今日のいいともニュース
2014年1月21日(火)
今日の出演者 タモリ、中居正広、大竹一樹、バナナマン、澤部佑、ローラ
槇原敬之、嗣永桃子、noon boyz、久代萌美


テレフォンショッキング
ゲストは槇原敬之さん 昨日 西島秀俊さん明日 田中理恵さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝はCD「Listen To The Music3 Buppu Label」

花束は高見沢俊彦さん、T.M.Revolution西川貴教さん、EXILEさん
  KinKi Kidsさん、松たか子さん、加藤いづみさんなどから
  届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「マッキー!」
観客「マッキ〜!」
観客「(歓声)」
観客「マッキ〜!」
観客「マッキー!」
観客「(拍手)」
(お久しぶり)
「お久しぶりです」
(ねえ)

((花束)いっぱい来てますよ)
「ありがとうございます、凄い」
(加藤いづみ、KinKi Kids、西川くんとか)
「はい、「堂本」で、はい」
(ええ)
「はい」
(これ(花輪)何ですか?「Listen To The Music3」)
「あ〜、はい、カバーアルバムが」
(ええ。そう?)
「もう、ええと、え?今日?22日?」
(うん)
観客「明日!」
「明日?出ます」
観客「(拍手)」
(お客さんの方が知ってる)
「(笑)すみません、ありがとうございます」
((笑))
「(笑)」
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「??します」

(相変わらず曲作りばっかりやってる?)
「そうですね、オタクな」
(オタクだよね)
「そうなんです、もうお家にいるの大好きですね」
(ああそう?)
「はい」
(へぇ〜、たまにこう気分転換でちょっと飲みに出かけよう何ての無い?)
「飲まないんですよね」
(あっ飲まないの?)
「飲め無いんですよね」
(へぇ〜)
「もう飲むと、ちょっともう何か様子がおかしくなっちゃうんで」
(うん)
「(笑)」
(ああそう?)
「ダメです、全然飲まない」
(酒乱?)
「あ〜あのね、」
(飲め無い酒乱?)
「の、だから飲まなくても酒乱になれる」
((笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「そんな事は無いですけど」
(ああそう?)
「全然、タモ、タモリさん凄いお飲みになりますもんね」
(飲む飲む飲む、ええ)
「うらやましいです、お酒の場とかは凄い好きなんで」
(うん)
「もうみんなが楽しそうにバカな事喋ってんのとかは、素で、素で」
(参加、)
「参加出来ます」
(へぇ〜)

(食べ物は?)
「食べ物は、」
(趣味がある?)
「いやもう何でも食べますね」
(嫌いな物無い?)
「無いですね」
(ええ)
「そうなんです。でも最近ちょっと何かあの、こうちょっと忙しくさせていた
だいてるんで」
(あっず〜と仕事ばっかりで)
「そうなんです、はい。だからこう、ねっ、あんまり食べに行ったりとか出来
ないんで」
(家にある物食べてるの?)
「そうですね、家にある物食べてますね(笑)」
観客「(笑)」
「これがもう、ちょっとね、ドキドキする様な事今チャレンジ中でして」
(え?)
「あの、ケーキとか色々好きなんですよ、甘い物とかも」
(うんうんうん)
「で、買うんですけど。で冷蔵庫、僕凄い電気屋なんで、実家がね」

(あっそうなの?)
「そうなんですよ」
観客「へぇ〜」
(はぁ〜)
「もう実家の、この間お正月久し振りに帰ったんですけど、家に冷蔵庫が4台
あったんです」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「凄いでしょ。何かね冷、」
(えっ何、それ売る物じゃ無くて)
「いえ、ちゃんと」
(家、家で?)
「家で」
(家に使うやつが?はぁ〜)
「意外と電気屋さんってあの、こう新品が家にあるイメージあるじゃないですか」
(うんうんうん)
「無いんです」
(古い形のやつ?)
「そう、お客さんがもう新しいの買うので引き取ったやつを」
(うん)
「例えばあの使ってたりとか」
(あっそうなの?)
「そうなんです。だから最新とか全然知らなくて」
(へぇ〜)

