今日のいいともニュース
2014年3月20日(木)
今日の出演者 タモリ 笑福亭鶴瓶、木梨憲武、岡村隆史 山崎弘也、ピース、ベッキー
小沢健二、noon boyz、倉田大誠


テレフォンショッキング
ゲストは小沢健二さん 昨日 井上陽水さん明日 安倍晋三さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束はよゐこさん、スチャダラパーさん、チャットモンチーさん
  東京スカパラダイスオーケストラさん、椎名林檎さん
  やくしまるえつこさん、クラムボンさん、あやまんJAPANさん
  などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(???)
観客「(拍手)」
観客「(拍手)」
観客「(歓声)」
「ありがとうございます」
(お久しぶり)
観客「カッコイイ〜!」
「ありがとうございます。お疲れさま???」
(ありがとうございます)

(どうぞどうぞ、10、え?テレビが16年ぶり)
「そうなんですよ。ええと、」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「最後に出たのが、ええと僕は覚えてたんで昨日スタッフに確、確認
してもらったんですけど」
(うん)
「1998年の元旦に」
(うん)
「あのお正月の夜の番組あるじゃないですか、色々バラエティー」
(うんうんうん)
「あれに出たのが最後で、それから」
(出て無い)
「出て無くて、今」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
「で、その時に司会がタモリさんだったんです」
(ええ、ええ、ええ)
観客「へぇ〜」
(そうそうそう(笑))
「でその時のメンツは、ええとドリカムとシャ乱Qと、」
(うんうん)
「華原朋美さんと」
(うん)
観客「へぇ〜」
「オザケンとみたいな」
(そうそうそう)
「(笑)」
観客「(笑)」
(豪華なメンバーだったんです)
「いや(笑)、」

(どうぞどうぞ、おかけ下さい)
「はい」
((花束)椎名林檎さん来てます)
「あっ、あっ林檎さん」
(ええ)
「はい」
(スカパラダイスから来てます)
「はい」
(スチャダラパー来てますね)
「スチャダラ」
観客「(笑)」
(チャットモンチー来てますね)
「あっチャットモンチー」
(あやまんJAPAN来てますよ)
「あやまんJAPA〜N」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)」
(後なんだ、よゐこ)
「あっよゐこ、やった〜」
(知り合い?)
「はい」
(へぇ〜。(花輪)株式会社ケンテックから来てます)
「あ〜嬉しいです」
(ええ)
「???」
(キョードー大阪とかいっぱい来てますね)
「はい」

(今ほとんどアメリカでしょ?)
「ええと、手短に言うと」
(ええ)
「16年ぐらいの間、10年ぐらいはニューヨーク、ニューヨークで」
(うん)
「3年ぐらいは、ええと中南米とかアフリカとか」
(うん)
「え〜アジアとか、そういう第三世界と言われる所で」
(うん)
「あと1年ぐらいはアメリカのロサンゼルスとか、ニューメキシコとかそう
いうところです」
(へぇ〜)
「で、でもコンサートは4年前から復活しているので」
(うん)
「ええとその内1年ぐらいは日本に来ているという」
(へぇ〜)

(え?その中南米とか、何ヶ月か住む?)
「そうですね」
(え〜?)
「あのホテルに泊まるのがあんまり好きじゃ無いので」
(うん)
「もういきなり部屋を、とか家みたいなものを借りて」
(借りて)
「でちゃんとまああの、こう市場に買い物に行って」
(うん)
「って言うのをや、やりますね」
(自分で大体ご飯作って?)
「そうですね〜」
(はぁ〜)
「あの、妻も好き、そういうのが好きなので」
(あっ奧さんも子供ももう居るんですけど)
「はい」
観客「へぇ〜」
「ええと、」
(じゃぁ一緒に行くの?3人で)
「いや、3人って言うか子どもは9ヶ月前に生まれたばっかりなので(笑)」
(あっそうかそうか、そう)
観客「あぁ〜」
(そうか)
観客「おめでとう〜」
小沢健二さんが客席に向かって頭を下げていました
観客「(拍手)」
(へぇ〜)
観客「(拍手)」
(さっき居ました、可愛いんですよ、大人しくて)
観客「へぇ〜」
「いや、何か」
(ええ)
「タモリさんに、せっかくだからって(笑)」
(ええ)
観客「へぇ〜」
(奧さんアメリカ人の方なんです)
「はい」
観客「へぇ〜」
「そうなんです」

