今日のいいともニュース
2013年10月10日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
北川景子、芹那、響乃じゅん子、中村愛、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは北川景子さん 昨日 堺 雅人さん明日 滝藤賢一さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「独身貴族」

花束は草なぎ剛さん、伊藤英明さん、椎名桔平さん、妻夫木聡さん
  深田恭子さん、高良健吾さん、藤ヶ谷太輔さん、和泉元彌さん
  西原亜希さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いします」
観客「(歓声)」
(お久しぶりです)
観客「(拍手)」
「????」
(どうぞどうぞ)
「すみません」
観客「(歓声)」
(ねえ)
「すみません」
(ああ〜)
「(笑)」
観客「可愛い〜」

((花束)来てます、剛)
「あ〜、ありがとうございます」
(え〜いつも言うんですけども)
「はい」
(何で自分の名前の方がデカイんだ)
「(笑)」
観客「(笑)」
(逆でしょうねぇ、これは)
「いやいや、主役ですから(笑)」
(剛ダメですよね)
観客「(笑)」
「ありがとうございます」
(あっ伊藤くんちゃんとしてますよ)
観客「キャ〜!」
「そうなんです、英明さんありがとうございます」
(え?)
観客「(笑)」
(な、何が今「キャー」?)
「(笑)」
観客「(笑)」
(あっ、これ(花束を指す手)格好良かったんだ、俺が)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
タモリさんが拍手の指揮
観客「(拍手)」
「(笑)」
観客「(笑)」
(ありがとうございます)

(おっ椎名桔平さん)
「椎名桔平さん、はい」
(妻夫木来て、深キョン来てます)
「はい」
(健吾くん来てます)
「健吾くんに」
(藤ヶ谷来てます)
「藤ヶ谷くん」
観客「キャ〜!」
観客「(拍手)」
観客「(笑)」
(こっち(逆の手)も、こっちもイケる)
観客「(笑)」
「イケる」
(藤ヶ谷)
観客「キャ〜!」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「(笑)」
(剛)
観客((笑)」
「(笑)」
(あれ?)
観客「(笑)」
「(笑)」
(何だよ、おかしいね〜。和泉元彌くん)
「はい」

(あっ(花輪)来てますよ、これ「独身貴族」)
「そうなんです、ありがとうございます」
(今日ですね、これ)
「今夜から、10時から」
(あ〜)
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
(これどういう話なんです?)
「これはですね、」
(剛が何か結婚しないとか何か)
「みんな結婚してないんですけど」
(うん)
「草なぎさんが、ええと独身を謳歌してる独身貴族で」
(うんうん)
「伊藤英明くんが、え〜結婚してたんですけど離婚して」
(うん)
「離婚勇者という」
(え?)
「離婚勇者」
(離婚勇者?)
「結、もう散々な結婚から解放されたばかりの」
(あっそれで3人独身で)
「はい、で私は仕事追いかけるばかりに結婚が遠のいてしまうという独身」
(へぇ〜)
「結婚難民という役」
(結婚難民なっちゃう(笑))
「はい」
観客「(笑)」
「それぞれの独身貴族という」
(どうぞどうぞ)
「すみません。役なんですけど」

(どう?剛ちゃんとやってます?)
「いや〜めちゃめちゃもう優しくしていただいてます」
(あっそうですか?)
「はい」
(あの、あいつドラマ始まる前に必ず体操してるでしょ?)
「え?」
(あっ知らない?)
「えっ?」
(「いいとも」でも必ず朝体操してるんです)
「体操してる所まだ見た事無いです」
(あっ、じゃぁ楽屋で秘密でやってんだな、あれ)
「かも知れない???」
観客「(笑)」
「ちょっと聞いてみます」
(あっ聞いてごらん)
「(笑)」
(あの独自の方法でやってるんです、朝見てた)
「うん、凄い集中、」
(うん)
「「集中!」ってよく本番前おっしゃって」
(そうらしいんですよ)
「うん」
(結構真面目にやってんですよ、この男)
「うん、凄いストイックな方で」
(うん)

