今日のいいともニュース
2013年8月15日(木)
今日の出演者 タモリ 山崎弘也、ピース、ベッキー、鈴木福
菜々緒、0.03秒、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは菜々緒さん 昨日 米村でんじろうさん明日 古田新太さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は篠原涼子さん、次長課長 河本準一さん、三浦春馬さん、香里奈さん
  西山茉希さん、佐藤かよさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「????」
観客「(歓声)」
「(笑)」
観客「(歓声)」
(脚が綺麗でしょ、菜々緒ちゃん)
「いえいえいえ、ほんと、」
(脚ホント真っ直ぐだよね)
「全然真っ直ぐじゃ無いです、私」
(え?)
「O脚です」
(O脚?)
「O脚」
(いや、これ真っ直ぐな内だよ)
「ホントですか?」
(O脚ってのはこういうの言う)
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「はい」
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「あっ、??ます」

((花束)いっぱい来てますよ)
「はい。あ〜ありがとうございます」
(シノリョウからも来てますね)
「はい」
(ええ、おっ次長課長河本)
「はい、河本さんレギュラー一緒にやらせていただいてます」
(佐藤かよ)
「かよ(笑)。かよは幼なじみです」
(幼なじみ)
「はい」
観客「へぇ〜」
(で、幼いときからもうああいう風だったんだろ?)
「そうですね、幼稚園からなので」
(うん)
「幼稚園からずっと一緒で、変わらずですね」
(幼稚園の時、こっちの方、かよの方が女らしかった?)
「あっ今でも女らしいです、かよの方が」
(そうなんだよね)
「うん(笑)」
(不思議な縁だよね)
「不思議な縁です」

(最近会ってんの?)
「最近は、はい、ご飯行ったりとかはたまに」
(してんの?)
「はい、してます、全然」
(どういう意識で見てんの?女性なの?完全に)
「女性ですね」
(あ〜)
「うん、全然なんとも。逆に、男の子っぽい一面を一度も見た事無いです、私は」
(ああそう?)
「うん。私の方が男っぽいから」
(菜々緒ちゃんちょっと男っぽいとこあるよね)
「そう、私の方が男っぽいし、声も低いから、私の方が男じゃないんですか?
みたいな感じで、たまに逆になっちゃう時が」
(ある?)
「世間の方あるみたいで」
(男っぽいよね、ホント)
「そうですね、私の方が男だと思われちゃってます(笑)」
(佐藤かよは女性としてモデルやって一回もバレ、バレた事無いんですね)
「うん、凄いです、やっぱり」
(見て、そういう思いで見ててもそう見えないもんね)
「うん、彼女ホントにパーフェクトだと思います」
(なあ)
「うん」
(無いのかな?どっか、どっかで男が出るとか)
「見た事無いですね」
(プライベート一緒、一緒に部屋とかいうの無い?)
「全然、一緒に二人でもうホント密室にいても、もう女の子なんで」
(女なの?)
「うん」
(不思議だよ)
「全然見た事無いですね、男っぽいところを」
(へぇ〜)
「はい」

(あっあれ部屋と言えば、綾部が部屋に行ったの?)
「はい、私3月から一人暮らしを始めて」
(うん)
「初めて来たのがピースの綾部さん」
(何だ綾部?)
「仲が良くて」
(あっ綾部と仲良いの?)
「はい、ちょうど連絡取り合ってた時に私がお家に居て」
(うん)
「「じゃぁ今から行くよ」って言って。何か勝手に来ましたね」
観客「(笑)」
(あっ)
「(笑)」
(引っ越してすぐ?)
「はい、引っ越してすぐ」
(へぇ〜。ええ?ホントに?)
「はい」
(勝手に来た?アイツ)
「勝手に来ました」
(あの野郎)
「何か「来るね〜」みたいな。「あっ、うん、じゃぁ待ってます」」
(断らなかったの?)
「え?」
(断らなかったの?)
「うん、何か断る理由も無ければ、別に来てっていう感じも無かったんですけど」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「全く望んでは無かったんですけど何か」

