今日のいいともニュース
2014年2月3日(月)
今日の出演者 タモリ、香取慎吾、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、木梨憲武
竹野内豊、林修、ふなっしー、noon boyz、生野陽子


テレフォンショッキング
ゲストは竹野内豊さん 金曜 寺尾 聰さん明日 石塚英彦さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

宣伝は映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」

花束は阿川佐和子さん、麻生久美子さん、成海璃子さん、木村文乃さん
  斎藤工さん、本田翼さん、中村ゆりかさんなどから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
(お久しぶり)
「??、お久しぶり???」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「カッコイイ〜!」
観客「(歓声)」
観客「カッコイイ」
観客「(拍手)」
「???」
観客「カッコイイ〜!」
(何で顔つきが違う?)
観客「(笑)」
(我々の時と(笑)。我々の時は「(笑)」)
観客「(笑)」
(???)
「はい」
(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「失礼します」
(ええ)
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」

(え〜(花束)いっぱい来てますよ)
「はい」
(斉藤エ(え)さまから来てますね)
観客「(笑)」
「ありがとうございます」
(おお〜木村さん)
「ええ」
(来てます)
「尾野真千子さんだけ、」
(え?)
「あの、尾野真千子さんのお花だけが無いんですね」
観客「(笑)」
「(笑)」
(尾野真千子さんは、成海だん、阿川さん、無いですね)
「はい、無いんです」
(ええ)

(これ(花輪)は何ですか?)
「(笑)」
(「ニシノユキヒコの恋と冒険」)
「あっ、はい、あの今度映画をあの、まあもう間もなく、え〜」
(あっ、もう)
「はい、2月の8日に公開なんですけど」
(へぇ〜)
「はい」
(これどう、「ニシノユキヒロ(コ)」って誰ですか?)
「あの私が演じた役なんですけど」
(あっ役の方?)
「はい、はい」
(はぁ〜。どういう人?役は)
「あの死ぬほどモテる男という(笑)」
観客「おぉ〜!」
(いよ〜)
観客「(歓声)」
「はい。そういう、まあそういう」
(こう、面白い映画なんですか?この)
「ええと、」
(笑える映画?)
「笑えると言うか、まああの、え〜まあしみじみとこう見れる様な」
(へぇ〜)
「あの、え〜井口監督と言いまして、あの前作があの人のセ、「人のセックスを
笑うな」という」
(笑うな、あ〜)
「ええ、あの松山ケンイチさんと永、え〜永作博美さんの」
(ああそう?)
「はい、映画を撮った監督の作品です」
(へぇ〜)

(そ、そんなにモテる男?)
「死ぬほどモテるんです」
観客「(歓声)」
(死ぬほどモテるってどれくらいモテる?)
「いや(笑)、あの、あのまあ7人の女性と、え〜まあ今回このお話しは、あのまあ
恋をする、まあ何て言うんですかね?まあニシノユキヒコが真実の愛を求めて、
まあ、え〜さまよう様な」
(7人)
「ええ、話なんです」
(7人掛け持ってる?同時に)
「同時にじゃ無いんですけど」
(そう)
「はい」
(七股はちょっと無理でしょうね)
観客「(笑)」
「そうなんです」
(へぇ〜)
「はい」
竹野内さんがテーブルの横にずっと立っていて
(あの、近づきたくない?)
「あっ、そん、そんな、そんなの無いですよ」
観客「(笑)」
「そんな事無い(笑)」
((笑))
「そんな事」
(さっきからず〜と距離)
観客「(笑)」
(私別に打ち込んだりしません)
「はい」
観客「(笑)」

(どうぞどうぞ)
「はい、すみません、失礼します」
(おかけ下さいませ)
「ええ」
観客「(歓声)」
(これいつぐらいに撮ってた?)
「え〜、」
(座っただけでしょ)
観客「(笑)」
「(笑)」
(何が「ヒュ〜」。去年?)
「はい、そうです」
(の夏ぐらい?)
「ええと夏以降、夏、夏ぐらいですかね」
(あ〜)
「はい、撮りました」

