今日のいいともニュース
2014年1月16日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶 山崎弘也、ピース、ベッキー
安藤美姫、カンニング竹山、サマー、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは安藤美姫さん 昨日 安藤優子さん明日 今田耕司さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は安藤優子さん、ウエンツ瑛士さん、絢香さん、桂由美さん
  AIさん、ザ・たっちさん、荒川静香さん、八木沼純子さん
  鈴木明子・小塚崇彦・高橋大輔・浅田真央・織田信成・
  村上佳菜子さん(連名)、小林宏一さん、高須克弥さん
  鈴木敏夫さんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(どうもどうも)
観客「可愛い〜」
観客「(拍手)」
(初めまして、どうも)
「こんにちは〜」
(よろしくお願いします)
「よろしくお願いしま〜す」
観客「(拍手)」
(どうぞどうぞ)
観客「綺麗」
(初登場です。よろしくお願いします)
観客「(拍手)」
「お願いします(笑)」

((花束)いっぱい来てますよ、ザ〜と)
「はい(笑)、ありがとうございます」
(こちら連名で来てます、鈴木さん、橋くん、織田くん、小塚さん、浅田さん、
村上さん来てます)

「ありがとうございます」
(仲良い、仲良いですね)
「はい、みんな」
(みんなね)
「はい、仲良いですね」
(あ〜)
「はい」
(もう小っちゃい時から一緒にずっと練習してんだ)
「そうですね」
(ねえ)
「はい」
(へぇ〜。絢香来てます)
「はい、ありがとうございます」
(ザ・たっちは何ですか?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「ええと、三遊亭こうもりさんのお知り合いで」
(へぇ〜)
「あの一度お会いした事が」
(荒川静香来てます)
「ありがとうございます」
(「安藤美姫さんへ 安藤優子」から来てます)
「(笑)」
観客「(笑)」
(??ですね)
「ありがとうございます」

(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「お願いしま〜す」
観客「(拍手)」
(ミキティー、ミキティーって言ったのは安藤優子さんらしいですね)
「はい」
(本人覚えて無いんです、昨日言ったら)
「あれ?ホントですか?」
(うん)
「そうですね、優子さんが」
(あれ出た時に言われたんですか?)
「あの何か、美姫って凄い、もう短すぎてあだ名が無くって」
(うんうんうん)
「で「友達に何て呼ばれてんの?」って言われた事がありまして」
(うん)
「で、その時に「まあミキとか、ミキちゃんとかです」っていう話をして。
「じゃぁ何か作ろう」って事に」
(その場で?)
「そうですね、15歳16歳の時にニュース番組に出させていただいた時に」
(はぁ〜)
「はい」
(へぇ〜、それでその場でまあ「ミキティーにしなさい」って言ったんだ?)
「はい(笑)」
(本人全然忘れてますよ)
「ホントですか?」
(うん)
「そうなんです」
(へぇ〜)
「はい」

(ミキティーってあだ名はどうですか?気に入ってますか?)
「う〜ん」
(あんまり気に入ってない?)
「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「友達に言われた事が無いので」
(ああそうか)
「はい」
(へぇ〜)
「(笑)」

(何歳からやり始めた?)
「9歳です」
(あ〜)
「はい」
(でも上手い人ってすぐ上手くなるらしいね、子どもの時からね)
「う〜ん、いや、でも努力しました」
(あっそう?)
観客「お〜」
「(笑)」
(プラス、プラスやっぱあるんですよね)

(他のスポーツやんなかったの?)
「あっ、あの水泳もやってましたし、後、」
(水泳いくつの時から?それ前から?)
「も、ええと小学校低学年」
(ほぉ〜)
「はい、スケートやり始めるまでやってました」
(上手、上手かった?よく、)
「は、あの級は、あの取って」
(へぇ〜)
「まあ母があのバタフライまでやると肩が大きくなるって言って、辞め
ちゃったんです」
(バタフライね)
「はい」
(俺バタフライ、バタフライだけは信じられないね、あれ)
「はい(笑)」
観客「(笑)」
(あれなぁ。俺全、やったけど全然進まなかった)
観客「(笑)」
「あっ自分も全然何か、出来ない」
(その場で沈んでいくみたいな感じだ)
「(笑)」
観客「(笑)」
(しかも何の必要があるのかね?泳ぎ方ね)
「いや、でもやっぱカッコイイですよね」
(格好いいけどね)
「やられてる方を見ると」
(それやんなかった?あれ肩そんなに要るの?バタフライ)
「あっ、やっぱりあの、一応女の子だったので」
(うん)
「母がこう、逆三角になるのはちょっとっていう」
(あ〜)
「はい。凄い肩」

