今日のいいともニュース
2013年9月26日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
森高千里、カンニング竹山、アンガールズ、川島明
noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは森高千里さん 昨日 矢井田瞳さん明日 田中 圭さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は泉谷しげるさん、つんく♂さん、℃-uteさん、小山薫堂さん
  熊本県営業部長くまモンさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「???」
観客「(歓声)」
(ねえ)
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「こんにちは〜(笑)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(変わんないね〜)
「(笑)そんな、」
(15年ぶりですよ、「いいとも」は)
「そうですね、そんなぶりですね、はい」
(変わんないな、体型も)
「そんな事無い(笑)」
(へぇ〜、どうぞどうぞおかけ下さい)
「はい、ありがとうございます」

((花束)足利市の八雲神社ってとこから来てます)
「あっ、はい」
(これは?)
「あの「渡良瀬橋」っていう曲があるんですけど」
(うんうんうん)
「はい、そこ、はい」
(そこの近くにある神社?)
「はい、そうです」
(あっそう?)
「はい」
(「めざましテレビ」)
「はい、あっ」
(ええ)
「はい、ありがとうございます」
(泉谷の旦那来てます)
「(笑)」
(珍しいね、泉谷の旦那)
「はい」
(くまモンから来てます)
「あっ、はい(笑)」
((笑))
「くまモンの歌唄ってるので」
(あっそうなの?)
「はい」
観客「へぇ〜」
(くまモン人気だよね)
「そうですね、今ね」
(ねえ)
「凄い人気です、はい」
((花輪)ワーナーの社長の石坂さんから来てます)
「はい、ありがとうございます」
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「はい。お願いします」

(足利の方の出身だと思ってる人もいるよね?)
「あっ、そうですね「渡良瀬橋」を唄って」
(って、うん)
「はい」
(あれ故郷のこと歌ってるのかと思ってる人多い)
「そうですね、あの出身は熊本なので」
(くまモンのとこですね)
「はい、そうです、くまモンの所です(笑)」
(くまモンはもはやゆるキャラじゃないね)
「あ〜もう今大人気ですよね」
(大人気だよね、あれね)
「はい、うん」

(どうもお久しぶり)
「(笑)」
観客「(笑)」
(「ミュージックステーション」ではね、この前)
「そうです」
(あっあれもう、もう、)
「あっでもそれももう3年、」
(3年以上前なる)
「ちょっと前ですね、はい」
(ホントに変わんないね、声も)
「いえいえいえ、そんな事ないです」
(何か秘訣があるんですか?)
「秘訣?そうですね、でもまあ、うん、何か走ったり」
(あっやっぱり)
「ジム行ったりとかは」
(ええ)
「まあ最近ね、ちょっとあの歌唄ったりとかしてるので」
(あっそうですよね)
「その時はやる様にしてますけど」
(あ〜)
「はい」
(どう?久しぶりに歌唄って)
「いや〜うん、そうですね、」
(デビュー何周年?20?)
「25周年」
(25周年か)
「去年が、はい」
(へぇ〜、もうそんな成るんだよね)
「そうですね、あっという間ですね」
(あっという間だよね)
「はい、まあちょっと間ね、結婚した後はやって無かったので、ほとんど」
(あ〜)
「はい、まあブランクありますけど」

(旦那さん元気ですか?)
「はい、元気です(笑)」
(よろしく言っといて下さい、旦那さん)
「はい」
(え?お子さんいくつになったの?上のお子さん)
「上が今中学生で」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「下は、」
(中学生のお母さんですよ)
「(笑)何や嫌ですね、それは」
(はぁ〜)
「(笑)」
(下、下は?)
「下は小学校5年生です」
(小学校)
「はい」
(上女の子ちゃんだったよね?)
「女の子です、はい」
(下男の子ちゃんでした、)
「はい、両方、はい」
(へぇ〜)

(中学生の女の子って、最近の中学生どう?)
「そうですね、何かあの、何かオシャレに目覚めて」
(うん)
「凄くこう洋服が好きだったりとか」
(うん)
「してますね。私が何かホントに高校生ぐらいの時に、何かこう好きだった
こう、大体高校生ぐらいから私は洋服とかに目覚めたんですけど」
(うん)
「何かちょっと早いですね、中学校ぐらいからだから」
(はぁ〜)
「うん」
(今東京の子なんか、あっ田舎も早いのかな〜)
「うん」
(全国的に早いんでしょうね)
「今はそうかもしんないですね〜」
(うん)
「うん」

