今日のいいともニュース
2014年1月9日(木)
今日の出演者 タモリ 山崎弘也、ピース、ベッキー
坂口憲二、よゐこ、ケンドーコバヤシ、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは坂口憲二さん 昨日 三浦春馬さん明日 妻夫木聡さん
宣伝・ドラマ 医龍4 花束・多数(下記) 

花束は平幹二朗さん、岸部一徳さん、夏木マリさん、佐々木蔵之介さん
  小泉今日子さん、キムラ緑子さん、稲森いずみさん、小池徹平さん
  伊藤英明さん、阿部サダヲさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「あけましておめでとうございます」
(おめでとうございます)
観客「(拍手)」
「今年もよろしくお願いします」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(ねっ)
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
(カッコイイね)
観客「カッコイイ〜」
「???」
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「あっ良いですか?はい、失礼します」

(え〜(花束)来てますよ。第一三共ヘルスケア)
「あっ、はい。「ガスター10」ですね」
観客「(笑)」
(あ〜)
「正月飲んでください」
(これあの)
「はい」
(これ注意しとかなきゃいけないね、伊藤くんね)
観客「(笑)」
「アイツはいつもそう、この間もですね、」
(ねえ)
「あの「医龍」の現場にですね」
(え?来た?)
「出て無いのにあの全スタッフ、共演者にカレーの差し入れを」
(伊藤くん?)
「はい」
観客「へぇ〜」
(何で?)
「英明がしてくれて。いや、理由聞いたら「「医龍」大好きだから」」
観客「(笑)」
「「頑張って欲しい」って」
(スタッフ全員って物凄い数じゃないの?)
「ケータリングが」
(ケータリングで?)
「「飾りじゃ無いのよカレーは」ってお店???」
観客「(笑)」
「はい」
((笑))
「でも多分最終回くらいに出たいのかな?みたい」
(出たい)
観客「あぁ〜」
「ワイロ的な物だと思うんです、はい」

(それにしちゃ)
「ちょっ、高すぎ、」
(坂口、)
「俺はこれは良いですけど、小泉さんを差し置いてですね」
(そう、自分の名前が何倍大きいの?)
「デカッ」
観客「(笑)」
(贈る相手が大きくて、自分が小っちゃいでしょ。逆じゃ無いですか、これ)
「あっ、そうですよね」
(これ、ねっこれおかしいよ、これ)
「おかしいですね」
(あれ(坂口さんの名前を)余白に書いてるみたいなもんだろ)
「(笑)」
観客「(笑)」
「ただのおまけみたいなってますね」
(伊藤くんおかしいよ、これは)
「おかしい」
(ハッキリ言いますけども)
「(笑)」
(ねえ。これぐらいならまあね、)
「はい」
(小泉キヨンキヨンですからね)
「はい、ありがとうございます」
(岸部さんとかいっぱい来てます)
「はい」
(佐々木蔵之介さん来てます)
「あっ皆さんあの共演者の方ですね」
(あ〜)

(あっこれ(花輪)ですね)
「はい。今日夜、」
(「医龍(4)」)
「9時から2時間やらせてもらいます」
観客「(拍手)」
(2時間。2時間は凄い)
「はい、もうパート4までお陰様で」
(あ〜どうぞどうぞ)
「失礼します」

(これ録画、撮りは時間かかるんじゃないの?)
「まあそう、オペシーンがやっぱり大変です。この間、」
(カットも色々変えて)
「はい。一話だけでも一週間以上朝から晩まで」
(ホント?)
「はい」
観客「へぇ〜」
「ず〜とやってましたね」
(へぇ〜)
「オンエアで見るとホントこんな30分とかちょっとになっちゃうんで(笑)。まあ
大変ですけど」
(はぁ〜。あれやっぱりこう角度が難しいんだろうね、撮る角度も)
「そうですね。あの、」
(こう医者がいっぱい居てね)
「はい。動きが実はあんまり無いので、逆にカメラマンさん達は工夫して
色んな角度で撮ってもらったりとか」
(一週間かかるの?これ)
「そうですね、大体、」
(手術のシーン)
「そうです2,30ページくらいの」
(へぇ〜)
「そのくらい掛かりますね」
(朝から晩までその同じシーン?)
「ず〜とこうルーペしてやってるんで」
(やって)
「もう、凄い頭痛くなって大変ですけど(笑)」
(そうだよね)
「ええ」