(近、近くとかそういう事?)
「何か現場が近くて、たまたま「じゃぁ行こっかな」みたいな感じで言われたん
ですけど(笑)」
(来たの?)
「来ましたね」
(あの野郎図々しいな〜)
観客「(笑)」
「何か来ましたね」
(それまでいっぺんも来たこと無いんでしょ?)
「うん、無いですね」
(あっそうか一人、一人暮らしは)
「一人暮らしはした事無いですけど。でも他の人とかも来てなかった時だったんで」
(来たの?)
「来ましたね」
(どう、どう、来てどうして?)

「来て、何か私の写真集をこう見比べてました、私本人と(笑)。何か別に何にも、」
(いやらしい奴だな、あいつは〜)
「(笑)」
観客「(笑)」
「何にもしないで帰っていきました」
(ああそう?)
「はい」
(こう中身見て)
「中身見て」
(「こうなってんだ」と思って)
「うん「良いね〜」みたいな感じで言われて(笑)。で、何か普通にちょっと喋って」
(うん)
「「じゃ帰るね」って言って普通に帰って行きました」
(ああそう?)
「はい」
(何やってんの)
観客「(笑)」
「何、何しに来たんでしょうね」

(じゃぁ、え?それまでは実家だったの?)
「そうなんです。私埼玉の大宮出身で」
(うんうん)
「大宮からまあ個々まで30分とかで来れちゃうので」
(じゃぁ電車でずっと来てたの?)
「電車で。だから大学までは実家にいたので」
(うん)
「もう何かバックパッカーみたいな感じで大荷物抱えて」
(うん)
「わりと友達のお家に、結構泊まり歩いたりとかしてて(笑)」
(あ〜。あっ俺、俺もそうやってた。学生の時)
「あっホントですか?」
(うん)
「そうなんです、だから」
(面倒くさくなるんだ、帰るのがね)
「そう、帰るのが面倒くさくなっちゃって」
(うん)
「それでずっと、もうホント大荷物抱えて。この子なんだろう?っていうぐらい
大荷物抱えて。もう着替えだったりとか」
(うん)
「まあ、まあその大学で必要な物とかもう全部」
(もう泊まる気、泊まる気でいるんだ)
「何か、その一人暮らしの女の子達が、」
(うん)
「もう寂しがり屋が凄い多かったんで」
(うん)
「私が来ると凄い歓、歓迎してくれてて。もうそういう子達のお家をず〜と泊まり
歩いてました(笑)」

(最高何泊ぐらい泊まった?)
「全然1,2週間とか普通に」
(ああそう?)
「はい」
(着替えはじゃぁ持って?)
「もう全部持って」
(じゃぁ相当な荷物じゃない)
「相当荷物、ホントにこういうバッグを持って(笑)」
観客「(笑)」
(二週間の旅行と同じだよね)
「旅行ですね、ほぼ旅行」
(じゃぁその先々で洗濯もするの?)
「洗濯したりとかして。あと着替えがもう結構、もう尽きてきたら」
(うん)
「もう一旦帰って、そこでまた全部荷物を変えて」
(じゃぁほとんど実家暮らしじゃ無いじゃん)
「ほとんど実家暮らしじゃ無かったかもですね」
(へぇ〜)
「大学時代とかは」

(で今回初めて。どう?初めて、やる事が多いんじゃ無いの?)
「そうですね〜、もうまい、身の回りのこと全部やらないといけないので」
(うん)
「大変ですけど、でも一人の時間も結構好きなので」
(うん)
「はい、充実してます」
(家事はあの苦にならない?洗濯とか)
「あんまり苦にならないですね」
(へぇ〜)
「疲れてる時はちょっと次の日にしようかな?と思うんですけど」
(うん)
「溜めちゃうと私ホントに何にも出来ない人なんで」
(うん)
「片付けとかも結構小まめにやったりとかしてると」
(うん)
「わりと汚れないですね」
(ほぉ〜)
「はい」

