今日のいいともニュース
2013年12月23日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃
武井壮、鈴木福、ゲッターズ飯田、
武井咲、ふなっしー、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストは武井 咲さん 金曜 内田裕也さん明日 三浦知良さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はドラマ「海の上の診療所」

花束は藤原紀香さん、寺島進さん、松田翔太さん、荒川良々さん
  EXILE TAKAHIROさん、斎藤工さん、佐藤健さん、福士蒼汰さん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
(ねえ)
「お久しぶりです」
観客「(歓声)」
(お久しぶり)
「よろしくお願いします」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「(笑)」
(お久しぶりです)
「お久しぶりです〜、楽しみにしてました」
(コマーシャルではよく見てます)
「ありがとうございます(笑)」
(どうもどうも。おかけ下さいませ)
「失礼します」

(え〜(花束)来てますよ。TAKAHIRO、TAKAHIROから来てます)
「はい、次のドラマでご一緒させていただく」
(あっTAKAHIRO?)
「はい」
(へぇ〜)
「そうなんです」
(アイツが、あの野郎)
「(笑)」
観客「(笑)」
「はい」
(次どんなドラマ?)
「まあ次のはあの刑事物なんですけど」
(あっ、あ〜)
「コメディー」
(恋愛物じゃない?)
「う〜ん、まあそうですね」
(あ〜)
「はい」
(うんうん)
観客「(笑)」
「まあ今日はあの「海の上の診療所」の(笑)」
(あっ(花輪「海の上の診療所」)こっちあります)
「はい」
(来てますよ、あっほら(花束)松田くんやっぱり来てますね)
「ありがとうございます」
(ええ、「海の上の診療所」)
「はい」
(あっ)
「今日が最終回」
(今日最終回?)
「はい、そうなんです」

(これ実際にあるんですよね、この診療所は)
「そうなんです「済生丸」っていう」
(ええ、あの瀬戸内海、あの無医村と言うかね)
「はい」
(お医者さんがいない)
「お医者さんの無い島に巡る」
(にずっと行く)
「はい」
(ホントにある話なんだよね)
「そうですね」
(瀬戸内海ロケ多かった?)
「多かったですね〜、広島や愛媛」
(うん)
「あと小豆島」
(あ〜)
「とかに行きましたね」
(瀬戸内海の島良いだろ?あれ)
「いや〜〜素敵でしたね。何か、」
(ねえ)
「そのお陰もあってか、スタッフさんも何か過酷なスケジュール乗り越えられた と言うか(笑)」

(過酷だった?)
「とても過酷でした(笑)」
(東京と行ったり来たりで)
「行ったり来たりですし」
(うん)
「まあず〜と瀬戸内海、二週間くらい滞在しながら撮影してたりしてたので」
(うん)
「まあ、やっぱりホテルの問題だったりとか(笑)」
(泊まると来ないわけでしょ?普通。そういう島にも行くわけ、)
「民宿みたいな所に泊まったこともありましたしね」
(あ〜)
「はい」
(村中が覗きに来るんじゃないの?大丈夫?)
「はい、もう何か人口みんな来てるんじゃ無いか?みたいな(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「感じでした」
(一日ず〜と見てる?)
「はい」
(ああそう?(笑))
「いや〜優しかったですけど」
(あ〜)
「ほっこりしました」
(名も無い漁村も良いんだよな)
「うん」
(瀬戸内海)
「そうですね〜」
(うん)
「あの、ホントに波も静かなので」
(うん)
「凄い、あの朝日とか夕陽とか、みんなで見ながら」
(うん)
「はい、やってました」

(どう?松田くんは)
「いや、今回あの航太先生の役柄が、とてもこうハッピー、ハッピーな
役だったので」
(うん)
「凄い現場でも、まあ明るかったですし」
(うん)
「あの何かダジャレ何か言いながらも(笑)」
(あっ)
「はい」
(ツッコむ役でしょ?)
「私がツッコむ役ですね」
(役だよね)
「はい、スリッパ持って」
(うん)
「はい」
観客「(笑)」
「「ちゃんとして」って(笑)」
((笑)初めてでしょ?ツッコむ役って)
「そうですね、なかなか無かったですし、突然スリッパ出て来て、頭叩け ちゃうみたいな」
(そう、)
観客「(笑)」
「(笑)」

