今日のいいともニュース
2013年10月9日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
堺雅人、美奈子、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは堺 雅人さん 昨日 倉科カナさん明日 北川景子さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「リーガル・ハイ」

花束は里見浩太朗さん、香川照之さん、生瀬勝久さん、小雪さん
  新垣結衣さん、田口淳之介さん、岡田将生さん、小池栄子さん
  永作博美さん、多部未華子さん、滝藤賢一さん、RIP SLYMEさん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
(???)
「どうもお久しぶり???」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「???」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(拍手)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
(凄いね)
「いえいえいえ、???」
((花束)いっぱい来てますよ)
「あっありがとうございます」
(小雪来てますね)
「ありがとうございます」
(ガッキー、岡田くん)
「あっ」
(里見浩太朗さん)
「はい」
(生瀬くんとか)
「「リーガル・ハイ」で一緒の」
観客「あ〜」
(あっ、香川さん)

((花輪)来てます「リーガル・ハイ」)
「(笑)」
観客「おぉ〜」
観客「(拍手)」
(??)
「???」
観客「(拍手)」
(今夜10時)
「はい」
(「開廷」になってますね)
「そうです、はい」
(へぇ〜)

(どうぞどうぞ)
「あぁ〜失礼します」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
(忙しいよね〜)
「いえいえいえ」
(え?)
「お陰様で、はい」
(これどういうスケジュールなってんの?終わって)
「はい。まあちょっと、かぶ、かぶって、かぶってはいないのかな?」
(え?かぶってた?)
「終わってすぐ、いや、かぶってはいないです。3日くらい休んで」
(うん)
「次のこれ、これに「リーガル・ハイ」に入って」
(はぁ〜)
「はい」
(大変。ドラマってのはね、あのホントに疲れるんですよね)
「そう、まああんまりでも、」
(そう?)
観客「(笑)」
「僕は、はい」
(いやいや、俺も月9散々やったけど、ホントに)
「(笑)」
観客「(笑)」
(長いよね、だから時間が)
「何度も何度も同じ事を繰り返すので。初めてこう来られた方ビックリされますよね」
(そうで)
「はい」
(大体、何時間くらい撮ってる?10時間は確実に撮ってる)
「ぐらいありますかね。あの法廷のシーンとか最初から最後までやるので、それを 5,6回は繰り返すので」
(そうだよ)
「同じ事何度も何度も」
(うん、やるんですよ)
「時々バカバカしく」
観客「(笑)」

(あと休憩がまたあるんだよね)
「待ち時間」
(待ち時間ってのがあるので)
「はい」
(これが、ホントに休憩出来ないんだよね)
「あっホントの心のね、底からはちょっとなかなか出来ない」
(そうそう、休憩じゃ、昼休みとは訳が違う)
「(笑)訳が違います」
観客「(笑)」
「そう」
(あれ、よくやってたよね)
「そうですね。まあでもあの休み時間は、」
(「半沢」の方で)
「セリフ覚えたりしてたので」
(うん)
「あんまりこう、待ち疲れってのは無かったですけどね。はい」
(え?セリフ覚えたり何かするのは何?大好き?)
「大好きでは無いです(笑)」
観客「(笑)」
「大好きでは無いですけど、まあ渋々」
観客「渋々(笑)」
「はい。はい、もうしょうがないです、もうブツブツ言いながらギリギリまでやって」
(うん)
「もう、ホント受験勉強と同じです、何かホントに。毎日テストみたいな感じで」
(そうだよね)
「はい、大変???」
(それがず〜と続いたんだ、ずっと)
「ずっと続きましたね」
(あ〜)
「はい」

