今日のいいともニュース
2013年12月11日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、アルコ&ピース
矢部浩之、クリス松村、舞の海秀平、大至伸行、琴剣淳弥、
ヒントン・バトル、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは矢部浩之さん 昨日 ロンドンブーツ1号2号さん明日 エレファントカシマシさん
宣伝・TV「THE MANZAI 2013」 花束・多数(下記) 

花束は上川隆也さん、武田真治さん、鈴木紗理奈さん、オアシズさん
  国分太一さん、よゐこさん、雛形あきこさん、重盛さと美さん
  EXILEさん、羽鳥慎一さん、たんぽぽさん、敦史さん
  マツコ・デラックスさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます(笑)」
観客「(拍手)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(拍手)」
(お久しぶり)
「ご無沙汰してます」
観客「(拍手)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(拍手)」
「でもちょっと混ざって分からん」
観客「(笑)」
「ありがとうございます。ええ」
(あ〜)
観客「(拍手)」

「あっ、もういっぱい花」
(国分くん)
「あ〜国分くんね。ありがとうございます」
(マツコちゃん)
「はい。うわぁ〜凄い」
(こっち来てます、いっぱい)
「はい」
(めちゃ、「めちゃイケ」も)
「「めちゃイケ」と」
(EXILE)
「ええ?」
(お〜)
「凄いっすね」
(EXILE何?)
「あの、オカザエルってやってる」
(あっオカ)
観客「あ〜」
(オカザエルやってる)
「相方がオカザエルってやってまして」
(相方やってるからね)
「その繋がりで」
(凄い、鈴木紗理奈とか、武田真ちゃん)
「はい」
(「よ」しか見えないけど、確かよゐこだよね、あれ)
「(笑)よ、よゐこですね」
観客「(笑)」
「「めちゃイケ」メンバーですね」
(あ〜??とか凄いよ、これ)
「はい」

(おっ(花輪)「THE MANZAI 2013」)
「あっ「THE MANZAI」今週日曜あの」
(お〜7時からだ)
「はい」
(へぇ〜)
「日本一の漫才師が決まりますんで」
(凄い)
「はい」
(どうぞどうぞ)

「あっ、後レプロさんからも。あの嫁の事務所の」
(あ〜あ〜)
「はい、社長さんなんですよ」
(へぇ〜、雛形、)
「ここ見えたから言っとこうと思いまして」
観客「(笑)」
「ええ」
(結婚したの?)
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「おめでとう〜」
「あ〜ありがとう」
観客「おめでとう〜!」
観客「(拍手)」
「結婚したんですよ」
(結婚したの?)
「はい」
(そうか)
「うそ、タモリさん、僕あの挨拶行きましたよ」
(来たよね)
観客「(笑)」
「そうなんです」

(あっもう、もうあれだお子ちゃまが)
「そうなんですよ、来年、ええ」
観客「(拍手)」
(???来年)
「来年3月」
(パパ、パパなの?)
「まさかですよね」
(うわぁ〜信じられないよな〜)
「ホント信じられない」
(最初会ったのいくつだった?あれ)
「20代前半ですよね」
(2とか1とかそんなもんだった)
「タモリさんにお会いしたの。ホントお世話なってるんですよ」
(今から考えると信じられない、えっもうパパ?)
「パパです」
(あ〜)
「「もうパパ」と言うか、遅い方やと思うんですけど」
観客「(笑)」
(え?いくつ?)
「僕42です」
(あ〜)
観客「へぇ〜」
(そんな成るよね、考えて見れば)
「もうホント好き勝手やって来たんでね、それまで」
(うん)
「自由にね」
(パパか)
「パパなんですよ」
観客「パパ!」
観客「(笑)」
「ありがとう」
観客「(笑)」
(来年なったら子ども抱いてんだよね)
「そうなんですよ」
(へぇ〜)
「不思議でしょ」
(不思議だよな〜)

