今日のいいともニュース
2014年3月21日(金)
今日の出演者 タモリ、草なぎ剛、関根勤、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木福
安倍晋三、noon boyz、内田嶺衣奈


テレフォンショッキング
ゲストは安倍晋三さん 昨日 小沢健二さん月曜 木村拓哉さん
宣伝・ 花束・多数(下記) 

花束は谷村新司さん、鶴見辰吾さん、松村邦洋さん、EXILEさん
  春香クリスティーンさん、
  稲田朋美内閣府特命担当大臣、河村建夫衆議院議員
  池田佳隆衆議院議員などから届いていました。

観客「(拍手)」
観客「おぉ〜」
観客「(歓声)」
観客「(拍手)」
(???)
観客「(拍手)」
観客「(拍手)」
(お忙しとこどうも)
「いえ」
(どうぞおかけ下さい)
「よろしくお願いします」
(ええ)

(え〜いっぱい花束来てますけども)
「ええ」
(EXILEは関係無いですよね?)
「(笑)いや私はあの、食事もした事あるんです」
(えっ!?)
観客「へぇ〜」
「いや、え〜昨年ですね、え〜ASEANの10ヶ国の首脳が日本に集まりまして」
(はいはい、ええ)
「その晩餐会にですね、歌を唄っていただいた」
(EXILE?)
「ええ」
観客「へぇ〜」
(へぇ〜)
「あと特別に色々と協力してもらいまして」
(谷村新司さん、いっぱい来てます)
「ええ」
(ええ、ニコニコ動画)
「(笑)」
(「自由民主党青年局一同」初めて見ましたね、こういうのね)
「(笑)」
観客「(笑)」
(ええ(笑))

(ようこそ、どうもどうも)
「どうも」
(え〜現役の総理が)
「はい」
(バラエティーに出るのは恐らく初めてじゃないかと思います。ありがとうございます、
どうも)

「いえ、何と言っても、32年間ですか?」
(32年間やってます)
「32年間続いた番組ってのは、もうこれ国民的番組ですからね」
(ええ)
「まあですからまあそれだった是非」
(ああそう、)
「出していただきたい」
(いや、)
「後あの5000回の時に、小泉」
(はい、ええ、小泉、電話で)
「総理がね」
(ええ)
「当時私副長官やってまして。5000日ってのは凄いなっていう」
(ええ)
「そういう話を」
(そうですそうです)
「されたのかなと」
(ええ)

「あの時、え〜小泉当時の総理が「官邸来ませんか?」って」
(そうそうそうそう)
「言ったんですよね」
(ええ、そうですね)
「ええ」
(そうそう)
「「いいとも」って言われて。そしたらまあ、」
(「いいとも」って、それ以来行ってないです)
「(笑)」
観客「(笑)」
(そうそうそう)
「ええ」
(来ませんか?って「来てくれるかな?」「いいとも」って言ったの覚えてますよ)
「ええ。そういう記録は全部残ってるんですよね、やっぱり官邸にはですね(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

(いやでもホントにこれありがたいんですが、こうやってあの現役の総理が出て
くれるっていう事は、その一応バラエティーを認めていただいたという事になるんで)

(これあのず〜と前からなんですけでども、与党野党構わず非常にこのバラエティー
をバカにしてるんじゃ無いかという)

観客「(笑)」
「それは無いと思いますけどもね」
(そうですか?)
「ただまあ、え〜批判されるんでは無いかという、危険性が伴うものですからね」
(あ〜あ〜)
「え〜、まあただですね、え〜まあタモリさんのこの「笑っていいとも」」
(ええ)
「まあまさにこの国民的番組ですしね、色んな方々が観てますし」
(ええ)
「で、我々も色んな、え〜事をですね、」
(ええ)
「え〜例えばそこで、いつも政治番組だけで話すこと以外でも話が出来るっていう」
(はいはい、はい)
「まあ機会ってあんまり無いんです、意外と」
(あ〜そうですね)
「ええ」
(へぇ〜)
「まあそういう意味では」
(よろしくお願いします)
「ええ」