(あれ、あれ続けてる?この間言ってた何だっけ?コーン、コーン茶だっけ?)
「コーン茶続けてないです(笑)」
(何!?)
観客「(笑)」
「(笑)一時のブームで終わっちゃいました」
(あ、あれほど俺に勧めてたじゃない)
「(笑)」
観客「(笑)」
「違う、何か、」
(「コーン茶良いですよ、コーン茶」)
「(笑)???」
((笑))
「そうなんです、暑くなってきてやらなくなっちゃい、」
(あ〜。今何かやってるのある?健、健康で)
「健康のために?」
(うん)
「今は、打ち合わせでお話ししたのはマエケン体操なんですけど」

(マエケン体操?)
「そう」
(マエケン体操?どんな?)
「マエケンさんって野球選手でいらっしゃい」
(あっいますね)
「ますよね」
(うん)
「私もあまり詳しく知らなかったんですけど」
(うんうん)
「映画で共演した、今日もお花下さってるんですけど、高良健吾さんが」
(うん)
「朝に、こう、こういう、こういう体操なんですけど。をやると「良い」って」
(今ボキボキいった)
「ボキボキいいました(笑)」
観客「(笑)」
「(笑)そう」
(関節弱いんじゃないですか?大丈夫?)
「そうなんです、何か肩凝りやすくって話をしたら」
(あ〜俺も肩凝る)
「この肩甲骨を回す感じで」
(うん)
「こう、こう手首のスナップ凄い大事らしいんですけど」
(へぇ〜)
「「やれ」って、こう健吾くんが言って」

(これ、これをこう回すの?)
「そう。朝だから、」
2人が立ち上がりました
「こういう感じでやるんですけど。ちょっとあの、」
(北川さんが見本を見せましたが、体操内容については「マエケン体操」で
検索してください)
(またボキボキいってますよね)
「そう」
観客「(笑)」
「ちょっと前屈みなんですよ」
(うん)
「ちょっと屈んで、私もちょっとまだ、」
タモリさんもやってみていて
観客「(笑)」
(え?)
「健吾くんいわく、まだ私も「まだまだだ」っていう事なんですけど」
(うん)
「何か肩甲骨を回すような感じで、こう手首のスナップを入れて、」
(手首のスナップ入れる?)
「スナップが大事らしいんですけど、私難しくて」
観客「(笑)」
「それ(両手を)交互にやるっていう」
タモリさんがやっていて
観客「(笑)」
(こういう感じ?)
「そう」
観客「(笑)」
「(笑)そう」
観客「(拍手)」
(こういう)
「で逆回もやるっていうのを」
(逆も?)
「はい」
タモリさんがやっていて
観客「(笑)」
「そう」

「って言うのを、やってます」
(やってどう?効果は)
「何か、気持ち?効いてる気がするって」
(肩こりが少し、)
「感じなんですけど」
(あ〜。気持ち効いてるって事は、あんまり効いてないって事)
「(笑)」
観客「(笑)」
「でも、凄い変わったと高良さんはおっしゃってたんで」
(ああそう?)
「やっ、やって今まだ5ヶ月なんですけど」
(高良くんも、あれやっぱり健康、健康オタクなのかな?)
「なんですかね?」
(うん)
「結構、健康について言われましたけど」
(健康について語ってる?)
「でも、でも、でも、でもマエケン体操が一番言われました」
(へぇ〜)
「うん」
(ちょっとやってみようかな?)
「うん」
(俺肩凝るんだよね)
「私もそうなんですよ。だから毎朝マエケン体操」

(これ本当かどうか知らない、肩、外国人に肩凝りは無いってね)
「へぇ〜」
観客「へぇ〜」
(で何でかって言うと、肩凝りって言葉が無いらしい)
観客「(笑)」
「気付いて無い(笑)」
(気付いて無いらしいんだよね。これ肩凝りって言葉を使ったの、誰かな、これ不確か
だけど、夏目漱石か何かが言いだしたらしいんだよ)

