今日のいいともニュース
2013年9月24日(火)
今日の出演者 タモリ、中居正広、大竹一樹、バナナマン、澤部佑、ローラ
石丸幹二、スザンヌ、かもめんたる、noon boyz、久代萌美


テレフォンショッキング
ゲストは石丸幹二さん 昨日 ピエール瀧さん明日 矢井田瞳さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は荻野目慶子さん、白井晃さん、別所哲也さん、串田和美さん
  片岡愛之助さん、宮本笑里さん、小松亮太さんなどから届いて
  いました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(初めてお会い、)
「初めまして、そうなんです」
(よろしくお願い、)
「どうぞよろしくお願いいたします」
観客「(拍手)」
((花束)いっぱい来て、串田さんとか別所さん)
「あっ、そうです???」
(来てますよ「半沢直樹(「日曜劇場「半沢直樹」キャスト・スタッフ一同」)」)
「あっ、そう、」
観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
(半沢直樹)
「土下座をして、マニラに飛びました、私」
((笑))
観客「(笑)」
「浅野支店長やっておりました」
(凄いですね、あのドラマはね)
「ねぇ〜、そうなんですね」
(大ヒットですね)
「びっくりしましたね〜」
(まあまあ、どうぞ)
「あっ失礼します」

石丸幹二(48歳)(紹介パネル登場)
1990年 東京藝術大学卒業後、劇団に入り役者として活動
2013年 ドラマ「半沢直樹」で主人公の半沢直樹(堺雅人)と対立する
      敵役(銀行の支店長)を熱演し大ブレイク!

(おっ、おお〜。48歳)
「はい」
(カッコイイですよね)
観客「カッコイイ」
「(笑)」
観客「カッコイイ」
(芸大んですか?)
「そうなんですよ」
(あっ何科を?)
「声楽、??です」
(あ〜声楽)
「はい」
(あ〜。で、あの劇団に入りまして)
「はい」
(ええ、ドラマ「半沢直樹」、主人公の対立する敵役ですよね)
「はい」
(ええ、大ブレイク、銀行の支店長)
「ええ、そうなんです」

(ご出身はどこですか?)
「ええと、愛媛県の新居浜という所でして」
(あ〜)
「はい」
(新居浜しってますよ)
「知ってますか?」
(ええ)
「でも4つぐらいまでしか居ませんで」
(あっそう?)
「後はずっとこっちに」
(へぇ〜)
「はい。??(笑)」
観客「(笑)」
(ミュージカルやってらっしゃいましたね)
「ええ、お嫌いですよね?」
(ええ)
「(笑)」
観客「(笑)」
(ミュージカルやってらっしゃいましたね〜)
観客「(笑)」
「(笑)」
(ええ、大嫌いなんですがね)
「ねえ(笑)、伺っておりますが」
((笑))
「(笑)失礼します」

(あれだけドラマヒットしたら)
「あ〜」
(街の中で相当言われるでしょ?)
「そうなんです、あの僕この夏これ撮ってる直後ぐらいに松本、長野の松本と
東京往復してたんですけども」
(へぇ〜)
「電車の中で、あのいわゆるパソコンでね」
(ええ)
「見てる方いらっしゃるんですよ」
(へぇ〜)
「たまたま自分の座ってる真横の席で、」
(見てたんですか?)
観客「(笑)」
「私が土下座してるシーンを、写ってた」
観客「(笑)」
「もうこうして見てたんですけどね、そのままこういう風(顔をそらす)に
なりました」
(向こうは気付いてない?)
「いや気付いて無いと思いますよ」
(はぁ〜)
観客「へぇ〜」
「いや〜肩身の狭い思いをしております」
観客「(笑)」

(あ〜やっぱり色々言われるんですか?気付かれると)
「あの、そうですね、その東京戻って来て、たまたまですけど、」
(うん)
「私がその役だって分かった方が」
(うんうん)
「最初にされた反応は、舌打ちでしたね」
((笑))
観客「(笑)」
(ホント?)
「はい」
(へぇ〜、嫌だね)
「いや、」
(役でやってんですからね)
「そうですよ、そうですよ。でも「チッ」とかいって」
(やってんの?)
観客「(笑)」
(失礼な奴ですね)
「いやいやいや、まあでも嬉しいですね」
(へぇ〜)
「はい」