(もう中学生か、でも女の子はそうだろうな〜)
「うん」
(昨日話の、女の子は3歳からもう女の子だっていうもんね)
「あっそうです、オシャレが好きですよね、小っちゃい時からやっぱ鏡見たりとか」
(うん)
「あのメイク道具を、私のメイクを勝手に」
(使ったり)
「使ったりとかしてましたから」
(へぇ〜)
「うん」
(昨日の話であの、矢井田瞳ちゃんの子どもが)
「うん」
(女の子は、5つかな?あの宅急便のお兄さんが)
「うん」
(イイ男と、そうでないのと態度が違うらしい)
「(笑)」
観客「(笑)」
(あのイイ男じゃ無い方は普通に「(普通に挨拶)」って言うんだけど)
「(笑)」
(イイ男だと「(首を傾げて和やかに)こんにちは」って言うらしい)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

(反抗、反抗期なんかあるの?女の子)
「う〜ん、そうですね、段々ちょっとね、あのあんまりこう、素直に「はい」って
「はい」って言わなくなりました」
(えっ何?)
「「ちょっと待って」とか、「何々して」とかって言うと、ちょっと、うん、何か
「はいはい」とか(笑)」
(うん)
「流されたりする」
(叱る、叱るの?)
「怒りますよ」
(ああそう?)
「うん」
(厳しい?結構)
「う〜ん、そうですね、どうなんだろう?他の方と比べたことは無いですけど」
(うん)
「でも挨拶とか、何かこうお礼とか」
(うんうん)
「をちゃんとしないと、怒ります」
(あ〜)
「うん」
(旦那、旦那さんはどう?)
「そうですね、主人の方が優しい」
(旦那女の子に甘いよね)
「うん、そうですね、優しいかも知れないですね」
(ニコニコニコニコしてんだ、あの???)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「どうしてもね、やっぱり私の方が普段一緒にいる事が多いので」
(うん)
「私の方が、うん、厳しくする事が多いですね、多分」

(あれ?二人ともそれじゃ何?現役で歌ってた頃は知らない?)
「うん、あっそうですね」
(知らないんだよね)
「知らないです知らないです」
(今回初めてだ)
「そうですね、あの今年久しぶりに私もコンサートやったんですけど」
(うん)
「そこで初めて見たと思います」
(あ〜そう)
「はい」
(驚くだろうね)
「そうですね」
(自分の母親がこうやってステージでやってるんだっての)
「(笑)そうですね、何かまあビデオとか、それこそテレビ番組の」
(あっ)
「昔のが流れたりとかすると「あ〜ママが出てる」みたいな」
(あ〜そうか)
「そういう感覚は多分あったと思うんですけど」
(うん)
「生で歌って、ほんとステージで立ってるのを見るは初めてだったんで」
(へぇ〜)
「はい」

(上のお嬢ちゃんどういう感想だった?)
「そうですね、何かあの周りの人に聞いたら凄くノリノリで、あの、」
(ああそう?)
「うん、「あの踊ったり歌ったりしてたよ〜」って」
(へぇ〜)
「言ってたので。まあ何かこう応援する気持ちは凄くあったのかな〜?と」
(ある)
「うん」
(男の子はどう?)
「下の子も楽しんではいたんですけど、「どうだった?」って終わって聞いたら」
(うん)
「「長かったな」って(笑)」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「「もっと短い方が良かった」とか言って(笑)」
(どれくらいやってた?)
「でも2時間ちょっとぐらい」
(普通だよね)
「まあそうですね。でもあんまりコンサート、そんなに行った事が無かったので」
(あ〜)
「はい」

(体力的にはどう?やって)
「体力的には、はい、大丈夫でした」
(ああそう?)
「うん。何かやっぱりその前に、ちょっとこう、あの走ったりしてたので、体力
作りをちょっとやっぱり、久しぶりなので」
(うん)
「やってたんで大丈夫でした」
(声も大丈夫?)
「声も、そうですね、大丈夫でした」」
(音域も)
「音域も、うん、そうですね、はい」
(休んでた時期ってホントに歌わなかったの?何にも)
「そうですね、はい」
(カラオケに行くという事も無く?)
「あっ、あ〜カラオケは行ってます。行ってますって言うか、うん、たまに行きます
子どもも一緒に」

