今日のいいともニュース
2013年7月8日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
戸田恵梨香、林修、橋本じゅん、唯月ふうか、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストは戸田恵梨香さん 金曜 高橋 優さん明日 時任三郎さん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「SUMMER NUDE」

花束は高橋克典さん、広末涼子さん、MEGUMIさん、加瀬亮さん
  山下智久さん、板谷由夏さん、香里奈さん、堤幸彦さん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「可愛い〜!」
観客「(歓声)」
「???」
観客「可愛い〜!」
観客「(歓声)」
観客「可愛い!」
(お久しぶり)
「お久しぶりです、よろしくお願いします」
観客「(拍手)」
(どうぞどうぞ)
観客「細い」
(細いね)
「(笑)」
観客「細〜い」
(細くなった?)
「いや、体重的には変わらないんですけどね」
(変わんない?)
「はい」
(へぇ〜)

((花束)来てます、いっぱい)
「いや〜凄いですね。嬉しいです」
(おっ山ピー)
「山ピー、はい、ありがとう、」
(山ピーはいつも言うようにね、自分の名前の方が大きすぎる)
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「さすがです」
(あのピーは何を考えてんの)
観客「(笑)」
「(笑)」
(ねえ、これ、香里奈ちゃんとかちゃんと、ねえ)
「はい」
(広末もちょっとデカイ)
「(笑)」
観客「(笑)」
「事務所の先輩なんですけど」
(あっ、加瀬さん来てます)
「はい、ありがとうございます」
(これ(花輪「SUMMER NUDE」)ですか?今日からでしょ?これ)
「はい、今日から「SUMMER NUDE」オンエアです」
(あ〜)
観客「(拍手)」
(「SUMMER NUDE」)
「(笑)」
(花輪の垂れ幕に山下智久さんを中心に出演者の絵が描かれていて)
(デカイ字が真ん中いますよ、デカイ字)
「(笑)」
観客「(笑)」

(何、何なの?この「SUMMER NUDE」ってのは)
「これはですね、」
(ええ)
「夏の海を舞台にした」
(うん)
「恋愛群像劇なんですけど。まあ、」
(恋愛群像劇)
「(笑)はい、あの、」
(恋愛群像劇って何?)
「私は、」
(その辺で恋愛しまくる訳ですか?)
観客「(笑)」
「そうなんですよ、あの私は山ピーの事を10年片思いをしていて」
(うん)
「で、もしかしたら山ピーと香里奈さんがどうなるか」
(うん)
「で、山ピーは長澤まさみさんの事を好きで。で、私の事をまた別の人が
好きで。で香里奈さんの事をまた別の人が好きでっていう、」
観客「(笑)」
観客「へぇ〜」
「もう四角、五角、六角形恋愛、」
(はぁ〜いわゆるグッチョングッチョン群像劇)
「グッチョングッチョン(笑)」
(グッチョングッチョンなってる訳だね)
「はい、「SUMMER NUDE」グッチョングッチョン」
観客「(笑)」
(SUMMER NUDEグッチョングッチョンなってんだ)
「はい。でも何か、皆さんに共感してもらえるような」
(あ〜)
「ちょっとドキドキする恋愛話になって」
(で中心、山ピーは結局は一番良い思いする訳だね)
「(笑)」
観客「(笑)」
(このピーが)
「そうですね、このピーが」
(このピーがね)
「はい」
(ホントにいいね、色男ね)
「(笑)」

