今日のいいともニュース
2013年12月9日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
宮里藍、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストは宮里 藍さん 金曜 リリー・フランキーさん明日 ロンドンブーツ1号2号さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は吹石一恵さん、宮里聖志・優作さん(連名)などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「可愛い〜」
「(笑)こんにちは」
観客「(歓声)」
「よろしくお願いします(笑)」
(よろしくお願いします)
「よろしくお願いしま〜す」
(よろしくお願いします)
「(笑)」
(どうぞどうぞ)
「はい、すみません」

((花束)いっぱい来てますよ)
「あっ」
(ブリジストン、久光製薬からね)
「ありがたいですね。あっ、」
(お兄さま)
「はい(笑)」
観客「お兄ちゃんおめでとう!」
観客「(歓声)」
(お兄ちゃん)
観客「おめでとう〜!」
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
(お兄ちゃん優勝しましたね)
「はい、嬉しかったです」
(昨日ね)
「はい、もうホント昨日の事なので」
(え?10、10?)
「11年ぐらいですね」
(11年ぶり)
「はい」
(優勝しました)

「昨日 兄・優作さんプロ生活11年目で初優勝」とタイトルが付けられた
新聞記事のパネル登場
観客「おぉ〜!」
「あ〜」
観客「(拍手)」
「(笑)」
観客「(拍手)」
(お兄ちゃん泣いてます)
「そうですね、もうみんな泣いてましたね、家族」
(あ〜)
「ウチのお母さんが酷い顔してるんですけれど」
観客「(笑)」
「(笑)」
(あっこれお母さん?)
「はい(笑)」
((笑)お母さん凄い顔してる)
「お母さん酷いことなって」
観客「(笑)」
「(笑)はい」
(これあのお兄さんって、ホントにもうスイングなんか模範的な人だっていう風に
ず〜と言われて)

「はい、ですね」
(いつ優勝してもおかしくなかった。11年かかるんだよね)
「そうですね〜、不思議ですね、ホント」
(不思議)

(すぐ優勝しましたよね?)
「あっ私ですか?」
(ええ)
「(笑)」
観客「(笑)」
「そうですね、たまたま」
(ねえ)
「はい」
(高校生からプロですからね)
「いや、」
観客「へぇ〜」
(凄い、天才ですよ。まあおかけ下さい、)
「はい、すみません」
(天才ですよ)
「(笑)いや、」
(それで次の年も優勝、その年に優勝しちゃったんですね、ツアー)
「ええとアマチュアの時に、あのプロの試合を」
(あっそうそう、アマ、)
「勝って」
(そう)
「はい」
(プロのアマチュアのオープンで勝って、それでプロになって)
「なって、で次の年、そうですね、はい」
(勝ったんですよね)
「はい、沖縄で。はい」
(天才ですよ)
「(笑)いえいえ」

(いくつの時からやってた?)
「あっゴルフは4歳からですね」
観客「へぇ〜」
「はい」
(4歳って)
「はい(笑)」
(4歳ってスイング出来るか出来ないかの頃でしょ、女の子)
「そうですね、まあだからあんまり覚えて無いのが正直な所なんですけど」
(それやっぱお兄さんがやってた)
「そうですね、はい」
(あ〜)
「一緒に遊びでやってる内に」
(はぁ〜)
「はい」

(いつ頃から本格的にやろうと思った?)
「う〜ん、小学校上がって、あの私の父はゴルフやるの反対だったんですよ、
最初」
(え?)
「はい」
(お父さん反対なの?)
「はい」
(お兄さん2人プロにしといて?)
「(笑)いやまあプロになる前だったので」
(あっそうかそうかそうか)
「はい、成るかどうか分からなかったんですけど」
(うん)
「まあでも女の子なので、一応何かこうピアノの先生にでも成って欲しい
みたいな何か」
観客「へぇ〜」
「あの、」
(ああそうなの?)
「はい、なので、あの「ホントにゴルフやりたいの?」っていう風に言われて」
(うん)
「「やりたい」って言ったのを覚えてます」
(へぇ〜)
「はい」
(お父さんってそういう人なんですか?)
「そうですね、まああの、何か今でも言われるんですけど」
(うん)
「まああの女性として、やっぱり幸せなのは結婚して子ども産むことだから
みたいな」
(へぇ〜)
「何かプロゴルファーが先じゃ無いっていう感じで」
(へぇ〜)
「はい」
(ああそう?)
「そうなんです」
(へぇ〜)

