今日のいいともニュース
2013年10月17日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
武田鉄矢、デヴィ・スカルノ、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは武田鉄矢さん 昨日 今井美樹さん明日 AKIRAさん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝は映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」

花束は浅野温子さん、竹内結子さん、田中麗奈さん、風間俊介さん
  リン・チーリンさん、夏菜さん、高橋メアリージュンさん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(???)
「どうも。お願いします。先輩」
((花束)いっぱい来てます)
「ありがとうございます」
(ずら〜と来てますね)
「ねぇ〜、色々やりました」
(映画、映画「くじけないで」)
「そうなんですね、こっちの方の映画のもあるんですが」
(こっちもある、これドラマ(連続ドラマW「LINK」)か)
「これははい、BSのドラマで、実はその右のリン・チーリンってのが」
(うん)
「あの、中国台湾の女優さんで」
(うんうんうん)
「この方と中国のファンさんという男優さんが、あの例の「101回目」を」

((花輪映画「101回目のプロポーズ〜SAY YES〜」)これ?)
「ええ、映画にしたんですよ」
観客「へぇ〜」
(あっこれ日本映画じゃ無いの?これ)
「ないんですよ」
(へぇ〜)
「これあの、」
観客「へぇ〜」
「しゃん、しゃん、」
(これ、)
「上海の貧しき労働者の青年が」
(うん)
「上海の一流企業の、まあコレ(チェロ)やるお嬢さんに恋をして」
(うん)
「中国のトラックの前に飛び出すというね」
観客「(笑)」
(あっ、じゃぁ出てる訳じゃ無い?)
「いやいや、そこへ、そのつまり二人が仲が上手く行きだした時に、」
(うん)
「その浅野温子扮する所のカオルの、コレ(チェロ)のそれの弟子がリンさん何です」
(へぇ〜)
「それで私がシャイワン、あの上海で、何か出張があって、で二人を飲み屋で励ます
という」
観客「(笑)」
((笑)ホント?へぇ〜)
「(笑)」

(これ何年ぶり?これ。あれ何年だった?これ)
「20、22,3年ぶりですかね〜」
(そうなるよね)
「うん、でもやっぱり何か一生懸命やるんですね」
(凄いよね、23年ぶり)
「そうですね、同じストーリーで。まああの映画になってますからね、短縮サイズ
ですけど」
(うんうん)
「それで何か、やっぱり中国スタッフと混じって映画作ってたんですが」
(うん)
「やっぱりちゃんと迎えてくれるんですね、緊張して」
(へぇ〜)
「で、これホント、タモリさんべっぴんさんでしたよ。このリン・チーリンって
のは」
(有名な人だもんね)
「この人は綺麗な人でしたね〜」
(綺麗?)
「それで日本語出来ましてね」
(へぇ〜)
「で、こんなデカイんですよ」
(あっそんなデカイ?)
「はい、静かに見下ろされて。何かしみじみとした声で「あなたは私のアイドル
です」って言われて」
((笑))
観客「へぇ〜」
「胸がキュンとしましたね」
(へぇ〜)
「ジジイのくせして、すみません」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

(凄いね〜、凄い事になるんだね)
「そうですね。で、あの中国で上演したら、やっぱり何かウケが良かったらしくて」
(あっもうこれ上映されてる?向こう)
「はいはい」
(うん)
「で、これからあのアジアゆっくり下って行くらしいんですが、シンガポールとか、
インドシナ半島に下って行くんですけども」
(うん)
「その映画の下る先に日本がございまして、日本にも」
(来る?)
「はい、やりますんで」
(へぇ〜)
「これね、でもタモリさん、凄いおかしいのは」
(うん)
「ちょっと関係者から聞いてビックリしたんだけど」
(うん)
「やっぱり、あの上海辺りでウケるんですって「101回目」って」
(う〜ん)
「あのストーリーがね」
(うんうん)