(9時間くらいやってる?)
「そのぐらいやってますね。大体8時入りで、終わりがやっぱ12時くらいまで
やって」
(へぇ〜)
「やってますね」
(それやったら何かおかしくない?気分的に)
「ちょっとやっぱあの、夜中になって来るとおかしくなり出しますね(笑)、
皆さん」
(おかしくね)
「はい」
(何か冗談やんないと)
「あの、よく稲森なんかはピンセットでこう人の事つまんで来るんですよね」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「真似て僕が小池徹平の乳首ずっとこうやってあの、」
観客「(笑)」
「ピンセットでいじってたら、真顔で「止めてくれ」ってこの間言われました」
((笑))
観客「(笑)」
(何やってんの?それ)
「いやもう何か、やる、何ですかね?おかしくなって来る、ホント」
(確かにねおかしくなるんですよ)
「はい」

(それでどうでも良いことが物凄くおかしくなんない?)
「なって来ますね」
(夜中)
「はい。あのこの間ちょっと差し入れをした時、おもちゃのこう鼻とメガネと
ヒゲが、のやつあるじゃないですか」
(うんうん)
「で、それがあったんですけど、なぜかそれを稲森さんが付けて入って来たん
ですよね(笑)」
観客「(笑)」
(普段は大した事無いでしょ?)
「全然そんな事しない人なんですけどね」
((笑))
「遅くなるとやっぱ。それでずっと自分で笑ってるんですよね」
観客「(笑)」
(自分、)
「自分で、はい」
(自分で笑ってんの?)
「で僕たちは大して面白く無いんでスッと???たんです」
((笑))
観客「(笑)」
(やっぱ人間おかしく成るんだよね)
「そうですね、ずっ、何かそうですね」
(で一つの事を繰り返したくなるよ、おかしさが)
「はい」
(普通だったらもう二度目は飽きるんだけども、あれ人間ってず〜と繰り返すと)
「はい」
(段々段々おかしくなってくる)
「分かります、何か」
(それでまた現場に戻って)
「はい」
(VTR回ると戻れる?ちゃんと。その事思い出さない?)
「ちょっとはい、引っ張っちゃう時がありますけど(笑)」
観客「(笑)」
「戻るようにはしてますけど」
((笑))
「はい」

(あっあれスポーツ紙、スポーツ紙ちょっと見たけど)
「あっ、去年ですか?夏ぐらい、はい去年」
(あれは何?あの、)
「プロレスやらせてもらって(笑)」
(プロレス)
「はい」
(やったんだよね、これ)
「自分あの父親がプロレスラーで」
(ええ)
デイリースポーツ2013年8月18日芸能面の記事が登場
「はい」
観客「あぁ〜」
観客「へぇ〜」
観客「(拍手)」
「ウチのあの兄が、兄貴がいるんですけどDDTっていう団体でプロレスやって
まして」
(ええ)
「夏にあの「両国国技館で試合があるからセコンド付いてくれ」って言われて」
(セコンドに行ったんでしょ?)
「ただセコンドで応援してたんですけど、ちょっと最後兄貴がやられそうなっ
ちゃったんで」
(うん)
「これヤベエと思って入って行って(笑)」
観客「へぇ〜」
(これでしょ?)
「思い切りドロップキック、はい(笑)」
観客「(笑)」
「思い切りやっちゃい、」
(これ何やってんの?これ)
「はい(笑)」
観客「(笑)」
「一応スーツで革靴でやったって所にやっぱ評価して欲しいなっていう(笑)」
観客「(笑)」
(これ、こういう予定もちろん無かった?)
「いや、じゃ無いですじゃ無いです」
(じゃぁ兄貴、)
「もう兄貴がちょっと俺の方見て「助けてくれ」って顔してたんで」
(うん)
「もうこれは弟としては行くしか無いと思って(笑)。思わず入って」