(ピーは普段どうなの?)
観客「ピー(笑)」
(ピーはね、俺の前では凄い真面目だよ)
「いやピーは、」
観客「(笑)」
「凄い真面目な方なんですけど」
(うん)
「少〜し抜けてる所があって」
(ああそうなの?)
「そうなんです、ちょっと面白い人ですね、やっぱり」
(あっホント?)
「はい」
(どう、どういう風に抜けてるの?(笑))
「何か、今スケジュールが凄くタイトなんですよ」
(うんうん)
「で、まあ大体朝の3時とか4時ぐらいから起きて、そこから撮影して」
(うん)
「夜中の12時くらいまで撮影が続いて中で」
(うん)
「インして一ヶ月経った今、やっとスケジュールが凄くキツイっていう事に
気付いたらしくて」
観客「(笑)」
(ええ?初めから分かるでしょ?そんな)
「いや初めから分かる事なんですよ」
(うん)
「何だけど「これ、」メイクしてる最中だったんですけど」
(うん)
「「これ今気付いたんだけど、スケジュールきついよね」」
((笑))
観客「(笑)」
「って言い始めて。「今さら?」って」
((笑))
観客「(笑)」
「「ピー遅いね」って」
観客「(笑)」
(遅いね、初日から分かるはずじゃないね)
「そうなんです」

(何、何で?全部押せ押せになってるの?)
「あの、やっぱり梅雨が入っちゃって」
(あ〜、うん)
「海はやっぱり晴れてないと」
(なるほど)
「絵にならないので」
(妙に曇ってたもんね)
「そうなんですよ」
(空梅雨だけどね)
「はい。それでスケジュールがどうしてもキツクなってしまって」
(はぁ〜、じゃぁ晴れるまで待てとか、今日は無しとかいう風になってた?)
「そうですそうです」
(ロケ多いんだ、それじゃ)
「ほとんどロケですね」
(へぇ〜)
「はい」
(珍しいね)
「そうですね〜」
(海、え?海辺でこの人達何やってんの?)
観客「(笑)」
「(笑)恋、恋愛してます」
(しょっちゅう海辺にいるわけ?)
「そうですね、あの香里奈さんがひょんな事から海の家の店長をやる事
になって」
(へぇ〜)
「で、私たち。他の周りの私たちは、もうずっとそこが地元で」
(ああそう?)
「はい」
(へぇ〜)

(まあまあ、立ち話もなんだ)
「あっはい」
観客「(笑)」
「(笑)すみません」
(あっそういう事ですか)
「はい」
(へぇ〜)

(戸田さん、戸田さん、あの24なの?)
「そうです」
(ええ?)
「今年25です」
(ホント?)
「はい」
(俺、俺もっと上、上かと思ってた)
「大体27,8に見られるんですけど」
(俺そう思った)
「今まだ25で」
(何でこのベテラン感が出てるの?これ)
「え?(笑)」
観客「(笑)」
「そうですか?」
(ベテラン感があるんだ、24にしては)
「いえいえ。まあお仕事は16から本格的に始めさせていただいて」
(あ〜じゃぁもう、あっ8年ぐらい経つんだ)
「そうですね、9年ぐらい。で芸能界に入ったのは、もう10、13年ぐらい
なんです」
(ああそう?)
「はい」
(え?そんな小っちゃい時から?)
「あの、11歳の頃にこの芸能界って世界に入って来たんですけど」
(うん)
「当時はまだ関西、兵庫県出身なんですけど」
(うん)
「関西でモデルの仕事をさせてもらxってたんですね」
(へぇ〜)
「はい。で16になった時に、」
(うん)
「東京に上京してきて、」
(うん)
「で初めて役者を。はい」

(あっ関西でもやってた、モデルを)
「そうなんですよ」
(それスカウトされたの?)
「いえ、スカウトでは無く、あの私元々習い事が大好きな子供だったん
ですね」
(うんうん)
「で両親が、私はそういう何かをする事、」
(うん)
「の方が、得意なんじゃないかな?っていうの見極めてくれたらしくって、
両親が入れてくれました」
(見極めてくれたって事は、それまではそう感じて無かったって事?)
「そうですね、どちらかと言うと勉強の方をさせたが、」
(あ〜)
「たんですけれど」
(うん)
「ピアノだったり、ジャズダンス、ジャズダンスだったり習字、」
(うん)
「なぎなただったり、そういう、」
(なぎなた?)
「(笑)はい」
(なぎなたやってたの?)
「ほんのちょっとだけですけどね」
(へぇ〜)
「そういう習い事の方が大好きだったんですよ」

