今日のいいともニュース
2013年12月4日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
徳光和夫、コロッケ、山本高広、ミラクルひかる、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは徳光和夫さん 昨日 滝川クリステルさん明日 岸谷五朗さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束はキャイ〜ン天野ひろゆきさん、マツコ・デラックスさん
  小橋建太さん、小林浩美さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「???」
観客「(拍手)」
「(笑)???」
観客「(拍手)」
「お久しぶり」
(お久しぶり)
「お招きいただいてありがとう???」
(とんでもございません)
「???」

((花束)来てますよ、マツコ・デラックス来てます)
「ああ〜、」
(女子、女子プロ)
「まだ無名の頃よく知ってた」
(あっそうですか?)
「ええ」
(へぇ〜、(日本女子プロゴルフ協会)小林会長)
「あっホントだ、??」
(来てますね〜)
「最近あのLPGAはよくやるもんですからね」
(あ〜)
「ええ」
(「徳さんのお遍路さん」ってやってる?)
「あっこの間、今でもやってるんですけどお遍路一周したんですよ、1年半
かけて」
(へぇ〜)
「ええ、一応(笑)」
(あ〜そう?)
「ええ」
(凄いです、いっぱい来てます)
「菅さんの後ですけど」
(ええ。あっ天野っち来てます)
「ああ〜これはちょっとあの、女の子紹介して失敗したもんですから」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
(あ〜そうですか?)
「ええ」
((笑)日企来てます)
「日企ね」

((花輪)「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー×テイチクアワー百歌繚乱」来てます)
「凄いのが来てますね(笑)」
(来てますね、どうぞどうぞ)
「俺パチンコ屋じゃねえんだから」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

(四国、四国ってまあ)
「うん」
(漠然と俺も一回)
「参りました事ある?」
(回ってみようかな?と思った事はあるんですけどね)
「ええ」
(あれ続けて回ると大体何日ぐらいで行ける?)
「そうですね、車で行けば多分一ヶ月もかかんないと思うんですけども」
(歩いて)
「歩いて、僕はどのくらいかかるか分かんないんですけども、行ったり来たり
して、週に三日間ぐらいの」
(あっ、あ〜それで行って)
「うん」
(へぇ〜)
「それで一年半くらいかかりましたかね」
(はぁ〜)
「ええ」
(何キロあるんですか?)
「ええとね、ごめんなさい(笑)」
(ほぼ、ほぼ一周)
「ほぼ一周です」
(一周ですからね)
「ええ、ほぼ一周」

(あれでも考えてあるんですってね)
「うん」
(最初は平坦で)
「ええ、ええ」
(段々と山道になって行って)
「相当険しいですね」
(あ〜そうですか?)
「山三つ越えたりとかですね、中には海岸線20キロぐらい歩いたりとか」
(へぇ〜)
「そう言ったような所ありますんで」
(あ〜)
「まあ何となく段々要するに、御大師さまに出会えたんじゃないかな?って
いう様な不思議な体験をするんです」
(ああそうですか?)
「ええ、誰しもそうだと思うんですけどね」
(どう、どういう風な体験)
「例えばですね、僕山三つ上がった時には、」
(うん)
「一つ目の山で完全ダウンだったんですけども、二つ目行った時ね、何となく
押してくれるっていう感じが」
(あるんですか?)
「ええ」
(へぇ〜)
「それをその僧侶に話しますよね」
(ええ)
「それが御大師さんとの出会いだと」
(へぇ〜)
「言う様な事言われまして」

(へぇ〜、凄いです、それ)
「もう凄、凄いかどうか分かんないんですけど、一度ちょっと歳を取ってね、
60過ぎたら行ってみるとよろしいかな?と思います」
(うん。俺の友達も何か一度行ってみたいって)
「うん」
(言、言いだして)
「うん。タモさんも行く気があるんです?」
(行く気はね、ある事はあるんです)
「うん」
(どう、どうなんのかな?と思って)
「多分ね、そう言っちゃ何です、アナタが行ったらあれですよ、また違った
感覚でお遍路を面白く語れるかも知れません」
(お遍路語れますか?)
「うん」
観客「(笑)」
(はぁ〜)
「じゃぁ無いかな?と思いますね」