「へぇ〜」
観客「へぇ〜」
(それ以来日本人はず〜と肩凝りに悩まされてるらしい)
観客「(笑)」
「気付いちゃったから」
(気付いちゃったから。言葉のお陰で)
「(笑)」

(忙しいね、でも今)
「私、」
(うん)
「う〜んそうですね、連続ドラマ今、」
(免、免許取った?)
「免許」
(取りました?)
「免許は、」
(うん)
「免許は取ったの結構前なんですけど、4年ぐらい前なんですけど」
(うん、乗ってるの?)
「最近、ちょっとやっぱり忙しくて、乗る時間が無いですけど」
(うん)
「一回その運転が怖くなっちゃったみたいな事があって」
(うんうんうん)
「そこから」
(何で怖く?)
「いや〜、免許取ったばっかりの時に、」
(うん)
「車の運転上手くなりたいなと思って」
(うんうん)
「で、やっぱ、でも乗る機会が無いし」
(うん)
「あんまり遠くまで行くのは怖いから「どうしようかな?」って思ってて」
(うん)
「考えたんですけど」
(うん)
「コンビニやっぱ近すぎるな、」
((笑)考える?そういう事)
「いや、何かこうやっぱ、東京って道が難しいから」

(で、ちょっと、ちょっと待って)
「はい」
(免、免許はちゃんとスムーズに行ったの?)
「一回教習所落ちたんですけど、でも二回目で、あの取りました」
(あ〜、うんうん。仮免、仮免まで?)
「仮免まで行って、一回」
(落っこって)
「そうなんです、あの、」
(で、それ)
「期限が切れちゃって」
(ああ〜、期限があるんだ)
「そうなんです。で二回目で取ったんですけど」
(じゃぁちゃんとスムーズに行った訳ですね)
「う〜ん、何とか(笑)」
(何とか)
「(笑)何とか取って」
(うん、それで)
「でも何か、ちょっとまぐれで受かったっぽい気がしたんですね、」
((笑))
「その教習所(笑)。何か先生ちょっと優しかった気がして」
(あんまりまぐれは無いと思う)
「(笑)」
観客「(笑)」

「練習しようと思って」
(うん)
「でもコンビニだと近いし、」
(うんうん)
「「あっどこに行こう?」と思ったら「あっTSUTAYAが良いじゃん」と思って」
(うんうん)
観客「(笑)」
「よくTSUTAYAに行くんですけど」
(車練習するのにTSUTAYAに行くの)
観客「(笑)」
「そう、あんまり遠くまでいきなり行くのが、車買ったときに怖くて」
(TSUTAYAってどれくらい?車で)
「山手線で一駅分くらいだったんですけど」
(あ〜車でまあ5、5,6分か)
「5分位なんです」
(うん)
「「あっ丁度良い」と思って。しかも直線だったんで」
観客「(笑)」
「「良いな〜」と思って」
(練習にならないでしょ)
観客「(笑)」
「違うんです、」
(直線で5分は)
「違う、でも絶対間違えないと思って行ったら」
(まあ直線だからね)
「そうなんですよ」
(うん)
「そしたら、何かこう多分ナビに慣れてなかったんですね」
(ナビ入れたの?)
観客「(笑)」
(ええ?)
「(笑)」
CMに入る音楽が鳴り出し
(続きはちょっと、この)
「はい」
(コマーシャル明けに)

CM明け

(それでコマーシャル前の話ですけども)
「はい」
(直線で5分のとこ、TSUTAYAに行くのに)
「うん」
(ナビに入れたわけですよね?)
「そうなんです」
(ナビにこう)
「そしたらもうホント普通に真っ直ぐ行ったら、対向車線側にあるはずが」
(ええ)
「何かこう、ちょっと曲がってみたいな感じで指示されたんですよね、ナビに」
(うんうんうん)
「で「あ〜そうなんだ、そうなんだ」と思ったら」
(うん)
「気付いたら高速乗ってて」
観客「え〜」
(ええ?)
観客「(笑)」
「「いやいやいやいやいや」と思って」
観客「(笑)」
(ええ?)
「「いやいやいや、何でこうなっちゃったの?」と思って。すぐ降りたいん
ですけど、その、」
(高速、)
観客「(笑)」
「乗っちゃったんです」