(お父さん厳しかったの?)
「厳しい親でしたね」
(門限とかうるさいんだ)
「門限6時半で(笑)」
(ええ?)
「非常に厳しい」
(6時半だと部活も出来ないじゃん)
「いや、部活、ギリギリ出来るぐらいだったんです」
(それちゃんと知ってんだ、お父さん)
「多分知ってたと思います」
(6時半?)
「はい。だから学校終わったらすぐ帰らないと、間に合わない時間でしたね」
(寄り道出来ないね)
「そうですね〜」
(へぇ〜、6時、夏の6時半ったら陽がカンカン)
「全然明るいです(笑)。だから、周りの友達とかには「箱入り娘だね」」って
言われてました」
(あ〜、じゃぁ自分だけはこう帰ってたんだ)
「そうですね、凄い寂しい思いをした記憶があります」

(なぎなたって俺あの、面白い、面白いのは俺、俺は)
「はい」
(居合いをちょっとやってたんですよ)
「へぇ〜」
(で、そういう色んなあの武道の大会が一緒にある事があって)
「はい」
(でなぎなたを初めて見たんだよね)
「はい」
(こう二人で対戦するのあるじゃない)
「はい」
(で「えい!」)
「(笑)」
(「えい」ってやったら、ココ(額)になぎなた当たった)
「(笑)」
(それで、女の人ね、女の人)
「(笑)」
(で、「えい、え〜い!」って当たったら、こう血が少しタラ〜と出て来た)
「(笑)」
(たら、こうやった方が目で「ごめん」って)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)あれ面白かったね)

CM明け

戸田恵梨香さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(あっ百分のXアンケート。ピタリ賞真ん中で前後賞あります)
「あっはい」
(何行きますか?100人女性がスイッチ持ってます)
「あの「SUMMER NUDE」のタイトルバックとか、あと本編の方でも、」
(うん)
「あのみんなで水鉄砲をやってるシーンがあるんですね、ポスターもそう
なんですけど」
(水鉄砲、うん)
「で、私海で水鉄砲ってやった事無いなって」
(無いね)
「思って」
(俺も無いね。あれ海でやるもんじゃないでしょ)
「でも男性は水鉄砲やるっていうのをスタッフさんから聞いたんですよ」
(海でやんないよ)
「やんないですよね」
(うん)
「だから1を目指して」
(うん)
「ちょっとこれを聞いてみようかなと」
(海で水鉄砲やった事ある人?)
「え〜いないか、やっぱり。いないですよね〜」
(いや、分かんない。それ分かんない分かんない)
「じゃぁ、」
(海で水鉄砲やった事がある人?)
「はい」

(何名行きますか?100人中)
「1人で」
(100人中1人)
「はい」
観客「??」
観客「え〜」
(海で水鉄砲やった事がある、スイッチオン)
海で水鉄砲を使った事ある人・・11人
(ええ?)
「え〜?」
観客「え〜」
「ウソ〜」
(俺一瞬当たったのかと思っちゃった、俺)
観客「(笑)」
「(笑)」
(結構やってるんだ)
「へぇ〜」
(あ〜)
「結構いるんですね」
(皆さん嘘つき「うん、うん、うん」って)
「「うんうん」」
観客「(笑)」
「(笑)」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です。でも一割やってるんだ)
時任三郎さんの写真が表示されました
観客「おぉ〜」
生野アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども。タモリさん
  にお電話代わります」
(時任さんお久しぶりです)
時任「どうもお久しぶりです」
観客「お〜」
(あの海で水鉄砲やった事あります?)
戸田「(笑)」
観客「(笑)」
時任「無いです」
(無いよね?)
時任「(笑)」
観客「(笑)」
(でも女の子は一割あるらしいですよ)
時任「凄いですね」
(凄いね)
戸田「(笑)」
時任「はい」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
時任「はい、いいです、あの、いいとも」


明日のゲストは 時任三郎さん




女性がいくら恋しても振り向いてくれない・・・
オネメンコンテスト

進行役・千原ジュニア、イサムちゃん(ONEP)、生野陽子
審査員・タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
出演者・ONEP


