今日のいいともニュース
2013年12月19日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
佐藤健、えなりかずき、ロバート、ホリ、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは佐藤 健さん 昨日 小池栄子さん明日 内田裕也さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝は映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」

花束は福山雅治さん、藤原竜也さん、反町隆史さん、江口洋介さん
  相武紗季さん、伊勢谷友介さん、窪田正孝さん、三浦翔平さん
  武井咲さん、大原櫻子さん、CRUDE PLAYさん、MUSH&Co.さん
  青木琴美さん、箭内道彦さん、亀田誠治などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「???」
観客「カッコイイ〜!」
観客「健くん!」
観客「(歓声)」
「お久しぶりです」
観客「健くん!」
観客「(歓声)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「カッコイイ〜!」
「ありがとうございます」
(何でしょうね、この態度の差)
「(笑)」
観客「(笑)」
「照れますね」
(あからさまと言いますかね)
観客「(笑)」
(ええ)

((花束)福山くん来てます)
「あ〜ありがとうございます」
観客「(歓声)」
「??」
観客「(拍手)」
(花だけです)
観客「(笑)」
「(笑)ありがとうございます。嬉しいです」
(亀田くん、お〜反町さん)
「あ〜ありがとうございます」
(「カノジョは嘘を愛しすぎてる」)
「はい、今公開中の映画で」
(あっ公開中)
「はい」
(へぇ〜、三浦くんとかいっぱい来てます、サントリーとか。こっちの方多いね
いっぱい来てます)

「うわっ可愛い」
(ええ、雑誌関係)
「可愛らしい」
(江口っちゃんも来てます)
「あ〜ありがとうございます」
(ねえ)
「すみません」

(え?この前出た時からどれくらい成るんだっけ?)
「僕結構だと、1年は経って」
(1年経つか)
「はい」
(早いね)
「と思います」
(まだ相変わらず、肩に、)
「(笑)肩は触れないんですけど」
(肩触れないんです)
観客「へぇ〜」
観客「やって!やって!」
「あの、」
(やれない)
「触れるんですけど、こっち側で触れられない」
(手と逆側の肩は手が届くが、右手で右肩など同じ側は手が付かない)
観客「え〜」
(これが出来ない)
観客「へぇ〜」
(こういう体操が出来ない)
「(笑)」
観客「(笑)」
「いや、一瞬だったら、こう触れる」

(これが不思議なんですよね。どこの関節がどうなのかね)
「多分ヒジが固いんだと思うんですけど」
(あ〜)
「相変わらず」
(ホント)
「ドンドン触れなくなってくる」
タモリさんが佐藤さんの左腕の二の腕と手首を持って曲げてみても付かず
(あっ)
「もっと」
(ホントだ)
「こうやれば行けます(手の平を大きく曲げれば指が肩に付く)」
(ホントだ、あっココ(ヒジ)だ)
「はい」
(ココだよ。これ何とかしようかね、これ)
観客「(笑)」
「何と???」
(俳優上、これでちょっと不便だと思った事ある?)
「(笑)無いです」
((笑))
観客「(笑)」
「あっでも、あの背中を素手で洗えないです」
(あ〜)
観客「あ〜」
「届かない」
(どこまで?どこまで?)
「もう」
右腕を上から左腕を下から背中に回しましたが20cmくらい空いていました
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(あっでも男そんなもんじゃないの?)
「ホントですか?」
(うん、男性は)
「ホントですか」
(へぇ〜)

(足、足は関節固くない?)
「むしろ柔らかいんです」
(へぇ〜、おかしいね、それ)
「ちょっとおかしい」
観客「(笑)」
(兄弟とかお父さん)
「聞いた事無いです(笑)、聞いてみます」
観客「(笑)」
(今度聞いといて)
「聞いてみます」
(あっどうぞどうぞ)
「あっすみません」
(おかけ下さいませ)
「失礼します」

観客「カッコイイ〜」
観客「可愛い〜」
(カッコイイよね)
「いやいやいや」
(スカウト、スカウトされたんだよね)
「はい、高校3、2年の時に原宿でスカウトしてもらいました」
(へぇ〜、高校3年の時?)
「2年の時ですね」
(モデルとして?)
「ええと、いや、」
(最初は)
「声かけていただいた時は」
(俳優として?)
「あの「何でも良いけど何がしたい?」みたいな事言ってもらって」
(うんうん)
「「僕俳優がやりたいです」って言って」
(あっそれ俳優やりたかった?)
「はい」
(へぇ〜。俺も何十年とわたって原宿行ってるけど、一言も声、)
「(笑)」
観客「(笑)」
(何て事も無いけどね)
「ほんとですか?」
(じゃぁ丁度良かった)
「丁度良かったです。ラッキーでした」
(へぇ〜)
「そうなんです」
(あっでも声掛けられるよね、これだけ格好良かったらね)
観客「うん」
「すみません」
観客「(笑)」
「すみません、ホントに」

