今日のいいともニュース
2013年10月18日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜
AKIRA、チーム2世タレント、noon boyz、内田嶺衣奈


テレフォンショッキング
ゲストはAKIRAさん 昨日 武田鉄矢さん月曜 石井一久さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「ハニー・トラップ」

花束は仲間由紀恵さん、高嶋政伸さん、池内博之さん、綾野剛さん
  内山理名さん、野波麻帆さん、小澤征悦さん、瀧本美織さん
  蜷川実花さん、松浦勝人などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「???」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「ご無沙汰しております」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「ありがとうございます」
観客「(笑)」
「ありがとうございます」
観客「(歓声)」
((花束)いっぱい来てますよ〜)
「あ〜、松浦さんありがとうございます」
(ねえ)
観客「(拍手)」
「小澤さん、仲閧ウん、高嶋さん、内山さん。あっこれ今回のドラマの、はい」
(あ〜)
「キャスティングですね。はい」
(蜷川さん来てますよ)
「あっ蜷川さん、ありがとうございます」
観客「(拍手)」
「はい」

(これ(花輪)ですよ)
「はい、明日、はい、夜11時10分からスタートの「ハニー・トラップ」ですね」
(はぁ〜)
「見て下さい」
観客「(拍手)」
(これ(花輪垂れ幕ににプリントされた写真)誰だ?)
「これ僕ですね」
(あ〜)
観客「(笑)」
「あっぼ、僕です」
(ああそう?)
「はい」
観客「(笑)」
(へぇ〜)
「はい、はい」
(これコンクリートに寝そべってんの?)
「いや、あの吊されてるという設定なんですけども、はい。今回かなりハードな
シーンがたくさんあるんで」
(実際これ吊されて写ったの?)
「ええと、吊されてるという事にしといて下さい」
(あ〜そう?)
「はい」
観客「(笑)」
「(笑)」
(へぇ〜)
「はい。(タモリさんが垂れ幕部部を触っていたので)あっちょっと、素材は」
観客「(笑)」
「素材は普通の素材ですね、はい」
((タイトルの「・」が)ここん所にある)
「そうです」
観客「(笑)」
「はい、かなり」
(「ハニー・トラップ」)
「壮大、壮大なスケールでやるんで、はい」
((笑))
「お願いします」
(「ハニー・トラップ」で)
「はい。ありがとうございます」

(明日だ)
「はい、そうですね」
(あ〜)
「かなり豪華キャスト陣と、壮大、」
(これ豪華だね)
「そうですね」
(へぇ〜)
「11時10分の枠なんですけども」
(へぇ〜)
「ちょっと新しい感じのドラマで。はい」
(これ何でこんな、こんな吊された)
「あの、テーマが産業スパイの」
(はぁ〜)
「話でですね」
(うん)
「まあ実際にも、あのホントに現実的にあるんですけども」
(うん)
「まあ僕がその、まあハニー・トラップじゃないんですけども、スパイにあの罠に
かかってしまって」

(あっ罠、罠にかかる方だ)
「はい。まあ色んなトラブルに巻き込まれて、もう人生が一転してしまって」
(へぇ〜)
「そこからどうやって這い上がって行くかという所で」
(それで吊されちゃったんだ)
「まあそれをまあちょっと象徴する」
(あっ象徴)
「象徴する」
(あっ象徴するのね)
「あの吊されてばっかでは無いです(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「でも、」
(こういうシーンがある訳じゃ無い?)
「あっでも、あの多分凄い結構衝撃的なシーンはいっぱいあるので」
(ああそう?)
「はい」
(アクションもあるの?)
「そうですね。で、もうこの方々が出演するので」
(うん)
「もう誰がそのスパイで、もうはめあってくというか、もう」
(分かんない?)
「分からないので、凄いスピーディーな展開で」
(あ〜)
「ストーリーが行くので面白いと思いますね」