(あれご接待ってのあるじゃないですか)
「あります、ありますね、ええ」
(各あの、まあ民家の、)
「ええ」
(人とか)
「ええ」
(あれはホントにいっぱいあるんですか?)
「ええ」
(へぇ〜)
「この精神はね、ホントにあの見事に、大震災のあった東北の人達と相通じる
ものがあるなっていう思うほど」
(うん)
「やっぱり見知らぬ人達に対しまして、ちゃんとこの接待をするっていう」
(へぇ〜)
「昔は多分あれでしょうね、あのお遍路されてる方の中にですね、」
(うん)
「もう全くあの、何て言うんだろうな?あの身支度は、だけして」
(うんうん)
「来て、途中でそれこそあの野垂れ死にする様な人達もいたんでは無いかなと
思うんです」
(あ〜)
「そういった人達に対して、こう手を差し伸べるという」
(う〜ん)
「ような所から来てるんじゃないかな」
(その途中で死んでも良いと思って来てる人もいっぱい居るんでしょうね)
「ええ、そう、ですから白装束で歩くわけですね」
(はぁ〜)
「あの白装束は、まあ死出の旅路」
(死出の旅なんだ)
「ええ、ええ」
(へぇ〜)
「って言う事のようですよね」
(厳粛なもんですね、それは)
「(笑)まあ厳粛と言えば厳粛」

(じゃぁ車で回っちゃダメです、そんな)
「そうですね。でも今ほとんどバスツアーですね」
(あ〜そうですか?)
「ええ」
(へぇ〜)
「それからね外国人が結構いるって驚きますね」
(あ〜そうですか?)
「外国人結構多いんですよ」
(へぇ〜)
「それあの聞きますとクリスチャンだったり何かするんですけどね」
(ええ)
「その人達がやっぱお遍路ってものに興味を持って、それで来られると」
(ほぉ〜)
「で、しかもどっからスタートしても四国一周ですから」
(うんうんうん)
「一番から八十八番回んなくても良いわけですよね」
(あ〜そう、ええ、ええ)
「三十三番からスタートして、あの三十二番まで行っても良い訳ですよ」
(うんうんうん)
「ええ」
(へぇ〜)
「ですから外国人にとってみれば非常に不思議な、普通お遍路って言いますと
直線じゃないですか」
(そうです)
「例えばバチカンに向かったりとかね」
(うんうん、向かうとか)
「エルサレムに向かったりとか」
(うん)
「所がこの円を、円を描いてるって所が、ちょっと弘法大師さまの、やっぱり
非常に優れた考え」
(うん)
「ええ。まさにこの地球の中には小宇宙があるっていう」
(うんうん、それを円)
「ええ、ええ」

(あっそうか)
「ええ」
(お遍路、巡、巡礼ってのは直線ですよね)
「そうでしょ?大体ね、ええ」
(大体)
「ええ」
(聖地に向かって行って帰って来る)
「うん、うん」
(グルッと一周です、元に戻る)
「一周、???」
(へぇ〜)
「双六ですよね、言ってみればね」
(あ〜)
「ええ。すみませんね、何かこんな話で」
(いえいえ、いや、)
「???くさい話(笑)」
(お遍路ちょっと興味があるんで聞いてみた)
「あ〜そうですか」

(ギャンブル相変わらずお好き?)
「ホント(笑)」
観客「(笑)」
「突然、突然来ます」
((笑))
観客「(笑)」
(何かギャンブル)
「これはね〜、」
(これこう病気じゃないですか?)
「もう病気です」
観客「(笑)」
「ホントにね、ホントに僕ねギャンブルが無ければですね、もうちょっと
タモリさんみたいに知的な何か財産を残してたと思いますよ」
(いえいえいえ(笑))
「ホントにあのギャンブル好きの人、特に独身の方はですね、ギャンブル
好きの彼は気をつけた方が良いですね」
観客「(笑)」
((笑))
「これもう症候群ではホントに直らないですからね」

