今日のいいともニュース
2014年1月17日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜
今田耕司、林家正蔵、ゲッターズ飯田、板倉俊、noon boyz、内田嶺衣奈


テレフォンショッキング
ゲストは今田耕司さん 昨日 安藤美姫さん月曜 西島秀俊さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は山下智久さん、ウエンツ瑛士さん、ザブングルさん、斎藤工さん
  第69代横綱白鵬翔さん、豊ノ島大樹さん、ハロー植田さんなどから
  届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
「いや、」
観客「(歓声)」
「どうも」
観客「(歓声)」
(どうも)
「いや〜」
観客「(拍手)」
「お願いします」
観客「(拍手)」
「あらま〜」
観客「(拍手)」
「あらま」
(何年ぶり?何年ぶり?)
「16年ぶりですって」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「いや、そんなに経ってる感じが全然しなかったです」
(変わんないね)
「いや〜、何か最後16年前、」
(じゃぁ16、16年って、16年前っていくつ?)
「ええと32です」
観客「へぇ〜」
「あっ3月で僕48になる」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「48です。」
(変わんない)

「あの、16年前に出た時は、最後皆さんの前でず〜とタモリさんに
ニヤニヤされながら、身体触られてた」
観客「(笑)」
(え?(笑))
「はい。運動し始めた頃で、僕が」
(あ〜そうかそうか)
「もっと10キロぐらい細かったんです」
観客「へぇ〜」
(そうそうそうそう)
「それで何か、あの「身体鍛え始めました」って言ったら、タモリさんが
ず〜とね、あのショッキング中ずっとニヤニヤしながら」
((笑))
観客「(笑)」
「「付いてんね〜」って」
((笑))
「立たされて、ずっと触られてた」
(そうそうそう。脚も綺麗なんだよね)
「脚が、そうあの、はい」
観客「へぇ〜」
(ほら)
観客「綺麗」
(こう綺麗でしょ、脚)
観客「綺麗」
「じゃぁすみません、16年ぶりにどうぞ」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
タモリさんが今田さんの脚を触り初め
観客「(笑)」
最後に股の間から手を出してました
観客「(笑)」
「いやいや、違います」
観客「(笑)」
「(笑)16年前も無かったです、これ」
((笑))
観客「(笑)」
「いや〜」

(へぇ〜、いや〜相変わらず続けてる?運動)
「いや〜あの続けてますね、あの寝技と言うか、昔はあの寝技をやって
たんですけど、」
(うんうん)
「寝技の方はちょっとケガ逆にするんで」
(あっそう?)
「やっぱあの体重重い人に乗られて足ひねったりとか」
(あ〜)
「突き指とか」
(うんうん)
「首とかで結構」
(痛めるんだ)
「で、今もうキックボクシングだけ」
(ああそう?)
「はい」
(へぇ〜、やってるんですよ)
「あとやっぱりジムだとやっぱりもう、たまに張り切られてこう、ノースリーブで
やる方とかおられるんですよ」
(うんうん)
「で、こうスパーリングも」
(もやる?ちゃんと)
「やるんですよ」
(うんうん)
「やるんですけど、あのやっぱ脇固めとかされると、あのちょっとパンチの
効いたあの脇の下ヌルッとなるのが」
((笑))
「僕何の技もかけられて無いんですけど、それで大体タップしてました、こう」
((笑))
観客「(笑)」
「「無理だ」って。関根さんも一回来られましたよ」
(あっそう?)
「同じ道場、はい」
(格闘技好き)
「好きな」

((花束)いっぱい来てますよ)
「はい」「 (ウエンツ)
「あっウエンツ。あっ山P」
(山P、ピーちゃん)
「今、はい、一緒に」
観客「(拍手)」
「月曜8時で」

(これは何なの?白鵬、豊ノ島)
「あっ白鵬さんと豊ノ島さん。あっありがとうございます。あの入江、
カラテカの入江が」
(あっカラテカの入江)
「あの、なぜかどういう繋がりでかは分かんないですけど」
(うん)
「お友達なんです」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「で一回あの、ウチの家でいつも後輩集めて冬場鍋するんですけど」
(うん)
「その「今田さん家で友達ちょっと呼んで鍋やって良いですか?」って
言うんで」
(入江が?)
「入江が」
(うんうん)
「いつもあの後輩に鍵渡して、もう仕込んでてもらうんです」
(うんうんうん)
「それで後輩にも鍵渡して「ほんな仕込んでおいてくれ」って言って、僕
名古屋で仕事あったんで」
(うんうん)
「で、「途中から行くわ」って言って、自分の家なんですけど」
観客「(笑)」
(家)
「はい」