(最近何か凝っ、大体凝るでしょ?)
「凝るってこと、」
(何か一つの事)
「あ〜そうなんです」
(この、この間何か凝ってたよね)
「この間話したのはブレイクダンスだったと思うんですけど」
(あ〜そうそうそうそう)
観客「へぇ〜」
「今回は、そ、出来ないです、今回」
観客「(笑)」
「今回は、」
(ブレイク、これ(肩に手)関係無いの?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「ホントに関係無いです、大丈夫」
(そう?(笑))
「あの映画で、今公開中の映画で」
(うん)
「あの音楽のシーンがあるんですね」
(うんうん)
「それで演奏シーンがあって、楽器を、」

(え?演奏するの?)
「演奏するんです」
(へぇ〜)
「で僕作曲家の役で、プロデューサーの役で」
(うん)
「キーボードとギターとベースを練習しました」
(それ全部やるシーンがある?)
「全部あります」
(吹き替え無しで?)
「あっ、もちろん凄い難しいのは出来ないですけど、」
(うん)
「でも基本的にはやりました」
(やるの?)
「はい、自分で」
(へぇ〜。え?キーボードと、ギターと?)
「ギターとベース」
(ベース。全瀬違うじゃん)
「全然違います。でもやっぱ作曲出来る人って全部出来る方が多いので」
(ギターは出来なかった?)
「ギターだけ触ったことあったんです」
(うん)
「で、新たにベースと」
(ベース、こっちのベース?)
「こっちのベース」
(あれ皮むけるだろ?)
「皮むけます」
(うん)
「皮むけました」
(タコ出来る)
「はい」
(へぇ〜)
「??」
(キーボードは?)
「キーボード、やっぱ大変でしたね。左手と右手の感じが」
(うん)
「同時になっちゃいます」
(うん)
「頑張り、」
(凄いよね、でも上手い人はね、見てると)

(あっそれで何だっけ?)
「何でしたっけ?それが映画が」
(うん)
観客「(笑)」
「公開中なので、」
(うん)
観客の女性「見たよ」
「うわっ、ホントですか?」
観客の女性「カッコ良かった」
「ありがとうございます、嬉しいです」
(「多分」?)
「(笑)」
観客の女性「カッコ良かった」
(あっカッコ良かった)
「(笑)」
観客「(笑)」
(「見たよ」)
「タモリさん、その口の利き方は」
((笑))
観客「(笑)」
「ビックリした「カッコ良かった」」
(最近さ、何か)
「はい」
(3月に辞めるって、何か周りがタメ口になって来る)
「あっほんと、(笑)」
観客「(笑)」
「よりフレンドリーになって来た」
(メンバーもタメ口だしさ)
「(笑)」
(フレンドリーなって)
「素敵ですね」

(何だっけ?それで)
「「カノジョは嘘を愛しすぎてる」って映画が公開してますので、あの
もし良かったら見て下さい」
(うん)
観客「(拍手)」
(いや、そうじゃ無くて)
「何でした?」
(凝ってるものだよ)
「ああ〜はいはい」
((笑))
「僕、それそこ映画で」
(うん)
「あの撮影中にみんなでやってたんですけど」
(うん)
「絶対に負けない物が一つ発見したんです」
(え〜何?ゲームで?)
「ゲームで」
(何?)
「あの「ポカポンゲーム」ってゲームがあるんですけど」
(知らない)
「こう。ハンマーを持ってて、ポンポンポンポンってやって、」
(うんうんうん)
「相手の頭をボーンってやるんですけど、何かそれが今日、」

(あれ?これ?)
エポック社の「ポカポンゲーム」が登場(人形版の「たたいてかぶって
ジャンケンポン」の様な物でした)
(これ知らない)
「(観客)見える?」
観客「うん」
(これ、)
「これなんです」
(これどうやる?これ押すの?)
「これ、要は、そう」
(ん?)
「右手にハンマー、左手に盾じゃないですか」
(うんうんうん)
「で、普通に攻撃すると盾で防御されちゃうんですけど」
(うん)
「相手が攻撃したときに押してみて下さい」
(こう)
「押すと、もっと強く」
タモリさんがゲームのボタンを何度か押していると相手側の人形の頭が
浮き上がっていました
観客「あぁ〜」
(あっちゃんと当たるとこうなる?)
「ちゃんと当たるとこうなっちゃうっていう、ゲームなんですけど」
(はぁ〜、そうするとこれ、こう、こういう状態じゃいくらやってもダメなんだ)
「ダメなんです、盾でガードされてるんで」
(はぁ〜、じゃぁ相手が打つなと思った瞬間にやる)
「そうです、そうです」
観客「へぇ〜」
「カウンターなんです」
(へぇ〜)