(高速乗る前に「おかしいな」という事は無い訳ですか?)
「思ったんですよ、さすがに。さすがの私も思ったんですけど」
(こう、高速乗るまで何、何分くらいかかった?)
「あのその直線距離のちょうど真ん中ぐらいに、その高速の乗り場あるなって
いうのは、」
(あっ、うんうん)
「いつも仕事とかで使って知ってたんですけど」
(うん、そっちに乗れっていう指示だった?)
「何かあの最優先でそれがみたいな。「良いルートです」みたいな感じで感じで」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)言われて。「ホントに?」と思って行ったら、もう高速乗っちゃって」
(「高速に乗って下さい」とか言う)
「そうそう。「え?」と思って」
(乗っちゃったの?)
「でももう、もう詰まってるので、やっぱり」
(首都高、首都、首都高?)
「首都高乗っちゃったんです。「うわ〜」と思って、その??どこまで
行ったと思います?私川越まで行ったんです」
(何で?)
観客「え〜!」
観客「(笑)」
「(笑)」
(何で川越まで?)
「(笑)」
(降り、)
「(笑)」
(何で、(CM入り))

二度目のCM明け

北川景子さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート。ピタリ賞真ん中で)
「はい」
(前後賞があります)
「はい」
(何行きますか?100人の女性スイッチ持ってます)
「そうですね、じゃぁせっかく車の話が出たので」
(うん)
「う〜ん、ちょっと近所まで行くつもりだったのに」
(うん)
「高速に乗ってしまって」
観客「(笑)」
「で、」
(とんでもないとこまで?)
「そう、車線変更とか出口とかちょっと行けなくて、なかなか。降り損なっ」
(た人?)
「て、40分ぐらい行っちゃった人」
(40分ぐらい行った)
観客「(笑)」
(100人中何、いや女性いるかも知れない)
「うん。私はそれを、え〜2人ぐらい居ると」
(2人?)
「はい」
(40分ぐらい高速に間違って乗って行ってしまった、2人、スイッチオン)
車で近所に行くつもりが間違えて高速に乗り、そのまま40分以上走った人・・3人
「あっ」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(あっでも前後賞ある)
観客「(拍手)」
「あっウソ〜」
倉田アナ「おめでとうございます」
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
「うわ〜惜しい〜」
(へぇ〜やっぱいるね〜)
「惜しい」
(いるね〜)
「あと1人」
(ねえ)
「惜しいな」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
北川「はい」
(この方です)
滝藤賢一さんの写真が表示されました
(あ〜)
観客「あぁ〜」
倉田アナ「もしもし。「笑っていいとも」と申しますが」
滝藤「あっもしもし、滝藤です」
倉田アナ「???」
滝藤「はい」
倉田アナ「タモリさんにお代わりします」
滝藤「は〜い」
(もしもし、タモリです)
滝藤「あっ初めまして、滝藤です」
(よろしくお願いします)
滝藤「よろしくお願いしま〜す」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
滝藤「はい、いいとも〜」
(あっいいとも、じゃぁお待ちしてます、よろしくお願い、)
滝藤「は〜い、よろしくお願いしま〜す」

明日のゲストは 滝藤賢一さん




お・も・て・な・し!漢字Tシャツコレクション
進行役・山崎弘也、
出演者・タモリ、笑福亭鶴瓶、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、倉田大誠
審査員・外国人旅行者5人


外国人旅行者に漢字Tシャツが人気という事で、外国人旅行者がお土産に
したくなるような漢字Tシャツを考えるコーナー。

参考データ
「漢字Tシャツ売上げランキング(いいとも調べ)」
 1位「侍」、2位「日本」、3位「忍者」

出演者が考えた漢字Tシャツ
綾部祐二美魔女
     (漢字の見た目が綺麗)
ベッキー
     (十の部分がクロスや剣のように見えてデザイン的に良い)
又吉直樹炒飯
     (みんなが大好きな物。日本語の分からない外国人が写真の無い
     字だけのメニュー表で炒飯を選んでいたので字が好きそう)
笑福亭鶴瓶
     (心という字の跳ねかたが良い)
タモリ出汁
     (これぞ日本文化。世界に誇れる日本料理の基本)

