今日のいいともニュース
2013年7月4日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
西田ひかる、YOU、飯尾和樹、ダックス。、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは西田ひかるさん 昨日 藤あや子さん明日 高橋 優さん
宣伝・下記 花束・多数(関係者) 

宣伝は25周年記念DVD「あれもこれもPV Collection」、コンサート

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「こんにちは〜」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「(笑)ご無沙汰してます」
(どうもどうも)
「こんにちは〜」
観客「(拍手)」
「よろしくお願いします。うわ〜凄い」
観客「綺麗〜」
「(笑)ありがとう〜」
(このコーナー、何と13年ぶり)
「そう」
観客「へぇ〜」
「ビックリしました」
(そんな経ちますかね?)
「みたいですね〜」
(へぇ〜)
「まだ結婚はする前で」
(前、前)
「何か前回は舞台を、ミュージカルの関係で、タモリさんがあのフラメンコの
歌をくださ、」
(そうそう、歌って踊った)
「で私がココで、何かこんな踊ったみたい」
(そう、あれから13年)
「はい」
(早い。まあまあどうぞ)
「あっすみませ〜ん、お願いします」

((花束)山野楽器から来てます)
「あっ、はい、昨日イベントやったとこ。あのCDと、今度DVDが今月出るのでね」
(へぇ〜。ポニーキャニオン来てます)
「はい。あっこれがこのDVDの名前で」
(これ?)
「「あれもこれもPV Collection」で」
(ええ)
「あの昔のプロモーションビデオとか、」
(あっ全部入ってるの?これ)
「はい」
(へぇ〜)
「あと、あっ色々セレクトされて、コンサートの映像もちょっとセレクトされて
入ってるんです」
(へぇ〜)
「あとライブもやるんでいただきました。東名阪で。もうそれも凄い久しぶりに
ライブを(笑)」
(やるの?)
「はい」
(へぇ〜)
「東京が8月の9,10で、8月24名古屋で、」
(うん)
「ええと9月6日が大阪」
(やりますか)
「はい」
(はぁ〜)
「来て下さい」
(デビュー20、何か今年25周年の人多くないかね?)
「あっ、昨日の藤さんも、私同期なんだって初めて知りました(笑)」
(25周年、今年色々ミュージシャン多いんですよ)
「はい」
(へぇ〜)
「多いです」

(あれから13年)
「はい(笑)」
(これ出て。2002年か?)
「2002、」
(2年ぐらいだよね)
「結婚するほんと直前、」
(結婚は何年?)
「2002年です」
(あっそのちょい、直前だ)
「5月なので、そうですね」
(2000年ぐらいか)
「そうですね」
(2000年ぎらいだ、そうだ13年って俺言った)
「13年か。13年ね」
(2000年)
「13年だから2000年ですね」
(へぇ〜、まあ)
「はい」
(あっと言う間の13年)
「???ちょっと緊張するわ」

(結婚されて、アメリカ行きましたよね?)
「アメリカ行って」
(うん)
「主人の仕事の関係で、」
(うん)
「ええとアメリカに当時仕事をしていたので、アメリカに行って」
(行って)
「で、そこで長男が産まれて」
(産まれて)
「で日本でいよいよ帰って来るってなった時に、」
(帰って来て)
「主人が関西の出身で」
(うんうん)
「それで関西に、ええと兵庫県の西宮市」
(あっ、に)
「甲子園球場とかがある」
(うん)
「はい、」
(へぇ〜)
「西宮に住んでいて、もう、7年ぐらい」

(で次、次男はこっちで産まれた?)
「いえ、もう何か揃、揃えてあげようっていうのも変なんですけど」
(揃えてあげる?)
「(笑)」
観客「(笑)」
(アメリカ産で?)
「下もアメリカで、はい(笑)」
((笑))
「(笑)」
(「アメリカで揃えてるあげる」)
「何か、まあ主人もまだ仕事も、今でもあって」
(うん)
「あの年に何回かは、あの主人は仕事で行っていて」
(あっホント?)
「はい。であの、向こうにもあの、あの家があるので」
(あっそうですか?)
「はい、夏休みとかはなるべく行くんですけれど」
(うん)
「何か、私の友達もインターナショナルなお友達が多くて、帰国子女とか」
(大体そうですよね)
「はい」
(アメリカ育ちですよね)
「そうですね、中学1年までアメリカで」
(アメリカだったんだよね)
「で、帰ってきてからもアメリカンスクールに」
(あっそうだよね)
「はい、行ったので」
(へぇ〜)