「まあだからホント若手でしたからね、タモリさんとお仕事」
(若手も若手もいいとこでしたからね)
「はい」
(うん)
「だからあれですよ、僕、こんな話タモリさんした事無いんですけど」
(うんうん)
「BIG3いらっしゃるでしょ?」
(うんうんうん)
「BIG3で一番最初に頭叩いて突っ込んだの僕タモリさん」
観客「へぇ〜」
(そうだっけ?)
「怖いでしょ?今考えたら」
観客「(笑)」
(??だっけ?)
「当時その何かツッコミはこう、何かそれがステータスやったんですよね」
(うんうん)
「先輩の方にツッコんで、こう頭叩いたり何か」
(うん)
「何かちょっと一個勲章みたいな」
(あ〜、またあれバカな番組だったからね)
「(笑)」
観客「(笑)」
(叩かれてもしょうがない様な番組ばっかやってた)

「あのねタモリさんがもう自由にボケてくれたんで、僕はもうこっちから
したらドキドキですよ、20代まだ前半ですから」
(うんうんうん)
「で、もうイチかバチか、ボケはった時に、確かそのなかなかしないんですよ
タモリさんが」
((笑))
「そのタモリさん、関根さん、まあ相方がいたんですけど。なかなかその
やれば良いのにやってくれないんです、チャレンジしてくれないんです」
(何、全然覚えて無い(笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
(全然覚えて無い、何かそのコーナーだった?)
「コーナーがあって」
(チャレンジするコーナー)
「はい。多分身体動かし系やったと思うんですけど」
(うんうん)
「早くチャレンジして次行きたいんすけど、なかなかタモリさん行ってくれ
なくて。で、もう、もう何十分やってるんです、それを」
((笑))
「で、もう思い切って「もう早よやれや!」って言って、タモリさん初めて
叩いた日があって」
(うん)
「それが凄くもうウケたんですね」
((笑)そう?)
「もうその時にもう嬉しくてしょうがなくて」
((笑))
「「やった」と」
(うん)
「それもうBIG3に突っ込めるっていうのもう、当時僕からしたら凄かったんで」
(そうだ20代前半のホントにまだ若手だもんね)
「若手」
(関西から出て来たばっかりだもんね)
「そうなんです」

「その何年後かに、あのたけしさんとお仕事する事があって」
(うんうんうん)
「またたけしさんもなかなk次行ってくれないんです」
((笑))
「(笑)まあそれはでも、もう突っ込んでくれって言う事かな?と僕は理解して」
(うん、うん、やった?)
「はい、たけしさんの頭も思い切って」
(やった?お〜)
「まあウケたんです」
(うん)
「で「良かった〜」と思って。でもその時に僕忘れもしないですけど、たけし
軍団の皆さんが、それを見てはるんです」
(うんうん)
「もうどうしよう?と」
((笑))
観客「(笑)」
「その、たけしさんの頭突っ込んで、しかも滑ったり何かしたら」
(うんうん)
「もう軍団さんが、」
観客「(笑)」
((笑))
「僕の方に、こうね、」
(うんうん)
「飛びかかってきたらどうしよう?という緊張感で」
((笑))
「で、そこも何とか良かったと思って」
(うん)

「で、まだあの実行出来てないのが、さんまさん何です」
(ああ〜)
「これがなかなか隙がないと言うか」
観客「(笑)」
(無い)
「無いですよね」
(無い無い無い)
「やっぱりあの、」
(もうつっこもうと、もう次喋ってるもんね)
「そう、そうなんですよ」
観客「(笑)」
(もうあの男はホントに)
「あ〜やっぱお笑い怪獣と言われるやっぱり、」
(まああれは凄いよ)
「凄さですよね」
(突っ込む暇がない)
「ねえ」
(うん)
「ホントあの、皆さん凄いなと思いますね」
(いやそうですか)
「はい」

「ちょっとあの「いいとも」がね、来年終了すと言うので」
(うん)
「ちょっと何か思い出話なんかに、したらどうかな?と思いまして」
(お〜良いですよ、良いですよ。あっ今日?)
「はい、今日(笑)」
(お〜お〜)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(いや、また来るのかと思った。また来年なって来るのかと思って)
「いつするんすか?」
((笑))
観客「(笑)」
「いやだから僕は凄いお世話になってて」
(うん)
「そのだから、成長させてくれたのもタモリさん」
(いえいえ、何をおっしゃいます)
「相方もよく言うじゃないですか」
(うんうん)
「もうタモリさんの、あの「ジャングルTV」って昔あったんですね」
(うん)
観客「ぁ〜」
「それでまあ凄く成長させていただいて」
(うん)
「あとだから前回僕テレフォン出た時に、あの、タモリさんがお食事誘って
いただいた」
(うんうんうん)