(料理もしてる?)
「料理もたまにしますね」
(へぇ〜)
「はい」
(何、どんなの作ってる?)
「お家ですか?お家和食とか、わりと健康的な物を食べてますね」
(へぇ〜)
「和食が大好きなので。普通にお米炊いたりとかして。焼き魚して、お味噌汁作って
って、結構、そんなに凝った物作んないですけど」
(あ〜)
「はい」
(この間あの、何?火曜日だったかな?中居のあのコーナーで)
「はい」
(理想の定食っての、それぞれ書けってのがあったんだ)
「はいはいはい」
(そしたらね、まあ大体焼き魚多いね)
「あ〜そうですか」
(うん)
「私、」
(驚いたのローラの、)
「うん」
(銀ダラに煮付けっての出てきた)
「(笑)」
観客「(笑)」
「意外ですね。パスタとか言いそうですけどね」
(うん)

(何?何が良い?)
「私ですか?でもブリとか凄い大好きです。ぶりの照焼とかも好きだし」
(あ〜)
「鮭、普通に塩鮭を焼いたりとか」
(うん)
「豚汁とか凄い作りますし」
(あっ豚汁作る?)
「うん」
(それでその男で、よくほら、女の子がまず肉じゃがを作るって言うじゃない)
「はいはいはい」
(で、男のその定食を書けって中で、一人も肉じゃがって出て来ないね)
「あっ出なかったんですか?」
(うん、出て来ないし)
「うん」
(話にものぼんなかったね)
「へぇ〜、何か母の味って、オフクロの味って感じ」
(あれね、だから肉、あれ誤解してる、俺ずっと言うんだけども)
「うん」
(男が別に肉じゃが食べたくないって)
「(笑)」
観客「(笑)」
「そうなんですね」
(だって長年ずっと男同士で昼飯食ったり何かするじゃない)
「うんうんうん」
(「今日何がいい?」って聞いたって、この、この何十年間「肉じゃが食べたい」
って声が一回も無いんだ)

観客「(笑)」
「(笑)確かにそうですね」
(うん、あれは)
「(笑)」
(誤解してます)

CM明け

(あ〜最近なんか始めた事とかあるの?変わった)
「最近始めた事と言うか、」
(大体趣味があるの?)
「趣味???、」
(あ〜こういう失礼な言い方しちゃ)
観客「(笑)」
「ほとんど無いですけど、意外にも私釣りが凄い好きなので」
(釣り?)
「はい、あの、1日オフだったりとか、どっか遠出行けるってなったら、わりと
家族と釣り行くんですけど」
(家族と釣り行くの?)
「はい、バス釣りが凄い好きで」
(渓流?)
「うん、あっ管理釣り場とかわりと行っちゃう事が多いんですけど」
(へぇ〜。誰、お父さんと行く?)
「ええと、兄と母とこの前。ちょっと前ですけど」
(3人で?)
「はい、行きましたね」
(あっお兄さんいるの?)
「はい、兄います」
(2人兄弟?)
「ええと2人で、はい」
(へぇ〜。それ珍しいんじゃないの?お母さんとお兄さんとバス釣りに行く)
「そうですね、まずバス釣りする女の子がいないので」
(あんまりいない)
「家族としかやっぱ行けないんですよね」
(うん)
「うん、だから」
(バス釣りってこの辺じゃ出来ないでしょ?遠出しなきゃいけないでしょ?)
「う〜んそうですね〜、まあ河口湖とか湖行ったりだとか。まあ川も多分いると
思うんですけど」
(うん)
「うん」