「でもう一つ、あの田舎の四川省か何かで映画館かけると、俺が出て来ると拍手が
起きるんだって」
(え?)
「で、何で拍手が起きるかって言うと」
(何で?)
「「あっ今度はちゃんと著作権払ってる」っていうんで」
(ああそう?(笑))
「うん、つまりベーシックで、私と浅野さんがやったやつは結構みんな知ってるん
ですって」
(へぇ〜)
「それで、」
(ああそう?)
「うん。それで本人もちゃんと出て来てくれるんで、安心して見れるっていうね」
観客「(笑)」
(四川省っちゃ凄い内陸部でしょ?)
「そうそう、何かその辺りでも、シルクロード沿いにも行ったりしてんでしょうね」
(観客がでもそういう著作権料の事ちゃんと気にするんだ)
観客「(笑)」
「やっぱり色々ありましたから」
(「あ〜払ってる払ってる」)
「そうそうそうそう、それで間違い無いって」
(別に見てる人が捕まる訳じゃ無い)
「いやいや(笑)、だけどやっぱり何か国際的な騒ぎになったのは、向こうの皆さん
もご存じで」
(へぇ〜)
「そういう意味で凄く好感を持たれているという事で」
(へぇ〜)
「それとやっぱり中国には私みたいにモテない奴が結構いっぱいいるみたいで」
(うん)
「映画館で泣きながら見てる奴がいるらしいんですよね(笑)」
観客「(笑)」
((笑)身につまされるんだ)
「身につまされて(笑)」
((笑))
「やっぱり」

(俺らの世代って、ほんとモテ無かったよね。でも)
「??ったな〜。タ、そうですよね」
(モテた記憶って無いよ)
観客「(笑)」
(今結構カッコイイのいるでしょ)
「うん」
(で小学生の時から告白されたりね)
「うん」
(無いよね)
「無い。いやいや、よくステージで笑い話、それ笑い話なっちゃうんだけど」
(うん)
「もう喋れる歳になったけど、天神で」
(天神(笑)、福岡の)
「福岡の(笑)。あそこで手振りきられて、女の人から。佐賀の人でしたけど」
(うん)
「それであのスポーツセンターの前で怒鳴られて」
(怒鳴られた?)
「俺しつこかったから」
(うんうん)
「「別れとうなか、別れとうなか」とか粘ったから、その「101」みたいに」
((笑))
観客「(笑)」
(実際のあったの?それ)
「あった」
(あった(笑))
「ブワ〜と手振りきられて「大きい声だすよ!」って言われ」
((笑))
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「いや、それ今ステージでやると凄くウケるんですけど、みっともない振られ方
しましたよね〜」
(ホントに、)

「そんで、タモリさん思わない?ちょっとこの辺からこうちょっと、あの違う話
なっちゃう」
(うん)
「俺ら、フラれたらその場で泣いてたよね」
(うん)
観客「(笑)」
「あの、ちょっと申し訳ないけど、グズグズ追っかけたりしなかったよね」
(しなかったしなかった、それは無いね)
「「うわ〜(号泣する様子を再現)」って???ね」
((笑))
観客「(笑)」
(で安い酒飲みに行くんだよね)
「そうそうそうそう、でちゃんとフラれてた夜に友達がいて」
(そう)
「すぐ集まるんです」
(うん、集まる、すぐ)
「「フラれた。誰々がフラれた」って情報が流れると5,6人バッと集まって」
観客「(笑)」
(しかもみんな笑顔で集まって来るんだよね)
「そう」
観客「(笑)」
((笑))
「「捨てられたとや」って」
(「フラれたとや」)
「「俺は最初から嫌〜な予感がしとったったたい」」
((笑))
観客「(笑)」
「「ちょっと無理があるじゃ武田」」
(そうそう(笑))
「「よかよか、また明日から探そう」って」
観客「(笑)」

(ほんとカッコイイ奴ほとんどいなかったからね)
「ホントそうですよね〜」
(昔はあの何、運動が出来ない、くて頭が良いとかね)
「うんうんうん」
(運動が出来るけど頭悪いとか)
「うん」
(顔が良いけど何とかとか、何かこう、今3つ一緒とかいっぱい居るじゃないですか)
観客「うん」

「それともう一つ、」
(うん)
「タモリさん???ね。思いません?手繋いだ男女は結婚しなければならない
みたいに思ってませんでした?」
(あったあった、あったね)
観客「(笑)」
(手、手繋いだらもう俺の物だと思って)
「そうそうそう」
観客「(笑)」
「手を繋いで町を歩くと、」
(もうもう、完全に俺の)
「もう、もうそれ肉体関係の一種だった」
(そうそうそうそう)
「ねっ」
(うん)

「それで、俺もちょっとまだあのあれだった、フォークソングとかやってたから」
(うんうん)
「都会から来た子が、簡単に腕組みする子」
(うんうんうん)
「いたでしょ」
(うんうん)
「「武田くん」って言いながら、鼻からくう抜ける子」
観客「(笑)」
「それでスッと腕なんか、」
(東京から来た奴ね)
「そうそうそうそう」
(そう(笑))
観客「(笑)」
「事情、ローカルの事情と掟が分かって無い奴」
(そう)
「それがスッと腕組んだり何かすると、もう「出来る、出来る」」
((笑))
観客「(笑)」
「「この子と出来る」」
(そう(笑))
「それで、何か「そんなつもりは無かった」とか後で言われて、腰抜けた事あり
ましたよね」
((笑))
観客「(笑)」
「それくらいモテ無かったっすよ」
(モテなかったよね〜)
「うん」

