今日のいいともニュース
2013年7月22日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
aiko、林修、ゲッターズ飯田、ONEP、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストはaikoさん 金曜 いとうせいこうさん明日 堀内敬子さん
宣伝・下記 花束・多数(下記) 

宣伝はCD「Loveletter/4月の雨」

花束は松任谷正隆・松任谷由実さん(連名)、DREAMS COME TRUEさん
  槇原敬之さん、ゆずさん、コブクロさん、KANさん、平井堅さん
  よゐこさん、大久保佳代子さん、ほっしゃん。さん、
  ビビる大木さん、大島優子さん、たんぽぽ川村エミコさん
  さくらももこさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
(ねえ)
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「???」
(よろしくお願いします)
観客「可愛い〜!」
観客「(歓声)」
「こんにちは〜」
観客「可愛い〜!」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「お願いします(笑)」
観客「(拍手)」

((花束)来てますよ)
「はい」
(ゆず、マッキー来てますね)
「あ〜ありがとうございます、あ〜マッキーさん」
(ドリカム、コブクロ、)
「あ〜」
(いっぱい、あっ松任谷ご夫妻)
「あ〜」
(大島優子)
「ありがとうございます」
(さくらももこ)
「はい、さくら先生」
(あっ好きなんだよね、さくら先生)
「ありがとうございます、さくら先生」
(平井堅ちゃん)
「堅さん」
(KANちゃんとか)
「KANさま」
(ビビル大木ってどういう事?これ)
「(笑)あっ」
観客「(笑)」
「大木さんは、何かよく番組でご一緒させていただいたりとか」
(ああそう?)
「あの、させていただ、」
(へぇ〜)
「あっ、川村さんも、たんぽぽの川村さんは」
(あ〜来てる)
「さっきメールくれました」
(ああそう?)
「はい。ありがとうございます」
(大久保さんも来て)
「嬉しいです」

(これ(花輪)「15周年記念シングル「Loveletter/4月の雨」スタッフ一同」)
「あ〜ありがとう、そうなんです。発売にちょっとなります」
(15周年ですか)
「はい、15周年」
観客「(拍手)」
(あ〜)
観客「(拍手)」
(今年はでも15周年とか25周年多いよね)
「多いですね。ホント私同期の歌手の方がホントたくさんいらっしゃる」
(誰、誰がいる?)
「あの、モーニング娘。の皆さんとか」
(はぁ〜、うん)
観客「へぇ〜」
「あのあの、ゆずも一緒だったし」
(ゆずもそうか)
「そう。浜崎あゆみさんとか、MISIAさん」
(ああそう?MISIAもそうなの?)
「で林檎ちゃんもそうだし」
(椎名林檎ちゃんも?)
「はい。宇多田ヒカルさん」
(はぁ〜)
観客「へぇ〜」
(え?いっぺんに同じ年出てきたの?)
「同じ時期なんですよ。Kiroroも」
(あっKiroroも?)
「はい」
(いっぺんに出るんだね)
「いっぺんに出て」

「で私、実はもうその時って、」
(うん)
「一回こっきりの契約のCDだったんですよ」
(あっそうなの?)
「そう」
観客「へぇ〜」
「だからもう、私だけもうこうフワッとデビューしたっていうか、こう」
観客「(笑)」
「大阪で」
(そうだ大阪なんですよね)
「フワッと」
(まあまあ、おかけ下さいませ)
「お邪魔します、すみません」
観客「(笑)」
「(笑)」
(大坂で唄ってて、まあ伝説の人だった、デビューするまではね)
「いやいや、もう何かラジオとかをやらさせていただいたりとか、」
(うん)
「で、まあ学校でもバンドをやったりとかして」
(バンドをやってた?)
「バンドやってました。コピーバンドやってました」
(どう、誰のコピーを?)
「もう色んな、あのこう少年ナイフというバンドとか」
(うん)
「コレクターズとか、あとJUDY AND MARYとか」
(え?うん)
「あのMr.Childrenとか」
(へぇ〜)
「色んな曲を」