(俺ね、クロールいまだに出来ないんです)
「(笑)ええ?」
観客「ぇ〜」
「そうなんですか?」
(クロール、平泳ぎしか出来ない)
「あ〜」
(後ろ向きの平泳ぎも出来ますよ。こうやって)
観客「(笑)」
「(笑)」
((笑))
「凄い。凄〜い」
(これ初めっから出来た)
「(笑)やってみ、」
(ああそう?水泳ずっとやろうとは思わなかった?)
「あっ思わなかったですね。スケートと出会ってからは、もうずっとスケート
だけで」
(へぇ〜)
「はい」
(他のスポーツはもう、そんな暇無いよね)
「そうです、あのまあ早い内に大きな夢も持てたので」
(うん)
「はい、一本でやってます」
(ずっと)
「はい」
(へぇ〜、そう?もうそれ、練習ばっかりだ、もう小っちゃい時から)
「そうですね(笑)」
(うん)
「はい」

(俺ね、俺はね、あのアイススケートやろうと思ったんだよ、中学の時に)
「ホントですか?」
(うん、アイススケートやろうと思って。そしてこう話してたら母親があの
「あんたスケートやりたいの?」って言うから「やりたいけども」「へぇ〜
やった事無いでしょ?「やった事無い」「じゃぁ私教えてあげる」って言うだ)

「お母さんもやられてたんですか?」
(この、この母何を言ってんだろう?)
観客「(笑)」
(俺たちの年代の時だよね、俺中学1年かそれぐらいか。あっ中学3年ぐらいの時。
で「一緒に行く」って「あ〜じゃぁやってもらおうじゃねえか」と思ってさ)

「(笑)」
観客「(笑)」
(そしたらあの靴貸すときあるでしょ。あそこで「ええと、スピードは無いの?」
って言ってんですよ)

「あ〜」
(「ん?スピードって何だ?」靴種類あるとは思わない)
「はい」
(そしたら「まあ良いよ」って言って「ちょっと滑るからね」凄いんだよ、シャー
シャーシャーって)

観客「へぇ〜」
(中国に居たんで)
「へぇ〜」
(自分家の庭に水撒いて練習するらしいんだ、朝)
観客「へぇ〜」
(俺すぐ止めた)
観客「(笑)」
「(笑)早い」
(母親に、母親に習うって言うのが、スポーツを)

「あ〜でもスケート選手多いですね」
(そう?)
「あの小塚選手も」
(え?お父さんとお母さん)
「はい、お父様とお母様がスケート選手」
(へぇ〜、スピードスケート?)
「フィギュアですね」
(フィギュアやってた?)
「織田選手もお母様が」
(あっそうなの?)
「はい」
(はぁ〜。お母さん、誰かやってた?)
「ウチはあの家族誰もやって無いですね」
(やってない?血筋もやっぱりあるんだよね。へぇ〜)
「はい」

((スケート選手連名の花束を指し)何かホントに仲良いの?)
「凄い、はい、仲良いです(笑)」
観客「(笑)」
(「あの野郎」と思ってる人なんか居るんじゃない?)
「(笑)いや、」
観客「(笑)」
「いないです」
(「アイツ失敗すれば良いな」って思ってないよね?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「はい、もうみんなであのご飯行ったりとか」
(ああそう?)
「お買い物も行ったりとか」
(うん)
「はい、凄く仲良いですね」
(へぇ〜)
「はい」

(あのやっぱ跳ぶ、跳んで回転するってのは、とてつもなく難しいんでしょ?)
「いや〜どうなんでしょう?」
(うん)
「もう一回転までは結構多分出来ます」
(すぐ出来る?)
「はい」
(へぇ〜、そうかね?)
「はい、1日で後ろ向きのスケーティングは出来ます」
観客「へぇ〜」
「はい。絶対、」
(出来ない出来ない)
「(笑)」
観客「(笑)」
(後ろ向きよ)
「絶対出来ます。あの後ろ向きの方があの怖くないんで」
(ええ?何で?)
「ええと、前だと、」
(後ろ向きの方が怖いでしょ?後ろ向き)
「いや、あのバランスが取りやすいのと」
(後?)
「はい」
(へぇ〜)
「前の方がこう重心をきちんと置かないと滑っていけれないので」
(うん)
「あの後ろ向きの方が」
(あっそうなの?)
「はい、凄いあの安心感あります」
(へぇ〜、それすぐ出来た?後ろ向きは)
「はい」
(小っちゃい頃)
「はい」
(へぇ〜)