(あっ子どもも一緒に行くの?)
「はい、うん」
(へぇ〜。今の子ども何歌ってる?)
「そうですね、ウチの上の子は結構洋楽とか歌ったりとかしてますね」
(へぇ〜)
「はい」
(下の子は?)
「下の子は、色々、あの嵐とかも好きだし」
(あ〜)
「ゆずとかも好きだし。あとGReeeeNとか好きだし。何か色々歌いますよ」
(あ〜)
「うん」
(嵐はでも人気だよね〜)
「うん、そうですね、やっぱり子どもは好きですね」
(ねえ)
「うん」
(あの国立競技場でやってる時)
「はい」
(あそこ前通ると)
「うん」
(並んでますよ、「チケットありませんか?」って)
「あ〜」
(ズラ〜と並んで)
「もうね、取れなかったりするんでしょうね」
(ええ)
「うん」

(昔、でもあの色々変わった歌全部作ってたじゃ無いですか)
「(笑)変わった歌。はい」
(結構ね、)
「(笑)」
(世の中に対して怒りがあったらしいんですよ)
「(笑)」
(それを全部歌にして発散させた?)
「そうですね、何か立場上ね、こう言えなかったりとかすると」
(うん)
「歌詞に、うん、書いたりとかして」
(書いて)
「発散しました」
(あれもそうなの?あの「私がオバサンになっても」っての、それの内の一つの
プロテストソングでもある?)

「そうで、うん、そうですね、何かあの、まああの「女盛りは19だ」って いう風に言われて」
(うん)
「そんな事は無いって、」

森高千里さん作詞作曲の「ハエ男」の歌詞パネル登場
(これですよ、「ハエ男」)
「(笑)」
((笑)「あいつはいつも飛んでるハエ男」)
曲が流れ出しました
「(笑)」
観客「(笑)」
(これそういう人がいたんだ?)
「そうですね」
(上司にはすりすりすりして)
観客「(笑)」
「そう、何か、」
(「会うたび」)
「見てて、あんまりこう気、気持ち良い感じがしなくって」
(うん)
「で、あ〜そう言えばって思った時に、まあちょっとすりすりする人いる
じゃないですか」
(うんうんうん)
「もう何か異常にする人」
(うん)
「何かそれが凄く嫌で。じゃぁ歌詞に書いちゃえとか思って」
(で歌作ったんだ)
「(笑)」
((笑)凄いね、この歌は)
「(笑)そう、」
(ほとんどハエ男しか言ってないよね、これ)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

CM明け

(熊本帰った時は熊本ラーメンやっぱ食べる?)
「熊本ラーメン、はい、食べますね」
(熊本ラーメン俺何度かもらったよ)
「はい、そうです。だからタモさんと、」
(うん)
「ねえ、あのそれこそ「ミュージックステーション」終わりでラーメン食べに」
(ラーメン屋行ったよね〜)
「はい、行きました。連れてってもらいました」
(内田有紀ちゃんもいたっけ)
「(笑)あっそうかも知んないですね」
(そう、ラーメン屋行って)
「そう」
(「ラーメン屋行く?」って言ったら「行く」って言って)
「はい」
(ラーメン屋行きましたね〜)
「うん」
(あれは良い思い出ですよ、あれ)
「あっ、焼鳥屋さんも行きました」
(あっ焼き鳥屋も行きましたね)
「(笑)」
(焼鳥屋も行きましたね。あれも良い思い出ですよ)