「それで何か、だから僕も結構冷蔵庫信じてて」
(うん)
「何か(笑)、こう冷凍してれば何とかなると思ってるんですよ」
(うんうんうん)
「それで、何とか冷蔵庫に入れとこうと思って。色んな物買って来てね」
(うんうん)
「「よし、じゃぁこの仕事が終わったら食べよう」と思って」
(うんうんうん)
「こう入れとくんですけど、何かこう熱中しすぎると結構ホントに」
(あ〜あ〜)
「もう、」
(忘れるんだね)
「忘れちゃうんですね、食べてて」
(うんうん)
「で、大体こう賞味期限みたいの見ると、こう大分過ぎてたりするんですけど」
(うん)
「食べるっていう」
観客「へぇ〜」
(あ〜)
「(笑)」
(あっいやいや、それはね、)
「うん」
(分かる分かる)
「分かります?」
(うん。分かるけど、その程度問題だよね)
「いや、」
(だからコレぐらいなら良いだろうと思って食べるんだけども)
「(笑)そうなんですけど」

(どれくらい?)
「いや、全然、あの牛乳とか、この間ですね、」
(うん)
「ちょっと牛乳をですね、あの(笑)、これ冷蔵庫に入れて無かった系なんですけど」
観客「え〜!」
(え?常温で?)
「うん。ちょっと人が来た時にうっかり何かこう冷蔵庫に戻さないで置いてて」
(うん)
「で僕あの最近ちょっとホットチョコレート家で飲むってのが流行ってて」
(うんうん)
「そう、美味しいんだよ、最近の」
(ホットチョコレートって何?)
「要はその、」
(ココアとは違う?)
「ココアとは違う、あの何て言うか飲むチョコレートみたいの使って。あれも
知ってますよね。ホットチョコってよく」
(え?じゃぁチョコレート溶かした様な物なの?)
「そうなんです、だから最初に、」
(お湯で)
「こうミルク、温かいミルクでこう混ぜて、こう、まあ作り方はココアと一緒
なんですけど」
(うんうん)
「で、こう飲むのが凄いこう、仕事の終わりに良いなと思って」
(はぁ〜)
「でもそれのために牛乳買っといたんですよ」
(牛乳は入れるんだ)
「そうです、牛乳も入れて」
(うんうんうん)
「で温めて」
(うん)
「その牛乳が、せっかく買っといたのにこう外に出しっ放しになってて」
(うん)
「「ええ〜!?」と思って」
観客「(笑)」
(な、何、何日?)
「丸々二日ぐらいですかね」
観客「え〜」
(うんうんうん)

「それで、」
(暖房が入ってるよね?)
「ええと、いや、でもね、ちょ、入ってますね」
(入ってるよね)
「入ってますね」
観客「(笑)」
(入ってるよね〜)
「いやそれで、何なんでしょう?最近でも何かまあよく言っちゃう、無菌だとか」
(うんうん)
「やっぱ菌に、色々こうやらなくちゃいけないとかあるんですけど」
(うん)
「やっぱり僕らの世代ってこう、案外強いじゃないですか」
(うん、強い強い)
「「いっちまえ」と思ってですね」
(おっ)
「結構匂いを嗅ぎまして」

(うん、匂いはどう?)
「わりと牛乳だったんですよ」
((笑)ああそう?)
観客「(笑)」
「わりと。ありますよね、何か食べ物と、もう食べ物じゃ無い匂いって」
(あるある)
「ありますよね」
(うん)
「だからほら、あの酢昆布とか、結構、あっこれ、いやこれ言って良いのかな?
ちょっとあの、靴下っぽいじゃないですか」
(酢昆布ね)
「ねっ(笑)」
観客「(笑)」
((笑))
「だけど靴下は食えないじゃないですか」
(そう)
観客「(笑)」
「ねっ、やっぱ酢昆布さから美味しいわけじゃない」
(そうそうそう)
「そうそう。その狭間みたいなの辿るのが凄い好きで」
観客「(笑)」
(分かるな、酢昆布ね)
「ねっ」
(あれ、これ酢昆布じゃ無かったら臭いよね、酢昆布)
「そうなんです(笑)」
観客「(笑)」
「そうなんですよ。でも凄い食べ出したら止まんなかったりするじゃないですか」
(うん、そう)
「酢昆布大好きなんですけど」
(酢昆布大好き、俺も)
「ねっ、美味しいですよね」