(まああの冬のロケってのは、私何度か経験したけど嫌ですね〜)
「冬はもう」
(あれ)
「ええ」
(待ち時間長くてね。楽しみ無いですよね)
「そうですね」
(うん)
「暑さって、こう精神力とかで我慢出来たりとかして」
(そう、何とか、うん、なる)
「???」
(寒さは出来ないんですよ、あれ)
「出来ない」
(弁当凍ってますよね)
「そうです」
観客「へぇ〜」
「ホント (いや凍ってますよ。あのご飯、ご飯、お箸こうやると)
「そう」
(一緒に付いてきますからね)
「そう」
観客「(笑)」
(ええ。あれ、あれつらいですよね)
「ええ。たま〜にね、あのホント希にケータリングとか、え〜現場で」
(あっ、ええ)
「ええ」

(でも希でしょ?今)
「希ですけどね。はい。もうそれが嬉しくて嬉しくて。温かく、温かいその
けんちん汁ですとか」
(けんちん汁好きですか?)
「いや何かそういうのを、」
(あっあるとホントに)
「みそ汁とか。そう」
(何て言うか、普段当たり前の事がこんなに良いものかと思いますよね)
「そうです、ええ」
(へぇ〜。食べるしか趣味、趣味って言うか楽しみ無いですからね)
「そういう、冬のロケ中とかは、もうホントにああいう、ねっ、みそ汁とか」
(ええ)
「凄いありがたいです」
(そうなんです。俺随分前、何にも温かい物無いから、自分から鍋とあのコンロ
持って行って、)

「(笑)」
(皮肉の様にあの作、豚汁作りましたよ)
観客「(笑)」
(公園の片隅で)
「へぇ〜」
(ホントに)
「へぇ〜」
(炊き出しみたいになって)
観客「(笑)」
(並ぶんじゃないかな?と思いながら)
「へぇ〜」
観客「(笑)」
(ええ、ホント楽しみ無いですから大変ですよね、俳優の方ね)
「いえいえ」
(ええ)

「でも俳優、あの我々はあの結構皆さんスタッフの方とか気を使って下さって」
(ええ)
「あの色々ね、ダウンとかコートとか持って来て下さったりとかするんですけど」
(ええ、ええ)
「スタッフの方はもう、ず〜とそのまんまですからね」
(あ〜、うん)
「もうあの現場に」
(うん)
「ええ、立ちっぱなしで、何時間」
(あのスタッフの精神力ってちょっと頭下がりますね)
「ホントに、ええ」
(あれ)
「うん」
(???ほとんど寝て無いでしょ)
「寝てないで、休みももうほとんど無く」
(うん)
「ええ」
(準備準備に追われてますよね)
「そう。お子さん何かね、あの産まれた方とか、なかなか家に帰れなくて、」
(うん)
「久々に家に帰ったら、あのもう大きく成ってたとか」
観客「(笑)」
「うん」
(大きくなってた?)
「あの、長期ロケの時とか」
(あっ長期ロケの時は)
「ええ」
(平気でありますから)
「全然家に帰れなくて、久々に帰ったら、まず自分の事を見て泣き始めるし」
(あ〜)
「ちょっと大きくなってた気がするし、ちょっとショックだったっていう話」
(ちょっと情けないですよ、自分の、泣かれたらね)
「ええ(笑)」
(へぇ〜)

(家、)
「家、なんか」
(近所ですよね?)
「はい、よくあのお話しは」
観客「へぇ〜」
「噂はタモリさん」
(僕も噂は聞くんです)
「あっそうですか?」
観客「(笑)」
(近所ですよね)
「近所です」
観客「(笑)」
「ご近所です」
(ご近、あの通りですよね?)
「そうです」
観客「(笑)」
「(笑)」
((笑))
「あそこのお店とかたまに、あそこの」
(あそこ)
観客「(笑)」
「(笑)」

(あそこってどこです?)
「あの、ハンバーガー屋さんとか」
(あっハンバーガー屋、凄い近所。あっあそこ行きますか?)
「たま〜に行くんですよ」
観客「へぇ〜」
「ええ」
(ええ?)
「たまに」
(ハンバーガー食べるんですか?)
観客「(笑)」
「大好きです」
観客「へぇ〜」
(あそこのハンバーガーって(指で10〜15cmの幅を作り)これぐらいあります)
「物凄い、こんなもうボリュームあって、ね、そう???」
(あれ行きます?こうやって、あのこう)
「行きます」
(紙、紙に包んで)
「全然もう」
(うわっ見てみたいな〜)
観客「(笑)」
「私も見てみたいです、タモリさんハンバーガー、」
(いや僕はハンバーガーじゃ無くて、あそこあの走った後に、ビール飲むんです)
「あ〜」
(あそこ美味いんで)
「なるほど」
(ええ)
「あっそっか」
(へぇ〜そうですか)
「そう」