「「もうやっといて、先」って言うて、帰ったら」
(うん)
「草履が」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「玄関にあって。「あれ?」お相撲さんの知り合いってのは聞いてたんですけど」
(うんうんうん)
「まさかと思いながら。で家の廊下を歩いて行ったら、鬢付け(びんづけ)の
匂いがび〜んとして」
(うん)
「リビングがちゃと開けたら、横綱がこうやって座ってるんです???」
観客「(笑)」
(凄いね)
「凄かった、あの大関と豊ノ島さんと」
(うん)
「で白鵬さんと」
(へぇ〜。場所、場所取るね〜)
「いや〜大きかったです。あのトイレとかも心配しましたけど。あの
「全然出来ます」と」
(ああそう?)
「むちゃくちゃ気さくな方で」
(へぇ〜)

「で宮迫とか堀健とかもおったんですけど、」
(うん)
「何でか知らんけど、ウチのリビングで、最後ぶつかり稽古なりました」
観客「(笑)」
「一人ずつ」
((笑))
観客「(拍手)」
「一人ずつがぶつかって、全部白鵬さんが」
(横綱が?)
「はい」
(良いの?)
「もう身体一個ひねるだけでみんな倒れて行きました」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「手とか使わないです」
(ホント?)
「「これだけで良いんです」って言って」
(うん)
「ぶつかって行ったら、こうキュッとひねると、もうバタッってみんな倒れる」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜凄いね)
「はい。宮迫とか負けず嫌いなんで、最後横綱と、あのこの動いたら負け
やってました、こうやって(手の平同士をぶつけ合い相手がバランスを崩して
倒れたら負けというゲーム)」
((笑))
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「パチ〜ンって」
(それも効かないだろ?)
「全く効かないですね。それも負けてました」
(へぇ〜)
「凄かったですね〜」

((花束)いっぱい、ザブングルとか来てますよ)
「はい」
(どうぞどうぞ)
「あっハロー植田って、今週4回、4日くらい一緒にいる後輩です」
観客「(笑)」
(何やってるの?週4日)
「あのB'zの、」
観客「ぁ〜」
「B'zの稲葉さんが大好きで」
(うん)
「ずっとB'zのモノマネばっかりやってる人で」
(へぇ〜)
「はい、ず〜と。でも頭物凄いハゲてる」
((笑))
観客「(笑)」
「でもそれを指摘されるのが嫌なんで、あの後輩なんですけど、挨拶は「(アゴを
前に出すだけ頭は下げないで言う)」ってやる」
((笑))
観客「(笑)」
(こう(頭を下げる)やらないんだ)
「はい、こうやらない」
(あ〜)
「「(再度再現)」ってやる。いやこれは〜」

(やってるね、スポーツも続くね)
「そうですね、趣味は続いてますね」
(うん。あと趣味何がある?)
「あとは、え〜ピアノ」
(え?)
「も一応続けてます」
観客「へぇ〜」
「これもうあの3、全部30過ぎからです」
(へぇ〜)
「30過ぎてから、あの、」
(ピアノ、ピアノやり出したの?)
「はい、やり出しました」
(クラシックの?)
「はい。あの月亭邦正が」
(バイエルンとかそういうのから初めて?)
「いえ、もうあの好きな曲から始めました。で月亭邦正が、あのピアノ
ヤマハ教室に昔通ってたんです、20代の時に」
(へぇ〜)
「で家で、あの山崎の家遊びに行ったらピアノがあって」
(うん)
「で、そこで山崎は弾いてるのを見て「どうやってやんの?って言って、
片手でこう一個ずつ押さえるとこから始めて」
(そう、曲から行くってそれ難しいだろ?)
「はい、あの「戦メリ」が物凄く好きで」
(「(メロディー)」)
「はい」
(うんうん)
「あれを弾いてたんです、邦正が」
(あ〜邦正が、うん)
「で、」
(それを習った?)
「はい、それを何か」

「それ、ちょっとややこしいですけど、その時も山崎の家で
英会話教室やってたんです」
観客「(笑)」
((笑))
「何か、何か30代から色んな事したいと思うときで」
(うんうん)
「山崎が知り合いの英会話の先生をその時連れて来て」
(うん)
「で僕と雨上がりのホトちゃんと、3人で」
(うん)
「で今の山崎の奧さん、まだ同棲してるときで」
(うん)
「4人で、ず〜と英会話の勉強してた」
(へぇ〜)
「山崎とホトちゃん相手に「Nice to meet you」ってずっと」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」