(これ俺ね、ギャンブルはほとんどやんないんですけど)
「うん」
(それどうしてもやってしまうんですか?)
「そうなんです、だからちょっとでも時間が空きますと」
(ええ)
「この後ちょっとまた番組あるんですけど、2時間ぐらい空くわけですよ」
(ええ)
「そうするともう新橋の馬券売り場に行って」
((笑)行って)
観客「(笑)」
「今、船橋競馬の5レースが始まって、12番のロミオって馬どうしてるかな?
とか、そんな事考えてる」
((笑))
「自分が居るわけですよ。だからホントにね、」
(そうしたらやっぱり馬券買いに行くわけ?)
「行く訳ですね」
(はぁ〜)

「だからあの競艇場と、僕はまあ競馬場しか行かないんですけど」
(あっ競艇やるんですか?)
「競艇は本業ですね、これ」
観客「(笑)」
(はぁ〜)
「競、」
(競艇と競馬じゃ)
「うん」
(来てるお客さんやっぱ違いますよね)
「若干違いますけどもね、やっぱ臭いは一緒ですよね」
観客「(笑)」
(はぁ〜)
「ええ」

(でも競艇って何か、ギャンブルのプロみたいな感じ)
「ええ、まさにそんな感じ」
(うん)
「ですから例えば一点か二点、せいぜい四点ぐらいに絞って、」
(うん)
「ホントにギャンブル性のあるの競艇だと思うんですよ」
(そうですね、ええ)
「だから6艇、6人が走るわけ、6艇が走るわけ」
(うん)
「競馬は18頭走るでしょ」
(うん)
「何を買って良いか分かんない。もうですからホントに予想がしにくい」
(しにくい)
「それでも一生懸命自分なりにこう見当するわけですよ」
(ええ、ええ、ええ)
「そうすると同じパドックにアベック、アベックとは言わないのか、カップルが
来て」
(カップルが来て)
「ええ」
(ええ)
「カップルが来てまして、若い女の子が「わ〜たてがみにリボンがあって可愛い」
とか言って」
((笑))
「それでそんなのが入ったりする訳です」
(うん(笑))
「すると私が散々予想したあげく入った馬もある」
観客「(笑)」
「同じ配当金の所にね、並んでるとその女の子がいたりするとね、ホントに
全く見知らぬ女の子なんですけど、にらみつけます」
((笑))
観客「(笑)」
「俺があれだけ苦労してたのにってね(笑)。それ、」
(あっ競馬はやっぱりそういう人多いですよね)
「多いですよね」
(競艇いないでしょ?)
「いないです、競艇はいないです。競艇はですからホントにギャンブラーの
臭いのする人達が」
(する、しますよね)

(競艇はね、)
「ええ」
(4,5回行ったことあるんです)
「あ〜そう?福岡で?」
(博多、博多時代)
「ねえ」
(ええ、ええ)
「九州は結構唐津とね、福岡と」
(ええ。4、5回友達が行って)
「芦屋と若松とあります」
(行ったことあるんですけどね)
「ええ、ええ」
(あれ、あれはほとんどでも有名選手が勝つ訳でしょ?)
「いや、そんな事もない」
(そうでも無い?)
「そんな事無いです。確かに腕の巧拙はあるんですけどね」
(うん)
「やっぱその、上手い選手がインコースを引いたり何かしますと、大波乱なっ
たりいたしますし」
(あ〜)
「で、やっぱり何とかあの選手は勝たせまいっていう様な事で、自分は一着を
取らずにあの選手を勝たせたくないって様な事で、」
(うん)
「その選手に敢えてこう体当たりするって様な」
(うんうん)
「あったりする」
(へぇ〜)

「そうするとその人間関係みたいな物もですね、ある程度読んで」
((笑))
「それでレースとレースの間の30分間に短編小説作る、書くわけですよ」
(はぁ〜、この、その選手、)
「コイツがこう来てね、こう」
(6人の選手の)
「ええ、ええ」
(誰が年上でとか)
「そうです」
(出身地がどこだとかいうの)
「ええ。コイツとコイツはこの間仲悪かったとか、この選手の息子はあの
医大に入ったとか」
観客「(笑)」
「そうすると、」
(それどういう関係があるんですか?医大に入ったの)
「そうするとやっぱり私立の医大です、お金掛かるでしょ」
観客「(笑)」
((笑))
「その間お父さん相当頑張るわけです」
(はぁ〜)
「そういう情報は入るとやっぱり、そこにこう集中していったり」