「昔私ちょっと結婚式の仲人やった時ですね」
(ええ)
「この番組の。え〜ディレクターをやってた人がですね、」
(ええ、ええ)
「私の地元の人だったもんですから」
(山口)
「ええ」
(はいはいはい)
「その時、あの出席されたんですよ」
(そうです)
「忘れてるかも知れませんけども」
(はい、ええ、出席しました)
「当時私、衆議院議員になったばっかりの、頃かそれぐらいだった」
(そうです)
「ええ、ええ」
(この間あの、この間ちょっとすれ違ったのは、山内さんの出版記念会の時に)
「あ〜」
(居まして)
「あっ」
(私帰る、帰るぐらいの時にスッと入って来られた)
「あっそうですか?」
(ええ)
「その、」
(凄かったですね、SPの方、今日もSP凄いんですけど)
「ええ」

(SPの方に言っといてください)
「ええ」
(私の前にSPが立って)
「うん」
(ジ〜と見るんですけど)
「(笑)はい」
観客「(笑)」
「あそこにも居ますよね」
(ええ)
「あ〜」
(私は私だって言って)
「(笑)」
(こうやって目を見てると「ホントにおめえタモリか?」って目で見るんです)
「(笑)」
観客「(笑)」
(あれはちょっとね。ホントにタモリか?って分かった時に、やっぱりSPの方も
「初めて見るな」ってな顔を)

「(笑)」
(厳重ですね〜)
「そうですね、まあ自由がありませんけど」

(あっ先ほどね、)
「はい」
(話しなんですけど、あのお笑いとかこうバラエティーやってますとね)
「ええ」
(なかなか国から誉めてもらえないんです)
「うん」
(これあの俳優になると誉めてもらえるんですけどね)
「うん」
(ず〜とこのバラエティーやってると誉めてもらえないんです。しかもあの落語
とかそういうある分野になりますと誉めてもらえる)

「うん」
(私みたいに、何にも分野が無い)
観客「(笑)」
(何をやるか分からないって事、これ誉めてもらいたい、そこの、その辺が何か
政府としては)

「あ〜」
観客「(笑)」
「それは、ええ」
(見解をちょっとお聞きしたい)
「無形文化財だと思いますけどね」
(無形文化財?)
「ええ」
観客「おぉ〜」
(ええ?)
「あの、」
観客「(拍手)」
(ありがとうございます)

「あの「ボキャブラ天国」ってやってましたよね」
(え?ご覧なった?)
「ええ。私、」
(「ボキャブラ」ご覧になった?)
「私結構、」
観客「(笑)」
「あれファン、ファンでしたね、あれなかなか相当の技術って言うかね、よく考えて
いかないと出来ませんよね」
(そう、え〜そうなんです)
「で、例えばね、あれ私よく見てたんですが、特に??すと、え〜身体が悪くなって
持病が悪化してですね、入院してた事があるんですね」
(ええ)
「十数年前」
(ええ、ええ)
「その時はとにかく「ボキャブラ天国」を見るとね、やっぱり笑うじゃないですか」
(ええ)
「笑いってのは健康には凄く良いんですよ」
(あ〜あ〜)
「何となく暗い気持ちで、え〜「ボキャブラ」を見るとですね、まあ、」
(え?入院なさって「ボキャブラ」見て笑ってたんですか?)
「笑ってたんです」
((笑))
「(笑)」
(ああそう?)
「ええ」
(ありがとうございます)
「大玉とか出るやつよね、あれ」
(ええ、そうそう、そうです、そう)
「ええ」
観客「(笑)」

(え?バラエティー意外とお好きなんですか?)
「私はあのたまに見ますけどね」
(資料とか何かこう見てますと)
「ええ」
(バラエティーの事一切出て来ませんけど、本当はお好きなんです?)
「あの、まあバラエティーの事あんまり聞かれないですからね」
観客「(笑)」
「(笑)あの、」
(あ〜そうか)
「ええ、ええ」
(そうか)
「ですからまあこういう、楽しい番組ってのはね、気持ちがやっぱり朗らかになるって
事が大切です」
(あ〜)
「人間やっぱりプラス思考でね」
(ええ、ええ)
「こういう花、これいつから始まったか分かんないんですけどね」
(ええ)
「こういう花ってのは、まあ人に依っては「あっこの人贈ってくれてありがとう」
って気持ちになる人もいればですね」
(ええ)
「見方によっては「あ〜アイツの花が無いじゃないか」と思う人も居るわけですよね」
((笑))
観客「(笑)」
(そうそうそうそう(笑))
「これはやっぱり物、物事の見方なんだろうと思うんですがね」
(そう(笑))
「やっぱり「あ〜彼が贈ってくれてありがとう」と思う所で止めとく、止めておく事が
大切なんだと思います」
観客「(笑)」
((笑))
「(笑)」
観客「(拍手)」
(凄いな、そう言えばそう)
「ええ、うん」
(きり無いですからね)
「そうですよね、それはね」
(ええ)
「ええ」