CM明け

(ゲッターズ飯田の占い)
「ええ」
(これ当たり、)
「もう無茶苦茶当たるって聞きますね」
(無茶苦茶当たる)
ゲッターズ飯田さん登場
観客「あ〜」
観客「(拍手)」
ゲッターズ「すみません」
(あ〜どうもよろしく)
「あ〜」
ゲッターズ「???まして」
「でもさっき本番前携帯いじってたから、お前占いサイト見てた」
ゲッターズ「(笑)」
観客「(笑)」
ゲッターズ「見て???、見て無い」
観客「(笑)」
「絶対見てたやろ?占いサイト」
ゲッターズ「いや、見て無い」
「メッチャ見てたもん、こうやって」
ゲッターズ「(笑)これでちゃんと、ちゃんと勉強して」
「ほんま?」
ゲッターズ「はい」
(昨日、昨日安藤さんず〜と占い)
ゲッターズ「楽屋でず〜と喋ってましたね」
(ああそう?)
ゲッターズ「はい」
「え?あっ、終わってから?」
(終わってからず〜と)
「へぇ〜」

今田さんの手相の写真が出て来ていて
(うわぁ〜、これ小じわが多いね、これ)
「いやもう冬場滅茶苦茶乾燥するんですよ」
(あ〜)
ゲッターズ「シワ多い方ちょっと細かい事気にするっていう所あるんですが」
「ええ(笑)」
ゲッターズ「今田さん、感情線っていう線に 「はい」
ゲッターズ「こういう何か網目状に少しなってるんですね」
(うん)
ゲッターズ「こういう方は、あのちょっと過去の恋愛を引きずったりとか。
  昔の恋どうしようかな?って非常に考え過ぎてしまう所が出ているので」
「・・・・はい」
(え?)
「へぇ〜」
ゲッターズ「で、」
(どう?どう?どう?)

ゲッターズ「で良い線があるのが」
「はい」
ゲッターズ「ココに、この線が真っ直ぐ、まあここ2つ分かれてるんですけど」
「ええ」
ゲッターズ「あの、この線、まあ女性でも多くの方ある、これが出てると」
「はい」
ゲッターズ「結婚する相手が近く現れたりとか、そろそろそういうの意識する
  人が現れると」
「ええ?」
ゲッターズ「出てくると思います」
「いや、でも意識したりとか「ええな」って現れると、何かすぐ写真撮られて
  終わってまうんやけど」
((笑))
観客「(笑)」
ゲッターズ「あっでも、あの運気的には」
「うん」
ゲッターズ「2014年の末、」
「はい」
ゲッターズ「来年今田さん結婚する運気が来てます」
「ええ?来年?」
(来年?)
観客「へぇ〜」
ゲッターズ「今年の末、来年ですね」
「今年の末から来年?」
ゲッターズ「はい」
「マジか〜」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
「マジか?」

ゲッターズ「で、元々凄い優しいので良いんですけども」
「ええ」
ゲッターズ「相手の細かいチェックを気にし過ぎる所と」
「うん」
ゲッターズ「根が物凄く臆病なので」
「あっ臆病、物凄い臆病」
ゲッターズ「びびらなければすぐ決まると思います」
観客「(笑)」
「すぐびびる。あの、基本的に付き合っても「いつか飽きられるやろな」とか
  思いながら付き合ってる」
ゲッターズ「あの、」
「いつかあの捨てられるやろな、みたいな」
ゲッターズ「そう、疑うところがどうしてもあるので、疑わず、今丁度良い
  流れになるので」
「へぇ〜」
ゲッターズ「ココでパッと良い方が見つかる」

「あの具体的にこうした方がええっていうの、何か無いの?」
(はぁはぁはぁ)
ゲッターズ「あ〜」
「あの何か、差すとか」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)何か」
ゲッターズ「そんな、白い物出来るだけ着た方が、白い服を着たりとか」
「白い服かいな?」
ゲッターズ「はい」
「普段俺真っ黒しか着てない」
(ダメ)
「白? ゲッターズ「白。細かくはタモリさん」
(あと細かい事は)
「あ〜そう(ココでCM入り)」