(小学校の頃って、どれくらいで回ってた?スコア)
「あ〜」
(ベストは)
「ええと、ベストスコア、100、小学校3年の時に111とか」
(あ〜)
「そういう感じでしたね。はい」
(普通のコース回って?)
「そうですね。まあレディースティーだったとは思うんですけど」
(ああそう?)
「はい」
(上手いんだね〜)
「(笑)まあそれが基準になるのかどうかちょっと分からない」
(100切ったのは何年生?)
「ええと、もう小学校高学年には100は切ってましたね」
(切った)
「はい」
観客「凄い」
(凄いね〜)
「(笑)」

(1日どれくらい練習してた?)
「ええと、小学校中学校はそこまで練習して無かったですね、逆に
週に2日とか3日とか」
(あっそんなもん?)
「はい。あの、まず勉強が出来ないとゴルフさせてもらえなかったので」
(お父さん?)
「はい。なので、」
(へぇ〜)
「まあ勉強とか、中学の頃はバスケ部に入って」
観客「へぇ〜」
(あっバスケット入った?)
「そうなんですよ。あっでも田舎過ぎてバスケ部か吹奏楽かっていう
チョイスしか無かったんです」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
(そう?)
「はい、迷わずバスケ部っていう(笑)」
((笑))
「(笑)はい」
(練習場、じゃぁ遠かった?)
「遠かったですね、30分、車で30分ぐらいかかってたので」
(へぇ〜)
「はい」
(あ〜そう?)

(でもあの、これゴルフやった人は分かると思うんですが、あれはホントに
こうメンタルなスポーツですよね)

「そうですね、はい、もう昨日ホント兄の試合を見ていて」
(うん)
「もう5番ホールくらいから、ちょっと胃が痛くなって来て」
(うん)
「もうちょっとクラブハウスで休んでようかな?っていうぐらい胃が痛かった
んですけど」
(自分よりも心配なる?)
「そうですね、だからやっぱ見てる方もこれだけ胃が痛くなるので」
(うん)
「回ってる本人はどれだけの重圧を感じながら回ってるんだろう?と思い
ながら、見てました」
(あの全英の)
「はい」
(え〜、ある芸能人が行って、全英の練習場から見ようと思って、練習場名だたる
まあ世界の名プレイヤーがこうやってるんですけども、まあ〜、まあまあ
みんな凄い正確で、ドライバーも曲がんないし、真っ直ぐ行くし。で一番
あの短いピッチングウェッジ)

「はい」
(の時、ゴルフ、カゴをこう置くんです、全員がそこに入るんですよね)
「う〜ん」
(ポンポン。これはね、誰が優勝してもおかしくないと思って、いざコースへ
出てみると、球は曲がるし)

「そうなんですよね〜、はい」
(うん、パットは外す)
「そうなんです」
(あれほとんど精神的なものでしょ?)
「そうですね、やっぱりあの練習場の調子が必ずしもその本番のコースで
反映される訳では無いので」
(無いんだよね)
「はい、もうホント占いみたいな感じで」
(あ〜)
「(笑)はい」

(あれほんのちょっとね、あれほんのちょっと迷うと、どっか唐だの動きが
おかしくなっんですよね)

「そうですね」
(自分では完璧やったつもりがね)
「はい。やっぱりこう道具を使うっていう点で、」
(うん)
「凄く動きが複雑なので」
(うん)
「あのやっぱりちょっとした身体の硬さとか、その精神的なものがすぐ影響
してしまうんですよね」
(そうなんですね)
「はい」
(俺ある、ある大会、大会っても大して事無い)
「いえいえ(笑)」
(まあ仕事同士でこうやってるのに、それで後、まあこの回ってる組でです
全体じゃ無いですよ。この組で、あとこれだけ(3〜40cmくらい?)パットを俺
入れれば優勝するんです)

「うん」
(これ、これショートしましたからね)
「(笑)」
(手前で。これ(3〜40cm?)だけですよ、これ。これオーバーするなら話分かる、
ここまでびびってる)

観客「(笑)」
「(笑)」

(これがプロになって、)
「はい」
(この差で)
「はい」
(賞金がえらい違うじゃないですか)
「そうですね、まあ、はい」
(下手すりゃ倍ぐらい違うわけですよね)
「違いますね、はい」
(ねえ、2000万が4000万なる時もある訳ですよね)
「ありますね」
(優勝すれば)
「はい」
(1位と2位でそれぐらいの差ある。これ、それ何、何度もそういう目に遭っ、そう
いう目って言うか)