「でも何かタモさんホントに凄い自然に、普通に何かいて」
(ん?)
「ラーメン屋さんとか焼鳥屋さんとか、普通の人と混じって」
(ああそう?)
「何か私が多分遅れて行ってたんですよ」
(あっ遅れてきたんだよ、うん)
「そう、遅れてきたら、何かタモさん別にこう隠れる事無く堂々と居て」
(うん)
「何かちょっと私の方がビックリして「大丈夫かな?」みたいな」
(ああ〜俺普通に食べてる)
「そうですよね(笑)」
(うん)
「ビックリしました」
(東京じゃ大丈夫だね)
「東京じゃ大丈夫ですか?」
(東京じゃ大丈夫、普通に食べて)
「あ〜そうですか」
(ええ)
「何かみんな、」
(え?)
「タモさんがいたらビックリしますよね」
観客「うん」
(ラーメン屋ってあんまり豪華なとこ無いからね)
「(笑)」
観客「(笑)」
「まあそうですね、あんまり個室とか無いですね」
(個室のラーメン屋って無いからね)
「(笑)」
観客「(笑)」
「そうですよね」
(普通に食べますよ)
「そうですよね〜」

(熊本ラーメンと)
「うん」
(博多ラーメンって似てるようで、同じ豚骨だけどちょっと違うんだよね)
「あっそうですね、微妙に違いますよね」
(ひょう、標準で言うと)
「うん」
(あ〜これも昔と今じゃ違うけど、昔はね)
「うん」
(博多ラーメンには必ず入ってる物はね)
「はい」
(あの、まあネギ入ってんだけ、キクラゲが入ってたんだよ、昔)
「あ〜、はいはいはい」
(入ります?キクラゲ)
「キクラゲは、入ってるとこともあります」
(あ〜)
「細〜く、こう千切りみたいな感じで」
(他、他は何が入ってる?まあチャーシューは当たり前入って)
「そうですね〜何か揚げニンニクみたいなのが」
(あ〜、あっそれ鹿児島系統だ)
「あっそうですかね?はい」
(博多は揚げニンニク入って無い、キクラゲはね〜)
「うん」
(入ってるんだ)
「はい」
(やっぱ九州は一緒)

(少し熊本の方が濃厚じゃない?)
「あっそうですね、濃いかも知れない。福岡の方がちょっと」
(ちょっとアッサリしてるんです)
「うん、アッサリしてるかも知れないですね」
(うん)
「うん」
(だからこっちで博多ラーメン食べると凄い脂っこいんだけども、)
「うん」
(あれ違うよね)
「あ〜、そうですね、私も九州から出て来た時に」
(うん)
「食べたら、またやっぱりちょっと微妙に違うかな?とか思いました」
(ちょっと違うよね)
「うん」
(麺もこっちやつ少し太いみたい)
「あっそうですね、細いですもんね」

(あと熊本何があるかね?)
「熊本、馬刺し」
(あ〜)
観客「ぁ〜」
(あれ馬刺しって今どう、問題なってんじゃないの?生で食べちゃダメだとか)
「あっ馬刺しは大丈夫ですね」
(牛か)
「そうです」
(ああそう?)
「はい、馬刺しはもう大好きで」
(馬刺しは家でも食べる?出て来る?)
「家でも食べます」
(へぇ〜)
「熊本は、あのスーパーにも売ってるんですよ、馬刺しが」
(ああそう?)
「なので、もうホントにあのスーパー行って買って来て、あの夜に食べたりとか」
(普通の家庭料理でも)
「普通の、はい」
(出るんだ)
「食べます。必ず帰ると絶対食べます」
(馬刺し)
「馬刺し」
(へぇ〜)
「はい。大好き」
(こっちの方はあんまり無いよね?馬刺しは)
「無いですね、探す方が大変なので」
(うん)
「まあお店に行ったときに、たまたまあったりとか、後はでもね送ってもらいます」
(そこまで好き?)
「(笑)」
(馬刺し)
「ウチのね、子どもも大好きなんで」
(へぇ〜)
「はい」
(ご主人も馬刺し)
「あっ好きですね。はい」

(あと何だ?熊本は。からしレンコン)
「からしレンコン。うん。からしレンコン」
(あれ揚げたて美味いよね)
「美味しいですね、サクサクして」
(うん)
「うん。でも子どもはちょっと微妙にまだ辛くて食べれないんですけど」
(うん)
「ねえ、ビールのおつまみとか」
(うん)
「美味しい」
(揚げたては美味いよね)
「うん」
(あれ、チン、チンして大丈夫?)
「あ〜大丈夫だと思います」
(ねえ)

二度目のCM明け

森高千里さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(おっ百分のXアンケート。ピタリ賞真ん中で前後賞あります)