(最近ゴルフ止めた?)
「いやいや止めた訳じゃ無いんですけど、やっぱりほら、ジジイになったから集まり
悪くて」
(あっそうなの?)
「いえもうだから4人集まるの大変で」
(うん)
「で2人だとゴルフって結構忙しくなっちゃうっしょ」
(忙しく、うん)
「それで何かやっぱジジイらしく何かやんなきゃと思って、色々考えたんですが」
(うん)
「ちょっと釣りやろうかと思って、一人で出来るから」
(あ〜あ〜)
「で釣りやるの良いんだけど、ちょっとやっぱり簡単な釣りね」
(うん)
「はあんまり嫌で、芸能界でもやってる人いっぱいいるから」
(うん)
「ちょっと技術があるやつが良いって言って、あの例のフライフィッシングって
分かります?」
(これね)
「これでこう」
(これ)
「延々とこうやって投げるやつ」
武田さんが川で釣りをしている写真4枚登場
(あっやってる)
「やってる」
(カッコイイよ、これ)
「こう、姿良いでしょ?」
(カッコイイね)
「それでね、これ、これは富山の山奥まで行ったんですよ」
(ほぉ〜)
「で出撃は6回、イワナ、イワナを求めて」

(これでも難しいでしょ?こうこの、)
「難しいんです」
(ポイン、ポイントにまずこうやるのが)
「難しい、ちょっとやってみますか?」
(え?)
観客「(笑)」
「やってみますか?練習道具、」
(ある?)
観客「(拍手)」
道具が登場
観客「(拍手)」
(これ練習用ってあるの?これの)
「これ練習用ってある」
観客「へぇ〜」
「だから、普通のやつと違って、あの重りが付いてないんで」
(うん)
「これをソ〜と投げて、ただあの上手い人がやると、全然違う」
(あれさ、あのギ、虫、作った虫みたいの付いてる)
「そうですそうです」
(重りが無いんだよね)
「あのフライですよね、あのいわゆる」
(フライです)
「小昆虫に見えるやつ」
(それで何でそれがポイントまで行く、行くの?これ)
「いや、だからそれを、この紐の重さで投げるんです、こうやって」
(うん)
観客「へぇ〜」
「それで、綺麗なね、無限のマークのなるんですよ。これ段々長くしてって」
(お〜)
「それで上手い人なると、もうねコーヒーポットに落とすくらいの確率なんです」
観客「へぇ〜」
「こう」
(へぇ〜)
「それがストン」
(へぇ〜)

「これが大変なんです、現実に行くと」
観客「(笑)」
「これ何かって言うと、魚居ると思ってやるでしょ」
(うん)
「後に引っ掛かるんですよ」
((笑))
観客「(笑)」
(なるほど(笑))

CM明け

タモリさんがフライフィッシング練習道具を持って立っていて
「イェ〜」
観客「(拍手)」
(こう、こう、こうやるの?こう?)
「ほら、もうもつれたでしょ」
(あっもつれた)
「もうもつれたら大変な事なの」
((笑))
武田さんが練習道具を持って
「でね、ほんで、あのねタモリさんね、これね、割りとね、この角度だけなん
です、あんまり大きくちゃダメです、ほら、ほら綺麗でしょ?」
(あ〜そう?あっホントだ)
「ほら綺麗に飛ぶでしょ」
(うん)
「タモリさん全部使ってるから、こうやるから、ココ、ココだけ、この、この
(腕の動きが)40うん度だけ。あ〜今ちょっともつれちゃった」
(もうやんない、俺)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
((笑))
「短気はダメ」
(ちょっと、そう、そうなの?)
「うん」

再びタモリさんが持って
「難しいだよな、もう」
(これぐらい振るだけ?)
「そうそうそうそうそう。それが綺麗な」
(あっあっ、ダメだ)
「え?」
(ダメだコレ)
「綺麗なあの無限のマークなるんですよ」
タモリさんが練習していましたが上手く行かず
観客「あぁ〜」
「ドンドン」
((観客に)やってみ!それじゃ!)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
タモリさんが再開しましたが上手く行かず
観客「あぁ〜」
「ほらほら」
(なんで、何でこうなる?)
観客「あぁ〜」
(何でこうなるの?これ)
「ええと、」
(何で?)
観客「(笑)」
「やっぱり失敗は色々あるんですけど、あの、」
(グチャグチャになっちゃっ、)
「そう、そうなんです。いやもうコレ良いです、もう座りましょう」
観客「(笑)」
「話しましょう」
((笑))
「いやこれやっぱり」