(じゃぁ2人で行って、え?中南米と後どこ、どこ?)
「えっ結構色々、アフリカも、」
(アフリカ?)
「南アフリカに結構長くいました」
(へぇ〜)
「南アフリカ結構色んな、何だかんだでトータルで4ヶ月ぐらい」
(いた?)
「いました」
(何、何やって。その辺フラフラ?)
「その辺フラフラ、うん」
(うん)
「それはとても好きですけど。やっぱり、何て言うのかな?やっぱり勉強
したいと言うか」
(あ〜)
「どんな風になっているのかな?という、世の中どんな所なんだろう?って
いう」
(うん)
「のを見るのを、やっぱり旅行するのは凄く良いので、タモリさんにも是非」
(あっ良いです)
「ご勇退なされたあと」
(ええ)
観客「(笑)」
(行きます)

(子どもが生まれたらさすがまあ、今ずっとアメリカで?)
「そうですね、今ずっとニューヨークで」
(うん)
「もうやっぱりさすがにエチオピアとか行けないですね」
(そう?(笑))
「子ども連れはよく無いと思います(笑)」
(過酷なとこだった?)
「過酷なとこダメ。過酷?」
(うん)
「エチオピアが過酷ですよ、やっぱり」
(ああそう?)
「はい」

(どう、どういう風に過酷?)
「ええとね、エチオピアは、エチオピアはですね」
(ええ)
「あの外国人が来るとみんな「ファランジ」っていう言葉があるんですけど」
(うん)
「「ファランジ、ファランジ」って言って追っかけるって言うのがあって」
(追っかけられるの?)
「そうなんです。だから歩くと100人ぐらい後から「ファランジ、ファランジ」」
観客「へぇ〜」
「追っかけられるって言うのがあって」
(へぇ〜)
「でも凄く綺麗でホント素晴らしいんですけど、子どもがとにかくその
追っかける習慣がやっぱりちょっとプレッシャーがあって(笑)。外に
出ると子どもがガーって来る」
(それ追っかけ、追っかけて何をする?)
「いや何にも、全然、物ねだるとかって全然無くて」
(いじめるとかいう事も無い?)
「いじめるとかって、う〜ん、どういうつもり何でしょうね(笑)」
(へぇ〜(笑))
観客「(笑)」
(じゃぁ外出るときは、それ覚悟して出なきゃいけない)
「そうですね「ファランジってまた言われるな〜」と思いながら行くん
ですけど」
(うん)
「でも段々、長くいると段々慣れて来て向こうも「あっアイツね」って
みたいな顔になります(笑)」
観客「(笑)」
(ああそう?面白いとこだね〜)

「後は、やっぱり高地の高い所で、空気が薄い所はつらいですね」
(あ〜。メキシコシティーだって高いよね、まだ)
「メキシコシティーは僕よく行くのですが」
(うん)
「あそこはまだまだで」
(うん)
「ボリビアのラパスという所が」
(あ〜ラパス)
「標高4千メートルで富士山より高いんですよ」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜、そうラパスはそうだよ)
「でラパスは僕トータルで4ヶ月5ヶ月、ボリビアに6ヶ月ぐらい居た事が
あるんで、いるんですけど、」
(うん)
「もう本当に大変ですね、息するのが」
(へぇ〜。富士山でも高山病なるぐらいだからね)
「そう、お酒飲、飲め無いんですよ、全く飲むと」
(え?どうなる?)
「えっ、バクバクバクバクってなっちゃいます」
(へぇ〜)
「危ない、みんな気をつけてください」
(じゃぁ現地の人は飲んでんでしょ?)
「現地の人は平気なんですけど」
(うん)
「現地の人は山から下りてくると、お酒飲めないんですよ」
(あっ逆なんだ)
「足がバッって膨れちゃうんで」
(へぇ〜)
観客「へぇ〜」
(ああそう?)
「そんな(笑)、」

(でもラパスってあれ鉄道行ってるよね?あの、)
「ラパス、昔鉄道あったんですけど、今は結構埋、埋もれちゃっていて」
(うん)
「全部バスで移動なんですけど」
(へぇ〜)
「そのバスが必ず、しょう、ハイエースなんですよ」
(え?)
「ハイエースって、あの」
(ハイエース、ええ、ええ)
「うん。日本のハイエースが必ず走、バスで走っていて」
(うん)
「で日本語の、日本の中古車が行くんで何とか幼稚園とか書いてあるんです」
((笑))
観客「(笑)」
(そのまま、あっそのまま使ってるんだ)
「そのまま使ってますね」
(はぁ〜)
「それで京都何とか寺とか書いてあるんですけど」
((笑))
観客「(笑)」
(不思議な光景だよね)
「そう、でも凄くやっぱ日本の車は素晴らしいな」
(へぇ〜)

(あ〜そうあの地下鉄丸の内線の古い車両は)
「あっ」
(アルゼンチンで走ってるらしい)
「ああ〜」
観客「へぇ〜」
(で、それも全部そのままで)
「そのまま」
(ゼンショウと、切、入とか書いてある)
「書いてありますね」
観客「(笑)」
「あります」
(うん)
「あれは、何かグッと来るものがありますね(笑)」
(凄いね〜)