「はい」
(何行きましょうか?)
「ええと、え〜デビュー去年が25周年だったので」
(25周年)
「その25にちなんで、」
(うん)
「でも何か凄い多そうなのでちょっと当てづらい」
(何が?)
「25歳の人」
観客「ぇ〜」
「え〜?何か、」
(いやいま、(観客を見渡し)いますね)
観客「(笑)」
「え〜?」
(何人、100人中何人ぐらいいるんだろう?)
「そんな25人もいないか。どうしようかな?」
(いや〜)
「いや、いる?」
(どうかな?)
「10、」
(いや〜責任持ちません、これ)
観客「(笑)」
「じゃぁ、」
(私はその件に関しては一切口出しをしません)
「え〜難しい、じゃぁホントは25って言いたかったんですけど」
(うん)
「12」
(25歳の人、12人、スイッチオン)
「そんないる???、微妙」
((笑))
今25歳の人・・4人
(あ〜)
「え〜?」
観客「あぁ〜」
「少ない(笑)」
(少ないね〜)
「え〜?そうなんだ〜、残念」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
田中圭さんの写真が表示されました
(お〜)
観客「お〜」
倉田アナ「もしもし。もしもし?」
田中「もしもし」
倉田アナ「あっ「笑っていいとも」と申しますが、今タモリさんにお代わりします」
田中「はい」
(もしもし)
田中「あっもしもし」
(どうも)
田中「どうもお久しぶりです」
(お久しぶりですね〜)
田中「はい」
(え〜明日「いいとも」ですが大丈夫ですか?)
田中「大丈夫です」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
田中「いいとも〜」

明日のゲストは 田中 圭さん




2013年度上半期 俺のニュース大賞!
進行役・タモリ、倉田大誠
出演者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのカンニング竹山さん、アンガールズさん、
     川島明さん


今年度上半期に自分に起きた一番のニュースを発表する企画。
観客100人が「興味無いボタン」を持っていて、それを押した人が
50人になった時点で強制終了となります。

1人目・アンガールズ田中卓志さん
  「ワキワキダンス習得」
   寂しくなってインコを飼おうと思い、本を買って調べたら
   インコが大好きな「ワキダキダンス」を言うのがあり、それを
   練習した
  結果・ワキワキダンスを披露しようとした前に強制終了
     (話し始める前に36人がすでにボタンを押していました)

2人目・カンニング竹山さん
  「ザキヤマと本気で大げんか」
   CSで河本さん、山崎さんと番組をやっているが、その日は
   収録が終わっても山崎からいじられ続けるので12時間くらい
   「何で芸人になったんです」「何で生きてるんですか」など
   言われ続けるので、本気でキレた事が2ヶ月の間に2回あった。
  結果・最後まで話すことが出来ました(終了時点で25人)

3人目・川島明さん
  「告発!!私が受けた重大な医療ミス!」
   7月くらいに朝起きたら目が腫れていたので恵比寿にある
   病院に行った。まずパソコンを使った視力検査を受け
   「見えますか?」と次々聞かれたが、川島さんが見る方の
   モニターの電源が入っていなかった。
  結果・最後まで話すことが出来ました(終了時点で32人)

4人目・山崎弘也さん
  「全く声が出ない!!」
   1ヶ月くらい前に芸人になって初めてロケ中に全く声が出なく
   なってしまい、横でリアクションしか出来なかった。
   (前日の喋りすぎで声がかれてしまった)
  結果・話す前に44人押されていましたが話を簡単に終わらせ完走

5人目・山根良顕さん
  「最近親不らずを抜きました」
  結果・話す前に強制終了

6人目・笑福亭鶴瓶さん
  「(無題)」
   昨日トンカツ屋さんで若手とトンカツを食べに行き、最後お会計
   してくださいと言ったときにイスがバラバラに壊れた。その事を
   店の人に言うと「私が作りました」
  「プルプル」
   2ヶ月前にタクシーに乗ったら高齢の運転手さんの腕がプルプル
   していた。その事をメモしていたら、そのタクシーが衝突事故を
   起こしてしまった。急いでいたので連絡先を教えてその場を離れ
   たが、後日タクシー会社から大丈夫だったか確認の電話があった
   ので、腕がプルプルしていた事を言うと「そうですね、あの人
   みんなからあだ名プルプルと言われてる」と言われた
  結果・2つ披露し終了した時点で5人しか押していませんでした