審査結果
   (審査員の外国人旅行者が気に入った漢字Tシャツを着て登場)
「美魔女」・1票(カナダ人男性)
「酔」・1票(イタリア人女性)
「炒飯」・1票(フランス人女性)
「愚」・1票(フランス人男性)
「出汁」・1票(バングラデシュ人男性)




売れ残り商品に愛の手を!俺たち!ポップ職人!
進行役・タモリ、倉田大誠
解答者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー


店で長年売れ残っている商品に、それが売れるようなポップ(売り文句)を
考えるというコーナー

1品目の商品  商品・馬の彫刻(オニキス製)
 店名・リサイクルギャラリーNEWS烏山店(世田谷区千歳烏山)
 売れ残り歴・5年間
 商品データ・高さ80cm、重量約120kg
       (宝石の一種のオニキスを彫った製品)
 価格・84万円

 おすすめポイント
  ・黄色のオニキスは超レア!
    (オニキスは黒が基本で黄色は貴重)
  ・1つのオニキスから削り出している
    (繋ぎ合わせた物では無く1つの石を彫って作った)

 売れ残り年表
  2008年・お金持ちのかたの自宅から回取り、105万円で販売を開始
  2009年・謎の50代中国人が現れ20万円なら買うと言ったが交渉決裂
  2010年・売れなかったため84万円に値下げした。
  2011年・謎の2人組の中国人が現れ60万円なら買うと言ったが、
      店内から誰かに電話を掛け大げんかをした後、苦笑いを
      して店を出て行った。

解答
 綾部祐二「オニキスでプレゼントの倍返しだ!!半沢オニキ」
 笑福亭鶴瓶「中国人が買いそう」
 山崎弘也「謎の中国人が(鶴瓶さんと同じでキャンセル)」
 山崎弘也「謎のオニキス」
 又吉直樹「ニスぬり放題!(武豊談)」(ウソ)
 ベッキー「あの!!堺雅人さんもお気に入り!」(ウソ)
 山崎弘也「オニキスの中に90万円入ってます」

 副店長が選んだポップは綾部祐二さん
 ・綾部さんが書いたポップを実際に店で展示
 ・「いいともを見た」と言った人は60万円で販売。
 ・また購入した人には8000円相当の木彫りの象(親子の象)プレゼント
追加情報
 翌週の放送で、放送をみた資材メーカー社長の男性が購入した事が報告されました




なりすまし電話 ご本人を探せ!!
進行役・倉田大誠
解答者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー
出演者・ゲストの芹那さん、響乃じゅん子さん、中村愛さん


ゲスト本人と別の人2人の計3人と電話を通じて話をし、どの人が、
ゲストかを当てるクイズ。

今回のゲスト・芹那さん

解答・2番が芹那さん
   (1番予想が鶴瓶、ベッキー、2番予想が山崎、綾部で割れたため
   又吉さん判断で2と解答)

正解・2番が芹那さん本人でした
   (1番は響乃じゅん子さん、3番が中村愛さんでした)




曜日対抗いいともCUP
「フライング文字」
壁の裏から3つのカタカナを飛ばすので、それが何という言葉かを
あてるクイズ。30秒間に何問正解出来たかを競います。

参加者
 文字投げ・山崎弘也、又吉直樹、ベッキー
 解答担当・笑福亭鶴瓶、、綾部祐二 倉田大誠

正解数・12問

月曜日 11問(7)火曜日 8問(10)水曜日 12問(3)
木曜日 12問(14)金曜日 (12)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
芹那さん(なりすまし電話/エンディング)
響乃じゅん子さん(なりすまし電話/エンディング)
中村 愛さん(なりすまし電話/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る