「だからあの、何かそのお友達とかは、結構兄弟産まれた場所が違って」
(うんうんうん)
「例えば一人目がアメリカで、二人目が違う所だと「どうして俺だけアメリカ
じゃ無いんだ」みたいな感じで」
(あっ言うの?そういう、子供)
「結経ね、兄弟ゲンカって言うか、こう根に持つみたいです、親に」
(へぇ〜)
「そういう兄弟に限って、」
(うん)
「お兄ちゃんの方は全然アメリカ興味無くって」
(うん)
「下の方は何か留学したりしたり仕事したかったりするのに」
(うん)
「何か」
(そういう事あるんだ)
「あるみたい」
(「何で俺だけアメリカじゃねんだよ」って事なるの?)
「ええ」
(じゃぁ揃えたんだ)
「まあ何となくね」
((笑))
観客「(笑)」
(急いで揃えたんだ)
「あの揃え、幼稚園も取りあえず揃えてみようかな?とか」
(へぇ〜)
「(笑)」
(今のとこ文句なし?それじゃ)
「文句無しですね。洋服も揃えても」
(へぇ〜)
「文句無し(笑)」
((笑))
観客「(笑)」

(ご主人は、どういう方なんです?)
「あの、関西の出身で」
(あ〜)
「今までホントに関西のお友達も、もうホントに1人女の子がいるくらいで」
(うん)
「だから関西の文化?」
(うん)
「は凄く、」
(違う?)
「違うし、勉強になりました」
(へぇ〜)
「昔はホントに関西便も聞き取れない感じだったんですけれど」
(うんうん)
「主人も、結構あの「お前」って言う時は、こうやっと友達に?こう受け入れ
られて」
(うん)
「あのこう、仲閧ノ入れた証言だから「お前な〜、違うやろ〜」とかって言わ
れたら、それ愛情表現だからねって、こう言われたりとかして」
(ほぉ〜)
「最初はでもちょっと何かカチンと来ましたね」
(ああそう?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「何、何で、何でこんなに知らない人に「お前」って言われるんだろ〜?と思って」
(へぇ〜)
「今は全然それ心地よくって」

(関西、関西の人ってやっぱりあれなの?阪神ファンなの?)
「阪神ファンです。ウチは球場から車で約10分15分で」
(じゃぁ小っちゃい時から)
「はい」
(阪神ファン?)
「結構あの、甲子園球場って大阪のディープな所にあるっていう風に思っ
てる方が多いですけれども」
(うんうん)
「凄い爽やかな、海の近くのこの西宮にあって」
(うんうん)
「で、これがまた家の周りに阪神の選手がいっぱい住んでるんですよ」
(へぇ〜)
「で、あの主人ももう凄く好きで」
(うん)
「で例えば車でパッと、パッとすれ違っただけなのに」
(うんうん)
「「あっ誰々や」とかね」
(へぇ〜)
「こう(笑)、何で分かるんだろう?っていうぐらい」

(巨人ファンでは無い?)
「(自分は)もう凄い巨人ファンです」
観客「(笑)」
(え〜?)
「もうだからちょっと一昨日からね、」
(これどう?野球見るときどうする?別々に見るんですか?)
「いや、あの一緒に見るんです、野球見に行くのも凄く好きで」
(うん)
「アメリカでも野球凄く観に行ってたんですけれども」
(うん)
「あの日本だと、」
(うん)
「まあプロ野球なるんで。でも今までやっぱりあの阪神巨人戦は」
(は、)
「観に行けてないの」
(ああそう?)
「もう、ちょっと、何かどうも抵抗感があって。しかもその甲子園球場に観に
行くのが抵抗あって」
((笑))
「あの、一応、でも甲子園球場どんなんかな?って気になるんで」
(うん)
「交流戦とかは行ってるんですよ、結構毎年」
(ああそう?)
「交流試合、」
(うんうん)
「あの阪神タイソフトバンクとか、あの、ねっあの日ハムで、ダルビッシュが
当時いらっしゃった時は」
(うん)
「阪神対日ハムとかね」
(へぇ〜)
「(笑)」