(実際、実際産業スパイって)
「いるんです」
(結構あるんだろうね)
「はい、あの本当に、まあ今回僕も知ったんですけども、もう世の中にいっぱい
暗躍しててですね」
(うん)
「まあ日本はそれを取り締まる機関が少ないらしいんです。だから、」
(うん、スパイ天国と言われてる)
「そうです、だから海外からもいっぱいもう入って来て」
(うん)
「はい、色んな情報盗まれて」
(へぇ〜)
「今回はあのグラフェンっていう素材があるんですけども。物凄い、」
(グラ?)
「グラフェン」
(グラフェン?)
「グラフェンです」
観客「(笑)」
「まあ何て言うか、」
(関西、関西弁?)
「あの違うんです、(笑)」
観客「(笑)」
「結構凄いんです、世界的にも1千億以上、」

(あっホントにあるの?この)
「研究開発されてる、はい、???ですけど」
(そういう物質がある?)
「物質が、例えば何て言うんですかね?フィルムが、もうペラペラなフィルムが
タブレットになったり、それを折り曲げて携帯になったりとか。後は髪の毛一本で
人間の身体吊せるぐらいの強度があったりだとか」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「実際に、まあ今回はそれを、まあキーとして」
(ほぉ〜)
「それが盗まれてしまって。まあ僕がそれを開発した人と言うか」
(へぇ〜。あっそれ見た事ある、ペラペラの何か画像が)
「そうですね、まああのイメージなんですけども、こういう物が未来に出来たら
良いなって言う様な所で、なんですけど」
(やってるらしいんだ)
「はい」
(あれでしょ?あの、こうペラペラの紙に、一度何かパッと情報送ると文字がバッと
出て来て)

「そうです。だからそれ窓に貼って、」
(うん)
「窓がもうそういうタブレットな場になったりとか」
(らしい。で、またそれパッと変えると、またもう全部変わるらしい)
「はい。熱にも強いんで、あのTシャツのプリントにして」
(出来るの?)
「要はココが、あのタブレットになって」
(タブレットなってる)
「もう自分が携帯になるじゃないですけど、そんぐらいのレベルの」
(へぇ〜)
「凄い素材を、まあ僕がどう商業ベースに実用化していこうかっていう所の」
(ほぉ〜)
「役柄なんですけど」
(へぇ〜)

(暗躍してる奴いるんだね)
「凄いですね〜、だからもううっかり、」
(女、女のスパイなんていない?)
「いやもう、女性のスパイがやっぱり、まあこの前もロシアであの実際にアメリカ
から」
(お〜お〜お〜、そうそう)
「あったんですけども」
(あったね)
「はい、でも、」
(美、美人スパイだろ?)
「そうです」
(うん)
「だからもう、例えば家帰って奧さんに、その「こういう物でこうで凄いでしょ」
って話しても、奧さん聞いてくんないじゃないですか」
(うんうんうん)
「「何話してんの?」って」
(うん)
「だからそれを女の子いる店でポロッと、聞いてくれる女の子がいて」
(うん)
「話しちゃったもんなら、その子がスパイだったとか」
(はぁ〜)
「要はそういう夜の店にも」
(じゃぁ銀座のクラブ辺りいるかも知れない)
「に、もうやっぱり潜んでたりとかするらしいです、実際に」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「で色んな情報を、吸い取られて、横流ししてっていう」
(へぇ〜)
「そういう怖い世界も」
(怖いね)
「あるんですよね」
(へぇ〜)

(どう?ドラマ)
「いや、もう物凄く心身共に追い詰められる役なので」
(つらい?)
「はい」
(役、役でもつらい?)
「いや、でもやっぱり物凄く本が面白いので」
(うん)
「楽しんでやってますけどね。もうあんな状態のもあるんですけども(笑)」
(うん(笑))
「はい」
(面白い?やってて)
「そうですね、やっぱりこれだけ豪華な方々が出てるので」
(うん)
「まあもちろん勉強にもなりますし」
(うん)
「はい」
(へぇ〜)
「やり甲斐がありますね」