「これで、負けたこと無い」
観客「(笑)」
観客「へぇ〜」
「一回も負けたこと無いんです」
(ウソだろ〜。じゃぁ、)
観客「やって」
(3回したとか言うんじゃ無いだろうね?)
「違います違います」
(何勝ぐらいした?)
「もう、もう100は超えてます、多分」
観客「へぇ〜」
(ホント?)
「ホントです、これ」
(ちょっと、じゃぁやろうか)
「良いですか?これやってみて」
(これ、)
「置いた方がやりやすいと思います」
(こ、こう)
「あっ」
(こうやった方がやりやすいんじゃない)
タモリさんがゲスト側のテーブルの端にゲームを置いて
「ありがとうございます」
タモリさんがゲームを置きやすい様に佐藤さんが客席側に来たため観客が
反応したらしく (いや「キャッ」って?)
観客「(笑)」
(この距離)

(これ、これで良い?)
「コレで」
(コレでやりやすい)
「はい」
(普通親指?)
「親指、どち、親指が良いんじゃないですかね」
(ああ〜)
「こうやってやって、よーいどんって」
(よしよし)
「オンエアされるんですけど。じゃぁ行きますね」
(よーいどん)
ゲームを行い佐藤さん勝利 観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
「(笑)」
(へぇ〜)

CM明け

(皆さんのお知らせがあります)
観客「(笑)」
(コマーシャル中に私は、一勝いたしました!)
「(笑)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「凄いですよ、ホントに負けないのに」
((笑))
観客「(笑)」
「凄いです。ちょっとリベンジさせてもらっても良いですか?」
(あ〜じゃぁ良い、良いですよ良いですよ、良いです)
「悔しい。くっそ〜」
観客「(笑)」
「じゃぁ誰か「よーいどん」って言ってください」
観客「頑張れ〜」
観客「頑張って」
「誰か。「よーいどん」」
男性(スタッフ?)「よーいどん」
ゲームスタートし、佐藤さん勝利
(あ〜!)
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
ゲームをセットし直し再戦
男性「よーい、どん」
佐藤さん勝利
(お〜)
観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」

タモリさんがまた対戦を要求
「(笑)」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「僕本当に負けず嫌いなんで、こうテレビとか関係無くて」
(俺も負けず嫌い)
観客「(笑)」
「(笑)」
観客「(笑)」
(負けず嫌いマッチやってるから)
男性「よーい、どん」
佐藤さん勝利 観客「おぉ〜!」
観客「(拍手)」
佐藤さんがガッツポーズ
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
「ハッハッハッハ。ありがとうございました」
観客「(笑)」
「これを流行らせたい」
(あの一勝は一体何だった)
観客「(笑)」
「(笑)」

二度目のCM明け

佐藤 健さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(え〜百分のXアンケート、ピタリ賞真ん中で前後賞あります)
「はい」
(何行きましょうか?)
「あの今回の映画がですね」
(うん)
「こうラブストーリーでして、」
(うん)
「やっぱりクリスマスにピッタリなんですね」
(あっこの映画、)
「はい、そうなんです」
(うん。彼女がウソを付く?)
「僕がウソを付く。で、そのウソを彼女が愛しすぎてるっていう」
(あっウソが好き?)
「わりと大人のラブ、そう、好きって言うか(笑)」
観客「(笑)」
「それさえも、」
(ウソ、それさえも愛してるってこと)
「愛してくれるっていう」
(へぇ〜)
「純粋な夢に」
(ああそう?)
「これ是非見て欲しいんですタモリさんに」
(ええ、ラブストーリー)
「男でも全然楽しめます」
(ああそう?)
「はい」
(へぇ〜)

「で、まあカップルで行って欲しいなとクリスマスに、思ってたんですけど」
(うん)
「例えば今年の、あのクリスマスイブに、プロポーズしようと思ってる人とか」
(あ〜)
「けど女性だから」
(女性だよ)
「女性はやっぱ、自分からは」
(なかなか)
「でも100人に1人くらいんじゃないか?っていう」
(いるかな?)
「いないかな?」
(行って見ますか?)
「もしくは、あの、」
(「もしくは」来た)
「(笑)」
観客「(笑)」
「もしくは婚約する人」
観客「あ〜」
(あ〜、クリスマスイブに婚約する)
「はい」