(しかしあの、)
「ええ」
(あれ、あの総理、首相動静という、一日のスケジュール)
「ええ」
(あるじゃないですか)
「ええ」
(あれ見てると、まあ俺面白くてこうやってどういう行動なのかな?と見てると
今日だって、あっ昨日だ、まあ前の日のやつですけど)

「ええ」
(予算成立するかしないかの瀬戸際で、俺見たら午前中に十何人に会うんです。
それで午後に国会もありながら、大体15件ぐらいをこなすんですけども)

「ええ」
(あれ俺昔、あれはちょっと俺には出来ないですね。あれ)
「あれは実際にはですね、例えば役所の人達でも、え〜あれに載るのは大体局長以上
なんですよ。それより若い人達もいっぱい来てるんですがね」
(あっ)
「それ名前出ないですから」
(はぁ〜)
「あと、」
(じゃぁ、)
「秘書官とか官邸のスタッフでもですね、名前の出る人と、まあある程度の一定以上しか
出ないもんですから、実際はまあもっともっと」
(あ〜実際じゃぁもっともっと)
「もっともっと沢山の方々とですね」
(へぇ〜)
「え〜、」

(あれ昨日見てますと)
「ええ」
(ええと麻生さんが)
「ええ」
(午前中一回、午後一回来てますけども)
「うん」
(午前中は麻生さんと二分しか会ってないんですよね)
観客「へぇ〜」
(午後三分しか会ってないんですけど)
「(笑)」
(麻生さん嫌いなんですか?)
「(笑)」
観客「(笑)」
「いや麻生さんのお宅はね、家(うち)のすぐ側でね、え〜何回か家の、家にも来られた事
ありますし、私も行ったこともありますから」
(あっ、)
「そうすると結構長い話してます」
(あ〜)
「二分で嫌いだから「さよなら」って事では無いんです」
観客「(笑)」
「お互い忙しいですから、その関係で」
(異常にそこだけ??ですよね)
「ええ、ええ。あれまあ全部出るもんですからね」
(ええ)
「まあ、まあそりゃそうがないですね、総理大臣の間は」
(ええ)
「はい。タモリさんみたいに32年間やる訳じゃありませんからね、ええ」
(ええ、ええ)
「うん」
(でもそれにしても凄い)
「うん」
(あれ見るだけでちょっと、これは出来ないと思いますね)

「タモリさんも一回、一日の動静って全部出したらどうですか?」
(一日動静?)
「動静」
(あそこまで無い、大した事無い)
「でもやっぱり出さないっていう」
(後の方は、後の方はずっと酒ってなって)
「(笑)」
観客「(笑)」
(誰だと飲食)
「ええ」
(酒って)
「でも体型が変わらないですね」
(変わらないですね、ほとんど変わらないです)
「何か特別な」
(いや、)
「何か健康的な事やっておられるって雰囲気が全く」
(無い、無い)
「無いですよね、ええ」
観客「(笑)」
(無いです)
「無いにもかかわらずですね」
(いや、一応ね、こう見えてますけど朝走ってんです)
「あっ、そうですか?」
観客「へぇ〜」

(ジムに、)
「ええ」
(誰か、誰かが)
「私たまに行ってますけどね」
(憲武と会うでしょ?ジムで)
「あっそうですね、ええ」
観客「へぇ〜」
「サウナで」
(サウナで)
「サウナで、どっかで見た人だなと私思ってたんですね(笑)」
((笑))
観客「(笑)」
「まあお互い裸ですからね。で、向こう側も何か裸だと分からないっていう場合がある
じゃない、」
(ええ、ええ)
「なかなかですね」
(ええ)
「ですから彼も何かジロジロ、まああんまりジロジロ見るのも失礼だから」
((笑))
観客「(笑)」
「はい」
(憲武とジムで裸で挨拶する)
「ええ」
観客「へぇ〜」
「うん」
(へぇ〜)