「タモリさんってすぐ忘れますよね」
(すぐ忘れる)
観客「(笑)」
(すぐ忘れる)
「それは、」
(ホント、こんな何日か前カタカナの「ヌ」が出て来なかった)
観客「(笑)」
「まずいですね」
(「ヌ」ってどう書くんだろう?)
「(笑)」
(カタカナって普通ね、書かないからさ)
「「め」の、「め」のちょっと」
(そうそうそうそう)
「複雑なやつですね」
(そう、次の日思い出して「そうだった」と)
「「め」、「め」ね」
観客「え?」
「あっカタカナの「ヌ」か」
(ヌだよ。平仮名、
「僕もボケてましたね」
観客「(笑)」
(平仮名じゃない)
「平仮名じゃ無かったですね。あっ「ヌ」、ヌね」
観客「(笑)」
「そう」

(食事って何?あの、俺ん家でやったの?)
「違います」
(違う?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「それこそもう何年前の話」
(随分前のだね)
「これはだから、相方が、あの休養取ってる時」
(あ〜あ〜、はいはいはい、そうそう)
「ちょっと体調崩して」
(そうそうそう)
「ええと半年くらい休んだ時」
(うん)
「そのだから休んだのは、あの本人は「パッカンしてた」と」
(そうそう、言うんだけど)
「ねえ、言ってましたよね。その時に気遣っていただきまして、タモリさんが
「お食事行こう」と言ってると」
(うんうん)
「スタッフ伝に聞いて「あっ、これもうありがたいな〜」と思いまして」
(うんうん)
「で、お蕎麦屋さんです」
(行った行った、蕎麦屋ね)
「で、そのあの蕎麦屋までタモリさんの車乗せていただいて」
(うん)
「だから運転手さんとタモリさんと僕だけ」
(うん、うん)
「あとスタッフいっぱいいるんですけど、スタッフは別の車でね」
(別の、そうそうそう)
「うわっ何か凄い異様な空間で、僕からしたら」
(うんうんうん)
「これ今日、どこ連れて行かれるんやろ?と」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
(男だから)
「(笑)」

「それタモリさんが、その「どう?相方は」みたいな。だから気づかいですよね。
うわっもうほんま何て優しい人やと。で、タモリさん、タモリさんでその、同じ
様なこの病気になった人の話を例にして」
(そう、俺何人も知ってるから)
「そうなんですよね」
(うん)
「ずっとその車の中で話していただいて」
(うんうん)
「「これはどうしたもんかね?」みたいなね」
(うん)
「色々その経験談を僕に話してくれて。あっこれ、あのタモリさんは、これは
相方を治そうとしてくれてんのやと。ホントに良い人やなと思って」
(うんうん)
「でまあ蕎麦屋に行って、「難しい病気だよね」って」
(うん)
「あの繊細な方が、真面目で繊細な人がね」
(成りやすい)
「成りやすいって話もして頂いて「そうですね」って言って。でお蕎麦も
いただいて。もうそれはね、メニューに載ってないタモリスペシャル」
(うんうん)
観客「へぇ〜」
(タモリスペシャル)
「これは貴重やから食べとこうって」
観客「(笑)」
「で、他の人はもう食べれないんですよ」
(うん)

「で、あとタモリさんビールを凄くね」
(ビール、ビール)
「昼からですよ、「いいとも」終わった後です」
観客「(笑)」
(大体ビール定食は)
「(笑)」
観客「(笑)」
「あっビール定食っておっしゃってましたね」
(「ビール定食ちょうだい」って言って)
「で僕もやっぱり付き合うじゃないですか。僕その後仕事あったんです」
(あっ、あったのか?)
「これ、夜なんですけど」
(あ〜)
「あったんです。でもこれあるって言えないなと思って」
(うん)
「そのね、あの相方の事も考えて誘っていただいたんで。で、その間もずっと
「どうしたら良いのかね?そういう人には」」
(うんうん)
「ずっと言ってて、そう答えなかなか出ないじゃないですか」
(うん)