(お父さん有名な、我々の世代のもうスターのプロレスなんですけども)
「はい」
(その頃見てて、やっぱどっかに残ってんのかね?)
「そうですね、はい」
(DNAが)
「で最後は親父の必殺技出したんですけど、あのアトミックドロップって」
(あっやったの?それも)
「はい(笑)。このドロップキックの後に、はい」
(凄いね〜)
「(笑)もう」
(決まった?それも決まったの?)
「それも、はいバッチリ決まってですね」
(そんな事やってた?今まで)
「子どもの頃はプロレスごっこやってましたけど」
(うん)
「まあ大人なってから」
(やらない)
「はい」
(どっかにやっぱあったんだ)
「でも夢はやっぱプロレスラーなる事だったんで」
(あっそうなの?)
「はい」
観客「へぇ〜」
「はい」
(へぇ〜)
「でもまあ、そうですね夢叶ったというか、はい(笑)。一瞬でした」
(プロレスラーじゃないよね、でもね)
「まあそうですね(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

CM明け

(最近趣味は何か増えた?)
「最近ですね。あの去年の誕生日に」
(うん)
「あのウイスキーを」
(おっ)
「あの響の30年っていう、まあ凄い良いウイスキーをもらってですね」
(うん)
「ちょっとウイスキーを始めたんですけど」
(誰からもらった?響の30年)
「伊藤英明です」
観客「(笑)」
「「お前も大人になれ」という、多分メッセージを込められてた」
(響の30年ってなかなか無い)
「はい、無いみたいです。僕も全然、あんまり飲んだ事無くてですね」
(うん)
「まあ「美味しいな〜」と思うんですけど、あのやっぱウイスキーって
こうグラスだったり、氷も丸氷とかで飲む」
(うんうん)
「その何かやっぱ分からなくて、どうやって良いのか」
(うん)
「チラッと、はい、タモリさん詳しい、」
(30年俺も一本持ってる)
「持ってますか?」
(持ってる、あれ美味いよ)
「ホント美味いですよね」
(うん)

(あれ、あれぐらいのウイスキーなるとストレートだって)
「あっ、もう氷入れないんですか?」
(氷入れない入れない)
「へぇ〜」
(もったいない。もったいないよ、それ)
「あ〜。でもちょっと濃い、濃いかな〜?っていう」
(いや濃くない濃くない濃くない。いやガバッと飲んじゃ駄目よ)
「はい、まあはい(笑)」
(ウイスキーなんか香りを楽しむ、鼻にこう抜ける)
「チョビチョビって感じですか?」
(うん)
「あ〜」
(これぐらいの小っちゃな、こう)
「グラスはでもこういう、」
(あっ小っちゃなやつ、これぐらいのテイスティンググラスってあるの、こう)
「あっワイングラスのあの小っちゃいやつ?」
(小っちゃいやつ)
「はい」
(あれ、あれで飲む。ちょっと注で)
「あ〜」
(ウイスキーまず香りだから)
「はい」
(ここの中に入れてこう鼻から抜ける香りをまず楽しむ、氷入れちゃ駄目)
「駄目なんですか?」
(駄目駄目)
「(笑)」
観客「(笑)」

「でも丸氷とか、」
(丸い氷って)
「はい」
(俺いまだに不思議なんだけど)
「あれ家で作れないじゃないですか、あれどうして、やっぱこうやんなきゃ駄目
なんですか?こう」
(あれね、機械があるんだ)
「あっあるんですか?ああいう」
(うん、あれね俺見たけどね、あのこういう金属製のこう半分にやるとこういう)
「あ〜」
(のになってて。それをねお湯に浸けるらしいんだ)
「へぇ〜」
(それで四角く切った氷を中に挟んでこうやったら、これぐらいのスピードで
落ちてく行く)