(やってたの?全部)
「やってました」
(全部歌ってたの?それ)
「歌ってました」
(へぇ〜)
「もう大好きで。あのラジオで流れて、一回聞くともう次の日に
覚えるんですよ」
(ホント?)
「好きで」
観客「へぇ〜」
(Mr.Childrenの曲も?)
「「覚えた」と思って」
観客「(笑)」
「で次の日「歌うで〜」言うて」
(凄い才能だね)
「凄い好きだった」
(Mr.Childrenの歌は難しいよ)
「難しいです」
(長いよ)
「長いです」
観客「(笑)」
(歌詞も難しいよ)
「難しいです」
(覚えるの?)
「そう」
(歌詞も覚えるの?)
「そう、子どもの時はあんまり、そういう恋愛の曲が良く分からない部分
とかもあったんですけど」
(うん)
「覚えて覚えて」
(うん)
「何回も聞いて」

(子どもの頃からすぐ覚える?)
「好きでした」
(へぇ〜)
「歌うのがホントに好きやったんですよ」
(一番最初覚えたの何?)
「一番最初、ジュリー」
(あっジュリー?)
「ジュリーとか」
(うん)
「ピンクレディーとか」
(へぇ〜)
「郷ひろみさん。もう画面に、お風呂上がったまま、全裸のままで」
観客「(笑)」
(歌ってたの?)
「テレビに向かって。もうジュリーが出て来たら」
(うん)
「もうキスしまくって(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
(ジュリーの歌、分かんないとこいっぱいあるでしょ?)
「そうですよね。でももう凄い好きで」
(うん)
「もう、」
(へぇ〜、そう?)
「グイグイ。グイグイ(笑)」
(グイグイ行ってた?)
「グイグイ、全裸でキスを」
((笑))
観客「(笑)」
(全、全裸でキス)
「2歳とか、その子どもの頃に」
(へぇ〜)
「してましたね」

(あの頃ジュリーは何歌ってた?)
「ええと、あの頃は、そうですね、あっでもやっぱり有名なのは「TOKIO」」
(あっ「TOKIO」)
「はい」
(ああそう?あれ2歳の時?TOKIOが)
「え〜でしたっけね?そういうの歌ってたと思うんですけど」
(へぇ〜。凧背負っ、背負って歌うんだよね)
「そうなんです」
(大凧をスタジオで)
「うん」
(ええ)
「もう凄、ホントに好きでした」

(ああそう?それでデビューで、一枚きりの契約だったの?)
「はい(笑)。一枚きりやったんです」
(ああそう?)
「で、」
(うん)
「だからそれが駄目やったら、またもう、あの大阪で」
(うん)
「たこ焼きでも焼いて」
(たこ焼き)
「もうバイト」
観客「(笑)」
「バイトやから」
(へぇ〜、それオーディ、オーディション?オーディションか何か?)
「オーディションを受けて、一番初めにその高校時代に、」
(うん)
「あの高校の後輩に、卒業する時に」
(うん)
「「aiko先輩CDデビューしたら買います」って唐突に言われて」
(うん)
「その時に「あっ、オーディション受けな」と思って」
(うん)
「受けたのがきっかけやったんですよ」
(へぇ〜)
「で、そのオーディション受けて」

(オーディション、審査員誰?)
「出川さんがいたんです」
(ええ?)
観客「え〜!」
「そう!」
(何で?何で出川がいた)
「出川さんがいたんですよ。出川哲朗さん」
(何で出川いたの?)
「ねえ。出川さんいらっしゃったんです。多分出川さんが覚えて無いと
思うんですけど」
(へぇ〜、ああそう?)
「出川さんいらっしゃいました」
(あと、後はまあミュージシャンの人?)
「ミュージシャンの方がいらっしゃって」
(出川音楽分かんないでしょ、あれ)
「(笑)」
観客「(笑)」
「まだ、まだちょっと痩せてる頃に出、出川さんが」
(何か言ってた?歌った後に)
「いや、多分こういう、あのニコニコされてました(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「もうaikoからしたらね、もう大阪から出て来てるんで「うわ〜出川
哲朗さんおる」っていう感じやったんですよ」
(へぇ〜)