「で結構ね、あの飲んだ後、結構タモリさんが「あっ酔っぱらって来たな」
っていう顔されたんです」
(うんうん)
「あっ、じゃぁそろそとお開きかな?と思って。でもそのタモリさんやっぱり
ず〜と「どうしよう?」というの考えてくれてたんですね」
(考えてたね
「その相方に対して」
(うん)
「で最後酔っぱらったタモリさんが、言ったのが」
(うん)
「「分かった」と」
(うん)
「「じゃぁこのまま今から俺、病院行って、全裸になる」って」
((笑))
観客「(笑)」
「「一番駄目や」と」
((笑))
「その繊細な人に、」
観客「(笑)」
「繊細な人に、しかも体調崩してる時に、タモリさんが全裸で病室入ったら
もう余計悪くなる」
((笑))
観客「(笑)」
(そんな事言った?俺)
「そんな事おっしゃった」
(バカだね〜)
「(笑)」
観客「(笑)」

CM明け

(最近そんな岡村イラつく?)
観客「(笑)」
「いやそうですね、あのホント自由過ぎてですね」
(そんなに自由?)
「はい。もうだから我慢をしなくなったんで」
(うんうんうん)
「復帰してから」
(言いたい放題?)
「言いたい放題ですね」
(あのオッチャン)
「言いたい放題ですね。あの何か、」
(あ〜言いたい放題、)
「はい」
(あいつ思い出した)
「(笑)」
観客「(笑)」
「どう、」
(あいつさ、)
「はい」
(失礼な奴でさ。あの、)
「はい。あっ元から失礼ですね」
観客「(笑)」
「はい」

(あの、いや復帰して凄い失礼な奴で)
「はい」
(俺楽屋居たんですよ、フジテレビの)
「はい」
(まああの、まあこういう私スターですから)
観客「(笑)」
「(笑)」
(綺麗なこの、あの楽屋与えてくれる、向こう行けば)
「はい、はい」
(そこトントンって岡村が入って来て)
「はい」
(「お〜久し振りだな」「久し振りです、ご無沙汰してます。ちょっと良いですか?」)
「はい」
(「時間あるんだ?」「はい、ちょっと良いですか?」俺の前に座って)
「はい」
(いきなり「そろそろ死んでもらえますか」)
「(笑)」
観客「(笑)」
(「はぁ〜?」)
「おかしいでしょ?」
(「後がつかえてる」)
「(笑)」
観客「(笑)」
(「これ以上行けない」)
「何なんでしょうね?」
(何なんだろうな、あれ)
「何で平気でそういう事言えるんでしょうね」
観客「(笑)」
(死なんでも良いでしょ)
観客「(笑)」
「(笑)いや、死ななくて、」
(辞めれば良いわけだからね)
「いやそうなんですよね」
(それ言ったら「失礼します」って帰っていった)
「(笑)」
観客「(笑)」

「いや大先輩に失礼ですよね」
(失礼、そういう事ばっかり言ってる?)
「いや〜言ってますね」
(あ〜)
「まあ基本でも、ぼやきでしょうね」
(あ〜)
「だから楽屋入ったらもうどこ行っても「寒い、寒い」」
((笑)そう?)
「そうなんです「寒い寒い」言って」
(へぇ〜、寒がり?大体)
「いや、そうじゃ無かったですね」
(あ〜)
「だからもう全部口に出す」
(もう全部出すんだな)
「口に出してて」
(思った事はもう言っちゃいたい)

「あとは復帰してね、あとあれですよね、DJ」
観客「あぁ〜」
「クラブに行っては、夜な夜なDJを」
観客「へぇ〜」
(え?)
「不思議でしょ?」
(DJやってる?)
「そう」
(台届く?)
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「こうでしょうね」
タモリさんと矢部さんの二人が頭より上で機器を操作する真似
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「だからそれでこの間DJ行って、多分あの」
(行ったことあるの?クラブ、それでDJやってる)
「あっ彼がやってるとこ一回見ました」
(へぇ〜、やってる?)
「やってるんすよ。で、この間だからあのニュースになって」
観客「あ〜」
「なあ」
(ああそう?)
「そう、あの神戸かどっかのクラブで」
(うん)
「DJやってたらビール瓶が飛んで来て」
(うん)
観客「あぁ〜」
「ココ(額)縫う、縫う怪我した」
(へぇ〜)
「そう、」
(危ないね。へぇ〜)
「危ない」
(へぇ〜)