「前のやつも銀行員なので、銀行の言葉がおおかったりして。今回も法律用語」
(専門用語が多いのは嫌だろ)
「多いんですよ。でも考えて見たら、」
(うん)
「医者の役やってる時も専門用語ですし」
(あ〜)
「結局何でも、役者って何かこうウソつきながらやるんだなと思って」
観客「(笑)」
(全部ウソっちゃウソ)
「全部ウソです、ホントに。全く知らない???僕」
(銀行で何?一番難しかったセリフある?専門用語)
「あっ僕は、数字が覚えられないんですよ」
観客「あぁ〜」
(数字いっぱい出て来るじゃ無い)
「いっぱい出てくるんです」
(うん)
「だから何か、あの論理として何とかだから何とかだからこうって言うのだっ
たら、その筋で覚えるんですけど」
(うんうんうん)
「数字って全く関係無いじゃ無いですか」
(うんうんうん)
「で僕何か昔っから、算数がダメなので」
(ああそう?)
「全然ダメ。だから、数字、そのセリフに数字が出て来たら、もうその部分もう だけ飛ぶんです。だから口で覚えて」

(え?じゃぁじゃぁどうやって覚える?)
「だから113億飛んで320万ってやつがあれば、113億飛んで320万、ず〜と覚えて」
(へぇ〜)
「呪文のようにしていく」
(何度も重ねて)
「何度もやって」
(へぇ〜)
「そう」
(結構好きじゃん)
「いやいや好きではいないです(笑)」
観客「(笑)」
「好きではいない」
(それ1日10何時間やって、ず〜と、どれくらい続けてやってた?前の、前のやつから 比べると)
「ええと4ヶ月、ん?春やって、ゴールデンウィークくらいからもう銀行員でした
から」
(うん)
「(笑)銀行員でしたからって、その役をやっていたので」
観客「(笑)」
(ゴールデンウィークでもう銀行員)
「もう銀行員くらい(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「それくらいでしたね。だからもうずっとやってますね」
(うわ〜凄いね〜)

「でも、どうせ休みになってもやる事無いので」
(趣味無い?)
「無いですね〜」
(ああそう?)
「無いです、ホント何にも無いです」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜。和歌とかそういうの好き)
「和歌(笑)」
観客「(笑)」
「あっ和歌、和歌読むのは好きですね、作りはしないですけどね」
(和歌好きなんだよ)
「はい」
(百人一首部に入ろうかどうか迷ってたんだよね)
「そうですそうです、そうです、そうです」
観客「へぇ〜」
「百人一首部と演劇部があって、たまたま演劇部だったから、今こうやって職業
してますけど」
(ホントは教師になりたかったんですよ)
「そうです」
観客「へぇ〜」
「そう。百人一首部だったら今何してたか良く分からないですけど」
観客「(笑)」
((笑))
「和歌、和歌作ってたかも知れないですね」
(和歌作って)
「(笑)」
(和歌好きなんだよね)
「そうです」

(これ(「リーガル・ハイ」)どう?順調に撮りは)
「あっはい、お陰様で。あの新メンバーも、岡田将生くんがね、」
(うん)
「今回新しく入って面白い。あの小雪さんも、あの全編通して」
(うん)
「一つの、こう死刑囚の話なんですけど」
(うん)
「一話完結じゃ無くて十話で、小雪さんの話をこう描いて行くっていう、そういう」
(ああそう?)
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「ちょっとこう単発と連続物のこう良さをこう組み合わせたドラマになってます」
(あ〜)

(銀行員との切り替えどうした?)
「切り替えてないですね」
観客「(笑)」
「前半ちょっと、」
(何か残る?)
「ちょっと残ってるかも知れない」
(前半残る?やっぱり)
「あんまり、」
(「あれ?これ銀行員かな?」と思う?)
「いや、それは無いですけど(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「あの、あんまりこう役だからこうしようっての無いですし」
(うん)
「あっ(髪の)分け目が変わり、変わりました」
(あっ逆だ)
「銀行員こっち(右分け)ですね。今こっち(左分け)なんで」
観客「あぁ〜」
(はぁ〜)
「はい」
(それは、それ意図的にこう変えてみようと思ったの?ちょっと)
「銀行員の時に、メイクさんに「分け目どっちですか?」って聞かれて、」
(うん)
「「あっ弁護士はこっちです」っていうと「あ〜じゃぁこっちにしましょう」って言って」
観客「(笑)」
「もう無理矢理こうやってやって」
(あ〜)
「はい」
(こっちってあんまりいないよね。こっち分けの人)
「あっ僕自然とこうこっちですね、弁護士タイプ」
(あっこれ自然なんだ)
「これ自然です」
(弁護士が自然タイプ)
「(笑)弁護士が自然な感じです」