(あんな、こんな(口を)開けて食べるんですか?)
観客「(笑)」
「食べます」
(それでもカッコイイだろうな)
観客「うん」
(「うん」じゃない)
観客「(笑)」
(冗談で言って)
観客「(笑)」
(本気にすんじゃない)
観客「(笑)」
((笑))

(食べる事好き?食べる事は)
「好きです」
(あ〜)
「はい。タモリさん、何が」
(大好き大好き、何が大体どういう方面がお好き?)
「ええと、でも、和食」
(あ〜)
「和食がやはり好きです」
(今ハンバーガー大好きだって)
観客「(笑)」
CMに入る音楽が流れ出し
(あ〜)
観客「あぁ〜」

CM明け

(和食は、え〜自分でお作りになったりはしない?)
「ええと、魚が好きなんで」
(あ〜)
「ええ。でたまに、例えばまあ秋刀魚(さんま)が旬だなとか、秋刀魚食べたいな
と思った時に、」
(うん)
「あの、まちょっと自分で魚焼いて、買って来て、」
(ええ)
「ちょっと」
(ええ)
「一人で寂しい、」
(秋刀魚、役んですか?)
「焼きます焼きます、上手いんですよ」
(焼き方が上手いんですか?)
「焼き方はね、もう結構絶妙に」
(絶妙に?)
「良い感じで」
(自身ありますね〜)
観客「(笑)」
「うん、魚好きなんで」
(あ〜)
「ええ」

(俺あの、秋刀魚の季節来るたんびに、昔七輪で)
「はい、あ〜七輪」
(焼いたでしょ)
「ええ」
(あれが美味いの思いだしてやってみたいんですけど、物凄い煙が出るんですよね)
「あれ炭で焼くと何で、何でも美味くなりますよね」
(何かあの少しやっぱりこう脂が落っこって燃えて燻されるのかな?)
「あっ、その香りも」
(香りも出て来る、美味いですよね)
「うん、美味しいです」
(昔は路地でみんな、外で焼いてたんです)
「あ〜」
(季節来ると、こう路地でこう。信じられないのが)
「はい」
(あの竹下通り)
「ええ」
(あそこ昔、あの店無かったんですよ)
観客「へぇ〜」
(で俺学生の頃、あそこで秋刀魚をず〜と主婦の)
観客「(笑)」
(焼いてたの思い出すんですよね)
「へぇ〜」
観客「へぇ〜」
(ええ)
「竹下通りで」
(竹下通りはね、ええ。竹下通り通る、通るたんびにそれ思い出して、昔は
秋刀魚焼いてたんだけどな)

「今絶対竹下通りで秋刀魚、」
(焼けない焼けない!)
「(笑)」
観客「(笑)」
「うん」

(秋刀魚、あと何、何かありますか?焼くの、焼く以外)
「焼く以外は、まあ炒めたりとか」
(あ〜)
「まあそのぐらいですね、チャーハンとか、まあ」
(秋刀魚のチャーハン?)
「いやいや違います、あの、あっ、え〜魚、まあ炒め、炒め料理とかは」
(ええ)
「まあ、まあ肉焼いたりとか」
(あ〜あ〜)
「ええ、まあ秋刀魚、あっ秋刀魚じゃ無い」
観客「(笑)」
((笑))
「ちょっとね」
(秋刀魚(笑))
「やっぱね、生放送ダメなんです」
(どうしてもやっぱ秋刀魚から離れられない)
観客「(笑)」
「うん」

(あれ、俺小っちゃい時、これあのウチの婆さんが作った秋刀魚料理で、秋刀魚
ぶつ切りにするんです、これぐらいに)

「うん」
(それでショウガと)
「はい」
(甘辛〜く長時間煮たやつがあったんですよ)
「う〜ん」
(これ美味い、骨ごと食べられる様な。食べた事無いですか?)
「無いですね」
(あっ美味いですよ)
「へぇ〜」
(これ秋刀魚の時期に試していただきたい)
「あ〜是非」
(ええ)
「タモリさんもうね、」
(後ね、秋刀魚ね)
「はい」
(あっいい、)
観客「(笑)」
(俺も秋刀魚大好きで)
「(笑)」
観客「(笑)」