「でも何かDJやってる時が、」
(DJやり、やりたかった?あのオッチャン)
「やってたらしいんですよ。ほんであんまり自分とイメージかけ離れてるから
家に、」
(うん)
「そういう機材を買って、家で一人でやってたんですって」
観客「へぇ〜」
「家で、」
(一人?)
「家で格好つけてたんです」
(はぁ〜)
「で復帰して、我慢出来なくなって」
(うん)
「もう人前でやろうって」
(へぇ〜、やってんだ、それ)
「やってるんです。もうその時気持ち良いんですって」
(はぁ〜、でも人気出るだろうな、そらね)
「何か、だから、」
(小っちゃい、小っちゃいDJ)
「小っちゃいDJ。僕知らんとこでは、DJ岡村って言われてる」
((笑))
観客「(笑)」
「何それ?DJ岡村」
(ああそう?)
「そうみたいですね」
(釣りはやってるし、DJはやってる)

「釣りも行ってます。で、何か釣り行って自分だけ、あの海に落ちた」
観客「(笑)」
(何やって?)
「ロンブーの亮と、あのFUJIWARAの原西さんと行って」
(うんうん)
「3人とも、凄いあの揺れて」
(うんうんうん)
「もう船の上で転けたんすけど、自分だけ落ちたんですって」
(へぇ〜)
「(笑)」
(一番落ちなさそうじゃない、小っちゃいから)
「そうなんですよ。あとまあ機敏やから」
(うん、機敏だしね)
「そうなんです」
(へぇ〜)
「一人だけ落ちて」
(うん)
「何か知らんけど、竿だけずっと上げてたんですって、こうやって」
観客「(笑)」
「いや、大事にする物間違ってると」
観客「(笑)」
((笑))
「まず自分やと、一番大事にしないといけないの」
(うん)
「竿をこう、一番大事な物やから、」
(竿上げてた)
「上に上げてた」
((笑))
「不思議」

「あと昔は無かったけど、ちょっと二日酔いで収録来たりしますね」
(へぇ〜、そう?)
「昔は真面目やから絶対多分しなかったんです」
(しない、そんなする男じゃ無い)
「最近はだから」
(へぇ〜)
「あの別の番組ですけど、あの収録中に「ちょっとごめん」って言って、トイレ
駆け込んで」
(うん)
「「(吐くマネ)」」
((笑))
観客「(笑)」
(へぇ〜、オッチャン(CM入り))

二度目のCM明け

矢部浩之さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のX、ピタリ賞真ん中で、前後賞あります)
「はい。狙いたいと思います」
(うん)
「ええと、まあ来年ね、あの順調に行くと赤ちゃんが生まれるんで」
(そう)
「え〜もうこれは賭けなんですけども」
(うん)
「この中で、オメデタの方」
(あ〜)
観客「あ〜」
(オメデタの方)
「女性多いんでね。ええ」
(うん)
「まあ言うても一人、かな?」
(うん)
「ねえ。うわっめっちゃうなずいてる」
観客「(笑)」
(行って見ましょうか?)
「多いんかな?」
(い、いやこれ何とも言えない)
「多くは無いですよね」
(うん)
「二人にしますか?」
(いや、最初もう思った方が)
「そうですか?」
(うん)
「じゃぁ一名で」

(今オメデタの方)
「はい」
(スイッチオン)
現在妊娠中の人・・1人
(お〜)
観客「おぉ〜!」
観客「(歓声)」
(お〜)
観客「(拍手)」
「(ストラップを渡され)ありがとう??」
観客「(拍手)」
「凄い」
(へぇ〜。あっあの方?)
客席中段の女性が名乗り出て
「ウソ?良かった〜」
(へぇ〜)
観客「(拍手)」
(来年?来年ですか?)
該当女性「はい」
「あげようか?」
観客「え〜!」
観客「(歓声)」
「ねえ、タモリさん」
(あっいや、それはどうぞどうぞ)
「これこれこれ。凄い凄い、あっ渡してあげて、ごめん」
該当女性「すみません」
「プレゼント」
該当女性「ありがとうございます」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(へぇ〜)
「凄い凄い」
観客「(拍手)」