(はぁ〜、順調ですか)
「お陰様で、はい」
(今何話くらい?)
「今4話ですかね、撮ってて」
(お〜)
「はい」
(順調で)
「??」
(最近はホント遅いからね)
「あれ何なんでしょうね?」
(何、あの遅いのがカッコイイみたいなとこあるよね)
観客「(笑)」
「何、ギリギリで出来ちゃうから」
(まだ、まだそう)
「うん」
(「まだ出来上がってないんですよ」って)
「(笑)」
観客「(笑)」
(「余裕こいてなく早くやれよ」)
観客「(笑)」
「(笑)思います」
(ギリギリ俺は仕上げるタイプみたいな)
「そうそうそう、本気、まだ本気出してないくらいのね、感じでね」
(本気出してないっての)
「それは良くないです」
(良いです、順調です)
「順調で、ウチはホントに」
(あ〜)
「コツコツと。特にビックリすることも無く」
(あ〜)
「はい」
観客「(笑)」
「奇跡が起きずにずっとやってる様な感じ」

(あっ、そういった中でも結婚したんだよね)
「ああ〜そうです、はい」
観客「(拍手)」
(そうだよ)
観客「おめでとう〜」
「ありがとうございます」
観客「おめでとう〜! 観客「(拍手)」
(え?これいつ、いつ結婚した?)
「4月ですね、今年の春に、はい」
(忙しい中でもやってるんだね)
「(笑)いやいや」
観客「(笑)」
「そう、そうですね、はい」
(へぇ〜、4月か、大変だなそれ結婚、結婚生活始まって)
「はい」
(もうバタバタなんだ)
「まあもうバタ、バタバタですね(笑)、はい」
(あ〜)

「妻と誕生日が一緒??」
(そう、一緒なんですよ)
「そう」
観客「へぇ〜」
(一緒なんです。で、ずっと言ってたの、あの一緒にいつか)
「はい」
(誕生日会をやろうねって言ってた)
「ウチの妻とそういう話をしてたんですか?」
(してたしてた)
観客「(笑)」
「全然聞いてない」
(随分前からそう言ってた)
「あ〜そうですか?」
(うん。あと北川さんも同じなんだよね)
「あっ北川景子さん」
観客「へぇ〜」
(そうそうそう、これも一緒で。で「やろうか」って言って。あとはあのドビッシー
が一緒なんだよ)

「ドビッシー(笑)」
観客「へぇ〜」
「あ〜そうですか?」
(そう、ドビッシーが一緒)
「ロマンが溢れる(笑)」
観客「(笑)」
「作曲家」
(あと足利義満か何かも一緒なんだよね)
観客「へぇ〜」
「三代将軍」
(そうそうそう)
「金閣寺」
(ええ、銀閣)
「あっそうです、」
(銀閣寺)
「あっ銀閣寺の」
(ええ。それ一緒に集まってやろうかと)
「集まって(笑)」
観客「(笑)」
「イタコかな?」

「僕は、ええと、ロジャー・ムーアが一緒です」
(あっそう?)
「あと永作博美さんが一緒なんです」
(あっ永作そう?)
「永作さん一緒なんです」
(永作会ったよ、この前蕎麦屋の前で)
「蕎麦屋の(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「相当近所なんですか?あ〜そうですか」
(へぇ〜)
「ドビッシー良いな〜」
(ドビッシー良いだろ、ちょっと)
「良いですね。誰かいなかったかな?正岡子規が確か一緒で」
観客「へぇ〜」
(ああそう?)
「また和歌になっちゃいます」
(また和歌に)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)和歌やっぱ縁があるんだ)
「あるんですね。はい」
(あ〜)