「で渋谷公会堂でオーディションやって」
(へぇ〜あんなとこでやるの?)
「はい」
(うん)
「そこで歌って」
(うん)
「その時に見に来てた、あのレコード会社の方とか」
(うん、人が)
「声を掛けていただいて」
(それで一枚限りって事?)
「で、デビューする事なったんですよ」
(へぇ〜)
「ほんでその曲がちょっとだけ、ちょっとだけ売れたんです」
(ああそう?)
「でちょっとだけ売れて、契約がこう」
(あっ伸びたの?)
「伸びたんですよ」
(へぇ〜)
「世知辛い、」
(「じゃぁもう一曲」みたい)
「そう、そうなんです」
(はぁ〜、ああそう?)
「そうなんですよ。それで今あの、もうやっとこうやって徐々に徐々にこう
月日が経って」
(って、15年)
「15年迎える事が出来た」
(あ〜)
「はい」
(なかなか大変でございました、これ)
「いやいやいや、とんでもないです、ホントに」
((笑))
「ありがとうございます」

CM明け

タモリさんの横に「ワケあり人間カジノ どっちベガス」に登場した
番組タイトルとタモリさんの顔が彫られたスイカが飾られていて
(これ見た?)
「見た!」
(凄いよね)
「凄いですね、もう。もう凄い手際の良い」
(凄いよね、これはね)
「ねえ〜」

(あっ占い好きですか?)
「あっはい、好きです」
(あっじゃぁゲッターズ来てますから占ってもらいましょうか)
「はい」
観客「(拍手)」
ゲッターズ飯田さん登場
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
ゲッターズ「どうも初めまして」
「初めまして」
ゲッターズ「どうも」
「aikoです、よろしくお願いします」
ゲッターズ「お願いします。生年月日とお名前と、あと手相を見まして」
「はい」
ゲッターズ「aikoさん、」
(事前に)
ゲッターズ「はい、ちょっとaikoさんがですね、一点この頭脳線の所のに、」
「はい」
ゲッターズ「こう、島がありまして」
「はい、あ〜」
ゲッターズ「これがある方は、あの一壁乗り越えるって人なので。あの
  ホントは困難とか、え〜辛い事を状況を一気に乗り越えて、これから
  一気に良くなる人なんです」
「あっそうなですか?」
ゲッターズ「はい」
(へぇ〜)
「色々あったんですよ」
ゲッターズ「そうですよね」
「うん」
観客「(笑)」
(今聞いても色々あった)
「(笑)」

ゲッターズ「あの生年月日と名前で見まして、あのaikoさん、10年ぶりの
  モテキが来ます」
「あっ!!!!」
観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
観客「おめでとう〜」
「ホント?」
ゲッターズ「はい」
「ホントですか?」
ゲッターズ「この、」
(それいつ?いつ?)
ゲッターズ「いや、今年からなんです」
(あ〜もう今年?)
「ホントですか?」
ゲッターズ「はい。この10年あんまりモテて無かった」
「ホント?ホント?」
ゲッターズ「はい」
観客「(笑)」
「タモリさんやった〜」
(良かった)
観客「(笑)」
ゲッターズ「一気に流れが変わると思います」
「ホントですか?」

ゲッターズ「で元々がかなり陽気な人、え〜楽しい人なんですが」
「はい」
ゲッターズ「え〜色気が全く出ないって星を持ってるので」
観客「(笑)」
ゲッターズ「その替わり愛嬌を凄い持つっていう」
「はい」
ゲッターズ「星を持っているので」
「はい」
ゲッターズ「良いんですが、え〜一点変にマイナス思考になりやすい所が
  あるので」
「あ〜はい」
ゲッターズ「人から言われる事をマイナスに受け止めてしまう所が」
「うん」
ゲッターズ「ちょっと出やすい」
「はい」
ゲッターズ「所があります」
「はい」
(へぇ〜)
「そうですね」
(ああそう?ある?)
「あります。もうしょっちゅうライブ終わってから楽屋で泣いてますね」
ゲッターズ「(笑)」
観客「へぇ〜」
(上手く行かなかった?)
「はい」
(へぇ〜)
「いまだに」
ゲッターズ「あと変なとこ真面目なところと」
「あ〜」
ゲッターズ「はい。あとお腹が空くと、え〜すぐ思考回路が止まるのと」
観客「(笑)」
ゲッターズ「??(CMに入る曲が流れ出していて不明)??」
(そう?)
「え〜」
ゲッターズ「あと匂い、匂いフェチです」