(それどこからその情報が入るんですか?私立の医大に行ったとかいう情報)
「これはですから長年やってますと、何となくファン同士の間で入って来る
わけですよね」
(あっファン同士のあれあるんですか?その繋がり)
「まあ結構その、あの全然名前も知らない同士なんでありますけども」
(うんうん)
「「何かタカダの息子が医学部に入ったらしいぞ」みたいな話をして来る人」
(してくる)
「ええ、ええ」
(ええ)
「そうすると「あ〜そうか」って言うんで、それ大ヒントになるわけですよね、
こっちは。ええ」
(ホント、じゃぁそれで)
「ええ」
(当たった事ってあるんですか?医大に入ったとか、家庭の事情で)
「あの、いや、ありますけどもね」
(ええ)
「でもほとんどその、こういう情報ってのほとんど当てになんない」
観客「(笑)」
(あ〜(笑))
「すみませんね(笑)」

CM明け

徳光和夫さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(おっ、もっとギャンブルの話聞きたいとこですけど)
「もうごめんなさい」
(百分のXアンケートで、ピタリ賞ありまして)
「あ〜」
(前後賞あります)
「あ〜なるほど」
(ええ)
「はい」
(何行きましょう?)
「これはね、もうホント、あのね、日本のお昼っていうのはホントにあの
一般の家庭はもちろんであります、オフィスもですね、大体8番「笑って
いいとも」に合わせてた」
(ええ)
「そのくらい「笑っていいとも」ってやっぱホント健全な明るいお昼を作って
くれた、こんな番組僕無いと思う」
(ありがとうございます)
「それをちょっと敬意を表しまして、8チャンネルですよ、みんなチャンネル
合わせますのは」
(はい)
「だから8という事でですね、ええとこういうのどうですか、僕はあのAKBの
総選挙の司会もやってるんです」
(はいはいはい)
「今年の総選挙で8位になった人を知ってる人」
(あ〜)
「今年の総選挙で」

(何人いますかね?総選挙で8位に)
「ヒントはですね、ヒント言っても良い?」
(いやヒントは、いや与えない)
観客「(笑)」
「(笑)」
(何人知ってるか)
「あ〜そうなんですか?」
(クイズ番組じゃ無い)
「あ〜そう???」
観客「(笑)」
(何人知ってますかね?8位)
「これもう絶対この人は上位来ると思ったら、その人は8位だったんですよね」
(うん)
「ええ、僕は言って良い、あっ僕が言う、」
(ダメダメ、何人知ってると思う?100人中8位を)
「8人」
(8人?)
「うん」
(スイッチオン)
今年のAKB総選挙で8位になった人が誰か分かる人・・2人
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(2人)
「最初ね、2と思ったんだよね」
観客「(笑)」
「ホントに2と思ったんですけど、俺はこれでよく外すんだよ」
((笑))
観客「(笑)」
(ギャンブルはこれで、最初に思った方が良いんですよね)
「そうなんですよね〜、思いついた時、あ〜そうですか」
(ええ)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、あっところで誰ですか?8位は)
「え〜高橋みなみさん」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
「ええ。意外だったんですけどね」
(意外ですね)
「ええ」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
徳光「はい」
(この方)
岸谷五朗さんの写真が表示されました
観客「おぉ〜」
(お〜)
徳光「お〜」
三田アナ「もしもし、「笑っていいとも」です、岸谷さんでいらっしゃいますか?」
岸谷「はい」
三田アナ「タモリさんに代わります」
岸谷「はい」
(お久しぶりです)
岸谷「・・・・」
(あれ?)
岸谷「もしもし」
観客「(笑)」
(あっもしもし、タモリです、お久しぶりです)
岸谷「あっ、ご無沙汰しております」
(明日よろしくお願いします)
岸谷「はい、よろしくお願いします」
(大丈夫ですか?)
岸谷「はい、いいとも!」