(凄い、やっぱりなるべく分からないようにするでしょ?)
「何かそう、」
(嫌なもんですよね、役でやってんのに)
「うん、ですよね〜」
(うん)
「何かコソコソしているこの夏でした」
観客「(笑)」
「(笑)」
(外出るときどうしてる?)
「いや、ですからね、あのなるべく、あの時銀行員の役でしたから」
(うんうん)
「七三でスーツの役でしたので、」
(ええ)
「すぐにパーマをかけて」
観客「(笑)」
「ヒゲ、」
(あっそれパーマですか?)
「そう、パーマかけました」
(はぁ〜)
「ヒゲは生やして、まあ変装、何か犯人の気持ちですか」
パーマをかけヒゲを生やした写真登場
(あっこれ?)
「あ〜」
観客「(笑)」
(極端なパーマかけましたね、これ)
「(笑)」
観客「(笑)」
「すみません、そうなんですけど」
(へぇ〜。天然パーマは全く、全くのストレート?)
「全くのストレートなんですけどね」
(ええ)
「いや、何とかこの役から逃れたいと」
((笑))
「(笑)???」
観客「(笑)」

(凄い、最終回とか40、40パーセント超えた、)
「40、ねえ。ビックリしましたね」
(平成になって一番のヒットですよね)
「あっそうですか?」
(ええ)
「あ〜、うん、まあ堺さんのね、素晴らしい演技が光ってました」

(芸、)
「ええ」
(芸大に行かれて)
「はいはい」
(芸大に行かれたのは、別にその、こう言っちゃなんですけども)
「ええ」
(ミュージカルやるために)
「(笑)」
観客「(笑)」
(行かれた訳じゃ無いんです?)
「違います」
(あっ違う?)
「あの、クラッシックの、歌の勉強しに行ってたんですけど」
(ええ)
「何かひょんな事に、ミュージカル」
(これなんで、その)
「ねえ、あの、いや歌を唄って、何かこう生活したいなって思ってたんですよ」
(うんうんうん)
「そしてまあ歌手になるか、舞台に出るか」
(うん)
「という方法があって」
(うん)
「でも歌手はそうそうね、」
(うんうん)
「すぐは出来ないので」
(うん)
「ミュージカル実は知らなかったんですけど」
(あっそうなんですか?)
「はい、こういう仕事、」
(じゃぁ踊りも?)
「踊りも全く」
(へぇ〜)
「やった事無くて。でも「こういうオーディションがあるよ」って言われて受けた
のが、ミュージカルだったんですよ」
(へぇ〜)

(あれそう言えばその、まあ芸大に限らず声楽科って各音楽大学にありますよね)
「あ〜、はいはい」
(ああいう方ってクラッシックだけではなかなか生活って出来ない)
「そう、まあホントにわずかの方はね、あの大成功されてますけど」
(ほんのわずかですよね)
「ほんのわずかの方です」
(普通の方はどうなさってるんですか?)
「ミュージカルです」
(ミュージカル?)
「(笑)」
観客「(笑)」

(大学時代は、でもアルバイトはなさった?)
「あっ、あの数々のアルバイトしてたんですけども」
(あっそんなに)
「あの自分として一番ちょっと気に入ってるアルバイトがありまして」
(ええ、何ですか?)
「エレベーターボーイ」
(え?)
観客「へぇ〜」
(エレベーターボーイっています?)
「あの、某デパートの」
(ええ)
「ある時間から後、ガールさんからボーイに代わったんですね」
観客「へぇ〜」
(え?それ閉店の間際とか?)
「まあ百貨店が一応終わる頃、」
(ええ)
「まだでも百貨店の上には色々なテナントが入って」
(ええ、ええ)
「飲食店もあるデパートだったんですけども」
(ええ)
「で、まあどちらかと言うと夜、治安がね、」
(うんうん)
「あまり良くないので」
(うん。あっそれで男になる)
「まあ男なると」
(へぇ〜)
「でしたね」