(釣りに行くまで大変じゃん、これ)
「そうなんです」
(練習するのが)
「だって紐の結び方だって、3つ覚え無いと仕掛けが出来ないんです」
(うん)
「だからイギリス人が作っただけあって滅茶苦茶ややこしい」
(う〜ん)
「で一応、タモリさん用に報告しとくけど、俺6度出撃して」
(うん)
「一発も釣れてない」
(ああそう?)
「最悪は、ヤマメの養殖場の裏手で釣ったの」
(うん(笑))
観客「(笑)」
「あの(笑)逃げ出す奴もいるだろうと思って」
観客「(笑)」
「釣れない」
(全然釣れないの?)
「釣れない。俺らくらいの下手くそじゃ」
(はぁ〜)

(じゃぁまずコレと、あと、後はやっぱり技術が要るんだ、この)
「やっぱり色々、」
(魚の)
「魚の生態とかちゃんと見極めるとか (うん)
「それから後はあの、ショーヤンって分かります?かぐや姫の」
(うんうんうん)
「あの人あたりが上手いらしいんです」
(へぇ〜)
「そしたらやっぱりどこに落とすとか。だって一匹捕まえて腹の中で何食ってるか
調べて」
(うん)
「その似た虫に似た奴を」
(あっ虫の、選ぶんだ)
「選ぶっていう」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「あるいわそれを持って帰って、自分で作るっていう」
(自分で作る人いるの?あれ)
「うん」
(へぇ〜)
「だけど、」
(何で、何でもっと簡単なやつから始めなかったの?)
「いや何か、釣りやってる人の顔見ると、やっぱ大きい物釣る人って顔がやっぱり
ちょっと怖いじゃ無いですか」
観客「(笑)」
「何か、」
(例えば?)
「松方弘樹さんとか」
((笑))
観客「(笑)」

二度目のCM明け

武田鉄矢さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート、ピタリ賞真ん中、前後賞もあります)
「はい。これはだから、自分で掛け率言うんですね」
(そうですそうです)
「ええとじゃぁ百分の一」
(1?)
「百分の一でお願い」
(ええ、はい)
観客「お〜」
「ちょっと難しいんだな」
(何行きます?)
「やっぱりコレで行きましょう」
(あっ、お〜)
「ただし言っときますけど誤解しないで下さい、ルアーだめですよ。ルアーの
釣りとかダメです。私が行ってる、」
(フライ)
「私が今やってる、フライ」
(うん)
「これ、この竿でやるやつ、それをやってる方」

(女性で居る?)
観客「え〜」
武田さんが頭を抱え込んでしまい
観客「(笑)」
(見た事ある?)
「いや、釣具屋さんですれ違った中に、」
(うん、いた?)
「彼氏がやって来て、楽しそうに話してる人がいたんですよ」
(あ〜)
「「これ、これ釣れそうね」とか」
(あ〜)
「いう人がいたんで」
(その人今日来てるかな)
観客「(笑)」
(1人?)
「1人。だから1人に絞り込んだんだけど」
(フライ、フライフィッシングを)
「フライフィッシングです」
(やってる人、1人、スイッチオン)
フライフィッシングをやっている人・・0人
(あ〜)
「うわっ」
観客「あぁ〜」
「難しいか〜」
(難しいね)
「かなり絞り込んだんですけどね」
(残念です)
「あ〜」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
武田「はい」
(この方です)
EXILEのAKIRAさんの写真が表示されました
(お〜)
観客「(歓声)」
倉田アナ「もしもし」
観客「(拍手)」
武田「(拍手)」
倉田アナ「もしも〜し。「笑っていいとも」と申しますが」
AKIRA「はい」
倉田アナ「今タモリさんにお代わりします」
AKIRA「はい」
武田「タモリさんが、」
(もしもし、タモリです)
AKIRA「あっもしもし、AKIRAです」
(どうも)
AKIRA「ご無沙汰しております」
(よろしくお願いします)
AKIRA「はい」
(明日大丈夫ですか?「いいとも」)
AKIRA「大丈夫です」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
AKIRA「いいとも」
(いいとも、お待ちしてます)
AKIRA「はい」