(ダンスの方はどうなの?)
「いや、ダンスの方ももちろんやってますけども」
(でもコレ(ドラマ)、)
「この時はもう封印してますね」
(ダンスやんない?)
「はい、さすがに商社マンはこう回ったりしないんで(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「はい」
(で、今までず〜とダンスで来た訳でしょ)
「そうです」
(若い時は)
「はい。でも、そうですね、」
(うん)
「まあある事をきっかけに、まあちょっと俳優をやらせてもらってますけども」
(うん)
「はい」
(でも良いね、世界が広がってね)
「そうですね、でも一番最初まあダンスがこう上手く行かなくて、色々とこう
自分を精神改革しなきゃいけないな、開拓しなきゃ行けないなって思った時に、
まあ、」
(ダンス上手く行かなかった?)
「ちょ、」
(上手いじゃん)
「いや、やっぱりあるんですよ、悩みが(笑)」
観客「(笑)」
「はい」

(ダンスやっぱりこうあるの?こう)
「はい。まあでも、そうですね、」
(うん)
「で、まあこうEXILE入る前とかに」
(あっ入る前)
「入る前とかに、まあ色々と自分がトラブル起こしてしまって」
(うん)
「入院してた時期とかあったんですけども」
(身体で?)
「はい」
(身体のトラブル)
「はい。あっ、まあ色々、今言えないですけども(笑)」
観客「(笑)」
「それでまあちょうど、」
(何か相当悪かったんだろ?)
「いや(笑)、でもその時にちょうどHIROさんが、物凄くこう心身共につらい時に」
(うん)
「まあ自分のトラブル、まあ2ヶ月休ませてくださいって言うとこだったんです
けども」
(うんうん)
「その時にHIROさんが「いや、その自分の犯したトラブルで休むのはあり得ない」
と。「もう有名とか有名じゃ無い関係無しに、もうプロとしてやってんだったら
もう這ってでも、その風邪をひいてでもステージとか現場に立たなきゃ行けない
んだ。お前は自分の事でそれ「休ませて下さい」って言ってるからあり得ない」
っていう言葉をいただいて」
(うん)
「「あっ、これちょっとしっかりしなきゃな」と思って」
(うん)
「反省してドレッドにして、行ったんですけども」

(反省してドレッド?)
「(笑)そう」
観客「(笑)」
(おかしいじゃない、反省してドレッド)
「いや、まあ「前向きに行かないとな」と思って」
観客「(笑)」
(普通丸坊主は分かるよね)
「そう、」
観客「(笑)」
「で、ちょうどその時に、ドレッドにしたての時に」
(うん)
「舞台のお話しをいただいて、それが海軍の役だったんですけども」
(うん)
「丸坊主にしなきゃいけなくて」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「まあそれでまあある意味、」
(ドレッドの後、)
「はい」
(丸坊主にするようになった)
「はい、まあダンス以外の所でまあ、自分の不得意な所で」
(うん)
「あの自分をまあたたき込んで、もう一回一からこう修行し直したいなと思って
やったのが芝居で」
(へぇ〜)
「全く最初もう、泣きたくも無いのに泣、泣かなきゃいけないんだ?とか」
(そう思った?)
「キスしたくもねえ、何でこの人としなきゃいけないんだ?とか」
((笑))
観客「(笑)」
「でも、やっぱり表現という意味では、物凄く広がって」
(うん)
「「あ〜芝居楽しいな」と思えて」
(う〜ん)
「はい、自分の1つ」
(へぇ〜)
「はい、表現の方法として」

(これ、でもドラマってホントに朝早くから夜中までやってるんです)
「はい」
(でも身体何かこう、その調整って言うか)
「はい」
(まあダンスは出来なくても、ある?)
「そうですね、そうなんですよ。あのやっぱり、」
(何かやってないと)
「ライブとかある時は、やっぱ鍛えるんです」
(うん)
「でも、あのドラマと重なると役柄で、あんまりこうムキムキな」
観客「(笑)」
(うんうん)
「例えば素朴な人とかあんまいないじゃないですか(笑)」
観客「(笑)」
(素朴でムキムキいない)
「そうですね(笑)。そうすると、やっぱりその抑えるんですけど、トレーニングを」
(うん)
「でもそうするとライブが、やっぱり保たないので」
(どうする?そういう時は)
「僕はあの、ちょっとヒの呼吸ってあるんですけど」