(で家でどうするんです?見てて)
「え?」
(見るでしょ?)
「どっちかが無言になるんですよ」
観客「(笑)」
(はぁ〜)
「主人は、阪神が勝つと、」
(阪神が負けるとどう、どうするんですか?ご主人は)
「あっ何か横で気がついたら寝てたりしますね」
(ふて寝してんの?)
「何か静か〜になって、テンション下がって」
((笑))
「で勝ってると、」
(うん)
「もう夜中の1時くらいまで、全部チャンネル、スポーツニュース」
(全部見るの?)
「はい」
(はぁ〜)
「渡り歩いて。「あっ今11時半だから何チャンネル、あ〜何チャンネル、あ〜
何チャンネル。で1時過ぎると「あっBSで再放送」とか(笑)」
((笑))
観客「へぇ〜」
(凄い徹底してるね)
「凄〜い、だからね、あの面白いです。もう阪、だからホントに関西人の事を、」
(うん)
「凄く、ちょっと恐れてたんですけれども、主人の居たお陰で」
(うん)
「あの、凄く理解、理解って言ったら変ですけれども、何か「あっ、」」

(段々分かって来るようなった?)
「うん、値切る事とかも、」
(値切るの?)
「はい」
(ご主人、ご主人良いとこの出ですよね?)
「(笑)全然普通ですけども」
(ええ)
「あの別に生活に困っては無いれすけれど(笑)」
観客「(笑)」
(アメリカに家がありますよね)
「はい」
(全然困ってないですよね、生活にね)
「ですけど値切るんです」
(ほぉ〜)
「値切る事に惜しまないのに、もう最初ビックリして」
(それどの辺のクラスだと値切るんですか?その店)
「どれも」
(どれも?)
「はい。私はアジアだけなのかな〜?とか、値切りやすい市場みたいなある
じゃないですか」
(うんうんうん)
「タイとかこう、値切るのが楽しいような場所」
(うん、うん)
「じゃ無くって、デパートはビックリしました」

(デパートで値切る?)
「うん」
観客「へぇ〜」
(え?外国のデパート値切る、値切る?)
「はい。でも値切るって、何かいきなり「これまけてよ〜」って言いそうな
感じでしょ?」
(うん)
「そうじゃ無くって、お店に入って、」
(うん)
「店員さん選びから始まるみたいなんですよ」
(はぁ〜)
「どうも私も10何年見てますけれど」
(ああそう?)
「で「あっお兄ちゃん、これ最近どうなん?」みたいな話が始まって」
(うんうん)
「「あ〜お店はどうなの?どんな、最近景気どんな?」とか」
(うん)
「長いんですよ」
(店に入って景気の話するわけ?)
「します。もうタクシーは絶対「今売上げ大体1日なんぼ?」とか」
(商売人ですね)
「「もうオッチャンどうしてんの?これいつもスピード」何かね、」
(うん)
「「この辺いつも取り締まってるやろ」とか」
(へぇ〜)
「私はもう絶対乗ったら、もうシ〜ンって座ってるんですけど(笑)」
(凄い)

CM明け

(じゃぁ勝、勝負)
「へぇ〜面白〜い。はい」
(子供も、は今日本の学校でしょ?)
「あっ日本の学校ですね。ですからさっき言ったように、もう「めっちゃ
何とかやねん」って感じで関西弁なんですけど」
(でも向こうの学校とやっぱり違うでしょ?)
「違いますね、もう日本の学校、今怖れてるのは、もうすぐ夏休みなん
ですよ」
(うんうん)
「で、もう荷物も凄い多いのにビックリしたんです、まず。アメリカは、」
(小学校って多い?うん)
「結構教科書全部配布されて、で大体は小学校の間はもう学校に置いといて。
で名前書くんですよ」
(うん)
「で、年の終わりに返すの」
(うんうんうん)
「でその教科書7年、7人か10人ぐらいみんな使える用に、こう名前書く欄が
10個ぐらい空いてるの」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「で、何年使った。だから「あっ去年は誰々が使ったんだ」って」
(使ったんだと分かる)
「分かるんですよ」
(じゃぁ申し送りこうなるんだ)
「そう」
(へぇ〜)