「(笑)」
観客「(笑)」
(遭ってるわけですよね)
「はい」
(どうしてるんですか?)
「いや、」
(心の内は)
「いやあの、まあお金のことはあの考えて無いんですけど(笑)」
(ええ、)
「あの、」
(え?考えて無いの?)
「いや考えないです(笑)」
(大変ですよ)
「(笑)考えないです考えない」

(ああそう?)
「はい。あの、やっぱり、う〜ん、その瞬間瞬間に集中して、そのやるべき事に
あの意識を向けてるので」
(うん)
「あの、なのでこうあんまりこう、気持ちを未来に行かせないと言うか、
「これ外したらどうしよう」とか「あっ、これ入れなきゃ」とかっていう事は
考えて無いですよね」
(考えて無い?)
「ちゃんとピュアなストロークで、」
(うん)
「あのボールを芯に当てようっていう様な感覚で打ってるので」
(はぁ〜、それが出来ない訳ですよ)
「難しい事ではあります」
(難しですよね、あれ)
「はい。人間っていうのはやっぱり欲の塊なので」
(ええ)
「色んな欲がこう出てくるんですけど、それをなるだけこう削ぎ落として行って
シンプルな事だけを考えてるので」

(はぁ〜、それ、それそういう風に精神的に持って行く練、練習方法って何かあるん
ですか?練習、)

「あのそうですね、私はあのメンタルコーチを付けて5年ぐらい経つんですけど」
(へぇ〜)
「はい」
観客「へぇ〜」
(やっぱり?)
「はい、そうなんです」
(え?どういう事、どういう事言われるんですか?)
「あの、まあそれぞれそのメンタルコーチのスタイルは色々あると思うんですけど」
(うん)
「まあでも、あのホントに、こう「自分がどうしたいのか」っていう、自分が
やりたい事をきちんと明確にして、」
(うん)
「で、あの、こう何て言うんですかね、自分自身とやっぱり向き合うというか」
(うん)
「なので、あの彼女達に「これやりなさい、あれやりなさい」って言われてる訳
では無くて」
(うんうん)
「自分の中の答えと、自分自身が向き合うっていう感じなので」
(う〜ん)
「こう常に自分自身を探求するっていう」
(あ〜、やっぱり違うんだよな)

CM明け

宮里 藍さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケートです。え〜真ん中ピタリ賞で前後賞あります)
「欲しいっ」
(ええ。取ってください)
「(笑)」
観客「(笑)」
(何行きましょう?)
「あの、やっぱりあの兄が昨日優勝したんですけど」
(ええ)
「ええとココに居る皆さん含めて、お知り合いの方、もしくはご家族の方が」
(うん)
「もしかして私の兄の試合を昨日見に行ってた方が居るんじゃないかと思、」
観客「あぁ〜」
(あ〜知り合いって事)
「はい」
(何人いると思います?100人中)
「たくさんは居ないと思うんですよね、私まあ5人、」
(5人?)
「居たら良い方かな〜?」
(試合を見に行った)
「はい、まあ知り合いとご家族の方を含めて」
(あっ知り合いでも含めて)
「はい」
(ご家族でも。5人。スイッチオン)
宮里優作さんが優勝した昨日のゴルフの試合を見に行った知り合いが居る人・・1人
(あ〜)
「あ〜」
観客「あぁ〜」
「惜しい」
(残念)
「ありがとうございました。ありがとう(CM入り)」

CMとCMの間のスポンサー名告知中
(一人、????)
「???」

二度目のCM明け

(それじゃ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
ロンドンブーツ1号2号さんの写真が表示されました
(お〜)
宮里「お〜」
観客「(歓声)」
生野アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども、タモリさん
  にお電話代わります」
田村亮「もしもし」
(もしもし)
亮「もしもし、亮です」
(お〜)
観客「お〜」
亮「お久しぶりです」
(よく噛む方ですね)
亮「そうです」
宮里「(笑)」
観客「(笑)」
亮「残念な方です。誰がや!」
((笑))
宮里「(笑)」
観客「(笑)」
(明日二人大丈夫なの?)
亮「二人とも大丈夫です」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
亮「はい、いいとも〜!」


明日のゲストは ロンドンブーツ1号2号さん




世界に広めよう!THEなぜフェッショナル
進行役・香取慎吾、
プレゼンター・下記
審査員・タモリ、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃
    ゲストの