(ジムでちゃんとやってらっしゃるみたいですね)
「そうですね、まあそんな長い時間ではありませんけど」
(あ〜)
「それなりに」
(へぇ〜。どういう様な、)
「やっぱり運動不足になるとですね、」
(そうなんです)
「あの、精神的にもよくないですからね」
(あ〜)
「ええ。その、やっぱり運動して、汗を流すとですね、それでえ〜まあストレスを流して
行くって事なんですね」
(あ〜)

「何かあの、5000回の時でしたっけ?まあどっかのタイミングで」
(ええ)
「え〜番組が長続きする秘訣はですね。反省しない事っておっしゃってましたよね」
(ええ、反省しない)
「ねっ」
(反省しない)
「私は反省してるんです」
観客「(笑)」
「毎日ね(笑)」
(いや、いや、)
「ええ、あの反省してるんですがね。え〜、」
(ええ、これもう職、職種が違いますからね。一概に反省止めなさいとは私言いません
けどもね)

「(笑)」
観客「(笑)」
「で、まあ反省しながらですね、まあしかしストレスは溜め込まない様にする必要がある、
ありますね」
(その辺難しいでしょ?)
「難しいです」
(反省はするけどストレス溜め込まないの)
「ええ、ストレスをやっぱり溜め込むとですね、さっき言った発想成るんですよ。
「アイツの花が無いじゃないか」って」
((笑))
観客「(笑)」
「こうなると、こうマイナス思考がドンドン行きますから」
(ええ)
「そうするとやっぱり、え〜国の政策を考えて行く上においてもですね、私がマイナス思考
になってって事は、ニッポン全体にも影響していく可能性がありますから」
(ええ)
「その意味においては、なるべくですね、え〜気持ちを明るくと」
(あ〜)
「ええ」

(それ前の、前にあの首相の時と、今の首相と心境の変化はそういう事ですか?)
「前の時にはですね、まあもっと若いですから」
(ええ)
「まあ肩に力が入るんですね」
(うんうん)
「そうするとですね、やっぱり、え〜上手く息抜きをしようという事がなかなか出来なかっ
たんですね」
(あ〜)
「ええ」
(うんうんうん)
「そういう意味ではもう、まあ今回は息抜き出来る時には」
(うん)
「息抜きをしようと」
(徹底してやろう)
「ええ、まあ、まあ例えばえ〜お叱りをいただく事もあるんですが、まあゴルフもですね」
(ええ、良い)
「やっぱり自然に触れようと」
(うん)
「と言う事を、やる事によってですね、まあそれによってやっぱり、え〜精神的にも常に
リフレッシュ出来てるな〜っていう感じはありますね」
(前の時はそれ無かった?)
「前の時は、無かったですね」
(あ〜)
「ええ」
(大変ですよね)

「もう32年間でですね」
(ええ)
「途中で辞めようと思ったこと無、ありませんでした?」
(これが無いんです)
「無いんですか?」
(ええ)
観客「へぇ〜」
「あ〜」
(これよく聞かれるんですけどね)
「ええ」
(「今日は行くの嫌な日はありませんか?」ってよく聞かれるんですけど、これず〜と
考えても思い当たる節無いんです)

「あ〜」
観客「へぇ〜」
(それで私あの、お酒飲まれますか?)
「あの最近は飲める様になりましてね、少し」
(えっ前は?)
「前は全然飲め無かったんですがね」
(あ〜)
「ええ」
(今度一緒に飲みましょうか)
「あっそう、じゃぁ是非、ゆっくりですね」
((笑))
観客「(拍手)」
「長続きの秘訣を聞きたいなと思いましてね」
(長続きの秘訣(笑))
「ええ」

(40代ぐらいまでは)
「うん」
(何度も、あの二日酔いでココ来てた)
「あ〜」
(ところが、)
「ええ(笑)」
(ところが、あの俺の二日酔いってのは、気分が悪かったり)
「うん」
(頭が痛くなったりしない)
「あ〜」
(酔っぱらった状態で朝目が覚める)
観客「へぇ〜」
(だから朝から上機嫌)
「あ〜」
観客「(笑)」
「じゃぁ番組にはプラスじゃ」
(プラス。ただその二日酔いの時だけ汗かくんです)
「うん」
(ええ。で終わると、物凄くスッキリ)
「あ〜」
(酔い覚ましには持ってこいの番組)
「(笑)」
観客「(笑)」
((笑))