(でもやっぱ住むとこはアメリカが良いんだ?)
「ニューヨークが、うん、住んでいて楽、でもそれはあんまりみんなが
「目黒区が好き」とか言ってるのと変わんない(笑)」
((笑))

CM明け

「はい」
(今日、歌っていただける?)
「はい、もちろん」
(あ〜良い)
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(良いね、良いですね、目の前で聴けるってのは)
「ええとタモリさんと、そしてええと番組のスタッフの皆さんに、はい」

2分40秒ほどギターの弾き語り(曲名は報道などによると「ぼくらが旅に出る理由」
「さよならなんて云えないよ」との事です)

「長い間お疲れ様でした」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(お〜(拍手))
観客「(拍手)」

再び2分ほどギター弾き語り(同じく報道などによると「それはちょっと」「ドアを
ノックするのは誰だ?」)

観客「(拍手)」
(え〜良いね)
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
観客「(拍手)」
(いやいやいや)
観客「(拍手)」
(いや贅沢だね〜)
「(笑)いや」
(良い歌なんですよね。あの「さよならなんて云えないよ」っの好きな曲なんですよ)
「ありがとうございます」
(うん)
「あそこはタモリさんに、その「左カーブを曲がると」ってさっき歌ったところを、
あの、の何て言うのかな?もうホントに本質をバシッと突かれて。やっぱりホント
歌詞って面白いし」
(面白いね、特に面白いよ、歌詞がね)
「(笑)ありがとうございます」
(いえいえ、もう)
「もうホント光栄です」
(ホントありがとう)
観客「(拍手)」

二度目のCM明け

小沢健二さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(百分のXアンケート、ピタリ賞が真ん中で、前後賞が2つあります。何行きましょう?
100人女性がスイッチ持ってます)

「はい。ええと、搭乗券を持って飛行場へ向かって、飛行機に乗ろうと
一生懸命行ったんだけれど、間に合わなくて「ダメです」と言われて
乗り遅れてしまった人」
(あ〜)
観客「ぁ〜」
(ある?)
「僕あります(笑)」
(ある?)
観客「(笑)」
(100人中何人いますか)
「11人」
(11人)
観客「え〜」
観客「多い」
(行ってみます、スイッチオン)
搭乗券を持っているのに飛行機に乗り遅れた事がある人・・16人
(お〜)
「お〜」
観客「あぁ〜」
(結構いるね)
「結構遅れんですね(笑)」
(結構遅れるんだね(笑))
観客「(笑)」
(16%いるって事だ)
「(笑)」
(はぁ〜)

(じゃぁ明日のゲストご紹介しましょう、この方です)
安倍晋三内閣総理大臣の写真が表示されました
(え?)
観客「え〜!」
倉田アナ「もしもし」
小沢「え?」
観客「(拍手)」
倉田アナ「もしも〜し」
観客「え〜」
倉田アナ「もしもし?「笑っていいとも」と申します」
女性秘書官「もしもし。????」
倉田アナ「あっ今タモリさんに代わります。秘書の方です」
小沢「(笑)」
(国会やってるよね?国会、さっき答弁してたよね)
小沢「(笑)」
(もしもし)
女性秘書官「あっもしもし〜」
(あっ、安倍さんじゃ無いですよね?)
小沢「(笑)」
観客「(笑)」
女性秘書官「あの残念ながら違います。あの秘書官でございます」
(ああ〜。今日国会、さっき答弁してましたよね?)
女性秘書官「はい、あの今日あの国会であの答弁させていただいておりました」
(明日って大丈夫なんですか?この昼間)
女性秘書官「はい、あの明日あの、もう国民的番組出させていただくと言う事で」
(ええ)
女性秘書官「あの伺い、あの出来ると思います」
(あ〜そうですか?)
観客「へぇ〜」
観客「凄〜い」
観客「(拍手)」
(それじゃあの、代理であの「いいとも」言っていただき)
小沢「(笑)」
観客「(笑)」
女性秘書官「あっ、はい、あのでは代理で言わせていただきます」
小沢「(笑)」
(明日来てくれるかな?)
女性秘書官「いいとも〜」
(いいとも、お待ちしてます)
小沢「お〜」
観客「(拍手)」

明日のゲストは 安倍晋三総理大臣




オレ達だってあの気持ちを味わいたい!
進行役・山崎弘也、倉田大誠
出演者・タモリ、笑福亭鶴瓶、石橋貴明、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー


