今日のいいともニュース
2013年9月3日(火)
今日の出演者 タモリ、中居正広、大竹一樹、バナナマン、澤部佑、ローラ
戸田恵子、大地洋輔、noon boyz、生田竜聖


テレフォンショッキング
ゲストは戸田恵子さん 昨日 片岡鶴太郎さん明日 氷川きよしさん
宣伝・ 花束・4つ(下記) 

宣伝はミュージカル「今の私をカバンにつめて」

花束は小堺一機さん、八嶋智人さん、三谷幸喜さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「こんにちは」
観客「(拍手)」
「ご無沙汰しております」
観客「綺麗〜」
観客「(歓声)」
「(笑)」
観客「(拍手)」
(スタイル変わらないですよね〜)
「いやいやいやいや、もうホントに」
観客「綺麗!」
観客「綺麗〜!」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
(ええ)
「お変わりなく」
(とんでもございません)
「ご無沙汰しておりました」
(どうぞどうぞ)
「ありがとうございます」

((花束)三谷さんから来てます)
「あっ、ありがとうございます。今あの舞台、もうじき幕が開くんですけど」
(ええ)
「翻訳をしていただいて」
(翻訳?)
「翻訳をしていただいてるんですが、もう」
(へぇ〜)
「はい、そうなんです、はい」
(小堺くん来て)
「ありがとうございます、お兄さんいつもありがとうございます」
(八嶋くんから)
「八嶋さん、ありがとうございます。どうもありがとうございます」
(どうぞどうぞ、おかけ下さいませ)
「はい」

(ええ)
「え〜」
観客「(笑)」
「何か広々と(笑)。前なんかあっちの方でやってた様な印象があるんですけど」
(そうそう、今回広げ)
「ええ」
(考えてみれば何で端っこでやってたか)
「(笑)」
観客「(笑)」
「まあそうですよね」
(意味が分かんないんですよ、こんなこっち)
「そうですよね」
(こんなに空いてるのにね)
「いや何かもう贅沢な感じで」
(ちょっとこう真ん中に持って来た)
「はい、ありがとうございます」

前コーナー「ささやかな最高機密」で納豆を扱っていたため
(何か納豆臭いね)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(え?)
「納豆ね、見てたら物凄く納豆が急に」
(食べたく)
「食べたくなりましたね〜」
(納豆好きですか?)
「納豆好きですよ」
(あ〜)
「はい」
(あります?戸田さん流の)
「こだわりですか?」
(こだわり)
「私はですね、あの市販のタレが付いてますよね」
(付いて)
「あれ、全部かけるとちょっと多いなっていつも思うんです」
(あ〜)
「だから八割ぐらい。八割ぐらいで」
(ええ)
「あの食べてるんですけど」
(うんうんうん)

「あと回数はね、100回、きっちり混ぜる」
観客「へぇ〜」
(あ〜)
「101回でも99回でもダメ」
観客「へぇ〜」
「でもさっき大竹さんが200回混ぜた方が良いっておっしゃってたから」
(ええ)
「200、」
(じゃぁ数えてんですか?ちゃんと1,2,3,4,5,6)
「その間に話しかけられるとちょっと迷惑なんですよね」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「こう数えながら、こう相槌打ったりして」
(あ〜)
「ほんとトキソバみたいなっちゃうと困るんで(笑)」
(なっちゃう)
「いつ、100」

(あれどうですか?あのタレを)
「うん」
(入れてから混ぜます?)
「さっきね、いつもやってる事考えたら、入れないでまず」
(入れないですよね)
「入れないで」
観客「へぇ〜」
(あれ入れない方が物凄く糸引くんですよ、あれ)
「そうなんですよ、うん」
観客「へぇ〜」
(あの入れなくてこうやると、ほぼ真っ白なりますよね)
「そうなんですよね。で、ちょっとこう弾力があって」
(あって)
「タレを入れるとちょっと緩くなるじゃないですか」
(緩くなるんですよ)
「うん」
(でこう、あのお箸が垂れなくなるぐらいやりますよね)
「(笑)そうそうそうそう」
(こうやっててそのまま)
「そうなんですよ」
(そうそうそう)
「ブ〜ってと、100を必ず混ぜて」