(最初どうでした?「頭叩け」って言われた時)
「いや、「え?じゃぁ良いんですか?」みたいな感じでした(笑)」
(どうしても、やっぱり手加減するでしょ?)
「そうですね、最初は躊躇しましたけど、」
(うん)
「やっぱりやってく内に何かだこう快感というか」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「「良い音出したい」みたいに思い始めてしまって」
(ああそう?)
「はい、練習しましたね」
(練習した?)
「はい、手で、自分で」
(どの、どういう風に叩いたら良いかっての?)
「良い音が出るのと、どのポジションが痛くないかとか」
(うん)
「の、」
(結論は?)
「やっぱり振り下ろすですね」
観客「(笑)」
「止めるんじゃ無くて(笑)。振り下ろすと、ホントに良い音が出て」
((笑))
「リアルな音を使ってるんですけど、あれ、オンエアでも」
(うん、で場所はどの辺が?)
「場所はですね、」
(うん)
「やっぱ叩く位置とか、こう位置関係にもよるんですけど」
(あっそれよるんだけど)
「左手と右手でまた全然違いますし(笑)」
(へぇ〜)
「極めましたね(笑)」

(極めた?)
「はい」
(とにかく振り、振り切る?)
「振り切ること、結構大事でした」
(こうじゃ無くてこうやるって事?)
「そうです、止めると、まあ痛いですし、音もパンって終わるんですけど」
(うん)
「こう振り切ると、パーンってこう響くんですよ」
(あ〜)
「最終回は本当にもう良い音出たので」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)楽しみにしててください」
(自分でも納得のいく音が出る?)
「もうみんな「ハッ」ってなりました(笑)」
(ああそう?何か目覚めたんじゃないだろうな?)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「もうそれいい、」

(スリッパって良い音するんだよね)
「良い音します。また良い音出るスリッパを選びましたから」
(あっスリッパ選びもやったの?)
「ありましたね、最初の方に」
(はぁ〜)
「はい」
(どういうスリッパがやっぱ良い音する?)
「普通のが良いですね」
(普通の通い?)
「あのホントに、小学校なんかにある様な」
(うんうん)
「ああいう、地味目な(笑)」
(安いやつで)
「はい、そう」
(その辺のが一番良い?)
「はい、良い音出ますね」
(へぇ〜)
「(笑)」
(松田くん叩かれてどうなんだろうね?)
「いや、何度もやってると、何だかこう目がちょっと段々怖くなって(笑)」
((笑)ああそう?)
「「すみません、大丈夫ですか?」って言うんですけど」
((笑))
「「いや、大丈夫」って言ってくれるんで」
(でもやっぱ振り切るんだろ?)
「振り切りますね(笑)」
((笑))
「ちょっと納得行かなかったら「ねっ監督もう一回やりますよね?」みたいな
感じ(笑)」
(え?自分の方から言うの?)
「(笑)「今のちょっと違いましたね」みたい」
(へぇ〜)

(瀬戸内海ってのは、いっぱい、田舎の人っていっぱいくれるだろ、物を)
「とにかくミカンを山ほどくれましたね」
(あ〜)
「とっても甘くて。普通のミカンとはちょっと違くて、何かこう皮が少し分厚く」
(あ〜)
「って、」
(うんうん)
「凄くあの歯応えとか、食べ応えあるミカンを、」
(うん)
「とにかく会う人みんなくれましたね」
(ミカン)
「はい」
(あの田舎ってホントくれるよね。特に漁港の人)
「あ〜」
(俺一回漁港に行って)
「はい」
(「タモさんですか?」って言われて「はい」って。そしたら2,3時間して来たん
だけども、伊勢エビ5匹くらい持って来る)

