今日のいいともニュース
2013年7月1日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
山岸舞彩、林修、CHEEKY!!、ゲッターズ飯田、noon boyz、福井謙二、
木村拓也、内田嶺衣奈、三上真奈


テレフォンショッキング
ゲストは山岸舞彩さん 金曜 寿美花代さん明日 高嶋ちさ子さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は桐谷美玲さん、小林麻央さん、潮田玲子さん、百田尚樹さん
  池田勇太さん、宮里美香さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いします」
観客「綺麗」
観客「(歓声)」
(???)
「よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
「(笑)」
観客「綺麗」
「ありがとうございます」
(スタイル良いよね〜)
「すみません(笑)」
観客「???」
「ありがとうござい、」
(「すみません」って言う事は無い(笑))
「こんなにこう、何か反応していただけると嬉しいですね」
(いえいえ)
「ありがとうございます」

(あっ)
「はい」
((花束)百田さん来てますよ)
「そうです、私あのインタビューさせていただいて、百田さん」
(あ〜)
「はい。ありがとうございます」
(池田勇太ってあのプロゴルファーの)
「そうですそうです、プロゴルファーの」
(ど、)
「私あのジュニアからゴルフをやってまして」
(そう?)
観客「へぇ〜」
「で兄と、あの池田勇太プロが同じ歳で」
(うん)
「同じ関東でずっとジュニアの頃からやってたので」
(ああそう?)
「はい、仲良くさせていただいてます」
(へぇ〜)
「はい、ありがとうございます」
(宮里さん来てますよ)
「そうですね、美香ちゃんも仲良くさせてもらってます」
(いっぱい来てます、こちら)
「はい、ありがとうございます」

(「玉子焼 山勇」)
「(笑)そうなんです、あの私実家が築地の玉子焼き屋で」
(玉子焼きさん)
「はい」
観客「へぇ〜」
「そうなんですよ」
(さっきお土産いただき、)
「(笑)」
(あ〜どうぞどうぞ)
「ありがとうございます、失礼します」

(じゃぁ築地生まれって事?)
「そうですね、築地生まれ築地育ち」
(凄い)
「はい」
(じゃぁチャキチャキじゃん)
「チャキチャキです。江戸っ子です(笑)」
(グジグジした男はもう「あ〜」と思う?)
「そうですね。私が凄くもう、もう決断力が早いので」
(うんうん)
「あんまりそういうタイプ、周りにいないですかね」
(あ〜そうだろうね)
「はい」
(俺、築地もたまに行くんだけど、ぼやぼやしてるとホントにぶっとばされる??)
「そうそう、怒られちゃいますからね(笑)」
(ねえ。はぁ〜、小学校からず〜と築地?)
「そうです、小学校の時まで築地に住んでたんですけど」
(うん)
「もう引っ越しちゃって」
(あっ引っ越した)
「そう、離れちゃったんです」

(ゴルフずっとやってたの?)
「はい。そうです、小学校5年生から大会に出て」
(え?じゃぁジュニアの時から?)
「ジュニアの時に、はい、やってました」
(で、ずっと大きくなって出て。どのくらいまで行った?)
「ええと、中学の時に関東6位ですね」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「(笑)そうなんです、関東大会6位」
(関東6位だったら充分プロになるでしょ?)
「周りはこうみんなプロを目指してたんですけど、」
(うん)
「私は何か、ちょっと難しいかな?と思って」
(止めた?)
「止めた」
(いや、6位なら目指せるって)
「そうなんですかね〜?」
(うん)
「でも今はもう趣味でやってるので、楽しく」
(そう?凄いね、ジュニアの時ベストスコアでどれくらい回った?)
「ええと75です」
(凄い、3オーバー)
「はい(笑)」
(え?いくつの時?それ)
「それが、何度か出してるんですけど」
(うん)
「中学2年と3年の時です」
(75出した?)
「はい」
(はぁ〜、引っぱたいてやろうかな、こら)
「(笑)」
観客「(笑)」
(はぁ〜)
「(笑)」

(他に運動は何?)
「あと水泳をずっとやってました」
(水泳何やった?)
「水泳は背泳ぎが得意で」
(へぇ〜)
「でですね、」
(それは、それはどれぐらいまで行った?)
「は、ええとジュニアオリンピックとかには出てます」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「(笑)」
(へぇ〜)
「凄いもう、体育会だったんですよね」
(ああそう?)
「はい(笑)」
(これ腹立つな〜)
「腹立た、」
観客「(笑)」
「腹立たないでください」
(いや腹立つ、腹立つ)
「え?ホントです、すみません(笑)」
(綺麗、綺麗で上手いってのが一番腹立つんだ)
観客「(笑)」
(しかも小っちゃいっていうのが、小っちゃい時から上手いってのが)
「そう、そう、小っちゃい時から、はい、やってました」
(はぁ〜)