(で、後は何か入れます?)
「まあネギぐらいですね、大体」
(ネギぐらいですね)
「でまあちょっとあの、時々玉子入れたりもしますけどね」
(あ〜)
「それも、」
(さっ、)
「うん」
(さっきのあの青じそと)
「美味しそうでしたね」
(青のり、あれちょっとやってみたいね)
「あれは良いと思いますね」
(あれね)
「ローラちゃんのはちょっと辛そうだったけど、」
(ローラ辛いの大好きなんです)
「青唐辛子とかね〜、うん」

(俺はね、市販のタレ使わないんです)
「使わないですか?」
(ええ)
「あのお醤油とかそういうので?」
(あっ全て、全て付いてるタレというのを使わない)
「あ〜」
観客「へぇ〜」
「こだわってるね、そこ」
(あのね、こだわって、あの)
「ホントに」
(何か甘いんですよ、いまいち)
「あ〜分かります、分かります。うん」
(全部のタレって甘いですよね、付いてる物は)
「ちょっと甘いですね、うんうん、確かに」
(だからもう使わない)
「あ〜。辛子は?」
(辛子ちょっと入れますね、辛子は)
「ねっ、私も辛子ちょっと。とにかくタレは全部使わない」
(使わない)
「大抵ね、タレ物、汁物」
(ええ)
「冷やし中華、コンビニのやつも、全部使わない。あれぐずぐずになりません?」
観客「へぇ〜」
「ちょっと多くないですか?」
(多いです、多いです多いです、多い)
「いつも八割」
(多いと、それで変に甘い)
「(笑)」
観客「(笑)」
(で後を見ると、何か化学調味料が多い)
「あ〜」
観客「あぁ〜」
「まあね〜」
(味のキレが無い、ず〜と残る)
「(笑)」
観客「(笑)」
「確かに」
(ねえ)
「まあ大体私はいつも汁は八割ぐらいを使う」

(あれどうします?ご飯にかけます?)
「何をですか?」
(納豆)
「納豆ですか?それはね、げん、あのご飯のお茶碗を洗う事を考えると(笑)」
(うん(笑))
観客「(笑)」
「まあ元気がある時は入れて行こうかなって」
((笑))
「ちょっと面倒くさいなって時は、入れないみたいなね。何か茶碗を洗う事考えて
しまうんです」
(ヌルヌルがね)
「ヌルヌルがね」
(俺はね、昔入れてた、もう入れなくなった)
「ご飯に?」
(ご飯に)
「うん」
(ある時に、ご飯、あの白いご飯を食べてて納豆)
「うん」
(納豆で汚れたんです、ご飯の崖が)
「あ〜」
観客「(笑)」
「はいはいはい、うん」
(で、あっこれ嫌だな。せっかくご飯はあの、)
「(笑)」
(「私白いわ」って言ってるのに)
「そう、確かにね」
観客「(笑)」
(納豆で汚してしまった俺「ごめんね」って言って別々食べるよう)
観客「(笑)」
「(笑)優しい〜」
((笑))
「納豆思いってか、お茶碗思いって言うか」
(お茶碗思い、いやいやご飯思い)
「ご飯思いって言うか」
(お茶碗思いじゃない)
「(笑)」
観客「(笑)」
「あ〜」

CM明け

「平気ですか?」
(食べます)
「あ〜そうですか。関西だけなんですね」
(関西ではあんまり食べないんですね)
「うん」
(まあ、)
「(笑)」
観客「(笑)」
(お変わりないけどね)
「そんな事無いですよ。もうね、何か衰えを凄く感じてます」
(衰えた?)
「ホントに。何か私キッチリしてるタイプなんですよ、元来ね。でも最、」
(家の中でも綺麗にしてそうですね)
「キッチリしてる。で家帰って、何かまだ2つ3つの事はやれたはずなのに、」
(うん)
「最近家帰ってたらもうガクッってもう何か」
(疲れて)
「スイッチがオフになっちゃって」
(ええ)
「もうソファーってガガッって何か寝ちゃう事も凄くあるし」
(ベッドまでたどり着けず)
「たどり着かず。もうソファー落ちってのが多々あります」
(オファー落ち?)
「ソファー落ち」
観客「(笑)」
「もう気がついたらもう寝ちゃってるんですよね。そんな事絶対無かったので」
(うんうん)