(あの秋刀魚こう三枚におろすでしょ)
「はい」
(でコレぐらいに切って、テフロンのフライパンで)
「はい」
(こう焼いて、焼き上がりに、まああのタレですね、甘辛いタレを絡めて)
「はい」
(あの丼にするんです、秋刀魚丼)
「あ〜」
観客「あ〜」
「良いっすね」
(秋刀魚丼美味いですよ、これ)
「そう、最高です」
(ええ)
「刺身で食べても秋刀魚美味いですもんね」
(秋刀魚美味いですね)
「うん」
(新しいのはね)
「はい」
(秋刀魚はねやっぱりね、あの、秋刀魚の話ばっかりなる)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

二度目のCM明け

竹野内豊さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(???、狭い)
「あっ狭い?」
(ええ。あっ、アンケート、はい、それじゃ百分のXアンケート。ピタリ賞真ん中で
前後賞あります)

「はい」
(何行きましょう?)
「良いですか?」
(ええ、何でも良いです)
「あっ、え〜あの、ニシノユキヒコという、え〜男、え〜ニシノユキヒコ
という名前の男性と、え〜付き合った事のある人」
観客「え〜!」
観客「え〜」
(「知ってる」じゃ無くて?知ってるじゃ無くて付き合った事が)
「1人」
(1人?)
観客「え〜」
(ニシノユキヒコという男性と)
観客「(笑)」
(付き合った事が)
「結構冒険???」
(ある、1人、スイッチオン。でもまあありそうな名前ですよね)
ニシノユキヒコという名前の人と交際した事がある人・・2人
観客「え〜!」
観客「(拍手)」
生野アナ「前後賞です」
(前後賞があります)
「すっごく嬉しい」
(え〜、いるんだ)
観客「へぇ〜」
「え〜、」
(ニシノユキヒコ。やっぱモテるんだ、ニシノユキヒコは)
観客「(笑)」
((笑))

CMとCMの間のスポンサー名告知中
(活動はそれぞれ、年末に一回社長と会うだけ???)
「あっそうなんですか?でも色んなこう全国各地の、」

三度目のCM明け

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
竹野内「はい」
石塚英彦さんの写真が表示されました
(お〜)
観客「おぉ〜」
生野アナ「もしもし、フジテレビ「笑っていいとも」ですけれども、タモリさんに
  お電話代わりま〜す」
石塚「は〜い」
(久し振りだよね)
石塚「・・・・・・・・」
観客「(笑)」
石塚「あっ、もしもし」
観客「(笑)」
(もしもし。俺、俺を無視してんの?)
石塚「(笑)ご無沙汰してます」
(こちらこそ)
石塚「???」
(何年ぶりくらいかね?随分会わないね)
石塚「もう17年ぶりぐらいじゃないですかね」
観客「へぇ〜」
(そうだよね。明日大、)
石塚「その間、ええ」
(明日大丈夫ですか?「いいとも」)
石塚「いいとも〜!」


明日のゲストは 石塚英彦さん




世界に広めよう!THEなぜフェッショナル
進行役・香取慎吾、
プレゼンター・下記
審査員・タモリ、三村マサカズ、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮
    ゲストのふなっしーさん


「なぜそんな事を極めようと思ったのか?という事を極めた
「なぜフェッショナル」を紹介し称えるというコーナー
出場者にはタモリさんから賞(とにかくスゴイで賞/未来に残したい
で賞/謎は深まるばかりで賞/すごく大変で賞/驚きのこだわりで賞)が
贈られます。

第一問(プレゼンター・千原ジュニア)
 なぜフェッショナル・78歳男性さん

 問題「構想から完成まで2年半!**の形を利用して、一つ一つに
    動物などを描き新聞で話題になった男」
 正解「47都道府県」
    (都道府県の形を利用して動物や人間などを描く)

 始めた理由
  「住んでいた葛飾区の形がカエルに見えたから」
   葛飾区だけで10枚くらい描き、その後隣の区を描き、それから
   東京、そして全国と広がって行った。今は外国挑戦中

 作品紹介
   香川県→イノシシ、岐阜県→ヨークシャーテリア
   広島県→クルミを食べるリス 東京都→サンタクロース
   茨城県→社交ダンスを踊る紳士と淑女、熊本県→葉巻を吸う老人

