今日のいいともニュース
2013年12月18日(水)
今日の出演者 タモリ、太田光、タカアンドトシ、柳原可奈子、栗原類、パンサー
小池栄子、T.M.Revolution西川貴教、新垣結衣、ふじいあきら
マギー審司、上口龍生、noon boyz、三田友梨佳


テレフォンショッキング
ゲストは小池栄子さん 昨日 JUJUさん明日 佐藤 健さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「リーガル・ハイ」

花束は堺雅人さん、生瀬勝久さん、古舘寛治さん、岡田将生さん
  新垣結衣さん、勝地涼さん、田口淳之介さん、武田航平さん
  山田優さん、村上龍さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「???ま〜す」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「お願いします」
観客「(拍手)」
観客「綺麗!」
(お久しぶりです)
観客「(歓声)」
「うわ〜嬉しい」
観客「綺麗〜!」
観客「(拍手)」
「ありがとうございま〜す」
(どうぞどうぞ)

((花束)村上龍さん来てます)
「嬉しい〜龍さん、村上ドラゴン」
(ええ、来てますよね)
「センキューです」
(「花咲くあした」連続ドラマ)
「はい、今撮ってるドラマです」
(あれこれ「万獣(まんじゅう)こわい」で良い?)
「「万獣こわい」来年3月に、あの古田さんや生瀬さんとか池田成志さんと
一緒に舞台やるんですけど」
(へぇ〜、凄いね、いっぱい来てますよ)
「ありがとうございます」
(あ〜生瀬さん来てますよ)
「あっ生瀬さんね」
(岡田くんとか堺雅人、(花輪)「リーガル・ハイ」来てます)
「「リーガル・ハイ」!」
観客「(笑)」
(「リーガル・ハイ」、ねえ)
「今日最終回ですから」
(あ〜そうか)
観客「(拍手)」
「もう〜」
(山田優ちゃん)
「あっ優ちゃん。優ちゃんドラマで今妹役やって、」
(凄いよ、これ)
(山田優さんからはハートや音符等があるバルーンアートが届いていました)
「ねぇ〜面白い。こんなのあるんだ」
(武田航平くんとか来てます)
「航平くんも弟役で。ありがとうございま〜す」
(へぇ〜。おかけ下さい)

(凄いね、女優さん。ええ?)
「もう頑張ってますよ、コツコツ」
(凄い、こう見ただけでも凄い出てるじゃないですか、女優さん)
「いや嬉しいですね〜。お芝居楽しいですね」
(楽しいの?)
「楽しいです」
(すっかりもうバラエティー捨てちゃって)
「(笑)そんな事無いです」
観客「(笑)」
(バ、バカバカしくて出られないでしょ?)
「違います」
(え?)
「気付かれないように女優の方向に行ってみたんです」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
(上手く行っ、あっ、え?主演もやってんだろ?今)
「そうなんです、今回この「花咲くあした」って夏木マリさんが20年前に
子供たちを捨てて失踪したお母さんなんですけど」
(うんうん)
「そのマリさんが20年ぶりに戻って来るっていう、私たち優ちゃんとか
航平くんと兄弟役なんですけど」
(こ、子ども役?)
「子ども役で、5人兄弟の元にマリが帰って来るってので、主演ドラマ
やらせていただいて」
(へぇ〜)
「10月から撮ってます」
(ああそう?ずっと撮ってんだ)
「もうでもね、この時期は外が寒いからね」

(あっロケ多いの?)
「ロケ、」
(あれはね、)
「鎌倉が舞台なんですよ」
(あっ寒いね、海辺)
「江ノ島なんかでロケ、今やらせていただいて」
(寒いね〜)
「今日の夜も江ノ島行きますけど」
(えっ夜、夜行くの?)
「夜行きます」
(寒いんだよ、あのね、ロケは)
「海沿いのね」