(あっちょっとね)
「ええ」
(ちょっとお願いがある)
「はい」
(さっきの、あの首相動静のとこに、最近は見ないですけども)
「うん」
(経団連何々氏と会食とか何かいうのありますよね)
「あ〜ええ」
(最近はあれ出ないんですけども、明日の新聞にちょっと「笑っていいとも」タモリと
会食ってのをですね、見たいんで、ええとイチゴ持って来ますんで)

「ええ」
観客「(笑)」
「(笑)」
noon boyzの野澤さんがイチゴ1粒を乗せた皿2つを持って来て、二人の前に置きました
観客「あぁ〜」
観客「(拍手)」
(これあの、)
「(笑)」
観客「(笑)」
(これをあの〆にちょっと一緒に食べて)
「ええ」
観客「(笑)」
「私イチゴ好きですしね」
(ええ)
「日本のイチゴって世界一ですから」
(美味い)
「今海外に出張行く際ですね、必ずイチゴを持って、これ私が食べるためではなくて
ですね、」
(ああそうですか?)
「海外の人達にイチゴを宣伝するためにですね、必ず出して。であの海外で晩餐会やる
時にはですね、」
(ええ)
「デザートに持って行ったやつを出してもらって、皆さんに食べていただいてるんです
がね」
(へぇ〜)
「やっぱりみんな「美味しい」「美味しい」と」
(ええ)
「言いますね」

「これいただいて」
(これじゃぁ)
「会食ですか?」
(会食)
観客「(笑)」
「会食」
二人でイチゴを食べました
(う〜ん、美味い)
「うん」
観客「(笑)」
観客「(拍手)」
(明日どう出るかが問題)
観客「(笑)」
「(笑)」
((笑)あ〜どうもどうも、すみませんでした。ありがとうございます)

「やっぱ食べ方もですね、」
(ええ)
「こう見てる人を楽しませる食べ方ですね」
(え?)
「今見てまして」
(私の?)
「何となく」
(あ〜そうですか?)
「一息で行くかと思わせて、半分で」
(そう、半分で(笑))
「(笑)」
観客「(笑)」
「やっぱそこが芸なんですね」
((笑))
「これやっぱりちゃんと評価しなきゃダメですね」
(いやいや)
「ええ」
(一口で行こうと思ったけども)
「ええ(笑)」
(首相がどうも割って食べてるんで)
「(笑)」
観客「(笑)」
(これペースを合わせなきゃ)
「合わせ」
(いけないなと思って)
「あ〜」
(割ったんですけども、パッと見たらもう食べてるんで「あっヤバイ」と思って)
観客「(笑)」
((笑)ありがとうございました)

安倍晋三さんによる該当者百分のXを目指す客席アンケート (ストラップ獲得者リスト)
 (アンケートの結果がゲストが指定した数字と同じであればストラップ獲得)

(それじゃ)
「はい」
(百分のXアンケートってのありまして)
「はい、はい」
(ええ、女性100人がスイッチ持ってます。何でも結構、)
「え〜それではですね、今日はわりと若い人の方が多いんですが」
(はい)
「え〜、例えば政治家と握手した人」
(あ〜)
「ええ」
(あ〜あ〜、選挙中なんか結構あると思いますよね)
「ええ」
(何人ぐらい、女性100人です)
「うん。政治家と握手って、あの別にあれなんですよね、握手しに来なくてもこっちから
しに行きますからね」
(ええ(笑))
観客「あぁ〜」
「あの、(笑)」
(ええ。何人ぐらいいますかね?100人中)
「100人中ですね、今日はわりと若い方が多いから」
(うん)
「6人ぐらい」
(6人?)
「はい」

(政治家と握手した事がある、6人、スイッチオン)
政治家の人と握手した事がある人・・27人
(ええ!?)
観客「あぁ〜」
「あ〜」
(多いですね〜)
「多いですね。さ、」
(結構多いですね)
「最初私ね、入って来る前にこの質問考えた時にね、」
(ええ)
「30人ぐらいにしようかな?と思ってたんですよ」
(ええ)
「でもね、今日若い人が多いからね、これ少ないなと思いましてね」
(ええ)
「訂正したんだけど」
(いや、これ)
「最初の数字の方が当たってた」
(今までの統計で全部当たってるんです)
「当たってんですね」
(ええ)
「あ〜」
(大幅に残念でございます)
観客「(笑)」
「(笑)」