「え〜?(笑)」
観客「へぇ〜」
「凄いですね」
(「ええ〜?」)
「あ〜」
(凄いくれるよね、あの田舎の人って)
「そうです、優しいですよね〜」
(うん)

「またあの向こうのお弁当って凄い豪華で」
(え?)
「あの瀬戸内海で出るロケ弁当」
(瀬戸内海ロケ弁当出るんだ)
「はい。あの、」
(どこから調達してる?)
「どこ何ですかね?私も不思議ですけど」
(豪華な?)
「何かお弁当箱も、」
(うん)
「お弁当箱にデザインがされていて」
(へぇ〜)
「何かお皿のデザイン、描いてある上にこう一つ、一品一品乗せてあったり
とかして」
(うん)
「このお弁当箱ちょっと持って帰りたいなって思うぐらい」
(そんなに豪華?)
「しっかりした物を、はい」
(美味しいの?それ内容も、内容も豊富で)
「あの、玉子が美味しかったです」
(玉子?)
「はい(笑)」
観客「(笑)」
「何かこうお母さんが作ってくれたような味と言うか」
(玉子焼き?)
「卵焼きがとても美味しかったですね」
(はぁ〜)
「はい(笑)」

(実は俺玉子焼きっていまだに満足出来たことが無い)
「え〜?」
(あれはね、難しい。色んなとこでこう蕎麦屋とか出される、ホントにこう出汁巻き
とか美味いじゃ無いですか、フワッとして)

「美味しいですね〜」
(あれが出来ないんだよね)
「あっ料理ですか?自分で」
(料理して)
「ああ〜」
(何度も、過去何十回もやったけどね)
「あっホントですか?」
(うん。料理本見ても、その通りやってんだけどもやっぱり)
「う〜ん」
(違うよね)
「何なんですかね?」
(何だろうね)
「(笑)」
(玉子焼き好き?)
「好きです」

CM明け

(え〜うちゲッターズいまして、これ当たるんですよ。ちょっと占ってもらいま
しょうか?)

「はい」
(ゲッターズ今日来てますか?来てますよね)
ゲッターズ飯田さん登場
観客「(拍手)」
(あ〜よろしく)
「あっどうも」
ゲッターズ「どうも初めまして」
「初めまして」
ゲッターズ「よろしくお願いします」
「お願いしま〜す」
ゲッターズ「ちょっと占いをしまして」
「あ〜」

(どうですか?)
ゲッターズ「手相の方はですね、あの運命線っていう線があるんですけ
  ども、これがあの手首の、親指の下からこうやってグ〜って伸びて
  るんですね」
(うん)
「うん」
ゲッターズ「こういう伸びてる、ちょっと珍しいんですが」
(うん)
ゲッターズ「こういうカタがあるとあの親の恩恵とか、あと身近に凄い
  味方が現れるって人が、こういう手相が出てくるので」
「う〜ん」
観客「へぇ〜」
ゲッターズ「何で常にあの誰かから応援されるとか、近くに必ず支援者と
  いうのが現れる人が、強い味方がいる人が」
「あっ良いですね」
(うん)
ゲッターズ「出る手相で、」
(良い)
ゲッターズ「これは凄く良い手相」
「へぇ〜」
(へぇ〜。珍しいんだ?それは)
ゲッターズ「あの真っ直ぐな方とか、」
(あっあっ親指の下にこう生える)
ゲッターズ「親指の下からこう出てるっていう方が凄い」
「うん」
ゲッターズ「あと長生きする方でもこういうかたが多い」
(へぇ〜)
「え?長生きするんですか?」
ゲッターズ「はい、凄いパワーのある手相です」

ゲッターズ「あと生年月日とお名前から占いしまして」
「はい」
(ええ)
ゲッターズ「え〜基本かなりお喋りなのと、一言多いってクセがあるので」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
(どうなの?)
「気をつけます(笑)」
ゲッターズ「(笑)」
観客「(笑)」
ゲッターズ「後語ることが好きなので」
「へぇ〜」
ゲッターズ「何か不思議な話が好きだったりとか」
「あ〜」
ゲッターズ「あの周りからしたら何の話してるの?みたいなとこについついハマ
  ってしまう所が出やすいタイプですね」
(へぇ〜)
「うん、あ〜そういう人にひかれたりしますね」
ゲッターズ「そうですよね」
(ああそう?)
「はい」

