今日のいいともニュース
2013年8月30日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木浩介
永山絢斗、いしだ壱成、ビビル大木、山本未来、赤江珠緒、noon boyz、竹内友佳


テレフォンショッキング
ゲストは永山絢斗さん 昨日 夏帆さん月曜 片岡鶴太郎さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は大沢たかおさん、やべきょうすけさん、勝地涼さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「(笑)」
永山さんが今は廃止されているネームプレートを持って登場したので
(おっ)
「はい」
(これ)
「「これ最近無いですよね」って話をしたら」
(うん)
「作ってもらいました」
観客「へぇ〜」
(ああそう?)
観客「(拍手)」
「(笑)」
(あ〜)
「美術さんありがとう、」
(へぇ〜。これあの欲しかった?)
「欲しかったですね」
観客「(笑)」
「いや、兄の家とか行ってもあるんで」
(あっお兄さん持って、あの瑛太くん)
観客「あぁ〜」
(あ〜瑛太くんこれやっぱり家に置い、置いてる?)
「家にありますね」
(ああそう?)
「(笑)」
(これあの持って帰って良いんだよね)
「あっ、ありがとうございます」
観客「へぇ〜」
(ええ、そうなんです。で、でも今度来るときまた持って来なきゃいけない)
「あっ(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(これ)

(どうぞどうぞ)
「よろしくお願いします」
((花束)来てますよ、いっぱい来てますね)
「ああ」
(ええ、)
「ありがとうございます」
(大沢くん来てます。いっぱい来てます、ええ。何あれ?「ハピくるっ!」って何?
関西テレビ、番組?)

「そうですね、プロデューサーさんが、よくしてもらってて」
(あっそう?へぇ〜)
「出た事は無いんですけど」
観客「(笑)」
(どうぞどうぞ。出た事は)
「(笑)」
(へぇ〜)

「あ〜」
(あっそう、初めてだよな、ココ)
「初めましてですね」
観客「(拍手)」
「(笑)」
(ええ。瑛太くんちゃんと持っててくれたんだね)
「はい、飾ってますね」
(あ〜)

(デビューはいくつの時?)
「デビューは、」
(うん)
「18,9とかですかね」
(はぁ〜。お兄さんの影響で役者に成ろうと思った?)
「いや、逆にあんまりテレビも映画も見てこなくて」
(うんうんうん)
「で、中学1年の時に「青い春」って映画を観て」
(うん)
「こんな面白い映画あるんだと思って、興味持ちはじめたっていうのが あったんですけど」
(へぇ〜。まだ中学1年の時、俳優成ろうとは思って無かった?)
「あっ全然思って無かった」
(へぇ〜、何か目標あった?その時、何か)
「いや、もう何にも無かったですね」
(ああそう?でもカッコイイからね)
観客「うん」
「いえいえ」
(俺がその顔だったら有頂天なってるけどね)
「(笑)」
観客「(笑)」
(用も無いのに街歩いてるけどね)
「(笑)」
観客「(笑)」
(兄弟カッコイイよね)
観客「うん」
(ねえ)

(いつ頃から「俳優なろうかな」と思った?)
「う〜ん、あんまりコレといったその、」
(うん)
「あれが無かったんですけど」
(うん)
「何となく、その踏み出して良いのか分からない時に、」
(うん)
「まあ高校を、何かサボリ気味なった時があって。その時に、」
(おっ高校行きたく無かった?)
「時があった」
(まじ、不真面目だったんだね。結構)
「あっいえいえ」
観客「(笑)」
(え?)
「いえ(笑)、それで、」
(あ〜非行、非行に走った訳でも無い?)
「(笑)いえ、大丈夫」
(高校段々嫌になってきた?)
「そうですね」
(うん)