(じゃぁ月曜日の、来週月曜日のゲストご紹介)
木村拓哉さんの写真が表示されました
観客「(歓声)」
観客「(歓声)」
内田アナ「もしもし、木村さんでいらっしゃいますか?」
木村「はい」
内田アナ「タモリさんに代わります」
木村「はい」
(もしもし、昨日はありがとうございました)
木村「あっ、ありがとうございました」
観客「(歓声)」
(電話だけでキャーキャー言ってます)
安部首相「(笑)」
観客「(笑)」
(ええ。あれ?「スマスマ」に一度お出になった)
安部首相「そうですね「ビストロスマップ」というのに出た、」
(「ビストロ」そうですね、あっちょっと)
木村「お世話になりました」
(あっちょっと代わり、)

安部首相「あっもしもし、あの安倍晋三ですけども」
観客「(笑)」
木村「もしもし、木村拓哉です」
安部首相「ええ、あっお元気ですか?(笑)あの私一度官房長官時代に「ビストロスマップ」
  に出て、あの、」
木村「はい、あの時のありがとうございました」
安部首相「木村さんが」
木村「また是非、」
安部首相「はい」
木村「首相としてもお願いします」
安部首相「ええ、木村さんが作ったあれ、え〜お蕎麦を食べてですね」
木村「はい」
安部首相「木村さんのチームに勝利を」
観客「(笑)」
((笑))
安部首相「え〜与えたんですけど、覚えて無いですか?あれホント美味しかったですもんね」
木村「ありがとうございます」
安部首相「はい」
木村「また是非」
安部首相「はい」
木村「あの来店してください」
安部首相「私の妻があの木村さんの大ファンで」
観客「(笑)」
安部首相「(笑)」
観客「(拍手)」
安部首相「まああんまり関係ありませんけども」
((笑))
木村「???」
安部首相「それではまた活躍して下さい」
木村「はい、ありがとうございます」

(もしも〜し)
木村「もしもし」
(来週の月曜日大丈夫?)
木村「大丈夫ですよ」
(じゃぁお待ちしてます、よろしくお願いします)
木村「はい、お願いします」
(失礼します、どうも)
観客「(拍手)」
(安倍晋三首相でした、どうもありがとう、)
観客「(拍手)」
コーナー終了


月曜日のゲスト 木村拓哉さん




春分の日SP そっくりさんカーニバル
進行役・関根勤、
審査員・タモリ、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木福


オーディションに181組が参加し最後のそっくりさんコンテストを行いました。
全員が「そっくり」の判定なら屋形船「品川 船清」のペア乗船食事券
1人でも「そっくり」判定の場合は「コーナー名のロゴ入りエコバッグ」
がそれぞれプレゼントされます。

  1人目の推薦者・女性と男児
 似ている人は・
 似てる有名人・さん
 紹介コピーは・ちょっとおネムな2才の鈴木福くん
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

2人目の推薦者・女性
 似ている人は・息子
 似てる有名人・綾野剛さん
 紹介コピーは・中学3年生 まったくモテない綾野剛
審査結果・似ている4人、似ていない2人の判定でエコバッグ獲得

3人目の推薦者・男性2人
 似ている人は・友人(昨年末の優勝者)
 似てる有名人・オードリーの若林正恭さん
 紹介コピーは・相変わらず毎日似てると言われます。オードリー若林
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

4人目の推薦者・女性と女児
 似ている人は・甥っ子
 似てる有名人・杉村太蔵さん
 紹介コピーは・将来の夢は仮面ライダー 5才の杉村太蔵
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

5人目の推薦者・女性
 似ている人は・職場の先輩
 似てる有名人・ベッキーさん(パキスタンと日本のハーフ)
 紹介コピーは・新潟からやって来たベッキー
審査結果・似ている1人、似ていない5人の判定でエコバッグ獲得

6人目の推薦者・男性
 似ている人は・友人(過去優勝者)
 似てる有名人・柴田理恵さん
 紹介コピーは・今日も笑顔がゴーカイ!柴田理恵
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

7人目の推薦者・女性
 似ている人は・孫
 似てる有名人・芦田愛菜さん
 紹介コピーは・いちごが大好き 5才の芦田愛菜
審査結果・似ている2人、似ていない4人の判定でエコバッグ獲得