「で、あの美術のまあハサミとかクレヨンとか。それも学校にずっと学校の、」
(置きっ放し?)
「置きっ放しです。で学校が提供するんで」
(う〜ん)
「持って行くのはリュックサックと、で宿題って言っても「じゃぁ今日の宿題」
って言って、こうペナペナなワークシート?」
(うん)
「を、くれて」
(うん)
「持って帰ってきて次の日、もうお弁当と一緒に持って行くぐらいなんですけど」
(大体ペラペラ1枚?)
「まあ何枚かあっても、まあでも数枚じゃないですか?」
(はぁ〜)
「で、学校だと、こっちだと何か算数だけなのにドリルが2つあったり」
(うん)
「「何で一冊に出来ないの?」とか(笑)」
(へぇ〜)
「ドリルが二冊とか、国語も何かドリルがあったり」
(うんうん)
「でノートがあって、」
(うん)
「で連絡帳があって」
(うん)
「で下敷きも鉛筆箱も全部入って」
(うん)
「凄い大変だな〜と思って」

(いや、俺らの頃はそんな無かったけど、今大変なんだ、小学生)
「はい。で、」
(荷物が)
「で、あのピアニカとか鍵盤ハーモニカとか、」
(ありますあります)
「そういうのも全部持ってって。あと上履きも、あと体育館シューズと持って
行くんです」
(うん)
「最後に全部持って帰ってくるんですよ、本人が」
(ええ?)
「あの子どうするの?ウチの子どうするのかな?と思って(笑)」
(凄い荷物になるじゃない、それ持って帰る)
「そう、ねっ何か結構機転の利く子は、」
(うん)
「まあ大概女の子みたいなんですけれど」
(うん)
「もうこの後この授業が無いって分かると、早めにちょっとずつ持って帰って
来るんですけど」
(へぇ〜)
「絶対ウチの子は「持って帰ってきてよ」っていう物は持って帰ってこないし
「体操服、これ洗ったから置いといてよ」って言っても、また持、往復して
持って帰ってきたり」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)もう重たいって言わないでしょって言いながら、もう3日間くらい体操服
こうカバンに」
(行ったり来たり)
「行ってはまた帰って」
観客「(笑)」
「でも、何か金曜日になってしまって、もう良いよ今日持って行かなくってって
なったりね」
(へぇ〜)
「(笑)」
(そんなに多いんだ、今)
「そう」
(へぇ〜)

二度目のCM明け

西田ひかるさんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(ミュージカルの方が難しいんじゃ無い?)
「そうなんですよ」
(あっ百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞が真ん中で、前後賞ありますよ)
「あ〜欲しい」
(何行きましょう?)
「あっあの、なので今関西に住んでおりますので」
(うん)
「今日、」
(うん)
「私朝飛行機で来たんですけれど、きっと関西から入らっしゃった方いると
思うんですけれども、」
(うん)
「あ〜少ないかな〜?どうかな〜?」
(いや、100人中どれくらい)
「あっ飛行機に限定しようかどうしようかな?」
(あっ関西から飛行機で来た?)
「うん、限定しすぎかしら?」
(いや、良い。それ人数によりますから)
「で一人で来るよりもお友達と、」
(まあ大体友達と来ますからね)
「遊びに来たとして」
(うん)
「関西から飛行機で来た人2人」
(2人?)