(お兄さんといくつ離れて)
「あっ年子です、1つ上です」
(へぇ〜。カッコイイんだ、お兄さん)
「いや、そんなカッコ良く無いです(笑)」
(え?)
「身長だけは伸びましたけどね、同じく」
(何センチぐらい?)
「190あって」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「最近聞いたら、でも190じゃ無くって、ちょっと縮んで188って言ってました」
(あ〜)
観客「(笑)」
「何か縮んだらしいんですよ、なぜか」
(いや年取ると縮むけど、そんな年でも無いからね)
「ですよね、だから何だろう?」
(そう?じゃぁご両親大きいの?)
「いや、両親は全然大きく無くって。私の母とかは160無いぐらいです、158、9 とかで」
(8ぐらい?お父さんは?)
「父は180無いですよ、177ぐらい」
(へぇ〜。それで190は凄いね)
「そうなんですよ、私も172なので」
(うん)
「なぜか子どもだけ大きくなっちゃって」
(どうしてかね、お祖父ちゃんお祖母ちゃんは?)
「全然小っちゃいです。160ぐらいですし」

(何だかな?何?)
観客「(笑)」
「多分睡眠だと思います、睡眠」
(そんな寝てた?)
「めっちゃ寝てました。もう、」
(高校時代?)
「高校までは、高校まで行っちゃうと結構夜更かしとかしてましたけど」
(うん)
「でも中学校ぐらいまでは、」
(うん)
「朝7時とか6時起きとかで、」
(うん)
「夜の9時には必ず就寝するっていうのが家の決まりだったので」
(へぇ〜)
「しっかりはちゃんと毎日寝てましたね」
(寝てた?)
「はい」
(お兄さんも?)
「はい。あとは牛乳を毎日、兄も私も一人ずつ2リッターとってました」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「(笑)」
(え〜?)
「1日で2リットル無くなってました」
(俺それかな?俺牛乳大嫌いなんだ)
「あっそうなんですか?(笑)」
観客「(笑)」
(母乳じゃないとダメなんだよな)
「あんまり関係無いって言いますけどね」
(ああそう?)

「スポーツ選手とかも、やっぱり身長高い人たちが集まるから、やっぱり有利
じゃないですか、バスケだったりバレーボールだったり」
(うんうん)
「私もバレーボールやってて、兄がバスケやってたんですけど」
(へぇ〜)
「やっぱり身長高い人が有利だからやっぱりまあ世界代表とか、」
(うんうん)
「日本代表とかっていうのは高くなって行くけど」
(うん)
「スポーツはあんまり身長に関係無いって聞きますけどね」
(うん)
「あんまり筋肉小さい頃に付けすぎると身長伸びないとか言いますけど」
(ああそう?)
「はい」
(でも牛乳、睡眠だけじゃないんだろうな、それ)
「なんでしょうね?」
(それ、それやってても伸びない人いるもんね。何だろう?)
「なんでしょうね?不思議ですよね」
(一、一族の恨みみたいのが出たんじゃ無い?)
「(笑)一族」
(身長が低い恨みが)
「(笑)だから」
(ココで一気に)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

二度目のCM明け

菜々緒さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のX。真ん中ピタリ賞、前後賞もありますよ)
「はい」
(何行きましょうか?)
「どうしましょう?ええと私、今日、ええと夏に、こうロケで長野に
行ってたんですけど」
(うん)
「セミの抜け殻ってあるじゃないですか」
(うん)
「あの瞬間って見たことある人います?無いです??」
(あっ俺無い無い、俺見ようとずっと、)
「私ちょうど見た、」
(偶然見たの?)
「瞬間があって。凄かったんですよ、凄く神秘的で、まさかそんな瞬間に
立ち会えると思って無かったんですけど」
(何?こう見てたら抜け出してきた?)
「うん、そうなんです」
(へぇ〜)
「背中からぱっくり割れて、そこから緑の、もう出来たてのセミが」
(出て来る?)
「出て来て」
(うん)
「そう」
(出て来て、こう出てきた?)
「羽根がドンドンこう出来上がってくるんですよ」
(まだ全身緑?)
「緑でした、真緑でした。もうホントにこういう鮮やかなグリーン」
(へぇ〜。で羽根が出て来て)
「羽根が出て来たんで。その瞬間を見たことがある人って凄い少ないと思うので」
(少ないよね)
「その瞬間を見たことがある人」