イケメンだけどオネエという人のコンテスト。
レギュラー1人とと「オネメンチャレンジ」を行い、勝つと賞金
1万円獲得。他に「いいとも公認オネ免許」獲得

1人目
 紹介文・「フィリピンからやってきた松田聖子好きのオネメン!」
 オネメン・リーさん(34歳/10年前に来日)
 好みは?・香取慎吾さん
 チャレンジ・香取さんと「あっちむいてオネエ」対戦し勝利

2人目
 紹介文・「水の都ベニスからやってきたオネメン!」
 オネメン・ももたんさん(23歳/ベニスの大学で日本語勉強中で5回目の来日)
 好みは?・千原ジュニアさん
 チャレンジ・三村さんと「あっちむいてオネエ」対戦し敗北





ワケあり人間カジノ どっちベガス
進行役・香取慎吾
ディーラー・下記
解答者・渡辺直美、指原莉乃、武井壮

    (タモリさんはコーナー参加せず)

見た目では分からないが訳ありエピソードを持つ人が登場するので
ディーラーが二択形式でプレゼンするエピソードのどちらなのかを
当てるクイズ

一問目・男性が登場
 A・(ディーラー 三村マサカズ)
 「氷の中を
   (氷を削って氷の内部に色つきの花を彫刻する事が出来る)
 B・(ディーラー 千原ジュニア)
 「シャボン玉を使い
   (幼稚園の園長先生で、研究を重ね割れにくいシャボン玉を
   開発し、プードルなどシャボン玉でバルーンアートの様な
   物を作る事が出来るようになった)

 解答
  Aが正解だと思う人・武井壮
  Bが正解だと思う人・渡辺直美、指原莉乃

 正解「A」
  ・氷彫刻家の二橋一幸さん(56歳)
  ・職人生活35年の間に1万体の氷彫刻を制作していて、10年前から
   氷の中に花を咲かせるアートを始めた。
  ・作品紹介の他、生で氷彫刻披露。
   最後に香取さんも参加し脇に中くらいの花3個を作りました。

  不正解だった渡辺直美さん、指原莉乃さん、プレゼンが下手だった
  三村さんは氷彫刻の実演を見る事が出来ませんでした。





林先生の名作授業 20文字で要約王
進行役・三村マサカズ、生野陽子
審査員・林修さん
出演者・香取慎吾、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮

    (タモリさんはコーナー参加せず)

指定されたテーマの名作小説を20文字以内に要約するというコーナー

今回のテーマ「浦島太郎」

林先生の模範解答
 「異郷の姫との約束を破って急に老いた男の話」

解答
 「亀を助けたがクソじじいになってしまった話」(渡辺直美)
 「少年が亀を助けて竜宮へ玉手の箱を開き老込」(武井壮)
 「亀にのったら海で呼吸が出来たり年老いたり」(指原莉乃)
 「鶴の恩返し的な亀と桃太郎的な若者の物語」(香取慎吾)
 「浦島、亀助けたってよ」(千原ジュニア)
  (桐に×をして浦に訂正してありました)

林賞に選ばれたのは千原ジュニアさんの要約でした。





曜日対抗いいともCUP
「しりとりターン!」
指定された最初のワードから逆しりとりしていくゲーム。
(最初が「いいとも」なら1人目は「い」が最後につく言葉)


「笑っていいとも」(スタートワード)
  ↑
「うちわ(香取慎吾)
  ↑
「宇宙(千原ジュニア)
  ↑
「さとう(渡辺直美)
  ↑
「こうさ(指原莉乃)
  ↑
「(時間切れ終了)」(武井壮)
  ↑
「(時間切れ終了)」(三村マサカズ)

記録・時間切れで4人で終了

月曜日 (4)火曜日 (6)水曜日 (1)
木曜日 (11)金曜日 (6)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
橋本じゅんさん(エンディング告知(演劇「ピーターパン」))
唯月ふうかさん(エンディング告知(演劇「ピーターパン」))

林修さん(20文字で要約王/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る