(最初に和歌とか好きになったの何?何か最初の句があった?)
「あっ、僕は、あの高校時代の恩師が、あの短歌やってる人だった、歌人
なんです。伊藤一彦さん。若山牧水研究とか」
(あの本の)
「そうですそうです」
(本もらった本)
「あっありがとうございます」
(あの先生でしょ?)
「はい、そうですそうです。で結構そう有名な先生で」
(うん)
「まあその時は、社会の先生だったんで、国語じゃなかったので」
(え?社会の先生だった?)
「そうなんです、そこがまたカッコイイ所で」
(へぇ〜)
「全国的な歌人なのに、国語じゃ無くて社会を教えてるってのが凄くカッコ、」
(結構余裕こいてますね)
「(笑)余裕こいてる訳じゃ無いんです、哲学のね」
(「俺社会、社会も出来るよ」って)
「いやいや、そう、全然そういうね悪い感じの先生じゃ無い」
((笑))
観客「(笑)」
「凄く良い、感じの」

(それでその先生と出会、)
「はい、出会って」
(でも社、社会、社会で出会ったきょうか)
「社会、社会で出会いました」
(うん)
「あの倫理政経を教えていただいてて」
(うん)
「それで、まあその先生のその職員室と言うか、カウン、スクールカウンセラー
をなさっていて」
(あ〜)
「その先生のとこにこう出入りしてる内に、何かこう、何か中原中也とかあの
若山牧水とか」
(うん)
「まあ歌人、詩人をこう知るようになって「良いな〜」と」
(ああそう?)
「はい」
(じゃぁやっぱりあの先生の影響)
「そうですね、はい」
(あ〜)
「でも百人一首部には入らなかった」
(入らなかった)
「はい(笑)」

(所で話は変わるけど)
「はい」
(あの社、社会って、あれ科目今どうなぅてるの?俺たちの時と全然違うんだよね)
「僕は高校の時現代社会みたい、今もそうなんですか?」
(現代社会って何やってる?)
「何かね、色々ごたまぜなんですよ。あの、倫理もあるし、歴史もちょっと
教えてて」
(うん)
「それで2年生になってから、それぞれ専門になるのかな、日本史、世界史、地理。
あの倫理政経。高校は」
(はぁ〜)
「はい」
(ああそう?)
「はい。当時はどうだった?」
(当時はね、俺たちはね一般社会って言われたのがあった)
「一般社会?(笑)」
観客「(笑)」
(うん)
「こういう一般社会じゃ無くて」
(そう一般、一般社会って)
「はい」
(それはあの政治経済、)
「うん」
(倫理、社会が含まれてる)
「はあはあはあはあ、それは現代社会に近いのかな?」
(現代社会っていうの?それ)
「歴史とはまた、」
(歴史は、まあ日本史と、それから世界史が)
「はい」
(あるんだけどね)
「一般社会」
(一般社会って、変わった)

「確かに科目とか、学部もそうですけど、何やってんだか良く分かんない学部
いっぱいありますよ、何かね」
(あるよな、)
「はい」
(大学の学部ね)
「ええ」
(俺一番分かんないのはさ、どっかで見た国際関係学部ってあるんだよ)
「はぁ〜」
(あれどう、どういう事?)
観客「(笑)」
「紛争とかを研究したりするんですか?」
(紛争を研究してんのかね?)
「仲良くするための何かこうノウハウを(笑)」
観客「(笑)」
(あ〜)
「国際関係?」
(ん?国際関係学部とか)
「何か情報処理何とかとか」
(あれなんだ?情報処理、情報処理とかいうの何だろうね?)
「あれは何してるんですかね?情報は、パソコン?」
(ああそう?で、そこに行ってる人たちに、俺学生に聞いた事あるんだけど)
「うんうん」
(学生もよく分かって無かったみたい)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑)情報系何とかあるんだよな)
「パソコンは(CM入り)」