(いや、俺信じられない)
「(笑)」
(後ろ向きでしかもあのスピードで行くんですよ。ジャンプ前とか)
「(笑)はい、まあそこまで行くのは練習が必要なんですけど」
(うん)
「でも、はい」
(すぐ出来る?)
「すぐ出来ます」
(ええ?)
「出来ます」
(俺後ろ向き格好いいなと思ってたんだ)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

CM明け

(もうソチの一ヶ月切ったって話してたら、団体戦が開会式前にある)
「はい」
(そんな事あるの?)
「そうですね」
(開会式があって開会するわけでしょ?)
観客「(笑)」
「何かあの、スケジューリングが厳しくって」
(うん)
「ペアスケーティングがもう開会式始まってすぐとかで」
(へぇ〜)
「そうするとこう、あの疲れがドンドンドンドン選手に溜まっていって
しまうからかな?と思い、」
(はぁ〜、あっそういう事も考えてあんだ)
「思いますけど」
(へぇ〜)
「はい。そう、」

(学生の時バードウォッチングやってたって本当なの?)
「はい(笑)、バードウオッチング・クラブでした」
観客「へぇ〜」
(マニアックな事やってるね、わりと)
「はい」
(出かけて行って、あのこんな壁の後ろでこう覗いたりしてたの?)
「あの小学校の頃だったので、」
(小学校からやった?)
「小学校の付近の、あの野鳥を見にとか」
(行ってた?)
「はい、インコのお世話をしたりとか」
(へぇ〜)
「はい」
(鳥好きなんだ?)
「鳥、あの動物凄く好きで」
(うん)
「鳥と喋れます」
観客「え〜」
観客「(笑)」
(鳥と喋れる?)
「はい、何か結構鳥、動物って凄い人のこう気持ち受け取るというか」
(うんうん)
「で、絶対「ワーワー」言ってる鳥ちゃんでも、」
(うん)
「触らせてもら、自分は触れたりとか」
(へぇ〜)
「はい」

「インコを飼ってたんですけど」
(インコなんてあれ気強いよ、凄い)
「いや、それがですね、飛んで来たんです、インコが。中学校の時に、」
(うん)
「青いインコがお家に飛んで来て」
(うん)
「で自分の手にしか乗らなかったですね、やっぱり」
(ホント?)
「はい」
(それどっかからか逃げてきた訳でしょ?)
「そう、多分飼われてたインコが飛んで来ちゃって」
(うん)
「凄いでも、」
(すぐ、すぐ来た?)
「はい。幸せの青い鳥で」
(うんうん)
「その年、14歳だったんですけど」
(うん)
「四回転成功して」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「はい。幸せの青い鳥で(笑)」
(あっ俺の、そう言えば俺の知ってるとこの酒屋なんだけども、酒屋に野生のメジロが
入って来て)

「あ〜」
(それでもうそこに店に居着いて出て行かないって言うんだよ)
「可愛い、」
(やっぱ鳥そういうのあるのかな?)
「あると思います」

(喋れるって分かるの?向こうの言う事も)
「「こんにちは」は言いましたね」
観客「(笑)」
「(笑)」
(何?え?「こんにちは」って言う?)
「はい。何かあと「美姫ちゃん」は結構教えました」
(そう?)
「美姫ちゃん」
(「美姫ちゃん」って言うの?)
「はい。もう死んじゃったんですけど」
(あっその、)
「インコ、はい、死んじゃった」
(その青い鳥が言ってたの?)
「はい」
(へぇ〜)
「(笑)」
(「こんにちは」って言うの?そういう)
「「こんにちは」って言ってました(笑)」
(「美姫ちゃん」)
「「美姫ちゃん」って言ってました」
観客「(笑)」
「(笑)」
((笑))

二度目のCM明け

安藤美姫さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分の一(X)アンケート、ピタリ賞真ん中で前後賞あります)
「はい、」
(何行きましょう?)
「これはですね、」
(ええ、狙ってくださいよ)
「狙ってたんです、凄い欲しくて」
(はい)
「うんと、何かこの前あの全日本、まあオリンピック選考会だったんですけど」
(ええ、ええ)
「さいたまスーパーアリーナでやらせていただいて」
(うん)
「で、その全日本フリー、女子フリー」
(うん)
「の、場所に、の会場で」
(観てた人?)
「観てた方」
(あ〜、何人いますかね?100人中)
「え〜?3人?」
(3人?)
観客「ぇ〜」
「え〜?いないですかね?」
観客「(笑)」
(行って見ます?)
「1人」
(1人)
観客「(笑)」
「(笑)」
(弱気になったね〜)
「1人で」
(女子フリー、さいたまアリーナで観た人、スイッチオン、1人)
「うわ〜」
先日の全日本フィギュアスケート選手権大会女子フリーを会場で観た人・・0人
「あ〜」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(いなかったね〜、残念)
「残念」