明日のゲストは 岸谷五朗さん




水曜コメンタリー劇場 書き込んだ有名人は誰だ!?
進行役・柳原可奈子、三田友梨佳
解答者・タモリ、太田光、トシ、タカ、栗原類、パンサー
出演者・下記


ゲストが過去ブログ書き込んだ事が発表されるので、それをヒントに
ゲストは誰かを当てるクイズ
(絵文字は表示出来ないので略して掲載します)

1・2013年10月4日の書き込み
 「2年前から警視庁の「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」を
  させていただいてます!
  イベントが明治座でありましてピーポ君ファミリーが揃いました。
  (ピーポ君ファミリーとゲストの写真)
  そして、くまモンも応援に駆けつけてくれました(顔文字)。
  珍しくスリーショット(顔文字)
  (ゲスト、くまモン、ピーポ君のスリーショット写真)」

  正解者・

2・2013年4月28日の書き込み
 「昨日は、一生の思い出になる素敵な事がありました。安全地帯の
  コンサートでなんと、サプライズで玉置さんの代わりに「じれっ
  たい」を歌っちゃいました。幸せ。玉置さんとツーショット
  (玉置浩二さんとのツーショット写真)」

 玉置さんとはどんな関係?「ラブラブ」
  正解者・タカ、菅良太郎

3・2012年5月31日の書き込み
 「久し振りに東京戻って来た〜〜(絵文字)。たくさんの方たちに
  見に来て頂き本当にありがとうございました。美川さんとパチリ
  (美川憲一さんとのツーショット写真)」

  正解者・太田光、向井慧、トシ、栗原類


4・2012年2月2日の書き込み
 「今日で、4日間続いた九州ツアーも終わりました。来ていた
  だいた皆さん本当にありがとうございました。美川さんと
  ツーショット
  (美川憲一さんとのツーショット写真)」

 美川さんとの共演は「多いです」
  正解者・タモリ

5・2012年10月5日の書き込み
 「博多座(絵文字)初日開けました(絵文字)。お陰様で、無事に
  (絵文字)後、1ヶ月皆さんに支えられて頑張ります(絵文字)。
  ショーのオープニング、いいえ私はさそり座の女」

  正解者・

正解・今回のゲストはコロッケさんでした。





業界当たり前クイズ ベタック9
進行役・トシ、
解答者・太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、、三田友梨佳
出演者・ゲストのコロッケさん、山本高広さん、ミラクルひかるさん


その業界では当たり前という9つのエピソードをクイズにしたコーナー
エピソードの一部が隠されているのでそれが何なのかを当てます。
縦横各三列の9マスになっていて、ビンゴになるように答えて行きます。
ビンゴ達成出来ると観客が賞品獲得
 1〜3ビンゴで「ベタモリ飴(タモリさんの金太郎飴)」
 4〜7ビンゴで「ベタモリステッカー」
 全問正解で「ベタオル」


今回の業界「モノマネ芸人のベタック9」

問題
上段
 1・「ものまね芸人は意外と**が少ない」
 2・「**の経費がバカにならない」
 3・「携帯の**にものまねを使用」
中段
 4・「**が苦手」
 5・「ものまねする時はその相手の**はマネしない」
 6・「**でのお決まりのコメントがある」
下段
 7・「ものまねは**から入るのが鉄則」
 8・「怒らせると怖いのはモノマネ相手よりその**」
 9・「一番得意なものまねは実は**」

ヒント
 5の答えは「ものまねする時はその相手の「代表的ギャグ」はマネしない」
   本人には勝てないので代表的な事はしない

解答

太田光
「「植毛」の経費がバカにならない」・×
「「ハト」が苦手」・×
「「フリートーク」が苦手」・○
  (フリートークは苦手なのでネタに走ってしまう。
  またフリートークが面白くても観客やスタッフからは
  モノマネを求められる)

タカ
「怒らせると怖いのはモノマネ相手よりその「まんま東」」・×
「怒らせると怖いのはモノマネ相手よりその「ファン」」・○
  (コロッケさんが一番最近怒られたのは長渕剛さんのファン。
  山本高広さんは草なぎ剛さんのファンから怒られた)