「あ〜」
(で丸氷が。何であれが必要な分からんないんだ)
「そう」
(俺一回試して飲んだんだけど)
「はい」
(こう飲んだら鼻のとこピタッって来る)
「(笑)」
観客「(笑)」
「いや、そこに付いちゃ行けないんですか?やっぱり」
(分かんねえんだ、あれ何、何だか知らないけで流行りみたいでさ。何度やっても
こう)

「(笑)」
観客「(笑)」
(バーでカッコイイ、)
「はい」
(この辺(口周り)がテカテカテカテカして)
観客「(笑)」
(あれ分かんない)

二度目のCM明け

坂口憲二さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート)
「はい」
(ピタリ賞真ん中で前後賞あります)
「当てますよ」
(はい、何行きましょう)
「ええと、まあ「医龍」今日からやるんですけど、」
(2時間スペシャル)
「お陰様、8年やらせてもらってパート4まで行ったんですけど」
(もう8年なる)
「はい」
(はぁ〜)
「あのシリーズ1,2,3全部見たっていう」
(あ〜)
「あっDVDでも良いです。あの後々でも良いです」
(100人中何人います?)
「ええとですね、18人でお願いします」
(10、)
観客「え〜」
「ちょっと強気です」
観客「もっと」
(18人、スイッチオン)
「頼む!」
ドラマ「医龍」シリーズ全て見ている人・・28人
「お〜」
(え〜)
観客「あぁ〜」
「そんないるんだ」
(凄いいるじゃない)
「はい。喜んで良いのかどうかよく分からないです(笑)」
観客「(笑)」
(喜んで良い、喜んで)
「じゃぁ今回も是非見て下さい(笑)」
観客「(拍手)」

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
妻夫木聡さんの写真が表示されました
(あ〜)
観客「(歓声)」
倉田アナ「もしもし、「笑っていいとも」と申しますが。もしもし」
妻夫木「あっ、はい」
倉田アナ「あっ今タモリさんに代わります」
妻夫木「は〜い、お願いします」
(お久しぶりです、タモリです)
妻夫木「お久しぶりです」
(どうも。明日「いいとも」大丈夫ですか?)
妻夫木「はい、大丈夫です」
(あっじゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
妻夫木「いいとも〜」

坂口憲二さんはこの後「タモレオン」「エンディング」にも出演

明日のゲストは 妻夫木聡さん




一番楽しんだのはオレだ!!正月王決定戦!!
進行役・倉田大誠
審査員・タモリ
出演者・山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、ゲストのよゐこさん

    (笑福亭鶴瓶さんはお休み)

正月休みの間に撮った写真を発表し、それをタモリさんがどの
写真が一番良いかを決める企画

1・山崎弘也さん
 ・アメリカのパームスプリングスでゴルフをしている写真
 ・くりぃむしちゅーの有田さんと旅行に行き、有田さんに
  撮影してもらった。

2・ベッキーさん
 ・13年ぶりに正月旅行(別々に2カ所)をした。
 ・韓国旅行でホテルの部屋の中にあるプールに入っている写真
 ・沖縄旅行で海岸にいるところを友達に撮影してもらった写真

3・ピースさん
 ・サッカー番組でワールドカップの対戦相手のコートジボワールに
  コンビで行った。撮影した地域にアジア人が来たのは初めて肌の
  色など珍しがられた。
 ・綾部祐二さんが現地の子供たちに囲まれている写真
 ・又吉直樹さんが現地の男性と太鼓を叩いている写真
  綾部さんは歓迎されて現地の人に囲まれていたが、又吉さんは
  スタッフに間違えられた様だった。