(来年何月です?)
該当女性「はい?」
(来年何月?)
該当女性「2月の末です」
「あら」
該当女性「だから近い」
(え?いつ?)
「僕3月ですね」
(あ〜じゃぁ同じくらいだ)
該当女性「はい」
「うわっ凄え」
該当女性「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
(へぇ〜)
観客「(拍手)」
(子ども同級、同級だ)
「同級生ですね」
該当女性「同級生、はい。よろしくお願いします」
(へぇ〜)
「こちらこそ」
観客「(笑)」
「こちらこそよろしくお願いします」
該当女性「お願いします(笑)」
(はぁ〜凄い)
「こんな事あるんですね」
(あるんですね。へぇ〜)
「うわ〜ちょっと、鳥肌が」
(うん)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう)
矢部「はい」
エレファントカシマシさんの写真が表示されました
(あっ)
観客「おぉ〜」
三田アナ「もしもし、「笑っていいとも」です。もしもし?」
矢部「エレカシさん」
(エレカシさん)
「はい、もしもし」
三田アナ「タモリさんに、タモリさんに代わります」
「あ〜すみません」
(随分ご無沙汰してます)
宮本「あ〜ホントにご無沙汰してます。??、あのありがとうございます。
  こんなメジャーな番組にあの、」
(いえいえ、とんでもない)
宮本「ありがとうございます」
観客「(笑)」
矢部「慌ててはる」
(でも相変わらず謙虚な方ですね)
矢部「(笑)」
観客「(笑)」
宮本「いやすみません。いや〜緊張しますね、ありがとうございます、ホント」
(明日大丈夫ですか?)
宮本「あっもちろんです、よろしくお願いいたします」
(よろしくお願いします、じゃぁお待ちしてます)
宮本「あっ、はい、」
(よろしくお願いします)
宮本「はい、失礼いたします」
(どうもどうも失礼します)
矢部「真面目な方」
(真面目)



明日のゲストは エレファントカシマシさん




水曜コメンタリー劇場 書き込んだ有名人は誰だ!?
進行役・柳原可奈子、三田友梨佳
解答者・タモリ、太田光、トシ、タカ、栗原類、アルコ&ピース
出演者・下記


ゲストが過去ブログ書き込んだ事が発表されるので、それをヒントに
ゲストは誰かを当てるクイズ
途中ゲストはリアルタイムで (絵文字は表示出来ないので略して掲載します)

1・2013年8月18日の書き込み
 「昨晩の素敵なお食事は、スザンヌちゃん夫妻と里田まいちゃんでした。
  (写真)
  スザンヌちゃんのお腹には新しく生まれる命が!失礼して、私の耳を
  聴診器に(笑)
  (スザンヌさんのお腹に耳を当てている写真)」

 スザンヌさんや里田まいさんと仲が良い?「三人娘と言われてます」

  正解者・

2・2012年11月3日の書き込み
 「実は、今日、私の楽屋のお隣が村田さんの楽屋だったんです。村田さん
  サッと楽屋の外に出てきてくださいました!
  (ボクシングの村田諒太さんとのツーショット写真)
  うわーっ!カッコイイ!!普段着の飾らない感じの村田さんは初めて。
  素敵すぎて、今でもウットリしています!」

  正解者・タカ、太田光、アルコ&ピース、トシ

3・2013年1月11日の書き込み
 「起きてまずすることに、ボディーローションを塗ること!ということが
  加わりました。さて写真ですが、神奈月さんとのショットです。
  (神奈月さんとのツーショット写真)」

 よくモノマネされる?「子どもたちにされます」

  正解者・タモリ、栗原類


正解・今回のゲストはクリス松村さんでした。





業界当たり前クイズ ベタック9
進行役・トシ、
解答者・太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、三田友梨佳
    アルコ&ピース酒井健太&平子祐希、ゲストのクリス松村さん
出演者・元力士の大至伸行さん、琴剣淳弥さん、舞の海秀平さん


その業界では当たり前という9つのエピソードをクイズにしたコーナー
エピソードの一部が隠されているのでそれが何なのかを当てます。
縦横各三列の9マスになっていて、ビンゴになるように答えて行きます。
ビンゴ達成出来ると観客が賞品獲得
 1〜3ビンゴで「ベタモリ飴(タモリさんの金太郎飴)」
 4〜7ビンゴで「ベタモリステッカー」
 全問正解で「ベタオル」


