ELEKTROGIGANTE since Oct. 2000 ロボを心に一、二と数えよ 〜THINK ROBOT, COUNT TWO〜
Panzer Aufklärungs T.W-47 "KRÖTE"
W A L L P A P E R
Biped Frog
 投光機カバーをつけて、目つきの悪くなったバージョンはコチラ

2004/08/22

A N A L Y S I S
F R O N T
 シュトラール軍の無人強襲偵察用二足歩行戦車、クレーテです。

 大きな投光機がつぶらな瞳のようで、だんだん愛くるしく見えてきます! ドイツ語で「カエル」を意味する「クレーテ」の名称も納得です。ラブリ〜。これで人工知能搭載の無人機と言うのだからたまりません。攻殻機動隊のフチコマ(TVアニメだとタチコマ)のようなオチャメな擬似人格をインストールして、一家に一台(?)欲しいところ!

 最近ではバリエーション機のキュスターのほうが雑誌等での露出が高いですが、追加装甲やディスチャージャーなどの装備でケレン味の高いキュスターより、隙が多そうなクレーテのほうが好みです。

WonderFestival 2004 Summerおよび2005 Winterにて販売の形状データ集『Ma.K. 3DCG DATA COLLECTION Series 1』にshdファイルを収録。次回のWonderFestival 2008 Summerrにおいても再販します。また、汎用ポリゴンデータ形式で収録した『Ma.K. 3DCG DATA COLLECTION Polygon Series 1』および閲覧専用の『Ma.K.ROBAT 3D Series 1』も新規販売します。

2004/08/22
(2008/07/24 文章修正)

B A C K
  胴体背面や頭部(ターレット)左側面の、気前良すぎるくらいに露出しているメカがオシャレポイントですね!

 脚の一番長い関節の内側には、横山センセがオリジナルモデルで付け忘れていたため、キットのクレーテにも含まれなかったという因縁のプレートを、再現しています。

 あと、細かいコトですが、クレーテのキットや、その他各種Ma.K.書籍に表示されている、「偵察戦車」を意味する"Panzer Aufkalärungs"は、正しいドイツ語のつづり的には"Panzer Aufklärungs"ですね…(aが一個余分)。29世紀のドイツ語のつづりがああなっているという可能性も否定できませんが! でも気になったのでここでは後者のつづりを用いています。

2004/08/23

M A K I N G
S I T U A T I O N : 1 / 6

 ああ、もうワンフェスまで時間が無い! でもSAFSとラクーンだけじゃあ、販売物としてあまりに寂しい・・・。ということで、今回の形状データ集のシュト軍代表として、急ピッチでクレーテを作成開始です。

2004/07/07

S I T U A T I O N : 2 / 6

 クレーテをモデリングする上で、一番の難関と思われるのが、頭部(ターレット)背面の、奇奇怪怪な面構成! ココは精神力ゲージを数本消費した甲斐あって、無事にシワの発生も無く、アウトラインを出せました。エッジの面取り作業が死にそうでした・・・。

2004/07/10

S I T U A T I O N : 3 / 6

 ターレットの正面や左側面に具を詰めます。ひたすら作っては詰め込みます。しかし詰めても詰めても終わらないほど具沢山death・・・。時間的余裕があれば楽しいんですけどね、ゴチャメカモデリング無間地獄。

2004/07/17

S I T U A T I O N : 4 / 6

 ・・・全然急ピッチじゃない!

2004/07/25

S I T U A T I O N : 5 / 6

 ついにレッドゾーンの8月に突入してしまいました・・・。そして胴体背面のエンジン部にてゴチャメカモデリング無間地獄再びッ!

2004/08/01

S I T U A T I O N : 6 / 6

 モデリング完成! カラーリングは別途、ということで。時間の都合上、Shade上で表面材質のパラメータをいじるだけで、マッピング用ピクチャは描けなさそうです。

2004/08/08

this page was last updated on 2008/07/24
TOP PAGE >> GALLERY >> Panzer Aufklärungs T.W-47 "KRÖTE"