(また弁当が冷たくてね)
「(笑)」
観客「(笑)」
「そう、でもね、」
(ご飯にお箸が立たないときある)
「(笑)」
観客「(笑)」
「カチカチでね」
(カチカチで)
「かたまりでくっついて来る、白米」
(かたまりでグッと。そのこうご飯のパートだけそのままずっと出て来る)
「(笑)」
観客「(笑)」
(それは公園の敷石の所でこうやって食べたり何かして)
「そう」
(ホントに大変だよ)
「何かスタッフさん気遣ってくださって、温かい汁物でも一個あると凄く 嬉しくて」
(うん)
「でも今回そういう風にやって下さって、みんなで寒い中」
(あっそれだけでも違う。俺昔ちょっとやってた時、自分でもう大きく、
大きな鍋借りてきて、あの豚汁(ぶたじる)、豚汁(とんじる))

「うわっ贅沢、作ってくれたんですか?タモリさんが?」
(俺が作ったやつ、それ、それで。あんまりにも寒いんで)
「へぇ〜それは、」
(公園で食べなきゃ行けないんだ、真冬)
観客「(笑)」
「冬、で、」

(寒いでしょ?)
「寒い、私寒いの苦手で」
(あっ俺も、俺も寒いの苦手)
「まあ皆さん苦手だと思いますけど」
(寒いと、)
「回んなくなりますし、口が」
(そうそうそうそう)
「で今回ね、鎌倉がその舞台の作品なんで」
(あっ鎌倉が舞台)
「そう、あのね、不思議、何か事あるごとにこの物思いにふけると、海沿いに行く
訳です」
観客「(笑)」
(いや、)
「それおかしいでしょ?」
(おかしい、)
「で、」
(鎌倉の人ってじゃぁ)
「(笑)」
(鎌倉の人は海沿いに行く人は、)
「行くのか?って話ですよね」
観客「(笑)」
(物思いにふけってる人がず〜と鎌倉の海にこうやって)
「そうそう(笑)」
(居るのか?って事でしょ)
「ビュービューふぶいてる所で」
観客「(笑)」

「でまあ冗談でね、監督に、一生懸命脚本家の方が書いてくれた本ですけど、これ
普通だったら、ちょっと寒いから喫茶店で話しません?みたいな話なるじゃない
ですか」
(当然です、当然です)
「で、まあ悩める女の子がこう海沿いに走って行って、それを私が追っかけてって
説得するシーンとかあるんですけど、どうにかして喫茶店入れないかな?と思って」
観客「(笑)」
「(笑)」
(あのね、人間、人間はね必死になってても、そういう状況は考えるもん何ですよ)
「そう、冷静にね」
(ちょっと寒いなとか)
「うん」
(絶対に考えるものなの)
「うん」
(特に女の子はね)
「うん。絵的にはでもやっぱ美しいんですよね、海沿いで喋ってるっていうのが
鼻ちょっと赤くしながら」
(???、海って日本四方八方海あるからさ)
「(笑)何そこ行か、」
(そんなに美しくないでしょ)
「(笑)」
(砂漠の中に育った人がね、海見たわけじゃ無いんだから)
「うん、寒いのキツいな〜」
(おかしい、寒いともう話出来ないし)
「うん」
(あの、頭がまず回らないでしょ)
「うん。でもやっぱセリフだから噛まずに言わなきゃいけないですしね」

(それもおかしいよ、大体僕はね、あのココで言わせてもらえば)
「はい」
観客「(笑)」
(そういう、ドラマ見ててそういうとこに目が行っちゃうから見ないのよ)
「あっ、そこが不自然に感じるからって事ですか?」
(うん、どうもスル〜とこう入って行けない)
「うん」
(まあよく言うけど、簡単に言うとね、こうやってその話してるじゃない。
まあ俺が座って部長だとか何か言われると)

「はい」
(「しかしな(と言って立ち上がり、相手に背中を向けて数歩歩く)」)
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「ある」
(「まぁ色々あるけども、(振り返りながら)そうじゃないだろ」)
「やった事ある」
観客「(笑)」
(何これ?)
観客「(笑)」
「それでちゃんと、」
(これやるの猿だけだよ(猿のモノマネ))
「そう」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「あるね。で、こう「部長」って言いながらあのカメラから抜ける所に行く
みたいな」
((笑))
観客「(笑)」
「で、あれおかしいでしょ?スタジオに、」
(おかしい)
「5人くらい居るのに、みんな抜ける位置にこうやって」
(そう(笑))
観客「(笑)」
「いるの。あれ何なんですかね?」