8人目の推薦者・男性
 似ている人は・後輩(25歳)
 似てる有名人・爆笑問題の太田光さん
 紹介コピーは・本人よりも怪しい 爆笑問題太田光
審査結果・似ている5人、似ていない1人の判定でエコバッグ獲得

9人目の推薦者・男性
 似ている人は・友人
 似てる有名人・サッカーの香川真司さん
 紹介コピーは・サッカー経験ゼロ サッカー日本代表香川真司選手
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

10人目の推薦者・男性2名、女性1名
 似ている人は・友人(女性)
 似てる有名人・ザッケローニさん
 紹介コピーは・貼るから女子大生のサッカー日本代表ザッケローニ監督
審査結果・似ている4人、似ていない2人の判定でエコバッグ獲得

11人目の推薦者・男性
 似ている人は・友人
 似てる有名人・デニスの上野行雄さん
 紹介コピーは・まったくの日本人です。デニス上野行雄
審査結果・似ている4人、似ていない2人の判定でエコバッグ獲得

12人目の推薦者・女性
 似ている人は・友人
 似てる有名人・宇多田ヒカルさん
 紹介コピーは・カラオケでは絶対歌います。宇多田ヒカル
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

13人目の推薦者・女性2名
 似ている人は・友人
 似てる有名人・フィギュアスケートの鈴木明子さん
 紹介コピーは・スケートまったくスベれないフィギュアスケーター鈴木明子選手
審査結果・全員が似ているの判定で屋形船乗船食事券獲得

安倍総理がアルタに到着したためコーナー終了


出られなかった方の紹介がエンディングでありました。
 (紹介者は登場せず本人がフリップを持って登場)

1・NEWSの手越祐也さんのそっくりさん男性
  「彼女がずっといません!高校2年生の手越祐也」

2・千原ジュニアさんのそっくりさん男性
  「大学ではよくスベっています 千原ジュニア」

3・嵐の松本潤さんのそっくりさん男性
  「春から中学生です 松本潤」

4・オアシズの大久保佳代子さんのそっくりさん女性
  「金髪にしちゃった中国人の大久保」

5・生田斗真さんのそっくりさん女性
  「日本女子体育大学生!生田斗真」





森田一義企画 負けず嫌いマッチ
進行役・関根勤
出演者・タモリ、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木福


レギュラー持ち込み企画。今回はタモリさん提案の企画を行いました。

今回のテーマ「モンキーファイト」

タモリさんが間寛平さんがゲストで来たときに必ず二人でやっているサルに
なっての対決をレギュラーを相手に行う事になりました。

ステージにバナナがぶら下がっている木などのセットが置かれ、それの周りを
タモリさん、草なぎ剛さんが走り回り、途中から参加した鈴木福さんの3人が
サルに成りきって走り回りました。

判定・関根さんの判定によりタモリさん勝利





芸能人パワーで奇跡を起こせ!わらしべプレゼント抽選会
進行役・タモリ、内田嶺衣奈
出演者・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木福


2月21日の劇団ひとりさんのデジタルカメラからスタートして、
→2月28日放送「石原裕次郎さんの13枚組レコードBOX」
→3月7日放送「リーバイスの1940〜50年頃の非売品人形」
→3月14日放送「中古車(日産「セレナ」)
と物々交換して来ましたが、先週で打ち切りとなったので先週の賞品の車の
抽選会を行いました。


タモリさんが抽選を行い、当選者は兵庫県姫路市の方に決まりました





曜日対抗いいともCUP レジェンド7
「もうすぐ新楽器 ピンポンあたまキャッチ」
過去「いいとも選手権」「いいともCUP」で行った1000以上のゲームの中から
傑作7本を週替わりで実施

7週目はボールを置いたドラムをスティックで叩き、飛び上がったボールを
帽子でキャッチするゲーム。30秒間に何個キャッチ出来たかを競います。

参加者・関根勤、草なぎ剛、田中裕二、劇団ひとり、木下優樹菜、鈴木福

合計数・10個

月曜日 9個(260)火曜日 14個(160)水曜日 8個(260)
木曜日 5個(190)金曜日 10個(280) 
()は先週までの今シーズン獲得ポイント数
 (1位50ポイント、2位30ポイント、3位10ポイント)

テレフォンショッキング以外のゲスト






月曜日のページへ進む
増刊号の更新は終了しました。

いいともニュースカレンダー77(2014年1月〜3月)へ進む

笑っていいとも資料室へ戻る