観客「ぇ〜」
「「え〜」って何?」
観客「(笑)」
「え?違う?もっといっぱいいる?」
(いや、)
「もっといっぱい?えっ何か「どうする?どうする?」で何を相談してるの
かな?」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)それってどういう事かな?」
観客「(笑)」
「え?もっと多いのかしら?」
(「どうする、どうする」って)
「「どうする、どうする」(笑)」
観客「(笑)」
(分かるでしょ?自分が飛行機で来たか)
観客「(笑)」
(新幹線で来たかって)
「そう、今朝ですからね(笑)」
(「ねえねえ、あれ飛行機?」)
観客「(笑)」
「(笑)」
(あり得ないでしょ)
「どうかな?飛行機で2人?」
(2人?じゃぁ、)
「ええ」
(関西から今日飛行機で来た、2人、スイッチオン)
関西から今朝飛行機に乗って観覧に来た人・・5人
(え〜?)
観客「あぁ〜」
(へぇ〜5人)
「やっぱり〜?」
(結構、)
「凄〜い」
(あそこまで首振ってたのにね)
観客「(笑)」
「やっぱりね、あれが怪しかったですね」
(怪しかった)
「???」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
「はい」
高橋優さんの写真が表示されました
(おっ、橋さん)
倉田アナ「もしもし。もしも〜し」
橋「もしもし」
倉田アナ「「笑っていいとも」と申しますが、今タモリさんにお代わりいた
  します」
橋「はい、お願いします」
(もしもしタモリです)
橋「あ〜どうも高橋優です」
(どうも、ええ。あの「いいとも」ですが明日大丈夫ですか?)
橋「いいとも〜!」

明日のゲストは 高橋 優さん




2013年知っとくベッキーワード!
進行役・ベッキー、
解答者・
  タモリチーム・タモリ、山崎弘也、綾部祐二 
  つるべチーム・笑福亭鶴瓶、又吉直樹、ゲストの飯尾和樹さん


最新ワードの意味にについて6つのワード(ヒントワード×3、ダミー
ワード×3)を使って解答するというクイズ。

第一問・梅雨の季節に大活躍「レイコップ」
    観客の知らない度・55人(100人中55人が知らない)
 ワード
  「布団」「刑事」「叩きながら」「サービス」「占い」「掃除機」
 解答
   綾部祐二「取調中に掃除機をかけてくれる刑事のサービス」
   又吉直樹「刑事を叩きながら布団干す事」
   飯尾和樹「(トーナメント表)」
   綾部祐二「占いでラッキーアイテムが布団と掃除機で困った」
   笑福亭鶴瓶「叩きながら布団を乾燥する掃除機」
   (鶴瓶さん正解で終了。つるべチーム55点獲得)

 正解「布団を叩きながらダニを吸引する掃除機」
   ・「レイコップ(19800円)」
   ・通販ランキング掃除機部門で今年2月から6月の5ヶ月間連続1位、
    売上げ150万台の大ヒット。
   ・たった1分で天日干しの約10杯の除菌効果がある梅雨のダニ対策に
    大注目の最新家電

第二問・世界中の「コロボ」
    観客の知らない度・67人(100人中67人が知らない)
 ワード
  「油」「コロンビア」「オーブン」「3兄弟」「月9」「揚げ物」
 解答
   山崎弘也「コロンビアの揚げ物を全て食べてしまった伝説の3兄弟」
   タモリ「今回の月9はキムタク主演「揚げ物3兄弟」」
   山崎弘也「今日はコロンビアの3兄弟に来てもらってます!オーブン!」
   タモリ「オネエ3兄弟です、カーテンオープン」
   (時間切れ終了)

 正解「油を一切使わずに揚げ物を作ることが出来るオーブン」
   ・「corobo(コロボ)(17800円)」
   ・油を使わず揚げ物を作る事が出来るダイエットにも効果的なオーブン
   ・全世界で1900万台売上げている大人気シリーズ

タモリチーム0点、つるべチーム55点でチーム勝利




イタズラ心のある似顔絵コンテスト!
進行役・山崎弘也、
審査員・笑福亭鶴瓶、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、倉田大誠
    ゲストのYOUさん、飯尾和樹さん

    (タモリさんはコーナー参加せず)