(ヒの呼吸?)
「はい」
(うん)
「あの、まあ要は心拍数とか上げなきゃいけないんですけども」
(うん)
「身体もこう代謝良くしなきゃいけないんですけども」
(うん)
「その筋肉で出来ないんで、呼吸法で。まあこう、1分間に何回こう、何回もこう
「(鼻を使ったリズムの速い小刻みな呼吸)」って」
((笑))
観客「(笑)」
「今ちょっとおかしいですけど、身体を」
(え?)
「要は身体を動かさないで、」
(うん、筋肉を)
「熱を上げるっていう」
(ええ?そういうのあるの?)
「お腹をポンプにして」
(うん)
「こう鼻でこう「フン、フン、フン」って吐いていくんです。こう(お腹を)凹ます
と同時に「フッ、フッ、フッ」と」
タモリさんも真似してやってみていて
観客「(笑)」
「そう、そうすると身体が熱くなって」
観客「(笑)」
(あっこれ、これ、)
「やってみてもらって」
(これは結構キツイね、これ)
「そう」
タモリさんがまたやっていて
観客「(笑)」
「ちょっとあの家帰ってやってみて下さい。あの身体が凄い熱くなる」
(あっこれは)
「はい」
(結構キツイ)
「はい」
(へぇ〜)

CM明け

(凄いね、今呼吸をちょっとやってみたら、あれ凄いね)
「そうですね、身体が一気に熱くなるんですね」
(熱くなるね)
「これマスターすれば、もう冬でもあの乾布摩擦とか要らないで、もうあの
海の中突っ込めます」
観客「(笑)」
「はい」
(そう言うけど、ホント海の中入った事ある?)
「あ〜それ無いです」
(無い(笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「それ無いです(笑)」
((笑))
「いや〜」

(どれくらい絞る?ステージの前。トレーニング)
「いや〜そのステージの内容にもよりますよね」
(うん)
「その例えば大きい小さいっていうのもそうですし、例えば、え〜大きいと
やっぱ身体が大きい方が目立ったりするんで、こうやっぱり沢山食べて」
(うんうん)
「大きくしたり。でも大きくすると、今度動きがこう、鈍くなってりするんで」
(うんうん)
「ちょっと色々と調整しながらやりますよね〜」
(そう、あの筋、筋肉が付けば良いって問題じゃ無いね)
「問題じゃ無い、やっぱ質もありますし」
(うん、だからああいうこのボディービルの人は、例えばゴルフが上手いかって言うと
そうでも無い)

「そうですね〜」
(俊敏な動きとまた別の筋肉だしね)
「そうですね〜、全、」
(ダンスもそうでしょ?)
「ダンスもそうですね」
(付け、付ければ良いって訳じゃ無い)
「やっぱそれ用の、やっぱりこう瞬発力に効くような、こう筋肉作りだとか」
(トレーニング方法はそれぞれあるんだ?)
「ありますね〜それぞれ」
(それ人、人それぞれ?)
「人それぞれありますね」
(はぁ〜、一番サボってんのUSAだって話あるんだけど)
「(笑)」
観客「(笑)」
「でも、」
CMに入る音楽が鳴り出し
「あっ??(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「そうですね〜」
((笑))