今回の業界「力士のベタック9」

問題
上段
 1・「場所が始まる前には**は食べない」
 2・「連勝している関取は日に日に**なる」
 3・「国技館でしか聞けない**がある」
中段
 4・「彼女をハグする時は無意識に**をしてしまう」
 5・「デートではほとんど**には行かない」
 6・「力士になる前に半年間力士の**に通う」
下段
 7・「国技館では時々**の世を忍ぶ仮の姿に出会える」
 8・「力士の必須アイテムは**」
 9・「カラオケに行く時は**より上手く歌わない」

ヒント
 5は「デートではほとんど映画館には行かない」
   150kgを超える人はイスに座れない。デートは焼肉屋が多く
   彼女が段々太っていく。

解答

太田光
「国技館では時々「デーモン小暮」の世を忍ぶ仮の姿に出会える」・○
  (ちょっとたれ目で、豆腐のように白い肌の人間の姿で
  来ている)

タカ
「場所が始まる前には「道に落ちてる物」は食べない」・×
「場所が始まる前には「鶏肉」は食べない」・×
「場所が始まる前には「牛肉」は食べない」・○
  (ゲンを担ぐので手を付いて負けた時の姿に見える牛や豚は
  食べず鶏肉を食べる。トンカツはトントンと勝つという事で
  食べる事もある)

クリス松村
「彼女をハグする時は無意識に「押し出し」をしてしまう」・×
「彼女をハグする時は無意識に「吊る」をしてしまう」・×
「カラオケに行く時は「格上(関取)」より上手く歌わない」・○(1ビンゴ)
  (十両以上の関取と行く時は、関取の機嫌が悪くならない
  様に上手くてもワザと下手に歌う)

柳原可奈子
「彼女をハグする時は無意識に「回しを取ってしまう」」・○(2ビンゴ)
 (正確には「彼女をハグする時は無意識に得意の組み方をしてしまう」)
  (自分が得意な四つに組んでしまう。
  力士同士が挨拶する時はお互いの身体をぶつけてしまい、最後に
  相手の乳首を指でピンとはねる)

栗原類
「力士になる前に半年間力士の「力士の自宅」に通う」・×
「力士になる前に半年間力士の「養成所(教習所)」に通う」・○(3ビンゴ)
  (国技館の中にある相撲教習所に半年間通わなければいけない。
  授業内容は午前中実技、午後は保健体育や相撲の歴史、書道、
  相撲甚句などをやるが疲れて寝てしまっている)

酒井健太
「力士の必須アイテムは「ベビーパウダー」」・×

平子祐希
「国技館でしか聞けない「阿鼻叫喚」がある」・×
「国技館でしか聞けない「ラジオ」がある」・○(5ビンゴ)
  (館内限定放送で「どすこいFM」というのがあり、親方衆が
  2階奥から裏話などを喋る放送をしている。国技館でラジオを
  貸してもらえる)

三田友梨佳
「連勝している関取は日に日に「臭く」なる」・○(6ビンゴ)
  (ゲンを担ぐので、勝ちが続いていると頭を洗わなかったり
  着物を変えない、ヒゲを剃らないなどする人がいる。
  他にタクシーの道順を変えない人もいる)

太田光
「力士の必須アイテムは「彫刻刀」」・×
「力士の必須アイテムは「トンカチ」」・×
「力士の必須アイテムは「ボンド(アロンアルファ)」」・○
  (裸足で居るので足の裏の皮が段々厚くって割れるので、そこに
  アロンアルファを流し込む。アロンアルファが無かった時代は
  道路工事で使うコールタールを使っていた)





曜日対抗いいともCUP
「寒さ吹き飛べ!ローリングマフラーはずし!」
マフラーを首に二周巻いているので、それを首や身体を振る
だけで、手を使わず外していくゲーム。1人外し終えると次の
人が行い、6人全てが外し終えたタイムを競います。

参加者・タカ→太田光→平子祐希→トシ→酒井健太→栗原類

記録・18.2秒

月曜日 25.7秒(9)火曜日 26.9秒(12)水曜日 18.2秒(6)
木曜日 (15)金曜日 (18)優勝 
()は先週までの今シーズン優勝回数

テレフォンショッキング以外のゲスト
クリス松村さん(書き込んだ有名人/ベタック9/エンディング)
舞の海秀平さん(ベタック9/エンディング)
大至伸行さん(ベタック9/エンディング)
琴剣淳弥さん(ベタック9/エンディング)
ヒントン・バトルさん(エンディング告知
  (公演「ヒルトン・バトルのアメリカン・バラエティ・バン!」))



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る