柳原可奈子
「「ヅラ」の経費がバカにならない」・○(1ビンゴ)
  (開いたりする特殊なカツラが多く、光るカツラは50万円以上する。
  またメンテナンスも大変)

栗原類
「ものまね芸人は意外と「友達」が少ない」・×

尾形貴弘
「ものまね芸人は意外と「関西人」が少ない」・○
  (事務所が東京に集中していて関西にはあまりない)

向井慧
「「結婚式」でのお決まりのコメントがある」・○(2ビンゴ)
  (山本高広さんが結婚式でやる織田裕二さんのネタ披露
  ミラクルひかるさんは宇多田ヒカルさんのネタ披露)

菅良太郎
「一番得意なものまねは実は「やらない」」・
  「伝わらない」「マニアック」」と答え共に×
「一番得意なものまねは実は「誰も知らない人」・○(3ビンゴ)
  (コロッケさんが一番得意なのはチーフマネージャーさん、
  知り合いの銀行員さんのモノマネ)

太田光
「ものまねは「水商売」から入るのが鉄則」・×
 「動物」「顔マネ」と答え共に×
「ものまねは「動き」から入るのが鉄則」・○(5ビンゴ)
  (声を似せるのが一番高度なので動きから入る)

タカ
「携帯の「待ち受け」にものまねを使用」・×
「携帯の「留守電」にものまねを使用」・○(パーフェクト)
  (ミラクルひかるさんはアンパンマンのモノマネを
  留守電のメッセージにした。山本さんは織田裕二さん)





味知との遭遇 ダジャレシピ
進行役・三田友梨佳
出演者・タモリ、タカ
審査員・太田光、トシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー、
    ゲストのコロッケさん、山本高広さん、ミラクルひかるさん


2組の出演者がダジャレで考えた新しいメニューを実際に食べてみて
どちらが良いかを判定するコーナー
敗者は身体に良いダジャレドリンク「チンゲンサイダー(チンゲンサイ
+サイダー)」を飲む罰ゲーム

今回の対決・タカvsタモリ

タカさんのダジャレシピ
「スシーザーサラダ」
  レタス等の野菜類とクルトンなどのシーザーサラダを乗せた軍艦巻き
  美味しいと好評でした。

タモリさんのダジャレシピ
「ピーナッツナサンド」
  フードプロセッサーでピーナッツバター状にしたものと、細かい粒に
  したピーナッツとツナを混ぜ、キュウリと共にサンドイッチにした物
  (パンは焼いてありましたが具を入れて焼いたのか焼いてから入れたの
  かは不明)

審査結果
 「スシーザーサラダ」0票
 「ピーナッツナサンド」10票(満票)





曜日対抗いいともCUP
「「し」は「す」に変換 お願い師走(すわす)!」
ある言葉が表示されるので、それの「し」の部分は「す」に
「じ」の部分は「ず」に読み替えて言うというゲーム。
正解出来るまで続け、正解すると次の人と交替となります。
判定は青森県出身の美術スタッフの男性が行います。

参加者・トシ「鹿児島県鹿児島市(かごすまけんかごすます)」
   →タカ「もしもし、トシです(略/以下同様)」
   →太田光「しめサバとしんことアジを頼む」
   →尾形貴弘「タカトシのトシかと思ったらカモノハシだった」
   →栗原類「唐獅子模様のふろしきを使う」
   →柳原可奈子「一番線は渋谷・品川・新橋方面」
   →向井慧「キミはおうし座、私はしし座、おじはおひつじ座」
   →菅良太郎「私の実家は新橋の老舗和菓子店」
   →トシ「真剣白刃取りをする宮本武蔵」(表示は白羽)
   →タカ「新大阪で親友に久しぶりに会いました」
   →「地元で評判の美人姉妹」×(時間切れ)

正解数・10問

月曜日 8問(9)火曜日 9問(12)水曜日 10問(5)
木曜日 (15)金曜日 (17)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
コロッケさん(書き込んだ有名人/ベタック9/レシピ/エンディング告知
  (公演「コロッケChristmas Dinner Show 2013」))
山本高広さん(ベタック9/ダジャレシピ/エンディング)
ミラクルひかるさん(ベタック9/ダジャレシピ/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る