(100人の内何人でしょう)
「100人の内、1人いたら良い方なんじゃないかな〜?」
(あ〜)
「はい」
(1人?)
「1人。いるかな?」
(セミが脱皮する瞬間を見たことがある)
「(笑)」
観客「(笑)」
(スイッチオン)
セミが脱皮している最中の姿を見た事ある人・・15人
「え〜!?」
(え〜!?)
観客「え〜!」
「ウソ!?ホント!?ホントに?」
(そんなにいるんだ)
「ホントに?ホント?」
(ええ〜?あ〜今日お盆だからね、田舎からいっぱい出て来てんだ)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「??か〜」
(ほとんど田舎から来てるんで)
「(笑)」
(そんなのアンタ、庭にいっぱいあるわよって)
観客「(笑)」
「その瞬間見たことある、そっかあるか〜」
(凄いね〜)
「あるか」
(あるね)

「15?」
(じゃぁその人達聞きますけど、二度見た事がある)
「うんうん」
(スイッチオン)
セミが羽化する瞬間を二回見たという人・・5人
(お〜)
観客「へぇ〜」
「でも多いですね」
(多いね〜)
「何、」
(三度ある、スイッチオン)
「(笑)」
観客「(笑)」
セミが羽化する瞬間を三回見たという人・・3人
(え〜?)
観客「へぇ〜」
「(拍手)そんな頻繁に見るもんじゃないですよね」
(凄い今日は田舎)
観客「(笑)」

(ヘビが脱皮した瞬間を見た事がある、スイッチオン)
観客「(笑)」
「これは少なそう」
ヘビが脱皮している姿を見た事ある人・・5人
(お〜)
観客「へぇ〜」
「ホントに〜?」
(凄い)
「凄い〜」
観客「(笑)」
(凄いね〜。私の実家ではいまだに井戸水を使ってる、スイッチオン)
観客「(笑)」
実家で井戸水を使っている人・・6人
(お〜)
観客「へぇ〜」
観客「(笑)」
((笑))
観客「(拍手)」
「(拍手)ホントに?」
(凄いね〜)
「凄い」

(私の実家ではちょいちょいサルが何かを盗って逃げる)
観客「(笑)」
(スイッチオン)
実家にサルが来てよく物を盗られている人・・4人
(お〜)
観客「へぇ〜」
観客「(拍手)」
観客「(笑)」
(近くの家に鹿が飛び込んできた事がある、スイッチオン)
観客「(笑)」
「(笑)」
近くに鹿に飛び込まれた事がある家がある人・・2人
(お〜)
観客「え〜」
観客「(笑)」
「凄い、夏休みスペシャルですね」
(凄い、夏休みスペシャでね)
観客「(笑)」
「凄い」
(凄いね〜)
「そっか、夏休みって事忘れてたな〜」
(学校に行く時にイノシシに追いかけられたことがある、スイッチオン)
観客「(笑)」
「(笑)」
通学時にイノシシに追いかけられた事がある人・・2人
(お〜)
観客「へぇ〜」
「あ〜」
(もういい、もう)
観客「(笑)」
「(笑)」

(明日のゲストご紹介しましょう)
古田新太さんの写真が表示されました
観客「お〜」
(お〜)
倉田アナ「もしもし。もしもし」
菜々緒「あ〜おかしい」
古田「もしもし」
(凄いね〜)
倉田アナ「あっ今タモリさんにお代わりします」
菜々緒「夏休み凄いな」
古田「はい」
(もしもし)
古田「もしもし」
(おっどうも。この写真凄い怒ってる、どうしたの?)
観客「(笑)」
古田「いや、別に怒っちゃいないんですけども」
(怒っちゃ)
古田「はい」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
古田「はい、大丈夫です」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
古田「はい、よろしくお願いいたしや、」
(お願いします(笑))