「で、兄に紹介してもらった人にプロデューサーさんがいて」
(うん、テレビ、テレビ?)
「いや、リトルモアっていう会社の孫家邦っていう、孫さんっていうプロデューサー
がいて」
(うん)
「でその人に、会って3人で話した時に」
(うん)
「「まあお前はそうやって学校辞めて、仕事したいのかも知んないけど、」」
(うん)
「そのいわゆる中学までが義務教育な訳で「高校ぐらい卒業出来ない奴がこの
世界でやっていけないよ」って言うのを、凄く関西弁できつく言われて」
(うんうんうん)
「で、じゃぁ卒業したら10万やるって言われたんです」
(へぇ〜)
「で、別にお金とかじゃ無いって話になって」
(うん)
「でも僕も何か、ちょっと悔しいなと思って」
(うん)
「で、そこからどうにか、みんなに追いついて卒業出来て」
(うん)
「んで、」
(10万、)
「会いに行ったときに、」
(うん、10万)
「もうしっかりとした封筒」
(え?)
「「じゃぁおめでとう」って言われて」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「で、開けたら1万円しか入って無かった」
(え?)
観客「(笑)」
(何で?)
「それで、」

(10万ってハッキリ言ったよね)
「はい。「そんな事言ったっけ?」って言いながら、」
(うん)
「その「オーディションがあるから出てみてよ」って言われて」
(あっその人から、うん)
「それで、デビューです」
(へぇ〜)
「凄い良いプレゼントもらいました」
(でもその1万で終わっ、終わってる?)
「あっそれで、」
(うん)
「あれ、アカデミー賞の新人賞取った時に、」
(うん)
「また会ったときに、封筒また渡されて」
(おお〜)
「あっこれで、」
(9万)
「そしたら8万円しか入って無かった」
(ええ?)
観客「(笑)」
「(笑)」
観客「(拍手)」

(何それ?)
「ええ」
(何?)
「どういう事ですか?って言ったら、」
(合計9万だよね)
「そしたら、まあ今後、お前が仕事して行って」
(うん)
「まあ、お前が良い芝居をしたときに、」
(うん)
「残りの1万をやるって言われたんですよね」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
(もらった?それで1万)
「まだもらって、」
(まだもらってない?)
観客「(笑)」
CMに入る音楽が鳴り出し
「(笑)」
(随分経つ、随分経つのにね)

CM明け

(まだ20、24?)
「24ですね」
(24か、へぇ〜。大人しいよね、でもね)
観客「(笑)」
「ええ」
(恥ずかしい?)
「恥ずかしいですね」
(恥ずかしい?)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)。仕事の時の切り替えどうしてる?)
「いや、そこは、あまり意識してない」
(そのままスッと入って行ける?)
「はい」
(へぇ〜)

(普段何、何喋ってる?)
観客「(笑)」
「(笑)」
(友達とはベラベラ喋ってる?)
「喋りますね」
(俺だからあんまり喋らない?)
「いや、」
(普段からあんまり喋らない?)
「いや、喋ります喋ります」
(ああそう?)
「うん...........」
観客「(笑)」
(ずっとさっきからこの金具握ってるよ)
「(笑)」
観客「(笑)」
((テーブル?の)出っ張りの金具こう握って)
観客「(笑)」
「落ち着くんすね」
(落ち着くの?これ金具)
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
(何かこう握っていたい?)
「はい」
観客「(笑)」
(何にも無いときは何か、何握って、手握ってる?)
「(笑)」
((笑))

(趣味は、何かやってる?趣味でやってる事)
「趣味、まあそんなに無いですかね」
観客「(笑)」
(そんなに無い?あら〜)
「あと結構DVDは、」
(DVD?)
「見、映画ですけど」
(うん)
「何か、結構その現場に入ってて」
(うん)
「何か、その役によって違うんですけど、何か」
(うん)
「「あっ今こういう気分だから」と思って、」
(うん)
「AmazonでいっぱいDVD買って」
(うん)
「で、また違う現場入った時に、「あっ」って見たりするんですけど」
(うん)
「もう全然そういう気分じゃ無いんですよね」
(え?そう?)
「暗いのばっかりいっぱいあったりとかしたり」
(へぇ〜)