(明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
今田耕司さんの写真が表示されました
(おっ)
観客「おぉ〜」
倉田アナ「もしもし。もしも〜し?今田さんですか?もしも〜し」
今田「もしもし」
倉田アナ「あっ今タモリさんに代わります」
今田「もしも〜し」
(もしもし)
今田「あっ、」
(もしもし)
今田「今田です」
(どうも、お久しぶり)
今田「あっお久しぶりです」
(明日「いいとも」大丈夫ですか?)
今田「いいとも〜!」

安藤美姫さんはこの後、発音王、いいともCUP、エンディングに
参加しました。


明日のゲストは 今田耕司さん




ザキヤマプレゼンツ ナ!ナ!ナ!何のアンケートでSHOW!
進行役・山崎弘也、倉田大誠
解答者・タモリ、笑福亭鶴瓶、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのカンニング竹山さん


アンケートの結果を発表するので、それをヒントに何のアンケート
なのかを当てるクイズ。正解者は商品(アン毛糸マフラー)獲得

第一問のアンケート結果
「全国の男性839人に聞きました!」
  (グッドウィルプランニング調べ)

 1位-出川哲朗
 2位-木村拓哉
 3位-明石家さんま
 4位-向井理
 5位-狩野英孝
 6位-有吉弘行、井上祐介(NON STYLE)
 8位-綾部祐二、福山雅治、武田修宏

解答
 ベッキー「一緒にジェットコースターに乗りたい」
 又吉「ピンクのシャツを着て欲しくない」
 竹山「このメンツ、車がとっても 良いではなかろうか」
    (山崎さんに解答は川柳でと指定されました)
 ベッキー「スーツと赤いバラが似合いそう」
 タモリ「一緒に酒を飲んでみたい」
 鶴瓶「宴会に一人居といて欲しい」
 べっきー「宴会に来ないで欲しい」
 鶴瓶「合コンに来ないで欲しい」○

正解「合コンにつれて行きたく無い芸能人は?」

理由
 出川哲朗さんは「声がでかくてうるさい」「やたらと仕切りそう」
 木村拓哉さんは「女子を全部持って行かれそうだから」
 綾部祐二さんは「チャラいし出しゃばりそう」





なりすましタモリを探せ!タモレオン!!!!
進行役・倉田大誠
出演者・タモリ、テーマ関係者
解答者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー
    ゲストのカンニング竹山さん


タモリさんがテーマに関する本物の人2人と共にボイスチェンジャーを
使って解答者の質問に答えるので、どれがタモリさんかを当てるクイズ

今回のテーマ・船長
      (質問やトークについての詳細は省略させていただきます)

解答・C番がタモリさん
   (ベッキーさんはA、竹山さんや綾部さんはBでしたが鶴瓶さんの
   絶対にCという意見で決定)

正解・Cがタモリさんでした
   (Aは豪華客船「にっぽん丸」船長
   Bはレストラン船「シンフォニーモデルナ」船長)




目指せ!ハワイ 発音王
進行役・タモリ、倉田大誠
審査員・ティーチャースチューデントドットコムのサマー先生
出演者・笑福亭鶴瓶、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、
    ゲストのカンニング竹山さん、安藤美姫さん


英語の発音を競うコーナー。一番優秀だった人は貯めればハワイ
旅行に行ける旅行券1000円分獲得

1「watermelon(ウォーターメロン)」・最優秀はベッキーさん
2「Tyrannosaurus(ティラノサウルス)」・最優秀はタモリさん
   (タモリさんは解説での発音が良く最優秀に選ばれました)




曜日対抗いいともCUP
「成人式を祝おう!升取ってカンパイ」
段ジェンガの様に枡が十三積み重なっているので、それを崩さず
取っていくゲーム。制限時間45秒の間に何個の升を引き抜く事が
出来たかを競います。崩れた場合はその時点でゲームオーバーと
なります。

参加者・ベッキー→安藤美姫→綾部祐二→笑福亭鶴瓶→又吉直樹→
    山崎弘也→ベッキー→安藤美姫→綾部祐二

成功数・9個

月曜日 9個(30)火曜日 5個(10)水曜日 8個(50)
木曜日 9個(0)金曜日 (0) 
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数
 (1位50ポイント、2位30ポイント、3位10ポイント)

テレフォンショッキング以外のゲスト
カンニング竹山さん(何のアンケート/タモレオン/発音王/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る