「忘れもとかも、忘れ物も無かったのに、この間はね、ガソリンスタンドに」
(うん)
「洗車とガソリン入れに行って「終わりましたよ」って言われた時に財布を持って
無かったんです」
(あ〜)
「もうそんな事考えられないの。財布を家に置いて来ちゃって」
(うん、どうしたんですか?それで。ツケ?)
「もう、家にもう帰って、いつも行ってる所だったから」
(あっ良かったですね)
「顔を知っててくれたんで「すみません、もうすぐ、すぐ来るから」って言って、
また取りに行ったりとか」
(へぇ〜)
「あと家の中で、エアコンこう消したりするのを、テレビのリモコンで一生懸命こう」
観客「(笑)」
((笑))
「やってやったりとか、もうね、酷いの」
(そうなりました?)
「そうなりました」
(そうなりました)
「そう、成りましたの、ビックリしちゃいます」
(そう?来ました?)
「ちょっとガッカリって言うか」

(俺、家の中行った事無いですけどホントに綺麗にしてるでしょ?)
「(笑)」
(全部)
「もうね、」
(人が来たりして変にこう置いたり何かすると嫌でしょ?)
「う〜ん、そこまで神経質では無いけど、まあ綺麗にしていたいタイプでは
あるんですけど」
(うん。あっそれですか)
「う〜ん」
(納豆をかけなくなると言うのは)
「(笑)」
観客「(笑)」
(え?)
「いや、そんな、」
(あ〜今日ちょっとキツいなって納豆かけない?)
「うん、まあちょっと先の事も、わりと先の事見越して計算して」
(うん)
「あの、常に過ごしているので」
(先の事見越す?)
「でも最近あのもう、もうね「掃除しなくても死なない」とかって、そういう思う
もう一人の自分が出て来る様になったんですよ」
((笑))
観客「(笑)」
「「大丈夫大丈夫。死にはしないから」っていう。前は「絶対ちゃんと綺麗にしとか
なきゃ」とか」
(うんうん)
「次の日家にね、帰ってきた時に気分が良くないから、やっぱ綺麗じゃないとと
思っていたんですけど、」
(うん)
「もうね、「大丈夫大丈夫」っていうもう一人が出て来るように」
(ささやく、ささやく)
「ささやく人が」
(いるんですね)
「で、それに段々従っちゃう自分も」
(「サボっちゃえ、サボっちゃえ」)
「そうなんです」
観客「(笑)」
(「死なない死なない」)
「そうなの」

「で海外旅行行くときも、」
(うん)
「パッキングとか、海外じゃ無くても旅行の支度って前の日に絶対」
(うんうん)
「するんだけれども、もう疲れちゃって」
(うん)
「「朝しようかな」って思うように段々なってきて」
(あ〜)
「朝するんですよ」
(出発の前に?)
「そうなんです」
(そうすると時間無いでしょ?)
「そうなん、そうするとね、じゃぁ何時に起きれば良いのかって事を、」
(うん)
「また物凄く早く起きるんでよね、そのために」
(うんうん)
「だったら夜やっとけば良かったなって」
((笑))
観客「(笑)」
「でも周りの人に聞いたら、意外と「朝やりますよ」っていう人結構いて」
(ああそう?)
「まあ性格なんですよね」
(うん)

「だって小学校の時も、もう時間割とかもう前の日に何回も調べるの」
(ああそう?)
「1時間目からもう全部綺麗に並べて、」
(うん)
「朝もう一回チェックしてから出かけるみたいな」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
(俺朝しかやんなかったですけどね)
「(笑)あっそうですか」
(ええ、でも学校燃えちゃうかも知れませんからね、だから)
観客「(笑)」
「どういう事ですか?え?」
(行かなくて良いかも知れない)
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「まぁ〜ね。凄い、もうその考え凄いですね」
(ええ)
「うん。仕事も、仕事場も燃えちゃうかも知れないから(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「「セリフ覚え無くて良いや」とかって」
(良いか)
「いう風に」