二度目のCM明け

今田耕司さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(アンケート行きましょう)
「いや〜待ってました、はい」
(ピタリ賞真ん中で、前後賞あります)
「はい」
(何行きましょう)
「いや昨日から考えてたんですけども」
(うん)
「え〜どうしよう?じゃぁ、」
(うん)
「え〜本番中に、今、」
(うん)
「え〜「いいとも」始まってから本番中に」
(うん)
「実は、あの屁こきました」
観客「(笑)」
((笑))
「あの、今みたいなタイミングで」
((笑))
「「あ〜、ブー」ってこう」
観客「(笑)」
「多分大丈夫やろな?と、まあもよおすと思うんですよ」
(あ〜)
「緊張もね、しますから」
(そうそうそうそう、)
「でも何か、ワ〜って」

(まあそれを調節するのが大人なんです(笑))
(下記の放送では前コーナー「目指せ!言葉の達人」参照)
「そう」
観客「(笑)」
「排、排出」
(排出(笑))
観客「(笑)」
「そうですね、だからまあ中にはその大人になりきれてない」
(きれない人、思わず出ちゃう)
「???思わず、ワッって笑いながらこう浮かしてやった人は、」
(失敗した)
「何人かいるんじゃないか?と。現にまあ、段々目合わさない人が何人かいてる
んで」
観客「(笑)」
(思わずね)
「はい」
(失敗、失屁)
「思わずです」
(失屁(しっぺ)って言うんだけど、これ)
「ええ、40分ぐらいでしょ?もう。44分」
(100、100人中何人いるでしょう?)
「はい、え〜3人」
(3人)
観客「え〜」
(スイッチオン)
「あっ、」
(え?)
「3人!」
今日「いいとも」本番中にオナラをした人・・1人
「あ〜!」
(あ〜)
観客「あぁ〜」
(惜しい)
「???1人にしたら良かった〜」
(あ〜惜しい)
「ただ1人屁こいてるんですね」
((笑))
観客「(笑)」
「あら〜」

(じゃぁ明日(月曜日)のゲストご紹介しましょう、こちらです)
西島秀俊さんの写真が表示されました
(お〜)
観客「(歓声)」
内田アナ「??」
西島「もしもし」
内田アナ「西島さんですか?」
西島「はい」
内田アナ「タモリさんに代わります」
西島「はい」
今田「タモリさん」
西島「お願いします」
今田「それこそ身体バキバキですよ、西島さん」
(バキバキ)
今田「はい」
(そうだよ。お久しぶりです)
西島「あっお久しぶりです」
観客「(歓声)」
(身体バキバキですか?)
西島「いや、そんな事は無い(笑)」

今田「いや、この間映画、」
西島「はい」
今田「映画見ました。バッキバキですよ」
(そう?)
今田「はい」
西島「あっありがとうございます」
(凄いね)
今田「凄い」
西島「いえ、」
今田「凄い映画ですよね、あれ」
西島「あっありがとうございます。何、何だろう?」
今田「日韓のやつです、あの」
西島「あっ、はいはい、ありがとうございます」
今田「あれ凄い」
(凄い?)
今田「一瞬だけしか見えないんですけど、」
(うん)
西島「(笑)」
今田「尋常や無い背筋というか」
(ホント?)
西島「いや、良いんです、もうそれは」
観客「(笑)」
(へぇ〜)
今田「いやあの、西島さんココ立ってタモリさんに是非触られて下さい」
西島「(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(明日(月曜)、明日大丈夫ですか?)
西島「はい、大丈夫です」
(あっじゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
西島「はい、いいとも〜」

今田耕司さんはこの後「負けず嫌いマッチ2014」「エンディング」にも
参加しました。


月曜日のゲスト 西島秀俊さん




クイズ!ゲストが出題者!!今一番したいのはどれでSHOW
進行役・タモリ、内田嶺衣奈
出題者・ゲストの林家正蔵さん
解答者・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、
    ゲストのさん


出題者ゲストが3択の内の今どれを選びたいと思っているかを
当てるクイズ

今回の出題者・林家正蔵さん

今回のテーマ「今、一番食べたいカレーはどれでSHOW?」

林家正蔵さんのカレーの歴史
・カレー好き歴24年。
・カレーにはまったきっかけは「いいとも」レギュラー時代にタモリさんの
 家でインドカレーを食べて衝撃を受けた事がきっかけ。
・多い時は週6日、昼と夜にカレーを食べる。
・これまでに入ったカレー専門店は約3〜4000店

1・「ジャズ喫茶「ジャズオリンパス!」のカレー」
  ・お茶の水にあるジャズ喫茶店のカレー
  ・旨味の後に辛さが後追いする。
  ・ご飯3割、カレー7割の割合でスプーンに乗せて食べて欲しい