「どっちが良いですかね?」
(どっちが良いだろうな)
「プロポーズいないかな?1人ぐらい」
(プロポーズ、女性、)
「女性、」
(まあ俺何にも言えない、これ)
観客「(笑)」
「女性から。じゃぁプロ、信じて、今の世の中女性から行く人も」
(多いからね)
「いるんじゃないか」
(うん)
「1人はいるんじゃないか」
(じゃぁ24日)
「はい」
(クリスマスイブに自分からプロポーズしようと思ってる人)
「プロポーズしようと計画してる人」
(1人、スイッチオン)
今年のクリスマスイブに自分からプロポーズしようと思ってる人・・0人
「あ〜」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
「いないよな〜」
(ねえ)
「もっと自分から行かないと、ガツガツ」
((笑))
観客「(笑)」
観客「は〜い」

(明日のゲストご紹介しましょう)
佐藤「はい」
(この方)
内田裕也さんの写真が表示されました
(おお)
観客「お〜」
倉田アナ「もしもし。もしもし?」
(裕也さん)
倉田アナ「「笑っていいとも」と申しますが、もしもし?」
内田「もし、はい、もしもし」
倉田アナ「あっ、今タモリさんにお代わりします」
内田「はい」
(もしもし、お久しぶりです)
内田「おお〜タモリさん」
(どうも)
内田「元気ですか?」
(元気でやってます。明日、)
内田「はい」
(「いいとも」ですが大丈夫ですか?)
内田「はい」
(じゃぁお待ちいたします、よろしくお願いします)
内田「ロックンロール」
(はい、よろしくお願いします)

明日のゲストは 内田裕也さん




なりすまし電話 ご本人を探せ!!
進行役・倉田大誠
解答者・タモリ、笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー
出演者・ゲストのえなりかずきさん、ホリさん


ゲスト本人と別の人2人の計3人と電話を通じて話をし、どの人が
ゲストかを当てるクイズ。
今回は本人とモノマネする人の2人だけで行いました。

今回のゲスト・えなりかずきさん

解答・1番がえなりかずきさん
   (1回目1番予想がタモリ、2番予想が鶴瓶&山崎&綾部&又吉&ベッキー)
   (2回目の採決1番タモリ&山崎&又吉&ベッキー、2番鶴瓶&綾部)

正解・1番がえなりかずきさん本人でした
   (2番はホリさんでした)




ザキヤマプレゼンツ ナ!ナ!ナ!何のアンケートでSHOW!
進行役・山崎弘也、倉田大誠
解答者・タモリ、笑福亭鶴瓶、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのえなりかずきさん、ホリさん、ロバートさん


アンケートの結果を発表するので、それをヒントに何のアンケート
なのかを当てるクイズ。正解者は商品(アン毛糸マフラー)獲得

第一問のアンケート結果
「20歳〜49歳の男女260人に聞きました***」

 1位(22人)-温水洋一さん
 2位(21人)-市原悦子さん
 3位(18人)-柴田理恵
 4位(16人)-泉ピン子さん
 5位(_8人)-タモリさん、松居一代さん

解答
 ベッキー「ワカメを一緒に食べたい人」
 鶴瓶「親戚にいてほしい人」
 タモリ「兄弟にいて欲しい人」
 ロバート山本「ゴミの分別とかにうるさそう」
 ベッキー「何かこっそり見てそう」
 鶴瓶「毎日ゴミを出してくれそうな人」
 ホリ「お掃除が上手そうな人」
 又吉「背後に立たれてたら怖い人」
 タモリ「料理にうるさそうな人」
 ロバート馬場「ゴミを小さくして出しそうな人」

ヒント「株式会社リクルート住まいカンパニー(SUUMO編集部)」調べ

 綾部「町内会長」
 タモリ「マンションの管理組合」

正解「マンションやアパートの管理人が似合う有名人」


第二問のアンケート結果()
「銀座のOL100人に聞きました***」

 ・肩が凝った時(58%)
 ・体調がすぐれない時(50%)
 ・長時間のデスクワーク中(42%)
 ・昼休みなどオフィスでのリラックスタイム中(21%)
 ・残業中(20%)
 ・力仕事する時(16%)
 ・休日出勤中(14%)
 ・外出時、外回り中(12%)
 ・仕事をしている時ずっと(10%)
 ・出張中(4%)
 ・その他(3%)
 ・そのような事を思う場面は無い(24%)