「それみたいな感じで牛乳も「あっこれまだ牛乳の匂いだな」と思って」
(うんうんうん)
「それをこう、」
(ホットチョコレート作、)
「電子レンジにまずかけようと思って」
(うんうん)
「で、いつもならこう電子レンジの前にこう立ってですね、牛乳がグラグラこう
湧くのを黙認してからこう入れるんです」
(うんうんうん)
「だけど、何かその日、やっぱそういう時ってこう何か魔が差すんですね。こう
電、電子レンジにこうちょっと自動ボタンってあるじゃないですか」
(うんうんうん)
観客「あぁ〜」
「牛乳一杯とか」
(うんうん、自動)
「これ使ってみようと思って」
観客「(笑)」
「でもちょっと欲張ってて、凄い牛乳入れてたんです」
(うんうんうん)
「で、」
(あっ量がね)
「そうなんです」
(うん)

「それでちょっとトイレ行って帰って来て「あっ出来てる」と思って」
(うん)
「で、それでこう作ったんですけど、もう凄い事なりましてですね」
(ああそうなの?)
「やっぱり飲み物じゃ無かった」
観客「(笑)」
(ホント?)
「うん」
(へぇ〜)
「で、しかもその牛乳がちょっと、僕の考えてるよりちょっと温い仕上がりに
なってて」
(あ〜)
「これひょっとしたらこう、ちょっとこう倍に成ってたんじゃないかな?色んな
悪い物がという」
((笑))
「良い、良い温度になっててですね」
(やっぱりダメだった?)
「ダメでしたね」
(はぁ〜、やっぱ常温で二日はダメっていう結論)
「ダメ。気をつけてください」

「僕でも最高、最長長いので、1年前の牛乳を飲んだ事あるんです」
(ええ!?)
観客「え〜!」
(それは何ともなかったの?)
「いやこれがですね、」
(うん)
「何と偶然、これもう偶然が偶然が重なって、僕ちょっとあの昔、あの別のお家が
ありまして。で、そこに夏場、8月ぐらいにこう、これぐらいの大きなのね」
(うん)
「あの牛乳を買ってこう冷やしてたわけです」
(うん)
「ちょっとでも忙しくなっちゃって、なかなかそっちに帰れないまま」
(行けない)
「気がついたら一年経ってて」
(うん)
「ちょうど僕また牛乳、牛乳好きですよね(笑)」
(牛乳好きだよね)
観客「(笑)」
「そうなんです。で牛乳買って帰ったわけですよ」
(うん)
「そしたら同じ日付だったんです」
観客「へぇ〜」
(え?何?)
「だから何年だけ違って」
(あっ何年だけ、同じ)
「そうだった」
(日付に、ちょうど一年前って事?)
「でもう慌てん坊で、おっちょこちょいなもんですから」
(うん)
「こう去年の牛乳をですね、」
(はぁ〜)
「しかも凄い飲みたくて、冷蔵庫開けてこうその場でこう」
(飲んで)
観客「え〜」
(どうだった?結果)
「あのね、去年の夏の味がしましたね」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)」
(大丈夫だった?それは大丈夫?)
「あっ(CM入り)」

CM明け

(アイルランド行った?)
「行ってきました」
(アイルランド好きなの?)
「あの音楽が元々好きで」
(アイルランドの音楽が)
「はい。であの、皆さんが多分ご存、「世界に一つだけの花」の笛とかも、
あれアイリッシュのフルートだったりするんですけどね」
(うんうん)
「で、やっぱいくらやっても、やっぱこう本場の味にならないって言うか。
お料理もそうだと思うんですけど」
(あ〜、うんうん)
「何かこう「ちょっと何か違うな」みたいな」
(うん)
「で、これはもう何か、行くしか無いんじゃないか?と思って」
(うんうん)
「行ってまいりまして」
(行った?)
「はい」
(へぇ〜)
「まぁ〜良いとこでしたね」

(どういうとこ?イギリスとはやっぱ全然違う?)
「違います。近いんですけど」
(近い、)
「言葉も何かイギリスっぽい英語なのかと思いきや、」
(うん)
「こう侵略された歴史がたくさんあるので、わりとアメリカ人の喋る英語に
近い英語で」
(へぇ〜)
「であの、その横にあの、セーターのアランニットっていうのがあるじゃないですか」
(うんうんうん)
「それのこう発祥のアラン島ってのありまして」
(アラン島あるね)
「そこがね、良かったですね〜」
(へぇ〜、田舎で?)
「田舎ですね〜、もう」
(全然日本とは違う?)
「違いますね。あっ、北海道に近い感じはしましたね」
(はぁ〜、そう?)
「もうあの低〜い丘がそのまま、あの島になってる様な感じで」
(あっそうみたい。イギリスも高い山無いもんね、あれね)
「無いですね」
(大体こう平べったいとこで)
「だからひ、ひさしが無いと言うか」
(うん)
「で僕が行った時はちょうど何かあの、夏があの昼間の陽が長い時間だったんで」
(うんうんうん)
「物凄い焼けましたね。ゴルフやったみたいな感じに」
(へぇ〜)