明日のゲストは 古田新太さん




夏休み特別企画 小学生なのに○○すぎるコンテスト
進行役・綾部祐二
審査員・タモリ、山崎弘也、又吉直樹、ベッキー、鈴木福、倉田大誠


小学生なのに○○という人のコンテスト

一組目「小学生なのに動きが機敏すぎる!」
 出場者・小学6年生男性)
    ・小学3年の時にエアロビクスを始め、1年で日本一になり、
     今年の世界エアロビック選手権では世界一になった。
    ・エアロビの演技披露

二組目「小学生なのに地理に詳しすぎる!」
 出場者・小学3年生男児)
    ・全世界195ヶ国と47都道府県の形を見るだけで、全てを
     言い当てることが出来る。
    ・他に円周率500桁、全百人一首、全元素記号を暗記している
    ・国や都道府県の形を描いた図見るだけで国名&首都名、
     県名&県庁所在地を当てました(図を逆さなどにしても正解)

審査結果・4票獲得の1番優勝(他は2番2票)




アルタに知り合い呼んじゃいました!
進行役・倉田大誠
出演者・山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、鈴木福


木曜レギュラーが知り合いを紹介するというコーナー

紹介者・綾部祐二さん

紹介された人は・後輩芸人のトリオ芸人 0.03秒さん

0.03秒さんは
 ・群馬県出身の幼なじみ3人組
 ・それぞれの名前はニコラスさん(アルゼンチンと日本のハーフ)、
  どんぐりさん、川島さん
 ・3人とも高校の時からキックボクシングをやっている。

 ・ニコラスさんは日本語しか話せない。祖父は英雄的軍人でお城のような
  家に住んでいた
 ・ニコラスさんは水泳で中学時代関東一位になった。
 ・ニコラスさんの実の父親はアルゼンチン人だが、母が再婚し今の父親は
  ペルー人  ・ニコラスさんは戦争系のゲームで日本BEST8になった。

 ・どんぐりさんはアマチュアの現役キックボクサー。先日日本2位の相手と
  対戦して買った。鈴木福さんが3人の腹部にパンチをして腹筋を確認。
  (綾部さんもされていました)
 ・身体能力は川島さんが一番高い

 ・ネタ披露




5STEPコンプリート
進行役・倉田大誠
出演者・山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、鈴木福


ある物を作るための5つの工程が発表されるので、抽選で1工程ずつ
分担して作業を行い、最終的に制限時間内に完成させる事が出来れば
成功というコーナーです。

今回の課題「バルーンアートで犬を3分で作ろう!」

材料・風船

STEP1(担当 鈴木福)
 ・顔と耳のパーツを作る
  (1本の細長く膨らんだ風船を3ヶ所捻って4つの膨らみにする。
  noon boyz真田さんがサポート)
STEP2(担当 又吉直樹)
 ・STEP1で作ったパーツに新しい風船をつなぐ
  (1で出来た風船の端に同様に細長い風船を結びつける)
STEP3(担当 綾部祐二)
 ・前足と胴体のパーツを作る
  (2で繋ぎ合わせた風船の2ヶ所を捻って3つの膨らみにし形作る)
STEP4(担当 山崎弘也)
 ・さらに新しい風船をつなぐ
  (3で出来た風船にまた風船を繋ぎ合わせる)
STEP5(担当 ベッキー)
 ・後ろ足と尻尾を作り完成
  (4で繋げた風船を2ヶ所捻って3つの膨らみにし形を作る)

結果・残り28秒くらい残して無事完成しました




曜日対抗いいともCUP
「まっすぐ進め!コロコローリングスイカ」
長さ3m程度、幅30〜40cm程度の台の上をスイカ柄のお盆を転がし
先にある箱に入ったら成功というゲーム

参加者・綾部祐二×→山崎弘也×→又吉直樹×→ベッキー×→
    倉田大誠×→鈴木福×

記録・0枚

月曜日 1枚(6)火曜日 1枚(8)水曜日 2枚(1)
木曜日 0枚(12)金曜日 (9)優勝 
−−−はタイムオーバーで失格
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
0.03秒さん(知り合い呼んじゃいました/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る