(あと文、文化系じゃ何やってた?)
「ええと書道をずっと続けてます。今もやってるんですけど」
(え?書道いくつぐらいの時からやってる?)
「書道は3歳ぐらいですかね?」
(やってる?)
「はい、やってます」
(へぇ〜。書道、)
「はい」
(良いとこ行った?)
「今はあの師範の資格を取って」
(ええ?)
「こう展覧会とかに出したりとかしてます、作品」
(はぁ〜)
「(笑)」
観客「凄い」

巻物になっている書をnoon boyzの2人が広げて見せました
(え?あっこれ作品?)
「はい(笑)」
(ええ?)
「そうです、これはそう」
(へぇ〜)
「あの、このカナっていう、」
(カナは難しい、)
「カナなんです」
(上手いね〜)
「はい、古今和歌集を、これ」
(古今和歌集)
「書いた物ですね」
(へぇ〜)
「はい」
(上手いな、これ)
「(笑)そうなんですよ」
(これそのままず〜と書い、書い、当たり前だけど書いてくんだよね)
「書いていきます」
(これ失敗した、許されないよね)
「許されないです、最初からになっ、なってしまいますね」
観客「へぇ〜」
「(笑)」
(凄い)

(これ何回ぐらいくり返した?これ)
「これですか?」
(うん)
「いや、これはもう、」
(え?くり返さずそのまま)
「はい」
(一気に)
「一気に一日で集中して」
(テイク1で?)
「はい、書き、書きます」
観客「へぇ〜」
「そうなんです」
(帰ってもらおうか)
「(笑)ちょっと待って、」
観客「(笑)」
「もうちょっと居て良いですか(笑)」
(これ凄いよね)
観客「凄い」
「そうなんですよ〜書道は、はい」
(へぇ〜、これ、これは師範成れるわ)
「ホントですか?」
(うん)
「ありがとうございます」
(これは凄いよ、これ)
「え〜嬉しいです」
(これは凄い、これホントに)
「そう、」
(どこも失敗無いもん。テイク1でこれだけ出来る)
「(笑)そうですね」
(へぇ〜)
「はい、集中して書くのが大好き」

(まあまあ(着席を促しました))
「あっすみません」
(俺もね、たまに何か店のあれ書いてくれとか言われるんだけども)
「はいはいはい」
(大体一文字で、100回ぐらい書くね)
「あっ、そうですか」
(100回ぐらい書いて出来るか出来ないかだよね)
「へぇ〜」
(それを何文字もあるでしょ)
「すうですね〜」
(凄い事になってきたな、この人は)
「(笑)違います」
観客「(笑)」
「長い間続けてるってだけなんです」
(いやいや、そういう事無い)
「(笑)」
(やっぱ才能がある、長いだけじゃこう出来ない)
「そうなんですか」
(他、他何か、他得意な物あるの?)
「他もう無いです」
(良かった)
観客「(笑)」
「もう出し尽くしました(笑)」

(ゴルフやってんの?それで今)
「そうですね、もう二ヶ月に一回ぐらいラウンドに行く程度ですけど」
(ああそう?)
「はい」
(やっぱり二ヶ月にいっぺんじゃ駄目になってくる、)
「駄目になる。こう年々下手になって行きます」
(あ〜、やってないとね)
「そうなんですよ。小さい頃のこう蓄積が、年々こう少なくなって行って」
(うん)
「ドンドン下手になって行きます」
(もう距離感とかも、短いのが分かんなくなって来る)
「そうなんです、アプローチが一番難しいんですよね〜」
(あれが一番やってないと)
「そう」
(おかしく成っちゃうよね)
「感覚が分からなくなります」
(へぇ〜)

(玉子屋さんはちゃんと後継ぐ人いるの?お兄さん)
「そこ何ですよね〜」
(え?いないの?)
「兄は就職してるので、はい、いないんです、どうしようかな?と思って」
(お兄さん何やってんの?)
「あの、違うテレビ局で働いてるんですけど(笑)」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「(笑)そうなんです」
(ああそう?)
「はい」
(そうすると弟は?)
「弟いないです、兄と私だけなので」
(どうするの?玉子屋)
「ちょっと今考えてるんですよ(笑)。どうしましょう?」
(家族会議でしょ)
「そうですよね」
(うん)
「ちょっとどうして行こうかな?もったいないんですよね、結構長く 続いて、」
(もったいない、どれくらい続いてんの?)
「父親が3代目なので」
(もったいないよね、玉子屋)
「そうなんですよ」
(あっテリー伊藤さんとこもそうだよね)
「そうですそうですそうです」
(玉子屋だよね)
「そうです、テリーさんにはお世話になってます」