(それ出くわしたこと無い。乗って「上参ります」とか言う訳でしょ?)
「ええ「本日ご来店下さいまして、誠にありがとうございます」って言う
んですけど」
(うん)
観客「あぁ〜」
(良い声ですね〜)
「いえいえ」
観客「(笑)」
「でもね、タモリさん」
(ええ)
「こうやってアナウンスしてる最中に、」
(うん)
「痴漢とかに遭うんですよ」
(え?)
観客「へぇ〜」
「あのまあ、」
(エレベーターの中で痴漢がいるんですか?)
「そう、あの大体満員になるんです、ギュウギュウになるんですけど」
(うんうん)
「で僕もその、そういう事もあるから気をつけようと」
(それ聞いてた?)
「先輩から言われてまして」
(うん)
「「でもアナウンスは絶対に止めちゃダメだ」と」
(どんな事があっても)
「どんな事があって、」

(それ誰が、これ(オカマさん)が触るんですか?)
「じゃ無いんです」
(ええ?)
「奥様」
(ええ〜?)
観客「へぇ〜」
(凄い、)
「あっ、もちろん、」
(奥さん、奥さん凄いですね〜)
「(笑)」
観客「(笑)」
(奧さん痴漢、でもそれ犯罪ですよね?いくら奧さん男触ってもね)
「まあ、」
(一応は)
「でもあの触りたかったんじゃ無くて、あたったっておっしゃると、もうそれは
それで仕方ない」
(でも当たるのと、違う)
「(笑)そう、でも、」
(こう(手の平で触る)、こう来る?)
観客「(笑)」
「あっ、」
(こうなぞります?)
「あ〜これ(後をさする)もありますし、」
(ええ)
「これ(前に手を入れる?)もあります」
(はぁ〜、奧さん!)
「奧さん(笑)」
観客「(笑)」
(奧さんやるね〜)

CM明け

(いや〜、いやずっとオバサマの話して)
「(笑)」
観客「(笑)」
(はぁ〜。まさかこう前に手が来るって事無い?)
「いや、あの前、」
(前もあります?)
「あの横からですね、こう手って物に沿ってこう動いてく訳ですよね」
(ええ)
「多分最初はカバンだったんでしょう、それが手になって」
(手になって、そこへ来た?)
「そう、であの、」
(へぇ〜)
「喋ってるアナウンスが段々、あの心許なくなるんですけど」
(なりますよね、それ)
「止めちゃ行けないので」
(止め、絶対止めちゃ行けないんですか?)
「絶対止めちゃ」
(「お止め下さい」って言ってもダメ?)
「あっそれダメなんです」
(へぇ〜)
「だから「(イントネーションが乱れながら)本日はご来店くださいまして、誠に
ありがとうございます」とか言って」
((笑))
観客「(笑)」
「なって行って、でも身体をこういう風にすると(身体の向きを多少変える)、」
(あっ)
「一応何となくは避けてくださるんですけど」
(へぇ〜、面白いもんですね、これ。へぇ〜)
「はい」

(暇な時何してらっしゃいます?趣味は何かあります?)
「趣味ですか?」
(ええ)
「趣味はそうですね、ちょっとドライブしたりとか、そういうのは趣味なんです」
(あ〜)
「あっでもね、あの、」
(乗り物が好きなんですか?)
「乗りも、あっ、」
(車とか)
「僕リニアモーターカーが、」
(うん)
「好きで。乗りたくて」
(ええ)
「上海に走ってるじゃないですか」
(あっありますよね、上海)
「あれに乗りに行ったんですよ」
(あっどうでした?)
「乗られた事ありますか?」
(いえいえいえ、無いです、あの山梨の実験線も行こうと思うんですけど、まだ
行ってないんです)

「あっ無いですか?」

(乗りました?)
「乗りました。でね、」
(あれ、あれ何キロぐらい?上海の何キロぐらい?)
「やっぱり四百何十キロか出るんですよ」
(はぁ〜)
観客「へぇ〜」
「で、ものの、ホント10分弱ですよ」
(うんうんうん)
「空港から上海の街のある???までなんですけど」
(あっそう)
「アナウンスが中国語でワ〜と入ってるんですね」
(うん)
「でも分からないので、取りあえずこの数字が出るんです、今何キロ」
(何キロ、うんうん)
「これがやっぱり100、200、3、4ってなった時に、」
(ええ)
「乗ってる人みんなが「ウワァ〜」とか(笑)、言いながら一緒になって
ましたけど」
(これどう、どういう感じですか?400キロ)
「あのね、浮いてるって感じがあんまり無いんですよ。で、ただでも少し
こうブワ〜って、ブル、ブルブル」
(小刻みに揺れてる?)
「うん、揺れてる感じ」
(はぁ〜。浮いてる感じは無い?)
「あんまり無い」
(普通の鉄道の早い感じ?)
「感じですね」
(あ〜)