有名な歓喜の瞬間を気軽に体験しようというコーナー
出演者全員でゲームを行い、成功したら有名な歓喜の瞬間の写真と
同じポーズで写真を撮ります。

1・2013年レッドソックス上原ワールドシリーズ制覇の瞬間
  (上原選手がキャッチャーに抱き上げられていて、背後に他の選手が
  ガッツポーズなどしている姿)

 ゲーム・左手1m輪投げ7連続成功
     (1メートル離れた場所から左手で輪投げする)

 挑戦者・綾部祐二○→ベッキー○→又吉直樹○→タモリ×→(笑福亭鶴瓶)
     

 再挑戦・綾部祐二○→ベッキー×→(又吉直樹→タモリ→笑福亭鶴瓶)

 再々挑戦・綾部祐二○→ベッキー○→又吉直樹○→タモリ○→笑福亭鶴瓶ー
 再々挑戦の鶴瓶さんの時に天井からスパイダーマン兄弟(兄が木梨憲武さん
 弟が岡村隆史さん)が降りて来て鶴瓶さんに抱きついた瞬間を撮影成功
 (今回もタモリさん以外は誰も知らない状態で登場)




第一回タモつるサミット
進行役・倉田大誠
出演者・タモリ、笑福亭鶴瓶、木梨憲武、岡村隆史
解答者・山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー、観客


あるテーマについて観客やレギュラー陣にアンケートを取って、タモリ
さんと鶴瓶さんのイメージ調査を行うコーナー

タモリさんと鶴瓶さんの席の前にあったテーブルを突き破ってスパイダーマン
兄弟が登場しました

質問鶴瓶タモリ
チームの和を乱しそうなのは?65票31票
真面目な相談をしたくないのは?82票16票
変態そうなのは?68票31票

アンケート前のトーク
・今回のサプライズ登場の打ち合わせをタモリさん、木梨さん、岡村さんが
 いた時に鶴瓶さんが来て大変だった。
・鶴瓶さんが友達を呼んで食事会に木梨さんが参加したら、鶴瓶さんが先に
 帰ってしまい、鶴瓶さんの友達と木梨さんが残された事があった。
・鶴瓶さんはタモリさん、木梨さん、岡村さん、ベッキーさん、ローラさん
 などがいた六本木の座敷で全裸で数十分いた
・鶴瓶さんと和田アキ子さんと飲んだ時に深いキスをしていた。




ビッグマウスクイズ!サッカーレジェンドor綾部
進行役・山崎弘也、倉田大誠
出演者。綾部祐二 (解説)又吉直樹、
解答者・タモリ、笑福亭鶴瓶、ベッキー


発表された名言の半分はサッカーレジェンドの発言、残りの半分は
綾部さんの発言なので、サッカーレジェンドの名言はどれかを当てる
クイズ

今回の名言
1「オレがやったドーピングは努力だけだ」
2「私はコレをする為に生まれてきた。ベートーベンが曲を書き、
  ミケランジェロが絵を描くのと同じようにね」
3「(大きな出番の前に一言)伝説の始まりだ!ついてこい!」
4「プレーが自分のイメージを超えた時から俺は止められなくなる」
5「俺は勝っても泣きません。もちろん、負けても泣きませんけど」
6「酸素を吸ったら二酸化炭素を吐くように人を喜ばせることは自分の
  日常である」
7「(自分の事は好きですか?と聞かれ)多くの人に愛されるスターは
  誰よりも自分の事を好きであるべきさ」
8「僕がリラックスするのはジャグジーに入っている時だけだ(笑)」

解答
タモリ「7」はサッカーレジェンドの名言→不正解
    (−−−)
    (鶴瓶さんがスパイダーマン兄弟にパイ投げされました)

ベッキー「4」はサッカーレジェンドの名言→不正解
    (−−−)
    (綾部さん、山崎さんがスパイダーマン兄弟にパイ投げされました)


エンディングで残りの不正解(綾部名言)を発表が無かったため、残り2つの
綾部さんの発言は不明




いいともニュース
1月中旬からレギュラー入りした木梨憲武さんが卒業しました。




曜日対抗いいともCUP レジェンド7
「もうすぐ新楽器 ピンポンあたまキャッチ」
過去「いいとも選手権」「いいともCUP」で行った1000以上のゲームの中から
傑作7本を週替わりで実施

7週目はボールを置いたドラムをスティックで叩き、飛び上がったボールを
帽子でキャッチするゲーム。30秒間に何個キャッチ出来たかを競います。

参加者・笑福亭鶴瓶、木梨憲武、岡村隆史、山崎弘也、綾部祐二 又吉直樹、ベッキー

合計数・5個

月曜日 9個(260)火曜日 14個(160)水曜日 8個(260)
木曜日 5個(190)金曜日 (280) 
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数
 (1位50ポイント、2位30ポイント、3位10ポイント)

テレフォンショッキング以外のゲスト



翌日へ進む
いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る