中国の方も結構いらっしゃるんで」
(うん)
「中国料理ベースの料理と」
(うん)
「それとあのフレンチにココナッツがこう入ったような、」
(うん)
「料理があるんですよ」
(へぇ〜)
「で、必ずご飯とバゲットが出て」
(あっご飯と?)
「ご飯とバゲットが出て来るんです」
(へぇ〜)
「だからもう毎日食べても飽きないし」
(うん)
「もう、」
(それご飯は日本人のために)
「いや、じゃ無いんですよ」
(無くて?)
「あの皆さん、あのご飯も食べる、主食で」
(へぇ〜、タヒチ?)
「ええ。もちろんタロイモみたいな物も主食でお食べになるんですけど」
(うんうんうん)
「ええ。でバゲットはもう必ず」
(付いてる?)
「向こうはあの、あの新聞紙入れるあの郵便受けあるじゃないですか」
(うんうんうん)
「あれがこんな長いんです」
(うん)
「こんな長いんです。こっちだと(最初はカメラに向かって奥行き方向に長さを
表現)今縦だから分かんなかったけど」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)それをバゲット用のやつなんです!」
((笑))
観客「(笑)」

二度目のCM明け

高嶋政伸さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で、)
「その前にあの、」
(ええ)
「さっきのあの、この郵便、」
(ああ〜そうそう)
「長い郵便局は」
(ええ)
「バゲット用の郵便局」
観客「(笑)」
(郵便局じゃない)
「郵便局じゃない、郵便受け」
(こんな郵便局は無い)
「(笑)」
観客「(笑)」
(バゲットを入れるために)
「バゲットを入れるため。そこに毎朝あの配達する」
(配達してくれる)
「はい」
(へぇ〜)

(あっそれじゃ)
「はい」
(ピタリ賞真ん中、前後賞あります)
「はい」
(女性100人がスイッチ持ってます)
「これね、僕ね、」
(何行きます?)
「最近超ハマっちゃってて」
(うん)
「もうこれが無いと、もう夜ダメなんですよ」
(何ですか?)
「ココアの歯みがき」
観客「え〜」
(え?)
観客「何それ?」
(ココアの歯みがき?)
「ココアの歯みがき」
(ココア味がする?)
「ココア味、味はもうほとんどチョコレートです」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜、色も?色も?)
「色ももうチョコレート」
観客「へぇ〜」
(知らないですね)
「で、あの、だからお腹が減ってる時とかやると、」
(飲み込みたくなる?)
「いや、て言うかね、空腹が収まるんです」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「で歯も凄い綺麗になる」
(ほぉ〜)
「ええ」
(良いじゃ無いですか、ダイエットに)
「こうホントに(歯を見せていました)」
観客「(笑)」
「はい。まあこれはあの先日クリーニングしたんです」
(あ〜(笑))
観客「(笑)」
「(笑)歯医者さんで」
((笑))

「じゃぁその、」
(それ使ってる人?)
「はい、そのココア歯みがきを、使ってらっしゃる、」
(使ってる)
「方」
(方)
観客「ぇ〜」
(100名中何名いますか)
「,,,,,,,,,,,,,,,ん?」
観客「(笑)」
(何名いますか?)
「あっ僕がその何、」
(そうそうそう)
「あっ僕が」
(ええ)
「100名中、じゃぁ1名」
(100名中1名?それ日本で売ってる?)
「売ってます売ってます、もちろん」
(はぁ〜)
「普通に買えますよ」
(ココア歯みがきを使ってる、1名、スイッチオン)
ココア歯みがき粉を使っている人・・1人
(お〜)
「あ〜」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「やった」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「やった〜!」
観客「(歓声)」
(???)
観客「(拍手)」
(凄い)
高嶋さんが受け取ったストラップにキスをしていました
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(でもあんまり知らないんですね)

(じゃぁ来週の月曜日のゲストご紹介しましょう、この方)
六角精児さんの写真が表示されました
(お〜)
観客「お〜」
三田アナ「もしもし「笑っていいとも」です。六角さんでいらっしゃい
  ますか?」
(六角さん)
六角「あっもしもし、六角です、どうも」
三田アナ「タモリさんに代わります」
六角「あっはいはい、どうも」
(もしも〜し、どうも)
六角「あっもしもし、どうも」
(ええ)
六角「六角です、どうもどうも、はい」
(来週の月曜日「いいとも」大丈夫ですか?)
六角「あっ、いいとも〜」


月曜日のゲスト 六角精児さん




英語で言えたらカッコEnglish
進行役・三田友梨佳
解答者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、設楽統、日村勇紀、木下優樹菜、
    ゲストのCOWCOWさん
審査員・東進ハイスクール英語講師の安河内哲也さん
出演者・外国人男性


言えたらカッコイイ英語を学ぶというコーナー。
正解者は「いいとも特製ビーフジャーキー」獲得

第一問
 問題「彼と彼女は犬猿の仲だね」を英語では
    He and she are ??? and dog.
 正解・Cat(He and she are Cat and dog.)
    (劇団ひとりさん正解)