(何か俺あれ見てるだけで「あ〜もうダメだ」と思っちゃうんだ)
「(笑)」
(それからいまだに、いまだにあのええとこの家族は洋食食ってるじゃない、みんな)
「(笑)そうそうそう」
観客「あ〜」
(良いとこの家庭っての、必ずフォーク、ナイフで洋食食うって、あれおかしい
でしょ、あれ)

「おかしい」
(俺たくさん良いとこの家庭知ってるけど、大体和食ですよ)
「(笑)」
観客「(笑)」
(おかしい)
「そう、だから何かリアルの追求とは言う割りには、そういう所がちょっとね」
(全然リアルじゃないんだね)
「そう」
(あれあの、あのね、こう、こういう事言っちゃ問題なるけど)
「はい」
(作ってる人達が貧乏だな)
「(笑)」
観客「(笑)」
「あっ良い物を知らないと、ホントに」
(知らない、ホントに良い家庭とか知らないんだよね)
観客「(笑)」
(おかしいよ)
「だからこうであって欲しいなっていう理想なんですかね」
(理想でしょ、まあ流石にこうブランデーはこれ無くなったけどね)
観客「(笑)」
「(笑)ガウンにでしょ?」
(ガウンにブランデー)
「葉巻吸ってるやつ」
(葉巻吸ってるやつ。さすがにね、おかしいよね、あれ)
「(笑)ドラマおかしいあるあるって面白いですね」
(おかしい、いっぱいあるある)
「うん」

(あの三谷さんだって、やっぱおかしいって言ってた)
「おっしゃってました?」
(うん)
「ご自分で作ってるけど」
(あの結婚式からこう帰って来るじゃない。でタクシー降りて、それでまあ親子
3人とかが「いや〜いや〜」ってこうリビングに座って「しっかし面白く無い結婚式
だったな〜」って言ってんだけども)

「うんうん」
(じゃぁタクシーの中では一言も喋るんなかったのか?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「もう分かるな〜分かる。私ね、あとね、あの次のシーンのためだから、そこの
現場に居なくちゃいけない、ホントは家を飛び出してでも彼女追いかけたいのに
そこに居なきゃいけない時の、あの「ちょっと!ちょっと待って!はぁ〜
(数歩追いかけて止まりため息)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
((笑))
「あれも嫌なの」
(あれ嫌だ)
「心配だったら行きゃいいじゃん、と思うんだけど、次のシーン、リビングで喋っ
てるから何か(様子を再現)」
観客「(笑)」
「っていう。あの時、自分でも気持ち悪いし」
(気持ち悪いだろ?)
「そう、大丈夫かな、「大丈夫ですか?これ何かあざとく無いですか?監督」
っていうのは聞くんですよ」
((笑))
「あれ」
(ホントもう、だから見ないのよね、あれ)
「「だから見ない」(笑)、でも見て下さい」
(で医者物はさ、医者物は白衣を完全にこうボタン外してんじゃん)
「外してますね」
(あれちゃんとした病院、ちゃんとやってるよ、あれ)
「やってますね(笑)、確かに」
観客「(笑)」
(やってるよ。なあ)
「そうなんだよ〜」

CM明け

(大変ですね)
「はい」
(その疑問を持ちながらでも一生懸命やんなきゃいけないだよね)
「そうですね」
(主演だから)
観客「(笑)」
「「私は大丈夫だよ」って顔しながらね」
(ねえ)
「だって恥ずかしい顔しちゃったらもうね、見てる方がもっと恥ずかしく
なりますもんね」
(そうそうそう(笑))
「ミュージカルだってそう」