2・「インドカレー「デリー」のカレー」
  ・銀座などに店があるパキスタン系インドカレーのお店
  ・旨味の後に辛さが後追いする。
  ・中でも「カシミール」がお薦め。食べ方は玉ねぎのアチャールと
   スペイン漬けキュウリをご飯の上に乗せ、カレーはかけずに
   別の容器のままスプーンで一口飲んでからご飯を食べる。

3・「レストラン「香味屋」のカレー」
  ・ヨーロッパには無い日本だけの欧風カレー
  ・ブイヨンとイチボ肉を使ったカレー
  ・食べ方は一口分ずつ容器からご飯にかけて食べる。福神漬け
   などはご飯の端に置く。

 解答・1番
 正解・1番
    正解したためレギュラー陣がカレーを試食し、林家正蔵さんは     食べる事が出来ませんでした。





国語辞典をアップデート 目指せ!言葉の達人
進行役・田中裕二、
解答者・タモリ、関根勤、草なぎ剛、劇団ひとり、木下優樹菜、内田嶺衣奈
    ゲストの林家正蔵さん
審査員・小学館「大辞泉」編集長の板倉俊さん


小学館の「大辞泉デジタル版」では新しい語釈を募集しているので、
テーマの言葉の新しい語釈を考えるコーナー

募集して実際に採用された例
「愛」自分に関する記憶や思いや遺伝子を相手に刻みたいという思い。

今回の言葉「大人」
   現在の語釈は「一人前の人間として思慮分別があり、社会的な
   責任を負えること。また、その人」

達人作品
「1年365日を異常に早く感じてしまう人」(木下優樹菜)
   1日や1週間ではなく1年にした所が良い

入選作
「ワサビの味が楽しめる人」(林家正蔵)
   (大人と子どもの境をワサビを持ってきている所が面白い)

ボツ作品
「親孝行をしている人」(草なぎ剛)
   (ベタ。親孝行は子どもでも出来る)
「蟻の行列を見て「頑張って!」と心の中でつぶやける人」(関根勤)
   (子どもにも当てはまる)
「中学生の敵。特に思春期を迎えた中学生からは「大人は何も分かっちゃ
  いないやら「大人はいつもそうだ」と疎ましがられる事が多い。
  しかし、そんな彼等も数年後には同じ立場になって「何も分かっていな
  かったのは俺の方だった・・・」と猛省することになり、その気付き
  こそが大人への第一歩なのかもしれない」
(劇団ひとり)
   (長い。大人の説明のために大人という言葉を使ってはいけない)

未熟作品
「排泄がきちんと調整出来る人」(タモリ)
   感情や怒りで表現する事はあるが、なぜ排泄で表現するか分からない





劇団ひとり企画 負けず嫌いマッチ2014
進行役・タモリ、
出演者・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、
    ゲストの今田耕司さん


劇団ひとりさんの持ち込み企画で、劇団ひとりさんが出演者と対決
するというコーナー

今回のテーマ「クイズ!お腹いっぱい」

クイズを行いますが、解答席のプレートやマイクや花、正解者へのメダル、
スタジオ内の果実、両サイドにいるADさんのメガネなど全て食べられる物で
作ってあるので、それをゲーム内容を知らない「司会者役」に気付かれずに
食べるというゲーム。
司会者役に「何か食べてるだろ」と指摘されたら負けとなります。

「クイズ田中でポン」
 解答者・劇団ひとりvs今田耕司
 司会役・田中裕二

 クイズを4問(約3分間)行いましたが、田中さんが解答者が何かを食べていると
 気付くこと無く時間切れとなり、引き分けでした。





曜日対抗いいともCUP
「成人式を祝おう!升取ってカンパイ」
段ジェンガの様に枡が十三積み重なっているので、それを崩さず
取っていくゲーム。制限時間45秒の間に何個の升を引き抜く事が
出来たかを競います。崩れた場合はその時点でゲームオーバーと
なります。

参加者・劇団ひとり→田中裕二→木下優樹菜→草なぎ剛→内田嶺衣奈→
    関根勤→劇団ひとり→田中裕二→木下優樹菜→草なぎ剛

成功数・9個

月曜日 9個(30)火曜日 5個(10)水曜日 8個(50)
木曜日 9個(0)金曜日 9個(0) 月&木&金曜
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数
 (1位50ポイント、2位30ポイント、3位10ポイント)

テレフォンショッキング以外のゲスト






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る