二度目のCM明け

さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート、ピタリ賞と、それから前後賞もあります)
「はい」
(何行きましょう?100人の女性がスイッチ持ってます)
「そうですね、あの今回まあドラマが産業スパイ、スパイという事なんで
まあ、」
(うん)
「スパイちょっと(笑)」
観客「(笑)」
「やると、ちょっとあの色々問題があるので」
(スパイはいない)
「あの(笑)、」
観客「(笑)」
「近い物で」
(うん)
「あの、探偵、探偵を自分が雇ったことがある人」
(ある、あ〜)
観客「あぁ〜」
「例えばまあ色々調べたいとか、」
(何人)
「まあ旦那さんの浮気」
(調べたい)
「調べたいとか」
観客「(笑)」
「まあ色々あると思うんですけども、雇ったことある人。1人ですかね」
(100人中、1人?)
「1人」
(探偵を雇っ、雇ったことがある、スイッチオン)
探偵に仕事を依頼をした事がある人・・0人
(あ〜)
「あ〜」
観客「あぁ〜」
(いない?)
「いないっすか」
(残念)
「いたら紹介してもらおうかな?と思ったんですけどね」
((笑))
観客「(笑)」
「なるほど」

(来週のゲストじゃぁご紹介しましょう、この方です)
石井一久さんの写真が表示されました
観客「ぉ〜」
(おっ)
内田アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」と申しますが」
石井「あっはい」
内田アナ「石井さんでいらっしゃいますか?」
石井「はい」
内田アナ「タモリさんに代わります」
石井「はい」
(もしもし)
石井「あっもしもし」
(どうもどうも)
石井「どうもお久しぶりです」
(久しぶりですね〜)
石井「はい、お久しぶりです」
(ええ。来週の月曜日大丈夫ですか?「いいとも」)
石井「大丈夫です。いいとも」
(あ〜じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)


月曜日のゲスト 石井一久さん




そっくりさんアワード2013 今年の顔フェスティバル
進行役・タモリ、
審査員・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜


今年話題になった人のソックリさんコンテスト。優勝者は年末に
行われるチャンピオン大会に出場出来ます。

1人目の紹介者・男女
 紹介フレーズ・「友人(21歳)がサッカーW杯出場決定!あの日本代表にそっくり
        サッカーの試合を休んで来ました 香川真司選手」
 似てる有名人・サッカーの香川真司さん

2人目の紹介者・男性と幼児
 紹介フレーズ・「息子(3歳)が上半期出演番組本数8位のあの芸人にそっくり
        3歳の劇団ひとり」
 似てる有名人・劇団ひとりさん

3人目の紹介者・女性2人と幼児2人
 紹介フレーズ・「(ママ友の)息子が新歌舞伎座を背負って立つあの俳優にそっくり
        1才と5ヶ月の中村獅童」
 似てる有名人・中村獅童さん

4人目の紹介者・男性
 紹介フレーズ・「友人(21歳)が映画ドラマで大活躍のあのイケメン俳優にそっくり
        彼女いない歴5年まったくモテない綾野剛」
 似てる有名人・綾野 剛さん

5人目の紹介者・男性
 紹介フレーズ・「友人(29歳)が半沢直樹に100倍返しされたあの常務にそっくり
        キープするのが大変!香川照之」
 似てる有名人・香川照之さん

審査結果・話し合いの結果2番と4番の同時優勝





クイズ!たくさんいれば答えられるかな?
進行役・草なぎ剛、内田嶺衣奈
出演者・関根勤、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、
    ゲストのチーム「2世タレント


   チーム2世タレントの内訳(敬称略/50音順)
   会一太郎、赤井沙希、いしだ壱成、蛭子一郎、ERICA、北村まりこ
   小堺翔太、下田大気、西岡優妃、仁科仁美、林家木久蔵、肥後DNA
   布川隼汰、前川紘毅、MADOKA、LUNA

答えが複数ある問題が出されるので全解答者が答えるまでに正解を
出せればクリアというクイズ。2問正解出来れば賞品(吉祥寺サトウ
「元祖丸メンチカツ」)獲得出来ます。

第一問
「歴代CDシングル売上枚数ランキングトップ10 全10曲全て答えなさい」
  (オリコン調べ/両A面の場合は片方だけでOK)
第二問
「2013年上半期 女性タレントCM起用社数ランキングトップ5 全7人全て答えなさい」
  (日本モニター調べ / 同順位がいるため計7人)
第三問
「1文字目が「ア行」で始まる山手線の駅名 全8駅全て答えなさい」