(ミュージカル(笑)、ミュージカルやった?)
「やったです」
(よくやったね、ミュージカル)
観客「(笑)」
「音楽劇という事で、ミュージカルとか言ってませんでしたけど。しかも
市村正親さんと」
(イッちゃん、ミュージカル大ベテランじゃないですか)
「今年やってたんですよ、もう市村さんとデュエットがあって」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「恥ずかしかったです」
観客「(笑)」
「いや凄く、」
(顔見合わせて歌う?)
「顔見合わせて「どうして私はアナタの事を好きになってしまったんだろう?」
みたいなバラードを二人で。しかも一幕の終わりにそれを歌うんです」
(うん)
「で、こう二人で」
(ハモ、ハモるわけ?)
「ハモって。市村さんはもちろんお上手ですから私に合わせて、私歌唱力無い
んで合わせて下さってやって」
(うんうん)
「(笑)それで、それがちょっと出てる舞台なんで、二人でこう歌って、歌い
終わったよっていう時に」
(うん)
「ガ〜って下がってく。それで幕が閉じるっていう」

(え?何?何が?何で、何が下がる?)
「セリみたいに出てて」
(ああ〜)
「そのね、この下がってくまでの15秒くらい恥ずかしくて〜」
観客「(笑)」
「なかなか」
(どういう顔して、どや顔、どや顔するわけ?)
「まあだから、ねっしかも愛のラブソングですから、良い歌唄ったでしょって
ふ〜んとかって「どうして好きなの〜」(表情を再現)」
観客「(笑)」
((笑))
観客「(拍手)」
「ってしながら、何か」
(ス〜って引っ込んで)
「ちょっとこう、うん、何て、そこでね、集中力途絶えた???ですから」
((笑))
「見て欲しかったな〜、ミュージカル苦手なタモリさんに」
観客「(笑)」
((笑)頑張ってますね〜)
「やってますやってます、色々」
(へぇ〜)

(ミュージカルよくやったね)
「うん」
(ミュージカルこそそういう疑問があったら、もう絶対恥ずかしいと思うよね)
「そうですね」
(うん。あれもうやっ、俺は見てる方で恥ずかしいから見ない。それをやってる
方の立場に置き換えると、もっと恥ずかしいんじゃないか?と思うんだよね)

「うん。でも多分それが気になるような作品だったらダメなんですよね」
(うん)
「それすらも忘れさせてくれるような、お芝居とか作品力があったら」
(うん)
「きっとこっちは恥ずかしい気持ちになんないんでしょうけど」
(そう。で長年僕は言ってた、あの三谷さんにも言ってたんだけども「何で死ぬ前に
綺麗に唄って、ハモって死ぬんだ」っていう)

「(笑)」
観客「(笑)」
(俺それだから見、あの必要無い時に唄うのが。で、あの人が意地になって、じゃぁ
歌でしかその物が言えない男の物語を)

「うんうん」
(ミュージカル作ったんですよ)
「う〜ん」
(香取慎吾主演で)
「うんうん」
(で初演がまあニューヨークだったんですけども)
「凄い」
(とにかく喋れ無いんです、歌でないと喋れ無い)
「喋れ無いという」
(という)
「それ面白いですね」

(そうすると、俺が見に行かない理由が無いんです)
「あっ、じゃぁ行った?」
(行ったよ)
「凄い凄〜い」
観客「へぇ〜」
(行きましたよ、三谷さんから言われて。そしたら凄い事が起こったんだけども。
あの直前にこう行った。直前で横のドアから入ったら、お客さんが全員パッと
見て、劇場中ですよ、パッと見て全員が立ち上がって拍手した)

「あ〜(笑)」
(俺主演みたいなっちゃ、)
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「「ついに見に来たぞ」と」
(「ついに」そう)
「凄いな〜」
(ついにこの男来たぞって事)
「凄い凄い(笑)」
(主演(笑))
「だって絶対見に行かれないと思いますもんね」
(行かない)
「タモリさんね〜」
(それ断る理由が無くて)
「そっか、そういうのって、」
(まあスケジュールも空いてたんで、それで)
「うんうんうん」
(面白かった、あれ)
「でも何か初体験だったから、やっぱやってみて良かったなっていうの」
(あ〜)
「やってみないとね」
(何、一ヶ月くらいやった?)
「一ヶ月くらいやりましたね」

(さすがイッちゃん、その時は凄い?)
「いや〜、やっぱ上手い人と歌わせていただくと、」
(うん)
「気持ち良くなりますね、自分も上手くなった気、」
(安心だしね)
「うん」
(向こうがリードしてくれる)
「うん」
(うん)
「だからその準備期間は、まあ素人なんで取りあえず形からと思って、お酒も
控えたりとかして」
(うん)
「でもプロに言わせるとそんなの関係無いって言うんですけど」
(うん)
「発声には」
(うん)
「まあ出来るだけ頑張って近づきたいなと思ってやりましたけど」
(へぇ〜)