(音楽はどうだった?聴いた?向こう)
「良かったんすよ」
(やっぱ違う?)
「違いますね」
(あ〜)
「で全然あの、たまたま何かテレビの収録も兼ねて行かせていただいたんですけど」
(うん)
「全然その収録の無い所で、あの、そのアイルランドの最古の、」
(うん)
「あのいわゆるパブがあって」
(へぇ〜)
「向こうの人パブ行くんですよ」
(うん)
「パブパブパブパブなんですよ」
((笑))
観客「(笑)」
「あのとにかくあのギネスビールが美味しいんですよ」
(ああそう?)
「黒いやつ、黒ビール」
(あっ黒い)
「で僕飲め無いのに、毎日飲めました」
(えっホント?)
観客「へぇ〜」
「美味しい」
(ほぉ〜)
「それをみんな飲みにこう来て。ちょうどサッカーやってたんで、みんなサッカー
見てるみたいなとこで」
(うん)

「で向こうの方で、もうこんなオジチャン達が来て、こうバンジョー弾いたり
とか、フィドルやりながら」
(うん)
「こう音楽やって、みんなそれ聴くっていう凄く良いムードなんですけど、
突然呼び出されて、僕」
(うん)
「何か「今日日本人の歌手来てるみたいね」みたいな」
(うん)
「で、何か全然あの収録の人見ても「いやいやいや、これは全然」」
(言って無い)
「でも何かこう黒ビール飲んでたから良かったですね、何か「じゃぁ行っちゃ
おう」なんていって」
観客「(笑)」
(歌った?)
「歌いましたね」
(何、何歌った?)
「自分の曲を、日本語で」
観客「へぇ〜」
(ああそう?)
「はい」
(へぇ〜)
「何か下手に英語の歌唄ったら、何か「(両手の手の平を方まで上げるポーズ)」
ってやられそうだったんで」
観客「あぁ〜」
((笑))
「(笑)」
(どうだった?反応は)
「そしたらもうあの、喜んでいただいて」
(うん)
「あの、ご覧の通り歌唄う感じに見えないので」
観客「(笑)」
「こう歌うとより衝撃があるみたいで」
(うんうんうん)
「「あなた歌うのね!?」みたいな事言われて」
((笑))
観客「(笑)」
「(笑)」
(へぇ〜)
「楽しかっ(CM入り)」

二度目のCM明け

槇原敬之さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(あっ、それじゃ百分のゲストアンケート。ピタリ賞真ん中で前後賞あります)
「当てたいですね〜」
(何行きますか?)
「あの今、あのもう今日今最終、東京の最終公演やってんですけど、ミュー
ジカルをやっておりまして」
(うん)
「僕のあの曲でつづって、宮本亜門さんが演出して」
(お〜)
「鈴木おさむさんさんが脚本書いてくれて」
(へぇ〜)
「あのジャニーズの、あのキスマイの北山くんが出てたりとかするんです」
(あっ北山出てる)
「はい」
(へぇ〜)
「で凄い、あのこの中で見に行ったよって人がいるかな?という」
(あ〜、何人いますか?百人中)
「いや、これでも何人?」
(何人?)
「ちょっと遠慮がちに6人ぐらい???」
(あ〜、6人、スイッチオン)
「??」
(「愛の唄を歌おう」)
ミュージカル「愛の唄を歌おう」を鑑賞した人・・2人
(あ〜)
観客「あぁ〜」
「あ〜!畜生〜」
(二人でしたね)
「あのね、まだ大阪の公演があるんで」
(ええ)
「旅行がてら」
((笑))
観客「(笑)」
「凄い素敵なミュージカルですよ」
(ああそう?)
「はい。僕も何か自分の曲だと思わないで泣いちゃったぐらいなんで」
(へぇ〜)
「是非観に行って欲しい。北山くん凄い良いんですよ」
(北山)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
田中理恵さんの写真が表示されました
久代アナ「もしもし」
(おっ)
観客「お〜」
槇原「え?」
久代アナ「フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども、田中理恵さんで
  いらっしゃいますか?」
田中「はい、もしもし」
久代アナ「お世話になっております。今タモリさんに代わります」
田中「はい」
(田中理恵さんですか?)
田中「はい、もしもし、初めまして田中理恵です」
(タモリです、どうも。明日「いいとも」大丈夫ですか?)
田中「はい、大丈夫です」
(あっじゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
田中「いいとも〜」


