お前と過ごした8年は、今も色褪せること無く輝いている。
忘れることはない。胸の奥で覚えている。
相思相愛の想いは、流れ飛ぶ血潮に刻まれている。
楽しかった。幸せだった。
互いに喜ぶ顔が見たくて、一生懸命だった。

時に厳しい愛は、
憂いの顔を見る辛さと耐え忍ぶ心との葛藤だった。
でも、信じきって信じ合えた時、
はじけるお前の笑顔が無上の喜びだった。

傷つく度に流れる涙より、信じる度に流した涙のほうが、
はるかに重く愛を学んでいる。

お前が眠りにつくその刹那、首を起こして俺の方へ目を見開いた。
充分だった。
確かに、お前の最後の言いたい事を理解した。
信じ合えた誇り。感謝。

今、香に包まれた時が流れている。その向こうでお前の笑顔が揺れている。

涙が教えてくれるのは、「意味のない涙など流れはせず、そこに必ず愛があると」。
合掌。

平成23年1月18日 カイザー三回忌          土佐野枝動

HIS CALL NAME IS KAISER
2011年冬。
合掌。1月18日  カイザー三回忌
HIS REAL NAME IS GALACTIC
虹を越えて、銀河に眠る。

終章
これを機に、このページをもって、
このホームページを終わります。