4・よゐこ有野晋哉さん
 ・ハワイに行った
 ・空港でレポーターの井上公造さんと関西の番組のレポートで
  来ていた男性に取材されている写真。
  取材途中でヨンアさんが到着し、みんなそちらに行ってしまった
  ので、ヨンアさんの取材している記者の背中を撮った写真も公開

5・よゐこ濱口優さん
 ・若手芸人5人くらいと行き先を決めず空港で待ち合わせ、チケットが
  取れたのが広島だったので宮島などに旅行した。宿は一日一組しか
  泊めない宿が取れた。
 ・33歳で頭髪の薄い若手芸人と濱口さんが一緒におふろに入っている写真

審査結果・ピースさんの優勝。ピースの2人には「正月王」と書かれた法被、
     帽子、トレーナー、のぼりが渡され、番組終了までその姿で出演




ザキヤマプレゼンツ ナ!ナ!ナ!何のアンケートでSHOW!
進行役・山崎弘也、倉田大誠
解答者・タモリ、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのよゐこさん、ケンドーコバヤシさん


アンケートの結果を発表するので、それをヒントに何のアンケート
なのかを当てるクイズ。正解者は商品(アン毛糸マフラー)獲得

第一問のアンケート結果
「20歳から59歳までの子どもがいる母親に聞きました」
  ((株)ネオマーケティング調べ)

 10歳0.4%、11歳0.2%、12歳3.1%、13歳0.2%、14歳0.4%
 15歳10.2%、16歳2.5%、17歳4.1%、18歳38.1%、19歳2.9%
 20歳23.4%、21歳1.2%、22歳9.0%、23歳0.2%、24歳0.2%
 25〜29歳1.0%、30〜39歳2.0%、40歳〜2.3%

解答
 濱口「カツラにしようと思った年齢」
 ケンコバ「原チャリに興味湧きまくり」
 又吉「人生最初の絶望を経験した」
 ベッキー「青春だなと思ってた時代」
 ケンコバ「ヒザに違和感を感じた年齢」
 濱口「肩に丸みを帯びてきた年齢」
 有野「選挙に行った年齢」
 タモリ「お年玉を一番もらった年」

正解「何歳までお年玉をもらっていた?アンケート」





なりすましタモリを探せ!タモレオン!!!!
進行役・倉田大誠
出演者・タモリ、テーマ関係者
解答者・山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー
    ゲストの坂口憲二さん、よゐこさん、ケンドーコバヤシさん


タモリさんがテーマに関する本物の人2人と共にボイスチェンジャーを
使って話をするので、どれがタモリさんかを当てるクイズ

今回のテーマ・医者

解答・B番がタモリさん
   (AとBで意見が分かれましたが坂口憲二さんの判断でB)

正解・Cがタモリさんでした
   (Aは帝京大学医学部付属病院心臓血管外科の医師
   Bは北千束整形外科院長の整形外科医)




曜日対抗いいともCUP
「振り袖テーブルクロス引き」
参加者が着た振り袖の右袖部分に瓶が5本並べてあるので、それを
テーブルクロス引きの様に引いて倒れずに残った数を競うゲーム
今シーズンから週間1位になると50ポイント、2位は30ポイント、
3位は10ポイント獲得出来、その通算獲得ポイント数を競う方式と
なりました。

参加者・綾部祐二(2本)→山崎弘也(4本)→又吉直樹(0本)→ベッキー(4本)
    →有野晋哉(3本)→濱口優(2本)

成功数・15本

月曜日 18本(0)火曜日 16本(0)水曜日 21本(0)
木曜日 15本(0)金曜日 (0)優勝 
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数

テレフォンショッキング以外のゲスト
よゐこさん(正月王/何のアンケート/タモレオン/エンディング告知(有野さんのみ)
  (映画「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986マイティボンジャック」))
ケンドーコバヤシさん(何のアンケートでSHOW/タモレオン/エンディング告知
  (TV「人志松本のすべらない話10周年突入!MVS全員集合」))



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー76(2013年10月〜12月)へ進む
いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る