明日のゲストは 元体操選手の田中理恵さん




修正率100%謎のお見合い写真オマエ誰だよ!?
進行役・日村勇紀
解答者・タモリ、中居正広、大竹一樹、澤部佑、ローラ、久代萌美
出演者・(下記)


顔などを修正した写真が順番に出てくるので、誰の写真なのかを
当てるクイズ

一枚目・整形費用458万円相当の整形
   修正ポイント・目(約74万円)、鼻(約51万円)、口(約52万円)、
          輪郭(約281万円)
    正解者・無し
二枚目・整形費用177万円相当の修正
   ・一枚目から輪郭だけ本人に戻した写真
    正解者・無し
三枚目・整形費用103万円相当の修正
   ・二枚目から目も本人に戻した写真
    正解者・澤部佑、ローラ

今日のゲスト(Berryz工房)嗣永桃子さんでした




8000回突破記念特別企画
 タモリさんに8000円のモノを食べてもらいたいジャンケン

進行役・中居正広(ジャンケンに参加)、久代萌美
出演者・タモリ、大竹一樹、設楽統、日村勇紀、澤部佑、ローラ、
    ゲストの嗣永桃子さん


来週の火曜日に放送8000回になるのを記念して1つ8000円の食べ物が
登場するので、出演者でジャンケンをして勝利した人が食べる事が
出来るというゲーム
タモリさんが勝った場合はタモリ飴8000回記念バージョンを観客に
プレゼント

一品目「グラス一杯8000円の緑茶「King of Green HIRO premium」」
      (ボトル入りの本玉露のお茶。ボトル一本2万6250円)
  1回戦・大竹、設楽、澤部勝利
  2回戦・設楽、澤部勝利   3回戦・澤部さん勝利で試飲

二品目「2g8000円の「アルマスキャビア・ベルーガ」(青山グルメマーケット)」
      (金色のチョウザメから採れたキャビアで金と同じ価格)
  あみだくじで大竹さん勝利し試食

三品目「1人前8000円の「ふぐ唐揚げ」」
       (銀座のフグ料理店「福治」の唐揚げ)
  1回目・延々とアイコが続きやり直し
  2回目1回戦・タモリ、ローラ、澤部勝利
  2回目2回戦・タモリさん勝利で試食




命がけ!ホンモノは誰だ!?読モor格闘家
進行役・久代萌美、ローラ
解答者・タモリ、中居正広、大竹一樹、設楽統、日村勇紀、澤部佑、


A〜Cの3人の女性が登場し、1人は読者モデルで他2人は美人格闘家なので
読者モデルの女性は誰かを当てるクイズ。解答は代表者が行い、不正解の
場合はその人が罰ゲームとなります。

1回目・Bと答え×
    Bの女性は少林寺拳法の栗田佳織さんでした。
    (代表して解答した日村さんは回し蹴りされました)

2回目・Cと答え×
    Cの女性はプロレスラーの朱里さんでした。
    (代表して解答した日村さんは技をかけられました)

正解はAの石原実季さんさんでした。




曜日対抗いいともCUP
「色々パズル足ガラダス」
各面に色(緑/黄/赤/青/ピンク/オレンジ)が付いたサイコロを
指定された色で全員揃えるというゲーム。制限時間45秒間で
何回揃えられたかを競います。

参加者・中居正広、大竹一樹、設楽統、日村勇紀、澤部佑、ローラ

成功数・9回

月曜日 7回(80)火曜日 9回(10)水曜日 (50)
木曜日 (50)金曜日 (50) 
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数
 (1位50ポイント、2位30ポイント、3位10ポイント)

テレフォンショッキング以外のゲスト
嗣永桃子さん(お見合い写真/8000円のモノを食べてもらいたい/エンディング)






翌日へ進む
いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る