「なぜそんな事を極めようと思ったのか?という事を極めた
「なぜフェッショナル」を紹介し称えるというコーナー
なぜフェッショナルに対しては審査員の話し合いで賞
(最高金賞、金賞、銀賞、銅賞)を贈ります。

第一問(プレゼンター・三村マサカズ)
 なぜフェッショナル・58歳女性さん(歳/)

 問題「捨てるはずの**に第2の人生を送らせたいとオシャレな
    **にしちゃった女性」
  ヒント「〜おしゃれな「照明カバー」にしちゃった女性」
 正解「果物の皮」
    果物など中身を食べた後、皮の個性を活かしながら切り
    込みをなどを入れて作る。
    生の内に作り始め、使っている内に乾いていく。

 作品紹介
 オレンジを使った3作品、グレープフルーツを使った5作品、
 ザクロ、トウモロコシ、メロン、柿、玉ねぎをそれぞれ1作品
 ミカンの内袋多数を使って作った物などを紹介
 生でオレンジでタモリさんの顔を作成

 なぜ?(作り始めた理由)
  「皮は子育てを終えた母親のようなもの。オシャレに変身して
  第二の人生を楽しませてあげたい」

 子どもの頃から作っていて、製品を売ることもありが、作り方を
 教える事の方が多い

審査結果・アイデアが秀逸で賞受賞

第二問(プレゼンター・指原莉乃)
 なぜフェッショナル・ウタマロケンジさん(歳/)

 問題「世界中の子どもたちの**を集め巨大な**を作ってしまった男」
  ヒント「〜巨大な「リカちゃん」を作ってしまった男」
 正解「笑顔の写真」
    世界の子どもの笑顔の写真を集め、1600枚くらいを組み合わせ、
    電話を持った大きなリカちゃんの姿を描いた。
    (洋服や電話部分は写真の中の子どもの服や持ち物部分を使用)

 作品紹介
 リカちゃんの他、サッカー日本代表選手のユニフォーム姿で坂本龍馬像を
 作り、背景は日本が他のチームと対戦した時の写真を使って物を紹介。
 新作として、月曜メンバー、ふなっしー、林修さんらの月曜いいともの
 写真を組み合わせて作ったタモリさんの顔の画像も披露しました。

 なぜ?(始めた理由)
  「電子回路基板が故郷の街並みが見えたから」
  写真を組み合わせて別の姿の物を作るのは25年前から行っていて、
  多分世界最初にやり始めた、

審査結果・とにかくスゴイで賞受賞





じっくり話し太郎
進行役(書記)・生野陽子
トーク担当・タモリ、千原ジュニア
出演者(客席)・香取慎吾、三村マサカズ、渡辺直美、指原莉乃、武井壮


タモリさんと月曜メンバー誰かがフリートークするコーナー

今回はタモリさんとジュニアさんがコーナー説明(約40秒)を含めて約13分40秒間
トークしました。

内容は
・タモリさんが関西弁で漫才を始め、それにジュニアさんも合わせました。

・「(タモリ)じっくり話した事無い、二人きりで」
 「(ジュニア)ちょいちょいあのお食事には連れて行ってもらうんですけど、
  他にもスタッフさんがおられたり」
 一緒に食事に行くとタモリさんはずっとお酒を飲んでいるが一切変わらない。
 2時頃から飲み始め、何も無い時は5時頃まで飲んでいて、ジュニアさんは
 フラフラになっているが、タモリさんは変わらない。

 先日5時まで飲んだ後「この後何も無いならウイスキー飲みにウチくるか?」
 と誘われてタモリさんの家に行った。
 タモリさんの家でジュニアさんはソファーに座っていたが、タモリさんは
 ずっと立ったままだった。ジャズをかけながら、これが美味しいと言って
 色々なウイスキーをストレートで出してくれたが、めちゃくちゃ美味しくて
 ガンガン飲んでしまった。
 8時くらいに「じゃぁもう一軒飯食いに行こうか」と言われ、お店に行ったが
 そこでジュニアさんは寝てしまった。
 飲み始めから7時間経った9時頃にジュニアさんはスタッフに車で送って
 もらって帰ったが、タモリさんは一人で歩いて帰っていった。

・「(タモリ)その辺のバーには絶対ない」というタモリさんの自慢のウイスキー
 コレクションの話。
 ジュニアさんの飲んだ感想は「ひっかかりが全く無い」スッとノドに入って
 行く。
 ジュニアさんもウイスキーが良くなり、テイスティングの小さいグラスを
 ネットで買ったが、お酒が無いので犬がいないのに犬小屋かったみたいだと
 いう話。