解答
 ベッキー「いつマッチョな男性を思い浮かべますか」
 綾部「栄養ドリンクを飲みたいと思う時」
 ロバート馬場「彼が欲しいなと思う時」
 ロバート秋山「温泉でも行きたいわと思うとき」

ヒント「ユニクロ(2012)」調べ

 ロバート馬場「オッパイがもっと小さければな」
 ホリ「下着をちょうど良いのないかなと思う時」
 鶴瓶「全裸になりたいとき」
 ベッキー「ブラジャーを外したい時」

正解「仕事中に出来ればブラジャーを外したいと思う時は?」

参考データ
仕事中に実際に外した経験があるのは11%





ジマンザイ2013
進行役・倉田大誠
審査員・タモリ
出演者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのえなりかずきさん、ロバートさん、ホリさん


出演者が「自慢じゃ無いですけど」と言ってから自慢話をするので、
それをタモリさんが判定していく企画

山崎弘也
今台湾でザキヤマフィーバーが起きてます
  (台湾ロケに行ったら「ザキヤマさん、ザキヤマさん」と
  大人気だった)
 判定・暫定チャンピオン

ロバート山本
「はじめの一歩」の主人公にパンチを入れた事がある
  (プロテストに合格したお祝いに20年以上続いている名作マンガ
  「はじめの一歩」の作者森川ジョージさんが主人公と戦いパンチを
  入れている絵を描いてくれた)
 判定・挑戦者勝利

ロバート秋山
梅宮辰夫さんにとんでもないお祝いを頂きました
  (先日子どもが産まれたが、梅宮辰夫さんから電話が掛かってきて
  いつでも好きな時に梅宮さんのクルーザーの上で身体を焼いて良い
  という権利をもらった)
 判定・チャンピオン勝利

ロバート馬場
本物の海賊を見た事があります
  (福岡県北九州市の出身で祖父と船で関門海峡に釣りに行った時に
  霧が深くなり、流れの速い海なのにゆっくりと近づいて来る船が
  あり、その船の船首に眼帯をして、帽子をかぶり手がフックに
  なった海賊が来た(途中で強制終了))
 判定・チャンピオン勝利

えなりかずき
表参道駅のトイレを改修させた
  (3年くらい前、電車に乗っている時にトイレに行きたくなって
  表参道駅のトイレが行ったら行列が出来ていた。
  表参道駅は千代田線、銀座線、半蔵門線の3路線通っているのに
  トイレは小3つと大1つしか無かった。そのため匿名でトイレが
  少ないんじゃないですか?と電話したらとりつく島も無い感じ
  だった。
  その後生放送の番組で「納得出来ない事」というテーマで話す
  機会が合ったので表参道駅のトイレの話をしたら、1ヶ月後に
  メトロから「お客さまがご指摘の件はTVで発言された方がいらっ
  しゃって前向きに検討されています」と電話が来て、その夏に
  工事が始まり、今は改修されて便利になった)
 判定・挑戦者勝利

笑福亭鶴瓶
吉永小百合さんからの手紙で映画出演
  (吉永小百合さんから手紙で映画「ふしぎな岬の物語」の中の
  30年間愛し合った恋人役として共演を依頼された。
  その事をタモリさんに言うと、タモリさんは「いいとも」が
  あるので依頼を断ったので鶴瓶さんに話が行ったと言っている)
 判定・チャンピオン勝利


今回のチャンピオンは、えなりかずきさんに決まりました。




いいとも!特大号SP
 レギュラー全員がクリスマスプレゼント!!

進行役・タモリ、倉田大誠
出演者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー


12月25日放送「ラストクリスマス特大号」で視聴者プレゼントする
レギュラーの品物を紹介

笑福亭鶴瓶
 「財布」
  (1,2回使ったBottegaの財布)

山崎弘也
 「サングラス」
  (きつくて入らなかった)

ベッキー
 「変装グッズ2種類」
  (アメリカで買ったスーパーマンとスパイダーマンの新品の全身変装グッズ)

綾部祐二
 「バスローブ」
  (裸で着ていた物)

又吉直樹
 「帽子」
  (軍帽風な帽子)






テレフォンショッキング以外のゲスト
えなりかずきさん(なりすまし/アンケート/ジマンザイ/エンディング)
ロバートさん(何のアンケート/ジマンザイ/エンディング告知
  (DVD「ロバートベストコント作品集1998-2013」))
ホリさん(なりすまし/何のアンケート/ジマンザイ/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る