ELEKTROGIGANTE since Oct. 2000 ロボを心に一、二と数えよ 〜THINK ROBOT, COUNT TWO〜
G-REx
W A L L P A P E R
...to the republic for which it stands
 巨大感が出したかったのです。(jpeg, 233kb)

2000/11/05

GOJURASSIC PARK
 Z3D掲示板でのえ〜りあぬさんのリクエストを(真に)受け、ノリで作成。カドゥがこういうパロディ大好きッ子なのは、一部には有名なこと。(gif, 29kb)

2000/11/09

A N A L Y S I S
P E R S P E C T I V E
 命名するなら「Gojulas Reflex Expansion(ゴジュラス機動性拡張型)」で「G-REx」…とかか? まっとうなゾイドファンからは「ヤレヤレの肩すくめポーズ」&「わかってないなァの首振り」コンボを食らわんこと確実なプロポーション。そういった意味でも、これはいわば東宝版に対するハリウッド版的な造形と言えるかも。ライバル機もゴリラ型だし。幼稚園の頃、近所の友達が「ゴジラス」って発音してたのもまったくツッコメません。

 さて、ゴジュラスは公式設定では「恐竜型」となっているけど、これまた神をも恐れぬ大雑把さですな。おまけに尻尾引きずって直立した恐竜なんて、21世紀が玄関口に立っているこの時代にどうなのよ? まぁアレは、技術的な問題も多分に含むれるんだろうから言いっこなしとしても、ここではバランスをかなりティラノサウルスよりにふらせてもらいますョ。この点、アニメ版ではガンバッて前傾姿勢にして、怪獣感もうすれて恐竜っぽくしているけど。ちなみに新シリーズのキットでは、「ティラノサウルス型」と明記されたジェノザウラーが、ちゃんと尻尾を上げた前のめりの、それっぽい二速歩行を実現している。でもアレはそもそもがT-rexっぽくない!

2000/11/05

H E A D
 頭部は鼻面と後頭部を延長、真ん中を短くしてます。それに伴い、一部ディテールが省略されたり追加されたり。最大の変更点はサイドとバックのインテーク(?)の表現。あとキャノピーにフレームを追加したら、ダグラムみたくなった。コクピット内部は全く作ってません。

 LCOR HENRY FAIRFEILD OSBORNのインシグニア。このくらいのクラスのゾイドともなると、みな専属パイロットのつく専用機なハズ、ってことでコクピット下にレタリングしたものの、ここまでアップにしてもほとんど読めず。ちなみに名前は言わずと知れた恐竜学者で、T-rexの命名者のもの。後頭部の「102」ってのは、第1小隊の2番機くらいの意味か。

 他にも頭部と首の接続位置を解剖学的に正しい位置に変更したり。アニメでは下顎部にしこんだボーンのウェイト付けの関係か、口を大きく開いた時に首が不自然にひしゃげてましたね(ファーストシーズンの毎話の冒頭シーンでも確認できる)。ここでは見えてませんが、舌も追加。

2000/11/05

L E G S
 一番の改修点&見所である、さらりと伸びたバッチリチリ脚。ちなみに脚だけでなく全身、T-Rexの骨格をテンプレートにプロポーションの変更を行っているので、合理的な形状になっているハズ。しかしゴジラ脚から説得力のある恐竜脚になったものの、スケールを考えるとこれまさにケレン味の塊であり、こんな細い足で自重を支えられるか甚だ疑問。ここは一つ、ゾイド世界のミノフスキークラフト、マグネッサーシステムを体内に搭載していて、ある程度自重をキャンセルしているという俺設定にしよう! 脚部ディテールは完全なデッチ上げというわけではなく、キットのアッチャコッチャをアレンジしてあります。暇なら見比べてみてくださいな。

 ゾイドのリアリティを造形レベルで考えた時の一番のネックは、同時にその最大の特徴でもあるゴムキャップの存在。各関節部から突き出た、いかにも玩具テイストなアレをどう説明するか。個人的には、アレはジェネレーターかアクチュエーター、もしくはその両方だと思っている。金属(?)の重い身体を動かすのに十分な出力を得るために、機間の一部が大型化して体内に収まりきれず、飛び出ているのではないだろうか。

2000/11/05

this page was last updated on 2003/07/03
TOP PAGE >> GALLERY >> G-REx