(話変わるけど、お姉ちゃん結婚した?)
「あっ結婚しました」
(あら〜)
「4つ上の姉が」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます。普通のお仕事やってて、妹が小池栄子だって言って
無い訳です、会社の人に」
(お姉ちゃんね、普通〜の人なんですよ)
「そう、普通の」
(地味〜なね)
「地味な「栄子ちゃん」っていう感じで」
(うん)
「凄い優しい姉で、ついに結婚して」
(え?妹が小池栄子って言ってない?)
「何か「色々面倒くさいから言わない」ってずっと言ってて」
(でも結婚式出る訳でしょ?)
「結婚式の、だからチャペルで、神父さんがもう驚いてましたよ。あの、」
(神父が驚いた?)
「参列者の中で、私は名字坂田なんで、本名は今」
(うんうんうん)
「それで、私がいたから」
(うん)
「お姉ちゃんと旦那さんがこのチャペルを終わって、はけた時に、私はなるべく
目立たない様にしようと思ったんです、主役はあくまで2人だから」
(うん)
「そしたらはけきらない内に「小池栄子さんなんですね!妹さん」って言って」
観客「(笑)」
(神父さん?神父が?)
「「いや、止めてくれ、止めてくれ」って、神父さんが。まだ主役2人いるから
やめてくれって言って」
((笑))
「おかしい」

(ああそう?神父そんなに興奮するの?)
「興奮して」
観客「(笑)」
「何か初めて見たパンチパーマの神父さんでしたよ」
(ええ?)
観客「へぇ〜」
「オジサンで」
(パンチパーマの神父っているの?)
「いましたよ(笑)」
(どういう神父なの)
「「健やかなる時も」って言いながらも、チラッチラ見てるなとは思ってたから」
観客「(笑)」
「「お願い、絶対こっち来ないでよ」と思いながら「もう止めて止めて」って」
(へぇ〜、パンチパーマの神父は初めてだね)
「でも天パーかも知れないです」
観客「あぁ〜」
「もしかしたら」
(ああそうだ(笑))
「ごめんなさい、神父さん。パンチパーマじゃ無い、天パーだと思う」
((笑))
「ごめんなさい」
(あんまりいないよ、)
「あんまりいないですかね(笑)」

二度目のCM明け

小池栄子さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート)
「はい」
(真ん中ピタリ賞で、前後賞もあります。何行きましょう?)
「私、あのまあ憧れていて、でなおかつ今出来てるってのが、この自分が
今撮ってるドラマで、兄弟が多いんですね」
(うんうんうん)
「5人兄弟なんです」
(うん)
「実生活2人なんですけど」
(うん)
「芝居ながら5人兄弟って良いな、楽しいな〜と思って。今日この中で、」
(うん)
「兄弟5人」
(あ〜最近少ないからね)
「ねっ、昔の人は多かったですけどね」
(うん、多かった多かった)
「5人兄弟だっていう人は」

(100人中何人いますか)
「3人ぐらい」
(3人?)
「いたら良いなと。少な、」
(行ってみますか?)
「もうちょっと少ないかな〜?」
(うん、5人兄弟はね)
「2人?」
(まあ、)
「良い?3人で」
(3、)
「3人で」
(5人兄弟だ、3人、スイッチオン)
5人兄弟の人・・3人
(お〜)
「あ〜!」
観客「おぉ〜!」
観客「(歓声)」
(ピッタリだ)
「やった〜」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「嬉しい〜、あ〜嬉しい〜!」
(お〜)
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
観客「(拍手)」
(ピッタリだね)
「いや〜嬉しい〜、うわぁ〜良かった〜」
(へぇ〜凄い勘だね、これは)
「凄いね〜、お母さんお父さん頑張って、そら凄い」
(へぇ〜)
観客「(拍手)」
「ありがとうございます。嬉しい」