二度目のCM明け

aikoさんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート。真ん中ピタリ賞、前後賞あります)
「はい」
(何行きましょう?)
「あ〜当てたいですね〜。ええと、」
(うん)
「あの私あの「loveletter」という曲を、あの17日に発売したばっかり
なんですけど」
(うん)
「まあ皆さん最近ね、あのメールとかの方が多いと思うので」
(うん)
「この一週間の内に、ラブレターを書いた人」
(メールじゃ無くて)
「メールじゃ無くて手紙で」
(ラブレターを書いた人)
「うん」
(何人いますかね?一週間以内に)
「そう、これ、」
(100人中、いや〜今ねメールだから)
「2人」
(2人、行きましょう、スイッチオン)
最近一週間以内(手紙の)ラブレターを書いた人・・1人
(あ〜)
観客「あぁ〜」
観客「惜しい」
(まあ前後賞があります)
「あ???ありがとうございま〜す」
観客「(拍手)」
(良かった)
「え〜1人居んのや〜」
(1人ですね)
「あ〜」

(それじゃ明日のゲストご紹介しましょう、この方)
堀内敬子さんの写真が表示されました
(あ〜)
「う〜ん!(拍手)」
観客「お〜」
観客「(拍手)」
生野アナ「タモリさんにお電話代わります」
(もしもしタモリです)
堀内「もしもし〜こんにちは」
(もしもし、こんにちは、どうも)
堀内「どうも〜」
(明日「いいとも」ですけども大丈夫ですか?)
堀内「はい、明日伺わせていただきます」
(はい、お待ちしております、よろしくお願いします)
堀内「よろしくお願いします、いいとも〜」


明日のゲストは 堀内敬子さん




ワケあり人間カジノ どっちベガス
進行役・香取慎吾
ディーラー・渡辺直美、指原莉乃
解答者・タモリ、三村マサカズ、千原ジュニア、武井壮


見た目では分からないが訳ありエピソードを持つ人が登場するので
ディーラーが二択形式でプレゼンするエピソードのどちらなのかを
当てるクイズ

一問目・37歳男性が登場
 A・(ディーラー 渡辺直美)
 「東京スカイツリーの様なウェディングケーキを作ってしまう料理人
   (ホテルのシェフで墨田区のカップルの結婚式のため6m34cmの
   高さのスカイツリーのケーキを作って話題になった)
 B・(ディーラー 指原莉乃)
 「スイカを聴覚して浮世絵をリアルに描いてしまう料理人
   (ナイフ一本でスイカの皮に彫り濃淡を使って写楽の浮世絵
   などを描いてしまう)

 解答
  Aが正解だと思う人・無し
  Bが正解だと思う人・タモリ、三村、ジュニア、武井

 正解「B」
  ・グランドプリンスホテル新高輪の西洋料理のシェフをやっていて
   12年前からスイカ彫刻を始めた
  ・皮を掘る深さなどによって緑黒、まだら緑、薄緑、黄緑、純白、ピンク
   赤の7色に彫り分けて絵などを再現している。
  ・「東洲斎写楽画」との文字も彫られた写楽の浮世絵、「森田一義アワー
   笑っていいとも!」との文字とタモリさんの顔が彫られ実物が登場。
  ・写真で「鏡の中の少女(ピカソ)」、熊本城、花、ビーチ、花火大会
   などが彫られた作品を紹介
  ・バラの花の彫刻を生披露





正直言う太郎
進行役・生野陽子(声のみ)
アドバイザー・香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア
出演者(客席)・渡辺直美、指原莉乃 相談者・武井壮