(休みの日DVD見てる?)
「DVD見ますね」
(へぇ〜。4,5本見たり何かする?休み)
「う〜ん、酷かったのが、もう3日間で5本、5本、6本って見た時に」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
(5本、5本、6本。16本三日間で?)
「そしたら結局見終わった後に、何か全然印象に残って無くて」
観客「(笑)」
((笑))
「あっこれ、やっぱ無理して見るもんじゃないんだなって言うのは、勉強しました」
(へぇ〜。5本、5本って凄いね。2時間として10時間)
「もう1日結構かかってました」
(1日だよね。ごっちゃにならない?)
「(笑)」
(物語)
「なります」
(そうだよね)
「はい」

二度目のCM明け

永山絢斗さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート。ピタリ賞、前後賞もあります)
「あっ」
(何行きましょうか?)
「いや〜、」
(100人の女性スイッチ持ってます)
「結構僕最近、」
(うん)
「夢を見て、まあ途中で起きたりとかして」
(うん、夢、)
「何か記憶に残ってたりとか」
(あ〜)
「イメージが凄い残ってる時とかは結構メモで残したりとか、最近」
(最近面白い夢見た?)
「ええと、まあ割りと、」
(うん)
「目の前高原みたいに広、開けてて」
(うん)
「で、わりと後がビル街みたいなってて」
(うんうん)
「で、隕石が僕に向かって来てるんです」
観客「(笑)」
(うん)
「でもうみんなパニックになってて」
(うん)
「悪いことしてる人とかも、色んな人がいる中で、」
(うん)
「どうしよう?って思いながらも、凄く近くまで来てて」

(隕石、うん)
「「あっもうダメだ」と思った時に、下にこんぐらい(幅40〜50cm程度?)の板が
あって」
(うん)
「「これしか無い」と思って、もう(板で頭をガードする)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「やったら、もう衝突、ドカーン「あ〜」ってなって」
(うん)
「「あっ」って収まったなと思って見たら、もう焼け野原で、僕だけ生きて」
(生きてた?)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(何?その夢)
観客「(笑)」
(変わった夢見るね〜。へぇ〜)
「っていう事もあって、」
(うん)
「何か、まあ昨日見た、今日起きて」
(うん)
「印象に残ってた夢を、今日メモに、」
(書いた人?)
「書いた人」
(あ〜)
観客「え〜」

(100人中何人いるかな?昨日見た夢を書いた人)
「ゼロはダメなんです、」
(ゼロだめですね)
「じゃぁ、1人で」
(1人?スイッチオン)
昨夜(から今朝にかけて)見た夢の内容をメモした人・・1人
(お〜)
観客「おぉ〜!」
「お〜(笑)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「(ストラップを渡され)ありがとうございます」
観客「(拍手)」
「(笑)」
(へぇ〜)
観客「(拍手)」
(いたよ)
「へぇ〜」
(へぇ〜、いるんだんr)
観客「(拍手)」
(あ〜)
観客「(拍手)」
(いや〜いましたね)
「やった〜」

(来週、月曜日のゲスト、この方です)
片岡鶴太郎さんの写真が表示されました
(あっ)
観客「おぉ〜」
三田アナ「もしもし。もしもし?」
片岡「もしもし」
三田アナ「あっ「笑っていいとも」です。タモリさんに代わります」
(キュ〜ちゃん)
観客「(笑)」
片岡「キュ〜ちゃん!」
観客「(笑)」
(キュ〜ちゃん)
片岡「オハヨ!」
永山「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(キュ〜ちゃん)
片岡「キュ〜ちゃん!」
(キューちゃんあれ、あの月曜日大丈夫?)
片岡「オハヨ」
観客「(笑)」
(お待ちしてます、よろしくお願いします)
片岡「いいとも、キュ〜ちゃん」
((笑))
片岡「オハヨ〜」