解答者第1問解答第2問解答第3問解答
木下優樹菜だっふんだ×清水アキラ×あざみ野×
肥後DNA  だから君に決めた×篠原涼子×赤坂×
LUNA   女々しい女×ほなみ鈴木×青山×
ERICA   LOVE嵐×慎吾さん×麻布十番×
蛭子一郎 相撲ファイト×堀北真希大塚
赤井沙希 女々しくて×志村けん×太秦×
北村まりこ世界に一つだけの花知らん×大船×
下田大気 SAY YES志茂田景樹×分かりません×
仁科仁美 女と男と酒と涙×篠原ともえ×大崎クリア
MADOKA  タトゥー×・・・×ーーー
西岡優妃 ララバイ×しぇりな×ーーー
いしだ壱成TOKIO×パス×ーーー
劇団ひとりおよげたいやきくん篠田麻里子クリアーーー
林家木久蔵トゥモロー××ーーー鶯谷
小堺翔太 ーーー剛力彩芽御徒町
前川紘毅 ーーー上戸彩池袋
会一太郎 ーーーローラ秋葉原
田中裕二 ーーー武井咲恵比寿
布川隼汰 ーーーベッキー上野
関根 勤 ーーー蛍雪次朗×分かんない×

  (順番は事前テストの成績が悪い順(一番上の人が最下位)です)
 の印がある人から解答スタート
 ・1問目は1番の人から、2問目以降は前の問題で最後答えた次の人から
  解答していきます。

 ・1問目は14人目林家木久蔵さん不正解で残り全問正解不可能のため終了
  残りの正解は「女のみち」「TSUNAMI」「だんご3兄弟」「君がいるだけで
  /愛してる」「tomorrow never knows」「Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは
  突然に」「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」






劇団ひとり企画 負けず嫌いマッチ
進行役・タモリ、
出演者・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、内田嶺衣奈
    ゲストのさん


劇団ひとりさんの持ち込み企画で、劇団ひとりさんが出演者と対決
するというコーナー

今回のテーマ「頑張れ!明美」

ゲーム内容
 待ち合わせしていた彼が遅れてきて
 彼氏「ハッ、ハッ、ごめんごめん、明美。会議で遅れちゃってさ。でも明美に
    早く会いたくて走ってきた!」
 劇団ひとり「こう怒ろうとね、怒ってやろうと思ってたんですけど、
    早く会いたいから走って来ちゃったって言われたら、つい笑っちゃう
    じゃないですか、明美としては。
    そのええとだから笑ってしまいたい気持ちをグッとこらえる。それが
    「頑張れ!明美」です」
 タモリ「笑っちゃいけない、笑っちゃいけないんだ?」
 劇団ひとり「そうです、笑うまでの時間をいかに長く出来るかっていうのが
    このゲーム」
 田中裕二さん、草なぎ剛さんなどから「言ってる意味が分からない」などと
 言われ、劇団ひとりさんが実演し、その後田中裕二さんが挑戦

 劇団ひとりさんのタイム・17.00秒
 田中裕二さんのタイム・11.24秒
   (田中さんはコーナー終了時間が来たため笑って終了)





曜日対抗いいともCUP
「おかしな文字があるファベット!」
アルファベット26文字が表示されてる中で、1文字だけ反転したり
上下が逆になっている文字があるので、それを見つけて行くゲーム
30秒間に何問正解出来たかを競います。
参加者・劇団ひとり→関根勤→草なぎ剛→田中裕二→木下優樹菜→
    →内田嶺衣奈

正解数・5問

月曜日 7問(7)火曜日 7問(10)水曜日 7問(3)
木曜日 6問(14)金曜日 5問(13)優勝 月火水曜
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
チーム2世タレントさん(答えられるかな/負けず嫌いマッチ/エンディング)






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る