「で、もっと乗りたかった」
(もっと乗りたいでしょ)
「乗りたいですよね、タモリさん」
(乗りたいです)
「お好きなんですか?」
(ええ、大好きです)
「あっ、ホントですか?」
(ええ、鉄道大好きです)
「今度日本にも走るじゃないですか」
(十何年後でしょ?)
「うん」
(微妙ですよね)
「ええ〜?」
観客「(笑)」
「なんで?(笑)」
((笑)いや〜ちょっと乗ってみたいですよね)
「ねえ〜」
(どんな感じですか?スピード感)
「あ〜、ちょっと数字しか見て無かったな〜。でも多分飛ぶようにっていう
感じになるんじゃないですか」
(トンネルじゃ無い?)
「じゃないです、地上走ってました」
(へぇ〜)

(あのぐっさんが、山口の)
「はい」
(実験線の見学に行ったらしいんです、乗るんじゃ無くて)
「お〜」
(向こうから来るらしいんですけども、向こうから来るときは、さほど早いとは
思わない。もう500キロ出てますからね)

「あっそうか」
(さほど思わないんですけども)
「うん」
(過ぎ去った後が物凄い早いらしい)
「あっそう?」
(うん、だからまあ何十人かこう見てると、みんな来る時黙ってんだけど行った後
一斉に「早っ!」ってリアクション)

「(笑)」
観客「(笑)」
(ズーっと行くらしいですね)
「音とかどうなんですかね?」
(いや〜どうなんでしょう?音はね)
「うん」
(名古屋まで40分でしょ)
「そう、あっという間ですね」
(あっという間ですよ、名古屋まで40分ってのね)
「う〜ん」
CMに入る音楽が鳴り出し
「あっ」
(あ〜)

二度目のCM明け

石丸幹二さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

「それは良いですね〜」
(百分のXアンケート。ピタリ賞真ん中で前後賞あります)
「あっ、はい」
(100人女性スイッチ持ってます、何でも結構です。何行きましょう?)
「そうですね、私あの先ほどあのドラマで、」
(ええ)
「土下座をしてマニラに飛びましたので」
(ええ)
「土下座させた事のある人」
(あ〜)
観客「え〜」
「聞いてみたいですね〜」
(100人中何人?)
「意外と学校の部活とかでね、」
(あ〜)
「先輩後輩の間でそういう事って起こったりしません?」
(うん、何人いますか)
「タモリさんどう思いますか?」
(いえいえいえ)
「あっ僕が言うんですか?」
(責任取れません)
「(笑)17人ぐらいいらっしゃる、」
(ええ?)
観客「え〜!」
「意外と」
(いやいま、)
「あの良いんですよ誰も見て無いのでホントの事」
観客「(笑)」
「(笑)」

(土下座させた事がある?)
「させた事がある人」
(あ〜、17人行ってみますか?じゃぁ行ってみましょう、土下座させた事がある、
スイッチオン)

誰かに土下座をさせた経験がある人・・20人
「お〜!」
(え〜!?)
観客「え〜!」
「いるんだ」
(へぇ〜)
「いるんだ(笑)」
観客「(笑)」
(二割が土下座させたことがある?)
「凄い」
観客「凄い」
(凄いな〜。その人に聞きますけども、それは後輩である、スイッチオン)
土下座させた相手は後輩だという人・・2人
「え〜?」
(え?)
観客「え〜?」
「あっ、」
(それは彼氏である)
「(笑)」
観客「(笑)」
(スイッチオン)
土下座させた相手は彼氏だという人・・11人
(へぇ〜)
「あ〜」
(凄えね〜)
観客「(笑)」
(やりますね、奧さん)
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
矢井田瞳さんの写真が表示されました
(おっ)
観客「お〜」
久代アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども、もしもし?
  矢井田さんでいらっしゃいますか?」」
矢井田「もしも〜し、こんにちは」
久代アナ「今タモリさんに代わります」
矢井田「は〜い」
(お久しぶりです)
矢井田「お久しぶりです〜タモリさん」
(あ〜)
矢井田「私もドラマ見てました」
(あ〜)
石丸「ありがとうございます」
矢井田「(笑)」
(明日大丈夫ですか?「いいとも」)
矢井田「大丈夫です、よろしくお願いします」
(はい、じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
矢井田「は〜い、いいとも〜」


