甲斐犬子犬分譲
子犬の見学に際してのご注意

子犬の見学に際してのご注意

1)犬舎はペットショップのショーケースではありません

見学対象の子犬の他にも成犬や子犬が同居しております。
また、当犬舎は店舗ではなく一般家庭です。
見学に来られる方の中には、こちらの案内も待たずにケージに駆け寄り、勝手に犬に触ったり写真を撮ったりする方がいらっしゃいます。
さらには許可なくSNSに写真を載せる方もいらっしゃいます。
犬舎にとって大変迷惑な行為(位置情報などの個人情報が拡散される危険性、他犬舎からお預かりしている犬だったりすると当犬舎の信用に関わる)であるのみならず、犬達にとっても人間を怖がったり嫌がったりするようになってしまう原因になりかねません。
甲斐犬という犬種特性は、誰にでもフレンドリーに接する犬ではありませんので、不用意にケージに手を入れたりされると咬みつく場合もあります。
勝手に犬に触ったり写真を撮ったり、ましてや許可なくSNSに写真を載せるような行為は厳に慎んでいただけますよう、お願い申し上げます。


2)お互いの信頼関係を築く場でもあることをご理解ください

見学は、飼い主さま候補の方に子犬をご覧いただき、選んでいただく場であると同時に、犬舎の側からも子犬をお譲りするお相手として問題がないかチェックさせて頂く場でもあります。
しかし、実際には「子犬を見て選ぶ場所」としかお考えになっていらっしゃらない方が多く、子犬をかまうのに夢中でこちらからの質問に真剣にお答えくださらないこともしばしばです。
法律を遵守して業者登録はしておりますが、商売ではありませんので、買っていただけるならどんな方でもとは考えておりません。
子犬は可愛らしいので、ある程度は子犬に夢中になられてもいたしかたないですが、度が過ぎてこちらからの問いかけを蔑ろにされるようですと、見学を途中で打ち切らせていただきますし、子犬をお譲りすることもお断りいたします。
そのような場合には、「遠くから忙しい中都合をつけてきたんだから」とか「孫がこんなに気に入ってるんだから」などと言われてましても断固としてお譲りいたしませんので、あらかじめ御了承ください。


3)見学同日にペットショップや他犬舎とはしごするのはやめてください

他から感染症を持ち込まれるのを防ぐためです。
日時が違っても、他で犬を抱いたのと同じ衣服でいらっしゃるのもやめてください。
パルボウィルスなどは土中で約半年も感染力を保ったまま生存しますので、「そんな大袈裟なこと」ではありません。


4)見学したことをよそで拡散しないでください

上記3)をお守りいただければ、他の犬舎やショップの子犬と比較検討されることは全く構いません。
ただし、他で「つくば虎梅荘ではこう言っていた」「つくば虎梅荘ではこういう管理が必要と説明されたが、ここではやっていないのか」などと話されてしまうと、話している方としてはそういうつもりはなくても、聞いた側からすれば良い気はしません。
時間を割いて見学に対応している他犬舎からすれば「なら、そっちで譲ってもらえば?」という気持ちになるでしょうし、内容によっては「つくば虎梅荘が他犬舎の管理が悪いと吹聴している」などと誤解されかねません。
他の犬舎の情報を簡単にしゃべっているということは、うちの犬舎のこともよそで言いふらすに違いない、と警戒されて御自身の信用を損なうことにもなります。