(今思い出したけど)
「はい」
(あのオードリーの若林、)
「はい」
(あれ築地生まれだよ)
「あっそうなんですか?」
観客「へぇ〜」
「へぇ〜知らなかっ、(笑)」
(全然チャキチャキしてない)
「(笑)」
観客「(笑)」
「確かに何か????」
(俺驚いた)
「はい」
(「お前築地?」「築地生まれです」)
「へぇ〜」
(築地小学校か何かだよ)
「え〜そうなんですか?」
(うん)
「意外です」
(たまにはああいう人の出て来るんだ)
「そういう事ですね(笑)」
観客「(笑)」

(どうする、あっ築地移転問題もあるじゃない)
「そうなんですよ」
(うん)
「それでもう結構ウチの親とかは」
(うん)
「あの「どうしようか?」って言って」
(どうするんだ、あれ)
「そう、結構大変ですよね〜」
(あれ築地っていうのはあの、場外と場内ってのあって、競りをこうやったり
何かするのは場内っていうとこ)

「そうですそうです」
(で場外にその玉子屋さんとかね、まあ色々あの、え〜まあラーメン屋もあるしな)
「そうですね」
(食堂もあるし、寿司屋もこうあるんですけど、色んな物、包丁売ったりする
とこもあるんだけども)

「うん」
(あっ、あそこの包丁屋さんお世話になった、そんな事どうでも良い)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

CM明け

(あっ占い好き?)
「はい。はい、好きです」
(ゲッターズ来てます)
「おっ」
(ちょっと占って、)
ゲッターズ飯田さん登場
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(事前に、)
ゲッターズ「初めまして、どうも」
「あ〜初めまして、よろしくお願いします」
ゲッターズ「よろしくお願いします」
(綺麗な手してるね)
「ホントですか?」
ゲッターズ「手相、」
(クラ、クラブ握るとき余らない?指が)
「あっもう余らないです」
(余らない)
「(笑)」
ゲッターズ「(笑)」
観客「(笑)」
(俺短い)
「(笑)」
(足りないんだよね、クラブ握って)
観客「(笑)」

ゲッターズ「手相を、え〜見てきまして」
「はい」
ゲッターズ「運命線がですね、ココでこう綺麗に二股分かしてるんですね」
「おっ」
ゲッターズ「え〜こういった手相ある方は、あの一つの職業じゃ無くてもう
  一つ副業がやれたりとか」
「へぇ〜」
(へぇ〜)
ゲッターズ「え〜新たな物が、まあ同時に二つの仕事が出来る方がこういう手相
  しているので。で、これ20代後半から新たな仕事やるっての手には出ている
  ので、」
「じゃぁもうすぎですね」
ゲッターズ「興味ある仕事が」
「はい」
ゲッターズ「始まると思います」
「へぇ〜」
ゲッターズ「で、もう一個の副業がですね、え〜ココの頭脳線っていう線のここ
  からグッってこう上がってるんですが」
「はい、はい」
ゲッターズ「こういう方はあの不動産王に多いので」
((笑))
「(笑)」
ゲッターズ「多分、」
「不動産王ですか?(笑)」
ゲッターズ「不動産業に手を出すと思います」
「(笑)」
ゲッターズ「手を出すというか、そういった物に関わると思います」
(そんな、そんな線がある?)
ゲッターズ「はい」
「そしたら上手く行くんですか?」
ゲッターズ「物凄い上手く行きますね」
「へぇ〜」
観客「へぇ〜」
(はぁ〜)
「それ良い事聞きました」
ゲッターズ「はい、なので非常に良い星を持っています」
(へぇ〜)
「お〜、嬉しい」

ゲッターズ「で生年月日とお名前からも見まして」
「はい、はい」
ゲッターズ「こちらでもあの不動産の線が出てたんですけども」
「へぇ〜」
(凄いね)
ゲッターズ「はい。基本的かなり上品でしっかりしたタイプなんですが」
「はい」
ゲッターズ「超頑固っていうクセが」
「(笑)」
観客「(笑)」
あ ゲッターズ「あるのと、意外と人の話を聞かないっていう」
「(笑)」
ゲッターズ「クセがある」
「メチャメチャ当たってますね」
ゲッターズ「ちょっとお転婆な所と、」
「はい」
ゲッターズ「え〜おっちょこちょいな所と」
((笑))
ゲッターズ「え〜、部屋は凄い綺麗にするんですが」
「はい」
ゲッターズ「一部はクチャクチャでも平気みたいな」
「(笑)」
ゲッターズ「極端な所が」
「はいはい」
ゲッターズ「ホントは出やすいタイプです」
(ああそう?)
「はい、そうですそうです」
ゲッターズ「はい」
(へぇ〜)
「凄い。え〜」