月曜日のゲスト 片岡鶴太郎さん




夏休み最終日特別企画 思い出残念サマー
進行役・タモリ、竹内友佳
出演者・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木浩介


今年の夏休み期間の間に起きた残念な出来事を絵日記にして発表

1・劇団ひとり   「パパとママどっち?」(8月24日(土))
   (劇団ひとりさんの顔の後にアンパンマン、ばいきんまんの顔がある絵)

  2歳の娘が最近喋れる様になったので「パパとママどっちが好き?」と
  聞いてみたら「ママ」と即答された。次に「アンパンマンとパパ」
  「ばいきんまんとパパ」も聞いたが負け続け、しょくぱんまんでやっと
  勝つ事が出来た。

2・田中裕二   「ウエンツとお茶を飲んでたら・・」(7月13日(土))
   (喫茶店のテーブル席で田中さんとウエンツ瑛士さんが向かい合って
   座っていて、ウエンツさんの横に男性が座り、その2人を田中さんが
   カメラで撮影している絵)

  喫茶店の隣のテーブルに座っていた30歳くらいの男性が「ウエンツさん
  ですよね?」と来て一緒に写真を撮ってくださいと田中さんにカメラを
  渡されて撮影した。ウエンツさんには「テレビで見てます」など話かけて
  いたが田中さんには一切触れてこなかったので、田中さんだと気付いて
  いなかったのか、それとも気付いていたけど田中さんに本当に興味が
  無かったのか分からない

3・木下優樹菜   「ビーチく」(8月19日(月))
   (ビーチにビキニ姿の女の子が立っている絵)

  娘を初めて海に連れて行った。ビキニの水着を着せたが 何度直しても
  乳首が出てしまい、仕方ないのでそのままにしていた。
  帰宅後ブログにその事を書いたら大勢から「水着が逆だと思うよ」と
  いうコメントが来た。水着を上下逆に着せてしまっていた。

4・鈴木浩介   「妹と歩いていたら・・・(7月25日(木))
   (女性のスカートにカブトムシが止まっている絵)

  都内の自宅近所を36歳の妹と食事帰り歩いていたら、突然「うわっ
  お兄ちゃん、何か止まった」と言うので見て見るとスカートに
  大きなカブトムシが止まっていた。そのカブトムシを取って
  なぜか近くの木では無く工事現場の看板に置いた。

5・関根勤   「うちのワンちゃん雷におぼえる」(8月20日(火))
   (立っている関根さん横に立つ犬がオシッコを漏らしている絵)

  犬が雷に怯えて家の中でオシッコ漏らしてしまった。今回で3回目で
  絨毯を変えてすぐだった。犬は「ごめんなさい」という顔をしていた。

6・草なぎ剛   「ぼくの女装」(8月28日(水))
   (女装した草なぎさんなど3人の姿が描かれた絵)

  「SMAP×SMAP」で中居さんの映画「ATARU」にちなんだコントをやり
  草なぎさんが栗山千明さんの役をやった。草なぎさんは女装が似合わ
  ないので年に2回くらいしか女装しないが、今回も「凄い酷い結果に
  なってしまって、もうホントに残念なコントになってしまったんです
  けど。女装っていうかホラーみたいになっちゃって」





世代共通点ポーカー 同級生5
進行役・草なぎ剛、竹内友佳
解答者・関根勤、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜
回答者・鈴木浩介、ゲストのいしだ壱成さん ビビル大木さん、
    山本未来さん、赤江珠緒さん


同じ学年の年度に生まれた5人が登場するので、選択肢の中から5人の答えが
一致しそうな質問を選びます。全員一致のパーフェクトなら100点、4人一致の
4カードで80点、3人と2人一致のフルハウスで50点、2人一致が二組の2ペアで
40点、3人一致の3カードで30点、2人一致で20点が獲得出来るので、合計150点
超えることが出来たら観客が賞品(「チューチューアイス」)獲得。
(得点が少なかったため、3問目開始前に合計100点獲得で賞品獲得に変更)