「もうね、セリフもね、何かもう覚えるの凄い面倒くさくなりました、もう
段々」
(そう成りました?)
「うん」
(へぇ〜)
「古田新太も面倒くさいって言ってましたけどね」
観客「(笑)」
「前、」
(あれ、あの男はもう昔から面倒くさいでしょ?古田)
「もうね、何か覚えたり、これ覚えたりする事って役者の仕事なの?って思ったり」
((笑))
「お芝居するのは楽しいんですよ」
(うん)
「そこに行くつくまでの過程が、面倒くさい」
(面倒くさい?)
観客「(笑)」
(え?面倒くさいですか?)
「何か面倒くさくなりました」
(今度どうする?三谷さん、三谷さんのやつ)
「で今回は頑張ります」
観客「(笑)」
((笑))
「今回までは頑張ります(笑)」
観客「(笑)」
「(笑)今回までは頑張りますけれども。徐々に、何か「いいよ、いいよ」って
自分がささやき始めて来て」
(ええ、うん)
「「もう寝ちゃいな、寝ちゃいな」っていう自分が」

(あっでもそれに従った方が良いらしいですよ)
「そうなんです」
(年取って、年取って来ると)
「そうなんですよね(笑)」
観客「(笑)」
(妙に疲れますからね、ホントに)
「何時くらいに寝られますか?タモリさん」
(ええと様々、様々ですね)
「うん、そうですか?」
(ええ)
「私、今まで、」
(あれ早いとき9時頃寝ちゃったり何かする)
「ええ!?」
観客「へぇ〜」
「9時ですか?」
(9時頃寝ちゃったり何かするんです)
「そうです、」
(うん)
「あっでもね、ホントに第一睡魔って呼んでるんですけど」
(うん)
「家に帰って、眠くなったら、第一睡魔が来たらもう寝ろって言われてるんです。
で私そこを堪えて、」
(そうすると寝れなくでしょ?
「そうなんです」
(うん)
「で必ず朝の4時くらいの「おはようございます」って番組を見ながら、ちょっと
ウトウトするぐらいなっちゃうんです」
(うんうんうん)
観客「へぇ〜」
「だからもう11時とか、12時とか眠くなる瞬間は確かにあるんですよね」
(うんうん)
「その時にもう寝た方が良い」
(うん、俺もそう思います)
「(笑)」
(何かタイミング逃すと寝れなくなっちゃう)
「そうなんです」

二度目のCM明け

戸田恵子さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート、ピタリ賞真ん中で前後賞もあります)
「はい」
(何行きますか?)
「はい。私あの来週から舞台、あの「今の私をカバンにつめて」が始まる んですけれども」
(ええ)
「これあの、日本の初演ってのが1980年代に雪村いづみさんが主演されて」
(あ〜雪村いづみさん)
「はい。でその時私コーラスガール役で出てたんですよ、凄い古い、」
(ああそう?)
観客「へぇ〜」
「話なんですけど(笑)」
(へぇ〜)
「で、今度私はあのいづみさんの役をやらせていただいてるんですけど」
(うん)
「今回が再演で、初演は3年までだったんです」
(うんうんうん)
「いやホントは80年代見た事ある人って聞こうかな?と思ったけど」
(いや、ちょっといないでしょう)
「ちょっといらっしゃらないなと」
(うん)
「ちょっとお顔見てね」
(うん)
「3年前の、私たちの初演を」
(見たことがある人?)
「青山円形劇場で見たという方、いらっしゃったらと思って」
(100人中何名です?)
「1人です」
(1人、行きましょう、スイッチオン)
3年前の戸田さん版「今の私をカバンにつめて」を見た人・・0人
(あ〜いない)
観客「あぁ〜」
(残念で、)
「そう、一人も見てないみたいな印象がありますけれど」
観客「(笑)」
「そういう訳じゃ無い」
(じゃ無い)
「(笑)そうですか」

(じゃ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
戸田「はい」
氷川きよしさんの写真が表示されました
観客「おっ」
(お〜)
観客「おぉ〜」
戸田「うん」
生田アナ「もしもし、お世話になっております、フジテレビ「笑っていいとも」
  ですが」
(氷川くん)
生田アナ「氷川さんでいらっしゃいますか?」
氷川「あっこんにちは、氷川きよしです」
戸田「こんにちは」
生田アナ「少々お待ちください」
氷川「はい」
(氷川くんどうも)
氷川「あっお久しぶりです、タモリさん」
(お久しぶりですね)
氷川「お元気ですね」
(はい、何とかやってますが)
戸田「「お元気ですね」(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
氷川「はい」
戸田「(笑)」
(明日「いいとも」大丈夫?)
氷川「はい、あのお願いします」
(あっじゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
氷川「お願いします、いいとも〜」