ゲッターズ「で話すだけ話して、あんまり人の話を聞いてないっていうタイプ
  なので」
「(笑)」
観客「(笑)」
「そうなのかな〜?」
ゲッターズ「はい」
「気をつけよう」
ゲッターズ「でも女優の星を持ってるので」
(あ〜そうですか?)
「へぇ〜」
ゲッターズ「演技と芸術っていうのが凄い長けてるので」
「あっそうですか?」
ゲッターズ「そこ非常に良いタイプですね」
「良いですね」
(良い)
「はい」

(来年からどう?)
ゲッターズ「あっ、ええと来年から流れが絶好調に良くなります」
「え?」
観客「おっ!」
ゲッターズ「で本格的、26歳過ぎてからもっと大きくなります」
観客「へぇ〜」
「へぇ〜」
ゲッターズ「全然、もう今と違うくらい運気の流れが良くなるので」
(ああそう?)
ゲッターズ「はい」
(へぇ〜)
「26?」
ゲッターズ「26歳」
「6年後」
(今二十歳?)
「二十歳なります、もうすぐで」
(へぇ〜)
「はい」
ゲッターズ「これからが楽しくなります」
(へぇ〜凄い)
「あ〜嬉しい〜」
観客「(拍手)」
「ありがとうございます」
(へぇ〜)

二度目のCM明け

武井 咲さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(いきなりだったから)
「はい」
(あっ百分のX、え〜真ん中ピタリ賞、前後賞もあります。100人の女性が
スイッチ持ってます、何行きましょう?)

「ええとですね、あのもう、もうすぐクリスマス」
(ええ、明日イブ)
「という事も、はい、ありまして。今月中に、」
(うん)
「想いが通じた人?」
(お〜、あっ12月に入ってから?)
「はい」
(あ〜想いが通じた人)
「はい、ちょっと」
(100人中何人いますか)
「3人」
(3人?行ってみましょう)
「はい」
(12月中に想いが通じた人、3人、スイッチオン)
今月になってから相手に想いが通じた人という人・・1人
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(残念でしたね)
「あ〜でもハッピーですね」
観客「(拍手)」
(一人いました)
「クリスマス」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
三浦知良さんの写真が表示されました
武井「う〜ん」
(お〜)
観客「お〜」
生野アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども」
男性「はい」
生野アナ「タモリさんにお電話代わりま〜す」
(あ〜お久しぶりです。もしもし?)
三浦「お久しぶりです」
(お久しぶりです)
三浦「どうも」
(どうも)
三浦「ご無沙汰してます」
(明日いい、「いいとも」ですが大丈夫ですか?)
三浦「いいとも!」
(いいとも、じゃぁお待ちしてます)
武井「(笑)」
(よろしくお願いします、失礼します)


明日のゲストは 三浦知良さん




いいともニュース
オープニングダンスにホリデーレギュラーの鈴木福さん、ゲストの
ふなっしーさんが加わりnoon boyzと4人で行いました。




THEなぜフェッショナルアワード
 クリスマスだから新作持ってきちゃいましたSP

進行役・香取慎吾、
プレゼンター・下記
審査員・タモリ、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃
    ゲストの


「なぜそんな事を極めようと思ったのか?という事を極めた
「なぜフェッショナル」を紹介し称えるというコーナー
今回は以前登場して話題となった人が新作を披露するので
観客の投票でどの新作が良かったかを審査する特別企画

一人目(プレゼンター・三村マサカズ)
 なぜフェッショナル・編みメーターの やたみほさん(39歳女性)