明日のゲストは EXILEのAKIRAさん




なりすまし電話 ご本人を探せ!!
進行役・倉田大誠
解答者・タモリ、笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー
出演者・ゲストのデヴィ・スカルノさん、さん


ゲスト本人と別の人2人の計3人と電話を通じて話をし、どの人が、
ゲストかを当てるクイズ。

今回のゲスト・デヴィ・スカルノさん

解答・2番がデヴィ・スカルノさん
   (全員一致)

正解・2番がデヴィ・スカルノさん本人でした
   (他はモノマネタレントのシンディーさん(1番)、山口知香さん(3番))




お・も・て・な・し!漢字Tシャツコレクション
進行役・山崎弘也、
出演者・タモリ、笑福亭鶴瓶、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、倉田大誠、
    ゲストの武田鉄矢さん
審査員・外国人旅行者6人

    今回の外国人さんはイギリス人男女、カナダ人男性2人、
    ニュージーランド人男性、フィリピン人女性

外国人旅行者に漢字Tシャツが人気という事で、外国人旅行者がお土産に
したくなるような漢字Tシャツを考えるコーナー。

出演者が考えた漢字Tシャツ
ベッキー栄養不足
     (これを着ていたらみんなが優しくしてくれる)
ピース敗訴
     (言葉の持つエネルギー、パワーにかけた。負けの美学)
笑福亭鶴瓶総裁
     (漢字がごちゃごちゃしている方が好きそう)
武田鉄矢下山
     (天辺目指すだけが男じゃ無いという生き方や人生テーマを表現)
タモリ
     (日本の風景に欠かせないものを表現)

審査結果
   (審査員の外国人旅行者が気に入った漢字Tシャツを着て登場)
「松」・3票(イギリス人男性、カナダ人男性、ニュージーランド人男性)
「下山」・2票(イギリス人女性、フィリピン人女性)
「栄養不足」・1票(カナダ人男性)
「敗訴」・0票
「総裁」・0票




売れ残り商品に愛の手を!俺たち!ポップ職人!
進行役・タモリ、倉田大誠
解答者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、


店で長年売れ残っている商品に、それが売れるようなポップ(売り文句)を
考えるというコーナー

1品目の商品  商品・西洋甲冑
 店名・リサイクルショップ なんでも豊中(大阪府豊中市)
 売れ残り歴・3年
 商品データ・高さ約2メートル、重さ約30kg
       (アンティークでは無く現代の作品)
 価格・29万8000円円

 おすすめポイント
  ・めったに入荷しない激レア品!!
  ・イタリアの職人による逸品!!
   16世紀の甲冑をモチーフにしてイタリアの職人が制作したオブジェ

 売れ残り年表
  2010年・神戸の豪邸から買い取り29万8千円で販売スタート
  2011年・謎のマンションオーナー現る!
       マンションのホールに起きたいと採寸まで行ったが、
       住民の猛反対されたため購入断念
  2012年・店の看板にもなるので値段を下げずに販売する事にした
  2013年・謎のラブラブカップル現る!
       非常に仲の良いカップルが来店し一緒に写真を撮っていたが
       「こんなの買う奴おらへんやろ」と言って帰っていった

今回のポップは・「**にオススメ、**で大活躍!」

解答
 笑福亭鶴瓶「スポーツジムにオススメ、ダイエットで大活躍!」
 ベッキー「運動会にオススメ、騎馬戦で大活躍!」
 山崎弘也「美白にオススメ、夏の海で大活躍!」
 綾部祐二「芸能人にオススメ、お忍びデートで大活躍!」
 又吉直樹「キャンプにオススメ、蚊に刺され防止で大活躍!」

 店長が選んだポップはベッキーさん
 ・ベッキーさんが書いたポップを実際に店で展示
 ・「いいとも」を見たと言う人には半額で販売

 翌週の放送でこの甲冑が放送終了15分後に川崎市の個人投資家の方が
 予約の電話をかけて来て、自宅玄関に飾るために購入された事が報告
 されました。




曜日対抗いいともCUP
「おかしな文字があるファベット!」
アルファベット26文字が表示されてる中で、1文字だけ反転したり
上下が逆になっている文字があるので、それを見つけて行くゲーム
30秒間に何問正解出来たかを競います。
参加者・ベッキー→山崎弘也→綾部祐二→又吉直樹→笑福亭鶴瓶→
    →倉田大誠→ベッキー

正解数・6問

月曜日 7問(7)火曜日 7問(10)水曜日 7問(3)
木曜日 6問(14)金曜日 (13)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
デヴィ・スカルノさん(なりすまし電話/エンディング告知(ドラマ「独身貴族」))



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る