CM明け

(あ〜ドラマちょっと暇になったら何やる?)
「ええと何、」
(やりたい物ない?)
「いや特に無いですね。衣替え?」
観客「(笑)」
(衣替えするか(笑))
「なかなか、大掃除とか」
観客「(笑)」
(あっそう、部屋綺麗そうだね、独身の時から)
「何にも無いですね」
(荷物無いの?)
「あの遊びに来た友達に「楽屋か」って言われた事あります」
観客「(笑)」
(ああそう?)
「何にも無い。すぐ捨てる」
(断捨離もいいとかだね)
「もう断捨離し過ぎて」
(はぁ〜)
「全部捨て、」
(超断捨離)
「超断捨離(笑)。持たない、持たない男」
(へぇ〜)

(溜まんない?俺何かも溜まってしょうがないんだけど)
「何が溜まりますか?」
((いや、何かこう)
観客「(笑)」
(郵便物が来るじゃんか)
「あ〜そうですね」
観客「あ〜」
(そうすると何かの案内だったりするから、まだこれ時間があるなと思うと、これ
捨てると忘れるんでこう取っとくと。それ無いの?それ)

「すぐ捨てます」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「それで凄く後悔した事よくある」
観客「(笑)」
「絶対捨てちゃダメな物を結構捨てて」
(そうだろ)
「はい」
(じゃぁ郵便物なんか、もう見たらすぐ捨てる?)
「基本捨てて、でその棚に、ええとペンディングスペースを置くんです」
(ああ〜これちょっと取って)
「これちょっと」
(それはあるんだ)
「そこがいっぱいになると、もう全部、全部捨てる」
観客「へぇ〜」
(はぁ〜。あのね、)

「台本も全部捨てますし」
観客「へぇ〜」
(台本全部捨てる?)
「全部捨てます」
(え?じゃぁ過去の物は無いの?全然)
「無いですね」
観客「へぇ〜」
「はい」
(日記なんかもつけないんだ?)
「日記は、昔つけてたんですけど、それも捨てましたね(笑)」
観客「(笑)」
「はい」
(へぇ〜。じゃぁ本も読んだら捨てる?)
「あっ残すのと、残さないのがあって」
(うん)
「それもペンディングスペースがあります。本も」
(でそれも溜まったら捨てる?)
「捨てるっていう」
観客「へぇ〜」
(結局ね、2ヶ月ぐらい物は一生見ないんだよね)
「そうです」
(それ分かってるんだよ)
「(笑)」
観客「(笑)」
(分かってんだけど、やっぱり捨てようと思うと取っちゃうんだよね)
「あ〜それは性分ですかね」
(洋服は?)
「時々ドンと捨てますね」
(あっ、やっぱり溜まったら)
「買うは買うんですけど、ドンと捨てます。基本なんかクローゼット1個で僕充分
なので。衣装は衣装があるので」
(まあそうだね)
「はい」
(はぁ〜)

(じゃぁ物集めるって事も一切無い?)
「無いですね〜、物集める?」
観客「(笑)」
(はぁ〜)
「無いですね」
(気持ちが良い人だね、君は)
「(笑)」
観客「(笑)」
「でもね、あんまり捨てすぎるのも良くないとは思いますけど」
(それ後悔したって何捨てちゃった?)
「あっあのね、公共料金の何か税金の何とかとか」
観客「あぁ〜」
(請求書?)
「とか、年金の何とかとか」
観客「(笑)」
「結構大事な物を捨ててるんですね」
(はぁ〜)
「「あれまいったな」ってのよくあります」
観客「(笑)」