今回の同級生「1974年生まれの同級生」
        (1974年4月2日〜1975年4月1日生まれの人)

選択肢
 「思い出に残る青春ソングは?」
 「憧れの1ムービースターといえば?」
 「子どもの頃に夢中に集めた物は?」
 「高校生の時に同級生の間で流行った言葉・ギャグは?」
 「子どもの頃に毎週見ていたバラエティ番組は?」
 「親に初めて連れて行ってもらった映画は?」
 「初デートで行った場所は?」
 「出ると嬉しかったテンションの上がる給食は?」
 「子どもの頃に好きだった女性アイドルは?」
 「子どもの頃に好きだったアニメは?」
 「子どもの頃に憧れたスポーツ界のスーパースターは?」
 「子どもの頃に発売されて驚いた新商品は?」


 質問内容回答者得点合計
「出るとテンションが上がる給食」 いしだ壱成「揚げパン」
ビビル大木「ソフトめん」
山本未来「揚げパン」
赤江珠緒「シャーベットゼリー」
鈴木浩介「ムース(デザート)」
20点20点
「高校生の時に流行った言葉・ギャグ」 いしだ壱成「だっふんだ!!(志村けんさん)」
ビビル大木「カンケーないね(あぶない刑事)」
山本未来「だっちゅ〜の!()」
赤江珠緒「だっちゅ〜の」
鈴木浩介「ゲロゲロ」
20点4点
「子どもの頃発売されて驚いた新商品」 いしだ壱成「リモコン式TV」
ビビル大木「ファミリーコンピュータ」
山本未来「ファミコン」
赤江珠緒「ウォークマン」
鈴木浩介「ファミリーコンピュータ」
30点70点





いないかもしれないけど 会いたいヒト大募集!
 ボクどうしても会いたいんだもん

進行役・田中裕二
出演者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、木下優樹菜
    ゲストのさん


会ってみたい人を出演者それぞれ発表して、来週来てくれる様に
募集(オーディション有り)したり前週の結果を発表するコーナー

先週募集の内容
タモリ「爆笑問題の田中に似ている人」
関根勤「美人陸上部」
草なぎ剛「誰も知らないマニアックな人のモノマネだけど絶対笑っちゃう
   モノマネができる人」
劇団ひとり「暗記がすごく得意な人」
田中裕二「十年ほど前、中央線で見た髪の毛をマジックで描いていた人」
木下優樹菜「体重が90kg以上あったのに痩せて超イケメンになった人」

先週募集の結果
登場したのは
・「爆笑問題の田中に似ている人」
  12歳男性が登場しました。

次週の募集内容
タモリ「渡辺直美に似ている人」
関根勤「美人陸上部」
草なぎ剛「あなたの顔を見るだけで元気が出るとよく言われる人」
劇団ひとり「十年ほど前、中央線で見た髪の毛をマジックで描いていた人」
田中裕二「暗記がすごく得意な人」
木下優樹菜「イケメン彼氏のいるぽっちゃり女子。彼氏と来てくれる人」





曜日対抗いいともCUP
「残暑ざんしょ!夏はみんなで登山っしょ!」
針が付いたタモリさんが描かれたボードを2本の紐を操って上昇させ
上にある風船を割るゲーム。1人成功すると次の人へと順番にやって
行き、6人目の風船が割れた時間を競います。

参加者・劇団ひとり→関根勤→田中裕二→鈴木浩介→草なぎ剛→木下優樹菜

記録・9.36秒

月曜日 13.22秒(6)火曜日 11.86秒(8)水曜日 13.70秒(2)
木曜日 8.72秒(12)金曜日 9.36秒(10)優勝 木曜日
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
いしだ壱成さん(同級生5/エンディング)
ビビル大木さん(同級生5/エンディング)
山本未来さん(同級生5/エンディング)
赤江珠緒さん(同級生5/エンディング)






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る