  47都道府県全てを組み合わせた事は無いというので番組で
  組み合わせた物を公開
   大分県→猿、福岡県→花見をするタモリなどがありました。

 レギュラー陣が茨城県で挑戦
  指原莉乃→遠吠えする狼、渡辺直美→チワワ、武井壮→百獣の王ライオン
  三村→ヘソから何かを出すコック、ジュニア→寝起きのサザエさん
  タモリ→走り去るフワフワ犬

審査結果・アイデアが秀逸で賞受賞





コレ名言ぽくない?明日忘れる「ゆる名言」
進行役・三村マサカズ、
解答者・タモリ、香取慎吾、千原ジュニア、渡辺直美、指原莉乃、武井壮、
    木梨憲武、ゲストの林修さん、ふなっしーさん

    (木梨さんはコーナー説明が終わり、三村さんの参考例を
    発表する時に「ゆる名言」を書いたフリップを置く台から
    サプライズ登場しました)

解答者が最近気付いた事を「名言ぽく」発表するコーナー
それが名言ぽいか、ぽくないかを観客が判定します。
優勝者には「恵方巻きっぽいロールケーキ」プレゼント

林 修
「クーポン券使いたいときには期限切れ」
  (−−−)
判定・71ポイント獲得で「名言ぽい」

指原莉乃
「パン屋に行くと余分に買っちゃう。それが女なのである」
  (香りや、甘い物を買ったら違う物などで余計に買ってしまう)
判定・44ポイント獲得で「名言ぽくない」

渡辺直美
「口臭が気になる時は息を吐かずにしゃべればいい」
  (喋る時も笑うときも吐かずにいれば良い)
判定・27ポイント獲得で「名言ぽくない」

千原ジュニア
「カメラのことをキャメラと言う人はたまにいるが、胃カメラの事を
  胃キャメラと言う人はあまりいない」

  (−−−)
判定・77ポイント獲得で「名言ぽい」

武井壮
「胸元は気付かれずには見れぬ」
  (女性の胸元を気付かれない様に見ても女性は気付いている)
判定・33ポイント獲得で「名言ぽくない」

香取慎吾
「早起きは得だが夜、早く眠くなる」
  (朝から色んな事が来るが 夜早く眠くなるので起きている起きてる
  時間は同じ)
判定・89ポイント獲得で「名言ぽい」

ふなっしー
「わかってるなっしー!でもつい書いてしまう2013」
  (書類やサインなど頭では分かっているのについ2013と書いてしまう)
判定・66ポイント獲得で「名言ぽい」

森田一義
「「無言実行」か「有言実行」かについて議論しているヤツは結局何も出来ない
  (オジサンがよく議論している)
判定・87ポイント獲得で「名言ぽい」「名言ぽくない」


参考(判定はされなかった答え)
三村マサカズ
「亀は裏返ると死んでしまうと言われてますが、生きたきゃ頑張るんだぁなぁ みむを」
木梨憲武
「レギュラーだ!!月曜いいとも!来たで、来たで!!!」





曜日対抗いいともCUP レジェンド7
「クイズ!ニャニャニャミュージック」
「笑っていいとも」最終回まであと7週間という事で、過去「いいとも選手権」
「いいともCUP」で行った1000以上のゲームの中から傑作7本を週替わりで実施
第一週目の今回は出題される曲名を「ニャニャニャ」という言葉だけで歌うので
それの曲名を当てるクイズ

参加者・武井壮(恋するフォーチュンクッキー)→香取慎吾(ネコふんじゃった)
    指原莉乃(リンダリンダ)→木梨憲武(ガラガラへびがやってくる)
    千原ジュニア(勝手にシンドバッド)→渡辺直美(さくら(独唱))
    三村マサカズ(夜空ノムコウをパスでセーラー服を脱がさないで)×
    (7人目三村さんの途中で時間切れ終了)

成功数・6問

月曜日 6問(120)火曜日 (110)水曜日 (80)
木曜日 (90/TD>金曜日 (90) 
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数
 (1位50ポイント、2位30ポイント、3位10ポイント)

テレフォンショッキング以外のゲスト
林 修さん(ゆる名言/エンディング)
ふなっしーさん(なぜフェッショナル/ゆる名言/エンディング)



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る