(へぇ〜良いね〜、じゃぁその部屋に机のたぐいの物が一個あるぐらい?)
「一個、一個あって」
(うん)
「そうですね、文具があって。で、あと本が並んでて」
(うん)
「だけです」
(はぁ〜)
観客「へぇ〜」
(あのよくもらったボールペン何かこう湯飲みにこう差してる、あれ)
観客「(笑)」
「あ〜あれは無いですね。あれ、」
(ハサミとかこうある、無い?)
「あれ無いですね。すぐ、すぐ捨てます」
観客「へぇ〜」
(え?)
「捨てます」
(ボールペン、2本ぐらいピシッとあるだけで?)
「1本ですかね」
(え〜?)
観客「へぇ〜」
「うん」
(潔い、武士だね〜)
「潔い(笑)。凄い誉められ方をしました、嬉しいです」
(はぁ〜)
「武士だねって(笑)」
観客「(笑)」
(武士だね〜、潔いね〜)

(え?何かの輪ゴム、輪ゴム)
「輪ゴム無いです、輪ゴム」
観客「へぇ〜」
「輪ゴムしないです」
(輪ゴム無い?)
「輪ゴム??」
(へぇ〜)
「薬、病院からもらった薬」
(薬、薬、うん)
「余ったやつ残してたりしてます?」
(え〜残してる残してる)
「(笑)残してますか?あれは絶対でも飲まないでしょ?」
(飲まない飲まない。飲まない飲まない)
「捨てますよ、捨てましょうよ」
(あっそうそうそう、俺そう、あのええとね。大体期限切れのやつがいっぱいある)
「でしょ?」
観客「あぁ〜」
「今度じゃぁちょっと、」
(あっこれ捨てた、それは捨てた)
「あ〜それ捨てた?」
(これは捨てた)
「それは良かった」

「輪ゴムは、あれは何でとっとくんですかね?」
(いや、色々必要だよね)
観客「うん」
「あ〜、あっ女の子だから、ほら」
((自分を指し)男の子だ、俺)
観客「(笑)」
「(笑)あっそうかそうか、あっそうかそうか」
観客「(拍手)」
「あ〜そうか(笑)。輪ゴム、何に使う?「あ〜良かった輪ゴムがあって」って時
あるんですか?」
(そう、何かあるよな)
観客「うん」
(何かこう、ビニールに入れて留める時とかね)
観客「あ〜」
「ビニール?」
(あれは?あれは?あのスーパーに買い物に行って)
「はいはい」
(こうビニールの袋もらうじゃない)
「はい」
(あれ、あっこれ何かゴミ捨てる時欲しくて置くだろ?)
観客「あ〜」
「あれは、大中小とか、大小があって、2個ずつ置いてます」
観客「へぇ〜」
(はぁ〜)
「あとは捨てます」
観客「へぇ〜」
(容量が決まってんだ)
「もうもう、そう自分の中のキャパが」
観客「(笑)」
「僕はレジ袋は2つぐらいしか、もう使わないんじゃないかと」

(結婚してどうなの?そのペースは)
「妻が(笑)、」
観客「(笑)」
(うん、どうなのよ?)
「結構溜、溜めると言うか、」
観客「ぁ〜」
「輪ゴムもちょっと今言いながら、そう言えば妻持ってたな〜と思って」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

二度目のCM明け

堺 雅人さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート)
「はい」
(え〜真ん中ピタリ賞、前後賞もあります)
「はい。今日は勝負に行きます」
(ええ)
「現在、裁判中の方」
(あ〜)
観客「え〜!」
「裁判を、こう」
(離婚とかあるから)
「もうもう色々あります」
観客「あ〜」
「裁判所に行ってさいばんをしてらっしゃるという方」
(何人?100人中)
「今日の客層、でもどうかな?3人はいらっしゃる」
観客「え〜!」
(え?)
「いや、いや、いらっしゃいますよ。皆さんね、結構ね、どれくらい、」
(弁護士が見るんだから分かる)
「はい」
観客「(笑)」
「弁護士じゃ無いけど(笑)、はい。いや、待って、待って下さい。ちょっと3人?」
観客「(笑)」
「1人」
観客「あぁ〜」
(1人?)
「1人」
(現在裁判中である)
「はい」
(1人、スイッチオン)