・タモリさんの家にいた頃からホームシアターで寝てしまったが「スパイダー
 マン」の音響に驚いて起きた。

・タモリさんは宴会2つ重なって13時間飲んでいた事があった。
・お酒では太らない、太るのはおつまみのせいだという話。

・「(ジュニア)あのタモリさんの都市伝説がこうあるんです。こういう機会何で
  ご本人に聞きたい」
・「タモリさんの記憶力が凄いんですよ。で、これタモリさんの、言うたら脳に
  こう写真として収まってるんじゃ無いか?っていう話があって。って言うのは、
  オリエンタルラジオの藤森が家からアルタまで来るのに凄い道が混むんで、
  何かいい道無いですかね?「あそこだったら俺が抜け道教えてやるよ」って
  言って楽屋パッと帰ってタモリさんがパパパッと地図書いて、それをもらった。
  ほんならその地図が4階建てのビルを右折とか、茶色いビルを左折とか地図を
  見て書いたんじゃなくて、タモリさんの記憶の中にしかない書き方やったって
  いう、それが。
  で赤塚不二夫さんの弔辞も全く白紙やったっていうのも、あれをもう何かこう
  何かを映し出してはるんじゃないか?と。
  (タモリさんが観客に)「あっ君この間来てたね」とかたまに言いはるんです。
  この(客席の)風景を脳の中で写真撮ってはるんじゃないかと。
  でゲスト、テレフォンで来た時に「髪切った?」って言いはるじゃないですか。
  あれは前来た時と照らし合わせて「髪切った?」って言ってはんじゃないか
  っていう話があるんです」

  これに対してタモリさんは直接は答えず、本を見開きで数秒ずつしか見ずに
  一冊読んでしまう子どもの話をしていました。
  その流れでジュニアさんが画家の山下清さんは旅先でスケッチしないで、全て
  帰ってから作品を作っていたという話
  ジュニアさんは車のナンバーをなぜか覚えてしまう、タモリさん、たけしさん
  さんまさんの移動車のナンバーを覚えているという話をしていました。
  せいじさんの昔の車のナンバーが「5648」で「ころしや」だったのが、それは
  せいじさん本人が希望したナンバーだったという話

  タモリさんが最近記憶力が低下して来たと思っていたが「ミュージックステー
  ション」でAKBの新曲タイトルを一回台本を見ただけで覚えてしまったという話。
  タモリさんが覚えていたのは
  「鈴懸の木の道で「君の笑顔を僕は夢に見る」と言ってったら僕たちの関係は
  どう変わってしまうのかを、僕なりに何日か考えた上でのちょっと気恥ずかしい
  結論のようなもの」
  (資料室管理人の補足・正確なタイトルは
  「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの
  関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずか
  しい結論のようなもの」との事で、一部誤りがあるようです)

 「(ジュニア)これ僕もう一つ聞きたかったんですけど、まあ3月に、3月一杯で
  終わるじゃないですか。カレンダー上3月31日最後やとしたら、それ月曜日
  なんです」
 「ああそう?」
 「はい、月曜日なんです。3月31日、32年間やって来られて「明日見てくれ
  るかな?」「いいとも!」で最後締めてはったこの最後、何て言いはんの
  かな?と」
 「ちょっとプレッシャーかけないで下さい、考えても、考えてもいない。
  ダメだ、ダメだ」
 「「やめてもいいかな」はちょっと寂しすぎるじゃないですか。だから
  「明日は昼過ぎぐらいまで寝ていいかな?」とか」
 「何かそういう事言われると、俺最近ね、人に感心されたいという気持ちが
  ふつふつと出て来て。何か良い事、良い事狙いそうなんだよ、俺がね」
 「いやそりゃもう全国民がそれ何て言、」
 「あ〜止めて!それ止めて欲しい」





曜日対抗いいともCUP
「寒さ吹き飛べ!ローリングマフラーはずし!」
マフラーを首に二周巻いているので、それを首や身体を振る
だけで、手を使わず外していくゲーム。1人外し終えると次の
人が行い、6人全てが外し終えたタイムを競います。

参加者・武井壮→指原莉乃→三村マサカズ→渡辺直美→千原ジュニア
    →香取慎吾

記録・25.7?秒

月曜日 (9)火曜日 (12)水曜日 (6)
木曜日 (15)金曜日 (18)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る