 「鉄拳もビックリ!編み物でパラパラマンガを作っちゃった主婦」

 新作
 問題「**と**アニメを作っちゃいました」
 正解「タモリサンタと月曜レギュラー陣のアニメを作っちゃいました」

 作品・白黒のフィルム柄の前にツリーが描かれた赤と青のセーターが
    あり、それが左右に分かれるとフィルムにタモリさんの顔が白黒で
    浮かび、続いてそこからカラフルな毛糸を使ったレギュラー陣が
    顔を出し、最後はレギュラー陣が周りを囲む中、サンタクロースに
    なったタモリさんが出て来るという作品

二人目(プレゼンター・千原ジュニア)
 なぜフェッショナル・66歳男性(元雑誌編集者)

 「落ちていた貝殻を組み合わせて500種類の動物を作っちゃった男」

 新作
 問題「貝殻の**と貝殻の**と、ちょっと**を再現しちゃいました」
 正解「貝殻の動物園と貝殻の水族館と、ちょっとアルタを再現しちゃいました」
    (動物園はふなっしーさんが正解でジュニアさんが額部分にキス
    水族館は武井壮さん正解で同じく武井さんの額にキス
    アルタは指原莉乃さん正解で指原さんの頭頂部にキスしていました)

 作品(貝殻など全て海の物を組み合わせて作った3作品を紹介)
 ・貝の動物園(アルマジロ、レッサーパンダ、モモンガ、ハリネズミ、
     ミーアキャット、トラ、カンガルー、テナガザル、チワワ
     マルチーズ、ウシ、ダチョウ、ワオキツネザルなど)
 ・貝の水族館(ハリセンボン、タコ、タツノオトシゴ、ヒゴイ、アシカ、
     伊勢エビ、オウムガイ、タカアシガニ、セイウチ、マナティ、
     コウテイペンギン、ラッコなど)
 ・貝のアルタ(タモリさんや月曜レギュラー陣、セット裏のADさん、
     最前列の観客など)

三人目(プレゼンター・渡辺直美)
 なぜフェッショナル・寿司職人の57歳男性

 「一本の太巻きを切っていくと、どんどん色んな絵や字が出て
  来ちゃう寿司職人」

 新作「今年流行ったアレを巻き寿司にしちゃいました」

 作品紹介
 ・一回切るとクリスマスベル、2切れ目はトナカイ、3切れ目は
  タモリさんの顔という巻き寿司
 ・一回切るごとに「お」「も」「て」「な」「っ」「し」「−」
  「(ふなっしーの顔)」と出て来る巻き寿司
  (ふなっしーの巻き寿司はふなっしー自身が自称イリュージョンで
  試食して美味しいと言っていました)

四人目(プレゼンター・指原莉乃)
 なぜフェッショナル・氷職人の56歳男性

 「氷の中をドリルで削り花を咲かせてしまう男」
  (前回も披露した氷の中に花を咲かせる彫刻を生披露)

 新作「クリスマスリース」

 作品紹介
 ・クリスマスリース
   リース部分の氷、赤や青などの小さい花多数が並ぶ氷を
   2枚貼り合わせて作った、製作に4日間かかった作品

五人目(プレゼンター・武井壮)
 なぜフェッショナル・彫刻家の本堀雄二さん(55歳男性)

 「世界の美術館が絶賛!段ボールで仏像を作っちゃった男」
  (前回も紹介した仁王像を披露)

 新作「タモリ観音像を作っちゃいました」

 作品紹介
 ・タモリ観音像
   製作期間3日間というマイクを持って直立するタモリさん像
   (色の部分は基本段ボールの柄を使って作りますが、タモリさんの
   髪の毛とサングラスは黒く着色して作成)


審査結果・観客の投票により四人目の氷職人の方の優勝





いいとも!特大号SP
 レギュラー全員がクリスマスプレゼント!!

進行役・生野陽子
出演者・タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、
    指原莉乃、武井壮


12月25日放送「ラストクリスマス特大号」で視聴者プレゼントする
レギュラーの品物を紹介

タモリ「コートとゴルフクラブ」
  (「タモリ倶楽部」で冬良く着ていた革のコートとダイワの未使用の
  アイアンセット)





テレフォンショッキング以外のゲスト
ふなっしーさん(THEなぜフェッショナルアワード/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る