ゲストをイタズラ心あふれる似顔絵のコンテスト
優勝者には賞品(デコレーションされたライター)獲得

今回のテーマ「YOUさん」

1人目の作品
 出場者・リップさん(30歳/マルチアーティスト)
 テーマ「きょうのわんこ」
     (毛の量が豊富なパピヨン(犬種)になったYOUさんをアクリル
     絵の具で描いた作品)

2人目の作品
 出場者・31歳男性(過去数回優勝の常連さん)
 テーマ「スターウォーズの名優」
     (YOUさんがヨーダになり、その背後にC-3POになったタモリ
     さんがいる)

3人目の作品
 出場者・まきさん(46歳女性)
 テーマ「ファッションモンスター」
     (YOUさんがフリンジ(房)付きのブーツになった作品)

審査結果・3票獲得の2番と3番の同時優勝(他は1番1票)

次回のテーマは北斗晶さん




おもわず鏡を見てしまう!ホクロ鑑定
進行役・綾部祐二 
出演者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのYOUさん、飯尾和樹さん
鑑定役・ゲストの宮本和幸(ダックス。)さん、相方のヤジマリー。さん

    (タモリさんはコーナー参加せず)

 ホクロ鑑定とは
 ・人相学の一種で中国で2000年前に確立された統計学を交えた鑑定
 ・分かることは「性格」「体の悪い所」「未来へのアドバイスや警告」
 ・判断基準は
  「位置」体の場所により意味が全部で150種類以上。
  「色」濃いとポジティブ、薄いとネガティブ。
  「大きさ」その位置にあるホクロの意味の度合いを示す。

 「飯尾和樹のちょっと気になるホクロ」を行う予定でしたが
 鶴瓶「いやいや、でもホクロ、飯尾のホクロを見たってそんなにオモロない
   と思うよ。飯尾の人生」
 飯尾「師匠、冷静なっちゃ駄目です」
 鶴瓶「いやいや、飯尾のギャグ見た方が面白いと思う」
  綾部さんは進行しようとしていましたが、観客や出演者から鶴瓶さんの
  意見に賛同の声が上がり
 鶴瓶「飯尾なんか一つ一発ギャグやって」
 飯尾「良いですか?じゃぁセンター行かせていただきます」
  飯尾さんがギャグ披露
 鶴瓶「俺ずっと思ってんねけど、タモさん居てないし、タモリさんをココに
   呼ぶためには、何かちゃう事せなあかんと思うねん、ホクロなんて。
   でコイツ、お前ダックス。」
 宮本「はい」
 鶴瓶「何か漫才やろ?」
 綾部「コンビです、コンビ、もちろんコンビです、はい」
 宮本「はい」
 鶴瓶「いつもコンビ来てるやん、アイツな」
  ステージ脇にいる宮本さんの相方の矢島さんが写り、
 鶴瓶「お前来い、ちょっと来い」
 綾部「ハンパじゃ無くビックリしてる」
  矢島さんがステージに上がり、鶴瓶さんの要求により予定外にコンビで
  漫才を披露する事になりました。コンビが打ち合わせ中
 鶴瓶「これタモリが絶対出て来ると思う」

 ダックス。さんが2分間強のネタ披露。終了後
 鶴瓶「タモリ!出て来い!」
  タモリさんは登場せず、その後CMに入りました
  (鶴瓶さんは似顔絵コンテストのコーナー中もタモリさんに
  出て来るように呼びかけていました)




曜日対抗いいともCUP
「海開き直前 ウキウキ輪ッチングでお尻リレー」
後ろ向きでお尻を突き出し、そこに浮き輪をはめて後ろ向きのまま
コースを走って行くゲーム。浮き輪をバトンにリレーしていきます

参加者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、倉田大誠

記録・33.07秒

月曜日 32.05秒(4)火曜日 27.29秒(6)水曜日 26.57秒(1)
木曜日 33.07秒(11)金曜日 5優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
YOUさん(似顔絵コンテスト/ホクロ鑑定/エンディング)
飯尾和樹さん(ベッキーワード/似顔絵/ホクロ鑑定/エンディング)
ダックス。さん(ホクロ鑑定/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る