ゲッターズ「細かくはタモリさんの方にお渡ししてます」
(はい、これ面白い)
「え〜当たってる〜」
(今年から良い、良いんですよね、なかなか)
ゲッターズ「今年、はい、凄い今良い所に入ってるので」
「あっそうなんですね」
ゲッターズ「さらに年末に向けて運気の流れは良くなります」
「お〜」
(これ注意した方が良いです)
「何ですか?」
(やけ食い、ヤケ酒で大失態をする可能性がかなり高い)
「(笑)」
観客「(笑)」
(え?)
「良かったです、聞いといて」
((笑))
「注意します」
(やりますか?たまに)
「やけ食いはしますね」
(する?)
「はい」

(恋愛運)
「うん」
(告白されると逃げてしまうっていう)
「(笑)」
観客「(笑)」
(え?)
「まあ、そうかも知れないですね」
(ああそう?)
「はい」
(と言うのは、自分が好きでいたい気持ちが強いから)
「あ〜」
(うん)
「ありますね」
ゲッターズ「プラスちょっと、ちょっとプラス臆病なんです」
「あ〜」
ゲッターズ「好きでいたいけど、」
(うん)
ゲッターズ「来られると「いや、そうじゃない」みたいな」
「あ〜」
ゲッターズ「急にビビってしまう所が出やすいのと、」
「はいはい」
ゲッターズ「昔の恋をやたら引きずるクセがあるので」
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「ホントですか?(笑)」

二度目のCM明け

山岸舞彩さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

「???なりたいです」
(百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で、前後賞あります。初出場初ゲットで行ってください)
「ええとですね、」
(うん)
「まああの、先ほど玉子焼き屋の話をしたんですけど」
(玉子焼き、実家)
「はい」
(ええ)
「実家の玉子焼き、山勇で、え〜玉子焼きを買った事がある人」
(あ〜、山勇、何人いると思いますか?)
「1人」
(1人?)
「1人だと思います」
(築地「山勇」で玉子焼きを買った事がある、1人、スイッチオン)
「怖い」
築地の「玉子焼 山勇」で玉子焼きを買った事ある人・・1人
(お〜)
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「凄〜い」
(いた)
観客「(拍手)」
「凄い??、ありがとうございます、ありがとう、」
福井アナ「どうぞ???」
「ありがとうございます」
観客「(歓声)」
「イェ〜」
(イェ〜)
観客「(歓声)」
「ゲット???」
観客「(拍手)」
「嬉しい」
観客「おめでとう〜」
「いや〜嬉しい」
(へぇ〜、あるんだね)
観客「凄い」
「当たるもんですね」

観客「誰?」
「え?誰ですか?誰ですか?」
(あっあなた)
最前列中央付近の観客でした
「ありがとうございます」
(へぇ〜)
「すみません、ありがとうございます」
(知ってたの?山勇)
該当女性「はい、ネットで調べて行きました」
(ホント?)
「あ〜ありがとうございます」
観客「へぇ〜」
(凄い)
「嬉しい〜」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
(へぇ〜、凄い)
「いや嬉しいです。ありがとうございます」

(それじゃ明日のゲストご紹介しましょう)
山岸「はい」
(この方です)
バイオリニストの高嶋ちさ子さんの写真が表示されました
(あ〜)
観客「おぉ〜」
(久しぶりです)
福井アナ「もしもし」
高嶋「あっもしもし、はい」
福井アナ「あっ今代わります、ちょっとお待ちください」
高嶋「はい、はい」
(??どうも)
福井「??」
((笑))
山岸「(笑)」
観客「(笑)」
(お久しぶりです、タモリです)
高嶋「あっどうもご無沙汰してます」
(どうも。え〜明日「いいとも」ですが大丈夫ですか?)
高嶋「はい、よろしくお願いします」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
高嶋「はい、よろしくお願いします」
(失礼します)