明日のゲストは 矢井田瞳さん




グラデーションクイズ ○○家の一族
進行役・日村勇紀
解答者・タモリ、中居正広、大竹一樹、澤部佑、ローラ、久代萌美
    ゲストの かもめんたるさん
出演者・(下記)


ゲストの一族(家族、親類等)が順番に登場するのでゲストは誰なのかを
当てるクイズ。

1人目・母の従姉妹(祖母の妹の娘(45歳))
   ゲストは小さい頃からハーフっぽかったがハーフでは無い
    正解者・無し
2人目・祖母(母方の祖母(78歳))
   性格は天然っぽい
    正解者・かもめんたる岩崎う大
3人目・母親(52歳)
   家の中ではいつもパンツ一丁でウロウロしている
    正解者・(2人目で全員分かっていましたが解答せず)

今日のゲストスザンヌさんでした




アルタでちょんまげ
進行役・大竹一樹、久代萌美
出演者・中居正広、日村勇紀、澤部佑、ローラ、
    ゲストのスザンヌさん、かもめんたるさん


生放送中に実際に髪型を「ちょんまげ」にしても良い火という人が登場し
実際に髪を切ってエンディングまでにちょんまげ姿になってもらうという
コーナーです。

今回登場したのは
 大阪で飲食店経営の46歳男性さん

 ちょんまげにする理由
 ・「経営している居酒屋に客が来ないから」

 ちょんまげを結って30年という結髪師の方が登場し、生で頭の中央部分の
 前から後へバリカンを入れ、逆モヒカン状態でコーナー終了。

 エンディングで完成した姿で登場しました。元の髪の長さが短かった
 ため小振りのチョンマゲでしたが好評でした。




公開!ささやかな最高機密
進行役・中居正広
出演者・大竹一樹、設楽統、日村勇紀、澤部佑、ローラ


初公開となるささやかな秘密を公開するコーナー

今回のテーマ「初公開!一番お気に入りの部屋着」

ローラ
部屋着・薄い紫色の薄手の生地で出来たバスローブ
ポイント・生地が薄くそのまま寝ることが出来る。普段は下は下着だけ

澤部佑
部屋着・膝丈のパンツと「ROSE 1」と書かれたバスケットボール用の
    シャツ
ポイント・通気性が良くスベスベしている。お腹が冷えるためシャツは
    パンツにインしている。

大竹一樹
部屋着・ブルー系の長いパンツ、グレーの長袖のシャツ 
ポイント・冷房が苦手で腕が寒いので絶対に長袖を着て、膝下までの
    ものを履いている

設楽統
部屋着・水色の長いパンツ、「I(ハート)LA」と書かれた白いTシャツの上に
    赤と紺のストライプのタオル地のガウン
ポイント・冬はガウンのまま寝られる。

日村勇紀
部屋着・膝丈のグレーのパンツに「I(ハート)NY」と書かれた半袖の白いTシャツ
ポイント・「アイラブシリーズ」が好きで、海外に行くと買っていて、
     設楽さんやスタッフにもあげている、

中居正広
部屋着・白地に紅葉(?)柄の上下(膝丈のパンツとフード付きの服)
     (髪の毛が乱れているため頭にタオル巻いて登場)
    寝る時はフードをかぶって寝る。
ポイント・タオル地の肌触りが良い
    寝る時は周りにバスタオルなどタオル生地の物を置いている




曜日対抗いいともCUP
「芸術の秋 一筆伝言ゲーム」
カタカナを筆ペンを使って一筆書きするので、何と書いたかを当てる
クイズ(1,2人目は3文字のカタカナ、3,4人目は4文字、5,6人目は
5文字と増えていきます)

参加者・澤部佑「モデル」→日村勇紀「ギター」→中居正広「ロンドン」
    →設楽統「クリーム」→ローラ「レストラン」→大竹一樹
   「リサイクル」

記録・58.92秒

月曜日 54.39秒(6)火曜日 58.92秒(10)水曜日 (3)
木曜日 (14)金曜日 (11)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
スザンヌさん(○○家の一族/アルタでちょんまげ)
かもめんたるさん(○○家の一族/アルタでちょんまげ/エンディング)






翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る