2013年知っとくベッキーワード!
進行役・ベッキー、
解答者・
  タモリチーム・タモリ、山崎弘也、
         ゲストのカンニング竹山さん、アンガールズさん
  つるべチーム・笑福亭鶴瓶、ピース、ゲストの川島明さん


最新ワードの意味にについて6つのワード(ヒントワード×3、ダミー
ワード×3)を使って解答するというクイズ。

第一問見物客が行列を作る「パパブブレ」
    観客の知らない度・62人(100人中62人が知らない)
 ワード
  「スペイン」「アメ」「父」「桃太郎」「金太郎」「パブ」
 解答
   カンニング竹山「父のアメはスペイン人が作る」
   タモリ「スペインの桃太郎はパブで部下と飲んでいる」
   アンガールズ「桃太郎と呼ばれているママと金太郎と呼ばれている
        チーママがやっているパブ」
   又吉直樹「父が撮ったスペインパブの写真を見て子どもが言った一言。
       「パパ、ブ・・・ブレ!」」
   川島 明「父は突然「パブ」と言い残しスペインに旅立った」
   笑福亭鶴瓶「切っても切っても桃太郎が出て来る金太郎アメ」
   アンガールズ「スペインの父が乗っているアメ車屋さん」
   川島 明「アメリカ好きの父はなぜかケバブの事をケパブという」
   カンニング竹山「金太郎は桃太郎からパブを引き継ぐ」
   (時間切れ終了)

 正解「スペイン発!行列が出来る金太郎アメ専門店」
   ・世界16ヶ国で展開する飴職人が客前でパフォーマンスを行う
    大人気アートキャンディショップ(1袋450円)
   ・出来たての飴を楽しめるほか、誕生日プレゼントや結婚式の
    引き出物にも最適
   ・職人さん3人登場し生パフォーマンス

第二問「ウチュニャリ」
    観客の知らない度・94人(100人中94人が知らない)
 ワード
  「赤ちゃん」「クマ」「20年後」「最高級」「コーヒー」睡眠不足」
 解答
   笑福亭鶴瓶「コーヒー飲み過ぎて睡眠不足の赤ちゃん」
   川島 明「赤ちゃんが最初に話した言葉が「最高級のコーヒーを
        一杯入れてくれないか」だった」
   アンガールズ「20年後の赤ちゃんグマはクマ」
   タモリ「20年後のくまモンは睡眠不足になる」
   山崎弘也「20年後の赤ちゃんはクマ」
   又吉直樹「可愛い赤ちゃんも20年後には目の下にクマ」
   笑福亭鶴瓶「最高級のクマの赤ちゃん」
   笑福亭鶴瓶「クマが食べる最高級のコーヒー」(正解)
   (カンニング竹山が終了後に発表
       「クマがいる、睡眠不足だから20年後に逃げよう」)
   (鶴瓶さん正解で終了。鶴瓶チーム94点獲得)

 正解「クマが消化した豆を使った最高級のコーヒー」
   ・ペリー産のコーヒー豆をハナグマが食べ、糞として排出した
    最高級コーヒー豆(200グラム10500円)
   ・ビスケットの甘みが特徴で、世界のセレブに人気
   ・正解者チーム全員で試飲





曜日対抗いいともCUP
「芸術の秋 一筆伝言ゲーム」
カタカナを筆ペンを使って一筆書きするので、何と書いたかを当てる
クイズ(1,2人目は3文字のカタカナ、3,4人目は4文字、5,6人目は
5文字と増えていきます)

参加者・山崎弘也「ポテト」→倉田大誠「チーズ」→笑福亭鶴瓶
   「アイロン」→又吉直樹「ペンギン」→ベッキー「リサイクル」
    →綾部祐二「パスポート」

記録・36.08秒

月曜日 54.39秒(6)火曜日 58.92秒(10)水曜日 48.54秒(3)
木曜日 36.08秒(14)金曜日 (11)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
カンニング竹山さん(俺のニュース大賞/ベッキーワード/エンディング)
川島 明さん(俺のニュース大賞/ベッキーワード/エンディング)
アンガールズさん(俺のニュース大賞/ベッキーワード/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー75(2013年7月〜9月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る