第二問
 問題「彼は誰にでもごまをする奴だよ」を英語では
    He pollshes ???s for everyone.
 正解・apple(He pollshes apples for everyone.)
    (正解者無し)





見て美味しい!とびだせ!3Dキャラごはんコンテスト
進行役・草なぎ剛、タモリ
審査員・関根勤、劇団ひとり、設楽統、日村勇紀、木下優樹菜、三田友梨佳
    ゲストのCOWCOWさん、森崎友紀さん


指定されたテーマで作られた3Dキャラご飯のコンテスト。
優勝者は金一封獲得

今回のテーマ「梅雨」

1人目(女性)
  ・キャラご飯暦6年
  ・5時間かかりました
 タイトル「グリーンカエルカレー」
      (グリーンカレーの上にサフランライスで作った黄色い
      大きなカエルや、オリーブのオタマジャクシ、ナンとハム、
      チーズで作った虹、緑に色づけした卵焼きで作った蓮の葉
      などが乗った作品)

2人目・(僧侶の男性)
  ・キャラご飯暦半年
  ・この番組を見てキャラご飯作りを始めました。
 タイトル「あしたほどほどに雨にな〜れ」
      (軽量化のためにパンに海苔を乗せた上に、枝豆で作った
      数珠を付けた眉や口魚の骨で作ったお坊さん、餃子の皮に
      金粉で目を作ったてるてる坊主、素麺で表現した雨などが
      乗っている、全て精進料理で作られている作品)

3人目(女性)
  ・キャラご飯暦半年
  ・山梨県から来ました
 タイトル「桶に入ったケロケロ弁当」
      (桶の中に玄米ご飯と野沢菜で作った日村さんや、
      ゼリーと白玉粉で作ったカエルになったタモリさん
      生春巻きで作ったアジサイなどが入った作品)

4人目(女性)
  ・キャラご飯暦4年
  ・丸1日かかりました。
 タイトル「あじさいの散歩道弁当」
      (カリフラワーやブロッコリーの上にブルーベリーやぶどう、
      ラズベリーなどの酢で色づけした大根を花状に切った物を
      乗せアジサイの花束に見立てた作品)

審査結果・7票獲得の2番の優勝(他は1番4番各1票)





いないかもしれないけど 会いたいヒト大募集!
 ボクどうしても会いたいんだもん

進行役・設楽統
出演者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、日村勇紀、木下優樹菜
    ゲストのさん


会ってみたい人を出演者それぞれ発表して、来週来てくれる様に
募集(オーディション有り)したり前週の結果を発表するコーナー

先週募集の内容
タモリ「株価の予想ができる人」
関根勤「「ひょっとしてウチの子だけ!?」と思う技を持っているペット」
草なぎ剛「誰も知らないマニアックな人のモノマネだけど絶対笑っちゃう
   モノマネができる人」
劇団ひとり「メガニューハーフ(身長190cm以上)」
設楽統「金曜メンバーの旧友」
日村勇紀「凄い早口言葉を思いついた人」
木下優樹菜「超有名な方の子孫」

先週募集の結果
登場したのは
・「誰も知らないマニアックな人のモノマネだけど絶対笑っちゃう
  モノマネができる人」
 ・27歳男性芸人の石田芳道さんが
  「伝説のお坊さん伸光和尚の線香の火の消し方」
 ・26歳女性芸人のエリザベータさんが
  「ラトビアの歌姫ライマ・バイクレ」
 ・COWCOW多田さんが
  「サークルの飲み会にいる酔っぱらった女子大生の一言」
 ・COWCOW山田さんが
  「高校時代の地理のヤマモト先生の「例えば」の言い方」
 それぞれモノマネ披露

次週の募集内容
タモリ「念写できる人」
関根勤「ひょっとしてウチの子だけ!?」と思う技を持っているペット」
草なぎ剛「誰も知らないマニアックな人のモノマネだけど絶対笑っちゃう
   モノマネができる人」
劇団ひとり「メガニューハーフ(身長190cm以上)」
設楽統「金曜メンバーの旧友」
日村勇紀「全く同じ顔の家族」
木下優樹菜「見た目は悪いけど歌が超絶ウマイ人」





曜日対抗いいともCUP
「仲間はずれ漢字見つけてイイ感じ!」
モニターに28個の文字があり、その内27個は同じ文字ですが1文字だけ
違う文字(27個の「島」の中に1つだけ「鳥」など)が混ざっているので、
それを素早く見つけて行くゲーム

参加者・関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、設楽統、日村勇紀、木下優樹菜

成功数・5問

月曜日 9問(4)火曜日 9問(6)水曜日 8問(1)
木曜日 11問(10)金曜日 5問(4)優勝 木曜日
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
COWCOWさん(カッコEnglish/3Dキャラごはん/会いたい/エンディング)

森崎友紀さん(3Dキャラごはんコンテスト/エンディング)
安河内哲也さん(カッコEnglish/エンディング)






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー74(2013年4月〜6月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る