明日のゲストは 高嶋ちさ子さん




いいともニュース
・三村マサカズさんが火曜レギュラーから移動して来ました。
  (相方の大竹一樹さんは移動無しのため、さまぁ〜ずさんは
  爆笑問題さんと同じくコンビがバラバラになります)
・田中裕二さんは金曜日に移動となりました。

・2013年入社の新人アナウンサー3人の紹介がテレフォンショッキング
 冒頭で行われました。
 木村「フジテレビ新人アナウンサーの木村拓也と申します」
 内田「内田嶺衣奈です」
 三上「三上真奈です。どうぞ、」
 全員「よろしくお願いします!」





女性がいくら恋しても振り向いてくれない・・・
オネメンコンテスト

進行役・千原ジュニア、イサムちゃん(ONEP)、生野陽子
審査員・香取慎吾、三村マサカズ、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、(タモリ)
    ゲストの林修さん
出演者・ONEPさん

    ・ONEPさんは浴衣で登場し29日に行われた握手会について報告。
    ・タモリさんはONEP登場辺りまで出演し、コーナー終了間際に
     戻って来ましたが詳細は不明です。

イケメンだけどオネエという人のコンテスト。
レギュラー1人とと「オネメンチャレンジ」を行い、勝つと賞金
1万円獲得。他に「いいとも公認オネ免許」獲得

1人目
 紹介文・「短髪とヒゲが似合うクール系オネメン」
 オネメン・アケミさん(28歳/飲食業)
 好みは?・香取慎吾さん
 チャレンジ・武井壮さんと手押し相撲対決し敗北

2人目
 紹介文・「48歳のダンディオネメン」
 オネメン・達也さん(48歳/)
 好みは?・−−
 チャレンジ・三村さんと手押し相撲対決し敗北





ワケあり人間カジノ どっちベガス
進行役・香取慎吾
ディーラー・下記
解答者・タモリ、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、
    ゲストのさん


見た目では分からないが訳ありエピソードを持つ人が登場するので
ディーラーが二択形式でプレゼンするエピソードのどちらなのかを
当てるクイズ

一問目が登場
 A・(ディーラー 林修)
 「一輪車を漕いでいる人の上に立ち、さらに逆立ちまでしてしまう女性
   (スイスのフェスティバルで最優秀賞を取るなど、シルク・ド・
   ソレイユに登録されている数少ない日本人パフォーマーの一人)
 B・(ディーラー 三村マサカズ)
 「フラフープを回している人のフラフープをいつの間にか自分一人で
  回してしまう女性

   (フラフープをしている人の下から入り、いつの替わってしまう。
   昨年スペインで行われたパフォーマーの大会で準グランプリ受賞)

 解答
  Aが正解だと思う人・タモリ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃
  Bが正解だと思う人・武井壮

 正解「A」
  ・パフォーマーのCHEEKY!!さん
  ・一輪車世界大会チャンピオンのDAIKIさんとサーカスユニット
   「Witty look」を組んで活動している
  ・2009年にシルク・ドゥ・ソレイユの登録波ファーマーになった。
  ・生放送でパフォーマンスを披露するのは今日が初めて。





林先生の名作授業 20文字で要約王
進行役・三村マサカズ、福井謙二
審査員・林修さん
出演者・タモリ、香取慎吾、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮


指定されたテーマの名作小説を20文字以内に要約するというコーナー

今回のテーマ「桃太郎」

林先生の模範解答
 標準的な解答
 「桃から生まれた少年が鬼退治をする物語」
 別パターン(生意気は生徒が書きそうな答え)
 「鬼退治により己の存在意義を示す少年の物語」

解答
 「謎の少年が買収した動物と鬼を殴る物語」(渡辺直美)
 「獣達とのパーティープレイで鬼を倒す冒険物語」(武井壮)
 「昔昔爺山婆川桃割る男産犬雉猿餌団子鬼退治完」(千原ジュニア)
 「どんぶらこと桃。子供が出てきて鬼に勝った」(指原莉乃)
 「鬼倒し宝奪う家来は動物桃から生まれた人間」(香取慎吾)
 「老夫婦にできた子を桃から産まれたと偽る話」(タモリ)

林賞に選ばれたのはタモリさんの要約でした。





曜日対抗いいともCUP
「海開き直前 ウキウキ輪ッチングでお尻リレー」
後ろ向きでお尻を突き出し、そこに浮き輪をはめて後ろ向きのまま
コースを走って行くゲーム。浮き輪をバトンにリレーしていきます

参加者・香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮

記録・32.05秒

月曜日 32.05秒(4)火曜日 (6)水曜日 (1)
木曜日 (11)金曜日 5優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
林修さん(オネメン/どっちベガス/20文字で要約王/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る