現在裁判中の人・・1人
(お〜)
「お〜!」
観客「(歓声)」
「凄い」
観客「(歓声)」
(凄い)
「凄い」
(凄い)
観客「(歓声)」
「(ストラップを受け取り)ありがとうございます」
(凄い)
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます(笑)」
(お〜)
「あ〜凄い」
(凄い)
「皆さんのアドバイスに従った良かったです、ありがとうございます」
(凄いね)
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
(凄い)
「まだまだ司法制度が浸透してないという事ですね」
(じゃぁその人に聞きます)
「はい」
(離婚訴訟である、スイッチオン)
「(笑)」
観客「(笑)」
「何だろう?」
今離婚訴訟で裁判をしている人・・0人
(あっ、え?)
観客「あぁ〜」
「あっ違う?」
観客「何だろう?」
「色々あるんですよ」
(色々あるんだね)
「人と人とが生きて行けば」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
「はい」
(この方です)
北川景子さんの写真が表示されました
観客「(歓声)」
(あ〜)
「(笑)???」
三田アナ「「笑っていいとも」です。北川さんでいらっしゃいますか?」
北川「はい」
(北川さん)
三田アナ「タモリさんに代わります」
堺「8月22」
(もしもし、同じ誕生日の北川さんですか?)
堺「(笑)」
観客「(笑)」
北川「はい(笑)、もしもし」
(あ〜)
北川「北川です」
(ねえ、お久しぶりです)
北川「お久しぶりです〜」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
北川「いいとも〜」



明日のゲストは 北川景子さん




水曜コメンタリー劇場 書き込んだ有名人は誰だ!?
進行役・柳原可奈子、三田友梨佳
解答者・タモリ、太田光、トシ、タカ、栗原類、
出演者・下記


ゲストが過去ブログ書き込んだ事が発表されるので、それをヒントに
ゲストは誰かを当てるクイズ
途中ゲストはリアルタイムで (絵文字は表示出来ないので略して掲載します)

1・2013年7月7日23時46分の書き込み
 「今日は七夕...皆さんの願い事が叶いますように...ただうちには
  笹がないので物干しざおに...」
  (物干し竿に掛けたリングの洗濯ばさみに短冊を吊した写真公開)

 今の願いは?「消費税が上がりませんように」

  正解者・無し

2・2013年8月30日10時57分の書き込み
 「(身長と体重を教えて下さいという質問への回答)
  153センチ!!ちっちゃいのよ(泣)体重は...ダイエットしたら公表する(笑)」

 今は体重公表出来る?「今は無理です」
 ダイエット中?「そうです」

  正解者・無し

3・2013年8月5日16時05分の書き込み
 「バナナってすぐ茶色くなりますよね?まぁ、わが家は一度も6本
  なくなるので余ることはほとんどないんですけど。それでも余った
  ときは、皮を剥いてラップで包んで冷凍します」

 週にバナナどれくらい食べる?「50本くらいです」

  正解者・無し

4・2013年7月25日13時12分の書き込み
 「ちなみにカラオケで何歌うのと皆さんききますんですがあ、奥田
  民生さんの「さすらい」は歌いませんよ〜(^0^;」

  正解者・パンサー向井さん、トシさん、

5・2013年10月8日15時36分の書き込み
 「最近おかげさまでたくさんお仕事させてもらってる。アンケート
  とか、あとインタビューで必ず「もう恋はしないんですか?」って
  聞かれる。そりゃしたいよ私も。できれば今度は背が高くてマッチョ
  なひとがイイなぁーって欲張りすぎか。さぁ夕食の準備しなきゃ。
  チビ6人が待ってるぜぇ〜」

  正解者・栗原類、太田光

正解・今回のゲストは美奈子さんでした。





業界当たり前クイズ ベタック9
進行役・トシ、
解答者・太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、ウエストランド、三田友梨佳
出演者・美容師の男女3名

    美容師3名の内訳      池袋「エルミタージュ」オーナーの女性(美容師歴16年)
     南青山「LUPIAS」オーナーの男性(美容師歴15年)
     表参道「boy」所属の男性(美容師歴12年)