(それじゃ明日のゲストご紹介しましょう)
「はい」
(この方です)
佐藤健さんの写真が表示されました
観客「(歓声)」
(お〜)
小池「お〜」
三田アナ「「笑っていいとも」です。佐藤さんでいらっしゃいますか?
  もしもし?」
電話先「(TVの音声)佐藤さんでいらっしゃいますか?」
(ん?)
三田アナ「もしもし」
佐藤「もしもし」
(あ〜)
三田アナ「タモリさんに代わります」
佐藤「はい」
(もしもし、タモリです)
佐藤「もしもし」
(もしもし、タモリです(笑))
観客「(笑)」
小池「あっ」
佐藤「あっ、どうも」
(どうも)
佐藤「お久しぶりです」
(お久しぶりです)
佐藤「はい」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
佐藤「はい、大丈夫です」
(あっじゃぁ明日お待ちしております、よろしくお願いします)
佐藤「はい、よろしくお願いします」
(はい、失礼します)
小池「ありがとうございま〜す」



明日のゲストは 佐藤 健さん




水曜コメンタリー劇場 書き込んだ有名人は誰だ!?
進行役・柳原可奈子、三田友梨佳
解答者・タモリ、太田光、トシ、タカ、栗原類、パンサー
出演者・下記


ゲストが過去ブログ書き込んだ事が発表されるので、それをヒントに
ゲストは誰かを当てるクイズ

1・2013年10月25日の書き込み
 「いやぁ、自覚はあるけどホント歌ってる時の自分ブサイクだなぁ...
  ま、ナリフリよりピッチとリズムの言葉の意味ッスよ!」

 歌手ですか?「まぁ、それもやってます!」
 普段はブサイク?「それなりです」

  正解者・

2・2010年5月18日の書き込み
 「朝の筋トレ終了!さあ準備しよ(上半身裸の写真)」

 1日どれくらい筋トレする?「ジムだと2じかんくらいです」

  正解者・

3・2013年9月10日の書き込み
 「”新堂本兄弟”スタッフの皆さんに今年初のバースデーケーキ
  頂きました!・・(顔文字)
  (「祝琵琶湖」と書かれた滋賀県の形が描かれたケーキの写真)」

 滋賀県出身?「ふるさと観光大使やってます。

  正解者・


4・2013年2月23日の書き込み
 「この度CanCamにモデルで登場しました”西川貴子”です。よろしく
  お願いします。(本人の女装写真)」

  正解者・全員一斉に正解


正解・今回のゲストはT.M.Revolution西川貴教さんでした。





業界当たり前クイズ ベタック9
進行役・トシ、
解答者・太田光、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー、
    ゲストの西川貴教さん、新垣結衣さん
出演者・ゲストのふじいあきらさん、マギー審司さん、上口龍生さん


その業界では当たり前という9つのエピソードをクイズにしたコーナー
エピソードの一部が隠されているのでそれが何なのかを当てます。
縦横各三列の9マスになっていて、ビンゴになるように答えて行きます。
ビンゴ達成出来ると観客が賞品獲得
 1〜3ビンゴで「ベタモリ飴(タモリさんの金太郎飴)」
 4〜7ビンゴで「ベタモリステッカー」
 全問正解で「ベタオル」


今回の業界「マジシャンのベタック9」

問題
上段
 1・「**の前に行くとつい練習してしまう」
 2・「マジシャンは**が多い」
 3・「合コンは女子の隣ではなく**を狙う」
中段
 4・「買い物をする時**に**が返ってくるように支払う」
 5・「**をすると同業者に嫌われる」
 6・「**なため給料がすぐになくなる」
下段
 7・「若手の頃にやりがちな**の時に使うお決まりのマジックがある」
 8・「**のマジシャンが多い」
 9・「一番危険なのは屋外での**マジック」

ヒント
 ・5の答えは「「ネタばらし」をすると同業者に嫌われる」
   手品の三原則(タネを明かしちゃいけない、同じ場所で2度同じ
   マジックをしちゃいけない、結果を先に言っちゃいけない)に
   反してしまう。

解答

新垣結衣
「買い物をする時「均等」に「小銭(誘導で500円玉に訂正)」が返ってくる
 ように支払う」・
  (手品で500円玉が一番使いやすい(3人がそれぞれマジック披露))