明日のゲストは 氷川きよしさん




グラデーションクイズ ○○家の一族
進行役・日村勇紀
解答者・タモリ、中居正広、大竹一樹、澤部佑、ローラ、生田竜聖
出演者・(下記)


ゲストの一族(家族、親類等)が順番に登場するのでゲストは誰なのかを
当てるクイズ。

1人目・いとこの息子(母親の弟の孫(21歳))
   ゲストは「自慢が出来る」(観客の反応は「え〜」)
    正解者・無し
2人目・母親(中居さんの大ファンの73歳)
   息子の出演番組は見ていて時々面白いと思う
    正解者・無し
3人目・兄(45歳)
   兄は高校の教師をやっていて弟が出たての時は「面白いね」と生徒に
   言われていたが、今は「今は大丈夫?つまんない」と言われている。
    正解者・無し

今日のゲストダイノジ大地洋輔さんでした




アルタでちょんまげ
進行役・大竹一樹、生田竜聖
出演者・中居正広、設楽統、日村勇紀、澤部佑、ローラ、


生放送中に実際に髪型を「ちょんまげ」にしても良い火という人が登場し
実際に髪を切ってエンディングまでにちょんまげ姿になってもらうという
コーナーです。

今回登場したのは
 スイーツのネット販売会社経営の32歳男性

 ちょんまげにする理由
 ・会社の経営が大変で借金もある。ダメなら秋田に帰らなければいけない
  ので、インパクトを与えて買ってもらえるようになりたい
 ・

 ちょんまげを結って30年という結髪師の方が登場し、生で頭の中央部分の
 前から後へバリカンを入れ、逆モヒカン状態でコーナー終了。

 エンディングで完成した姿で登場しましたが、今回もカッコイイと
 好評でした。
 




公開!ささやかな最高機密
進行役・中居正広
出演者・大竹一樹、設楽統、日村勇紀、澤部佑、ローラ


初公開となるささやかな秘密を公開するコーナー

今回のテーマ「マイベストな食べ方〜納豆編〜」
      (納豆の美味しい食べ方)

ローラ
 粒のサイズ
  おかめ納豆の極小粒
 混ぜ方
  ぷくぷく泡が見えてくるくらいまで(薬味やタレなど入れた後に混ぜる)
 薬味は
  しらがネギと青唐辛子を少し刻んで入れる。
  (炊くときに)ハチミツをスプーン一杯入れて作ったご飯の上に
  乗せて食べる。
 試食
  澤部さんが試食し「辛い」

大竹一樹
 粒のサイズ
  なんでもよし(全部好きだが標準サイズがよく大粒は最下位)
 混ぜ方
  なんでもよし(200回くらい混ぜると旨味成分が出る)
 薬味は
  刻みネギ、青のり、からし、しょう油、シソ(大葉)
 試食
  中居さんが試食し「美味い!これ美味い!」

設楽統
 粒のサイズ
  小粒
 混ぜ方
  よく混ぜる(薬味を全て入れてから混ぜる)
 薬味は(納豆だけでご飯を食べたい時)
  玉子(黄身だけ)、とろろ、オクラ、しらす、細切りのかまぼこ
  細かく刻んだタクアン
 試食
  中居さんが試食し「凄え美味い。これヤバイ」

日村勇紀
  納豆を何かに入れるのが好きで、今回はカップ焼きそばに入れる
  食べ方を紹介
 粒のサイズ
  −−
 混ぜ方
  ある程度混ぜた後、焼きそばに入れてまた混ぜる
 薬味は
  焼きそばに入れる時は入れない
 試食
  大竹さんが試食し「食いにくいね。(味自体は)まあまあまあ。
   そんなに悪くない」

澤部さん、中居さんは時間切れで紹介できませんでした




曜日対抗いいともCUP
「新学期 楽器でききフルーツ」
スライドホイッスルを使って出題されるフルーツ名を言う(吹く)ので
何と言っているかを当てて行くクイズ。参加者が一人ずつ交替で
出題者となり、他の参加者全員が解答者となります。

参加者・澤部佑(スイカ)→大竹一樹(もも)→中居正広(グレープフルーツ)→
    ローラ(バナナ)→設楽統(ブルーベリー)→日村勇紀(パイナップル)

正解数・6問

月曜日 1問(6)火曜日 6問(8)水曜日 (2)
木曜日 (13)金曜日 (10)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
大地洋輔さん(○○家の一族/エンディング)






翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る