その業界では当たり前という9つのエピソードをクイズにしたコーナー
エピソードの一部が隠されているのでそれが何なのかを当てます。
縦横各三列の9マスになっていて、ビンゴになるように答えて行きます。
ビンゴ達成出来ると観客が賞品獲得
 1〜3ビンゴで「ベタモリ飴(タモリさんの金太郎飴)」
 4〜7ビンゴで「ベタモリステッカー」
 全問正解で「ベタオル」


今回の業界「美容師のベタック9」

問題
上段
 1・「**がうまい人は良いスタイリストになる」
 2・「ダメな美容師ほど**を**させる」
 3・「美容師には意外と**が多い」
中段
 4・「**と言えば可愛くセットしてもらえる」
 5・「**は実は全然休めない」
 6・「なりたてのスタイリストは**を着る」
下段
 7・「合コンの時は**より**を見てしまう」
 8・「髪の毛の**は絶対NG!」
 9・「男性の美容師はあまり**に行かない」

ヒント
 5・「**は実は全然休めない」の答えは「正月」
   

解答

太田光
「番組を見たと言えば可愛くセットしてもらえる」・不正解

タカ
「おまかせと言えば可愛くセットしてもらえる」・不正解

美奈子
「お世辞が上手い人良いスタイリストに」・不正解

柳原可奈子
「この後デートなんですと言えば可愛くセットしてもらえる」・正解
  美容師の腕の見せ所で気合いが入る。

栗原類
「なりたてのスタイリストはパーカーを着る」・不正解

尾形貴弘
「なりたてのスタイリストはハッピを着る」・不正解

向井慧
「なりたてのスタイリストは白を着る」・正解(白い服)・1ビンゴ達成
  基本的に白を着る。客の後に立つのでヘアスタイルが見やすいように。
  またカラーが飛んだときに見やすいように白を着る。

菅良太郎
「美容師には意外とシャンプーの時のタオルがズレていると笑っちゃう
 人が多い」・不正解

ヒント
 「ダメな美容師ほどハサミをシャキシャキさせる」
   ハサミを鳴らす必要は無いので美容師からはナルシストにしか見えない
 「合コンの時は内面より髪型を見てしまう」

太田光
「美容師には意外とオカマが多い」・不正解

タカ
「美容師には意外とナルシストが多い」・不正解

美奈子
「美容師には意外と臆病な人が多い」・不正解

柳原可奈子
「美容師には意外と内向的な人が多い」・正解(人見知り)・2ビンゴ達成
  男性のヘアスタイリストは職人気質の人が多く、作業に集中するので
  人とのコミュニケーションを取るのが苦手になりやすい

栗原類
「人間観察がうまい人は良いスタイリストになる」・不正解

尾形
「髪の毛を切るのがうまい人は良いスタイリストになる」・不正解

その他の正解
「シャンプーがうまい人は良いスタイリストになる」
「髪の毛の自然乾燥は絶対にNG」
  自然乾燥では頭皮に雑菌が湧き、抜け毛や臭いの原因になる。
  またキューティクルが開いたままなので髪の毛が傷む原因になる。
「男性の美容師はあまりキャバクラに行かない」
  女性相手の仕事なのでわざわざそういう店に行かない





曜日対抗いいともCUP
「フライング文字」
壁の裏から3つのカタカナを飛ばすので、それが何という言葉かを
あてるクイズ。30秒間に何問正解出来たかを競います。

参加者
 文字投げ・タカ、尾形貴弘、栗原類
 解答担当・太田光、トシ、柳原可奈子、向井慧、菅良太郎

正解数・12問
    放送当日は7問でしたが、ゲーム中スタッフの手違いが
    あったため、放送後やり直し12問正解となりました

月曜日 11問(7)火曜日 8問(10)水曜日 12問(3)
木曜日 (14)金曜日 (12)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
美奈子さん(書き込んだ有名人/ベタック9/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る