相談者からの悩みや質問に対してアドバイザーが正直な意見を
言ってアドバイスするというコーナー

今回の相談者・武井壮

今回の悩みは
 「上半期の出演番組数127本、ブレイクタレント第4位に選ばれ
  ましたが今年の今頃この半分の本数テレビに出ていると
  思いますか?」
   ・上半期ブレイクタレント(上半期番組出演数ランキング)
    1位(169番組出演)・キンタロー。さん
    2位(169番組出演)・浜谷健司さん(ハマカーン)
    3位(148番組出演)・神田伸一郎さん(ハマカーン)
    4位(127番組出演)・武井壮さん
    5位(104番組出演)・壇蜜さん
      (ニホンモニター調べ)

ジュニアさん・今年上半期127本の半分なら6ヶ月で60本で1ヶ月
   10本、レギュラーなら月4本出演なので他に6本なら可能
三村さん・世間はまだそんなに武井壮の事を知らないのにここまで
   来ているので大丈夫。三村さん本人は武井さんの事をよく
   知らない。

 2つ目の質問「武井壮の良い所と悪い所は?」

 香取「武井さんは一発屋に入るんですか?」
 ジュニア「万が一消えても0.8発屋ぐらい」

 香取・この服じゃ無くするタイミングは?
 武井・誕生日の時に一回ジャケットのショートパンツで出た事が
    あったがTwitterが荒れた。

 ・三村さんはコンビ名を改名してからブレイク下ので改名し「武井壮」の
  読み方は「ぶいそう」にした方が良い

 3つ目の質問「いいともで僕活躍してます?」
 ・武井さんが入って「いいともCUP」で活躍すると思ったが全てベッキー
  さんに負けていると言われ、自分が活躍出来る内容のゲームが用意され
  ていないなどと反論しましたが
  香取「何かいつも言い訳のくだりが長い」と言われてしまいました。
 ・三村さんから「俺は両膝があんまり身体的に良くないのに」武井さんが
  急に横に飛んで来たりするので、その時にドキッとするとクレーム
  三村「結構無駄な動きが多い」
 ・ジュニアさんからはオープニングで5回に1回くらい腕の筋肉にキスを
  している事を指摘され、女性陣から「気持ち悪い」「怖い」と言われて
  いました。

結論
 三村「この年末あたりに本当にライオンと戦ってもらうとか。本当に強い
    のかとか」
 ジュニア「もう一つこう行くために何かギャグ」
 武井さんが俺にピッタリのギャグを下さいと言うと
 香取「その辺が長いの、何か」
  と言われ終了





林先生の名作授業 20文字で要約王
進行役・三村マサカズ、生野陽子
審査員・林修さん
出演者・タモリ、香取慎吾、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮


指定されたテーマの名作小説を20文字以内に要約するというコーナー

今回のテーマ「シンデレラ」

林先生の模範解答
 標準的な解答
 「虐げられていた少女を王子が幸せにする物語」

解答
 「けっきょくキレイなやつがとくをする物語。」(渡辺直美)
 「少女がストーカー気質の王子と結ばれる話。」(指原莉乃)
 「計算通りに幸せを勝ち取る女子力の物語」(香取慎吾)
 「同じサイズの女性もいたのでは?という疑問」(武井壮)
 「パーティーで靴忘れたらメンズGETなう(^0^)/」(千原ジュニア)
   (顔文字は1文字のマス目に書かれてありました)
 「足が小さいのを武器に憎い姉達に復讐する物語」(タモリ)

林賞に選ばれたのは指原莉乃さんの要約でした。





曜日対抗いいともCUP
「夏だ!スイカだ!スダレース」
ボール渡し担当の人がスイカ柄のボールを渡し、渡された人がスダレ越しに
ボールを飛ばしてリレーして行くゲーム。最後の人がゴールになる箱に入れる
事が出来れば成功。30秒間に何個成功できたかを競います。

参加者
 ボール渡し・指原莉乃
 リレー担当・渡辺直美→三村マサカズ→千原ジュニア→武井壮→香取慎吾

成功数・11個

月曜日 (5)火曜日 (7)水曜日 (1)
木曜日 (12)金曜日 (8)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
林修さん(20文字で要約王/エンディング)
ゲッターズ飯田さん(テレフォンショッキング)
ONEOさん(スポンサー告知中のバック/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る