太田光
「「オカマ」のマジシャンが多い」・×
  「手先が器用」「性格の悪い」「貧乏」「歌手」
  「お笑い」「マジックを売る人」「司会者」と答え全て×
「「サラリーマン(脱サラ)」のマジシャンが多い」・
  (バーやレストランで手品を行う事が多く、お客さんとのやりとりが
  出来ないとダメなので、一度サラリーマンをやった事のある人の方が
  上手く行く事が多い)

タカ
「一番危険なのは屋外での「モンキー」マジック」・×
「「鏡」の前に行くとつい練習してしまう」・
  (鏡の前でちゃんと出来ているか確認したり練習する)

西川貴教
「一番危険なのは屋外での「カード」マジック」・×
「一番危険なのは屋外での「ハト」マジック」・(1ビンゴ)
  (飛んで行ってしまい、次のマジックが出来なくなる場合がある)

柳原可奈子
「「道具を買う」(な)ため給料がすぐになくなる」・(2ビンゴ)
  (正確には「マジック道具は高価なため〜」)
  (道具の他にレッスン料や、それをやるための権利を買うお金、
  先生に上納金を納めるなどの費用がかかる)
  (上口龍生さんが新垣結衣さんとテーブルが浮くマジック披露)

栗原類
「マジシャンは「年寄り」が多い」・×
「マジシャンは「上がり症の人」が多い」・(3ビンゴ)
  (人と絡むのが苦手だから手品師をやっている人が多い)

パンサー尾形
「合コンは女子の隣ではなく「女の子のヒザの上」を狙う」・×

パンサー向井
「若手の頃にやりがちな「身体を張った」の時に使うお決まりのマジックがある」・×

パンサー菅良太郎
「(時間が無いみたいなんで(解答を)辞退します)」・×

新垣結衣
「合コンは女子の隣ではなく「角(角の席)」を狙う」・(5ビンゴ)
  (右利きのマジシャンの場合は右から見られる方が良いので、
  その方向の角の席に座る)

太田光
「若手の頃にやりがちな「自己紹介」の時に使うお決まりのマジックがある」・×
  (時間切れ終了)

その他の正解
「若手の頃にやりがちな「名刺交換」の時に使うお決まりのマジックがある」
  (3人がそれぞれマジック披露)





いいとも!特大号SP
 レギュラー全員がクリスマスプレゼント!!

進行役・タモリ、三田友梨佳
出演者・太田光、トシ、タカ、柳原可奈子、栗原類、パンサー


12月25日放送「ラストクリスマス特大号」で視聴者プレゼントする
水曜レギュラーの品物を紹介

太田光
 「サイン入りバット」
  (太田さんのサインが入ったバット)

タカ
 「キャップ」

トシ
 「スニーカー」
  (数回履いた事があるアディダスの赤いスニーカー)

柳原可奈子
 「アウター」
  (番組でも普段でもよく着ていた物)

栗原類
 「デヴィッド・ボウイの着せ替え本」
  (イギリスで購入した)

向井慧(パンサー)
 「ヒョウ柄のパンツ」
  (ピースの又吉さんに選んでもらったヒョウ柄のズボン)

菅良太郎(パンサー)
 「ニット」
  (サイズが合わなかった長袖のニットシャツ)

尾形貴弘(パンサー)
 「フットサルシューズ」
  (何十回か履いた物)

酒井健太(アルコ&ピース)
 「蝶ネクタイ」
  (「笑っていいとも」の本番で使用したもの)

平子祐希(アルコ&ピース)
 「Tシャツ&トートバッグ」

河本太(ウエストランド)
 「ショルダーバッグ」
  (ヒョウ柄の未使用のバッグ)






テレフォンショッキング以外のゲスト
T.M.Revolution西川貴教さん(書き込んだ/ベタック9/エンディング告知
  (公演「T.M.R. NEW YEAR PARTY '14 LIVE REVOLUTION」))
新垣結衣さん(ベタック9/エンディング告知(ドラマ「リーガル・ハイ」))
ふじいあきらさん(ベタック9/エンディング)
マギー審司さん(ベタック9/エンディング)
上口龍生さん(ベタック9/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る